「いまさら聞けないロジック・アナライザ入門」最新記事一覧

いまさら聞けないロジック・アナライザ入門(5):
FPGA、DDRも怖くない! ロジアナによる簡単デバッグ
最終回は、ロジック・アナライザの用途として最近よく使用されているFPGAやDDRメモリのデバッグ解析例を紹介する(2010/9/15)

いまさら聞けないロジック・アナライザ入門(4):
それでもロジック・アナライザは使いたくない!?
オシロスコープはよく使うけどロジアナはできれば使いたくない、という技術者をターゲットに使いこなしのポイントを紹介(2010/8/27)

いまさら聞けないロジック・アナライザ入門(3):
今どきのロジアナ機能と避けては通れないプローブの話
使いこなせば便利な今どきのロジック・アナライザ機能と、ロジック・アナライザを接続するためのプローブについて紹介(2010/8/5)

いまさら聞けないロジック・アナライザ入門(2):
ロジアナとMSO、違いと使い分け
ロジック・アナライザをいつ使うべきか。オシロやMSOとロジアナを比較しながらそれぞれの解析モードについて紹介(2010/6/24)

いまさら聞けないロジック・アナライザ入門(1):
デジタルデバッグにはなぜロジアナ? 仕組みと歴史
ロジック・アナライザの基礎解説講座がスタート。連載1回目は、ロジアナの基本的な仕組みを歴史とともに紹介する(2010/5/12)



バーチャルリアリティを楽しむためのヘッドマウントディスプレイ。初音ミクとの対面用と思われている節もあるが、それも含めて日本市場は重要視されている。Facebookが買収をしており、今後どのような用途が実現するのか楽しみにしたい。

LTE対応の端末でも音声通話については実は3Gが利用されていたが、それもいよいよLTEに切り替えられようとしている。ユーザーにはなにが違うのか伝わりにくいが、通信キャリアにとっては通信がIP化され、電波利用効率の高いLTE網を利用できるようになるなど、大きな変更になる。

タブレットといえばiPadかAndroidと思われていたが、ここに来てWindowsタブレットも存在感を見せている。艦これが動くから、という理由で売れているという話もあるが、MicrosoftがSurfaceブランドでより小型な端末を計画しているという噂が出るなど、8型前後のWindowsタブレットがひとつの製品分野として今後も注目を集めそうだ。

All material on this site Copyright © 2005 - 2013 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.