• 関連の記事

「コグニティブ無線」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「コグニティブ無線」に関する情報が集まったページです。

5分でわかる最新キーワード解説:
データセンターになるワンボックスカー「ICTカー」
災害時に駆け付け、電源途絶状態でも5日間に渡ってスマートフォンによる通話手段を確保し、小さなデータセンタとしても機能するという「ICTカー」。その仕組みと展望とは。(2015/11/30)

5分でわかる最新キーワード解説:
「粘菌型コンピュータ」って何だ?
粘菌の生態を情報処理に応用する研究が、ナノ世界の「見えない光(近接場光)」研究と合体することで、自律的に環境に適合するハードウェアの実現までも見えてきた。(2015/10/22)

WTP2014 / ワイヤレスジャパン2014:
ホワイトスペース帯利用の車車間通信、動画をストリーミング伝送
トヨタIT開発センターは、放送波のホワイトスペース帯を利用した車車間通信システムの概要と、宮崎県美郷町で実施した試作機による実験映像をWTP2014で紹介した。同システムはデータベースと連携して、移動中の車両間でのチャネル調整や切り替えを行う。(2014/5/29)

無線通信技術 ホワイトスペース:
公衆回線が途切れたら車が情報を運ぶ! 車車間通信による災害情報伝搬技術の実証に成功
トヨタIT開発センターと情報通信研究機構は、テレビホワイトスペース帯の車車間無線通信とコグニティブ無線ルータを組み合わせて、災害地で必要な情報を車によって伝搬し、インターネットなどの広域ネットワークと接続するシステムを開発し、実証実験に成功したと発表した。このシステムが実用化されれば、大規模な災害時に公衆通信網が途絶えても災害地のさまざまな情報を車を介して伝搬、共有できるようになる。(2013/10/15)

人気のスマホが続々LTE対応、米通信キャリアのネットワーク対応は万全か
iPhone 5、GALAXY S IIIなど、人気の新端末が続々とLTEに対応している。ネットワーク側は、急増するLTEユーザーを迎え入れる準備ができているのか――。米Root Metricsが注意を喚起している。(2012/10/17)

無線通信技術 スマートメーター:
2012〜13年は目が離せない!! 新たな社会インフラ導入へ無線技術の準備整う
スマートグリッドやスマートハウスといった、新たな社会インフラを対象にした無線通信技術の準備が整い、2012〜2013年に掛けて、いよいよ機器開発の段階に移行しようとしている。キーワードとなるのは、「920MHz帯」、「IEEE 802.15.4g」、「Wi-SUN Alliance」、「ZigBee Smart Energy Profile(SEP) 2.0」、「ECHONET Lite」などだ。(2012/7/2)

無線通信技術 ホワイトスペース:
「その周波数帯ちょっと借ります」、NICTがホワイトスペース通信の実証に成功
情報通信研究機(NICT)は2012年5月、地上デジタルテレビ放送周波数帯(470〜710MHz)をいわば「間借り」して、データ通信を実施するホワイトスペース通信の実証に成功した。ひっ迫する周波数帯の有効活用を促し、モバイルデータトラフィックの急増に対する切り札とも言える新技術だ。(2012/5/28)

無線通信技術 コグニティブ無線:
「災害対応力」のある通信システムの実現へ、NECがコグニティブ無線向け新技術を開発
NECのグリーンプラットフォーム研究所は、災害発生時の無線通信システムに適したコグニティブ無線向け新技術を開発した。空いている周波数帯域を探し出して活用したり、さまざまな無線通信方式に柔軟に対応して相互に接続するといった堅牢(けんろう)性のあるシステムの実現を目指したものだ。(2012/4/20)

無線通信技術 LTE:
「あの手この手が必要です」、モバイルの“トラフィック爆発”に立ち向かう
ノキア シーメンス ネットワークスの「Liquid Net」は、データトラフィックの変動に合わせた自律的なネットワーク構築を支援する新たなコンセプトだ。モバイル端末のデータトラフィックの急増に対応する無線ネットワークとして通信業界に提案している。(2011/11/17)

無線通信技術:
ディー・クルーが高周波PAのロードマップ公開、マルチバンド高出力品も計画
ディー・クルー・テクノロジーズは、1.5GHz帯に対応したパワーアンプ(PA)IC「DC1302C」のサンプル提供を2012年3月までに始める計画。一般的な通信機器に向けた高出力PAの製品化も予定している。(2011/10/3)

エレクトロニクスで創る安心・安全の社会システム 無線通信技術:
第2回 災害時にも途切れない携帯へ、未来の無線通信システムの姿とは
1980年代に初めて実用化された携帯電話は、今や日々の生活になくてはならない社会インフラになった。ところが、2011年3月11日に発生した東日本大震災では、地震発生直後から携帯電話通信網を使った音声通話がつながりにくい状態が続いてしまった。災害時にも途切れない無線通信システムをいかに構築するか……。大きな挑戦だ。(2011/5/30)

無線通信技術 震災復興:
【続報】要望に応じてインターネット接続ルータを提供、NICTの被災地支援
総務省所管の独立行政法人である情報通信研究機構(NICT)は、インターネット接続環境を構築できるコグニティブ無線ルータを、被災地の要望に応じて提供している。自治体や対策本部だけではなく、避難している個人からの直接の要望も受け付けている。(2011/4/18)

無線通信技術 震災復興:
被災地にインターネット接続環境を構築、NICTのコグニティブ無線ルータが活躍
コグニティブ無線ルータは、可搬性と耐障害性に優れている。被災地で設置作業を開始してから5分程度で、無線LANによるインターネット環境を構築できたという。(2011/4/15)

電子ブックレット:
コグニティブ無線実用化へ大きな一歩、NICTが大規模な実証実験を開始
利用する無線通信方式をその時々の無線端末の状況に合わせて動的に変える「コグニティブ無線通信技術」。電波資源のひっ迫という今後避けられない課題を解決する切り札とされている。情報通信研究機構(NICT)はこのコグニティブ無線通信技術の実用化に向けて、社会実証実験を開始した。藤沢や茅ヶ崎でコグニティブ無線ルータを、一般利用者に開放した。(2011/2/15)

モバイルWi-Fiルーター徹底比較:
第3回 買って即通信したい――簡単に設定できるモデルはどれ?
モバイルWi-Fiルーターは操作が簡単でないと、スマートフォンやPCとの接続すら面倒くさくなって使わない、ということになりかねない。今回は毎日持ち歩き、使ってみて気付いた点を紹介しよう。(2010/12/16)

モバイルWi-Fiルーター徹底比較:
第1回 サイズ、スタミナ、通信速度の違いは?――基本性能を横並び比較
スマートフォンの普及で注目を集めているモバイルWi-Fiルータ。本コーナーでは、ドコモの「BF-01B」、日本通信の「BM-MF30」、イー・モバイルの「Pocket WiFi」、UQ WiMAXの「URoad-7000」の4機種をレビューする。第1回は基本スペックを比べた。(2010/10/21)

無線通信技術 コグニティブ無線:
コグニティブ無線実用化へ大きな一歩、NICTが大規模な実証実験を開始
2010年9月1日、このコグニティブ無線通信技術の実用化に向けて、大きな弾みとなるであろう新たな取り組みが始まった。情報通信研究機構(NICT)が社会実証実験を開始し、藤沢や茅ヶ崎に設置した合計500台のコグニティブ無線ルータを、一般利用者に開放する。(2010/9/1)

無線通信技術 コグニティブ無線:
コグニティブ端末に向けたパワーアンプICがいよいよ登場、ディー・クルーが製品化へ
(2010/7/9)

無線通信技術 コグニティブ無線:
最適な公衆無線網を選ぶ、IEEE準拠のコグニティブ・ルーターが登場
無線通信サービスの選択肢が広がり、無線通信機能を備える携帯型機器が増えることは、利用者にとって喜ばしいことだ。しかし、現在の状況は、利用者とって嬉しい反面で、嘆かわしい状況である。それぞれの携帯型機器に適した無線通信方式が分かりにくくなっている。(2010/2/9)

ワイヤレスジャパン2009 キーパーソンインタビュー:
XGP最大の特徴は“マイクロセル”と“上りの速さ”――ウィルコムの上村氏
上り/下りともに最大20Mbpsの高速通信が可能な「WILLCOM CORE XGP」の試験サービスを開始したウィルコム。10月の本サービス開始以降、XGPと現行PHSをどのような形で展開し、将来、どんなサービスを提供しようとしているのか。同社次世代事業推進室長の上村治氏に聞いた。(2009/7/10)

無線通信技術 コグニティブ無線:
Wi-Fi、WiMAX、LTEどれでも使える、コグニティブ無線に実用化の兆し
利用する周波数や帯域(チャネル)幅、通信方式などを、その時々の利用状況に合わせて動的に変える「コグニティブ無線」。電波資源のひっ迫という、今後避けられない課題を解決する切り札とされている無線技術である。(2009/6/23)

モバイルビジネス変革期、キャリアトップのビジョンは――ワイヤレスジャパン2009基調講演
7月22日から3日間にわたって開催される「ワイヤレスジャパン2009」。基調講演には通信キャリアのキーパーソンが登場し、変革期の渦中にあるモバイルビジネスについて、今後のビジョンを語る。(2009/6/12)

5分で分かる、先週のモバイル事情――5月30日〜6月5日
TCAが5月の携帯・PHS契約数を発表。商戦期のはざまの時期ながら、全キャリアがそろって純増となった。Googleは、次期Android OS「Donut」を披露。マイクロソフトは同社のアプリマーケットに関する説明会を開催した。(2009/6/8)

ワイヤレスジャパン2009、事前登録の受け付け開始
7月22日から3日間にわたって開催される、国内最大級のワイヤレス/モバイルイベント「ワイヤレスジャパン2009」。6月2日から事前登録の受け付けがスタートした。(2009/6/3)

ワイヤレス・テクノロジー・パーク2009:
ワイヤレス・テクノロジー・パーク2009で見た“ケータイの近未来”
無線通信の最新技術を紹介するイベント「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2009」のNTTドコモブースでは、研究開発段階のアプリケーションや技術の展示も見ることができた。そこには近未来のケータイの使い方を想定した研究成果があった。(2009/5/15)

コグニティブ無線の完成を目指して:
前進続けるソフトウエア無線技術
「コグニティブ無線」は、より高度な無線通信システムを実現するために登場した概念である。そのコグニティブ無線を実現するための鍵となるのが、SDR(ソフトウエア無線)だ。本稿では、Intel社やIMECなどの手法や開発成果を例にとり、SDR技術の現況と将来の展望について述べる。(2009/4/1)

Microsoft抜きで「ホワイトスペース」技術のフィールドテストが開始
Microsoft、Google、Dell、Hewlett-Packardなどの大手IT各社は、MotorolaとPhillipsのデバイスのテストが、認可不要のテレビ電波干渉緩和ゾーンを利用したワイヤレスブロードバンドの提供につながることを期待している。最初に登場する「ホワイトスペース」デバイスは、放送局がデジタルテレビへの移行の一環としてアナログ放送の中止を予定している2009年2月に使用可能になるかもしれない。(2008/7/17)

ワイヤレスジャパン2007:
通信モジュール内蔵ノートPCなど、最新技術・法人ソリューションも展示――KDDIブース
KDDIブースでは夏モデルや新サービスだけでなく、「コグニティブ無線通信技術」や「IP over デジタル放送」などの最新技術、WIN通信モジュール内蔵のノートPC、法人向けソリューションも展示されていた。(2007/7/20)

WiMAXにも対応? KDDIの企業向け新端末のコンセプト
KDDIの小野寺社長は、複数の次世代無線サービスに対応した企業向け新端末のコンセプトを発表した。(2007/7/18)

ワイヤレスジャパン2007:
“電波の交通整理”をするコグニティブ無線通信技術とは?――KDDI
KDDIとKDDI研究所は、周囲の電波状況に合わせて複数の無線通信を自動で切り替え、最適な方式に切り替えるコグニティブ無線通信技術を出展した。(2007/7/18)

ドコモとauがライフスタイルケータイ対決──ワイヤレスジャパン2007の見どころ
7月18日から東京ビッグサイトで開催される「ワイヤレスジャパン2007」では、ドコモとauがライフスタイルケータイと銘打った夏モデルを披露。ドコモは一般向けに704iシリーズを初披露し、auは今後発売予定のEXILIMケータイや+JOG搭載の「W53S」を動く状態で展示する。(2007/7/11)

緊急特集「さらばポケベル」:
最終回 ポケベルが残したもの
移動通信サービスの先駆けとして一時代を築いたポケベル。今はケータイが時代をリードする。縮小していったポケベルは失敗だったのか?ケータイに受け継がれたものは何か?そこから移動通信の未来を探りたい。(2007/3/30)

Intel、“全部載せ”無線LANチップを開発
IntelはWi-Fiチップにパワーアンプなど無線LANへの接続に必要な部品をすべて組み込んだパッケージを開発した。最終的には無線LANだけでなくWANやPANにも接続するチップを作りたい考えだ。(IDG)(2005/6/17)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.