イヤフォン に関する記事 イヤフォン に関する質問

「イヤフォン」最新記事一覧

±0からイヤフォン登場、日本の伝統色をベースにした2つのデザイン
デザイン家電を手がける±0は、カナル型イヤフォン「X110」と「X010」を発表した。シンプルなデザインと日本の伝統色をベースにしたというカラー展開が特長だ。(2015/1/27)

シンプルでエレガントな北欧デザイン:
スウェーデンSudio、4色カラバリのカナル型イヤフォン2種
スウェーデンSudioのカナル型イヤフォン「KLANG」「TVA」が2月下旬発売される。価格は、5000円(税別)から。(2015/1/26)

ディーフ、アルミ製イヤフォンジャックカバー発売&マグネット充電端子専用ケーブルに新サイズを追加
ディーフは、ホコリの侵入を防ぐアルミ製のスマートフォン向けイヤフォンジャックを発売。また、Xperiaシリーズ用のマグネット充電端子専用ケーブルへ1.5メートルタイプを追加した。(2015/1/23)

連続音楽再生時間は約8.5時間:
コントロールボックスをなくしたスポーツ用Bluetoothヘッドセット、ソニー「MDR-AS600BT」登場
ソニーが、スポーツ向けのワイヤレスイヤフォン「MDR-AS600BT」を発表した。Bluetoothイヤフォンに“付きもの”のコントロールボックスをなくし、シンプルな形状を実現した。(2015/1/20)

妄想ウェアラブルの午後:
ウェアラブルはディックの夢を見るか――ソニーのスマートイヤフォン「Smart B-Trainer」
先日のCESで発表されたばかりのソニーのスマートイヤフォン「Smart B-Trainer」。「現在のウェアラブルの弱点」をカバーしたように思えるこの製品だが、思い出すのは――。(2015/1/11)

2015 CES:
JBLから、Lightning直挿しで給電するアクティブNC搭載スポーツイヤフォン「Reflect Aware」
「世界初・バッテリーボックス不要の最軽量NC(ノイズキャンセリング)イヤフォン」がJBLから登場する。iOS端末からLightning接続で給電する「Reflect Aware」だ。(2015/1/9)

2015 CES:
“ハンドジェスチャー”で曲の再生操作ができるセンサー内蔵イヤフォン、JBL「S210BT」登場
JBLブランドの新しいBluetoothイヤフォン「S210BT」シリーズは、本体に内蔵するセンサーで“手の動き”を捉え、ボタン操作の代わりにジェスチャーで楽曲操作が行えるユニークな製品だ。(2015/1/9)

2015 CES:
スポーツに、トレーニングに、業務用途に――進化するソニーのウェアラブルデバイス群
ソニーが2015 International CESで、グラスタイプとイヤフォンタイプの新しいウェアラブル商品を発表した。「SmartEyeglass Attach!」と「Smart B-Trainer」の詳細を紹介しよう。(2015/1/6)

ランニングのお供に良い音楽を:
米yurbuds、防汗仕様で耳から落ちにくいBluetooth対応スポーツイヤフォン2種発売
ハーマンインターナショナルは、米国スポーツイヤフォンブランド「yurbuds」の新製品2モデル「LIBERTY WIRELESS」、「LEAP WIRELESS FOR WOMEN」を1月6日発売する。(2015/1/5)

ケースからイヤフォンまで――Smart Labo店長が太鼓判、スマホをグレードアップできるアイテム
スマートフォンのケースは、単にスマホを保護するためのものではない。オシャレなファッションアイテムとして活用できるケースも多数発売されている。今回は、アクセサリーショップ「Smart Labo」で購入できるオススメのケースを紹介したい。(2014/12/26)

第6回ポタフェス:
安定するけどカナル型じゃない――シーメンスとオンキヨーが提案する新しいスポーツ用イヤフォン「IE-S100」
ポタフェスで今年6月に発表されたオンキヨーとシーメンスヒヤリングインスツルメンツの業務提携による製品第1弾が展示されていた。カナル型じゃないのに安定して装着でき、保持力も高いという。(2014/12/20)

三日月みたいになりました:
補聴器メーカーが本気でイヤフォンを作ったら? 米BlueGearの「CS-2」をzionoteが限定販売
zionoteは、米国の補聴器/イヤフォンブランド、BlueGearの製品を2015年から取り扱うと発表した。第1弾として、1月にカナル型イヤフォン「CS-2」を投入する。(2014/12/19)

ZERO AUDIO、デュアルダイナミック型のカナル型イヤフォン「DUOZA ZH-DWX10」
“ZERO AUDIO”ブランドのカナル型イヤフォンを展開する協和ハーモネットから「デュアル・ダイナミック・スピーカー」を搭載したモデルが登場した。(2014/12/19)

野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:
黄金色の超個性派イヤフォン「Heaven VIII」が奏でるリアルな音
ファイナルオーディオデザインの「Heavenシリーズ」に新たなフラグシップが登場した。金属筐体の作り方を大きく変えるなど、新境地を開拓した新モデルをじっくりと聴いてみよう。(2014/12/19)

スマホのmicro USBポートに直結する“デジタルイヤフォン”「Z:ero」、eme audioから登場
eme audioは、香港ZORLOOの「Z:ero」を12月20日に発売する。スマートフォンのmicro USBポートに直接接続し、コントローラー部に内蔵されたDACとヘッドフォンアンプで駆動する“デジタルイヤフォン”だ。(2014/12/18)

“楽しさ”という名前のイヤフォン――zionoteから「UCT-IM300Aise」登場
zionoteは、韓国UCOTECH(ユコテック)のスマートフォン対応カナル型イヤフォン「UCT-IM300Aise」を発売する。“Aise”は、フランス語で「楽しさ」を意味する。(2014/12/16)

ヘッドフォンに最適化したハイレゾ音源「HPL」とは?
ヘッドフォンやイヤフォンでのリスニングに最適化したハイレゾ音源が登場。その技術と効果について、開発元のアコースティックフィールドが説明した。(2014/12/15)

木のぬくもりを感じるウッドハウジング、ウィズがLITTLE BIG SOUNDの「Nature Tones」を発売
ウィズは、シンガポール「LITTLE BIG SOUND」のヘッドフォンとイヤフォンを取り扱うと発表した。天然無垢材を使用した木製ハウジングが特徴だ。(2014/12/12)

ライブはないけど過去最大規模!――「ポタフェス」が12月20日に開幕
国内最大級のイヤフォン&ヘッドフォン体感イベント「第六回ポータブルオーディオフェスティバル 2014」が12月20日(土)と21日(日)に開催される。(2014/12/10)

オヤイデ、コネクター部分を工夫したMMCX交換用ケーブル――3色で登場
オヤイデ電気は、シュアのイヤフォンなどで使用できるMMCXコネクター採用の交換用イヤフォンケーブル4種を発表した。(2014/12/5)

金メッキ仕上げもあり:
ファイナル、BA搭載の「Heaven VIII」と「Heaven VII」を12月中旬に発売
ファイナルオーディオデザインは、バランスド・アーマチュア型ドライバーを搭載した高級イヤフォン2機種を発売する。特殊な金属加工で作られたステンレスボディーを採用している。(2014/12/5)

Spigen初のイヤフォン「アルミニウム TEKA」を公式オンラインストアで先行発売
Spigenは、公式オンラインストアで同社初のイヤフォン「アルミニウム TEKA」を先行販売する。(2014/12/2)

週末は梅田へ:
ファイナル、「ヨドバシカメラ梅田」で自作イヤフォン講座――関西初登場のNEWモデル
ファイナルオーディオデザイン事務所は、11月22日(土)と23日(日)の2日間、大阪・梅田の「ヨドバシカメラ梅田」で「自作イヤホンで音のチューニングを楽しもう!〜イヤホン組立体験〜」を開催する。(2014/11/21)

3製品同時発表:
フォステクス、アクティブスピーカー「PA-3」/カナル型イヤフォン「TE-07」/ボリュームコントローラー「PC100USB-HR」
フォステクスカンパニーは、2ウェイアクティブスピーカーシステム「PA-3」、カナル型イヤフォン「TE-07」、DAC搭載のボリュームコントローラー「PC100USB-HR」を12月上旬より順次発売する。(2014/11/20)

ミックスウェーブ、Unique Melodyのユニバーサルイヤフォン「MASON」を仕様変更
ミックスウェーブは、Unique Melodyのユニバーサルイヤフォン「MASON」について、仕様変更と既存モデルの無償アップグレードを発表した。(2014/11/18)

ポタフェスで発売:
MSY、米「Polk Audio」ブランドを12月20日に発売――ヘッドフォン、カナル型イヤフォン計6モデル
MSYは、「Polk Audio」ブランドを12月20日のポタフェスにて販売開始する。オーバーイヤー型ヘッドフォン計3モデル、カナル型イヤフォン計3モデルで価格は8980円(税別)から。(2014/11/18)

先着順で計1000名にプレゼント:
シュア、SE846とSE535のプレゼントキャンペーンを11月28日から開始――オリジナルグッズが先着順で
シュア・ジャパンは11月28日から、カナル型イヤフォン「SE846 & SE535イヤホン冬のプレゼントキャンペーン」を購入者向けに開始する。オリジナルバックやUSBメモリが、先着順で計1000名に当たる。(2014/11/17)

クリスマスプレゼントに!:
フォステクス、カスタムイヤフォン「KOTORI」で日本ホールマークとのコラボモデル第2弾
ユーザーからの要望が多かった「アニマルモチーフのアルファベットデザイン」6種をはじめ、「クリスマスデザイン」3種、「メッセージカードデザイン」7種をラインアップ。(2014/11/13)

まずは第1弾:
オンキヨーがシーメンスと共同開発、スポーツ向けイヤフォン「IE-S100」シリーズを2015年春に投入
オンキヨーが、シーメンスヒヤリングインスツルメンツとの共同開発製品について進ちょくを発表。第1弾はスポーツ向けのイヤフォンだ。(2014/11/12)

黒木目:
JVCのウッドシリーズに最上位モデル「HA-FX1100」が登場
JVCケンウッドがハイレゾ音源再生に対応したカナル型イヤフォン「HA-FX1100」を発表した。ボディや振動板に木を使用したウッドシリーズの最上位モデルだ。(2014/11/7)

チタン振動板を採用したカナル型イヤフォン、DUNU「TITAN 1」
サウンドアースは台湾DUNU-TOPSOUNDのカナル型イヤフォン「TITAN 1」を発表した。13ミリ径のチタン製ダイヤフラムを採用した珍しいモデル。(2014/11/5)

オープンエア型のハイブリッド型イヤフォン、DUNU-TOPSOUND「ALPHA1」
サウンドアースは、台湾DUNU-TOPSOUNDのイヤフォン「ALPHA 1」を発売する。オープンエア型のハイブリッド型イヤフォンだ。(2014/11/5)

米BEATSからハローキティのヘッドフォン&イヤフォン キティ40周年を記念して登場
キティさんの顔いっぱいできゃわわ!(2014/10/30)

4万Hzまでカバー:
「ハイレゾ音源にふさわしい」――エレコムから音に注力したカナル型イヤフォン4シリーズが登場
エレコムは、音質に注力したカナル型イヤフォン4シリーズを発表した。いずれも4万Hzまでの高域再生に対応し、「ハイレゾ音源にふさわしい高音質を再現する」(同社)という。店頭想定価格は7980円(税別)から。(2014/10/28)

秋のヘッドフォン祭2014:
イチから出直して作った――ブランド名を冠したイヤフォン「fitear」と「One more thing……」
“FitEar”ブランドのカスタムIEMで知られる須山歯研から新しいユニバーサルタイプのカナル型イヤフォン「fitear」と久しぶりのカスタムIEM新製品「彩」(Aya)が登場した。(2014/10/27)

秋のヘッドフォン祭2014:
ETYMOTIC RESEARCHから5年ぶりのイヤフォン新製品
完実電気がETYMOTIC RESEARCHのイヤフォン新製品「MK5」を発表した。「秋のヘッドフォン祭2014」で参考展示を行う。(2014/10/24)

秋のヘッドフォン祭2014:
完実電気が米Aurisonicsのイヤフォンを国内販売――ハイブリッド型のイヤーモニターなど3機種を発売
完実電気は、米Aurisonics(オーリソニックス)の輸入代理店業務を開始する。ユニバーサルタイプのイヤフォン3機種のほか、交換ケーブル、ハードケースなどを販売する。(2014/10/24)

秋のヘッドフォン祭2014:
ゼンハイザー、カナル型イヤフォン「CXシリーズ」に新製品4機種を追加
ゼンハイザージャパンは同社の定番商品となっているイヤフォン「CXシリーズ」の新製品4機種を発表した。「秋のヘッドフォン祭2014」で見ることができる。(2014/10/24)

秋のヘッドフォン祭2014:
ゼンハイザーの「MOMENTUM」に初のカナル型イヤフォンが登場
ゼンハイザージャパンは「MOMENTUM」シリーズ初のカナル型イヤフォン「MOMENTUM In-Ear」を発表した。(2014/10/24)

耳かけ対応:
ヤマハ、新開発8.5ミリドライバーを採用したカナル型イヤフォン4シリーズ「EPH-52/32/22」 「EPH-S01」
ヤマハは10月23日、カナル型イヤフォンの新製品4シリーズを発表した。通常モデル「EPH-52/32/22」 、スポーツモデル「EPH-S01」で価格はすべてオープン。店頭想定価格は3000円前後(税別)から。(2014/10/23)

ツインドライブがさらに進化:
JVC、カナル型イヤフォン「FXTシリーズ」に3機種追加「HA‐FXT200LTD」「HA-FXT200」「HA‐FXT100」
JVCは、低域用と中高域用の2つのダイナミック型ドライバーを搭載したカナル型イヤフォン、「FXTシリーズ」に3機種を追加投入する。価格はオープンで、店頭想定価格は9500円(税別)前後から。(2014/10/22)

ハイレゾの“空気感”を再現する極上のイヤフォン――ソニー「XBA-Z5」誕生の軌跡
「MDR-EX1000」以来、約4年ぶりにソニーから登場した新しいフラグシップイヤフォン「XBA-Z5」。新しい世代のハイレゾ対応イヤフォンとして完成させた本機の開発秘話を開発担当者に聞いた。(2014/10/22)

mマーク入り:
音響設計を突き詰めたカナル型イヤフォン、マクセル「MXH-RF800」登場
日立マクセルがカナル型イヤフォンの新製品「MXH-RF800」を発表した。シングルドライバーながら、筐体(きょうたい)の音響設計を突き詰めた製品という。(2014/10/21)

JVC、チタンコート振動板を採用したカナル型イヤフォン「HA-FXH30」など4機種を発売
JVCケンウッドは、新たにチタンコート振動板を採用したカナル型イヤフォン4機種を発表した。(2014/10/20)

待望のゴールド登場:
あなたのiPhoneは何色?――「上海問屋オリジナル アルミイヤホン」
上海問屋が、4色展開のカナル型イヤフォンを発売した。価格は999円。(2014/10/20)

オーディオテクニカ、音質にこだわったポータブルヘッドフォン「MSR7シリーズ」など新製品を一挙リリース
オーディオテクニカがイヤフォン/ヘッドフォンやヘッドフォンアンプ、Bluetoothヘッドセットなどを発表した。どハイレゾマーク付きの製品も7機種を数える。(2014/10/16)

秋のヘッドフォン祭2014:
音茶楽、オークヴィレッジとの限定コラボイヤフォン「Flat4-楓弐型」を発売
音茶楽は、ハイレゾ対応のカナル型イヤフォン「Flat4-楓弐型」を発表した。「秋のヘッドフォン祭2014」で展示と少量の先行販売を行う。(2014/10/14)

シュア、カナル型イヤフォンエントリーモデルにハンズフリー通話可能な「SE112m」を追加
シュア・ジャパンは、カナル型イヤフォン「SE112」に3ボタンのリモコンとマイクを追加したiOS搭載デバイス向けとなる「SE112m」を10月23日発売する。価格はオープンで、店頭想定価格は6480円前後(税別)の見込み。(2014/10/10)

野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:
“聴き疲れしないイヤフォン”はどう進化した?――アルミボディーの「DM008P」を聴く
ボディー背面の大きな“L”、“R”の文字。聴き心地の良い整ったサウンドで人気の「DM008」に、オールアルミボディーの上位モデル「DM008P」が登場した。その違いをチェックしていこう。(2014/10/3)

カーボン振動板&メタルボディ:
JVC、カナル型イヤフォンXXシリーズに2モデル10機種追加投入「HA-FX33X/11X」
JVCケンウッドは重低音&タフをコンセプトにしたカナル型イヤフォンXX(XTREME XPLOSIVES)シリーズに2モデル追加し、10月上旬に発売する。(2014/10/1)



オープンソースのコンテナー(アプリケーション実行環境)管理ソフトウェア。Linuxをベースに、ハイパーバイザー型よりも軽量な仮想化を実現する。クラウド、DevOpsなど今風のITシステムの管理に親和性が高く、注目が高まっている。

日本通信をパートナーとして、VAIO株式会社がスマートフォン製品を投入する。詳細は2015年1月に発表予定。

KDDIが12月25日に先行発売を開始した、Firefox OS搭載スマホ。製造はLG。Firefox OSの元々のコンセプトでもある踏み込んだカスタマイズ性、外装の3Dモデルデータの提供、部品が見える半透明ボディなど、「ギークのためのスマホ」としてアピールしている。

All material on this site Copyright © 2005 - 2015 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.