「CEO」最新記事一覧

Chief Executive Officer:最高経営責任者

協働ロボット:
ロボットがたどる生物の進化の道、カギは視覚とコミュニケーション
2020年に開催される日本発のロボットチャレンジ「World Robot Summit」に向け、記念シンポジウムが都内で開催された。WRSの実行委員会諮問会議 委員であるトヨタリサーチインスティテュート 最高経営責任者(CEO)のギル・プラット氏が登壇し「ロボティクスの未来」をテーマに、ロボットと人との関係性の変化などについて講演した。(2017/10/16)

#WomenBoycottTwitterを受けて:
TwitterのドーシーCEO、「嫌がらせ対策をさらに強化する」とツイート
セクハラについてツイートする女優のアカウントが制限を受けたことをきっかけに拡散した#WomenBoycottTwitter運動に対し、TwitterのドーシーCEOが嫌がらせや暴力扇動ツイートに関するルールをさらに強化するとツイートした。(2017/10/14)

Twitterが新ルール導入へ 女優の一時凍結めぐるボイコット運動を受けて
「もっとアグレッシブなスタンスを取ることに決めた」とTwitterのCEO。(2017/10/14)

Microsoft Focus:
AIファースト×MR――MicrosoftがDX市場に送り込む“刺客”の実力は?
米Microsoftのサティア・ナデラCEOは、2017年9月25から開催された「Microsoft Ignite 2017」で、デジタルトランスフォーメーション(DX)をリードする新たなコンセプトとして、「AIファースト」を打ち出した。(2017/10/14)

Amazon、セクハラ発覚のAmazon Studiosトップを解任
Amazon Studioのトップ、ロイ・プライス氏が突然解任された。Amazonのオリジナルコンテンツの製作総指揮を担う女性がプライス氏にセクハラを受けたと語ったインタビューが公開され、女優のローズ・マッゴーワン氏も同氏の問題を訴えるツイートをジェフ・ベゾスCEO宛に投稿した後のことだ。(2017/10/13)

TwitterのドーシーCEO、アカウント規制について「透明性強化の必要がある」とツイート
Twitterが、大物プロデューサーからのセクハラをカミングアウトした女優のアカウントを一時制限したことが物議を醸した。同社は制限の理由を説明して制限を撤廃し、ジャック・ドーシーCEOはこの件について「行動をもっと透明にする必要がある」とツイートした。(2017/10/13)

組み込み開発 インタビュー:
拡大する組み込みOSS、ソフトウェアのトレーサビリティーを確保せよ
シノプシスは、コネクテッドカーなど機器の高度化が進みソフトウェア開発の複雑性が増す中で、新たにソフトウェア開発の安全性を確保する基盤作りに取り組む。同社社長兼共同CEOのチー・フン・チャン氏に話を聞いた。(2017/10/13)

CEATEC2017:
止めない工場への第一歩、ファナックがFIELD systemで描く世界
「CEATEC JAPAN 2017」の特別カンファレンスにファナック 代表取締役会長 兼 CEOの稲葉善治氏が登壇。「IoTによる知能化工場への挑戦」をテーマに同社のFIELD systemを中心とした取り組みを紹介した。(2017/10/12)

Oracle OpenWorld San Francisco 2017 Report:
「NetSuiteは完璧な補完」とOracle CEO、さらなる投資を約束
最終日のOracle OpenWorld基調講演は、「SuiteConnect」と銘打たれ、Oracle傘下に入ったNetSuiteの創業者、ゴールドバーグ氏が登場、Oracleのマーク・ハードCEOはさらなる投資を約束した。(2017/10/5)

Intelの前CEO、ポール・オッテリーニ氏が逝去
Intelの前CEO、ポール・オッテリーニ氏が10月2日に亡くなった。66歳だった。(2017/10/4)

次世代エンジニアドシステム「Oracle Exadata X7」も発表:
OracleのハードCEO、2025年のクラウドの利用状況予測を披露
Oracleのマーク・ハードCEOはOracle OpenWorldで行った基調講演の中で、2025年のクラウドの利用状況に関する予測を披露した。また、Oracleは次世代エンジニアドシステム「Oracle Exadata X7」も発表した。(2017/10/4)

不正アクセスを検知できず:
Equifaxの情報流出は「人為ミスと技術的失敗」、前CEOが証言
Equifaxのセキュリティ部門が行ったスキャンではApache Strutsの脆弱性を発見できず、同社のセキュリティツールも不正アクセスを検出できなかった。(2017/10/4)

Oracle OpenWorld San Francisco 2017 Report:
クラウドシフトを進める北米企業、「修正パッチに興味はない」とGapのCIO
Oracle OpenWorld San Francisco 2017が本格的な幕を開けた。基調講演にはマーク・ハードCEOが登場、クラウド移行によってビジネスの変革に挑むFedExやGapをステージに招き上げた。(2017/10/3)

FacebookのザッカーバーグCEO、「傷つけた人々に謝罪したい」 ユダヤの「あがないの日」に
ユダヤ人であるFacebookのザッカーバーグCEOがユダヤの祝日「ヨーム・キップール(あがないの日)」に、「私の仕事が人々を1つにするのではなく、分断することに使われてしまったことについて、赦しを乞い、改善を約束する」と投稿した。(2017/10/2)

Uberの前CEO、取締役2人を突然指名 取締役会は「驚いている」
投資家からの圧力でCEOを辞任したUberのトラヴィス・カラニック氏が、取締役会に無断で2人の新取締役を指名した。近く開かれる取締役会で自分の権限が縮小されるのを避ける目的とみられる。(2017/10/2)

SpaceX、火星コロニー計画の現状と、新ロケット「BFR」による都市間移動サービスを発表
SpaceXのイーロン・マスクCEOが国際宇宙会議で講演し、火星旅行のための新ロケット「BFR(Big Fucking Rocket、コードネーム)」の開発と、このロケットによる地球上の都市間移動サービス構想を発表した。例えば飛行機では10時間かかる東京とロサンゼルス間を約30分で移動でき、料金は旅客機のエコノミークラス並みになるとしている。(2017/10/2)

「Adobe Symposium 2017」レポート:
Adobe自身のデジタル変革から学ぶべきこと――シャンタヌ・ナラヤン氏の講演より
「Adobe Symposium 2017」でAdobe Systems 会長・社長・CEOのシャンタヌ・ナラヤン氏は、クラウドビジネスへ移行した同社自身の経験から、デジタル変革の意義について語った。(2017/9/28)

「事態の軽視」は反省:
Facebook CEO、同社役割の正当性主張 米大統領「Facebookは反トランプ派」批判一蹴
米FacebookのザッカーバーグCEOは、米選挙における同社の役割の正当性を主張し、トランプ米大統領による「反トランプ派」との批判を一蹴した。(2017/9/28)

トランプ大統領の「Facebookは反トランプ」ツイートにザッカーバーグCEOが反論
ドナルド・トランプ米大統領が「Facebookは反トランプだ」とツイートしたことを受け、Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOが「トランプ氏はFacebookが反トランプだと言い、リベラル派はFacebookがトランプ氏寄りだと言う」と語り、実際にはあらゆる考え方を受け入れるプラットフォームだと説明した。(2017/9/28)

1億人以上の顧客情報を流出したEquifax、CEOが引責辞任
顧客約1億4300万人の個人情報流出事件を起こした米信用情報機関大手Equifaxの会長兼CEOが辞任する。同社は暫定CEOを立て、正式CEO探しを始める。(2017/9/27)

Facebook、クラスC株式発行中止 ザッカーバーグCEOの支配権は安泰と判断
Facebookが、昨年決定した議決権のない「クラスC」株式の発行を中止した。当初の目的だったマーク・ザッカーバーグCEOの議決権維持が、よりよい方法で確保できるようになったためとしている。これにより、提訴していた一部株主と和解した。(2017/9/24)

Uberのロンドンでの営業免許失効へ 「どうか協力を」とコスロシャヒCEO
英ロンドン交通局がUberの市内での営業免許を更新しない決定を発表した。9月30日に失効する。Uberは不服を申し立てる見込みで、新CEOのコスロシャヒ氏は「親愛なるロンドン、どうか協力を」とツイートした。(2017/9/24)

Facebook、ロシア政府につながる可能性のある広告を米連邦議会に提出すると発表
2016年の米大統領選の結果に影響を与えたと批判されているFacebookが、独自調査でロシアが関与している可能性が判明した広告データを米連邦議会に提出すると発表し、マーク・ザッカーバーグCEOがライブ動画で今後の取り組みについて説明した。(2017/9/22)

Weekly Memo:
デジタル改革時代のCEOがやってはいけないこと
ビジネスの課題をITで解決する時代になった今、CEOにはこれまでとは異なる考え方や発想を求められることも増えてくる。そこですべきこと、やってはいけないことは何なのか。(2017/9/19)

企業経営の柱、財務戦略を読み解く:
成長の条件に「CFO」が必要になった理由
CEOを財務面で支えるCFO――。企業において、どのような存在であり、なぜ重要視されるようになったのか。CFOの役割を読み解く。(2017/9/19)

ITはみ出しコラム:
iPhone X発表会に見る「ジョブズ後のAppleを支える人たち」
かつては故スティーブ・ジョブズさんのプレゼンに世界中が注目したものですが、ティム・クックCEOをはじめ、現Apple幹部の製品紹介も気になります。(2017/9/17)

市場の見通しは明るい:
「MRAMの導入は速く進む」 STTが強気な見解
MRAMを手掛ける数少ない新興企業の1つSpin Transfer Technologies(STT)は、MRAMの根本的な課題を解決する技術の開発を進めているという。CEOに着任したばかりのTom Sparkman氏は、「MRAMの導入は、予想よりもはるかに速く進むのではないか」との見方を示す。(2017/9/15)

日本のCEO、悲観的だが対応は後手――KPMGがグローバルCEO調査
KPMGコンサルティングが、世界各国のCEOを対象した「KPMGグローバルCEO調査2017」の日本語版報告書を発表。世界と日本との調査結果の違いから見えてくる「日本のCEOの特徴」とは?(2017/9/15)

「詐欺であり、崩壊する」発言:
ビットコイン下げとまらず ダイモン氏の「詐欺」発言で
ビットコインは「詐欺であり、崩壊する」とJPモルガンCEOが発言したことで、ビットコインの下げが続いている。(2017/9/14)

「詐欺であり、崩壊する」:
ビットコインは「詐欺」、JPモルガンCEO発言で価格急落
JPモルガン・チェースのダイモンCEOは、仮想通貨ビットコインは「詐欺であり、崩壊する」と語った。同氏の発言を受け、ビットコインは一時4%急落した。(2017/9/13)

AppleのクックCEO「いつでも彼をたたえよう」 新社屋でジョブズ氏しのぶ
iPhone新モデルを発表するとみられる米Appleのスペシャルイベントが開幕。会場は故スティーブ・ジョブズ氏にちなんだ「Steve Jobs Theater」だ。(2017/9/13)

単独インタビュー:
NutanixのCEOとCTOに聞いた、エンタープライズクラウドの近未来
Nutanixは2017年6月末、Nutanix .NEXT Conference 2017で、ソフトウェア単体での展開、アプリケーション視点のクラウド管理ツール「Nutanix Calm」、Google Cloud Platform(GCP)上で同社のソフトウェアスタックを動かし、これを従量課金で使えるサービスの「Xi Cloud Services」を発表した。本記事ではNutanixのCEO、ディラージ・パンディ氏およびNutanix CTOであるスニル・ポッティ氏への単独インタビューの抜粋をお届けする。(2017/9/13)

CEOに聞く:
米フィンテックのシンフォニー 日本進出への期待
金融機関向けコミュニケーションツールを提供する米シンフォニーは、日本に本格展開する。金融ビジネスに即したサービスの特徴と日本展開の方針について、CEOに聞いた。(2017/9/11)

イーロン・マスク氏、SpaceXの宇宙服全身画像をInstagramで公開
NASAの飛行士輸送ミッション向けの宇宙船「Crew Dragon」と飛行士のための宇宙服の画像を、SpaceXのイーロン・マスクCEOが公開した。(2017/9/10)

「実際のサービスでまず小さな成果を出せ」:
Pivotal CEOが語るKubernetes、そして一般企業のデジタルトランスフォーメーション
Pivotalのロブ・ミーCEOとのインタビューを予定していたところ、同社がKubernetesのディストリビューションを含む製品をVMwareと共同発表というニュースが飛び込んできた。そこで企業におけるデジタルトランスフォーメーションの進展と、Kubernetesを製品化した理由について、ミー氏に聞いた。(2017/9/8)

製造業IoT:
デジタルツインを全てカバーするシーメンス、投資額は10年間で1兆円超に
シーメンスPLMソフトウェアのプレス・アナリスト向けイベント「Siemens Industry Analyst Conference」の基調講演に、シーメンスのデジタルファクトリー部門のCEOを務めるヤン・ムロジク氏が登壇。ムロジク氏は「デジタライゼーション(デジタル化)」と「デジタルツイン」の重要性を強調した。(2017/9/8)

トランプ米大統領がDACA打ち切りを発表 AppleやGoogleのCEOが反対表明
ドナルド・トランプ米大統領が、オバマ前大統領が立ち上げた不法移民の強制送還猶予措置「DACA」の撤廃を発表した。Apple、Google、Microsoft、Facebookなどの米IT大手がそれぞれに反対を表明した。(2017/9/6)

IFA 2017:
Huaweiの新プロセッサ「Kirin 970」で何が変わる? 「Mate 10」の存在も明らかに
ドイツ・ベルリンで開催中のIFA 2017の基調講演に、HuaweiのCEOが登壇。動作速度の高速化と、最大1.25Gbpsに対応する高速モデムを内蔵したプロセッサ「Kirin 970」を発表した。Kirin 970は10月16日に発表予定の新モデル「Mate 10」に最初に搭載される予定だ。(2017/9/5)

クックCEO、「Appleの250人のDACA対象者の味方」とツイート
ドナルド・トランプ米大統領がDACA(移民保護プログラムの1つ)に関する決定を発表する前日、Appleのティム・クックCEOが自社のプログラム対象者250人と共にあるとツイートした。(2017/9/4)

Uberの新CEO、早ければ2019年のIPOを目指すと全社集会で発言
Uberの全社集会で前CEOのトラビス・カラニック氏に紹介された新CEO、ダラ・コスロシャヒ氏は、18〜36カ月後の株式公開を目指すと語った。(2017/8/31)

Uber、新CEOにダラ・コスロシャヒ氏を迎えると正式発表
Uberが、約2カ月のCEO不在状態からようやく抜け、Expediaのダラ・コスロシャヒCEOを新CEOに迎えると発表した。(2017/8/30)

UberのCEO就任ほぼ確実なExpediaのCEOは反トランプのイラン系米国人
最終決定はまだだが、UberのCEO就任がほぼ確実なExpediaのダラ・コスロシャヒCEO(48)は、子どものころイラン革命で米国に移民してきた米国人。トランプ政権に批判的だ。(2017/8/29)

1年で会員100万人突破:
スポーツ中継の“黒船”DAZN、快進撃は続くのか
2016年8月の日本市場参入から1年間で、急成長を遂げているスポーツ配信サービス「DAZN」。ジェームズ・ラシュトンCEOと、DAZN日本法人の中村俊社長が、これまでの展開を振り返るとともに、今後の方針を語った。(2017/8/29)

トラブル続きのUber、次期トップはExpediaのコスロシャヒCEOに
Uberの選出委員会が新CEOを決定したことが判明した。(2017/8/28)

WantedlyのIPO批判記事、Google検索から消える 「写真を無断利用された」とWantedlyが削除申し立て
Wantedlyの新規株式公開(IPO)を分析し、「やりがい搾取感が否めない」などと批判したブログ記事がGoogleの検索結果から消えた。「CEOの写真が記事に無断利用された」とし、ウォンテッドリーがDMCAに基づき、Google・Twitterに削除を申し立てたため。【更新】(2017/8/25)

イーロン・マスク氏、NASAに納品予定の宇宙服を初披露
SpaceXのイーロン・マスクCEOが、“モックアップではない”宇宙服の画像をInstagramで初披露した。(2017/8/24)

CEOに聞く:
デンソーの新子会社とプロセッサを開発するThinCIとは
デンソーが新設する子会社「エヌエスアイテクス(NSITEXE)」とプロセッサを共同開発するのが、米新興企業のThinCIだ。同社のCEO(最高経営責任者)を務めるDinakar Munagala氏に、同社の製品の強みなどを聞いた。(2017/8/22)

AppleのクックCEO、「トランプ大統領に反対する」全社メール
Appleのティム・クックCEOが従業員宛全社メールで、シャーロッツビル事件に対するドナルド・トランプ米大統領の態度を批判し、人権団体に200万ドル寄付すると語った。(2017/8/17)

トランプ大統領、相次ぐメンバー退会を受け、2つの助言組織を閉鎖
トランプ米大統領は、シャーロッツビル事件への対応に懸念を表明して複数のメンバーが退会したことを受け、米大手企業のCEOを集めた2つの助言組織「米国製造業評議会」および「戦略・政策フォーラム」を解散するとツイートした。(2017/8/17)

ドンキホーテHD、銀行業は当然視野に入っている=大原CEO
ドンキホーテHDの大原CEOは、周辺事業の1つとして銀行業や金融業は「当然視野に入っている」と述べた。(2017/8/16)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.