C言語 に関する記事 C言語 に関する質問

「C言語」最新記事一覧

運用自動化ツールで実現する、クラウド時代の運用スタイル(2):
徹底比較! 運用監視を自動化するオープンソースソフトウェア10製品の特徴、メリット・デメリットをひとまとめ
運用自動化のポイントを深掘りする本特集。今回は「個々の作業項目の自動化」に焦点を当て、「Zabbix」「JobScheduler」「Sensu」など、運用・監視系の主要OSS、10種類の特徴、使い方などを徹底解説する。(2014/9/25)

Beyond Zero-day Attacks(4):
Use After Freeとヒープスプレー
ヒープオーバーフローと別の手法でヒープ破壊を行うUser After Freeと呼ばれる攻撃と、Use After Freeと一緒に使われることが多い、ヒープスプレーについて紹介します(2014/9/22)

完全マスター! 組み込みC言語プログラミング(11):
【問題10】ポインタで文字列を操作しよう
C言語を使ったマイコン制御プログラムの“イロハ”を解説する本連載。今回も引き続き、「配列とポインタの深い関係」を探ります。(2014/9/19)

登場して7年:
iPhoneの歴史――12の転機(前編)
「iPhone 6」が発表され、お祭り騒ぎが続いている。2007年に初代iPhoneが発売されてから7年。iPhoneはどのような歴史をたどってきたのだろうか。(2014/9/12)

完全マスター! 組み込みC言語プログラミング(10):
【問題9】配列とポインタの深い関係
C言語を使ったマイコン制御プログラムの“イロハ”を解説する本連載。今回はC言語の難所の1つ、ポインタに関する問題を解説していきます。(2014/9/5)

高い開発効率と低いランニングコストを両立させるには:
PR:タブレット端末向け業務システム開発の最適解を探る
Biz/Browserは業務システムをWeb化する際に、高い操作性と入力生産性を実現するユーザーインターフェースを提供する「業務システム専用ブラウザー」だ。1999年のリリース以来、業務システムのWebアプリケーション化における画面作成・実行ツールとして国内1300社を超える導入実績がある。2004年のハンディターミナル向け「Biz/Browser Mobile」、2012年のタブレット端末向け「Biz/Browser AI」リリースを通じて各種デバイスに対応。さらに2014年の「Biz/Browser AI」のiPad対応により、タブレット端末含め業務に使用されるほぼ全てのデバイスをサポートしている。(2014/9/1)

マイナビ転職×@IT自分戦略研究所 「キャリアアップ 転職体験談」:
PR:第31回 PMへの道を避けたエンジニアの今――ハックを尊ぶ社風が育む働きやすさとは
「転職には興味があるが、自分のスキルの生かし方が分からない」「自分にはどんなキャリアチェンジの可能性があるのだろうか?」――読者の悩みに応えるべく、さまざまな業種・職種への転職を成功させたITエンジニアたちにインタビューを行った。あなた自身のキャリアプラニングに、ぜひ役立ててほしい。(2014/9/1)

車載半導体:
ルネサスが次世代サラウンドビュー向けSoCを開発、全方位をリアルタイムで認識
ルネサス エレクトロニクスは、次世代サラウンドビュー向けSoC(System on Chip)「R-Car V2H」を開発した。同社の車載情報機器向けSoC「R-Carファミリ」の技術を応用し、先進運転支援システム(ADAS)向けに展開する製品群の第1弾となる。(2014/8/29)

NIWeek 2014:
イカの動きがヒントに! ポケットサイズの制御機器を使った水中ロボット
National Instruments(ナショナルインスツルメンツ)の年次テクニカルカンファレンス「NIWeek 2014」3日目の基調講演では、アカデミック分野へのNIの取り組みと成果が紹介された。中でも大きく取り上げられたのは、「Student Design Competition」で1位となったチューリッヒ工科大学のコウイカ型水中ロボットだった。(2014/8/28)

Beyond Zero-day Attacks(3):
ヒープに対する攻撃とその対策
攻撃手法を技術的に理解するための連載、今回はスタックと並んでよく耳にする「ヒープ破壊」を取り上げます。(2014/9/3)

ロボット制御の学習に:
ロボットアーム教材「アカデミック スカラロボット」が資金調達成功、一般市販開始
ヴイストンがクラウドファンディングで資金調達を行っていた水平多関節構造の卓上型ロボットアーム教材「アカデミック スカラロボット」が目標を達成。一般市販が開始された。(2014/8/25)

ビジネスニュース 業界動向:
2014年のマイコン市場は回復基調に、8ビットマイコンは絶好調
マイコン市場が好調だ。2014年のマイコン売上高は過去最高に達するとみられている。中でも8ビットマイコンは、安価でソフトウェアもシンプルなことから、需要が爆発的に増加しているという。(2014/8/22)

Database Watch(2014年8月版):
BlueMixのクラウドデータベースサービス/SQL on Hadoopは普及するか?
PaaSの世界のデータベースはどうなっている? ビッグデータ対応インフラの実装として、本気を出し始めたHadoop環境の弱点を補う仕組みもウォッチした。(2014/8/21)

完全マスター! 組み込みC言語プログラミング(9):
【問題8】繰返しと配列は相性がいい
C言語を使ったマイコン制御プログラムの“イロハ”を解説する本連載。今回は繰り返しの処理を行う際に便利な「配列」について学びます。(2014/8/21)

転換期を迎えるHadoop(1):
Hadoopは「難しい・遅い・使えない」? 越えられない壁がある理由と打開策を整理する
ブームだったHadoop。でも実際にはアーリーアダプター以外には、扱いにくくて普及が進まないのが現状だ。その課題に幾つかの解決策が出てきた。転換期を迎えるHadoopをめぐる状況を整理しよう。(2014/8/22)

NIWeek 2014:
スバルのモーター用ECU、古野電気の気象レーダー――日本企業の開発事例が注目集める
National Instruments(ナショナルインスツルメンツ/以下、NI)のテクニカルカンファレンス「NIWeek 2014」の基調講演2日目では、NIの製品を用いた開発事例が紹介された。日本メーカーでは富士重工業のモーター用ECUの検証システムや、古野電気の気象レーダーが紹介され、おおいに注目を集めた。また、「Cyber-Physical Systems」を実現するプロジェクトとして、“スマートツール”で航空機を組み立てる、Airbus(エアバス)のスマート工場のコンセプトも発表された。(2014/8/8)

完全マスター! 組み込みC言語プログラミング(8):
【問題7】10進数を2進数に変換するプログラム
C言語を使ったマイコン制御プログラムの“イロハ”を解説する本連載。今回はfor文(繰り返し)とif文(分岐)を使い、整数を入力し、その値を2進数で表示するプログラムを作成します。(2014/8/7)

完全マスター! 組み込みC言語プログラミング(7):
【問題6】while文とfor文――繰り返し処理を理解しよう
C言語を使ったマイコン制御プログラムの“イロハ”を解説する本連載。今回は、繰り返し処理に用いられるwhile文とfor文を使い、2の0乗から15乗までの数値を表示するプログラムを作成します。(2014/7/18)

組み込みニュース:
“世界初”をうたう組み込み用スーパーコンピュータ「NVIDIA Jetson TK1」とは?
NVIDIAはGPUコンピューティングイベント「GTC Japan 2014」に併せて記者会見を開き、同社が「モバイルスーパーコンピュータ」と呼ぶ「NVIDIA Jetson TK1」についての説明を行った。これは同社のモバイルプロセッサ「Tegra K1」をベースとする組み込み開発キットで、国内では2万4000円(税別)で販売されている。(2014/7/17)

ロボット制御学習に最適!!:
マウス操作でも動かせる卓上型ロボットアーム「アカデミック スカラロボット」
ヴイストンは、水平多関節(SCARA)構造の卓上型ロボットアーム教材「アカデミック スカラロボット」を発表。現在、クラウドファンディングサービス「Makuake」で量産資金の調達を行っている。(2014/7/11)

デュアルコアで大幅に性能向上:
PR:最高800MIPSのリアルタイム制御マイコン・ファミリを活用する
(2014/6/27)

モデルベース開発奮戦ちう(3):
モデルベース開発を成功させるには相応の投資が必要です
モデルベース開発を行うにはさまざまなツールを購入する必要がある。事業担当者にとってツールの選定と予算確保は悩みの種。それは、主人公の京子の上司である山田課長にとっても例外ではなかった。(2014/6/26)

頭脳放談:
第169回 ロボットがうちにやって来る!
ソフトバンクが感情を認識するロボット「Pepper」を発表。このPepperは、感情を認識したり、開発をオープン化したりとこれまでのロボットとは違っているようだ。(2014/6/25)

モデルベース開発:
工学院大学が教育機関向けサイトライセンスで「MATLAB/Simulink」を全学に導入
The MathWorksは、教育機関向けサイトライセンスであるTAH(Total Academic Headcount)ライセンスにより、工学院大学がモデルベース開発環境「MATLAB/Simulink」を全学に導入したと発表した。(2014/6/25)

宮崎 仁のマイコン基礎の基礎:
PR:第21回 MSP430 LaunchPadでキッチンタイマを作ろう 〜1秒カウントダウン編〜
(2014/6/25)

完全マスター! 組み込みC言語プログラミング(6):
【問題5】switch文と多岐選択をマスターしよう!!
C言語を使ったマイコン制御プログラムの“イロハ”を解説する本連載。今回は、複数選択処理に用いられるswitch文を使い、入力された月に該当する季節を表示するプログラムを作成します。(2014/6/24)

Arduinoで始めるWeb技術者のためのIoT入門(2):
電子回路を作る基礎を学びNode.jsでボードを操ろう
今注目のInternet of Thingsを実現するセンサーデバイスのインターフェースとしてArduinoを使い、電子工作の基礎から実装までを紹介する連載。今回は、LEDを点滅させる「Lチカ」を実現する電子回路を作成し、Arduino IDEでJavaScriptの制御プログラムを作り動かします。(2014/6/23)

マイコン1つで26個のモーターを制御!:
リアルなクモ型ロボットを制御する10米ドルマイコン「xCORE」
東京エレクトロン デバイス(TED)は2014年6月、英国のマイコンメーカーであるXMOS(エックスモス)と販売代理店契約を締結し、子会社のパネトロンを通じ、XMOSのマルチコアマイコン「xCORE」の取り扱いを開始した。多数のモーターをリアルタイム制御できるなどのxCOREの特長を生かし、産業機器や車載機器市場での拡販を行っていく。(2014/6/19)

ドリキンが斬る!(8):
外から見るWWDC 2014キーノート――Swiftに感じるAppleの本気
WWDC常連のドリキンが今年もキーノートを斬ります! 今回はメディアとエンジニアとで、反応が真っ二つに分かれる内容となりました。その理由をエンジニア視点で解き明かしていきたいと思います。(2014/6/19)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1 Update」:
Appleの「Swift」で何やら騒がしい開発言語事情をまとめる
Appleによる新プログラミング言語「Swift」の発表は、一般ユーザーにも開発言語の世界が久しぶりに注目されるトピックだった。現在そして今後の開発言語環境をWindows視点から見ていこう。(2014/6/12)

完全マスター! 組み込みC言語プログラミング(5):
【問題4】Cコンパイラはif文をどう裁くのか
C言語を使ったマイコン制御プログラムの“イロハ”を解説する本連載。今回はif文を用いて、入力値が奇数であるか偶数であるかを表示するプログラムに挑戦します。(2014/6/11)

組み込みイベントリポート【ESEC2014】:
「IoT」の“カタチ”が見えた・分かった!? ――産業や社会を革新する技術たち
組み込み業界のビッグイベント「第17回 組込みシステム開発技術展(ESEC2014)」。今回の展示会を象徴するキーワードは、「IoT(Internet of Things:モノのインターネット)」をおいて他にないだろう。各社の展示内容から、これまで以上に踏み込んだIoTの具体的な“カタチ”が見えてきた。(2014/5/29)

モデルベース開発奮戦ちう(2):
クルマを作るって、こんなに多くの力が必要なんだ
燃費世界一を目指すハイブリッド車「バンビーナ」の開発に関わる中で、モデルベース開発を一から勉強している電装部品メーカーの若手女性技術者・小野京子。初めて参加した自動車メーカーの「大部屋会議」に圧倒されつつも、モデルベース開発に“前のめって”いく。(2014/5/28)

若手エンジニア/初心者のためのRuby 2.1入門(4):
RubyのRangeクラスと範囲オブジェクト、範囲演算子、イテレーターの使い方
オープンソースのオブジェクト指向プログラミング言語「Ruby」の文法を一から学ぶための入門連載。最新版の2.1に対応しています。今回は、範囲オブジェクトを扱うRangeや範囲演算子の基本操作、各メソッドの使い方、イテレーターの基礎的な使い方に加え、イテレーターを使う利点などを解説します(2014/5/29)

Database Watch(2014年5月版):
実装のひと工夫で高速化する技術
データ分析の大半は時系列データが対象。ならば、データの持ち方や処理の方法、使い方にひと工夫を。今回は工夫をした2製品をウォッチ。(2014/5/28)

モノづくり最前線レポート:
製造現場になだれ込む「モノのインターネット」と「ビッグデータ」
IoT(モノのインターネット)やビッグデータ解析の活用先としてにわかに「製造現場」への注目度が高まっている。製造業において、ICTの活用により生産性や柔軟性をもう一段高めようとするモノづくり革新の動きが活発化する一方で、これらの技術のビジネス活用を推進したいIT系企業が提案が加速。製造現場への熱気が高まっている。(2014/5/22)

情シスの本棚(7):
プログラミングの納得感が高まる「オブジェクト指向超入門」
考え方や仕組みに納得できれば、今よりもプログラミングやモデリングを使いこなすことができる。あらためてオブジェクト指向を学び直してみてはいかがだろう。(2014/5/21)

Arduinoで始めるWeb技術者のためのIoT入門(1):
JavaScriptでも制御できる! Arduinoの基礎知識
今注目のInternet of Thingsを実現するセンサーデバイスのインターフェースとしてArduinoを使い、電子工作の基礎から実装までを紹介する連載。初回は、Arduinoの概要と注目を集める理由、4つの面白い利用例を紹介します。(2014/5/21)

完全マスター! 組み込みC言語プログラミング(4):
【問題3】「選択処理」とif文を理解しよう
C言語を使ったマイコン制御プログラムの“イロハ”を解説する本連載。今回はif文を用いて、入力された複数の値の中から最大値を求めるプログラムに挑戦。フローチャートも書きながら、プログラムの処理の流れをしっかり理解しましょう。(2014/5/21)

無償ソフトで技術計算しよう【プログラミング基礎編】(2):
forやwhileで繰り返し処理させてみる
今回は、繰り返し処理をさせるためのコマンドや、処理を中断したい場合について解説する。forコマンドでは、「最初に与えられた条件に従った回数だけ繰り返す」のに対して、whileコマンドでは「繰り返しの都度繰り返しするかどうかを指示する」ことが可能だ。(2014/5/9)

若手エンジニア/初心者のためのRuby 2.1入門(3):
Rubyの配列、ハッシュテーブルを表現するArray、Hashクラスの使い方
オープンソースのオブジェクト指向プログラミング言語「Ruby」の文法を一から学ぶための入門連載。最新版の2.1に対応しています。今回は、Arrayの基本操作、スタック/キューとしての使い方、さまざまなメソッド、Hashの基本的な使い方、連想配列のいろいろな初期化方法などについて。(2014/5/8)

完全マスター! 組み込みC言語プログラミング(3):
【問題2】入力した金額からお札、硬貨の枚数を求める
C言語を使ったマイコン制御プログラムの“イロハ”を解説する本連載。今回は、入力された金額から、お札と硬貨の枚数を計算して表示するプログラムに挑戦。3つのサンプルプログラムを基に詳しく解説します。(2014/5/7)

HPC以外でもFPGAによるOpenCL利用が広がる:
「ハードとソフトの世界を近づけたい」――OpenCL対応を加速するアルテラの狙い
アルテラは、並列コンピューティング向けソフトウェアプログラミングのフレームワークである「OpenCL(Open Computing Language)」への対応を積極的に行っている。2012年末には、並列コンピューティングの計算資源として手軽にFPGAが利用できるSDKの提供を開始し“OpenCL+FPGA”を実現。並列コンピューティング分野でのFPGAの普及状況やOpenCL対応を進める狙いなどについてアルテラの担当者に聞いた。(2014/5/2)

無償ソフトで技術計算しよう【プログラミング基礎編】(1):
プログラミングでもっと自在にFreeMatを操ろう
無償の工学計算ソフト「FreeMat」について解説するシリーズ、プログラミング基礎編では、各種コマンドやサブルーチンに相当する「関数mファイル」について説明する。(2014/4/25)

MS-DOS歴史的遺産化記念企画:
MS-DOS温故知新 〜ソースコード公開を期にパソコン大衆化の原点を振り返る〜
30年前のMS-DOSのソースコードがコンピューター歴史博物館に寄贈され、公開された。現在のPC隆盛の礎となったソースコードを見に行こう。(2014/4/24)

ESEC2014 開催直前情報:
創業30年リネオが見せる、IoT時代の組み込みLinuxソリューション
2014年に創業30周年を迎えたリネオソリューションズ。「第17回 組込みシステム開発技術展(ESEC2014)」では、IoTを成立させる要素として欠かせない各種組み込みソリューションを展示する。(2014/4/18)

完全マスター! 組み込みC言語プログラミング(2):
【問題1】1インチは何センチ? 単位を換算しよう
C言語を使ったマイコン制御プログラムの“イロハ”を解説する本連載。今回は「インチの値を、センチメートルとフィートに換算」するプログラムの記述を解説します。(2014/4/18)

Cortex-A57コアを最大8個実装:
フリースケールがパケット処理性能を向上させた新型通信プロセッサ「QorIQ LS2」を発表
フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン(以下、フリースケール)は、Layerscapeアーキテクチャの通信プロセッサ「QorIQ(コア・アイキュー)LS2ファミリ」の2製品を発表した。新開発のパケット処理プロセッサを搭載しており、汎用コアを用いた処理に比べて4〜6倍の高速化を実現した。(2014/4/16)

目指せ! Cプログラマ(17):
C初心者が知っておきたいヘッダーファイルとリンクの基礎知識
プログラミング言語の基本となる「C」の正しい文法や作法を身に付ける入門連載です。今回は、ヘッダーファイルとリンクを中心に、翻訳単位、ファイル有効範囲、外部定義と仮定義、外部結合と内部結合、結合と記憶域期間、インライン関数の結合、static、extern、inlineなどについても解説。(2014/4/11)

iOS SDKで始めるObjective-C入門(7):
Objective-Cのクラスやプロパティ、特徴的なメソッドの使い方
開発ツールXcode/iOS SDKを使ってiPhone/iPadアプリを作る方法を、プログラミング言語「Objective-C」の書き方/文法を交えて解説。「Windowsを使っていたけど、iOSアプリを作るためにMacを使い始めた」という初心者を対象にしています。今回は、クラス、プロパティ、メソッドを中心にインポート、アクセサー(ゲッター、セッター)、引数とラベ、スコープ、selfとsuperなどについてもコードを交えて説明します。(2014/4/9)



いよいよ日本にも正式に上陸するChrome OS搭載端末。まずは企業、教育機関向けとなるようだが、アメリカでの販売台数が市場の予想を超えて伸びていることが伝えられており、ネット中心の利用に必要十分かつ廉価な端末として日本でも受け入れられるのか、注目したい。

統合型リゾートという形で日本にもカジノがオープンする見込みが立ってきた。東京オリンピックも見越して、経済効果を期待する政府のみならず、地方自治体、観光、エンタメ業界、広告代理店など関係する多くの業界で熱が高まってきている。

9月19日発売の次世代iPhone。より大型の「iPhone 6 Plus」と同時展開となる。iWatchと呼ばれていた腕時計型端末「Apple Watch」も発表されたが、Appleのビジネス的には、Apple Watchも絡めたモバイル決済サービス「Apple Pay」の今後の展開にも注目したい。

All material on this site Copyright © 2005 - 2013 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.