「市場予測(エレクトロニクス)」最新記事一覧

ビジネスニュース 市場予測:
半導体業界は本当に低迷している? ――アナリストの見解とは
Microchip Technology(マイクロチップ・テクノロジー)は、売上高予測を下方修正し、半導体業界の低迷への懸念を示唆した。だが、半導体業界は本当に低迷しているのだろうか。(2014/10/20)

ビジネスニュース 市場予測:
半導体市場、2014年以降は緩やかに成長――IC Insightsが予測まとめ
IC Insightsが2014年の秋季予測を発表した。それによれば、2014年以降の半導体市場は堅調だが大きな成長は期待できないという。ファウンドリ市場でのシェアの低下に頭を悩ます中国は、今後はファブレス企業の設立に力を入れていくとしている。(2014/9/24)

ビジネスニュース 市場予測:
パワー半導体世界市場、2020年に倍増の294億米ドル規模に
パワー半導体の世界市場は、2013年実績の約143億米ドルに対して、2020年にはほぼ倍増の294億米ドルに拡大する。今後も白物家電や産業機器、自動車分野がパワー半導体の需要をけん引する見通しだ。SiC(炭化ケイ素)やGaN(窒化ガリウム)といった次世代パワー半導体市場は、2020年に約28億米ドル規模と予測されている。(2014/8/5)

ビジネスニュース 市場予測:
ワイヤレス給電の市場規模、5年後は40倍に
業界団体がパートナーシップを組むなど、新たな動きがみられるワイヤレス給電市場。世界での売上高は、2013年から2018年にかけて約40倍になる見通しだ。(2014/3/18)

ビジネスニュース 市場予測:
無線モジュール市場が好調、2014年は2桁成長へ
低消費電力のワイヤレスモジュール市場は、堅調に成長し、2014年の売上高は14億米ドルに達する見込みだ。ワイヤレスモジュールは、設計や認証に関連するコストを減らせることから、幅広い用途で採用が進むとみられている。(2014/3/14)

ビジネスニュース 市場予測:
2014年のタブレット市場、アップルやサムスンは厳しい価格競争に直面
タブレット端末市場の成長は2014年も続くとみられている。アジア太平洋地域や南米では、低価格の製品が続々と投入される見込みで、アップルやサムスン電子は厳しい価格競争にさらされると予想される。(2013/11/29)

ビジネスニュース 市場予測:
NANDメモリ価格、2013年7〜9月は下落傾向に
上昇を続けてきたNAND型フラッシュメモリ価格は2013年7〜9月は下落傾向に転じる。スマホ、タブレット端末などのメーカー各社は、2013年下半期に期待を寄せて二重発注なども行ったが、最終製品の需要は期待ほど伸びない見通しで、その結果、NANDメモリ価格は下落するという。(2013/8/5)

ビジネスニュース 市場予測:
2017年、人類の半数がネットに接続し“ゼタバイト時代”が到来
シスコの調査によると、2012〜2017年に世界のIP(インターネットプロトコル)トラフィック量は2.7倍に増加する。特に、2017年は大きな節目を迎えるという。2017年にインターネットユーザー数は全人口の48%とほぼ半数に達する見通しとなったからだ。また、世界におけるIPトラフィック量は、2017年に固定とモバイルを合算して1.4ゼタバイトに達する。(2013/6/10)

ビジネスニュース 市場予測:
「IoT市場ではIntelとARMがほぼ互角」、IDCが見解を示す
PC市場ではx86アーキテクチャが強く、携帯電話機市場ではARMが強いといった傾向があるプロセッサの世界だが、急速に発展しているモノのインターネット(IoT)市場では、x86、ARMコア、MIPSコアなどがほぼ互角の状況にあるという。(2013/6/4)

ビジネスニュース 市場予測:
IoTの潜在市場は無限大、今後の半導体業界のけん引役に
モノのインターネット(IoT)の市場規模は、計り知れない。インターネットに接続できる機器なら、あらゆるモノが対象になるからだ。Semico Researchは、今後はIoT市場が半導体業界のけん引役になるとみている。(2013/5/22)

ビジネスニュース 市場予測:
きっかけは「Google Glass」、スマートグラス市場は今後5年間で加速
スマートグラスの市場は、今後5年間で大幅に伸びると予測されている。そのきっかけとなるのが、Googleの「Google Glass」だ。ただし、スマートグラスの成功は、ハードウェアそのものよりもアプリ開発にかかっている。(2013/5/16)

ビジネスニュース 市場予測:
2012年Q4の半導体売上高、TIとInfineonは前期比で2桁台の減少へ
2012年第4四半期における半導体メーカーの売上高ランキングの予測を市場調査会社が発表した。TIとInfineonは、上位にランクインしているものの、売上高は2社とも前期比13%減少するとみられる。好調なのはQualcommで、前期比20%の成長を記録する見込みだ。(2012/11/22)

ビジネスニュース 市場予測:
中国のリチウムイオン電池市場、2016年には92億ドルに成長
中国では、鉛蓄電池からリチウムイオン電池への置き換えが始まっていることなどから、リチウムイオン電池市場が急速に成長するという。(2012/8/16)

ビジネスニュース 市場予測:
LED市場の成長が加速、2018年には170億ドル規模に
LED市場は、一般照明用途や液晶ディスプレイ用途の需要に支えられ、成長が加速するという。ただし、より大規模に一般照明に採用されるには、製造コストを現在の1/10まで下げる必要があると、フランスの市場調査会社は分析する。(2012/8/13)

ビジネスニュース 市場予測:
世界アナログ半導体市場、2012年は緩やかに成長
2012年のアナログ半導体市場は、半導体市場全体に比べると、やや緩やかに成長するという。だが、その後は成長率が2桁になるなど、堅調に伸びると予測されている。(2012/8/2)

ビジネスニュース 市場予測:
タブレットの出荷数、2016年にはノートPCを上回る
Appleの「iPad」をはじめとするタブレット端末の出荷台数は、成熟市場でも新興市場でも、堅調に伸びると予測されている。2016年にはノートPCの出荷台数を上回る可能性がある。(2012/7/19)

ビジネスニュース 市場予測:
2012年のタブレット向けOS市場、「iOS」のシェアが回復か
Androidベースの「Kindle Fire」の登場により、タブレット向けOS市場のシェアを一時的に落とした「iOS」だが、2012年には回復するようだ。(2012/5/18)

ビジネスニュース 市場予測:
2012年のアナログIC市場は成長率3%で拡大、モバイル機器がけん引役に
アナログIC市場は今後数年間、堅調に伸びると予想されている。同市場の成長を後押しするのは、携帯電話をはじめとするモバイル機器だ。(2012/5/15)

ビジネスニュース 市場予測:
iSuppliが2012年の半導体売上高予測を上方修正、スマホ/タブレットが市場をけん引
半導体市場は、今後数年間にわたり堅調な伸びを示すようだ。iSuppliは、成長を後押しする主な要因としてスマートフォンとタブレット端末を挙げているが、「Windows 8」が登場して「Ultrabook」の普及が進めば、2013年には、Ultrabookが半導体市場をけん引する可能性もあると指摘する。(2012/5/1)

ビジネスニュース 市場予測:
「2012年に最も半導体を消費するのはインド」、アナリストが予測
インドでは、人々の購買意欲が高まっていることに加え、同国に製造拠点を設ける半導体メーカーも増えている。そのため、携帯電話機やPC、液晶テレビ向けの半導体消費量が大幅に増加するとみられている。(2012/4/12)

ビジネスニュース 市場予測:
太陽電池向けの透明導電膜市場、2016年には3億ドル規模に
太陽電池メーカーの倒産が相次いだり、発電パネルの売上高が減少したりするなど、伸び悩みが続く太陽電池市場だが、薄膜導電膜のサプライヤにとっては明るいニュースもあるようだ。(2012/2/23)

ビジネスニュース 市場予測:
2012年の半導体市場、NANDフラッシュや32ビットマイコンは好調か
IC Insightsが発表した半導体の分野別の成長率予測によると、NANDフラッシュ市場は、スマートフォン/タブレット端末市場の成長を受け、大きく伸びるとみられる。一方でDRAM市場は縮小傾向が続き、ついにNANDフラッシュ市場と規模の逆転が起きそうだ。(2012/2/16)

ビジネスニュース 市場予測:
パワー半導体の世界市場は13年から増加へ、17年には261億ドルまで拡大
矢野経済研究所が発表した市場調査の結果によると、パワー半導体の世界市場は、足元では太陽光発電向け投資の冷え込みや、欧州の債務不安、中国における設備投資の低迷などが続いており、2012年前半は低調に推移するとみられる。その後、2012年後半から緩やかな増加基調に戻り始めると予測される。(2012/1/19)

ビジネスニュース 市場予測:
モバイルクラウドは2016年に450億ドル規模へ、市場調査会社が予測
モバイルクラウドコンピューティングは2011年に形をとり始めたばかりの新しい市場だが、既に急速な成長時期を迎えつつある。モバイルアプリケーション用APIの標準仕様である「BONDI」や「OneAPI」、そしてHTML5の進展によって、同市場に向けたアプリケーションの開発がさらに加速するとみられる。(2012/1/11)

ビジネスニュース 市場予測:
広がり始めたNFCの用途、今後はスマートポスター向けの出荷が急成長
決済サービスに利用するという印象が強いNFCだが、その用途は他の分野にも急速に広まっている。(2011/12/14)

ビジネスニュース 市場予測:
電気自動車がアナログICの需要を後押し、2018年には市場規模が20億米ドルに
電気自動車/ハイブリッド自動車向けのアナログ半導体市場が好調だ。市場規模は2018年には20億米ドルに達するとみられている。アナログICメーカーにとっては、大きなビジネスチャンスが広がっている。(2011/9/2)

ビジネスニュース 市場予測:
照明用LEDが好調、2011年の売上高は前年比20%増に
LED市場をけん引するのは、やはり照明分野である。照明用LEDの売上高は増加の一途をたどるとみられている。2011年には、街路灯用LEDでは中国が、LED電球では日本が、世界最大の市場になるという。(2011/8/30)

ビジネスニュース 市場予測:
2016年にはPOS端末の85%が非接触決済に対応、ABI Researchが予測
非接触決済技術の開発が進み、この分野への関心が高まっている。包括的な非接触決済システムが、日常生活に浸透する日は近いかもしれない。(2011/8/25)

ビジネスニュース 市場予測:
発展途上のフェムトセル市場、 2011年には3億米ドルに成長か
Infonetics Researchが、フェムトセル市場は2011年に3億米ドル規模に、2015年には30億米ドルに成長するとの予測を発表した。Samsung、Ciscoをはじめとするフェムトセルメーカー各社は、製品の開発や顧客の獲得に、積極的に取り組んでいる。(2011/8/23)

ビジネスニュース 市場予測:
アジアと北米の太陽光発電市場、発電量は増加も売上高は横ばい
Lux Researchによると、アジアと北米の太陽光発電市場は、発電量の増加は見込まれるものの、売上高は横ばいだという。また、日本、中国、インドでは太陽光発電による発電量が大幅に増加すると予想されている。(2011/8/17)

ビジネスニュース 市場予測:
スマートフォン成長の陰で、低迷続く単一機能の携帯型電子機器
多彩な機能を搭載するスマートフォンやタブレット端末の売上高が増加する一方、音楽プレーヤやカメラといった、単一の機能しか備えない携帯型電子機器は、今後少なくとも5年ほどは低迷が続くとみられる。(2011/8/4)

ビジネスニュース 市場予測:
「ゼタバイト」抜きにNGNの次は語れない、シスコが描くネットインフラの将来像
インターネットのトラフィックは、2015年までに2010年の4倍に拡大し、2015年時点で年間966E(エクサ)バイトに達するという。1Z(ゼタ)バイトの領域に踏み込む目前だ。シスコシステムズは、こうした予測に基づき、ネットワークインフラのあるべき将来像を描く。(2011/7/4)

ビジネスニュース 市場予測:
LEDドライバ市場は2015年まで年平均12%で成長、ディスプレイが引っ張る
LEDドライバ市場は今後5年間、ディスプレイのバックライト用途で伸びていく。その後はLED照明が牽引役だ。交流駆動LEDドライバには課題があるが、期待も大きい。メーカー別ではTIの動向に注目が集まる。(2011/7/1)

ビジネスニュース 市場予測:
パワートランジスタ市場は2011年に9%成長へ、IC Insightsが予測
パワートランジスタ市場の成長が著しい。2010年に44%成長した後、2015年まで成長し続ける見込みだ。IGBTモジュールと耐圧200V以下のFETが市場全体を引っ張る形だ。(2011/6/27)

ビジネスニュース 市場予測:
DRAMモジュール市場は今後4年間にわたり成長が続く、IHS iSuppliが予測
DRAM市場の成長は着実だ。IHS iSuppliによれば2011年は対前年比10.9%増となる。PCが搭載するDRAMの容量は年率30%で成長する見込みだ。(2011/6/23)

ビジネスニュース 市場予測:
野村証券、2011年の世界半導体市場の成長率予測を4.4%に引き上げ
世界半導体市場の成長率はどの程度になるのだろうか。野村証券の予測は4.4%だ。これは2010年末の予測値から1.3ポイント高い数値だ。同社によれば、アナログ半導体、パワー半導体、メモリの一部が成長率を引き上げるという。(2011/6/10)

ビジネスニュース 市場予測:
あらゆる機器に無線LAN、iSuppliが予測
無線LANはノートPCなどからまず普及が始まった。2011年には携帯電話機への採用が増え、その後さまざまな家電へと広がっていくという。(2011/4/22)

ビジネスニュース 市場予測:
半導体市場は2013年まで9%の年平均成長率を維持、インドの市場調査会社が予測
インド、英国、米国の市場調査会社の予測によると、プロセッサやメモリを中心とした半導体市場は、2013年まで9%以上の年平均成長率を維持する見込みだ。(2011/4/19)

ビジネスニュース 市場予測:
2011年の半導体設備投資額、SEMIが予測を上方修正
半導体関連の業界団体であるSEMI(Semiconductor Equipment and Materials International)は、半導体製造装置の設備投資額予測を上方修正したと発表した。(2011/3/11)

ビジネスニュース 市場予測:
2010年に成長する半導体の製品分野はこれだ
米国の市場調査会社であるIC Insights社は、半導体部門別の成長率を予測した。28分野のうち、成長率がマイナスになるのはROMとEPROMの2分野のみだという。(2010/8/22)

ビジネスニュース 市場予測:
2010年のエレクトロニクス市場、7分野に関する予測(半導体製造装置・太陽電池)
2009年末から2010年にかけて、エレクトロニクス関連市場はどうなるのだろうか。各市場のアナリストによる7つの分野に関する予測のうち、2つの分野、半導体製造装置と太陽電池に関するものを紹介する。(2009/11/12)



Windows 9と噂されていた次世代Windowsの名称は、1つ飛ばしてWindows 10に決まった。発売は2015年後半を予定。タッチU/Iの取り込みに苦労しているWindowsだが、高速起動など基本的な面での改善もバージョンを経るごとに進んでおり、文字通り世界レベルでの影響を持つリリースになる。

音楽CDを超える音質を持つデジタルオーディオデータ、略して「ハイレゾ」。その再生に対応した機器が増加しており、対応したスマホの増加などを機に、今後更なる注目の高まりも期待される。

ソフトバンクモバイル初のXperiaシリーズとして発売が決まり、3キャリアが揃って取り扱う人気機種となった。モバイル事業で減損が発生するなど不調が伝えられるソニーであるが、グローバルスマホ市場での生き残りに向けて、これからが正念場だろう。

All material on this site Copyright © 2005 - 2013 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.