「センシング技術(エレクトロニクス)」最新記事一覧

スマートシティ:
グーグルやダッソーがスマートシティに参入、街を丸ごと仮想化する時代に
“街丸ごと”を仮想空間上で再現し、コンピュータの力で最適な分析を行い、制御を行う「スマートシティ」への取り組みが本格化しつつある。米グーグルが新たに新会社設立を発表した他、フランスのダッソーシステムズもシンガポールで共同開発を始めることを発表した。(2015/6/19)

新技術:
あなたの知らない「音」の世界、体に起こる不思議な反応
体に起こる自然な反応を利用して、聞こえに関するさまざまな情報を得る――NTTコミュニケーション科学基礎研究所の研究成果だ。被験者の回答に頼らない新しい手法を利用した3つの研究成果を紹介する。(2015/6/5)

製造ITニュース:
東芝とマイクロソフトがIoTで提携――まずは物流で形に!
東芝とマイクロソフトはIoTソリューションにおいて提携することを発表した。まずは物流ソリューションを形にしていく方針。(2015/6/3)

新規材料:
数百万回伸び縮み、「発電ゴム」はセンサーにも向く
リコーは2015年5月18日、圧力や振動を加えると高出力で電気を生み出す「発電ゴム」を開発したと発表した。100μm程度の薄膜であり、加工性に優れるため、センサーやIoT向けの環境発電用材料などの用途を見込むという。(2015/5/19)

良い商品を力いっぱい提供する:
使いやすさの革新で差別化――富士通2015年スマホ・ケータイ夏モデル発表会
富士通が2015年に発売する携帯電話の新商品発表会を開催。東芝の担当者によるTransferJetの説明や、アップアップガールズ(仮)のトークショーも行われた。(2015/5/18)

ビジネスニュース 企業動向:
amsが東京にデザインセンター新設、ASICの設計体制を強化
amsは、センサーソリューション・デザインセンター(以下、東京デザインセンター)を東京都内に新設し、本格的に業務を開始した。顧客の要求を反映したASICやアナログICの設計体制を一段と強化する。(2015/5/14)

企業のIoT活用を阻む“3つの障壁”
富士通がIoT機器向けに、センシングモジュールとデータを分析するミドルウェアのパッケージ「ユビキタスウェア」を発売した。このユビキタスウェアは、企業がIoT活用をためらう「3つの障壁」を解決するソリューションだと同社はアピールしている。(2015/5/12)

センシング技術:
リコーの色素増感太陽電池とマクセルのラミネート電池を採用した環境発電センサー端末
アルティマは2015年5月11日、リコー、日立マクセルと共同で、電池交換の必要のない温湿度や照度などを情報を取得するワイヤレスセンサーネットワーク端末を開発したと発表した。(2015/5/11)

センシング技術:
UV/VIS感度に最適化したイメージセンサー、タワージャズのプロセスで製造
Gpixelは、高UV感度と低暗電流を実現した裏面照射型(BSI)sCMOSイメージセンサー「GSENSE400-BSI」を発表した。この製品はタワージャズのTS18ISプロセスを使って製造した。(2015/4/27)

MEDTEC Japan 2015開催直前情報:
IC内蔵基板で培った超小型化技術で実現、ヘルスケア向けBluetooth LEモジュール
TDKは「MEDTEC Japan 2015」で、ヘルスケア用ウェアラブル機器向けに、超小型Bluetooth Low Energy(Bluetooth LE)モジュールや非接触給電コイルなどを展示する。(2015/4/21)

センシング技術:
体の熱や動きで駆動するウェアラブル医療モニター、米研究チームが開発に本腰
米国の研究チームは、環境発電(エネルギーハーベスト)を利用するウェアラブル医療モニターの開発を進めている。体温や身体の動きを利用してフレキシブルセンサーを駆動し、生体信号をモニタリングすることを目指すという。(2015/4/15)

ワイヤレスで行こう!:
2015年のBluetoothヘッドフォン&イヤフォン、トレンド予測総まとめ
今回の連続レビュー企画では、いま注目のワイヤレスヘッドフォン/イヤフォン5機種を紹介してきた。ここでひとまず、現在のトレンドをまとめて整理してみたい。(2015/4/14)

センシング技術:
細菌から超高感度の湿度センサーを作る、グラフェン量子ドットの利用で
米イリノイ大学が、細菌の胞子を高感度の湿度センサーに応用できる技術を開発した。胞子をグラフェン量子ドットで被膜するというもの。冬眠状態の細菌が、湿度の変化に敏感に反応するという性質を利用している。(2015/4/7)

センシング技術:
顧客が困っているから――リニアテクノロジーが温度センサー特化型マイコン!?
リニアテクノロジーは、同社製品として初めてCPUコアを搭載したICとして、あらゆる温度センサーのアナログ入力をデジタル温度データ化して出力する「LTC2983」を発売した。(2015/4/2)

センシング技術:
ウェアラブルセンサーとスマホを活用したタクシー運行支援システムを試験運用
東芝情報システムと川崎タクシーは2015年3月、ウェアラブルな生体センサーやスマートフォンを利用したタクシードライバーの健康管理、安全運転支援を行うシステムの試行プロジェクトを実施したと発表した。(2015/3/27)

センシング技術:
小型イメージセンサーで大型並みの画質を取得する技術「無限高画質」を発表――東芝
東芝は、スマートフォンなどに搭載される小型のイメージセンサーでも、大型イメージセンサー並みの高感度でノイズの少ない画質を取得する画像処理技術を開発したと発表した。(2015/3/17)

センシング技術:
MEMSセンサーがバッティング練習を劇的に変える!?――ミズノがバットスイングを数値化するシステムを開発
ミズノは、セイコーエプソンのセンサーを用いてバットスイングを解析するシステム「スイングトレーサー」を開発し、2015年5月9日から発売すると発表した。(2015/3/17)

センシング技術 無線タグ:
通信距離400m! 電池を入れるだけで動く25mm角のIoT向け無線タグ
東京コスモス電機は2015年3月13日、コイン電池を入れるだけで、すぐに使える無線タグ「TWE-Lite-2525A」(トワイライトニコニコ)を発売する。加速度センサーを備え、モーションモニターや開閉モニター用端末として使用できる。(2015/3/12)

センシング技術:
“あえて低解像度”の映像で人の流れを認識、プライバシー保護で
富士通研究所は、監視カメラで撮影した低解像度の映像から、人の流れを認識することができる技術を開発した。この技術を活用することで、個人のプライバシーを侵害せずに、街中や施設内などにおいて、避難誘導や混雑解消などを容易に行うことが可能となる。(2015/3/9)

PR:エネルギー新時代の課題に素早く対応するオムロン、ポストFITにおけるエネルギー効率の最大化を提案
エネルギー市場を取り巻く環境は、昨今、急激な変化を迎えている。国は2015年1月、再生可能エネルギー特別措置法施行規則の一部を改正。電気の需要に対して供給が過剰にならないよう、出力制御のルールを改めた。今後、詳細条件が定まっていく。そして、2015年6月末には固定価格買取制度(FIT)における太陽光発電のプレミア価格での買取期間が終了する予定だ。さらには現在、高圧で認められている電力小売が2016年には住宅が利用する低圧までとなる電力小売の全面自由化が始まる。オムロンは、こうしたエネルギー市場の変化への対応を可能にするソリューションを、業界に先駆けて用意し、「第5回 国際 スマートグリッドEXPO」で紹介した。(2015/3/9)

センシング技術:
100人のクルマ通勤者が協力、ボルボが自動運転の実験を一般道路で実施
Volvo Cars(ボルボ)がスウェーデンで、自動運転の実証実験プロジェクトを発表した。100人のクルマ通勤者が参加する見込みだという。ボルボは自動運転車を大都市で導入すべく、一歩一歩進んでいるようだ。(2015/2/25)

センシング技術 タッチセンサー:
同時にカラフルな書き込みができる電子黒板向け静電容量式タッチパネル
シャープは2015年2月、電子黒板などに用いる大型タッチパネルシステムとして、複数の手書きペン(スタイラス)を用いて、色や太さの異なる文字や線を同時に記入できる技術を開発したと発表した。(2015/2/24)

IoT:
スマートホームだと「お父さん今日のご飯何がいい?」とか聞かなくてもいい
三菱電機は研究成果披露会でスマートホームコンセプトを展示。センシング技術の活用により、「ココロとカラダ」の状態変化を家族で共有し、日々の生活のサポートとコミュニケーション機会の創出を実現するという。(2015/2/20)

センシング技術:
「路面凍結に注意!」 クルマ同士が道路情報をクラウドでシェア
Volvo Cars(ボルボ)は、V2X(車車間)通信とクラウドベースのデータ保存/処理を組み合わせるプロジェクトを進めている。凍結など路面の情報を、クラウドを介して他の自動車とシェアできるシステムだ。同プロジェクトに参加する自動車は、現在1000台にまで上っている。(2015/2/18)

センシング技術:
スマホで手軽にインスタンスサーチできる技術――NTT
NTTは2015年2月、3次元の物体をどの角度から撮影しても、高精度にその物体を認識、検索できる「アングルフリー物体検索技術」を開発した。(2015/2/16)

センシング技術:
広い地下街、磁場のゆがみ……そんな東京駅でも迷わない、屋内測位技術を公開
CSRの屋内測位技術「SiRFusion」は、Wi-Fi信号やGPSの情報、加速度センサー/角速度センサーなどを組み合わせて屋内外の測位を行うシステムだ。新たにインフラを設置しなくても、既存のもので対応できるのが最大の特長となっている。(2015/2/13)

ランニングのお供に:
ソニー、ヘッドフォン一体型のスポーツデバイス「Smart B-Trainer」を3月7日に発売
耳に装着して走行ログを取ったり、楽曲を自動で選定したりしてくれるヘッドフォン一体型の「Smart B-Trainer」が日本で3月7日に発売される。価格は2万7000円前後。【17:53更新】(2015/2/12)

センシング×住宅:
普通の家に200個のセンサーがあったらどうなるか
築17年。千葉県野田市のリフォーム済み中古住宅。この普通の2階建てに、200個のセンサーがあったら生活はどう変わるか。 LIXILの考える「住生活の未来」の一部が紹介された。(2015/2/5)

未来のキッチンはどうなっているのか:
IoT機器が料理を変える? スマート調理器具が続々登場
ヘルスケア/フィットネス分野で普及が始まっているモノのインターネット(IoT)機器が、キッチン家電にも浸透し始めている。(2015/2/5)

センシング技術:
NEDOの考える“本当に使えるセンサー”
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)とNMEMS技術研究機構(以下、NMEMS)は2015年2月4日、「グリーンMEMS(微小電気機械システム)センサー」を開発し、同センサーを用いたエネルギーマネジメントシステムの実証実験を行った結果、10%以上の省エネ効果を確認したと発表した。(2015/2/4)

センシング技術:
大歓声の中でもシュート音やバッティング音を拾う音声処理技術
NTTは2015年1月、歓声に埋もれたスポーツの競技音をクリアに抽出する音声処理ソフトウェア技術「ターゲットマイク技術」を開発したと発表した。(2015/1/28)

オートモーティブワールド2015 基調講演リポート:
自動運転、コネクテッドカー、進化型HMI――カーエレがクルマを革新する
「オートモーティブワールド2015」基調講演にVolkswagenの電子・電装開発部門 専務を務めるVolkmar Tanneberge氏登壇。同氏は「オートモーティブエレクトロニクスの革新」をテーマに同社のカーエレクトロニクスに関する技術開発への取り組みを紹介した。(2015/1/23)

センシング技術:
ドライバーの眠気を脈波で感知、デジタコとの連携で交通事故を防ぐ
富士通は、ドライバーの眠気を脈波で感知するウェアラブルセンサーを発表した。耳に装着し、眠気を検知するとアラートが出る仕組み。運行管理システムと連携させることで、運行管理者がドライバーの状態をリアルタイムで確認することができるようになる。(2015/1/19)

センシング技術:
宙に描いた文字を認識、指輪型デバイスで点検作業がペン要らずに
富士通研究所は、工場やビルの点検といった用途向けに、重さが10g以下の指輪型ウェアラブル機器を開発した。空中に指で描いた文字を認識し、作業を中断しなくても数字などを入力できるようになっている。2015年中の実用化を目指す。(2015/1/13)

ウェアラブル:
文字通りのウェアラブル、人の動きを検知する繊維
帝人は関西大学と共同で、動きを生地でデータ化する「圧電ファブリック」を開発した。着用するだけで、動きをデータ化する事が可能だ。(2015/1/9)

医療機器ニュース:
次世代製品と差異化技術を研究開発するヘルスケア開発センターを開所
東芝は、次世代製品の開発と中長期の差異化技術の研究開発を行う拠点として、「ヘルスケア開発センター」を開所。合わせて、ヘルスケア事業の国内外の研究開発人員を増員するなど、ヘルスケア分野の研究開発体制を強化する。(2015/1/9)

「先を読む」予測分析力をビジネスの最前線に:
PR:ビッグデータは製造現場で分析・判断できる時代に突入した
データの中から何か役に立つ情報を見つけることは、目新しいことではない。自分のPC上でデータをグラフ化して、傾向や状態を可視化するのは、誰でも経験があるのではないだろうか。近年取りざたされる「ビッグデータ」は、単にデータ量が桁違いに膨大であるということだが、それゆえに得られる情報も無限に近い。今、その巨大な情報源を製造業の現場でも扱えるソリューションが、日本アイ・ビー・エムと日立ソリューションズ東日本のコラボによって提供されている。(2014/12/25)

クイズで振り返る2014年のエレクトロニクス業界(3):
エレクトロニクス業界をけん引するIoT
2014年のエレクトロニクス業界のニュースをクイズ形式で振り返る年末企画。第3弾は、モノのインターネット(IoT)についてです。(2014/12/17)

ビジネスニュース 企業動向:
半導体メーカー上位10社入り目指す、オンセミの戦略
ON Semiconductor(オン・セミコンダクター)は2014年12月9日、記者説明会を都内で開催し、「IDM(垂直統合型)の半導体メーカーとして現状世界13位のポジションを、トップ10入りさせることが中期的なゴール」(同社)とし、事業規模拡大に向けた事業戦略を明らかにした。(2014/12/10)

センシング技術:
バクテリアから生まれた光センサー、人工網膜に利用できる可能性も
情報通信研究機構(NICT)は、「NICTオープンハウス2014」でバクテリアの膜タンパク質を使った光センサーを紹介した。このようなバイオ素材は人体との親和性が高いので、半導体では難しい応用例などが生まれる可能性がある。(2014/11/28)

ジェスチャでドアを開ける、電気を付ける……:
“未来のスマートカー”はこうなる、ジャガーがコンセプトを発表
Jaguar Land Rover(ジャガー・ランドローバー)は、プリンテッドエレクトロニクスの展示会で、さまざまな機能を搭載した、“未来のスマートカー”についてコンセプトモデルの概要を発表した。(2014/11/25)

センシング技術:
呼気で病気を診断、米大学が開発
米国の大学が、医療診断向けの呼気分析装置を開発した。呼気には約1000種類の化合物が極めて低い濃度で含まれているので、その中から特定の呼気バイオマーカーを検知するという。(2014/11/18)

ものづくりNEXT↑2014:
設備の稼働も保全もエネルギーもクラウドで一括管理! 富士電機の新サービス
富士電機は「ものづくりNEXT↑2014 メンテナンス・テクノショー」に出展し、新たに発表した設備管理を総合的に支援する「統合クラウドサービス」のアピールを行った。2015年度から展開を開始する。(2014/11/17)

タイヤ技術:
タイヤを最後の最後まで使い切るセンサー技術、ブリヂストンが開発
ブリヂストンは加速度センサなどを利用して、タイヤの摩耗具合を検知できる新技術を開発したと発表。同社が開発を進めているタイヤセンシング技術群「CAIS(カイズ)」のコンセプトに基づくもので、商用車で行われているタイヤのローテーション時期の把握などが可能になるという。(2014/11/14)

製造ITニュース:
富士電機、設備のライフサイクルを支援する統合クラウドサービスを開発
同社のEMSサービスを用いた「エネルギー管理/省エネ制御支援」に、新たに設備の「稼働監視」「保全支援」機能(サービス)を追加し、統合クラウド基盤で一体化した。(2014/11/14)

センシング技術:
ノーマリーオフ動作で「消費電力世界最小」のウェアラブル生体センサー実現
ロームは2014年11月、神戸大学と共同でノーマリーオフ動作のウェアラブル生体センサーを開発し「世界最小の消費電力を達成した」(ローム)と発表した。同センサーは、心拍を6μAの消費電流で検知できる他、通信機能も備える。(2014/11/11)

産業用画像技術:
キヤノンが狙う“産業の目”、カメラや事務機で培った技術力を製造ラインへ
キヤノンは2014年4月に参入した3Dマシンビジョンシステムの動向について記者説明会を開催した。2017年までに年間300台の販売台数を目指す。(2014/11/6)

MM総研、2014年度上期の国内携帯電話端末出荷概況を発表――過去最低の1578万台
MM総研は、2014年度上期における国内の携帯電話端末出荷概況について発表。今回は統計調査開始以来、過去最低となる1578万台となった。(2014/10/30)

センシング技術 イメージセンサー:
ソニー、闇夜でもカラー撮影できる「世界最高感度」の車載イメージセンサーを製品化
ソニーは2014年10月、闇夜に相当する低照度0.005luxの環境でも高画質なカラー映像の撮影が行える車載カメラ向けCMOSイメージセンサー「IMX224MQV」を製品化したと発表した。ソニーでは、1/3型サイズでHD以上の解像度を持つイメージセンサーとして「世界最高感度を実現した」としている。(2014/10/16)

CEATEC 2014:
オムロンが「卓球ロボット」で訴えたかったもの
「CEATEC JAPAN 2014」で大きな注目を集めているオムロンの「卓球ロボット」。ロボットそのものを製造しているわけではないオムロンが、なぜ卓球ロボットを出展したのだろうか。卓球ロボットが製造技術にもたらす価値について考察する。(2014/10/10)



国民ひとりひとりに番号を割り当てて行政手続きに利用する電子化施策。一般企業も行政とのやりとりのために、従業員やその家族のマイナンバーを把握・管理しなければならず、2016年1月のスタートに向けて対応が本格化している。

テレビ等のHDMI端子に差すだけで使えるスティック型のPC。マウスコンピューターのm-Stickの登場以降、各社から同様の製品が発表されており、Lenovoも提供を決めるなど注目が高まっている。

ヤフオクが強いC2C分野だが、スマホでは新興のフリマアプリも存在感を持っている。ネットオークションの独特の作法からは距離を置いた、シンプル/直観的な使い心地が女性に好まれているようだ。

All material on this site Copyright © 2005 - 2015 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.