• 関連の記事

「Core M」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Core M」に関する情報が集まったページです。

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
ウワサの「低価格Surface」は本当に発売されるのか
「Microsoftが2018年後半に400ドルの低価格Surfaceを投入する計画」というウワサは本当なのだろうか。Surfaceシリーズのこれまでの歴史と、Microsoftの現状から、その可能性を考える。(2018/5/22)

Surface Pro LTE Advancedの個人向けモデル販売開始
税別10万円切りのSurface Laptop Core m3搭載モデルも限定販売。(2018/5/1)

Samsungの「Chromebook Pro」のキーボードがバックライト付きに
Samsungが昨年5月に発表した「Chromebook Pro」のバックライト付きキーボードモデルをひっそり発売した。価格は旧モデルと同じ599.99ドル。(2018/4/16)

HP、タブレットにもなる「HP Chromebook x2」を600ドルで発売へ
Acerに続いてHPもタブレットとして使えるChromebook「HP Chromebook x2」を発表した。キーボード部分を外すと、12.3インチで735グラムのスタイラス付きタブレットとして使える。価格は599.99ドルだ。(2018/4/10)

SIMロックフリーLTEでキックスタンド付き新型タブレットPCをNECが投入
NECのビジネス向けPC「VersaPro」シリーズに、新開発のタブレットPCが追加、4月から順次出荷が始まる。(2018/4/5)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(23):
AMDは2016、Intelは2014……。最新CPUチップの刻印が意味するもの
今回は、脆弱性問題で揺れるAMDやIntelの最新プロセッサのチップに刻まれた刻印を観察する。チップに刻まれた文字からも、両社の違いが透けて見えてくる。(2018/4/2)

PT-956Sシリーズ:
コンテック、タッチスクリーン一体型ファンレス産業用PCシリーズ
コンテックは、「Windows 10 IoT Enterprise」対応のタッチスクリーン一体型ファンレス産業用PC「パネルコンピュータ PT-956S」シリーズの出荷を開始した。(2018/3/30)

Microsoft、Intelの修正版対策パッチをWindows 10向けにリリース
今回のWindows 10の更新プログラムには、IntelがSkylake向けにリリースしたマイクロコードアップデートが含まれる。(2018/3/2)

ハーティング:
モジュラー型産業用コンピュータ「MICA」、CC-Link IE Field Basicの認証を取得
ハーティングは、モジュラー型産業用コンピュータ「MICA」が、100Mbpsイーサネット通信プロトコル「CC-Link IE Field Basic」の認証を取得したと発表した。(2018/2/14)

dynaEdge DE100:
手のひらサイズの産業用PCが進化してIoTデバイス「dynaEdge」に
手のひらサイズながらもCore MとWindows 10を搭載した東芝のタフな産業用PCが進化。新ブランド「dynaEdge」を冠した「dynaEdge DE100」として販売開始される。Windows 10 IoT Enterprise搭載モデルも用意。(2018/2/14)

適切なデバイス選定の参考に
「iPhone」「iPad」だけじゃない、仕事で使える主要9社のスマホ/タブレットを比較
タブレットとスマートフォンを法人向けに販売する主要ベンダー9社の主力製品を紹介する。各社の製品は多様であり、業務にどこまで役立つかは、まちまちだ。(2018/1/23)

古田雄介のアキバPickUp!:
マイニングブーム再燃 品薄GPUは拡大中
マイニング需要が加熱し、グラフィックスカードがアキバ全体で品薄傾向になっている。狙われているのはミドルクラスからハイエンドのRadeonとGeForce。相当広範囲だ。(2018/1/22)

2018年PC春モデル:
学生向け「LAVIE Note Mobile」 12.5型で税別10万4800円から
NECが2018年PC春モデルとして学生向けモバイルPC「LAVIE Note Mobile」と、23.8型オールインワンPC「LAVIE Desk-All-in-one」を1月18日に発売する。(2018/1/16)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
2018年、ユーザーインタフェースに真の革新が始まるか
コンピュータUIの世界はCUIからGUIへの移行で利用者のハードルを下げることに成功し、タッチUIはそれをさらに簡易で直感的なものにした。一方で「コンピュータに逐次命令する」という利用スタイルは、CUIの時代から変化していないが、それがいよいよ変わる時が来るかもしれない。(2018/1/2)

東芝インフラシステムズ FA2100Tシリーズ:
24時間連続稼働に対応したスリム型産業用コンピュータの新製品
東芝インフラシステムズは、スリム型産業用コンピュータの新製品「FA2100T」シリーズを発売した。(2017/11/30)

Surface 5周年記念キャンペーン――限定色「アクア」のアクセサリー、タイプカバー付きで9万2800円のセットモデル、キャッシュバックも
日本マイクロソフトは、Surfaceの5周年を記念したプロモーションを発表。新カラーアクセサリーのほか限定セットモデル販売なども実施される。(2017/11/28)

SAMSUNG、“Galaxy”ブランド国内初のWindows搭載タブレットPC「Galaxy Book 10.6/12.0」
SAMSUNGは、10.6型/12型ワイド液晶ディスプレイを搭載した2in1スタイルのWindowsタブレットPC計2製品を発売する。(2017/11/2)

Chromebookでできることの全部乗せ
高性能Chromebook「Google Pixelbook」は「Surface Pro」のライバル確定か
「Chromebook」は低価格で使い勝手の良いノートPCというイメージが定着しつつあった。しかしGoogleが発表した「Pixelbook」は、999ドルのハイエンド志向なモデルだ。(2017/10/22)

ASUS、3K液晶を備えたCore m3/i5搭載12.6型Windowsタブレット「TransBook 3 T305CA」
ASUS JAPANは、3K表示対応の高解像度液晶ディスプレイを搭載したWindowsタブレットPC「ASUS TransBook 3 T305CA」を発表した。(2017/9/13)

東芝クライアントソリューション DE100:
dynabook仕込みの高密度実装、Core M搭載の産業用PC
ノートPC「dynabook」開発で培った高密度実装技術で、手のひらサイズながらもCore MとWindows 10を搭載したタフな産業用PCを東芝が販売開始。機器監視やウェアラブルデバイスの接続母艦、エッジコンピューティングデバイスなどさまざまな用途が想定される。(2017/9/13)

2つのデバイスを比較して考える
iPad、Surfaceで賛否両論 タブレットをノートPCとして使うべき理由、使うべきでない理由
従来型ノートPCの売り上げが落ちている一方、タブレットや2-in-1デバイスの市場は盛況だ。では、次に購入するPCはキーボード付きのタブレットにすべきだろうか。その答えは、PCの使い方によって変わってくる。(2017/9/9)

サードウェーブデジノス、一時品切れとなっていたペン入力対応12.2型2in1ノート「Diginnos DGM-S12Y」を販売再開
サードウェーブデジノスは、Core m3を搭載した12.2型2in1ノートPC「Diginnos DGM-S12Y」の販売再開を告知した。(2017/9/6)

正統派2-in-1の頂上決戦
徹底比較: 2017年モデルの「12.9インチiPad Pro」vs.「Surface Pro」、決め手は“どっちのOSが好きか”?
Microsoftの「Surface Pro」とAppleの「iPad Pro」の違いを際立たせているのはソフトウェアであり、OSだ。どちらが自分のニーズにマッチしているか、決め手となる要素を本稿で見つけてほしい。(2017/8/26)

LTEモデルも「予定あり」:
「数」よりも「価値」――中国Huaweiが考えるPC事業の可能性
中国Huawei(華為技術)がモバイルPC事業への本格参入を発表して約1年半が経過した。PC事業について、同社はどのような展望を持っているのだろうか。(2017/8/25)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Surfaceはおすすめしない」 Consumer Reportsの格付けに思うこと
米国で影響力がある情報誌のConsumer Reportsが、「Surface」シリーズを「おすすめしない」と評価。Microsoftはこれに反論し、注目を集めている。(2017/8/18)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Microsoftが米国で始めた「Surface Plus」の狙い
個人、法人を問わず、Surfaceを使い続けたいユーザーに向けたプログラムが米国で始まった。(2017/8/11)

ASUS、Chrome OS搭載ノート「Chromebook」に2in1機構を備えた新ラインアップを投入
ASUS JAPANは、Chrome OS搭載ノートPC「ASUS Chromebook」シリーズに10.1型/11.6型/12.5型液晶搭載の新構成モデルを追加した。(2017/7/28)

Enterprise IT Kaleidoscope:
三度目の正直? ARM版Windows 10は離陸するのか
Microsoftは、ARMプロセッサに対応したWindows OSに、何度か挑戦している。Windows 8をベースとした「Windows RT」、スマートフォン向けの「Windows 10 Mobile」などがそれだ。しかし、残念ながらほとんど使われていない。では2017年内に発売予定のARM版Windows 10はどうなのだろうか。(2017/7/12)

PR:新しい働き方には、質実剛健なモバイルPCを――「dynabook R63」がビジネス現場に支持される理由
ビジネス現場で長く支持されている製品にはそれだけの理由がある。13.3型モバイルPCのロングセラー、「dynabook R63」の魅力に迫る。(2017/7/3)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(17):
微細化の先導役がPCからモバイルに交代――先端プロセスを使いこなすスマホメーカー
10nm世代の微細プロセス採用プロセッサを載せたスマートフォンが出そろってきた。これら最新スマートフォンの内部を観察すると、各スマートフォンメーカーが10nmプロセッサを使いこなすための工夫が垣間見えてきた。(2017/6/29)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
Apple新モデルで「MacBook」と「21.5インチiMac」を推す理由
米Appleの開発者会議「WWDC 2017」で発表された多数のMac新モデル。個人的に気になったのは、全くの新シリーズではなく……。(2017/6/10)

モデル番号も付属ペンもなくなって得たものは?
新しくなった「Surface Pro」に関する良いニュースと残念なニュース
新たに発表されたMicrosoftの第5世代の2-in-1デバイスである「Microsoft Surface Pro」には、Intelの最新のプロセッサ、LTE、13時間強持続するバッテリーが備わっている。しかし、以前付属品として提供されていたアクティブペンは付属していない。(2017/6/4)

「Samsung Chromebook Pro」、5月28日に550ドルで発売
将来的にAndroidアプリを使えるようになるスタイラス付属のChrome OSノートPC「Samsung Chromebook Pro」が5月28日に米国で発売される。Intel Core m3搭載で価格は約6万円だ。(2017/5/22)

デジタイザーペン付きでお手頃価格の2in1「Diginnos DGM-S12Y」を試す(実用編)
サードウェーブデジノスのお手頃価格のデタッチャブル2in1 PC「Diginnos DGM-S12Y」。実際に使ってみて気になるところをチェックしてみた。(2017/5/4)

PFU AR2100 モデル100K/AR2200 モデル100K:
Apollo Lake世代のAtom搭載、ファンレス対応の産業用PC
PFUが産業用組み込みPC「ARシリーズ」の新製品として、Apllp Lake世代のAtomを搭載した2製品を販売する。(2017/4/20)

NEC FC-PMシリーズ:
24時間連続稼働が可能な産業用コンピュータのWindows 10対応モデル
NECは、24時間連続稼働が要求される設備監視や医療機関での利用に適したファクトリコンピュータ「FC-PMシリーズ」のWindows 10対応モデル2機種を発表した。(2017/4/18)

PR:これまでのIT管理者が女性にモテない理由
女性目線だとこんなに違うビジネスPCの選定基準。社内PCの導入担当者は必読!(提供:株式会社日本HP)(2017/3/30)

コンテック PT-970シリーズ:
UPSバッテリーを内蔵する卓上設置タイプの産業用タッチスクリーンPC
コンテックは、UPSバッテリーを内蔵した卓上設置の産業用タッチスクリーンPC「PT-970」シリーズを発表した。(2017/3/29)

ドスパラ、「ドスパラ新生活応援セール」でノートPC計4製品を値引き販売
ドスパラは、現在開催中の「ドスパラ新生活応援セール」販売製品にノートPC計4製品追加した。(2017/3/10)

Mobile World Congress 2017:
Samsung、新型Galaxyタブレットを発表 HDR動画対応×改良型Sペンが見どころ
Mobile World Congress 2017に合わせて、SamsungがAndroid搭載の「Galaxy Tab S3」とWindows 10搭載のデタッチャブルタイプの2in1 PC「Galaxy Book」を発表。いずれもHDR(ハイダイナミックレンジ)動画の再生と、「Sペン」によるペン操作に対応する。(2017/2/27)

デジタイザーペン付きでお手頃価格の2in1「Diginnos DGM-S12Y」を試す(外観編)
そこそこ良いCPUで、デジタイザーペンが使える2in1 PCが欲しい――そんな人にお勧めしたいのが、サードウェーブデジノスの「Diginnos DGM-S12Y」だ。まずは、外観をチェックしてみよう。(2017/2/15)

「Surface Pro 4」が当たる! ITmedia NEWSリニューアル&メルマガ創刊キャンペーン
ITmedia NEWS独自のメールマガジンを創刊! 新規登録キャンペーンを実施いたします。抽選で1名様に「Surface Pro 4」が当たるチャンス!(2017/2/8)

2017年PC/タブレット春モデル:
キャンパスモバイルデザインが魅力――学生向けエントリーモバイルPC「LAVIE Note Mobile」登場 
NECパーソナルコンピュータが、新しいモバイルノートPCを2017年春商戦に投入する。、初めて自分のPCを購入する大学生・専門学校生をメインターゲットに据え、キャンパス内での持ち歩きを想定した「キャンパスモバイルデザイン」を採用している。(2017/2/7)

2017年PC/タブレット春モデル:
新設計でより軽くなった13.3型に注目――「LAVIE Hybrid ZERO」2017年春モデル登場
超軽量ノートPC「LAVIE Hybrid ZERO」の2017年春モデルが3月2日に登場する。フルモデルチェンジを果たした13.3型モデルは、同じ画面サイズの2in1 PCとしては世界最軽量の約769gを実現。また、11.6型のデタッチャブルモデルについてもマイナーチェンジを実施する。(2017/2/7)

これがタブレットモバイルPCの理想型:
PR:ビジネススタイルをスマートに変えるレッツノート初のデタッチャブル2in1「CF-XZ6」
パナソニックから世界最軽量(※)の着脱式タブレットモバイルが登場。ビジネススタイルを変革する可能性を秘めた注目のモデルだ。(2017/2/6)

「Chromebook Plus」「Chromebook Pro」を先取りレビュー
Androidアプリが使えるSamsung製“高級Chromebook”が登場、価格に見合う価値はある?
「Chromebook Plus/Pro」はAndroidアプリやスタイラスペンが利用できるなど機能は豊富だが、価格は450ドル以上と、300ドル前後が主流のChromebookの中では少々値が張る。その“プレミアム”さは本物か。(2017/1/21)

サードウェーブデジノス、6万円台からのCore m3搭載12.2型2in1ノート「Diginnos DGM-S12Y」
サードウェーブデジノスは、ペン入力にも対応した12.2型2in1ノートPC「Diginnos DGM-S12Y」を発売する。(2017/1/20)

Enterprise IT Kaleidoscope:
Windows 10は単なるWindows 7の移行先? 真価を問われる2017年
リリースから1年半が経過したWindows 10にとって、Windows 7のサポートが終了する2020年までのこれから3年間は、まさに真価を問われることになるだろう。Microsoftはどんな施策を考えているのか。(2017/1/16)

ビジネスギア探訪:
ちょっと前に流行ったスティックPCはビジネスに使えるか?
2014年頃に「スティックPC」が登場しました。今では家庭のテレビなどにつなげて動画サービスを楽しむといった用途が中心です。これを仕事の場合なら、どう活用できるのかを検証してみます。(2017/1/7)

高度に洗練された新世代CPU:
Kaby Lakeこと第7世代Coreプロセッサーを理解する
Intelから開発コードネーム「Kaby Lake」こと第7世代Coreプロセッサーの追加ラインアップが発表された。その概要とラインアップのポイントを解説する。(2017/1/5)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.