金融危機 に関する記事 金融危機 に関する質問

「金融危機」最新記事一覧

もはや為替の問題ではない:
増えない国内工場、新規工場立地はリーマンショック以降ずっと低水準
経済産業省が公表した工場立地動向調査によると、2013年(平成25年)の工場立地件数は前年比1.5倍以上の高水準となったものの、その大半がメガソーラーなどを中心とした電気業という状況となった。(2014/4/1)

藤田正美の時事日想:
2014年、欧州の金融危機は起こるのか
中国、中東とともに2014年は欧州の金融政策に注目が集まる。欧州中央銀行がユーロ圏の銀行を一元管理するようになったが、欧州圏全体で財政を統一し、そして富の再配分を完成させるまでには長い時間がかかるためだ。(2014/1/15)

企業のIT投資意欲は5年ぶりの高水準に――ITR調べ
ITRによると、2013年度にIT予算を増額すると答えた企業は3割を超え、リーマンショックのあった2008年度以来5年ぶりの高い水準になった。(2013/12/3)

伊吹太歩の時事日想:
資産1000億円以上の億万長者は世界に2170人――日本人は33人
2008年のリーマンショック以降、世界の経済はなかなか不安定な状況から抜け出せないでいる。それでもカネというものは、あるところにはある。しかもたっぷりと。(2013/11/21)

1ドル=70円台でも利益を出す:
リーマン、リコール、震災……北米トヨタを鍛え上げた「修羅場の4年間」
2008年秋のリーマンショック、米国での大規模なリコール問題、そして東日本大震災。平成21(2009)年6月の就任以来、豊田社長にとってこの4年間はまさに修羅場の連続だった。(2013/10/23)

相場英雄の時事日想:
中国のバブルが弾ける? 巨大リスクが日本を襲う日
中国経済が不穏な動きを見せている。先週までに、中国の短期金融市場の指標金利が急上昇し、あわやバブルが弾け飛ぶとの懸念も出ていたのだ。米国発のリーマンショックよりも、中国問題の根っこは深いかもしれない。(2013/7/4)

藤田正美の時事日想:
中国経済にちらつく第2の“リーマンショック”の影
中国のシャドーバンキングによる「信用バブル」が叫ばれ、銀行間の短期金利が乱高下している。もし中国経済がこの問題で一時的であれ停滞することになると、アベノミクス効果はたちまち打ちのめされるだろう。(2013/7/3)

博報堂・吉川昌孝のデータで読み解く日本人:
ほんとに景気はよくなるの? 生活者意識から考えた、景気回復のツボ
アベノミクス効果などもあって、日経平均株価が今年3月、リーマンショック前の水準に戻りました。株価についてはダイナミックな動きが続いていますが、生活者の景気意識はどうなんでしょう?(2013/6/10)

転職成功事例:
製造業の品質保証を一貫した2度の転職
1社目の会社が倒産し、やむを得ず転職することになった青木さん。けれど、2社目の勤め先もリーマンショックにより急速に業績が悪化。倒産してから活動を開始した1回目の転職の経験を生かし、2回目の転職活動は早め・慎重に臨みました。(2013/5/16)

ITサービス市場が4年ぶりにプラス成長――IDC予測
2008年の金融危機以降、マイナス成長が続いた国内ITサービス市場は2012年にプラスに転じた。(2013/3/5)

国内時計市場は拡大するも、リーマンショック前の水準には及ばず
矢野経済研究所の「国内時計市場に関する調査」によると、2011年の市場規模は前年比9.4%増の5000億円と、2年連続で成長したことが分かった。しかし、腕時計市場は好調だったが、置時計市場は前年の水準を下回っていた。(2013/2/21)

PR:IT求人市場はリーマンショック以降最高に IT多様化の時代、「エンジニアの生きる道」は
景気動向は不透明な状況だが、IT業界ではエンジニアの採用マーケットが活況を呈している。エンジニアにとってチャンスだが、「エンジニアの生きる道」の多様化もあり、自分のキャリアをよく見つめる必要もある──キャリアコンサルタントから見える「エンジニアの今」とは?(2012/11/22)

約7割の企業が「人材不足を感じている」――第二新卒の採用は?
リーマンショックや東日本大震災で悪化した企業の業績も徐々に回復傾向にあるが、人材不足を感じている企業はどのくらいあるのだろうか。マイナビが行った調査によると……。(2012/11/13)

選べる自分か、選びにいく自分か――選択力を身に付けよ
リーマンショック以来、国内の求人・雇用情勢が一変している。仕事を「選べる人」になるのか、「選びにいく人」になるのかで、キャリア・人生は天地雲泥の差が出る。(2012/10/12)

アニメビジネスの今:
5年ぶりに制作分数が増加、レポートから見るアニメ業界の現状
リーマンショック以降、4年連続で減少していたテレビアニメの放映分数。しかし、このほど発表された「アニメ産業レポート2012」によると、2011年は増加に転じたという。今回は「アニメ産業レポート2012」の内容を詳しくお伝えする。(2012/9/25)

NEC、シャープ……早期退職者募集数はリーマンショック時の水準に
東京商工リサーチの調査によると、2012年に希望退職や早期退職者募集の実施を情報開示した上場企業は、8月30日までに50社に達し、2011年の58社を上回る水準で推移していることが分かった。(2012/9/3)

企業の情報セキュリティ投資は拡大基調に――IDC調査
リーマンショック以降に減少傾向にあった投資が増加に転じる見込み。クライアントPCやファイルサーバでのセキュリティ被害が多いことも分かった。(2012/6/28)

藤田正美の時事日想:
緊縮財政か成長戦略か、欧州が問われる選択
G8サミットで、欧州発の金融危機に対して、「緊縮一辺倒だけでなく、成長戦略も重視せよ」というメッセージを出したオバマ大統領。とはいえ、下手に金融を緩和し、財政支出による景気刺激策を取ればハイパーインフレを招く可能性もある。(2012/5/21)

IFA GPC 2012:
スマートテレビに3Dテレビ、そして白物――2012年の注目分野
欧州の金融危機や日本メーカーの難しい状況。家電を取り巻く環境は厳しさを増しているように見えるが、今年のIFAは過去最大規模となり、日本からの出展も増えるという。なぜか。(2012/4/20)

転職理由、会社の業績より個人の希望を挙げる人が増加
リーマン・ショック後はしばらく冷え込んだ転職市場。現在の転職希望者にその理由を尋ねると、「他にやりたい仕事がある」「幅広い経験・知識を積みたい」「U・Iターンしたい」の割合が2年前より増加していた。(2012/3/7)

知っておきたいニュースな言葉:
4人に1人が働けない時代に? 大学生の就職率
リーマンショック後、学生の「就職難」が続いています。大学生の約4人に1人が就職できない状況となっていますが、内定をもらえた学生ともらえなかった学生の間に、どのような違いがあるのでしょうか?(2012/3/7)

田中克己の「ニッポンのIT企業」:
遠隔地を結ぶ仕組みで新市場を創出 ブイキューブ
企業がコスト削減に躍起になったリーマン・ショック以後、ブイキューブではWeb会議やオンラインセミナーなど「ビジュアルコミュニケーション」システムへの引き合いが増大した。「コミュニケーションがさまざまな問題を解決する」と間下社長は意気込む。(2012/3/1)

ソーシャル時代の時間管理術:
効率や能率だけの追求から、効果を評価する時代に
リーマンショックや東日本大震災は、日本人の価値観に大きな変化をもたらしました。タイムマネジメントの概念からも、能率や効率ではなく効果が求められる時代になるでしょう。(2012/2/2)

欧米は日本バブル崩壊の轍を踏むか?――日銀・白川総裁が語る世界経済の未来
欧州債務危機が深刻化し、「日本のように失われた10年を経験することになるのか?」とささやかれるようになっている。日銀の白川方明総裁は1月10日の講演で、リーマンショック後の欧米経済と、バブル崩壊後の日本経済には類似点があると指摘。欧米が日本と同じ道を歩まないようにするためのポイントを解説した。(2012/1/24)

NIDays 2011 開催リポート:
PR:基幹技術が出そろった電気自動車、その近未来像
かつてモノづくり立国として世界をリードした日本が、リーマンショック、そして東日本大震災により、製品製造の見直しを余儀なくされている。そんな中、工業製品は、便利・安いといった「機能的価値」にとどまらず、顧客にとって特別な意味をもたらす「意味的価値」の創造が求められる。(2012/1/23)

投資4コマ漫画『カブ・ジェネレーション』:
格付会社が世界から必要とされるためには?
不定期土曜連載でお送りしている『カブ・ジェネレーション』。フランス国債を格下げした格付会社。リーマンショックの時にも格下げで痛手を被ったあずさですが……。(2012/1/21)

エレクトロニクスエンジニア給与/意識調査 2011年:
日本の平均年収は717万円と微増、転職志向はやや軟化
EE Times Japanが毎年実施している「エレクトロニクスエンジニア給与/意識調査」。2011年10月に実施した最新の調査結果を報告する。年収の平均は、リーマンショック後の2009年に大幅に落ち込んだものの、2010年は微減にとどまっており、今回ついに増加に転じた。(2011/12/9)

特別対談 米倉誠一郎×SAPジャパン:
PR:知の融合と超リアルタイム化が次なるイノベーションを生み出す
バブル崩壊やリーマンショックがもたらした「失われた20年」の中、業績の回復に必死で取り組んできた日本企業。だが、総じて十分な成果を得られておらず、日本企業から自信まで失われつつあるように見える。日本企業が復活を遂げるためには果たして何が求められているのか。一橋大学イノベーション研究センター長の米倉誠一郎教授と、SAPジャパンでリアルタイムコンピューティング推進本部長 兼 Co―Innovation Lab Tokyo担当を務める馬場渉氏の対談から日本の進むべき道を探る。(2011/11/17)

IBM Information On Demand 2011 Report:
金融危機を読みきったビジネスアナリティクス
「ビッグデータ」の中核となるべき製品群をラインアップする、IBMソフトウェアブランドの年次カンファレンスが開幕した。(2011/10/25)

マイクロモノづくり 町工場の最終製品開発(14):
A-1グランプリ王者、語る。実はオイシイ農機具ビジネス
農家にリーマンショックは関係なかった。経済不況下の町工場がニッチなニーズに目を付けて、農機具ビジネスに乗り出した。(2011/10/21)

知っておきたいASEAN事情(4):
“東南アジアの大国”インドネシア国内市場の成長は本物?
リーマンショックの影響も少なく安定して成長を続けるインドネシア。2億超の国内市場は魅力的だが、近年、成長のエンジンが変質しつつある。この国を拠点とする際のカントリーリスクとは?(2011/10/12)

若手社員の5人に1人が副業、リーマンショック時より減少
本業の稼ぎを補う副業。若手社員の20.1%が副業を行っているが、景気の回復などによってその割合は2年前より10.7ポイントも減少しているようだ。インテリジェンス調べ。(2011/9/28)

藤田正美の時事日想:
覚悟しなければいけない……次の“金融ツナミ”に
欧州が金融不安で揺れている。米格付け会社S&Pが、イタリア国債の格付けを引き下げたからだ。もしイタリアが債務不履行という事態に陥れば、世界経済への影響はリーマンショックどころではないだろう。(2011/9/26)

メディアとWebと人材と:
リーマンショック後、転職マーケットで起こったこと
リーマンショック後、転職マーケットは急激に冷え込み、人材業界大手ではリストラが進み、求職者も書類選考さえ簡単に通過できない状況となった。数億円規模の事業を立ち上げるなど、誰もがうらやむような経歴の持ち主でも転職には苦労したようだ。(2011/7/20)

リーマン・ショック時ほどは減らない!?――JTB夏休み旅行動向調査
JTBは「2011年夏休み(7月15日〜8月31日)の旅行動向」見通しを発表。総旅行人数は前年比2.8%減の7458万人と2年ぶりに減少、特に海外旅行人数は同5.8%減の228万人と大きく減少すると予測した。東日本大震災の影響で、地域によって予約状況は異なっているようだ。(2011/7/5)

管理職の評価基準はコロコロ“変える”べき
経営のスピードが早くなっているだけでなく、リーマン・ショックや東日本大震災など経営にかかわる大きな出来事も頻発している昨今。そんな状況に対応するために、管理職の評価基準は常に変化させるべきだと筆者は説く。(2011/6/29)

「米国も日本も、SMB企業が抱えるIT課題は似ている」――現地SIerが語る
米国のSMB企業中心にSI事業を手掛けるDSNのケビン・ワイス氏は、「リーマンショック以後、下降していた投資意欲は回復基調」と見ているという。(2011/4/15)

藤田正美の時事日想:
中国、要注意だ
中国経済の勢いに“黄色信号”が点滅している。2008年のリーマンショックのときは大規模な財政資金の投入で大きな落ち込みはなかったが、今後は中国の「構造的な問題」に悩まされそうだ。(2011/2/21)

藤田正美の時事日想:
数字で見る、ドイツの強さと弱さ
リーマンショック以降、四苦八苦している国が多い中、ドイツの“強さ”が目立っている。2010年の成長率は3.6%と、G7(先進7カ国)の中でもトップクラス。なぜドイツ経済はこれほど堅調なのか。数字を見て、強さと弱さを分析してみた。(2011/2/14)

東京の中小企業で働く人の、給与はいくら?
東京都にある中小企業で働いている人の給与はいくらくらいなのだろうか。従業員300人未満の会社に聞いたところ、前年よりやや増加したものの、リーマンショック前の水準には回復していないことが分かった。東京都調べ。(2010/12/24)

苦しいときこそ雇用を増やす!? 逆説的「職場術」とは
世界的な金融危機に端を発した景気の低迷は、ボディーブローのように日本の職場にダメージを与えている。コスト削減の矛先が雇用に向けられ、多くの職場が不安定になっているからだ。ワーク・ライフバランスの小室社長は、「多様性や、仕事と私生活の相乗効果によって職場の問題を解決し、ビジネスの成果に結び付けていこう」と話す。(2010/12/16)

11月の新車販売台数 減税終了でリーマンショック後の水準を3カ月連続で下回る
日本自動車販売協会連合会は、11月の新車販売ランキングを発表、トヨタ自動車の「プリウス」が前年同月比20.2%減の2万1400台で19カ月連続のトップとなった。エコカー減税終了の反動が前月に続いて出ており、11月の新車販売台数は前年同月比30.7%減の20万3246台と、リーマンショック後の2008年11月の水準も下回った。(2010/12/6)

金融業界で働く人が、転職したい金融機関はどこ?
リーマンショック後に転職または離職しましたか? 金融業界で働いている人に聞いたところ、「転職した」が25%、「転職活動中」が29%であることが分かった。日経HR調べ。(2010/10/22)

「トヨタ、残業解禁へ」のウラにあるもの
トヨタ自動車の人材育成を目的とした残業解禁の記事が、ある日の日経のトップを飾った。こんな当たり前のことがニュースになるのは、それはさすがトヨタ、日本へのインパクトの大きさからか。だが、そもそも一律残業禁止などおかしな話が出るのは、金融恐慌のせいだけではなく、企業の支出やコストに対する誤った考えがあるからではないだろか。(2010/10/1)

“働けない世代”が再生産されるかもしれない
バブル経済崩壊後、ロスジェネ世代と呼ばれる若者が“働けない”ことで苦しんだ。そしてリーマンショック後、若者は再び就職難に陥ることで、第2のロスジェネ世代になる可能性が出てきた。(2010/9/17)

OSS普及推進団体「オープンソースビジネス推進協議会」
もう止められない「オープンソースソフトウェア」の流れとその活用法
リーマンショックからの回復基調にある昨今、オープンソースソフトウェアへのシフトが急速に始まっている。しかし、単にコスト削減にとどまらず「企業の競争力を強化する」効果については意外と知られていない。(2010/9/30)

情報マネージャとSEのための「今週の1冊」(6):
1社単独のビジネスでは、先は見えている
世界規模でスピーディに市場環境が移り変わる中、リーマンショックにも負けず、堅実に成長路線を歩み続けている企業も存在する。「場」を提供することであらゆるニーズに答え続ける彼らの戦略には、業種を問わず学ぶべき部分が多い。(2010/8/10)

JALが教えてくれる「業績低迷後のコスト削減は焼け石に水」
リーマンショック以降の不況に対して、各社はコスト削減で生き残りを図ってきた。最近になり、景気底打ちの声も聞かれ、「よしコスト削減は終わった。これからは攻めだ」と考える経営者も多いかもしれない。しかし実はそうした考えは誤りで、「攻めの時こそコスト低減の時である」ということを、会社更生手続き中の日本航空をケースに学ぶ。(2010/7/30)

停滞の後の成長、2010年は法人市場が面白い――NTTドコモ 真藤氏に聞く
コンシューマー市場が飽和に向かう中、今後の成長を支える分野として法人市場に注目が集まっている。リーマンショックを乗り越え、再び動き始めた法人市場のトレンドについて、NTTドコモ 第一法人営業部長の真藤務氏に聞いた。(2010/7/12)

夏の旅行、リーマンショック以前の水準に回復へ――JTB調査
JTBは、夏休みに1泊以上の旅行に出かける人の旅行動向調査を発表。国内旅行、海外旅行ともに支出への意欲が前向きになってきたという。(2010/7/6)



オープンソースのSSL/TLS実装である「OpenSSL」に深刻な脆弱性が見つかった。エンドユーザーが解決できる問題ではないが、利用しているサービスの対応状況の確認や対応後のパスワードの変更など、慎重な姿勢が求められる。便乗するスパムメールにも注意が必要だ。

通信キャリアのMVNOとして月額1000円を切る格安SIMを提供するサービスが増加している。これまで日本ではほとんど存在感がなかったSIMフリーの端末にも、この動きに合わせて注目が高まっている。

ソフトバンク傘下で6月に合併予定のイー・アクセス、ウィルコムを、同じタイミングでヤフーが買収することとなった。これまでのサービスを引き継ぎつつ、Android端末を中心に展開し、自社のサービスとの連携を図っていくようで、「インターネットキャリア」を標榜している。

All material on this site Copyright © 2005 - 2013 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.