洪水 に関する記事 洪水 に関する質問

「洪水」最新記事一覧

FM波によるAMラジオ補完計画――今年スタートする「FM補完放送」とは?
かつて誰もが成しえなかったFMへの道。(2015/1/23)

自然エネルギー:
「山の形」の発電所、太陽光で24MW
ハンファQセルズは2015年1月15日、出力24.47MWの大規模太陽光発電所「ハンファソーラーパワー杵築」(大分県杵築市)が運転を開始したと発表した。初期コストを抑え、面積効率を高めるために山の形をそのまま生かした発電所である。(2015/1/20)

zenmono通信:
「空飛ぶ車を作る」。未来の夢じゃなくて、現実のお話
モノづくり特化型クラウドファンディングサイト「zenmono」から、モノづくりのヒントが満載のトピックスを紹介する「zenmono通信」。今回は、Cartivator代表の中村翼さんにお話を伺った。(2015/1/13)

河川の水位データをリアルタイムにオープンデータ化 鯖江市とjig.jpが共同で公開
河川の水位データを計測し、リアルタイムにオープンデータ化して公開する実証実験を、福井県鯖江市とjig.jpがスタートした。(2015/1/7)

2014年のアキバまとめ後編:
GTX 980/970が新たなハイエンド像を、「Windows 8.1 with Bing」が新たなジャンルを生んだ
自作の街・アキバの2014年を象徴する8大トピックス。後半の4テーマは「DDR4対応のX99」と「GeForce GTX 980/970」「超小型PC」、そして「円安による値上がりと特価競争」だ。(2014/12/31)

AWSの大規模障害を教訓に
事業者任せにしない、クラウドサービスのダウンタイムを削減する方法
クラウドの回復力を算出して監視することは、クラウドのダウンタイムを回避してダウンタイムの影響を緩和するのに欠かせない。クラウドに対する不安を軽減する上で最初に取り組むべき主な2つの手順を紹介する。(2014/12/22)

自然エネルギー:
太陽光発電で森林を活性化、間伐材をパネルの架台に採用
兵庫県の企業庁が県有地を活用して6カ所目のメガソーラーを稼働させた。発電能力は5MWと大きく、2万枚を超える太陽光パネルの架台に県内産の木材を使った点が特徴だ。地域内で木材の需要を増やすことにより、森林の間伐を促進して防災に役立てる狙いもある。(2014/12/12)

エネルギー管理:
地球観測衛星から再エネの発電量を予測、降水レーダーが雨粒をとらえる
日本のJAXAと米国のNASAが中心になって進めている地球観測プロジェクト「GPM計画」のデータを利用して、太陽光や風力による発電量を予測する取り組みが始まる。衛星に装着した降水レーダーからの情報を主体に膨大なデータをコンピュータで解析して高い予測精度を目指す。(2014/12/1)

知的生産の技術とセンス:
知の巨人・梅棹忠夫に学ぶ、「発見」の書き留め方
今の時代は、どんな情報でも一瞬で手に入る便利な時代です。しかしこの状況は、情報の受け手である私たちに限られた時間でどの情報を受け取るべきか、どう取捨選択するかという問題をも引き起こしています。(2014/11/21)

ジョブズ流vs.サントリー流、理想のマネジメントはどっち? (IT経営者対談 後編):
スタートレックのカーク船長は、良いリーダーか?
マイクロマネジメントと「好きにしなはれ」マネジメント。どちらが良いのか悪いのか、SDEの福田さんとクレイジーワークスの村上総裁が話し合った。(2014/11/18)

氷水をかぶるより先にできることって何だろう(前編):
総裁×福田淳 IT企業経営者たちが考える「本当」の支援活動とは
アイスバケツチャレンジブームで終わらせるのはもったいない!――自らが運営するフィールドで支援活動をコツコツと続けてきた2人のIT企業経営者が、支援や寄付についての考えを話し合った。(2014/11/10)

ビジネスニュース 企業動向:
ローム、タイに後工程工場建設へ――洪水対策も実施
ロームは2014年11月、LSIの後工程製造を行う新棟をタイに建設すると発表した。2014年12月に着工し、2015年12月の完工を目指す。新棟の完成により、同社のLSI後工程の生産能力は約1.4倍になるという。(2014/11/5)

自然エネルギー:
日本ならでは木造建築のメガソーラーが完成、1万4000本の木材を利用
兵庫県の山間部にある人口1万8000人の町に、日本初の木造建築によるメガソーラーが完成した。太陽光パネルを設置する架台を1万4000本の木材で組み上げた。発電能力は5MWで、年間の発電量は1500世帯分に相当する。県内産の木材を活用することで山林の育成に生かす狙いがある。(2014/10/30)

なるほど萌え萌えじゃねーの 世界観が最高すぎるファレル・ウィリアムス×村上隆のミュージックビデオの濃度がヤバイ
日本“OTAKU”文化が飽和状態。(2014/10/27)

「TOKYO」意外と知られてない 「京都」と間違われる“屈辱”
東京と京都の違いが分からない――海外でそんな声が多く、都は「トーキョー」の認知度アップに向けて知恵を絞っている。(2014/10/23)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(15):
あなたの大切なPCが仮想環境にヨミガエル?
本連載の過去2回では、Windows 8/8.1の「PCのリフレッシュ」と「PCのリセット」を説明しました。でも、筆者がお勧めするのは「フルバックアップの作成」(システムイメージの作成)です。今回は、システムイメージのバックアップデータでいろいろと試してみます。(2014/10/17)

古田雄介のアキバPickUp!:
円安によるパーツの高騰が進むも、「そんなでもないですし」の声
9月からの円安の影響でストレージ類やメモリの価格が値上がりしている。売れ行きにも変化が出ているが、そこまで目立つ動きはないらしい。曰く「今まで散々経験してきているから?」(2014/10/6)

「進撃の巨人」諫山創の里帰りイベント、大分の大山町で開催 本人と同級生のトークショーや「巨人鍋」など
イベント名は「進撃の里帰り」。レアグッズが展示される特別原画展も。(2014/10/1)

自然エネルギー:
3年前の台風で運転を停止した小水力発電所、設備を一新して再開へ
北海道の東部で1952年に運転を開始した町営の小水力発電所がある。2011年9月に来襲した台風の影響で停止状態になっていたが、発電事業者に譲渡して設備を一新することが決まった。発電能力を220kWから260kWに増強して、2016年7月に運転を再開する見通しだ。(2014/9/26)

パキスタンへの直接投資、政情不安で急減
パキスタンへの国外からの直接投資(FDI)が急減した。政情不安による先行き不透明感が要因だ。(2014/9/24)

スマホは“スマート”ではない!?:
ビジネスマンの視点からスマートウォッチの価値を考える
「Apple Watch」の登場によって、いっそう過熱するウェアラブルデバイス/スマートウォッチ市場。さまざまな情報が腕時計に集約されるのは魅力的である一方、あえて受け取る情報を最小限にとどめて、これまで浪費していた時間をビジネスに有効活用するべきだという考えもある。(2014/9/19)

国内外100都市の災害リスク……ワーストは東京
21世紀に入って地震やハリケーンなどの巨大災害が世界で多発し、経済被害が増加している。国内研究者の分析によると、国内外100都市のうち、災害リスクの高い都市1位は東京だった。(2014/9/11)

知っておきたいASEAN事情(21):
8年ぶり19回目――クーデターに慣れるタイ、タイ国軍の正体は政党!?
軍事クーデターによる政変の影響を受けるタイ。製造業が多く進出しASEANのハブ的な役割を担うタイは今後どのような変化を遂げるのか。ASEAN事情に詳しい筆者が解説する。(2014/9/9)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
相次ぐ半導体企業の買収、そろそろ次は……
半導体関連企業の買収関連ニュースが続いてますが、そろそろ次は……。(2014/8/27)

週末アキバ特価リポート:
4テラHDDが1万3000円切り
TSUKUMO eX.が決算処分セールで4Tバイトと5Tバイトの大容量HDDを思い切った特価としている。9000円切りの3TバイトHDDも安いが、それをしのぐインパクトだ。(2014/8/9)

突然のゲリラ豪雨――通知が早いお天気アプリ・ベスト5(iOS編)
夕方になって突然の大雨。毎年恒例となりつつあるゲリラ豪雨だが、水没、雷と危険も隣り合わせ。なんとか避けられないか? そんなときこそお天気アプリの出番だ。(2014/8/8)

Database Watch(2014年7月版):
Oracle Database In-Memory/Amazon Kinesisが日本国内に
ついに、Oracle Database In-Memoryが日本国内でも提供スタート。Amazon Kinesisは東京リージョンが選択できるようになった。ぞれぞれをウォッチした。(2014/8/6)

週末アキバ特価リポート:
3TバイトHDDが7990円!? 週末特価で最安値を更新
BUY MORE秋葉原本店が複数ジャンルにわたって超ド級の目玉商品を投入している。HDDとSSD、グラフィックスカードとCPUを2ページぶち抜きで見ていこう。(2014/7/19)

「iPhone 6」向け?:
TSMCがAppleにプロセッサの出荷を開始か
TSMCが、Apple向けにモバイルプロセッサの出荷を開始していたと米報道機関が報じている。Appleの次世代スマートフォン「iPhone 6」に搭載されるとみられている。(2014/7/14)

窪田順生の時事日想:
なぜマスコミは「憲法9条」がらみになると話を盛ってしまうのか
大手マスコミによる「憲法9条」の伝え方をみると、「なにそれ!?」と違和感を覚えることがある。例えば、『サンデーモーニング』(TBS)や『朝日新聞』の報道をみると……。(2014/7/1)

防災・減災・危機管理展:
“現代の方舟”救命艇からMg燃料電池まで――中部ライフガードTEC2014
東日本大震災から3年、地域社会における防災力の向上と防災・減災に向けた取り組みが急務となっている。南海トラフ巨大地震が懸念される中部地区で、防災・減災をテーマにした展示会が開催。注目の展示をピックアップして紹介する。(2014/6/27)

エネルギー列島2014年版(11)埼玉:
大きな池に降り注ぐ太陽光、水が豊かな低地で相乗効果
埼玉県は面積の4割を低地が占めている。洪水対策のために造られた調整池や用水路の周辺は気温が上がりにくく、メガソーラーを設置するのに適した場所だ。全国で初めて池に浮かぶメガソーラーが運転を開始したのに続いて、低地に分散する多くの池や沼で発電プロジェクトが始まった。(2014/6/24)

「何から始めればいいのかすら分からない」
1カ月で1億時間分のデータが生成されるeBayのアナリティクス環境構築記
コンピュータが生成するデータ量は1日に50Tバイト。全社では100Pバイトを処理しなければならない。米eBayはこのような、膨大な量のデータ処理という課題に直面している。(2014/6/20)

スマートシティ:
大阪府が緑地の一部をメガソーラーに、土地の賃貸料は年間1770万円
河川からの洪水を防ぐために造られた緑地は、大雨の時に調整池の役割を果たす。大阪府は用途の限られる緑地の一部をメガソーラー用に貸し付ける。3万平方メートルの用地の賃貸料は年間で1770万円にのぼる。一方で事業者の売電収入は9400万円を見込めるが、特別に浸水対策が必要になる。(2014/6/9)

自然エネルギー:
海面下の農地を守る、1000mの用水路で太陽光発電
新潟市の農業事業者の団体が、農地を守る用水施設のために発電設備を導入した。海面より低い農地が広がるため、ポンプ設備が大量の電力を必要とする。このうち1割以上を用水路の斜面(法面)などに設置した太陽光発電システムでまかなう形だ。(2014/6/6)

自然エネルギー:
水田を潤す用水路で小水力発電、37メートルの落差を生かして280世帯分
稲作が盛んな福井県の内陸部で、農業用水を活用した小水力発電所が運転を開始する。洪水と干ばつを繰り返してきた河川にダムと用水路を整備して8年が経過したところで、新たに未利用の水力エネルギーを生かして発電事業を実施することにより用水路の維持管理費を軽減する狙いだ。(2014/6/6)

アニメと全く違う印象? 『ムーミン』原作を読解
誰もが知っているキャラクター、「ムーミン」。そのムーミンの世界、アニメと原作では印象が全く違うのをご存知でしょうか? 今回は、そんな知られざるムーミン世界の違いを解説する書籍を紹介します。(2014/5/27)

指標設定のこつ:
メールマーケティングの成果はどう定義すべきか
メールマーケティングは、ユーザーの行動を細かく把握できるため、それが欠点となってメールマーケティングの成功/失敗を判断しにくくなっている。どのような基準で判断すればいいのだろうか。3つのヒントをお伝えする。(2014/5/23)

医療、金融などにサービスを提供へ
人に勝る人工知能「Watson」が次のステップに頭をひねっている
2014年1月に専門部署が新設された、IBMの人工知能コンピュータ「Watson」事業。同社は医療や金融サービス、通信など特定業界への利用促進を進めているが、課題も明らかになってきた。(2014/5/13)

国土地理院、避難所などを表示する地図記号を発表
今後順次更新していく。(2014/4/24)

伊吹太歩の時事日想:
世界で一番、“中国の台頭”を心配しているのは日本人!?
世界には数えきれないほどの問題や課題が存在するが、現代に生きる人々は何を脅威に感じているのか。米国の調査会社が調査した結果を見ると、意外な結果が見えてくる。特に日本は、世界の国々とははっきりと異なる傾向があるという。(2014/4/10)

自然エネルギー:
豪雪地帯で小水力発電、ダムの水流で550世帯分の電力を供給
秋田県の山間部にある豪雪地帯に出力450kWの小水力発電所が完成した。洪水対策のために47年前に建設したダムからの水流を生かして、一般家庭で550世帯分の電力を供給することができる。秋田県が公営事業として運営する16番目の水力発電所になる。(2014/4/1)

DDoS攻撃は大規模化の一途、新たな手口の台頭も
2013年2月の時点でDDoSトラフィックの規模は最大でも4Gbpsだったのが、2014年2月には180Gbpsに達する「NTP増幅攻撃」が発生している。(2014/3/28)

ICHIROYAのブログ:
多忙な人からメールの返事をもらうための5つのポイント
忙しい人からなかなか返事が来ないのには理由がある。何に注意すれば、返事をもらえるようになるだろうか?(2014/3/5)

電気自動車:
水面も走る4人乗りの超小型EV、全長2.5メートルで100キロ走行
日本のベンチャー企業がユニークな電気自動車(EV)を開発した。全長2.5メートルの短い車体ながら、4人乗りで、しかも水に浮いて水面を走ることができる。東南アジアの市場を主なターゲットにして、2015年10月に発売する計画だ。(2014/2/27)

メイドインジャパンの現場力(2):
NECは、どうやって「在庫が山積みなのに売り場は欠品」状態から脱却したのか
「なぜこんなに在庫が残っているのに欠品が起こるのか」。NECでは1990年代まで、需給ギャップに円滑に対応できず、サプライチェーンの各所で在庫の山が発生していた。その状況から脱却できたのは2000年から取り組みを本格化させた生産革新の成果だ。その革新の最前線でもあるNECインフロンティア東北を訪ねた。(2014/2/21)

電気自動車:
水上走行もできる4人乗り超小型EVをベンチャーが開発、水害の多いタイで販売
電気自動車(EV)ベンチャーのFOMMは、前輪2輪にインホイールモーターを搭載する4人乗りの超小型EV「FOMMコンセプトOne」を開発した。2014年3月にタイで開催される「第35回バンコク国際モーターショー」に出展し、2015年10月からタイ市場での販売を目指す。水害の多いタイ市場向けにジェット水流発生装置で水面を移動できる機能も搭載している。(2014/2/20)

モーセ召喚! 洪水発動!──聖書が今風のカードゲームになっちゃった! キリスト新聞社が「バイブルハンター」発売
主のターン! 箱舟全速前進DA!(2014/2/19)

エネルギー列島2013年版(45)宮崎:
降水量が日本一の県で水力を再生、古い発電所とダムの増改築に着手
太陽がさんさんと降り注ぐイメージの強い宮崎県だが、実は年間の降水量が日本で最も多い。県内を流れる川には古くからダムと水力発電所が数多く造られてきた。老朽化が進む設備の改造や小水力発電の導入により、恵まれた水力エネルギーを最大限に電力へ転換していく。(2014/2/12)

小寺信良が見たモノづくりの現場(11):
日本の“安定した基盤”がモノづくりに与える意味とは?
「小寺信良が見たモノづくりの現場」での取材から得た「気付き」から「ニッポンのモノづくりの強み」を2回にわたってまとめる本企画。今回は「なぜ日本で作る意味があるのか」についてを掘り下げる。(2014/1/20)



オープンソースのコンテナー(アプリケーション実行環境)管理ソフトウェア。Linuxをベースに、ハイパーバイザー型よりも軽量な仮想化を実現する。クラウド、DevOpsなど今風のITシステムの管理に親和性が高く、注目が高まっている。

日本通信をパートナーとして、VAIO株式会社がスマートフォン製品を投入する。詳細は2015年1月に発表予定。

KDDIが12月25日に先行発売を開始した、Firefox OS搭載スマホ。製造はLG。Firefox OSの元々のコンセプトでもある踏み込んだカスタマイズ性、外装の3Dモデルデータの提供、部品が見える半透明ボディなど、「ギークのためのスマホ」としてアピールしている。

All material on this site Copyright © 2005 - 2015 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.