「データ消失」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「データ消失」に関する情報が集まったページです。

PR:Windows 10のアップデートでデータが消えた? いざというときのためにNASを使ったバックアップ手順を解説
2020年1月のWindows 7サポート終了に向けてWindows 10への移行が進んでいる中、Windows 10の大型アップデートでユーザーのデータファイルが消失するという問題が発生した。いざというときのためにNASを使ったバックアップ方法を確認しておこう。(2018/12/10)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10「October 2018 Update」のファイル消失問題とは何だったのか
ファイル消失問題によって配信停止に追い込まれていたWindows 10の大型アップデート「October 2018 Update)」。ようやく配信が再開されたが、Windows 10における開発体制や配信手順には見直しが必要との声が少なくない。(2018/11/19)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(123:特別編):
Windows 10 October 2018 Update騒動を振り返る
2018年のユーキャン新語・流行語大賞のノミネート語に、ITプラットフォーム企業の巨人を示す「GAFA」(Google、Apple、Facebook、Amazonの頭文字)が選出されましたが、MicrosoftもまたIT業界に長く君臨してきた巨人です。その巨人がWindows 10 October 2018 Updateのロールアウト問題(現在は再開)について、1カ月以上の長きにわたって沈黙を続けました。(2018/11/16)

「Windows 10 October 2018 Update」一般提供再開
Microsoftが10月2日に公開し、データ消失問題で6日に停止していた「Windows 10 October 2018 Update」の提供を約1カ月ぶりに再開した。(2018/11/14)

13インチMacBook Pro搭載の一部SSDにデータ消失の可能性あり 無償修理を実施
Appleは、13インチMacBook Pro(Touch Bar非搭載モデル)に搭載されている一部の128GB/256GB SSDにデータ消失やドライブの故障を引き起こす可能性があると発表した。(2018/11/13)

一部MacBook Proにデータ消失の不具合 SSD交換プログラム開始
Appleが「13 インチ MacBook Pro (Touch Bar 非搭載) ソリッドステートドライブ修理プログラム」を開始した。(2018/11/12)

Appleが「iPhone X」と「13インチMacBook Pro」の無償修理プログラムを発表 一部製品に不具合を確認
どちらも使用する上で大きい不具合・症状なので一度確認しておきましょう。(2018/11/12)

「Windows 10 October 2018 Update」、問題修正版をインサイダー向けに提供開始
Microsoftが、「Windows 10 October 2018 Update」のアップデートで「ドキュメント」フォルダのファイルが消失する問題を特定・修正できたとして、停止していた提供再開を目指し、まずはInsiderコミュニティ向けに更新版提供を開始した。(2018/10/10)

PR:見た目は小さいのに性能はすごい! 進化したウルトラコンパクトPC「Endeavor ST190E」徹底検証
コンパクトボディーにデスクトップ向け第8世代Coreを搭載した「Endeavor ST190E」。その実力をベンチマークテストで確かめる。(2018/9/28)

「STORIA法律事務所」ブログ:
Zaif、70億円流出の前日に利用規約を変更か 法的に有効か弁護士が解説
Zaifが70億円をハッキングされる前日に変更した利用規約は法的に有効なのか。AIと著作権に詳しい弁護士の杉浦健二さんが解説します。(2018/9/27)

高性能1GbitシリアルNAND:
PR:車載ディスプレイアプリケーションに最適な高容量フラッシュメモリが登場
インストルメントクラスタなど車載ディスプレイでは、よりリッチなグラフィックス表示が求められている。それに伴い、車載ディスプレイで使用する不揮発メモリの大容量化が必要になっている。そうした中で、読み出し速度、信頼性、互換性という車載ディスプレイの必須要件を満たした大容量NANDフラッシュが登場した。(2018/9/12)

マキシム DS28E83:
医療機器などに対応する耐放射線セキュア認証用IC
Maxim Integrated Productsは、DeepCoverセキュア認証用ICの「DS28E83」を発表した。滅菌時に使用するガンマ線や電子線の照射から手術器具のデータを保護し、安全な器具使用管理機能や偽造防止機能など器具のセキュリティを提供する。(2018/7/20)

ファーストサーバの「Zenlogic」全面停止3日間続く 再開は「未定」に
ファーストサーバのレンタルサーバ「Zenlogic」で6月19日から断続的に障害が起きたため、7月6日からサービスを全面停止し、メンテナンスが行われている。メンテナンスは9日午前8時までに終了し、サービス再開予定だったが延長されており、再開のめどは立っていない。(2018/7/9)

ITりてらしぃのすゝめ:
“データ消失”の悲劇防ぐ 今すぐできる、大事なデータの整理・管理方法
スマートフォンやデジカメで撮影した写真などの電子データはたまっていく一方。しっかり管理し、保管しないと痛い目に遭うことも? 今すぐやっておきたいTodoを紹介したい。(2018/6/18)

任天堂「Switch Online」有料化でファミコンソフトが遊べるように
任天堂が9月に正式スタート・有料化するオンラインサービス「Nintendo Switch Online」の詳細が明らかに。ファミコンソフトが遊べる新機能を追加する。(2018/5/8)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(55):
サーバ事業者さん。契約は結んでいませんが、あなたを訴えます
クラウドサービスベンダーに預けたプログラムが、HDDの故障で消失した。「さあ、訴えてやる!」。でも、誰を?――IT訴訟事例を例にとり、システム開発にまつわるトラブルの予防と対策法を解説する人気連載。今回は「クラウド上のデータの責任の所在」を考える。(2018/5/8)

データは全てOneDrive上、クライアントPCは“データレス”に――横河レンタ・リース、「Flex Work Place Passage Drive」を提供開始
横河レンタ・リースが、「Microsoft OneDrive for Business」に対応したPCの“データレス化”ソリューション「Flex Work Place Passage Drive」を提供開始。さまざまなデバイスから、Office 365のデータ共有機能やコラボレーション機能を利用できるようになる。(2018/4/27)

車載の信頼性、堅牢性基準をクリアできる?:
PR:NORフラッシュが容量問題を抱える中、NANDフラッシュは車載向けコードストレージとしての道を拓けるか
広く知られる2つのフラッシュメモリ、「NORフラッシュ」と「NANDフラッシュ」。コードを格納するストレージとしてはNORフラッシュが適しているとされることが多いですが、必ずしもそうではありません。NORフラッシュが容量問題を抱える一方で、誤動作の許されない車載アプリケーションのコードストレージに求められる基準を満たすNANDフラッシュも登場しているのです。(2018/4/23)

「STORIA法律事務所」ブログ:
知らないと損をする? コインチェック「賠償責任を一切負わない」利用規約は有効か 弁護士が解説
仮想通貨流出問題で揺れるコインチェック。「当社は賠償責任を一切負わない」という利用規約は有効なの?──弁護士の杉浦健二さんが解説します。(2018/2/16)

Windows 10の機能更新(大型アップデート)に潜むリスク
ディスク暗号化製品をどう選ぶ? Windows 10へ移行する前に考慮すべき点とは
顧客の開発情報を扱うためPCにディスク暗号化を導入していたAVCマルチメディアソフトは、Windows 10の大型アップデートが自社に大きな影響を与えると気付く。選んだ道は。(2018/2/13)

太陽光:
太陽光O&Mをクラウドで総合支援、野原HDが新サービス
野原ホールディングスは、太陽光発電のO&M向けクラウドサービスの販売を開始する。保守拠点の一元管理や、各種資料の管理、点検履歴の作成・管理などが行える。(2018/1/9)

売れている納得の理由
「バックアップはどれも同じ」ではない、ビジネスを加速するツール選びとは
ベンダーによる長年の機能改善もあり「バックアップツールは今やどの製品も大差ない」と考える向きもあるだろう。そんな中で、企業規模を問わず注目を集める製品がある。(2017/12/28)

IT部門の“クラウドベンダー化”にも貢献
バックアップ用途だからこそフラッシュストレージが輝く理由
フラッシュストレージの導入効果を引き出せるかどうかの鍵は、バックアップやアーカイブ用の「セカンダリーストレージシステム」が握っているという。それはどういうことなのか。(2017/11/27)

サードパーティー製ツールとの連携強化
「WindowsでDevOps」がにわかに脚光を浴びる理由 Microsoftの“本気度”は
初期のDevOpsではオープンソースソフトウェアを導入するしかなかった。しかしMicrosoftのDevOps製品の登場により、Microsoftの企業ユーザーもDevOpsに取り組む動きが増えつつある。(2017/10/30)

大容量と拡張性は当然
「オブジェクトストレージ」主要製品の詳細過ぎる特性分析
オブジェクトストレージシステムは複数のベンダーが発売しているが、その特徴を把握することは難しい。本稿はその助けとなるべくアクセス方法やデータセキュリティ、導入オプションなどについて解説する。(2017/10/24)

PR:働き方改革に“先進と安心”のノートPCを 「VAIO Pro PG/PF」実力チェック
ワークスタイルの多様化に伴い、時間と場所を選ばずにフル活用できるビジネスPCが求められるようになってきた。こうしたビジネストレンドに対応すべく、VAIOが投入した「VAIO Pro」の新しい2シリーズをじっくりチェックする。(2017/10/23)

「VAIO S11/S13/S15」が刷新 LTE拡充、カーボン復活、法人シリーズも
VAIOが主力の「S Line」をリニューアル。11.6型の「S11」、13.3型の「S13」、15.5型の「S15」をモデルチェンジした。法人向け新シリーズの「VAIO Pro」も展開する。(2017/9/21)

PCデータが全消失……焦らずにいられる方法は
PCデータにはイメージバックアップでなく、データバックアップが効く理由
PCのデータが全て消失した……そんな状況に陥っても焦らず業務を継続できるだろうか? 貴重な業務データをユーザーに負荷なく、過不足なくバックアップする手法がある。(2017/9/12)

使える機能は セキュリティだけじゃない
iPhoneか、Androidかが問題ではない 最適なモバイル管理製品を選ぶための5カ条
企業にとって、適切な機能を備えたエンタープライズモビリティ管理(EMM)製品の選定は、導入の成功を左右する重要な課題だ。製品選定の際、企業が押さえておくべき5項目を紹介する。(2017/9/1)

Amazonギフト券が当たる「バックアップ入門」クイズ
とある会社のシステム部門に勤務する“うっかり系”主人公「真人」は、うっかりミスで基幹システムのデータを消してしまった――。真人は人生の危機に陥らないために、どうすべきだったのか。クイズ形式で解説する。(2017/5/24)

提案現場の“今”を知る
バックアップからデータマネジメントへ、クラウド時代の選択
バックアップは企業規模や業種に関係なく必須の課題だが、単にデータの保護だけでは不十分だ。迅速な復旧を見据えた上で各社のIT環境に合った製品をどう選ぶべきか。(2017/4/7)

デジタル時代のマルチクラウド構成にも最適
Amazon S3とAPI互換でハイブリッドに構成できるIBM Cloud Object Storageとは?
NASでは不得手な大容量データの格納先として注目を集める「オブジェクトストレージ」。企業で利用する場合は何を選択すべきなのだろうか。(2017/3/27)

超入門BitLocker:
第4回 BitLockerをコマンドラインで管理する
BitLockerはコマンドラインでも制御できる。ロックの解除や再ロック、回復パスワードや回復キーの追加・削除などはコマンドラインで操作できる。Active DirectoryにおけるBitLocker機能についても解説する。(2017/3/3)

専門家の年収は「10万ドル以上」が約6割
DevOps環境構築、成功の鍵は「人を雇いつつ、育てる」
デジタル企業ではいつの間にかDevOpsが最良の手法ということになっているが、最高情報責任者(CIO)はどのようにDevOps環境の構築に取り組むべきか。ヒントは、人材を雇用するだけでは足りないということだ。(2017/2/27)

データバックアップに不備
データ消失事故を起こしたGitLab、IT運用戦略を専門家が疑問視
DevOpsの“運用面”はおろそかになっていないか? GitLabで発生したデータ消失事故を教訓に、企業はこの点を問い直すべきだと専門家たちは語る。(2017/2/15)

半径300メートルのIT:
“よくあるファイル命名ルール”でデータ消失の危機?
先日、ソースコードを管理するサービス「GitLab.com」で、管理作業中に誤って本番データベースを削除してしまうトラブルが発生しました。実はこの事件からは、エンジニアでない私たちも学ぶべき点があります。(2017/2/14)

SynologyのNASで、バックアップ・マスターの称号を手に入れる:
NASのバックアップ先は、外部HDD? それともクラウド?
スマホやタブレット全盛の今、家庭内のデータをまとめて保存し、複数のデバイスから利用できるストレージとして注目を集めているのがNASだ。今回はSynologyのNASキットを例に、データを安全に外部にバックアップする2つの方法について、その特徴と具体的な手順を紹介しよう。(2017/1/31)

デジタル時代の「価値を生み出す」データ管理(1):
デジタルトランスフォーメーションで変わる、データ管理の在り方
半ばバズワードのようになっている「デジタルトランスフォーメーション」という言葉だが、このトレンドが、ビジネスの在り方、それを支えるシステムとデータ管理の在り方に変革を求めていることは間違いない。では具体的にどのような変革が必要なのか? 本連載ではデジタルトランスフォーメーション時代に即したデータ管理法を具体的に掘り下げていく。(2017/1/27)

初動対応用データ保全ツール「CDIR Collector」解説(前編):
セキュリティ事故対応における“オープンソース”活用法指南
本稿では、セキュリティインシデントへの初動対応に役立つツール「CDIR Collector」の活用方法について、実際に企業の現場でインシデント対応に携わる筆者が、自身の経験談を交えつつ解説します。(2016/9/14)

データで戦う企業のためのIT処方箋:
第16回 運用後に知るクラウドの注意点と「クラウドホッピング」という課題
「持つIT」と違って必要な時に必要なだけ使える「使うIT」のクラウド。活用には、選び方だけでなく使い方でも違う考え方が必要です。今回は運用を始めてから気付く事前に見落としやすいポイントを説明します。(2016/9/13)

1日分無料録画、パン・チルト、暗視対応:
2万円台半ばで高い完成度 クラウド対応ネットワークカメラ「SpotCam-HD-Eva」を試してみた
クラウド上に録画データを保存するため、外出先からのアクセスが容易、かつ設定も簡単なことから人気が高まりつつある、新タイプのネットワークカメラ。その1つであるプラネックスの「SpotCam-HD-Eva」は、まさに破格と言っていい製品だ。(2016/9/3)

破損に備えて予めデータの複製を行います!:
故郷の両親に5TB(1TB+4TBクラウド)のHDDを! ASUSTORで作るプライベートクラウド
更新料金が不要なプライベートクラウドストレージを構築しよう。(2016/8/29)

Hadoopとストレージシステムの良い関係【前編】
Hadoopトラブルの“真犯人”、「HDFS」を使わずに済む代替手段とは
「Apache Hadoop」の要ともいえる分散ファイルシステム「HDFS」。その課題を回避するために、共有ストレージシステムを使用するユーザー企業が増えている。その理由を紹介する。(2016/8/29)

PR:自社内・国内外拠点との情報共有がここまで楽になる! その新手法とは?
情報共有とは何か? 要は連絡を密にすることで、連絡相手との齟齬(そご)を無くす作業と言える。だが、やりとりの過程では誤解や無駄が生じることもある。情報共有で重視されるコミュニケーショントラブルの回避。この自社内や拠点間での情報共有、ファイル共有をスムーズに流れることを目指しているのが、ダイレクトクラウドが提供する「DirectCloud-BOX」である。(2016/8/23)

Q&Aで学ぶマイコン講座(29):
DMAのメリットって何?
マイコンユーザーのさまざまな疑問に対し、マイコンメーカーのエンジニアがお答えしていく本連載。今回は、初級〜中級者の方からよく質問される「DMA(Direct Memory Access)のメリットって何?」です。(2016/8/22)

来日インタビュー:
国内市場で存在感を増す台湾製NAS――製品担当者が語るASUSTORの魅力
台湾ASUSTORでマーケティングを統括するアレン氏が来日。日本市場に向けた取り組みや今後の展開を聞いた。(2016/8/10)

身代金を支払ってもデータは回復しない
偽ランサムウェアまで登場、仁義なきサイバー犯罪はどこまで“進化”する?
新種のランサムウェアが登場した。これはファイルを暗号化せずデータを消去するにもかかわらず、被害者をだまして身代金を支払わせようとするものだ。(2016/7/29)

テレワークは「自分の仕事の価値とは何か」を問い掛ける
テレワークは社員の価値を浮き彫りに――向いてないのはどんな人?
テレワークの意外なメリットは「会社でないとできない仕事とは何か」を問い直すことで、仕事の棚卸しにつながっていくことだ。テレワークに取り組んだ中堅・中小企業が何に気付いたのか、事例から探ってみたい。(2016/7/26)

セキュリティ教育現場便り(5):
セキュリティ事故対応に不可欠な「証拠」を消してしまう3つの行動
セキュリティ教育に現場で携わる筆者の経験から、今本当に必要なセキュリティ教育について考える本連載。第5回では、インシデント対応に不可欠な「証拠保全」のポイントを解説します。(2016/7/12)

全世界のデータの70%は「テープ」に保存されている
オールフラッシュ支持者が知らない「テープ」の優位性、SSD併用で利用拡大も
長期的なデータ保持において比較的安価な方法がテープアーカイブだ。とはいえ、アクティブアーカイブなどのストレージ技術とテープシステムは、どのように組み合わせればよいのだろうか。(2016/7/13)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.