イヤフォン に関する記事 イヤフォン に関する質問

「イヤフォン」最新記事一覧

第6回ポタフェス:
安定するけどカナル型じゃない――シーメンスとオンキヨーが提案する新しいスポーツ用イヤフォン「IE-S100」
ポタフェスで今年6月に発表されたオンキヨーとシーメンスヒヤリングインスツルメンツの業務提携による製品第1弾が展示されていた。カナル型じゃないのに安定して装着でき、保持力も高いという。(2014/12/20)

三日月みたいになりました:
補聴器メーカーが本気でイヤフォンを作ったら? 米BlueGearの「CS-2」をzionoteが限定販売
zionoteは、米国の補聴器/イヤフォンブランド、BlueGearの製品を2015年から取り扱うと発表した。第1弾として、1月にカナル型イヤフォン「CS-2」を投入する。(2014/12/19)

ZERO AUDIO、デュアルダイナミック型のカナル型イヤフォン「DUOZA ZH-DWX10」
“ZERO AUDIO”ブランドのカナル型イヤフォンを展開する協和ハーモネットから「デュアル・ダイナミック・スピーカー」を搭載したモデルが登場した。(2014/12/19)

野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:
黄金色の超個性派イヤフォン「Heaven VIII」が奏でるリアルな音
ファイナルオーディオデザインの「Heavenシリーズ」に新たなフラグシップが登場した。金属筐体の作り方を大きく変えるなど、新境地を開拓した新モデルをじっくりと聴いてみよう。(2014/12/19)

スマホのmicro USBポートに直結する“デジタルイヤフォン”「Z:ero」、eme audioから登場
eme audioは、香港ZORLOOの「Z:ero」を12月20日に発売する。スマートフォンのmicro USBポートに直接接続し、コントローラー部に内蔵されたDACとヘッドフォンアンプで駆動する“デジタルイヤフォン”だ。(2014/12/18)

“楽しさ”という名前のイヤフォン――zionoteから「UCT-IM300Aise」登場
zionoteは、韓国UCOTECH(ユコテック)のスマートフォン対応カナル型イヤフォン「UCT-IM300Aise」を発売する。“Aise”は、フランス語で「楽しさ」を意味する。(2014/12/16)

ヘッドフォンに最適化したハイレゾ音源「HPL」とは?
ヘッドフォンやイヤフォンでのリスニングに最適化したハイレゾ音源が登場。その技術と効果について、開発元のアコースティックフィールドが説明した。(2014/12/15)

木のぬくもりを感じるウッドハウジング、ウィズがLITTLE BIG SOUNDの「Nature Tones」を発売
ウィズは、シンガポール「LITTLE BIG SOUND」のヘッドフォンとイヤフォンを取り扱うと発表した。天然無垢材を使用した木製ハウジングが特徴だ。(2014/12/12)

ライブはないけど過去最大規模!――「ポタフェス」が12月20日に開幕
国内最大級のイヤフォン&ヘッドフォン体感イベント「第六回ポータブルオーディオフェスティバル 2014」が12月20日(土)と21日(日)に開催される。(2014/12/10)

オヤイデ、コネクター部分を工夫したMMCX交換用ケーブル――3色で登場
オヤイデ電気は、シュアのイヤフォンなどで使用できるMMCXコネクター採用の交換用イヤフォンケーブル4種を発表した。(2014/12/5)

金メッキ仕上げもあり:
ファイナル、BA搭載の「Heaven VIII」と「Heaven VII」を12月中旬に発売
ファイナルオーディオデザインは、バランスド・アーマチュア型ドライバーを搭載した高級イヤフォン2機種を発売する。特殊な金属加工で作られたステンレスボディーを採用している。(2014/12/5)

Spigen初のイヤフォン「アルミニウム TEKA」を公式オンラインストアで先行発売
Spigenは、公式オンラインストアで同社初のイヤフォン「アルミニウム TEKA」を先行販売する。(2014/12/2)

週末は梅田へ:
ファイナル、「ヨドバシカメラ梅田」で自作イヤフォン講座――関西初登場のNEWモデル
ファイナルオーディオデザイン事務所は、11月22日(土)と23日(日)の2日間、大阪・梅田の「ヨドバシカメラ梅田」で「自作イヤホンで音のチューニングを楽しもう!〜イヤホン組立体験〜」を開催する。(2014/11/21)

3製品同時発表:
フォステクス、アクティブスピーカー「PA-3」/カナル型イヤフォン「TE-07」/ボリュームコントローラー「PC100USB-HR」
フォステクスカンパニーは、2ウェイアクティブスピーカーシステム「PA-3」、カナル型イヤフォン「TE-07」、DAC搭載のボリュームコントローラー「PC100USB-HR」を12月上旬より順次発売する。(2014/11/20)

ミックスウェーブ、Unique Melodyのユニバーサルイヤフォン「MASON」を仕様変更
ミックスウェーブは、Unique Melodyのユニバーサルイヤフォン「MASON」について、仕様変更と既存モデルの無償アップグレードを発表した。(2014/11/18)

ポタフェスで発売:
MSY、米「Polk Audio」ブランドを12月20日に発売――ヘッドフォン、カナル型イヤフォン計6モデル
MSYは、「Polk Audio」ブランドを12月20日のポタフェスにて販売開始する。オーバーイヤー型ヘッドフォン計3モデル、カナル型イヤフォン計3モデルで価格は8980円(税別)から。(2014/11/18)

先着順で計1000名にプレゼント:
シュア、SE846とSE535のプレゼントキャンペーンを11月28日から開始――オリジナルグッズが先着順で
シュア・ジャパンは11月28日から、カナル型イヤフォン「SE846 & SE535イヤホン冬のプレゼントキャンペーン」を購入者向けに開始する。オリジナルバックやUSBメモリが、先着順で計1000名に当たる。(2014/11/17)

クリスマスプレゼントに!:
フォステクス、カスタムイヤフォン「KOTORI」で日本ホールマークとのコラボモデル第2弾
ユーザーからの要望が多かった「アニマルモチーフのアルファベットデザイン」6種をはじめ、「クリスマスデザイン」3種、「メッセージカードデザイン」7種をラインアップ。(2014/11/13)

まずは第1弾:
オンキヨーがシーメンスと共同開発、スポーツ向けイヤフォン「IE-S100」シリーズを2015年春に投入
オンキヨーが、シーメンスヒヤリングインスツルメンツとの共同開発製品について進ちょくを発表。第1弾はスポーツ向けのイヤフォンだ。(2014/11/12)

黒木目:
JVCのウッドシリーズに最上位モデル「HA-FX1100」が登場
JVCケンウッドがハイレゾ音源再生に対応したカナル型イヤフォン「HA-FX1100」を発表した。ボディや振動板に木を使用したウッドシリーズの最上位モデルだ。(2014/11/7)

チタン振動板を採用したカナル型イヤフォン、DUNU「TITAN 1」
サウンドアースは台湾DUNU-TOPSOUNDのカナル型イヤフォン「TITAN 1」を発表した。13ミリ径のチタン製ダイヤフラムを採用した珍しいモデル。(2014/11/5)

オープンエア型のハイブリッド型イヤフォン、DUNU-TOPSOUND「ALPHA1」
サウンドアースは、台湾DUNU-TOPSOUNDのイヤフォン「ALPHA 1」を発売する。オープンエア型のハイブリッド型イヤフォンだ。(2014/11/5)

米BEATSからハローキティのヘッドフォン&イヤフォン キティ40周年を記念して登場
キティさんの顔いっぱいできゃわわ!(2014/10/30)

4万Hzまでカバー:
「ハイレゾ音源にふさわしい」――エレコムから音に注力したカナル型イヤフォン4シリーズが登場
エレコムは、音質に注力したカナル型イヤフォン4シリーズを発表した。いずれも4万Hzまでの高域再生に対応し、「ハイレゾ音源にふさわしい高音質を再現する」(同社)という。店頭想定価格は7980円(税別)から。(2014/10/28)

秋のヘッドフォン祭2014:
イチから出直して作った――ブランド名を冠したイヤフォン「fitear」と「One more thing……」
“FitEar”ブランドのカスタムIEMで知られる須山歯研から新しいユニバーサルタイプのカナル型イヤフォン「fitear」と久しぶりのカスタムIEM新製品「彩」(Aya)が登場した。(2014/10/27)

秋のヘッドフォン祭2014:
ETYMOTIC RESEARCHから5年ぶりのイヤフォン新製品
完実電気がETYMOTIC RESEARCHのイヤフォン新製品「MK5」を発表した。「秋のヘッドフォン祭2014」で参考展示を行う。(2014/10/24)

秋のヘッドフォン祭2014:
完実電気が米Aurisonicsのイヤフォンを国内販売――ハイブリッド型のイヤーモニターなど3機種を発売
完実電気は、米Aurisonics(オーリソニックス)の輸入代理店業務を開始する。ユニバーサルタイプのイヤフォン3機種のほか、交換ケーブル、ハードケースなどを販売する。(2014/10/24)

秋のヘッドフォン祭2014:
ゼンハイザー、カナル型イヤフォン「CXシリーズ」に新製品4機種を追加
ゼンハイザージャパンは同社の定番商品となっているイヤフォン「CXシリーズ」の新製品4機種を発表した。「秋のヘッドフォン祭2014」で見ることができる。(2014/10/24)

秋のヘッドフォン祭2014:
ゼンハイザーの「MOMENTUM」に初のカナル型イヤフォンが登場
ゼンハイザージャパンは「MOMENTUM」シリーズ初のカナル型イヤフォン「MOMENTUM In-Ear」を発表した。(2014/10/24)

耳かけ対応:
ヤマハ、新開発8.5ミリドライバーを採用したカナル型イヤフォン4シリーズ「EPH-52/32/22」 「EPH-S01」
ヤマハは10月23日、カナル型イヤフォンの新製品4シリーズを発表した。通常モデル「EPH-52/32/22」 、スポーツモデル「EPH-S01」で価格はすべてオープン。店頭想定価格は3000円前後(税別)から。(2014/10/23)

ツインドライブがさらに進化:
JVC、カナル型イヤフォン「FXTシリーズ」に3機種追加「HA‐FXT200LTD」「HA-FXT200」「HA‐FXT100」
JVCは、低域用と中高域用の2つのダイナミック型ドライバーを搭載したカナル型イヤフォン、「FXTシリーズ」に3機種を追加投入する。価格はオープンで、店頭想定価格は9500円(税別)前後から。(2014/10/22)

ハイレゾの“空気感”を再現する極上のイヤフォン――ソニー「XBA-Z5」誕生の軌跡
「MDR-EX1000」以来、約4年ぶりにソニーから登場した新しいフラグシップイヤフォン「XBA-Z5」。新しい世代のハイレゾ対応イヤフォンとして完成させた本機の開発秘話を開発担当者に聞いた。(2014/10/22)

mマーク入り:
音響設計を突き詰めたカナル型イヤフォン、マクセル「MXH-RF800」登場
日立マクセルがカナル型イヤフォンの新製品「MXH-RF800」を発表した。シングルドライバーながら、筐体(きょうたい)の音響設計を突き詰めた製品という。(2014/10/21)

JVC、チタンコート振動板を採用したカナル型イヤフォン「HA-FXH30」など4機種を発売
JVCケンウッドは、新たにチタンコート振動板を採用したカナル型イヤフォン4機種を発表した。(2014/10/20)

待望のゴールド登場:
あなたのiPhoneは何色?――「上海問屋オリジナル アルミイヤホン」
上海問屋が、4色展開のカナル型イヤフォンを発売した。価格は999円。(2014/10/20)

オーディオテクニカ、音質にこだわったポータブルヘッドフォン「MSR7シリーズ」など新製品を一挙リリース
オーディオテクニカがイヤフォン/ヘッドフォンやヘッドフォンアンプ、Bluetoothヘッドセットなどを発表した。どハイレゾマーク付きの製品も7機種を数える。(2014/10/16)

秋のヘッドフォン祭2014:
音茶楽、オークヴィレッジとの限定コラボイヤフォン「Flat4-楓弐型」を発売
音茶楽は、ハイレゾ対応のカナル型イヤフォン「Flat4-楓弐型」を発表した。「秋のヘッドフォン祭2014」で展示と少量の先行販売を行う。(2014/10/14)

シュア、カナル型イヤフォンエントリーモデルにハンズフリー通話可能な「SE112m」を追加
シュア・ジャパンは、カナル型イヤフォン「SE112」に3ボタンのリモコンとマイクを追加したiOS搭載デバイス向けとなる「SE112m」を10月23日発売する。価格はオープンで、店頭想定価格は6480円前後(税別)の見込み。(2014/10/10)

野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:
“聴き疲れしないイヤフォン”はどう進化した?――アルミボディーの「DM008P」を聴く
ボディー背面の大きな“L”、“R”の文字。聴き心地の良い整ったサウンドで人気の「DM008」に、オールアルミボディーの上位モデル「DM008P」が登場した。その違いをチェックしていこう。(2014/10/3)

カーボン振動板&メタルボディ:
JVC、カナル型イヤフォンXXシリーズに2モデル10機種追加投入「HA-FX33X/11X」
JVCケンウッドは重低音&タフをコンセプトにしたカナル型イヤフォンXX(XTREME XPLOSIVES)シリーズに2モデル追加し、10月上旬に発売する。(2014/10/1)

4000円前後から:
パナソニック、DTS Headphone:X対応のカナル型イヤフォン3モデル――「RP-HJX20/HJX10/HJX5」
パナソニックは、DTS Headphone:Xに対応したカナル型イヤフォン3モデルを発表した。上位2機種には背面だけでなく前面にもう1組のボイスコイルとマグネットを配置して振動板を精密かつ強力にドライブするという「アキシャルデュアルドライバー」を採用した。(2014/9/26)

ソニー、バランス出力に対応したポータブルヘッドフォンアンプ「PHA-3」
ソニーはイヤフォン/ヘッドフォンのバランス接続に対応したUSB-DAC内蔵ヘッドフォンアンプ「PHA-3」を10月下旬に発売する。(2014/9/25)

リケーブルでワイヤレス化?:
ハイブリッド3Wayのフラグシップ「XBA-Z5」登場――ソニーから「XBAシリーズ」後継機
ソニーは、カナル型イヤフォンの新製品として、「XBAシリーズ」4機種を発表した。オプションとして同シリーズなどを簡単にワイヤレスする交換ケーブルも用意した。(2014/9/25)

コードホルダー付き:
JVC、計10色のカラフルなヘッドフォンと吸盤付きコードホルダー「ぴたスマ」
JVCが全10色のカラーバリエーションを備えたイヤフォン「HA-FX19」とおよび吸盤付きコードホルダー「AC-CH10」を10月上旬に発売する。(2014/9/22)

ブラジルのみなさん聞こえますかー:
マクセル、フットボールブランド「ATHLETA」との第2弾コラボモデル3モデル発売
日立マクセルは、ブラジルのフットボールブランド「ATHLETA」(アスレタ)コラボレーションモデルとして、ポータブルスピーカー/ヘッドフォン/カナル型イヤフォンを追加投入する。(2014/9/18)

ROCK JAWブランド第1弾:
DMR、英ROCK JAWのヘッドフォン「ACERO」とカナル型イヤフォン「ALFA GENUS」
DMRは、英ROCK JAWのヘッドフォン「ACERO」(アセロ)とカナル型イヤフォン「ALFA GENUS」(アルファ・ジーネス)を9月20日発売する。(2014/9/18)

音茶楽のカナル型イヤフォン、「真のハイレゾ対応」をパッケージで訴求
音茶楽が自社製カナル型イヤフォンについて、「真のハイレゾ対応」をうたうと同時に周波数特性を表示して訴求していく方針を明らかにした。(2014/9/16)

電話で話すときに便利です:
クリプシュ、独自ドライバーのイヤフォン「Reference」にスマホ向けリモコンを搭載
フロンティアファクトリーは、米Klipsch(クリプシュ)の独自ドライバー搭載イヤフォン「Reference」シリーズの新製品を発売する。(2014/9/12)

上位機と同じドライバー技術――B&Wからヘッドフォン「P5シリーズ2」とカナル型イヤフォン「C5シリーズ2」が登場
英Bowers&Wilkinsからヘッドフォンとイヤフォンの“シリーズ2”が登場。P5には上位機と同じドライバー技術を採用した。(2014/9/12)

動画で360度チェック:
使い勝手が大きく向上した「HTC J butterfly HTL23」をなめ回した
「HTC J」シリーズの第4弾がついに発売された。深度や距離が測れる「DUO CAMERA」の搭載、JBL製の専用イヤフォンが付属するなど、製品の見どころを動画で見ていこう。(2014/9/11)



Windows 9と噂されていた次世代Windowsの名称は、1つ飛ばしてWindows 10に決まった。発売は2015年後半を予定。タッチU/Iの取り込みに苦労しているWindowsだが、高速起動など基本的な面での改善もバージョンを経るごとに進んでおり、文字通り世界レベルでの影響を持つリリースになる。

音楽CDを超える音質を持つデジタルオーディオデータ、略して「ハイレゾ」。その再生に対応した機器が増加しており、対応したスマホの増加などを機に、今後更なる注目の高まりも期待される。

ソフトバンクモバイル初のXperiaシリーズとして発売が決まり、3キャリアが揃って取り扱う人気機種となった。モバイル事業で減損が発生するなど不調が伝えられるソニーであるが、グローバルスマホ市場での生き残りに向けて、これからが正念場だろう。

All material on this site Copyright © 2005 - 2014 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.