メディア
ニュース
» 2018年11月26日 10時30分 公開

三菱電機とNTTドコモが実施:5Gの屋外実験で27Gbpsの大容量通信に成功

三菱電機とNTTドコモは、5G(第5世代移動通信)の屋外実験を行い、通信距離10mで27Gビット/秒、同100mで25Gビット/秒の大容量通信に成功した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

16ビーム空間多重を実現するアンテナシステムを採用

 三菱電機とNTTドコモは2018年11月、5G(第5世代移動通信)の屋外実験を行い、通信距離10mで通信速度27Gビット/秒に成功したと発表した。通信距離が100mでは25Gビット/秒を達成した。今回の実験は、2018年9月に神奈川県鎌倉市で行った。

 三菱電機とNTTドコモは共同で、帯域幅500MHzを用いて通信速度20Gビット/秒を達成するため、16ビーム空間多重を実現する超多素子アンテナシステムを開発し、実験を行ってきた。開発したビーム成形技術は、アナログ回路によりあらかじめ設定したビームを切り替えて、端末の移動に追随することができるという。また、変化する伝播環境を基地局側で測定し、信号を制御することで、ビーム間の干渉を低減させた。これらの技術により、16ビーム空間多重を実現している。

屋外実験の模様 出典:三菱電機、NTTドコモ

 今回の実験では、開発した基地局を建物壁面に設置し、自動車に端末を搭載した。基地局から10mおよび、100m離れた道路を移動する端末に対して、見通し条件で16ビーム空間多重伝送を行う28GHz帯屋外実験を行った。この結果、通信距離10mで27Gビット/秒、100mで25Gビット/秒という大容量通信に成功した。この値は1Hz当たり67ビット/秒で、世界最高レベルの周波数利用効率に相当するという。

屋外実験環境と端末位置における通信速度 出典:三菱電機、NTTドコモ
基地局側から見た超多素子アンテナによる端末の追随 出典:三菱電機、NTTドコモ

 両社は、壁面などによる多重反射を想定した28GHz帯屋内実験を、2018年度内にも実施する予定である。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.