C言語 に関する記事 C言語 に関する質問

「C言語」最新記事一覧

ESEC2014 開催直前情報:
創業30年リネオが見せる、IoT時代の組み込みLinuxソリューション
2014年に創業30周年を迎えたリネオソリューションズ。「第17回 組込みシステム開発技術展(ESEC2014)」では、IoTを成立させる要素として欠かせない各種組み込みソリューションを展示する。(2014/4/18)

完全マスター! 組み込みC言語プログラミング(2):
【問題1】1インチは何センチ? 単位を換算しよう
C言語を使ったマイコン制御プログラムの“イロハ”を解説する本連載。今回は「インチの値を、センチメートルとフィートに換算」するプログラムの記述を解説します。(2014/4/18)

Cortex-A57コアを最大8個実装:
フリースケールがパケット処理性能を向上させた新型通信プロセッサ「QorIQ LS2」を発表
フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン(以下、フリースケール)は、Layerscapeアーキテクチャの通信プロセッサ「QorIQ(コア・アイキュー)LS2ファミリ」の2製品を発表した。新開発のパケット処理プロセッサを搭載しており、汎用コアを用いた処理に比べて4〜6倍の高速化を実現した。(2014/4/16)

目指せ! Cプログラマ(17):
C初心者が知っておきたいヘッダーファイルとリンクの基礎知識
プログラミング言語の基本となる「C」の正しい文法や作法を身に付ける入門連載です。今回は、ヘッダーファイルとリンクを中心に、翻訳単位、ファイル有効範囲、外部定義と仮定義、外部結合と内部結合、結合と記憶域期間、インライン関数の結合、static、extern、inlineなどについても解説。(2014/4/11)

iOS SDKで始めるObjective-C入門(7):
Objective-Cのクラスやプロパティ、特徴的なメソッドの使い方
開発ツールXcode/iOS SDKを使ってiPhone/iPadアプリを作る方法を、プログラミング言語「Objective-C」の書き方/文法を交えて解説。「Windowsを使っていたけど、iOSアプリを作るためにMacを使い始めた」という初心者を対象にしています。今回は、クラス、プロパティ、メソッドを中心にインポート、アクセサー(ゲッター、セッター)、引数とラベ、スコープ、selfとsuperなどについてもコードを交えて説明します。(2014/4/9)

完全マスター! 組み込みC言語プログラミング(1):
さあ、C言語プログラミングを始めよう!
これから組み込みシステムのプログラミングを学びたい人を対象に、C言語を使ったマイコン制御プログラムの“イロハ”を解説していきます。本連載を通じ、組み込みシステム開発特有の“特別なC言語の使い方”をマスターしよう。(2014/4/4)

Webの過去、現在、そして未来(前編):
「日本のインターネットの父」が語る六賢者との思い出とインターネット後の未来
「Webの誕生」から25年、村井純教授が語ったのはWebに関わる全ての者たちへのメッセージだった。記念イベントの模様と優勝賞金100万円の「HTML5 Japan Cup」開催概要もお届けする。(2014/4/3)

PR:IoT時代に求められる超低消費電力マイコンMSP430™ 充実したツールによる使いやすさで広い支持
(2014/3/31)

若手エンジニア/初心者のためのRuby 2.1入門(2):
Ruby 2.1の基本構文/基本文法まとめ&Pryの使い方
オープンソースのオブジェクト指向プログラミング言語「Ruby」の文法を一から学ぶための入門連載。最新版の2.1に対応しています。今回は、Rubyの変数、定数、リテラル、演算子、条件分岐とループ(繰り返し)、コメントの基本的な使い方について解説。Ruby 2.1での新機能や便利な実行ツール「Pry」のインストールと使い方も紹介します。(2014/3/27)

Facebook、新プログラミング言語「Hack」をオープンソースで公開
Facebookが社内で使っているPHPベースのプログラミング言語「Hack」をBSDライセンスで公開した。(2014/3/24)

PLCの国際標準プログラミング入門(5):
PLCopenの「Safety FB」とは
「IEC 61131-3」と「PLCopen」について解説する本連載。今回はPLCopenの「Safety FB」について解説します。(2014/3/24)

iOS SDKで始めるObjective-C入門(6):
iOSアプリ開発初心者のためのオブジェクト指向の基本
開発ツールXcode/iOS SDKを使ってiPhone/iPadアプリを作る方法を、プログラミング言語「Objective-C」の書き方/文法を交えて解説。「Windowsを使っていたけど、iOSアプリを作るためにMacを使い始めた」という初心者を対象にしています。今回は、オブジェクト指向に必要な4つの特性や、カプセル化、継承、ポリモーフィズム、オーバーライドなどの使い方について。(2014/3/17)

モデルベースデザイン:
PR:プログラマブルSoCの可能性を最大限に発揮させる「MATLAB/Simulink」の新機能
アプリケーションプロセッサコアとプログラマブルロジック部を1個のICに集積したプログラマブルSoC。注目を集めるプログラマブルSoCを用いた製品開発に最適なのが、「MATLAB/Simulink」によるモデルベースデザインである。ブロック線図で記述するSimulinkモデルだけでも、プログラマブルSoCの評価ボードへの実装コードが生成できるだけでなく、プログラム言語の違いによって生まれていたソフトウェアとハードウェアのエンジニアの間の相克を、Simulinkモデルという共通言語で解消することも可能になるのだ。(2014/3/13)

Web業界で働くためのPHP入門(1):
初心者がPHPプログラミングを始めるための基礎知識とインストール
オープンソースのWeb開発向けスクリプト言語「PHP」の文法を一から学ぶための入門連載。最新版の5.5に対応しています。初回は、PHPの概要や特長を紹介し、環境構築や「Hello World!」までの手順などを解説します。(2014/3/7)

脱出成功率は1% エンジニア版リアル脱出ゲームが何語かすら理解できない件
脱出にはプログラミング言語スキルと数学力が必須!(2014/3/6)

ソフトウェア:
SDN対応機器の設計期間短縮へ、フリースケールがQorIQ用ソフトウェアを提供
フリースケール・セミコンダクタ・ジャパンは、SDN(Software Defined Networking)に対応するソフトウェア「VortiQa(ボーティカ)」を発表した。このソフトウェアは「OpenFlow1.3x」に準拠しており、同社製マルチコア通信プロセッサ「QorIQ(コア・アイキュー)」上で動作するよう最適化されている。これらの製品を活用すれば、SDN/OpenFlow準拠の宅内通信機器(CPE)や、エンタープライズネットワーク機器の設計期間を短縮することが可能となる。(2014/3/6)

ソフトウェアが、ソフトウェアを作る:
PR:日本のシステム開発に、変革がもたらされる時
多数の人的リソースが動員され、多大な時間と費用が注がれているソフトウェア開発。その手法が、BlueMeme(ブルーミーム)が導入している「第五世代言語の開発ツール」によって、大きく覆ろうとしている。製造からテスト、運用までを自動で行うという夢みたいなことが、果たして本当に起こり得るのか。代表の松岡氏が、その全貌を語る。(2014/2/25)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/1/22)

業界最高性能のリアルタイム制御マイコンが登場:
PR:演算性能の向上とともに高機能アナログを集積
(2014/1/15)

アドバンスド・データ・コントロールズ 代表取締役社長 河原隆氏:
PR:“三重苦”を抜けた国内自動車産業の新規開発をツールで支援する
アドバンスド・データ・コントロールズ(ADaC)は、Green Hills Softwareの統合開発環境「MULTI」やリアルタイムOS「INTEGRITY」といったツールやソフトウェア製品を車載分野に展開している。“三重苦”を抜けて復活を遂げた国内自動車産業の新規開発を支援すべく、半導体メーカーと二人三脚で提案活動を進めていく考えだ。(2014/1/14)

スウェーデンCOMSOL AB/米国COMSOL Inc. Littmarck氏&Sjodin氏:
PR:COMSOLは、2014年も引き続き日本市場の大幅成長を目指す!
スウェーデンのCAEベンダー COMSOL ABは、柔軟で強力なマルチフィジックス解析(無制限連成解析)ソフトウェア「COMSOL Multiphysics」を提供している。COMSOL ABの創業者でCOMSOLグループCEOのSvante Littmarck氏と、米国COMSOL Inc.プロダクトマネジメント副社長のBjorn Sjodin氏が、COMSOL Multiphysicsの強みや今後について語った。(2014/1/14)

無償ソフトで技術計算しよう【入門編】(3):
演算子と関数を駆使して統計的な計算をグラフプロットする
今回は、FreeMatの演算子と関数について説明する。また中心極限定理の実験でグラフをプロットしてみる。(2014/1/10)

マイコン基礎の基礎:
PR:第15回 MSP430™ LaunchPadの入出力機能を拡張する、便利なスイッチ割り込みとタイマ割り込みを使ってみる
(2013/12/25)

組み込み開発ニュース:
Arduino互換開発ボード「Linduino One」を販売、リニアテクノロジー
リニアテクノロジーは、同社IC用ファームウェアライブラリおよびソースコードを開発、供給するためのArduino互換プラットフォーム「Linduino One」開発ツールの販売開始を発表した。(2013/12/5)

「ET2013」展示会場リポート:
「M2M」「IoT」「クラウド」――“つながる技術”が切り開く組み込みの未来
2013年11月20〜22日の3日間、パシフィコ横浜において恒例の組み込み関連イベント「Embedded Technology 2013/組込み総合技術展(ET2013)」が開催された。本稿では、多数のブースの中から“これからの組み込み技術”という視点でピックアップした展示デモの内容を紹介する。(2013/12/4)

モノづくりエンジニアのキャリアづくり:
組み込みエンジニアのニーズが急拡大。未経験分野に挑むチャンスも
現在は、マネジメントに就く手前の若手層をターゲットにしている求人情報が多く見受けられます。特に今はニーズが急増しているため「技術領域はマッチしなくても言語が使えれば選考の対象にする」といったような条件の緩和も一部で起こっており、選択肢の多い今はチャンスといえるでしょう。(2013/11/29)

無償ソフトで技術計算しよう【入門編】(1):
無償の工学計算ソフト「FreeMat」をインストールしよう
無償の工学計算ソフトでも、かなり高度な計算ができる! 今回はインストール編。工学計算の初心者もぜひチャレンジしよう。(2013/11/22)

組み込み機器のキーデバイスを網羅する:
PR:メモリとマイコン/アナログが融合! 新生スパンションを紹介
スパンションは2013年8月に、富士通のマイコン/アナログ半導体事業を統合し、エンベデッドシステム向けデバイスの総合メーカーとして生まれ変わった。“新生スパンション”としてのスタートからわずか数カ月だが、マイコン、アナログ半導体、そしてメモリという組み込み機器に欠かせないキーデバイスを網羅する強みを生かしたエンベデッドシステムソリューションを開発している。(2013/11/18)

日本NI グラフィカルシステム開発コンテスト2013:
社会人/大学生に交じって遠隔制御ロボットで受賞! “C言語が苦手な中学生”に聞く
日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は、NI製品を使ったアプリケーションを表彰する「グラフィカルシステム開発コンテスト2013」を実施し、「未来のエンジニア賞」として、中学3年生の野口宙さんを表彰した。中学3年生ながら、NI製品を使いこなし、誰でも操作可能な遠隔制御ロボットを製作した野口さんにインタビューした。(2013/11/15)

ビジネスニュース 企業動向:
トヨタの急加速事故は欠陥だらけのファームウェアが原因?――原告側調査の詳細
2007年に米国オクラホマ州で、トヨタ自動車の乗用車「カムリ」が急加速したことによる死亡事故が発生した。事故をめぐる訴訟において、原告側証人として事故原因の調査を行った組み込みソフトウェアの専門家は、裁判で「カムリのエンジン制御モジュール(ECM)のファームウェアに重大な欠陥が見つかった」と報告した。(2013/11/11)

宮崎 仁のマイコン基礎の基礎:
PR:第13回 無償版ソフトと安価な開発キットで始める、MSP430™ LaunchPadによるハードとソフトの開発
(2013/10/25)

メモリ最大32Tバイト:
オラクルがSPARC M6-32サーバ発売、次世代プロセッサはクエリ処理も実装
日本オラクルは「SPARC M6」プロセッサを32個搭載するサーバ機の販売を開始すると発表した。32Tバイトの広大なメモリによってデータベースの処理性能を高められるという。さらに次世代の「SPARC M7」プロセッサに投入する、データベースのクエリ処理など特定のアプリケーション処理を高速かつ安全にする「Software in Silicon」技術の詳細も明らかにした。(2013/10/24)

ET2013 開催直前情報:
スマート化を支えるのは「組み込みLinux」――創業30周年を前にリネオが「全部見せます!」
2013年11月20〜22日の3日間、パシフィコ横浜で開催される「Embedded Technology 2013/組込み総合技術展」において、来年(2014年)創業30周年を迎えるリネオソリューションズは、組み込みソフトウェア製品・サービスの全てを事例やデモで披露するという。(2013/10/22)

無線通信技術:
IoT時代に備える、簡単な無線接続をかなえる11の機器(後編)
前編に続き、簡単な無線接続を提供するツールを紹介する。「Cortex-M3」を搭載したボードや、SDカード状のWi-Fiモジュールなどが登場する。(2013/10/21)

実録、Androidアプリの脆弱性を撲滅せよ!(前編):
「ONETOPIヘッドライン」アプリの脆弱性を検査してみた
ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ(SDNA)製の脆弱性検査ツール「Secure Coding Checker」を用いてITmediaが開発したAndroidアプリ「ONETOPI ヘッドライン」を実際に検査し、どんな脆弱性が見つかりどう修正したかを「実録」風にお届けします。(2013/10/16)

安藤幸央のランダウン(66):
フリーソフトウェアGNU30周年と開発環境、開発ツールの歴史を振り返る
GNU誕生から30年が経った2013年。ソフトウェア開発の環境/ツールはどのように変化していったのだろうか。簡単に振り返りつつ未来を予想する。(2013/10/7)

マイコン入門!! 必携用語集(7):
マイコンにも言語力が必要!?
マイコンが実行する命令はROMなどのメモリの中に0/1のパターンで格納されています。しかし、0/1のパターンではユーザーが何の命令なのか分かり難く、不便です。そこで、0/1のパターンに言葉を定義して、ユーザーはその言葉を使ってプログラムを作ります。その言葉を“プログラム言語”と呼んでいます。言い換えると、ユーザーはプログラム言語をマスターしていないと、マイコンのプログラムを作れないことになります。プログラム言語にはいくつか種類があります。今回は、それらを説明します。(2013/9/20)

MONOistオートモーティブセミナーリポート:
「車載ソフト開発の特性を考慮」、自工会がMISRA C ADC策定の背景を説明
MONOistオートモーティブフォーラム主催のセミナー「MISRA C ADC徹底解説――車載ソフトのISO26262対応に向けた切り札とは」の基調講演に、日本自動車工業会でソフトウェア分科会長を務めるトヨタ自動車 技範の窪田和彦氏が登壇した。(2013/9/17)

SECCON 2013 横浜大会レポート:
来年は「U-50」大会も? シニアの血も沸く夏の戦い
2013年8月23日、「CEDEC 2013」に併せてパシフィコ横浜で開催されていた「SECCON 2013」第1回地方大会が閉幕した。本戦の「CTF」に加え、その予選としてSQLインジェクションチャレンジやバイナリかるた/アセンブラかるたなど、趣向を凝らした競技が開催された。(2013/9/6)

アイデア・ハック!! Arduinoで遊ぼう(2):
親子で楽しむ夏休み自由研究――2つのLEDで「アニメシアター」を作ろう!
頭の中のアイデアを「Arduino(アルドゥイーノ)」で実現。筆者と一緒にモノづくりの喜びや難しさを体験・体感してみよう。第2回のテーマは“子どもと一緒に楽しめる電子工作”。夏休みの自由研究に最適な「2コマアニメシアター」を制作するぞ!!(2013/8/9)

もいちど知りたい、セキュアコーディングの基本(5):
見落としがちな整数関連の脆弱性(後編)
前回に続き、バグの中でも大きな割合を占める整数の取り扱いに関する脆弱性について解説します。今回取り上げるのは「切り捨て」「符号拡張/ゼロ拡張」についてです。(2013/8/1)

車載ソフトウェア:
より高品質な車載ソフトウェアのコーディングを可能にする「MISRA C:2012」
自動車の電子化が進展し、車載システムがより複雑になるにつれて、車載ソフトウェアの重要性はさらに高まっている。車載ソフトウェアの品質を高めるためのガイドラインであるMISRA Cの最新版MISRA C:2012が2013年3月に発表された。本稿では、MISRA C:2012における、従来版からのアップデート内容について解説する。(2013/7/24)

アイデア・ハック!! Arduinoで遊ぼう(1):
お手軽モノづくり体験――「あったらいいな」をArduinoでカタチにしてみよう!
「こんなモノがあったらいいのに……」をArduino(アルドゥイーノ)で実現。電子工作初心者や回路の知識のない人だって大丈夫。筆者と一緒に、頭の中のアイデアをカタチにし、モノづくりの喜びや難しさを体験・体感してみよう! 第1回では、開発環境の準備と電子工作の“Hello World”こと、「エルチカ」に挑戦するぞ!!(2013/7/22)

自工会 車載ソフトウェア インタビュー:
国際的なコーディングガイドラインを日本自動車工業会が拡張した理由
2013年3月に発行された、車載ソフトウェアのコーディングガイドラインのMISRA Cを拡張する「MISRA C ADC」。このMISRA C ADCの策定を主導したのが、国内自動車メーカーが加盟する日本自動車工業会のソフトウェア分科会である。同分科会の会長を務めるトヨタ自動車技範の窪田和彦氏に、MISRA C ADCを策定した経緯について聞いた。(2013/7/16)

プログラマブルロジック:
ザイリンクス、20nmプロセスFPGAをテープアウト――製品戦略反映し呼称も「8」ではなく「UltraScale」
ザイリンクスは、20nmプロセス技術を用いたFPGAのテープアウト(設計完了)を発表した。同時に、20nmプロセス採用FPGAなどに適用する新世代アーキテクチャ「UltraScale」の概要も公表した。新プロセス、新アーキテクチャを採用した製品の出荷は2013年10〜12月を予定している。(2013/7/9)

連載:Windowsランタイム・コンポーネントによるコードの再利用:
第3回 CライブラリのWindowsランタイム・コンポーネント化戦略
既存のC/C++プログラムをWindowsランタイム・コンポーネント化する際に取れる戦略と、それぞれの特徴や、メリット/デメリットを考察する。(2013/7/3)

マイクロマウスで始める組み込み開発入門(15):
走行中の姿勢制御を実装し、目標走行時間を突破せよ!!
市販の組み立てキットで「マイクロマウス」の開発を進める北上くんとえみちゃん。これまで開発してきたプログラムをベースに、センサーで壁の有無を判断しながら迷路内を自律走行させることに成功しました。最終回となる今回は、さらなる安定走行を目指し、「姿勢制御」を実装します。(2013/7/2)

ビジネスニュース 企業動向:
拡張性の高いデータ集録機器を中小企業にも、日本NIの戦略を聞く
日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)のモジュール式データ集録用機器(DAQ)は、これまでは主に自動車や電子機器の分野で使用されてきた。今後は、モジュール式という拡張性の高さを生かし、ライフサイエンスやエネルギーといった分野に裾野を広げるとともに、新たな顧客層を狙う。それが、ベンチャー企業や中小企業だ。同社はこうした企業のユーザーを増やすべく、思い切った戦略を打っている。(2013/6/27)

MISRA 車載ソフトウェア インタビュー:
車載ソフトの新ガイドライン「MISRA C ADC」、ISO26262対応と品質確保を同時実現
日本自動車工業会と欧州の自動車業界団体であるMISRAは、自動車向け機能安全規格であるISO 26262対応と車載ソフトウェアの信頼性や品質の確保を両立させることを目的に、新たなコーディングガイドラインとなる「MISRA C ADC」を策定した。MISRAの担当者に、策定の背景や狙いについて聞いた。(2013/6/27)

連載:Windowsランタイム・コンポーネントによるコードの再利用:
第2回 Windowsランタイム・コンポーネントの作成とmrubyのコンパイル
C#によるWinRTコンポーネント作成時の要点を説明。そしてmrubyを例に既存コード(C言語)の再利用を解説する。(2013/6/19)



オープンソースのSSL/TLS実装である「OpenSSL」に深刻な脆弱性が見つかった。エンドユーザーが解決できる問題ではないが、利用しているサービスの対応状況の確認や対応後のパスワードの変更など、慎重な姿勢が求められる。便乗するスパムメールにも注意が必要だ。

通信キャリアのMVNOとして月額1000円を切る格安SIMを提供するサービスが増加している。これまで日本ではほとんど存在感がなかったSIMフリーの端末にも、この動きに合わせて注目が高まっている。

ソフトバンク傘下で6月に合併予定のイー・アクセス、ウィルコムを、同じタイミングでヤフーが買収することとなった。これまでのサービスを引き継ぎつつ、Android端末を中心に展開し、自社のサービスとの連携を図っていくようで、「インターネットキャリア」を標榜している。

All material on this site Copyright © 2005 - 2013 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.