洪水 に関する記事 洪水 に関する質問

「洪水」最新記事一覧

ダム湖に空いた“ブラックホール”、マニアが魅せられる滋賀「青土ダム」神秘の光景
ダムマニアたちによる「ダム鑑賞」が近年、盛り上がりをみせている。一部のマニアが熱い視線を注いでいるのが、滋賀県の青土(おおづち)ダムだ。(2014/4/11)

伊吹太歩の時事日想:
世界で一番、“中国の台頭”を心配しているのは日本人!?
世界には数えきれないほどの問題や課題が存在するが、現代に生きる人々は何を脅威に感じているのか。米国の調査会社が調査した結果を見ると、意外な結果が見えてくる。特に日本は、世界の国々とははっきりと異なる傾向があるという。(2014/4/10)

反発:
「ウルトラマン」がマレーシアで「禁書」に、なぜ?
マレーシア政府は「ウルトラマン」のマレー語版コミック本を発行禁止にした。その理由は……。(2014/4/4)

自然エネルギー:
豪雪地帯で小水力発電、ダムの水流で550世帯分の電力を供給
秋田県の山間部にある豪雪地帯に出力450kWの小水力発電所が完成した。洪水対策のために47年前に建設したダムからの水流を生かして、一般家庭で550世帯分の電力を供給することができる。秋田県が公営事業として運営する16番目の水力発電所になる。(2014/4/1)

DDoS攻撃は大規模化の一途、新たな手口の台頭も
2013年2月の時点でDDoSトラフィックの規模は最大でも4Gbpsだったのが、2014年2月には180Gbpsに達する「NTP増幅攻撃」が発生している。(2014/3/28)

グリコ世界戦略:
ポッキー「世界ブランド化」への“肝”は?
江崎グリコがチョコレート菓子「ポッキー」の“世界ブランド”化を目指し、インドネシアでの事業展開を強化する。「赤ヘル部隊」や「ポッキーワゴン」など、ちょっとユニークなアプローチで世界を目指す。(2014/3/27)

多忙な人からメールの返事をもらうための5つのポイント
忙しい人からなかなか返事が来ないのには理由がある。何に注意すれば、返事をもらえるようになるだろうか?(2014/3/5)

電気自動車:
水面も走る4人乗りの超小型EV、全長2.5メートルで100キロ走行
日本のベンチャー企業がユニークな電気自動車(EV)を開発した。全長2.5メートルの短い車体ながら、4人乗りで、しかも水に浮いて水面を走ることができる。東南アジアの市場を主なターゲットにして、2015年10月に発売する計画だ。(2014/2/27)

メイドインジャパンの現場力(2):
NECは、どうやって「在庫が山積みなのに売り場は欠品」状態から脱却したのか
「なぜこんなに在庫が残っているのに欠品が起こるのか」。NECでは1990年代まで、需給ギャップに円滑に対応できず、サプライチェーンの各所で在庫の山が発生していた。その状況から脱却できたのは2000年から取り組みを本格化させた生産革新の成果だ。その革新の最前線でもあるNECインフロンティア東北を訪ねた。(2014/2/21)

電気自動車:
水上走行もできる4人乗り超小型EVをベンチャーが開発、水害の多いタイで販売
電気自動車(EV)ベンチャーのFOMMは、前輪2輪にインホイールモーターを搭載する4人乗りの超小型EV「FOMMコンセプトOne」を開発した。2014年3月にタイで開催される「第35回バンコク国際モーターショー」に出展し、2015年10月からタイ市場での販売を目指す。水害の多いタイ市場向けにジェット水流発生装置で水面を移動できる機能も搭載している。(2014/2/20)

モーセ召喚! 洪水発動!──聖書が今風のカードゲームになっちゃった! キリスト新聞社が「バイブルハンター」発売
主のターン! 箱舟全速前進DA!(2014/2/19)

エネルギー列島2013年版(45)宮崎:
降水量が日本一の県で水力を再生、古い発電所とダムの増改築に着手
太陽がさんさんと降り注ぐイメージの強い宮崎県だが、実は年間の降水量が日本で最も多い。県内を流れる川には古くからダムと水力発電所が数多く造られてきた。老朽化が進む設備の改造や小水力発電の導入により、恵まれた水力エネルギーを最大限に電力へ転換していく。(2014/2/12)

小寺信良が見たモノづくりの現場(11):
日本の“安定した基盤”がモノづくりに与える意味とは?
「小寺信良が見たモノづくりの現場」での取材から得た「気付き」から「ニッポンのモノづくりの強み」を2回にわたってまとめる本企画。今回は「なぜ日本で作る意味があるのか」についてを掘り下げる。(2014/1/20)

アドバンスド・データ・コントロールズ 代表取締役社長 河原隆氏:
PR:“三重苦”を抜けた国内自動車産業の新規開発をツールで支援する
アドバンスド・データ・コントロールズ(ADaC)は、Green Hills Softwareの統合開発環境「MULTI」やリアルタイムOS「INTEGRITY」といったツールやソフトウェア製品を車載分野に展開している。“三重苦”を抜けて復活を遂げた国内自動車産業の新規開発を支援すべく、半導体メーカーと二人三脚で提案活動を進めていく考えだ。(2014/1/14)

NXPセミコンダクターズ ジャパン 代表取締役社長 原島弘明氏:
PR:車/セキュア/汎用品市場への攻勢で、国内売上高30%増を実現する!
NXPセミコンダクターズ ジャパンは「日本でのプレゼンス向上」を掲げて、車載用、セキュア関連デバイス、汎用ロジック/ディスクリート製品といった世界トップクラスの地位にある製品の国内展開を強化する。社長の原島弘明氏は「2014年、国内市場に浸透しビジネス拡大が続く車載向け以上に、セキュアデバイス、汎用製品などのビジネスを伸ばす」と語る。(2014/1/14)

女神的リーダーシップ:
ティー・リーフ・ネーションの記事は果敢で頼もしい
慕容(ムーロン)のリベラルな思想にもとづく心の叫びは、中国の開放と民主化に向けた数々の動きを後押しした。ただし、ティー・リーフ・ネーションの論調は反体制一色ではない。(2014/1/7)

製造マネジメントニュース:
JEITA佐々木会長「“地産地消”を進めれば必然的に国内生産比率は下がる」
JEITAは2014年の電子情報技術産業の世界生産見通しを発表。電子情報産業の日系企業の世界生産見込みは2013年比3%増の38.8兆円の見通しとなり、国内生産額の見通しも3年連続のマイナスから2014年は回復する見通しを示した。(2013/12/25)

あと7日で世界は滅びる? “ノアの方舟”伝説めぐるアクション小説が日本上陸
Kindleストアで個人出版され、人気作品となった小説『THE ARK 失われたノアの方舟』。今回単行本化された本作のあらすじを紹介。(2013/12/17)

4割の企業がシステム障害を経験、想定リスクの優先度は低い――PwCが調査
プライスウォーターハウスクーパースが調査した日本企業のBCPの状況によれば、自然災害を想定する企業は多いものの、システム障害やサイバー犯罪は低い状況だった。(2013/12/12)

【インバウンドマーケティング対談】高広伯彦+大元隆志:
第1回 インバウンディなマーケティング思考
日本のマーケティングはITの進化に伴い、消費者の情報行動に合わせて進化しているのか。日本初のインバウンドマーケティングエージェンシーを立ち上げた高広伯彦氏、テクノロジーがもたらす変化をウォッチし続ける大元隆志氏の両氏が語る、デジタル時代における日本のマーケティング事情。(2013/12/5)

編集部通信:
「フィリピンを支援したい」 個人がブログで呼びかけ330万円集まる→フィリピン大使館へ持参→なんと大使がお出迎え
Webサービス/アプリ開発者の村上福之さんが自身のブログで集めた募金を持ってフィリピン大使館へ。「感慨深い1日」になったそうです。(2013/11/29)

自然エネルギー:
「海上」や「線路」を目指す太陽光――12の実証事業が始まる
太陽光発電以外に利用しにくい「土地」がまだまだ残っているのではないだろうか。建物の壁面や農業との共存、傾斜地、水面、河川敷、鉄道の線路、集合住宅のベランダ……。だが、このような土地に設置するノウハウがない。適した機材も十分にはそろっていない。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は導入の阻害要因を取り除くために、12のプロジェクトを立ち上げた。(2013/11/22)

“地下神殿”を攻略してきた 首都圏外郭放水路のインペラを真下から眺める
龍が住んでいるそうじゃ。(2013/11/18)

車載半導体:
「不良率を5年で94%削減」、マキシムが車載事業拡大に向け品質向上に取り組む
車載事業拡大に向けた取り組みを進める大手アナログICベンダーのMaxim Integrated Products(マキシム)。「欠陥ゼロの精神」のもと出荷品質の向上に努めており、2013年の不良率は、2008年比で94%減って、数ppmのレベルまで低減できているという。(2013/11/15)

大規模化に加えアプリ層のリソース枯渇を狙う:
「マルチ・ベクトル化」が進むDDoS攻撃――アーバーが報告
アーバーネットワークスは、昨今のDDoS攻撃に関する説明会を開催した。DDoS攻撃の規模はますます増大しているほか、アプリケーションレイヤを狙ったDDoS攻撃を組み合わせ、複雑化も進んでいるという。(2013/11/14)

NEC、社会インフラを支える「Safer Cities」ソリューションを世界展開へ
ICTを活用した高度な社会インフラを提供するという「社会ソリューション事業」におけるグローバル成長戦略の柱の一つとなる「セーフティ事業」を本格的にスタートさせる。(2013/11/7)

製造マネジメント インタビュー:
フォックスコン顧問が語る“失われた20年”が生んだ日本の未来とは?
日本のモノづくり環境は大きな変化を迎えている。多くのグローバル企業から製品組み立てを請け負うグローバル製造業から見たとき、日本のモノづくりの価値はどう映るのだろうか。フォックスコン顧問を務めるファインテック代表取締役社長の中川威雄氏は「“失われた20年”で苦しんだ経験こそが世界が欲しがる貴重なものだ」と指摘する。(2013/10/29)

『あまちゃん』最終回記念:
来てよその“日”を飛び越えて――今こそ、震災復興ツーリズムのススメ
9月28日、半年続いたNHK連続テレビ小説「あまちゃん」が最終回を迎えました。岩手県久慈を舞台に、東日本大震災の前後を描いたこのドラマ。ドラマを楽しんだ方にはぜひ、東北へ足を運んでほしい。被災地の「今」を、写真多めで紹介します。(2013/9/30)

製造マネジメントニュース:
中国排出権取引、省エネ工場の日本企業は排出権ビジネスの勝者なのか――PwC
PwC Japanは「海外サステナビリティの最新動向と日本企業の課題」をテーマに、米国や中国の事例などを紹介し、戦略的に気候変動対策に取り組む価値について訴えた。(2013/9/24)

自然エネルギー:
「ゲゲゲのふるさと」を利用、鳥取で小水力発電所が完成
小水力発電はそれまで使っていなかった水の位置エネルギーを利用する優れた発電方式だ。鳥取県が主導した出力260kWの小水力発電所も、発電用途ではないダムの水を使いつつ、本来のダムの用途を損なわれないものだ。(2013/9/6)

スマートシティ:
20年間で1億4800万円の利益を見込む、県営ダムの小水力発電
福岡県は発電事業を実施していない県営ダムを対象に小水力発電の可能性を検討して、収益性の高いダムから発電事業に着手する。第1弾は地元の自治体が事業者になり、2014年度中に運転を開始する予定だ。売電収入によって20年間に1億4800万円の利益を生み出せる見込みである。(2013/8/28)

PR:先生助けて! 猛暑でRAID・サーバーが息をしていないの
夏は1年を通して最もRAID・サーバーが壊れやすい時期だ。その理由と対策をHDD復旧事業の専門家に聞いた。(2013/8/28)

【連載】海外事例に学ぶマーケティングイノベーション:
第11回 サイレント・マジョリティの覚醒――口コミ効果最大化のために
口コミは認知獲得における費用対効果を倍増させるだけでなく、ブランドへの親近感醸成という点で費用対効果を飛躍に伸ばす。オグルヴィ・アンド・メイザー「2013年度グローバル口コミ調査」から口コミの効果を読み解く。(2013/8/27)

NXPセミコンダクターズジャパン 原島弘明氏:
3年で国内売上高を倍増させる
NXPセミコンダクターズは、日本国内での売上高を今後3年間で倍増させるアグレッシブな事業目標を打ち出している。日本法人社長の原島弘明氏に売り上げ倍増に向けた事業戦略について聞いた。(2013/8/22)

復旧率95.1%を支える技術に迫る【後編】:
PR:トップレベルの技術とクラス100クリーンルーム完備であらゆるHDD物理障害に対応
読み出せなくなったHDDからのデータ復旧サービスを手がける日本データテクノロジー。診断の結果、モーターやヘッドなどHDD内部の部品が破損している場合は、開封して検査・修復するという。そのために同社は、無菌手術室と同等であるクラス100のクリーンルームを用意している。後編となる今回は、HDDの物理障害に対処する同社の技術について聞いた。(2013/8/19)

製造ITニュース:
SAP、クラウド型「S&OP」新製品を発表――社内ソーシャル機能で円滑連携を実現
SAPは、需給業務計画策定および調整を支援するクラウドアプリケ―ション「SAP Sales and Operations Planning powered by SAP HANA」を発売した。(2013/8/7)

製造マネジメントニュース:
「タイプラスワン」拠点、進出企業の3分の1が既に設立済み
バンコク日本人商工会議所が発表した2013年上期の「タイ国日系企業景気動向調査」によると、タイから周辺国に生産拠点を分散・補完する「タイプラスワン」拠点を設立する動きが、拡大しているという。(2013/8/6)

製造マネジメントニュース:
トヨタ、“アベノミクス”で四半期過去最高益――グループ生産台数は1000万台超え
トヨタ自動車は2014年3月期第1四半期決算を発表した。為替の好影響や収益構造改革の成果などにより、四半期ベースでは過去最高の最終利益を達成した。(2013/8/2)

「狭い都心マンション」と「広い郊外マンション」――どっちが得?
マンションの購入を検討するとき、あなたはどちらを選びますか? 少し狭くても都心の利便性の高い物件ですか? それとも、郊外の広くて比較的安い物件でしょうか? 実はマンションを「資産」という視点から考えた場合、重要なのはやはり立地なのです。(2013/7/23)

エネルギー列島2013年版(17)新潟:
雪国で生まれる小水力とバイオマス、冬の太陽光は角度でとらえる
原子力発電所の再稼働が取りざたされる新潟県だが、県内には豊富な再生可能エネルギーがあり、近海には天然ガスが眠っている。信濃川などの水資源を生かした小水力発電は全国で第3位の規模を誇る。廃棄物を活用したバイオマス発電や、降雪に耐えられるメガソーラーも着実に増えてきた。(2013/7/23)

紙書籍は電子書籍よりも価値があるか?
紙と電子のそれぞれが持つ価値があり、その優劣をいくら論じたところで、両方併存していく未来は大きくは揺るがなそうだ。(2013/7/22)

Facebookユーザーは投稿を見た人の数を少なく見積もるとの調査結果
Facebookがスタンフォード大学と共同で発表した調査報告書によると、ユーザーは自分の投稿を見た人の数を実際よりかなり少なく見積もる傾向があるという。(2013/7/17)

自然エネルギー:
落差7メートルで小水力発電、農業用水路から1200戸分の電力
静岡県を流れる大井川の農業用水路に小水力発電所が完成して、運転を開始した。用水路に設けた7メートルの落差を利用した発電設備で、最大893kWの電力を供給することができる。水力のエネルギーを最大限に発揮するために、水車の回転数を3倍に高速化する増速機を導入した。(2013/7/17)

知っておきたいASEAN事情(14):
チャイナプラスワンだけじゃない! 「タイプラスワン戦略」をご存じですか?
チャイナプラスワン戦略の中、新たな中核拠点としてASEANが注目を浴び、特にタイへの進出などが目立つが、タイでは既に「タイプラスワン」の動きが出始めているという。なぜ今「タイプラスワン」が進むのか。ASEAN事情に詳しい筆者が解説する。(2013/7/16)

エネルギー列島2013年版(15)山梨:
富士山のふもとで太陽光を26倍に、2050年にエネルギー自給率100%へ
日射量が豊富な山梨県は2050年にエネルギー自給率を100%に引き上げるため、太陽光発電を26倍の規模に拡大する長期構想に着手した。すでに稼働中のメガソーラーは全国平均を3割も上回る発電量を記録した。2020年度までにメガソーラーを30カ所に増やす計画が着々と進んでいる。(2013/7/9)

エコカー技術:
マツダが「SKYACTIV-DRIVE」をタイで生産、2015年度上期から年産40万基で
マツダは、タイのチョンブリ県に建設する新たなトランスミッション工場の起工式を実施した。MPMTは2015年度上半期から稼働する予定で、同社の新世代自動変速機「SKYACTIV-DRIVE」を年間で約40万基生産する計画である。マニュアル変速機「SKYACTIV-MT」については、現時点では生産を予定していない。(2013/7/5)

自然エネルギー:
県営で最大規模のダムに小水力発電を、佐賀県が事業者の公募を開始
電力会社や全国各地の自治体がダムの水流を生かした小水力発電を積極的に増やしている。佐賀県は県営で最大規模のダムで小水力発電を実施するために、発電事業者の公募を開始した。発電規模は230kWを想定している。事業者からの提案書をもとに11月1日までに確定する。(2013/7/5)

九州北部地方の各地で豪雨 北九大の構内に滝やプール、複合施設リバーウォークがリバーに
北九州八幡では1時間73ミリの激しい雨を記録(観測史上最高)。(2013/7/3)

法制度・規制:
米政府がクリーンエネルギーに79億ドル、バイオ燃料や石炭火力、小型原子炉にも
米国のオバマ大統領が新たな地球温暖化対策を発表した。2020年までに温室効果ガスの排出量を2005年比で17%削減する目標の達成に向けて、特にエネルギー分野の対策を強化する。2014年の予算で79億ドルの巨費を投じてクリーンエネルギーの開発・導入を進める計画だ。(2013/6/27)

電力供給サービス:
自治体の予算ゼロで発電が可能、ダム水力発電を立ち上げる
既存の公的施設を省エネ対応に変える、既存の設備から電力を得る。このような取り組みを進めるには資金が必要だ。ESCO事業を利用すると、自治体の出費を抑えたまま、省エネや発電事業のメリットだけを得られる。(2013/5/28)



オープンソースのSSL/TLS実装である「OpenSSL」に深刻な脆弱性が見つかった。エンドユーザーが解決できる問題ではないが、利用しているサービスの対応状況の確認や対応後のパスワードの変更など、慎重な姿勢が求められる。便乗するスパムメールにも注意が必要だ。

通信キャリアのMVNOとして月額1000円を切る格安SIMを提供するサービスが増加している。これまで日本ではほとんど存在感がなかったSIMフリーの端末にも、この動きに合わせて注目が高まっている。

ソフトバンク傘下で6月に合併予定のイー・アクセス、ウィルコムを、同じタイミングでヤフーが買収することとなった。これまでのサービスを引き継ぎつつ、Android端末を中心に展開し、自社のサービスとの連携を図っていくようで、「インターネットキャリア」を標榜している。

All material on this site Copyright © 2005 - 2013 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.