「ビジネス」最新記事一覧

自動運転技術:
トヨタが海外でライドシェアに乗り出す、Uberに出資
トヨタ自動車は、米国ベンチャーのUber Technologiesとライドシェア領域における協業を検討する旨の覚書を締結した。両社は、海外でライドシェアビジネスが拡大している国/地域で試験的な取り組みを始めながら協業を模索する。(2016/5/25)

「ホンダジェット」世界の空へ加速 欧州でも型式証明取得
ホンダは24日、欧州航空安全局から小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」の安全性や機能を証明する型式証明を取得したと発表した。(2016/5/25)

太陽光:
パネルメーカーが自社以外のパネルも保守、技術力生かしたO&Mサービス開始
買取価格の低下やメガソーラーの最適立地数の限界など将来的なビジネス面での厳しさが指摘される太陽光ビジネス。その中で既存の太陽光発電設備を、効果的に活用して高い発電量を維持しようという機運が高まっている。その中で注目を集めているのがO&Mサービスである。(2016/5/25)

PR:TISの“ビジネスを止めないEDI”を支える――データ・アプリケーションの「ACMS Apex」
今、EDIが転換期を迎えている。ビジネス環境や技術に変化の波が押し寄せ、対応を迫られつつあるのだ。SaaS型EDIを提供するTISは、サービス刷新を決断。直面していた課題を解決したのは、無停止稼働を実現するデータ・アプリケーションの最新エンタープライズ・データ連携基盤「ACMS Apex(エイシーエムエス エイペックス)」だった。(2016/5/25)

Weekly Memo:
IBMと真っ向勝負? MSが「コグニティブ」に本腰、勝算は?
マイクロソフトがAI分野の新たな取り組みとして「コグニティブサービス」を始動した。「コグニティブ」と言えばIBMが先行してビジネス展開しているが、果たして真っ向勝負となるか?(2016/5/23)

ビジネス部門の“事業計画”に貢献できてますか?:
PR:開発の進捗状況をビジネス部門にうまく理解してもらえない理由
“エンタープライズアジャイル”における、アジャイル型開発の真の価値は、開発された成果物が顧客満足度の向上やビジネス拡大など事業計画に貢献することであり、「プロジェクト全体がその目的のために進んでいるかどうか」が重要になる。そこで、“エンタープライズアジャイル”の次のステップでは、複数の開発チームが動くプロジェクト全体の進捗を管理するツールが求められてくるのだ。(2016/5/23)

勢いをどう保つか
「IBM Watson」への高過ぎる期待、ビジネス成功への鍵は開発者?
IBMは米国の人気クイズ番組「Jeopardy!」で脚光を浴びたWatsonをベースとした製品を作って、再び世間の関心を集めようとしている。(2016/5/23)

PR:日進月歩で変化するビジネス業務、きちんとシステム面で支援できていますか?
ビジネス環境の変化がますます激しくなる中、企業には他社との競争を勝ち抜くために業務改革が日々求められている。ただし、いくら業務が進化していっても、それを支えるシステムが変わらなければまるで意味がない。その解決策として日本マイクロソフトが提供するのが、クラウド型顧客情報管理ツール「Microsoft Dynamics CRM Online」 のサービスの1つである「簡易業務アプリケーション基盤(XRM)」だ。(2016/5/23)

製造IT導入事例:
通信機器大手がハイテク業界向けの統合ソリューションを採用
ダッソー・システムズは、通信機器大手のエリクソンが、同社のPLMソリューション「ビジネス・オペレーション・エクセレンス」を採用したと発表した。(2016/5/20)

IoT、FinTech時代、既存資産を生かしながらどうデジタルビジネスを実現するか?:
ウォルト・ディズニー・カンパニーもたどる“デジタルビジネスへの3つのステップ”
サービスインのスピードと、変化対応力が大きなカギとなるデジタルビジネス。ではデジタルビジネスを支える「変化に強いシステム」に変革したり、「収益の源泉となるシステム」を作ったりするためには、既存システムをどうモダナイズしていけばよいのだろうか。そうしたシステム変革に多数の支援実績を持つ米HPE バイスプレジデント 二ーマ・ホマユン(Nima Homayoun)氏に話を聞いた。(2016/5/20)

Computer Weekly製品ガイド
テクノロジー管理のための新しいスキル習得
顧客の時代の組織には、ビジネステクノロジーとITの課題の両方に重点を置くことが求められる。(2016/5/20)

キヤノン、利用者毎の最適化機能も備えたオフィス向けA3カラー複合機「imageRUNNER ADVANCE C5500」
キヤノンは、同社製複合機「imageRUNNER ADVANCE」シリーズの新モデルを発表。35枚/分〜60枚/分の中高速印刷をサポートしたビジネス向けモデルだ。(2016/5/19)

IoTプラットフォーム×広告クリエイティブ発想:
博報堂アイ・スタジオが「広告新商品開発室」を新設
博報堂アイ・スタジオは、広告クリエイティブ発想でIoTや新テクノロジーを広告ビジネス化する組織「広告新商品開発室」を新設したと発表した。(2016/5/19)

Dev Basics/Keyword:
DevOps(デブオプス)
DevOpsとは「ビジネスの価値を高めることを目的に、製品・サービスを迅速かつ継続的にユーザーへと届けるために、ITシステムの開発チーム(Dev)と運用チーム(Ops)が協調すること」を意味する言葉だ。(2016/5/19)

キーワードは「モダナイズ」「ソフトウェア志向」:
PR:EMCがパートナーとともに築き上げていく「次世代ビジネスプラットフォーム」の姿
EMCジャパンによる、2015年度に優れた実績を上げたパートナー企業を表彰し、2016年度の製品・ビジネス戦略をパートナーへ示すイベント「EMC Business Partner Day 2016」が開催された。クラウド、ビッグデータ、IoT技術が普及し、取り扱うデータ量が爆発的に増えていく今後のデジタルビジネス時代に向け、EMCとEMCのパートナーは、その解決策をどう示し、どのように提供していくのだろうか。(2016/5/19)

「NETWORLD CLOUD MART」でハイブリッドクラウド普及を後押し
実践さながらの「炎のトレーニング」に個性が光る、ネットワールドのパートナー支援策
ストレージや仮想化製品など、幅広いIT商材を取りそろえるディストリビューターのネットワールドは、クラウドビジネスのどこに軸足を置き、どのようなビジネス戦略を打ち出そうとしているのだろうか。(2016/5/23)

製造ITニュース:
“製造業のため”のIoTや人工知能活用基盤が簡単に構築可能に
富士通は2015年9月から展開するデジタルビジネスプラットフォーム「MetaArc」の機能を強化。新たに既存システムのクラウド移行を容易にした他、“製造業向け”など、業種別に最適化した提案を強化する。(2016/5/17)

エプソンダイレクト、税別7万円台からの15.6型BTOノート「Endeavor NJ4000E」
エプソンダイレクトは、ビジネス向けとなるBTO対応15.6型ノートPC「Endeavor NJ4000E」を発表した。(2016/5/17)

IoT/M2M展:
IoT開発サービス、TEDがワンストップで提供
東京エレクトロン デバイス(以下、TED)は、「第5回IoT/M2M展 春」で、顧客のアイデアをビジネスとして具現化させるための支援サービス「TED Real IoT」について、デモを交えて紹介した。IoT開発サービスをワンストップで提供する。(2016/5/17)

星5つ! JR東日本ウォータービジネス 「アキュアメイド 朝ごはん足りてる?」をレビュー!
今回選んだのはJR東日本ウォータービジネス(販売:三井農林/製造:コスモフーズ)の「アキュアメイド 朝ごはん足りてる?」(140円/税込、店頭価格)だ。(2016/5/17)

SMB市場の開拓を目指す:
60万枚の装置寿命をうたう高耐久A4モノクロレーザーがブラザーから登場
ブラザー販売は、ビジネス向けの「JUSTIO」シリーズに、従来比約2倍の耐久性を実現したA4モノクロレーザープリンタ/複合機を投入。よりプリントボリュームの大きいSMB市場を狙う。(2016/5/16)

「全力疾走」という病:
音楽家出身のフリーマンCEOがブルーボトルコーヒーのビジネスで成功した理由
2002年に米国西海岸で創業したブルーボトルコーヒーは、国内で着実に店舗拡大するとともにブランド力を高め、2015年2月には初の海外出店として日本に進出を果たした。創業者であるジェームス・フリーマンCEOは元クラリネット奏者のアーティストだ。そんな彼がブルーボトルコーヒーで“表現”したいこととは――。(2016/5/16)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「IoTがもたらす2つのパラダイムシフト」
IoTによって私たちの生活やビジネスがどのように姿を変えていくのか、社会基盤と「モノの価値」の2面から見ていきましょう。(2016/5/16)

NEC、横幅がゴルフボール1つ分の小型デスクトップ「Mate タイプMC」など ビジネス向け計11タイプ30モデル発表
NECが、ビジネス・教育向けPC計11タイプ30モデルを発表した。(2016/5/13)

IIJのモバイル回線が122万を突破、2016年度は“MVNEビジネス強化”で200万回線達成へ
IIJのMVNOサービスの総回線数が122万を突破した。うち個人向けの「IIJmio」は74万7000回線、法人向けの「IIJモバイル」は43万1000回線。2016年度はモバイルサービスの売上で「約255億円」、回線数で「200万規模」という目標を掲げる。(2016/5/13)

「実質0円廃止」の影響? 「お客さま体験価値」提供ビジネスを加速するKDDI
2013〜2015年度の3カ年の中期経営目標を達成したKDDI。「実質0円廃止」の影響がこれから出てくることを見越して、2016〜2018年度の中期経営目標では「お客さま体験価値」をより一層重視する姿勢を強めている。(2016/5/13)

ラズパイ3&Toradex、Windows 10 IoT Coreで楽しみながら検証するIoT実践入門(3):
人体感知センサー×Webカメラで「サーバルーム簡易監視&防犯システム」を作る
ITエンジニアに向け、「ビジネスに貢献するIoT活用」の第一歩を踏み出す「ひらめき」を得てもらうための本連載。今回は、人体感知センサー×Webカメラで「サーバルーム簡易監視&防犯システム」を作ってみよう。(2016/5/13)

自分でやれば理解も早い
分析スキル「ゼロ」でも使えるBIツールを本当にスキル「ゼロ」の彼が使ってみた
「高度なビジネスデータの分析が簡単に」と訴求するBIベンダーによって使いなれたExcelを取り上げられた人は多い。「使ってみたが、操作が難しすぎる」というあなたを救う1つのBIツールがあった。(2016/5/9)

PCIM Europe 2016 主催者に聞く:
“PCIM”というプラットフォームでビジネス機会創出を
ドイツで開催中の「PCIM Europe」は、パワーエレクトロニクスに焦点を当てた、30年以上の歴史を持つ展示会だ。特にここ5年ほどで出展社数、来場者数を伸ばしていて、日本企業の出展もじわじわと増えつつある。(2016/5/12)

製造ITニュース:
IoTプラットフォームの開発・構築を強化、米国にビジネスユニットを設置
日立製作所は、デジタルソリューション事業の拡大に向け、IoTプラットフォームの開発・構築を強化する。米国に設置するグローバルヘッドクォーターを中心に、2016年度からの3年間で、累計約1000億円を投資する。(2016/5/12)

「技術が好き」だけでいいの?仕事に誇りと責任感を持ててる?:
PR:ITアーキテクトの第一人者に聞くエンタープライズITエンジニアの「本当の価値」とは
グロースエクスパートナーズ 執行役員 アーキテクチャ事業本部長 兼 ビジネスソリューション事業副本部長を努め、日本Javaユーザーグループ会長、日本Springユーザーグループ幹事などのコミュニティ活動でも知られる鈴木雄介氏にインタビュー。「市場に求められる」「本当の価値を持つ」エンジニアであるために必要な視点やスキルを聞いた。(2016/5/12)

AmazonがYouTubeのような動画投稿サービス「Amazonビデオ ダイレクト」を開始 “ユーチューバー”に続き“アマゾネス”誕生なるか
YouTubeよりもビジネス寄りなサービスになりそう。(2016/5/11)

VR市場、立ち上がりは期待外れ? 海外VRベンチャーが語る、ビジネスの課題
16年は「VR元年」とも言われるが、市場の確立にはまだ時間がかかりそうだ。VRビジネスの現状と課題は――海外のVRベンチャーのトップなどが語った。(2016/5/11)

Android for Work対応:
レノボ、LTE対応のビジネス向け10.1型Androidタブレット「Lenovo TAB3 10 Business」発売
レノボ・ジャパンは、LTE対応のビジネス向け10.1型Androidタブレット「Lenovo TAB3 10 Business」の販売を開始した。(2016/5/10)

ビジネスアナリティクス、ビッグデータの文脈(1):
ビジネスアナリティクス、機械学習の進化とSASの新アーキテクチャ
統計解析、予測分析でリーダー的存在の米SASが、同社製品群の大部分を新アーキテクチャに移行すると、2016年4月に発表した。これを、ビジネスアナリティクスの世界全般における動向との関連で探る。(2016/5/10)

どんな暗号化技術よりも信頼できる――
iPhone「iOS」の安全性をITプロが信じるようになった“2010年の転換点”
Appleの「iOS」のビジネスレベルのセキュリティがITプロフェッショナルから称賛されている。iOSは高度なデータ保護機能と暗号化機能を備えた強力なビジネスプラットフォームだという。(2016/5/10)

ビジネスシーンでも使える――天然牛革の耐衝撃iPhoneケース「LEVEL Case Prestige Edition」
ビジネスシーンにも合うデザインと、耐衝撃性能を両立したiPhoneケースが欲しい。そんな人におススメなのが、KODAWARIから発売されている「LEVEL Case Prestige Edition」だ。全面にあしらった天然牛革と、米国軍事規格を取得した耐衝撃性能を特徴としている。(2016/5/9)

【連載】IT部門のためのアナリティクス入門 第1回
データ分析がビジネス課題の解決に生かせていない本当の理由
ビッグデータアナリティクスのビジネス活用において、IT部門が果たす役割とは何か。アナリティクスの本質と必要なツールについて、分かりやすく解説します。(2016/5/9)

進捗ダメです! 「社畜ちゃん」のLINEスタンプが登場
ビジネスシーンで大活躍(?)しそう。(2016/5/7)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「IoTで全てがつながることの価値」
IoT(Internet of Things)でモノとモノがつながると、どんな未来が実現するのだろう? そしてそこには、どんなビジネスチャンスがあるのだろう? 身近な自動車を例に考えてみましょう。(2016/5/2)

宇宙ビジネスの新潮流:
「数百万人が宇宙で暮らす世に」――Amazon・ベゾスCEOがコロラドで語った未来とは?
先ごろ開催された全米最大規模の宇宙カンファレンス「Space Symposium」にて、米Amazonのジェフ・ベゾスCEOが宇宙ビジネスに関する将来ビジョンを語った。実に壮大だがリアリティある内容だったのだ。(2016/5/2)

16年3月期通期決算:
減収減益のNEC、次の3年はどう動く?
NECが2016年3月期通期の連結決算を発表。官公庁や公共向けおよび、通信事業者向け事業が不調で減収減益となった。同日発表した新たな中期経営計画では、3つの事業領域に注力し、ビジネスの成長エンジンを海外に求める姿勢を示している。(2016/4/28)

エンタメよもやま話:
米国で「上映中スマホ」解禁、中国は映画に“ニコ動”!? 新ビジネス「公開日に自宅で鑑賞」の波紋
映画館での封切りと同じ日に自宅のテレビで最新映画を楽しめるというサービスが米国で話題に。映画館離れが進む中、業界は打ち手に悩んでいる。(2016/4/28)

ホワイトペーパー:
iPad/iPhoneやAndroid端末で使える、必携ビジネスアプリ20選
ビジネスで使えるスマートフォンやタブレット用アプリが充実しつつある。その中からお勧めの20種を紹介しよう。無料で使えるものも多いので、まずは入れて試してみよう。(2016/4/28)

拡張機能が移行の障害に
「S/4HANA」移行を考えるSAPユーザーが知るべき3つの“勘所”
「S/4HANA」によって、SAPの主力ビジネススイートは刷新された。果たしてこの刷新にはどのような意図があったのだろうか。また、S/4HANAを導入する場合、どのような注意が必要なのだろうか。(2016/4/27)

レノボ、11時間駆動にも対応した13.3型ビジネスモバイルノート「ThinkPad 13」
レノボ・ジャパンは、13.3型フルHD液晶の搭載に対応した薄型軽量モバイルノートPC「ThinkPad 13」を発表した。(2016/4/26)

ESEC2016 開催直前情報:
IoT時代のビジネスに勝つため、組み込み機器で何ができるか
ESEC2016におけるマイクロソフトのテーマは、組み込みOS「Windows 10 IoT」と無償のクラウド認証プログラム「Microsoft Azure Certified for IoT」だ。IoT時代のビジネスに勝つために組み込み機器で何ができるか?(2016/4/26)

楽天のドローン配送「そら楽」、安全性を高めるポイントは?
楽天がドローンによる荷物配送サービス「そら楽」を開始。物流の姿を一変させる可能性を秘める一方で、安全性の検証が普及のカギになるのは明白だ。ドローンの仕様やビジネス展開の計画からも、日本における安全性を重視する同社の姿勢が見て取れる。(2016/4/26)

Fintechは当たり前のサービスとして普及する有望市場
早稲田大学IT戦略研究所が開催するエグゼクティブ・リーダーズ・フォーラム(ELF)の通算第71回目の定例会では、「Fintechがもたらす産業構造変化とビジネスモデル革新」をテーマに議論が展開された。(2016/4/26)

10.1型で約598グラム:
コストパフォーマンスに優れる日本HPの2in1がメモリ増量でさらに使いやすく――「HP x2 210 G2 Tablet」
日本HPの「HP x2 210 G2 Tablet」は、重さが600グラムを切る法人向け小型2in1だ。Cherry Trail世代プロセッサとメモリ4GB、OSに64bit版Windows 10 Proを採用し、ビジネスの現場でもしっかり“戦える”性能を手に入れた。(2016/4/25)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2016 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.