「閉鎖」最新記事一覧

関連キーワード

O157感染の総菜店「でりしゃす」全17店舗閉店へ 「総合的な経営判断の結果」
3歳女児が亡くなっている。(2017/9/20)

「総合的な経営判断」:
O157感染 総菜店「でりしゃす」全店閉店
総菜を食べた人らがO157に感染した問題で、総菜店「でりしゃす」全店が営業終了。(2017/9/20)

神保町のドン・キホーテが8カ月で閉店、早さがネットで話題に 理由について広報「テナント経営が最適と判断」
1年以内に閉店するのも、グループの経営判断としては異例ではないとも説明しました。【訂正】(2017/9/14)

神保町「ドンキ」閉店 わずか8カ月で
「ドン・キホーテ神保町靖国通り店」が10月に閉店。2月にオープンしたばかりだった。【更新】(2017/9/14)

ジャニーズ事務所、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾のサイトを9月8日に閉鎖
ジャニーズ事務所との契約終了に伴って。(2017/9/5)

海抜251メートルの閉鎖空間でゾンビに襲われる! サンシャイン60展望台で「ゾンビ防衛対策学会」が開催
絶景と絶叫を同時に体験できる新感覚のウォークスルー型イベントです。(2017/9/3)

社員インスタグラマーによる青汁のステマが判明 企業がサイトを閉鎖し謝罪
なかなか巧妙な手口……。(2017/8/31)

来週話題になるハナシ:
紅茶専門店のビジネス失敗でも、スタバが勝ち残る理由
「TEAVANA」というティーのブランドをご存じだろうか。全米でチェーン展開をしてきた紅茶専門店で、2012年にスターバックスが買収した。ただ、買収からわずか5年で、全店を閉鎖。スタバは大きな打撃を受けたのだろうと思っていたら、実情はちょっと違うようだ。どういうことかというと……。(2017/8/30)

基幹店に資源集中:
西武船橋店・小田原店を閉鎖 セブン&アイ、構造改革で
セブン&アイ・ホールディングスは、「西武船橋店」(千葉県船橋市)と「西武小田原店」(神奈川県小田原市)を2018年2月28日に閉鎖する。(2017/8/25)

トランプ大統領、相次ぐメンバー退会を受け、2つの助言組織を閉鎖
トランプ米大統領は、シャーロッツビル事件への対応に懸念を表明して複数のメンバーが退会したことを受け、米大手企業のCEOを集めた2つの助言組織「米国製造業評議会」および「戦略・政策フォーラム」を解散するとツイートした。(2017/8/17)

「宝塚推し」が特徴:
八重洲ブックセンター日比谷シャンテ店、8月末に閉店
「八重洲ブックセンター 日比谷シャンテ店」が8月31日に閉店。宝塚や演劇に関する本の品ぞろえが充実していることで知られていた。(2017/8/2)

上坂すみれ、個人SNSの閉鎖を発表 「情報発信の集約化を行うため」と説明も心配する声広がる
ふむ……。(2017/7/21)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
米オレゴン州の「Surface Hub」開発・製造拠点が閉鎖へ 次期モデルはどうなる?
クラウド事業により注力する組織改編に伴い、数千人規模の人員削減を行うMicrosoft。これに加えて、開発・製造拠点の統廃合も進めている。(2017/7/19)

新宿の老舗ライブハウス「新宿JAM」2017年いっぱいで閉店へ 数々の有名バンドを輩出
営業は12/31まで行うとのこと。(2017/7/19)

中高生向け勉強動画、8000本を完全無料で……新サイト「MANAVIE」の勝算
中学・高校生向けに勉強を教える動画約8000本を無料で閲覧できるWebサイト「MANAVIE」が登場。3月に閉鎖したサイト「manavee」に似ているが……。(2017/7/10)

従業員130人は解雇:
グリー、海外ゲーム開発から撤退 米子会社を閉鎖
グリーが米子会社のGREE International Entertainmentを閉鎖し、海外でのゲーム開発事業から撤退すると発表。(2017/7/7)

おふろcafe誕生秘話:
閉店に追い込まれた温浴施設が若者から大人気になった理由
若い女性に人気の温浴施設「おふろcafe utatane」――。実は4年前までは年配の男性客が中心で、しかも赤字続きのスーパー銭湯だったという。おふろcafe utataneを運営する温泉道場の山崎寿樹社長はどのようにして施設を改革したのか。(2017/6/29)

神戸アニメストリート6月30日に閉鎖 施設ビル管理会社が認める
とうとう閉鎖が確定。(2017/6/21)

「前向きに解消」:
自工会会長「建設的に議論」、米次期大使の日本市場見直し要求で
自工会の西川会長は、米次期駐日大使が日本の自動車市場は閉鎖的で、見直しを求める考えを示したことについて、日本市場に障壁があるならば「前向きに解消したいという姿勢を持っている」と述べた。(2017/5/23)

神戸アニメストリート閉鎖について市長がコメント 「公費が無駄になったことは反省しなければならない」
定例会見で言及されました。(2017/5/18)

驚異の読みやすさ 漫画無断公開「フリーブックス」で被害100億 再開を警戒する出版社
人気漫画を無料公開していた「フリーブックス」が閉鎖後も出版関係者らに波紋を広げている。(2017/5/18)

驚異の読みやすさ:
漫画が無料「フリーブックス」被害100億円
漫画や小説など5万点をネット上で無料で読むことができた海賊版サイト「フリーブックス」が、閉鎖後も出版関係者らに波紋を広げている。(2017/5/17)

神戸アニメストリート、6月末に閉鎖か 800万円未払い、被害者は「閉めて終わりではない」
未払金はちゃんと支払われるのでしょうか。(2017/5/15)

「新たな柱を築く」:
DeNA、まとめサイトは「再開難しい」
「WELQ」などを運営するキュレーションメディア事業が問題になったディー・エヌ・エー(DeNA)。サイトの閉鎖はどのような影響があったのか、今後のDeNAはどのような体制になるのか――決算会見で守安功社長と南場智子会長が語った。(2017/5/11)

フォロワー2万人のロイヤルホストの公式Twitterが閉鎖を発表 担当者の異動で4年間休止、復活叶わず
「昨今、多様化するお客さまとのコミュニケーションのツールを検討する中で、今回は閉鎖を決定」したとのこと。(2017/5/9)

マンガ違法DLサイト「フリーブックス」閉鎖 サイバー攻撃の影響か
本の共有&読み放題サイト「フリーブックス」がサイトを閉鎖した。サイバー攻撃の影響と見られる。(2017/5/3)

「フリーブックス」が突然の閉鎖 「ONE PIECE」や「キングダム」など著作物の違法アップロードが問題視
ここ数日になって、著作物が大量に無断投稿されているとして非難の声を集めていました。(2017/5/3)

跡地にはヴィレッジヴァンガード:
ブックファースト渋谷文化村通り店、閉店
「ブックファースト渋谷文化村通り店」(東京都渋谷区)が6月4日をもって閉店。ブックファーストの看板が渋谷の街から姿を消す。跡地にはヴィレッジヴァンガードが新規オープン。(2017/5/1)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(40):
秘伝のソースは門外不出。お客さまには差し上げません
システムの開発を発注した会社が廃業することになった。今後のメンテナンスのためにソースコードの引き渡しを求めたが、契約書で約束していないからと断られた。よし、訴えてやる!(2017/4/24)

枚方市のペット霊園が突如閉鎖で物議 山積みの遺骨や墓標に利用者から悲痛な声「自然葬の子はどこへ……」
大阪府枚方市のペット霊園「宝塔」。現在電話も通じない状態です。(2017/4/21)

スリーエフ閉店へ 今夏から「ローソン・スリーエフ」ブランドへ順次転換
「q's mart(キュウズマート)」と「gooz(グーツ)」ブランドを含む281店舗がローソン・スリーエフに。(2017/4/13)

深夜のジュンク堂書店でコスプレ撮影 6月開催 「正直かなりの手探り企画」
ジュンク堂書店 立川高島屋店で、閉店後から翌朝の開店前までコスプレ撮影が楽しめるイベントが開かれる。(2017/3/28)

ラオックス、「秋葉原アソビットシティ店」不振続き3月いっぱいで閉店へ アソビットシティの名前無くなる
1月に売り場を縮小してリニューアルオープンしたばかりだった。(2017/3/28)

Pinterestが買収したJelly、4月3日にシャットダウン
Pinterestが買収したソーシャルサービス「Jelly」が4月3日に閉鎖される。創業者のビズ・ストーン氏はユーザー宛のメールで「Jellyの精神はPinterestの中で生き続ける」と語った。(2017/3/21)

五反田駅前の「立喰ずし 都々井」が閉店 JRに突然契約打ち切られ、「お客さま一人一人に伝えられず残念」
1990年から営業していました。(2017/3/10)

休止中の「WELQ」を無断コピーしたサイト「WELQ資料館」に批判集まる → サイト閉鎖へ
「歪曲して拡散されるネット報道が落ち着くまで閉鎖します」(2017/3/1)

「Medium」、日本の公式SNSを閉鎖 10カ国以上のオペレーションも英語のみに
英語以外でのオペレーションが終わるだけで、サービス自体はこれまで通り日本からでも利用可能。(2017/2/21)

赤字転落へ:
キタムラ、129店を閉鎖へ デジカメ・スマホ市場縮小
キタムラがリストラ。「カメラのキタムラ」「スタジオマリオ」129店舗を17年度までに閉店する。(2017/2/14)

製造マネジメントニュース:
リコーが国内生産体制を見直し、埼玉工場を閉鎖
リコーは、国内生産拠点の見直しを行い、生産・設計関連会社であるリコーインダストリーおよびリコーテクノロジーズの埼玉事業所を2018年3月に閉鎖する。(2017/2/13)

SMAPの公式ページが消滅 今後の発信は個人ページで
1月いっぱいで閉鎖されることが予告されていました。(2017/2/1)

“丸ロス”再び? 閉鎖間近の「真田丸」公式サイトをお惜しむファン 「淋しいと同時にありがとう」「大好きだった」
いよいよ終わってしまう。(2017/1/31)

韓国デマサイト「大韓民国民間報道」が閉鎖に 管理人による書籍もAmazon.co.jpから消滅
BuzzFeedの取材に対し、偽ニュースだったことを認めていました。(2017/1/27)

ホワイトハウスのスペイン語サイトが閲覧不可に トランプ政権が削除? → アップデート中と発表
「トランプ政権が閉鎖した?」と話題になりました。(2017/1/26)

ついにこの時が! 大関昇進時に作成“稀勢の里関優勝横断幕”閉店1週間前に貼り出せたスーパー
思いが通じた。(2017/1/24)

商用ディストリビューションの価値とは
なかなか盛り上がらないOpenStackの企業導入、廃業するベンダーも
企業がOpenStackを導入する場合、ベンダーのディストリビューションやマネージドサービスを選ぶことが多い。PayPalなどの大手企業のように、コードを自ら構築する例はあまりない。(2017/1/24)

ねっと部:
東京ディズニーランド「グランドサーキット・レースウェイ」閉幕 Twitterには惜しむ声 キャストの“最後のあいさつ”動画も
東京ディズニーランドの人気アトラクション「グランドサーキット・レースウェイ」が閉幕した。ハッシュタグ「#ありがとうグランドサーキットレースウェイ」には、閉鎖を惜しむ多くの声が集まった。(2017/1/13)

「34年間ありがとう」 東京ディズニーリゾート「グランドサーキット・レースウェイ」閉鎖に別れを惜しむ声が続々
子どもから大人まで楽しめるアトラクションとしてファンに愛されていたアトラクション。(2017/1/12)

SEO的視点で再考:
Googleにとっての“良質なコンテンツ”の定義がハックされた結果――「WELQ」後に起こること
粗製乱造の“キュレーションメディア”が批判の末に閉鎖に追い込まれた。質の悪いコンテンツの発信者はもちろん、Googleをはじめとする検索サービスの信頼性をも揺るがせたこの事件の核心をSEOの専門家が考察する。(2017/1/11)

米連邦政府、ロシアが大統領選に介入したとして情報員追放などの制裁発表
米連邦政府のバラク・オバマ大統領が、ロシア政府が先の米大統領選にサイバー攻撃などで介入したとして制裁措置を発表した。情報員の国外退去や関連施設の閉鎖、ロシア情報機関の技術情報の開示などを実施する。(2016/12/30)

「お店の中に鳥がいます」「閉店時間を教えてください」 ロンドン警視庁、本当にあったトンデモ緊急通報を発表
日本でいうところの110番で不適切な通報をする人がおり、困っているそうです。(2016/12/25)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.