メディア
連載
» 2018年11月20日 11時30分 公開

福田昭のデバイス通信(169) Intelの「始まり」を振り返る(2):Intel創業2年目、初めての製品売り上げを計上するも赤字は拡大 (1/2)

創業翌年となる1969年。創業後わずか9カ月で製品の開発を完了させたIntelだったが、資金繰りは厳しかった。1969年における最終損失は前年の4.3倍に増大している。

[福田昭,EE Times Japan]

創業後わずか9カ月で製品の開発を完了

 前回から、Intelの創業当時の活動を創業年から1年ずつ記述する連載を開始した。記述のベースとなるのは、Intelの公式文書である「年次報告書(アニュアルレポート)」である。

 前回ではIntelの創業年である1968年の活動を記述した。といっても同社は7月18日に設立されたので、1968年における実質的な活動期間は5カ月強であり、半年に満たない。1年を通じた活動が始まるのは翌年の1969年からである。

 前回でも述べたように、設立当初のIntelにおける台所事情は、明るいものではなかった。一刻も早く製品を開発し、売り上げを立てる必要があった。もちろん、さらなる資金の調達も急務だった。

 1969年のIntelはその両方をやってのける。創業後わずか9カ月後の1969年4月に、最初の製品である64ビットのショットキーバイポーラSRAM「3101」の開発を完了する。この製品は、同年の7月から、Intelの初めての製品売り上げとしての収入をもたらす。一方で株式の発行によって393万7726米ドルの資金を新たに調達する。

Intelが初めて開発した製品「3101」の外観。記憶容量が64ビットのショットキーバイポーラSRAMである。出典:Intel(クリックで拡大)
Intelが初めて開発した製品「3101」のシリコンダイ写真。出典:Intel(クリックで拡大)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.