Bluetooth に関する記事 Bluetooth に関する質問

「Bluetooth」最新記事一覧

Computer Weekly:
Bluetooth Low Energyでウェアラブルデバイスから情報がダダ漏れの恐れ
現在、多くのウェアラブルデバイスに採用されているBluetooth Low Energyには、プライバシー保護の面で問題があるという。多くの製品は認証も暗号化も行っておらず、通信内容を簡単に取得できてしまう。(2015/7/1)

ヘッドバンドとイヤーパッドはいつもの本革製:
B&Wから初のBluetooth対応ヘッドフォン「P5ワイヤレス」登場
英Bowers&Wilkinsから初のBluetoothオンイヤーヘッドフォン「P5ワイヤレス」が7月に発売される。価格はオープン。店頭想定価格は5万1500円前後(税込)。(2015/7/1)

カジュアルなキャンバス生地:
エレコム、首掛け型のBluetoothイヤフォン「LBT-NS10」シリーズを7月中旬に発売
エレコムがネックストラップタイプのBluetoothイヤフォンを発表。価格は7690円。(2015/6/30)

サイプレス CY8C41x8-BL PSoC 4 BLEなど:
メモリ容量を2倍に拡張したBluetooth Low Energyソリューション
サイプレス セミコンダクタは、同社の「PSoC 4 BLEプログラマブル システムオンチップ」と「PRoC BLEプログラマブル ラジオオンチップ」ソリューションに、オプションとして256Kバイトのフラッシュと32KバイトのSRAMを追加したと発表した。(2015/6/29)

MEDIX2015:
医療情報の物理的なアクセス管理に最適、Bluetoothで鍵を開閉する電子ラッチ
サウスコ・ジャパンは、「第6回 医療機器 開発・製造展(MEDIX2015)」と同時開催している「第19回 機械要素技術展(M-Tech2015)」において、電子的に鍵を開閉する電子ラッチの新製品を披露した。(2015/6/26)

Bluetooth:
Bluetooth SIG、プロモータメンバーにAppleを迎える
Bluetooth SIGが議案について唯一、投票権を持つ「プロモーターメンバー」にAppleを迎え入れた。Microsoftや東芝など既存メンバー起業は「満場一致で」賛成した。(2015/6/25)

満場一致で迎え入れ:
AppleがBluetooth SIGのプロモータメンバーに
Appleが、Bluetooth SIG(Special Interest Group)のプロモータメンバーに参画することになった。Appleの参画によりプロモータメンバーは、東芝、Intel、Microsoftなど7社となった。(2015/6/25)

電子ブックレット:
Bluetooth 4.2 インターネット接続機能を理解する
EDN Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、Bluetooth 4.2が開発者にとって具体的にどのようなメリットがあるのかを、プロトコルの点から解説します。(2015/6/25)

ソニーモバイル、スマホ連携でしゃべって動くBluetoothスピーカー「BSP60」を7月11日に発売
ソニーモバイルは、スマホ連携で操作できるBluetoothスピーカー「BSP60」を7月11日に発売する。価格は3万8000円(税別)。(2015/6/24)

新色の計画も:
「MADOSMA」が最新の8.1 Update 2に対応――親切なAPN設定、BluetoothテザリングもOK
いよいよ6月18日に発売されたWindows Phone 8.1端末「MADOSMA」。発売前日には、最新アップデート「Windows Phone 8.1 Update 2」が配信された。第2回はそのアップデート内容や通信機能を中心にレビューする。(2015/6/23)

単体で音楽プレーヤーにも:
クリエイティブ、縦でも横でも使える防水対応Bluetoothスピーカー「サウンドブラスター フリー」
クリエイティブメディアは、縦にも横にも置ける防水対応のBluetoothスピーカー「サウンドブラスター フリー」(Sound Blaster FRee)を発売する。(2015/6/12)

自転車用ヘルメットのストラップに装着可能:
エレコム、サイクリング用Bluetoothイヤースピーカー「LBT-ESP01」シリーズを発売
エレコムは、サイクリング中でも音楽が楽しめるBluetoothイヤースピーカー「LBT-ESP01」シリーズを発表。価格はオープンで、予想実売価格は9980円前後(税別)。7月上旬に発売予定だ。(2015/6/12)

ETWest 2015:
サイプレス、IoTに向けたBLE対応製品「PSoC 4 BLE」を披露
サイプレスが「組込み総合技術展(ET Wset 2015)」に出展、プログラマブルSoCの最新製品「PSoC 4」にBluetooth Low Energy対応の無線機能を集積した「PSoC 4 BLE」のデモを披露した。(2015/6/12)

CD再生に対応:
ヤマハ、インテリアとして使えるBluetooth対応オーディオシステム「TSX-B141/B235」を発売
ヤマハは、インテリアとしてなじむデザインを採用したBluetooth対応のデスクトップオーディオシステム「TSX-B141」と「TSX-B235」を発売する。(2015/6/11)

CESで登場したあのSongPal link対応モデル:
ソニー、LDAC対応のAVアンプ「STR-DN1060」を発売
ソニーは、HDCP 2.2をサポートしたAVアンプ「STR-DN1060」を7月21日に発売する。価格は7万2000円(税別)。Bluetooth/NFCを搭載し、LDACも採用した。(2015/6/10)

組み込み開発ニュース:
アプリックス、500円のBLE/Wi-Fiゲートウェイモジュール
アプリックスIPホールディングスは「お知らせビーコン」のオプションとして、500円という低価格のBluetooth/Wi-Fiゲートウェイモジュールを開発した。(2015/6/9)

2色展開に:
ボーズ、バッテリー駆動時間が延びた「SoundLink mini Bluetooth speaker II」
ボーズは、Bluetooth対応の小型ワイヤレススピーカー「SoundLink mini Bluetooth speaker II」を発表した。「Pearl」(パール)と「Carbon」(カーボン)の2色をラインアップ。(2015/6/5)

無線通信技術 Bluetooth:
15分でBluetooth機器を開発? 数千ページの仕様書から解放するSIGのツール
Bluetooth市場は、今後も高い成長率が見込まれている。Bluetooth SIGが2015年4月に発表した、「Bluetooth Developer Studio」を使えば、Bluetooth対応機器を短期間に開発できるという。数千ページもの仕様書を確認する作業から、ようやく解放されることになりそうだ。(2015/6/5)

玩具屋か音楽屋か:
スピーカーになるおしゃべりロボットとしゃべるBTスピーカー、買うならどっち?
スマホを使って会話ができるロボット「オハナス」が登場したが、実はソニーモバイルが発表した愛らしい球形ボディのBluetoothスピーカー「BSP60」も簡易なエージェント機能を搭載している。欲しいのはどっち?(2015/6/4)

アップル、Bluetoothスピーカー「Beats Pill XL」自主回収プログラムを開始――バッテリーが過熱する恐れ
アップルが、Bluetoothスピーカー「Beats Pill XL」の自主製品回収プログラムを開始した。ごくまれにバッテリーが過熱し、防火安全上の問題が発生する可能性があることが分かった。(2015/6/4)

WTP2015 / ワイヤレスジャパン2015:
IoT機器の開発を加速、十円玉サイズのBluetooth対応モジュール
Broadcomは「ワイヤレスジャパン2015」で、Bluetooth対応モジュール「WICED(ウィキッド)」などを展示した。WICEDは通信チップとマイコンを搭載したモジュールで、IoT(モノのインターネット)対応機器に向けて、Broadcomが拡充に力を入れている製品だ。BroadcomはWICEDによって、多くの新興企業や中小企業のIoT機器開発を加速したいと述べている。(2015/6/3)

GoProが「HERO+ LCD」を発表 タッチスクリーン追加など
ウェアラブルカメラのGoProが、エントリーモデル「HERO」の派生モデルとして「HERO+ LCD」を発表した。米国での販売価格は299.99ドル。タッチスクリーンが追加されるほか、撮影可能な動画/静止画の解像度が従来機より上がり、Wi-FiとBluetoothをサポートする。(2015/6/2)

5色のカラフルなカラバリ:
アタッサ、48グラムの小型軽量Bluetoothスピーカー「X-mini WE サムサイズ」を発売
アタッサは6月1日、Xmi PTE製のNFC/Bluetooth対応ワイヤレススピーカー「X-mini WE サムサイズ」(XAM17)シリーズを発売した。価格は4999円(税別)。重量は約48グラムと軽量だ。(2015/6/1)

NFC搭載、ハンズフリー通話も対応:
TDK、実売7000円前後のNFC/Bluetooth対応ヘッドフォン「WR680」を発表
イメーションは、TDK Life on Recordブランドから、ハンズフリー通話に対応したBluetooth搭載ワイヤレスヘッドフォン「WR680」を6月12日に発売する。価格はオープン、予想実売価格は7000円前後(税別)。(2015/6/1)

付属のケースはスタンドに:
もうカバンはいらない、かも――「3つ折り Bluetoothキーボード」
上海問屋が、3つ折りにしてコンパクトに畳めるBluetoothキーボードを発売した。価格は3999円。(2015/6/1)

Bluetooth:
ウェアラブルやスマートホームの“接続”でBluetoothが覇者を目指す
Bluetooth SIGがβ版提供を開始した開発キット「Bluetooth Developer Studio」のメリットを解説した。GUIや自動コード生成などにより、「学習時間を最大50%、開発時間を最大70%削減する」と大幅な時間短縮を実現する。(2015/5/29)

設計開発ツール:
車載情報機器のeCall対応テストに最適、日本NIが無線試験システムを投入
日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は、BluetoothからWi-Fi、GPS、携帯電話通信に至るまで複数の無線技術に関する試験を一括して行える「Wireless Test System」を開発した。新型車への搭載義務化が計画されている、欧州の緊急通報システム「eCall」を組み込んだ車載情報機器の開発に最適だという。(2015/5/29)

ハイレゾプレーヤー「AK Jr」が「Ver.1.02」にアップデート 画像ファイルでのアルバムアート表示などが可能に
アユートは、Astell&Kernブランドのエントリーモデル「AK Jr」のソフトウェアアップデートを開始。「Ver.1.02」になり、Bluetooth接続の改善などを行う。(2015/5/28)

あのロングセラーモデルが正常進化!:
オンキヨー、NFC/Bluetoothを搭載したコンポ「X-NFR7X」「NFR-9X」を6月上旬に発売
オンキヨーは、「FRシリーズ」の新製品としてオールインワンタイプの「X-NFR7X」、および上位機のレシーバー「NFR-9X」を6月上旬に発売する。予想実売価格は4万7000円前後から(税別)。(2015/5/27)

クリエイティブ、モバイルバッテリー機能も備えたBluetoothワイヤレススピーカー「Sound Blaster Roar 2」
クリエイティブメディアは、Bluetooth接続対応のワイヤレススピーカー「Sound Blaster Roar 2」を発表。従来モデルから小型軽量化を実現している。(2015/5/20)

4K対応にBluetooth、ヤマハから新エントリーAVアンプ「RX-V379」
ヤマハは、AVアンプの新しいエントリーモデル「RX-V379」を発表した。ネットワーク機能などを省いた5.1ch対応のシンプルモデルだ。(2015/5/20)

潮晴男の「旬感オーディオ」:
オンキヨーの本気と遊び心、ずっしり重いBluetoothスピーカー「SAS200」
今回取り上げる製品は、オンキヨーのポータブルワイヤレススピーカー「SAS200」だ。常々、圧縮音声のオーディオ機器はそこそこ鳴ればそれでいい、なんて悪態をついてきたが、作り手がこんなにも正攻法に迫ってくると、こりゃあ襟を正して聴かなければと、背筋を伸ばしてしまう。(2015/5/19)

ESEC2015:
IoT機器向け無線モジュール、複数の無線通信規格に1個で対応
u-blox(ユーブロックス)は、「第18回 組込みシステム開発技術展」(ESEC2015/2015年5月13〜15日、東京ビッグサイト)で、GPSやセルラー、Wi-Fi/Bluetoothなど主要な無線通信技術に対応できるIoT(モノのインターネット)機器向け「ワイヤレス&測位ソリューション」を提案した。(2015/5/18)

日本マイクロソフト、薄型デザインのBlueotoothマウス「Designer Bluetooth Mouse」
日本マイクロソフトは、左右対称の薄型デザイン筐体を採用したBlueotoothワイヤレスマウス「Designer Bluetooth Mouse」を発売する。(2015/5/15)

マグレックス、7色バックライトも備えたiPad mini用Bluetoothキーボード
マグレックスは、iPad mini専用となるBluetoothキーボード「MK8100UV-WH」を発表した。(2015/5/14)

aptXに対応するフィリップス“Fidelio”のBluetoothヘッドフォン「M2BT」
フィリップス「Fidelio」シリーズより、aptX対応のBluetoothヘッドフォン「M2BT」が登場する。(2015/5/12)

ソニー、音楽も楽しめるスピーカー一体型LED電球 スマホとBluetoothで通信
スピーカーと一体になったLED電球をソニーが発売する。(2015/5/12)

2台ステレオ利用が可能に!:
エレコム、apt-X/AAC対応のBluetoothスピーカー「LBT-SPP310AV」シリーズ登場
エレコムはポータブルタイプのBluetoothスピーカー「LBT-SPP310AV」シリーズを発表した。価格はオープン。予想実売価格は7980円(税別)前後で、5月中旬発売予定。(2015/5/12)

組み込み開発ニュース:
センシングと解析をセットで提供、データを意味あるデータにするIoTパッケージ
各種センサーとマイコン、Bluetoothを搭載したモジュールとミドルウェアを組み合わせたパッケージを富士通が提供。センシングと解析をセットし、収集したデータを意味あるデータにして業務に反映できる。(2015/5/12)

天井から音が降り注ぐ――ソニーが初の“LED電球スピーカー”を発表
ソニーから「Life Space UX」の第2弾製品、LED電球一体型のBluetoothスピーカー「LSPX-100E26J」が登場した。照明器具に取り付けて電球として利用できるほか、「天井から音が降ってくるという、これまでとは違う体験ができる」という。(2015/5/12)

約1000円の超小型コンピュータ「C.H.I.P.」登場 1GHzプロセッサにWi-Fi&Bluetooth搭載
9ドルという安価な超小型コンピュータ「C.H.I.P.」が登場。1GHzプロセッサにWi-Fi&Bluetoothなどを搭載するスペックながら、中国のチップメーカーの協力で安価にすることができたという。(2015/5/11)

組み込み開発ニュース:
Bluetooth LE機能をマイコンに内蔵、組み込み機器のIoT化を促進
ルネサス エレクトロニクスはBluetooth LE対応RFトランシーバ機能と周辺回路を集積したマイコン「RL78/G1D」のサンプル出荷を開始した。消費電力が非常に低く、部品点数も削減できる。(2015/5/11)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
最新規格「Bluetooth 4.2」のインターネット接続機能を理解する
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2015年5月号を発行しました。Cover Storyは、「Bluetooth 4.2 インターネット接続機能を理解する」です。IoTを実現する上で欠かせないIPv6接続をサポートするというこの最新Bluetooth規格の特徴について解説しています。その他、USB3.1のテストに関する技術解説記事、「Galaxy S6 edge」の解剖記事などを掲載しています。(2015/5/11)

無線通信技術 Bluetooth:
Bluetooth Smart通信機能をマイコンに内蔵、無線動作電流と部品点数を低減
ルネサス エレクトロニクスは、近距離無線通信「Bluetooth Low Energy(Bluetooth Smart)」対応RFトランシーバ機能とその周辺回路を集積したマイコンを開発した。消費電力が極めて小さく、外付け部品の点数とコストの低減を可能とする。(2015/5/8)

名シーンが粉雪の中で蘇る:
スター・ウォーズ仕様のBluetoothスピーカー「エレクトリカル スノーグローブ」が9月に発売
amadanaは、ダース・ベイダーなど「STAR WARS」の人気キャラクターをモチーフにしたLEDライト付きBluetoothスピーカー「エレクトリカル スノーグローブ」を9月4日に発売する。価格は1万8000円(税別)。(2015/5/7)

ワイヤレスで行こう!:
イヤフォンで“全部入り”を徹底追求――旅のお供にも最適なオーディオテクニカ「ATH-BT08NC」
オーディオテクニカから発売された「ATH-BT08NC」は、ノイズキャンセリングとBluetoothワイヤレス機能を合体させた“全部入り”イヤフォンだ。今回は出張のおともとして実際に飛行機にのって試した。(2015/5/7)

インテリアに:
廃タイヤを丸ごと1本使った大胆なBluetoothスピーカーが登場
モンドデザインは、廃タイヤを丸ごと1本使ったBlueotoothスピーカー「SEALスピーカー」を発売した。使用するタイヤは“140R12”。(2015/4/30)

富士通コンポーネント MBH7BLZ01A/MBH7BLZ02A:
セントラル対応のBluetooth Smartモジュール
富士通コンポーネントは、独自ファームウェアを内蔵したセントラル(マスター)対応のBluetooth Smartモジュールを開発した。コマンドによる切り替えで、ペリフェラルとしても使用できる。(2015/4/30)

MEDTEC Japan 2015:
3.5mm角の超小型Bluetoothモジュールで実現、ばんそうこう型ウェアラブル端末で体温管理も簡単に
TDKは「MEDTEC Japan 2015」で、IC内蔵基板を活用したBluetooth LE通信モジュールなどを展示した。3.5mm角という超小型サイズを生かし、ばんそうこう型の体温/心拍モニタリング用端末など、さまざまな形状に応用できる可能性がある。(2015/4/22)

最新仕様でIPv6をサポート:
Bluetooth 4.2 インターネット接続機能を理解する
2014年12月に策定が完了したBluetooth 4.2。この最新規格の最も大きな特徴は、モノのインターネット(IoT)を実現する上で欠かせないIPv6接続をサポートするということです。本稿では、開発者にとって具体的にどのようなメリットがあるのかを、プロトコルの点から解説します。(2015/4/22)



国民ひとりひとりに番号を割り当てて行政手続きに利用する電子化施策。一般企業も行政とのやりとりのために、従業員やその家族のマイナンバーを把握・管理しなければならず、2016年1月のスタートに向けて対応が本格化している。

テレビ等のHDMI端子に差すだけで使えるスティック型のPC。マウスコンピューターのm-Stickの登場以降、各社から同様の製品が発表されており、Lenovoも提供を決めるなど注目が高まっている。

ヤフオクが強いC2C分野だが、スマホでは新興のフリマアプリも存在感を持っている。ネットオークションの独特の作法からは距離を置いた、シンプル/直観的な使い心地が女性に好まれているようだ。

All material on this site Copyright © 2005 - 2015 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.