「Bluetooth」最新記事一覧

TECHNO-FRONTIER 2016:
ナノアンペア級の電流波形観測、不可能を可能に
キーサイト・テクノロジーは、「テクノフロンティア 2016」において、ナノアンペアレベルの電流波形観測を可能としたデバイス電流波形アナライザー「CX3300」を用い、Bluetooth Low Energy(BLE)無線搭載モジュールの微小な漏れ電流などを測定するデモ展示を行った。(2016/4/26)

PC USER 週間ベスト10:
Windows 10を改善させた国内ユーザーの集いに潜入(2016年4月18日〜4月24日)
今回のアクセスランキングは、Windows Insider Programのユーザーイベントの模様を伝える記事に注目が集まりました。Bluetoothモデルが登場した「Happy Hacking Keyboard」のレビューや、「Apple Watch Hermes」新色ストラップの実機レポートも人気です。(2016/4/25)

5分で分かる最新キーワード解説:
IoTデバイスとスマホ連携をプログラムレスに?「Linking」
スマートフォンとBluetooth LE対応デバイスとの連携をシンプルにする新プラットフォームとして策定された「Linking」。GUIベースの開発環境も準備が進められており、コードを書かずにIoTデバイスとスマホを連携できる日も近そうです。(2016/4/20)

5年ぶりの新モデル:
Bluetooth搭載で「馬の鞍」は時代に追いついたか――Happy Hacking Keyboard Professional BTを試す
高級キーボードの代表格、HHKBシリーズに5年振りの新モデルが登場。マルチデバイス時代の“カウボーイ”たちに向け、待望のBluetooth対応を果たした。(2016/4/19)

くるっと巻けるBluetoothキーボード、LG Electronicsが韓国で発売へ
LG Electronicsが、巻くと五角柱になるBluetoothキーボード「Rolly Keyboard 2」を韓国で発売した。価格は12万9000ウォン(約1万2000円)。Android、iOS、Windows、OS Xをサポートする。(2016/4/18)

質感高し:
本格ゲーミングから普段使いまで お手頃価格が魅力の「ideacentre Y700」
レノボ・ジャパンの「ideacentre Y700」は、Skylake世代のCore iプロセッサやSSD+SSHD、ミドルレンジのGeForce GTX960を備えるゲーミングPCだ。コストパフォーマンスにも優れており、無線LANやBluetoothも搭載するなど、オールラウンダーなPCといえる。(2016/4/15)

史上最高のスマホ用キーボード? Happy Hacking KeyboardにBluetoothモデルが登場
カタカタカタ……ッターン!(2016/4/12)

音楽を聴きながら日曜大工!:
電動工具とバッテリーを共用できるBluetoothスピーカー、ブラック・アンド・デッカーから
ブラック・アンド・デッカーは、電動工具と着脱式バッテリーを共用できるBluetoothスピーカー「BDCSP18」を4月下旬に発売する。(2016/4/12)

PFU、“Happy Hacking Keyboard”にBluetoothモデル3機種を追加
PFUは、同社製キーボード「Happy Hacking Keyboard」シリーズのラインアップにBluetooth接続対応のワイヤレスモデルを追加した。(2016/4/12)

小型キーボード「HHKB」にBluetooth対応モデル 最大4機とワイヤレス接続
小型キーボード「HHKB」の新製品として、シリーズ初のBluetooth対応ワイヤレスモデルが発売される。(2016/4/12)

Thermaltake、iPhone/iPad対応のBluetoothゲームコントローラ「CONTOUR」
アスクは、Thermaltake製となるiOSデバイス向けゲームパッド「CONTOUR」の取り扱いを開始する。(2016/4/12)

歯みがきを楽しもう! スマホと連動して歯みがきを採点する“スマート歯ブラシ”「ガムプレイ」
サンスターの「G・U・M PLAY」(ガムプレイ)は、センサーやBluetooth通信機能を搭載した“スマート歯ブラシ”。ゲーム性の高い専用アプリ3種を提供することで、子どもたちが楽しみながら正しい歯磨きを身につくという。(2016/4/11)

モレスキン、紙+ペンの手書きデータをクラウドに保存・編集・検索できる「Smart Writing Set」
イタリアの老舗文具メーカーMoleskineが、デジタル文具「Smart Writing Set」を199ドルで発売した。紙に手書きした文字や絵をBluetooth経由でリアルタイムでiOS/Android端末のアプリに送り、データとして保存できる。デジタルデータにしてから編集したり検索することができる。(2016/4/7)

「Raspberry Pi 3」の実力をベンチマークで検証する
ボードコンピュータ「Raspberry Pi」に新製品、CPU強化と無線機能を搭載した「Raspberry Pi 3」が登場した。ベンチマークによるパフォーマンス検証と、ターミナルでのBluetooth有効化を行う。(2016/4/5)

太陽誘電 EYSHCNZXZ/EYSHJNZXZ:
BLEモジュール、高機能タイプ2製品を追加
太陽誘電は、高性能CPUコアの採用とメモリ容量を増やすことで、高機能化を図ったBluetooth Smartモジュール2製品を発表した。IoT(モノのインターネット)関連機器などの用途に向ける。(2016/4/5)

ランニングのお供に! スポーツ用Bluetoothイヤフォン5選
暖かい春はランニングに最適な季節。ランニングのお供におすすめなスポーツ用Bluetoothイヤフォンを紹介。(2016/4/4)

ボーズ、Bluetoothを搭載したサウンドバー「Bose Solo 5 TV sound system」
ボーズは、サウンドバーの新製品「Bose Solo 5 TV sound system」を発表した。Bluetoothにも対応したコンパクトなサウンドバーだ。(2016/4/1)

インターフォンやリモコンでの活用を想定:
ST、BLEで双方向音声通信できるシステムをデモ
STマイクロエレクトロニクスは、Bluetooth SIGが行った2016年の技術ロードマップに関する発表会で、Bluetooth Low Energy(BLE)による双方向音声通信「BlueVoice」のデモと、BLEとマイコン機能を統合した車載対応ネットワークプロセッサ「BlueNRG-1」の展示を行った。(2016/4/1)

AKAIからBluetoothストリーミング機能を搭載したレコードプレーヤー「BT500」が4月9日発売
Bluetoothストリーミング機能を搭載したリスニング用アナログレコードプレーヤー「BT500」(AP-TTS-001)がAKAI PROFESSIONALブランドから4月9日発売になる。レコード音源をワイヤレスで聴くことも可能。(2016/3/31)

“つながることから、命が始まる”:
IoT向けに進化するBluetooth、メッシュも対応へ
Bluetooth技術の認証団体であるBluetooth SIGは、2016年の技術ロードマップを発表した。主に、通信範囲の拡大/通信速度の向上/メッシュネットワークへの対応を行い、IoT向けにアップデートを行う。これにより、位置情報サービスやオートメーションアプリの可能性を広げるという。(2016/3/31)

消費電力そのままで2倍速い「次世代Bluetooth」の離陸が迫る
IoTの根幹をなす「接続」に寄与する技術の1つがBluetoothだ。現在、Bluetooth SIGでは「通信範囲の拡大」「最大2倍の高速化」「メッシュネットワーク対応」の準備を進めている。(2016/3/30)

Apple TV、tvOS更新(9.2)でBluetoothキーボード対応 iCloudフォトも表示可能に
Appleは、「新しいApple TV」の「tvOS」をバージョン9.2にアップデートした。これにより、Siri Remoteでの音声アプリ検索、Bluetoothキーボードのサポート、アプリのフォルダ機能、iCloudフォト閲覧機能などが追加された。(2016/3/22)

R25スマホ情報局:
「なでると声が出る抱き枕」登場
声が出る抱きまくら「痛すぽ」が間もなく発売される。Bluetoothなでなでセンサーをなでると「気持ちいいにゃ〜」など500種類のボイスが流れる。(2016/3/22)

フィリップスからマルチルーム対応のBluetoothスピーカー「izzy」シリーズ2機種が登場
オンキヨー&パイオニアイノベーションズは、フィリップスブランドのワイヤレススピーカー“izzy”(イージー)シリーズ2機種を3月下旬に発売する。1台のマスターに対して最大5台が接続できるマルチルーム設定に対応する。(2016/3/17)

Siriを起動できるBluetoothヘッドセットの使い道
スマホ相手の独り言がはかどる――かもしれません。(2016/3/17)

今なら2980円! iina-styleからスポーツタイプのBluetooth対応イヤフォンが発売
「iina-style」ブランドからBluetooth対応イヤフォン「Sound&Sports 2」(IEP02)が登場。防水基準IPX5をクリアし、ジョギングなどにスポーツに対応する。(2016/3/9)

SoC「nRF52シリーズ」の第1弾:
Bluetooth v4.2対応のSoC、Nordicが量産開始
Nordic Semiconductorは、Bluetoothの最新仕様である「Bluetooth v4.2」に対応したBluetooth Smart SoC「nRF52832」の量産を始めた。(2016/3/8)

Amazon、Alexa対応Bluetoothポータブルスピーカー「Tap」を130ドルで発売
Amazonが米国のプライム会員向けに、Bluetooth/Wi-Fiポータブルスピーカー「Tap」を発売した。価格は129.99ドルで、同社のパーソナルアシスタント機能「Alexa」をサポートする。Wi-Fiで直接Amazon Prime MusicやSpotifyに接続して音楽をストリーミングできる。(2016/3/4)

SMK センサー:
HEMSやホームオートメーションに最適なIoT向け無線センサーユニット
SMKはIoT関連市場向けに、Bluetooth Smartに対応した無線センサーユニットを発表した。(2016/3/4)

SMK:
IoT向けBluetooth Smart対応センサーユニット
SMKは、IoT関連市場向けにBluetooth Smartに対応した無線センサーユニットを発表した。温湿度/照度/加速度センサーを搭載し、取得したデータをBluetooth Smart経由で取得できる。(2016/3/3)

実運用に近いソフトウェアスタックを強みに:
IoTデバイス設計を簡素化、マルチプロトコルSoC
シリコン・ラボラトリーズは、IoTデバイス向けにマルチプロトコルSoC「Wireless Gecko」ポートフォリオを発表した。実運用に近いThreadやZigBee、Bluetooth Low Energyなどのソフトウェアスタックと統合開発環境を組み合わせることで、IoTデバイスの設計を簡素化するという。(2016/3/2)

「Raspberry Pi 3 Model B」登場 Wi-Fi、Bluetoothを標準搭載
小型コンピュータシリーズの新モデル「Raspberry Pi 3 Model B」が近日発売。Wi-Fi、Bluetoothの無線通信機能を追加する。(2016/2/29)

ゼンハイザー、「MOMENTUM On-Ear」のワイヤレスモデルを発売
ゼンハイザージャパンは2月26日、Bluetooth 4.0対応のワイヤレスヘッドフォン「MOMENTUM On-Ear Wireless」を発表した。ブラックとアイボリーの2色を3月上旬に発売する。(2016/2/26)

ハウジングが6角形:
JVC、1万円を切るBluetoothヘッドフォン「HA-S55BT」を発売
JVCケンウッドは、Bluetooth対応のワイヤレスヘッドフォン「HA-S55BT」を3月上旬に発売する。ハウジングを6角形にしたユニークなデザインのエントリーモデルだ。(2016/2/26)

Mobile World Congress 2016:
ドコモは「2020年の日本」をテーマに5G技術や翻訳サービスなどを展示
NTTドコモは、「Welcome to Japan in 2020 〜2020年の日本へようこそ〜」をテーマに、MWCで5Gネットワークや翻訳サービス、Bluetoothデバイスとアプリを連携させるプラットフォームなどについて展示している。(2016/2/25)

JBLとアンダーアーマーがコラボ、スポーツ用Bluetoothイヤフォンを発売
ハーマンインターナショナルは、アスリート向けのコンプレッションウェアで知られる「UNDER ARMOUR」(アンダーアーマー)とコラボレーションしたワイヤレススポーツイヤフォンを発売する。(2016/2/19)

ソニー、「h.ear」シリーズにBluetooth対応のワイヤレスモデルを追加――LDACで“ハイレゾ相当”
ファッション性の高い「h.ear」(ヒア)シリーズにBluetooth対応モデル2機種が登場。ヘッドフォンの「h.ear on Wireless NC」はノイズキャンセリング機能も搭載している。(2016/2/18)

JBL、耳元のタッチで操作するスポーツBluetoothイヤフォン「REFLECT RESPONSE」
ハーマンインターナショナルは、JBLブランドのスポーツ用ワイヤレスイヤフォン「REFLECT RESPONSE」を2月25日に発売する。左右のイヤフォン部表面にタッチセンサーを搭載し、耳元で各種再生操作が行える。(2016/2/17)

Tech Basics/Keyword:
Bluetooth Low Energy(Bluetooth LE)
Bluetooth Low Energyは、近距離無線規格「Bluetooth」の低消費電力向け規格で、すでにウェアラブル機器やビーコンなどで採用されている。従来のBluetoothよりも低速なものの、少ない消費電力で通信が行えるという特徴がある。(2016/2/17)

GPSなしで市内の全小中学生1万1000人を見守り、箕面市が実証実験
大阪府箕面市が、市内の全小中学生(約1万1000人)を対象にした見守りサービスの実証実験を開始する。GPSではなくBluetooth発信器を配布し、受信をスマートフォンで行うことで導入コストを大幅に引き下げた。(2016/2/9)

アンカー、IPX4の防水性能を備えたイヤフォン「Anker SoundBuds Sport」発売
アンカー・ジャパンは、IPX4相当の防水機能を備えたBluetooth 4.0対応イヤフォン「Anker SoundBuds Sport」を発売した。(2016/2/8)

Alexaに配車を頼める:
AmazonのWi-Fi/Bluetoothスピーカー「Echo」がUberやSpotifyをサポート
Amazon.comが米国で販売しているパーソナルアシスタント「Alexa」搭載スピーカー「Amazon Echo」で、「Uberを呼んで」で配車を手配したり「Spotifyのプレイリストを流して」で音楽を聴いたりできるようになった。(2016/2/8)

自宅のスピーカーをワイヤレス化!――プリンストンがaptX対応のBluetoothレシーバーを発売
プリンストンは、aptX対応のBluetoothレシーバー「PTM-BTR2」を2月12日に発売する。自宅で使用しているスピーカーやコンポなどに接続すれば、ワイヤレススピーカーに早変わり。(2016/2/5)

快適な装着感にこだわったクリプシュ初のBluetoothイヤフォン――「R6 Bluetooth」登場
フロンティアファクトリーは、米Klipsch(クリプシュ)のBluetooth対応イヤフォン「R6 Bluetooth」を2月19日に発売する。アルミニウムとエラストマー素材を使用して装着感にこだわった。(2016/2/5)

フィリップス、周囲の騒音を最大99%低減させるBluetoothヘッドフォン「SHB9850NC」
オンキヨー&パイオニアイノベーションズは、フィリップスブランドのBluetoothヘッドフォン「SHB9850NC」を2月初旬に発売する。ノイズキャンセリング機能「ActiveShield Pro」を搭載し、周囲の騒音を最大99%低減するという。(2016/2/4)

JVC、重低音を強化したBluetoothヘッドフォン「ELATION」を発売
JVC「XX」シリーズにBluetoothヘッドフォンが新登場。クラブ系スタイルにマッチしたデザインを採用し、重低音と高解像サウンドの両立を目指した。(2016/2/4)

Hamee、Bluetooth対応「ANTS」シリーズにイヤフォンとスピーカーを追加――防滴などアウトドアに最適
HameeからBluetooth対応のイヤフォン「ANTS active」とスピーカー「ANTS speaker」が登場。どちらも軽量化を重視、アクティブ志向のユーザーがターゲット。(2016/2/3)

デジタル型周波数シンセ採用、ADC不要に:
東芝 低消費のBLE向け無線受信アーキテクチャ
東芝は、Bluetooth Low Energy(BLE)向けの無線受信アーキテクチャを開発した。従来のアナログ回路を用いた無線受信機に比べて、消費電力を約10%も削減することが可能となる。(2016/2/3)

AM/FMラジオも搭載:
ION、NFC/Bluetooth対応のポータブルPA「Block Rocker」を発売――50時間連続稼働
inMusic JapanからBluetoothスピーカーにもなるION AUDIOブランドの万能ポータブルPA「Block Rocker」が登場。2月10日発売。(2016/2/2)

ワイヤレススピーカーでも「エクストラベース」――ソニー、重低音&防水の「SRS-XB2/XB3」を発売
EDM(Electronic Dance Music)ファンにうれしいBluetoothスピーカーがソニーから登場。楽曲のトレンドとなっている60Hz付近のディープベースと100Hz周辺のパンチベースを十分な音圧で再生できるという。(2016/1/27)



余っているリソースを、主にはお金を介してソーシャルな形でシェアできるように仲介するサービス。インターネット上では以前からそうした要素を持ったサービスは存在していたように思うが、概念として名付けられることで一挙に注目が高まっている。

不正会計問題の発覚と対処、リストラ発表とその影響も含めた赤字の拡大というように、日本を代表する家電大手の一角がもろくも崩れようとしている。日本企業の苦戦が続き、それに伴う再編の進行は予想されていたが、この展開は想定外であり、どのような形で落着するものか、予断を許さない。

ビットコインの基幹技術としても知られる、P2Pネットワークを活用した台帳技術。これもまた昨今注目の的となっているFinTechのひとつとして、金融、IT・セキュリティ界隈では今やビットコインと同じくらいの頻度で取りざたされている。

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2016 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.