ビジネス に関する記事 ビジネス に関する質問

「ビジネス」最新記事一覧

製造マネジメントニュース:
「海外赴任イヤです!」止まらぬビジネスのグローバル化、新人のドメスティック化
企業と新入社員の思惑の隔たりは広がっているようだ。日本能率協会の2014年度入社新入社員への意識調査によると「海外赴任はしたくない」と回答した新入社員の比率は57.7%となり、2年連続の増加となった。(2014/4/17)

イーブックイニシアティブジャパン、トキオ・ゲッツの株式取得へ
連結子会社化の基本合意書を締結。コンテンツビジネスにおけるエンターテインメント業界へのリーチを拡大することで事業領域の拡大を図る。(2014/4/17)

NEC、教育市場にも向くWindows 8.1タブレットPC「VersaPro タイプVT」など2機種
NECは、教育/ビジネス向けとなる10.1型/12.5型タブレットPC「VersaPro タイプVT」「同 タイプVZ」を発売する。(2014/4/17)

肩の力を抜いて実践 “ゆるゆる”ビジネスハック3つ
できれば肩の力を抜いて仕事をしたい、そんなふうに考えている社会人の方は多いのではないでしょうか? 今回は、頑張らなくても仕事が進むようになるメソッドが満載の書籍を紹介します。(2014/4/17)

オンラインストレージからマインドマップアプリまで
Windows 8/8.1移行組に贈る、仕事がはかどるストアアプリ7選
Windowsストアアプリには、仕事で使えるアプリはない――。こんな認識を持っている人は、ちょっと待ってほしい。少し探せば、ビジネスユースに適したアプリは意外とある。役立つ7種を紹介しよう。(2014/4/17)

注目PCレビュー:
「HP EliteBook 840 G1」――“Elite”印の14型ビジネスノートが半額以下で手に入る?
日本HPの「HP EliteBook 840 G1 Notebook PC」は、米軍調達基準の堅牢製を確保した14型ノートPCだ。今なら2000台限定でほぼ半額になる超お得なキャンペーン中。これは買いか!?(2014/4/16)

製造マネジメントニュース:
目指すは「らくらくホン」、技術だけでなくビジネスモデルで革新目指す富士通研
富士通研究所は新たな研究開発戦略を発表。「Fujitsu Technology and Service Vision 2014」に基づき、研究開発の方向性を再編するとともに、従来以上にビジネスモデルへの貢献を強めていく方針を示した。(2014/4/16)

データ基盤にも積極投資:
“爆速×ビッグデータ”でヤフーが実現したこと
月に580億ものページビューを叩き出す巨大サイト「Yahoo! JAPAN」。そこで収集、蓄積された“ビッグデータ”を効果的に活用して、ビジネスに貢献しようと日夜奮闘するデータ専門部隊がある。(2014/4/16)

徹底解剖:
PR:クラウドストレージの新本命、ブラウザ版Officeも使える「OneDrive for Business」の実力とは?
マイクロソフトの企業向けクラウドストレージ「OneDrive for Business」がパワーアップして登場。ビジネスでの使い勝手や企業向け管理機能を充実させたというサービスの全貌を紹介しよう。(2014/4/16)

ワークスタイルからセキュリティまでを網羅:
PR:モバイル起点で実現するビジネスの変革と創造に「IBM MobileFirst」が効く理由
顧客獲得による収益拡大から働き方を含めた業務効率の向上まで、モバイルが企業のビジネスに与えるインパクトは無視できない状況だ。モバイルを起点にその活用を考える上ではシステムや働き方など検討すべき項目は実に幅広い。日本IBMでは企業のモバイル活用を包括的にサポートする「IBM MobileFirst」を提唱している。(2014/4/16)

ウエアラブルとビッグデータ:
本命は何? リクルートが“未来レストラン“で示した「スマホの次」
ウエアラブルとビッグデータ。ここに次のビジネスチャンスが埋まっていると考える人は多いかもしれない。ただ、形はまだぼんやりしている。先日行われた“未来レストラン“の実証実験イベントより、リクルートが「スマホの次」をどう考えているか、キーマンに話を聞いた。(2014/4/15)

できてますか? 自分の給料に見合う働き
ビジネスとかかわる中で、ぜひとも勉強しておきたい「数字」や「計算」。苦手意識を持つ人にも学びやすい書籍を紹介します。(2014/4/15)

ディズニーランドと代官山 蔦屋書店の意外な共通点とは?
ビジネス書では異例のベストセラーとなっている『ディズニー おもてなしの神様が教えてくれたこと』。著者の鎌田洋さんによる講演会&サイン会が4月3日に行われました。その模様をリポートします。(2014/4/15)

新刊ピックアップ:
「キミ、来週からアジアへ行ってくれ」と言われたら──秋山岳久著『アジアで勝ち抜くビジネススキル』
(2014/4/14)

高等教育を誰でもどこでも無料で「JMOOC」スタート 会員数3万人突破 メインはビジネスパーソン
大学が提供するオリジナル講義をオンラインで無料受講できるMOOC講義の提供が始まった。スタート時点で会員数は3万人を超え、「100万人規模を目指す」と目標は高い。(2014/4/14)

若年層の保有率約9割:
博報堂DYホールディングス、国内スマートフォン所有率は6割近いと発表
博報堂DYグループ・スマートデバイス・ビジネスセンターが、「全国スマートフォンユーザー1000人定期調査」第9回の調査結果を発表した。国内スマートフォン所有率は約6割までシェアを伸ばしている。動画視聴などの活用が非常に高いことが分かった。(2014/4/14)

津田建二の技術解説コラム【入門編】:
PR:半導体の基礎知識(3)――IoTに見るマイコンとアナログの周辺
最近は、IoT(Internet of Things)という言葉をよく耳にします。IoTは、インターネットにつながるモノを指したり、あるいはその技術やシステム体系を指したりします。要は、モノがインターネットにつながる時代に入ったと認識することがこれからのビジネスや成長を考えるうえで重要なのです。今回は、IoTのセンサー部分を担うモノの基礎技術を紹介します。(2014/4/14)

ビジュアルなリポートで将来を予測する
データ分析のハードルを大きく下げる BAソリューションが注目される納得の理由
データ分析の重要性は分かっているが、BIツールでは現状の把握にとどまってしまう。またBAツールは使い方が難しく使いこなせない。その常識を覆す、ビジネスの将来予測も可能で簡単に使いこなせるツールとは?(2014/4/16)

杉山淳一の時事日想:
横浜発〜秩父行き「メトロレッドアロー号」は実現するか
鉄道ビジネスにおいて、いまもっともホットな話題が「西武HDの再上場」。4月23日と予想される西武HDの株式公開は、あしかけ10年の西武鉄道再建の総仕上げとなる。その景気付けだろうか、西武鉄道の看板列車「レッドアロー号」の横浜方面乗り入れ案が浮上した。(2014/4/11)

プロトラブズの新女性社長が来日:
金属粉末射出成型とシリコンゴム成形サービス、欧米で先行提供。今後は日本でも
米プロトラブズの新CEO ヴィクトリア・M・ホルト氏が米国と欧州で先行して提供開始した新サービスや同社ビジネスの概況について語った。日本に先行して欧米では金属粉末射出成型とシリコンゴム成形サービスを提供している。(2014/4/10)

Analytics 2014:
「ビッグデータの時代」を超えて――アナリティクスが及ぼすビジネスへのインパクト
4月10日に六本木のグランドハイアット東京で開催された「Analytics 2014」(主催:SAS Institute Japan)。メインテーマに「ビッグデータ・エコノミクス〜アナリティクスが明日をつくる〜」を掲げたSASは、午前中の基調講演と午後のセッション群を通じて、アナリティクスを中心とする企業変革の迅速な着手を訴えた。(2014/4/10)

飲食店でほぼ100%頼まれるメニューとは?
ビジネスで成功を収めた人たちが持つ「ラテラルシンキング」(水平思考)。この発想力をあなたはどれだけ持っていますか? 書籍『ずるさで勝る水平思考トレーニング』から例題を幾つか紹介します。(2014/4/10)

Dropboxのユーザー数が2億7500万人以上に ビジネス向けDropboxのアップデートも
Dropboxが「ビジネス向けDropbox」をアップデートし、個人アカウントを企業用アカウントと関連付けることで双方をシームレスに利用できる機能などを追加した。(2014/4/10)

ホワイトペーパー:
建設業界の高度計算処理で実測評価、「コンパクトデータセンター」の導入効果とは?
早くから高度計算処理のためにHPC環境を構築してきた総合建設コンサルタントであるニュージェック。「5日間かかっていた処理を2日で終わらせる」など、同社のコンサルティングビジネスに欠かせない超高速処理はどうやって実現したのか?(2014/4/10)

製造ITニュース:
「MREAL」と「3Dプリンタ」がモノづくりを加速――キヤノンMJ、3Dソリューション事業を展開
キヤノンマーケティングジャパンは、ビジネスソリューション分野の新たな成長エンジンとして、「3Dソリューション事業」の立ち上げを発表。これに伴い、3D Systems社製の3Dプリンタの取り扱いラインアップを強化した。(2014/4/10)

選択肢が広がるクラウド、IBMは顧客のデータセンターにクラウドを出前?
基幹システム向けの運用サービスが付いた「マネージドクラウドサービス」が自社のデータセンターで実現できる ── ビジネスの成長エンジンとしてクラウドへの期待が高まる中、自社サイトからデータを出したくない顧客のニーズにこたえるため、IBMはクラウドサービスを顧客のデータセンターに持ち込むサービスを開始した。(2014/4/9)

環境変化を商機に:
マリンソフトウェア、ビジネス環境の変化要因データを統合型広告運用に取り込む
マリンソフトウェアは、多種類のコンテキストデータを同社の統合型広告運用プラットフォームに取り入れることを可能にしたと発表した。ビジネスに影響する環境の変化要因コンテンツをデータとして取り込むことで、デジタルマーケティングを高度に最適化できる。(2014/4/9)

「モバイルプロジェクト・アワード2014」の推薦・応募受付がスタート
モバイルビジネスの発展に寄与した個人・チームを表彰する「モバイルプロジェクト・アワード2014」の推薦・応募受付が開始された。(2014/4/9)

アナリスト・金谷敏尊が斬る! 日本のIT業界に未来はあるのか:
【第2回】クラウドが儲からないという真実
メガベンダーの多くはクラウドに消極的であったし、今でもそれは変わらない。クラウドサービス事業への注力は、これまで築き上げた既得権益を損ねる可能性があるからだ。だが一方で、「物売り」を中心とした旧来型のビジネスモデルを堅持するだけで、これからの時代を勝ち残っていけるのだろうか――。(2014/4/9)

ホワイトペーパー:
VMware vSphere導入手順書──仮想化導入時に検討すべき10のポイント
仮想化導入時にサービスのダウンタイムやデータ損失など、従業員、顧客、ビジネスに影響を及ぼす可能性がある問題を回避するには、仮想環境への移行を入念に計画することが重要だ。検討すべき10のポイントを手順を追って解説する。(2014/4/9)

新連載・松岡功の時事日想:
社長が分かっていそうで分かっていない、IT経営のカンどころ
「ビジネスやマネジメントにITをどう生かせばいいのか」といったことで悩んでいる人も多いのでは。今週からスタートした松岡功の時事日想では、「IT経営」に関わるさまざまな話題を取り上げていく。(2014/4/9)

ビジネスニュース 企業動向:
米国で育てた医療向け無線事業を逆輸入するサイレックス
サイレックス・テクノロジーは、米国市場で実績を積んできた医療機器向け無線事業の国内展開を強化する方針。医療市場のニーズに対応した新たな組み込み無線モジュールなどを投入し、医療機器向けビジネス規模の倍増を狙う。(2014/4/8)

寝坊して会社に遅刻 言い訳はどうすればいい?
新社会人として今までとは違った生活スタイルが始まり、不安を持っている人も多いのではないでしょうか。今回は新入社員にとってのビジネスマナーの基本を分かりやすく説明してくれる一冊を紹介します。(2014/4/8)

ギネス級のスピードを体験:
圧倒的な印刷速度! ビジネス向けA4インクジェット複合機「HP Officejet Pro X576dw」
毎分70枚という爆速の印刷速度を誇るビジネスインクジェット複合機「HP Officejet Pro X」を使ってみた。(2014/4/8)

米マップアール共同創業者・CTOに聞いた:
MapR、「コアビジネスに使えるHadoop」の文脈
Hadoopの利用が広がっている。その最大の魅力を、米マップアールの創業者であるM.C.スリバス氏は、データの存在する場所でスケールする高速な処理が可能な基盤を提供できることにあると話す。だが、ビジネスで使えるものにするには、信頼性の向上が不可欠だったという。(2014/4/8)

スマホでも安心して利用できる保険を目指して――ライフネットが挑む新スタイルの実現
「対面」が常識の生命保険の世界で、近年に存在感を高めつつあるネット専業のライフネット生命保険。スマホユーザーのネット利用が増える今、この潮流をビジネスへ取り込もうとする同社の狙いを聞いた。(2014/4/7)

「能率手帳」中高生向けも 学校現場に広がるビジネス手帳
仕事の予定を管理する「ビジネス手帳」が学校現場に広がっている。記録を取って目標を立てることを習慣付け、自己管理能力を養うことが目的という。(2014/4/7)

Weekly Memo:
ソフトウェアのベンダー別ランキングが映し出すもの
Gartnerが先週発表した2013年の世界ソフトウェア市場におけるベンダー別売上高ランキングは、企業向けITビジネスにおける各社の勢いを映し出したものともいえそうだ。(2014/4/7)

女性脳と男性脳の論理:
まるで“時限爆弾”――女性の「溜める」心理、その傾向と対策
ビジネススクールで論理思考を教える“男性脳”の筆者が、摩訶不思議な存在である女性と女性の脳を観察、分析する。今回は、筆者の背筋の寒くなる経験から、女性の「溜める」について。(2014/4/7)

注目PC速攻レビュー:
「HP EliteBook Revolve 810 G2」――これぞ質実剛健! ビジネス向けのコンパクト“2in1”
米軍調達基準の堅牢性を備え、変形機構でノートPCとしてもタブレットとしても使えるモバイルPC「HP EliteBook Revolve 810 G2」は、“お仕事マシン”の筆頭候補だ。(2014/4/4)

上阪徹が探る、リクルートのリアル:
仕事ができる人の共通点は? リクルートで働いて学んだこと
幅広い領域で次々とビジネスを拡大しているリクルート。今や売り上げは1兆円以上に。今のリクルートって、いったいどうなっているのか。第一線で活躍する“エース”たちから、今のリクルートのリアルを探る。(2014/4/4)

例えば「艦これ」に……
徹底レビュー:実はゲームにも最適? Windowsタブレット「ThinkPad 8」の楽しみ方
「ThinkPad 8」は高品質なフルHDディスプレーを搭載したコンパクトで軽量なWindowsタブレットを探している人にはよい選択肢だろう。ビジネス用途に加えて、ゲームなどのパーソナルユースにも最適だ。(2014/4/4)

Microsoft Azureスマート解説
ソチオリンピック公式Webサイトの開発・運用基盤採用、日本のデータセンター開設と、「Microsoft Azure」を活用したビジネスが世界的に注目されている。本連載では全7回にわたって、Microsoft Azureの主要サービス機能、使い方、利用例などを解説する。(2014/4/4)

「話のおもしろい人」の法則:
「くまモン」は好き? 嫌い?――会話が続く人の法則
ビジネスでもプライベートでも、会話が続かないと悩んでいるのなら、相手が反応しそうな流行のアイテムをあらかじめ用意しておきましょう。それだけで、勝手に盛り上がって、相手にとってあなたは「おもしろい人」になるのです。(2014/4/4)

書評付きで紹介:
ホリエモンらが薦める、新社会人が“読むべき”マンガ
新社会人のビジネスライフに役立つマンガを選んでオススメするという書評連載「新社会人はこれを読め!」がマンガ書評サイト「マンガHONZ」で始まった。堀江貴文氏や編集者の佐渡島庸平氏らが日替わりでマンガを選出していく。(2014/4/3)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
年俸6億5000万円は、本当に「高い」のか? ベテラン「イチロー」の価値
天才バッターが岐路に立たされている。新戦力下のヤンキースでは「開幕スタメン落ち」で「外野手の5番手」という扱い。ただ、一方では「他のどんな選手にも勝る」と高い評価を受けている。この“ベテランの価値”をビジネスの現場になぞらえながら再認識しよう。(2014/4/3)

砕けた役者の夢、一転……ビジネスの世界へ――クラウドワークス・吉田浩一郎社長
人の新しい働き方を提示する会社「クラウドワークス」を立ち上げた吉田浩一郎社長。神戸から東京に来る際には「役者になる」という夢があったが、彼が選んだ道はビジネスの世界だった。(2014/4/2)

IT各社が新入社員に贈る言葉、キーワードは「変化」「グローバル」「柔軟性」
2014年度が始まり、IT業界でも多くの企業が新入社員を迎えた。各社トップのメッセージでは変化やグローバル化などビジネス環境のダイナミックな動きに対応できる柔軟性を求める声が目立っている。(2014/4/1)

統計分析だけではない:
ビッグデータと「ビジネスのIT命題化」の関係
ビジネスの「統計命題化」だけがビッグデータの意味ではない。ビッグデータで何を分析すればいいのかと悩んでしまう場合は、ビジネスあるいはビジネスプロセスの一部の「IT命題化」という、より広い概念で考えたい。(2014/3/31)

日産自動車が始めた「ビッグデータビジネス」の狙い
日産は2013年、電気自動車「リーフ」の走行情報を外部企業向けに販売する事業をスタートした。同社にとって初となるビッグデータビジネスの狙いとは――。(2014/3/31)



オープンソースのSSL/TLS実装である「OpenSSL」に深刻な脆弱性が見つかった。エンドユーザーが解決できる問題ではないが、利用しているサービスの対応状況の確認や対応後のパスワードの変更など、慎重な姿勢が求められる。便乗するスパムメールにも注意が必要だ。

通信キャリアのMVNOとして月額1000円を切る格安SIMを提供するサービスが増加している。これまで日本ではほとんど存在感がなかったSIMフリーの端末にも、この動きに合わせて注目が高まっている。

ソフトバンク傘下で6月に合併予定のイー・アクセス、ウィルコムを、同じタイミングでヤフーが買収することとなった。これまでのサービスを引き継ぎつつ、Android端末を中心に展開し、自社のサービスとの連携を図っていくようで、「インターネットキャリア」を標榜している。

All material on this site Copyright © 2005 - 2013 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.