• 関連の記事

「ガンマ線」最新記事一覧

医療機器ニュース:
新型シリコン光センサーを用いた高性能な小型PET装置を開発
名古屋大学は、新型シリコン光センサーを用いた、小型で高性能なPET装置を開発した。これまでは難しかった高感度の乳がん検出が可能になるほか、頭部用PET装置としても利用できる。(2017/12/12)

中性子星の合体で重力波 米欧が初検出 日本も追跡観測で貢献、金の起源か
中性子星が合体して生じた重力波を初めて検出したと、米欧の観測チームが16日、発表した。重力波と光の両方で天体を捉えたのは世界初で、天文学の新時代を開く画期的な成果だ。(2017/10/17)

「納豆菌が強すぎて、納豆厳禁の職場がある」「宇宙空間でも死なない」 ネットに広がる“納豆菌最強伝説”はどこまで本当?
にわかには信じられない話ばかりですが……?(2017/9/15)

「電磁パルス攻撃」の脅威 日本全土が機能不全に
北朝鮮が核兵器や弾道ミサイルで挑発を続けるなか、もう一つの深刻な脅威として「電磁パルス攻撃」の可能性が指摘されている。(2017/8/30)

早稲田大学 浜松ホトニクス 軽量コンプトンカメラ:
ガンマ線を可視化する580グラムの医療用コンプトンカメラ
早稲田大学は、大阪大学や量子科学技術研究開発機構、浜松ホトニクスと共同で、ガンマ線を可視化する580gの小型カメラを開発した。このカメラを用いて、生体マウスの3D同時分子イメージングにも成功した。(2017/7/7)

医療機器ニュース:
ガンマ線を可視化する軽量の医療用コンプトンカメラを開発
早稲田大学は、大阪大学や量子科学技術研究開発機構、浜松ホトニクスと共同で、ガンマ線を可視化する580gの小型カメラを開発した。このカメラを用いて、生体マウスの3D同時分子イメージングにも成功した。(2017/6/6)

火星に「氷の家」をつくる建築家・曽野正之さんに聞く 「地球も火星も同じ。結局住むのは人だから」
彼らが追い求めていたのは、「物体」としての建築ではなかった。(2017/5/11)

医療機器ニュース:
複数のプローブを同時追跡できるPET装置を開発
理化学研究所と名古屋大学の共同研究グループは、複数のブローブを同時に追跡できる新型のPET装置「MI-PET(multi-isotope PET)」を開発した。1度の検査で複数の疾患を調べることができ、被験者の負担を軽減して診察精度を向上できる。(2017/3/1)

情報化施工:
ロボットに積める小型X線装置、インフラ非破壊検査を効率化
産業技術総合研究所と静岡大学はNEDOプロジェクトにおいて、バッテリーで駆動するロボットに搭載可能な、小型で軽量の高エネルギーX線非破壊検査装置を開発したと発表した。老朽化が進むインフラ点検の効率化が急務となる中、小型ロボットを活用した効率的なX線非破壊検査の実現に寄与する成果だという。(2017/1/12)

GEヘルスケア Discovery MI/Discovery NM/CT 670 CZT:
病変を発見するための解像度が従来の2倍に向上したPET/CT装置などを発売
GEヘルスケア・ジャパンは、半導体検出器を搭載したPET/CT装置「Discovery MI」と、SPECT/CT装置「Discovery NM/CT 670 CZT」を発売。併せて、PET診療を支援する読影ソリューション「Centricity Universal Viewer 100 edition PET」も発表した。(2016/9/20)

医療機器ニュース:
半導体検出器を搭載したPET/CT装置とSPECT/CT装置を発売
GEヘルスケア・ジャパンは、半導体検出器を搭載したPET/CT装置「Discovery MI」とSPECT/CT装置「Discovery NM/CT 670 CZT」を発売した。検査時間や被ばく量が従来の2分の1に低減できる。(2016/9/12)

医療技術ニュース:
重粒子線放射線照射が全身に与える影響を明らかに
東京大学は、がんの放射線治療にも利用される重粒子線を照射した場合の、全身への影響について調べる新たな方法を開発した。重粒子線を体表に照射したメダカを連続的にスライスし、その切片を用いて、全身組織の変化を細胞レベルで明らかにした。(2016/7/22)

医療機器ニュース:
がん治療に用いるイリジウム192密封小線源線量の国家標準を開発
産業技術総合研究所は、日本アイソトープ協会と共同で、がん治療の1つである遠隔操作密封小線源治療を行う際の照射量を正確に評価するために必要な、ガンマ線基準空気カーマ率の国内のトレーサビリティーを確立したと発表した。(2016/2/24)

医療機器開発者のための医療IT入門(2):
チーム医療現場を支える臨床情報システム(CIS)の進化
医療機器開発者向けに、医療情報システムに代表される医療ITの歴史的背景や仕組みを概説する本連載。第2回は、チーム医療現場を支える臨床情報システム(CIS)を取り上げる。(2015/8/25)

高い放射線量検出の東京都豊島区の公園、区長が安全宣言
公園の封鎖を解除する。(2015/4/26)

電力供給:
福島第一 廃炉へ一歩一歩、宇宙線を使い原子炉内を見る装置を開発
東芝と技術研究組合国際廃炉研究開発機構は宇宙から降り注ぐ宇宙線ミュオンを用い、福島第一原子力発電所向けに原子炉内の燃料デブリの位置などを測定できる装置を開発した。(2015/4/2)

宇宙開発:
東アジア最大の天体望遠鏡を実現する3つの新技術
京都大学 宇宙総合学研究ユニットの特任教授でありユビテック顧問も務める荻野司氏が、東アジア最大となる口径3.8mの光学赤外線望遠鏡の開発プロジェクトについて語った。同望遠鏡の開発には、日本発のさまざまな技術が利用されているという。(2015/3/6)

MEDIX関西:
ワンタッチで着脱可能な医療機器用丸形コネクタ、樹脂化で軽量かつ安価に
日本モレックスは、「第5回 関西 医療機器開発・製造展(MEDIX関西2015)」において、同社の医療機器向けコネクタ製品群「MediSpec」に2015年春から追加する新開発の丸形コネクタ「MPCコネクターシステム」を参考出展した。(2015/2/6)

医療イベントレポート:
インフルエンザも未病状態で検知! 実世界のカオス現象と数理モデル化
複雑系数理モデルを解析することによって、病気や電力ネットワークの不安定化、交通渋滞などの予兆を捉えられるようになるという。(2015/1/13)

メモリ/ストレージ技術:
耐放射線メモリの登場で、医療機器はより高性能に
Adesto Technologiesの不揮発性CBRAM(Conductive Bridge RAM)は、医療機器の殺菌処理に必要な“強いガンマ線”に耐性がある。放射線耐性を持つメモリが本格的に登場したことで、これまでは搭載できなかった機能を医療機器に実装できる可能性が出てきた。(2014/7/10)

導入事例:
東大宇宙線研究所が計算システムを刷新 演算性能を10倍に
東京大学宇宙線研究所は、宇宙線観測データを蓄積・高速解析するための計算機システムを刷新。整数演算性能を従来比で約10倍にしたほか、ストレージの増強やデータ入出力性能の向上などを図っている。(2014/1/24)

高精度で短時間計測が可能に:
除染作業の切り札となるか!? 小型・軽量ガンマ線撮像用コンプトンカメラ製品化
浜松ホトニクスと早稲田大学は、科学技術振興機構(JST) 先端計測分析技術・機器開発プログラムの一環として、高感度で実用的な角度分解能を併せ持つ、携帯可能なガンマ線撮像用「コンプトンカメラ」の実用化に成功した。(2013/9/10)

あれから2年:
オールジャパンで挑む災害対策ロボット開発、実用化への道は?
東日本大震災および東京電力・福島第一原子力発電所の事故発生当初、われわれに突き付けられたのは「日本の災害対策ロボットは実用レベルに達していない」という現実だった。あれから2年――。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「災害対応無人化システム研究開発プロジェクト」の下、開発を進めてきた最新鋭の国産災害対策ロボット技術がプロジェクト完了を受けて一斉公開された。技術・運用面での課題はクリアできているのか? そして、実用への道は開けるのか?(2013/3/11)

ソフトバンクBB、iPhone/iPad用の放射線測定器などを発売
ソフトバンクBBは、iPhone/iPad/iPod touchで放射線量の測定が可能な「Pocket Geiger Type4」を発売する。(2012/12/21)

災害対応ロボット開発の最新成果を披露:
福島原発での活躍に期待、先行探査型ロボット「Sakura」と「災害対策用ロボットスーツHAL」
千葉工業大学および移動ロボット研究所からなるグループと、CYBERDYNEは、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が実施している「災害対応無人化システム研究開発プロジェクト」において、それぞれコンセプトの異なる災害対応ロボットを新たに開発した。(2012/10/15)

端末価格は実質0円:
ソフトバンクモバイル、「PANTONE 5 107SH」を7月14日に発売
8色をラインアップする放射線測定機能付のスマートフォン「PANTONE 5 107SH」が7月14日から販売される。(2012/7/12)

無線通信技術 RFID:
FRAMを生かして医療・医薬市場を狙う、富士通セミコンのRFIDチップ
医療・医薬品は、RFIDタグの新たな市場の1つと期待されている。ただ、メモリ素子にEEPROMを使う一般的なタイプのRFIDでは、導入が難しい用途がある。放射線を使って滅菌する物品に貼り付けて使う用途だ。富士通セミコンダクターは、得意とするFRAMの特徴を生かして、同用途への提案を活発化させている。(2012/7/5)

写真で解説する「PANTONE 5 107SH」
ソフトバンクモバイルのスマートフォン「PANTONE 5 107SH」は、豊富なカラーバリエーションが人気のPANTONEシリーズ最新作。「放射線測定機能」という他のモデルにない独自機能を備えているのも大きな特長だ。(2012/7/3)

発売は7月中旬以降の予定:
放射線を測定できる「PANTONE 5」、6月22日に事前予約を開始――基本料無料キャンペーンも実施
ソフトバンクモバイルは、世界で初めて放射線測定機能を搭載したスマートフォン「PANTONE 5 107SH」の事前予約を6月22日に開始する。MNPや機種変更で端末を購入すると、基本料が無料になるキャンペーンも実施する。(2012/6/18)

石野純也のMobile Eye(5月28日〜6月8日):
プラチナバンドとウィルコム連携に注目のソフトバンク/LTE強化を目指すイー・アクセス
前回のドコモとauの夏モデルに引き続き、今回はソフトバンク、ウィルコム、イー・モバイルの夏モデルについてお伝えする。ソフトバンクモバイルは900MHz帯を使う「プラチナバンド」、ウィルコムはPHS+3G対応の「DIGNO DUAL」、イー・モバイルは新型LTEルーターが話題を集めた。(2012/6/8)

新開発の専用ICにより55%小型化:
放射線測定機能付きスマホを支える、シャープの放射線センサーモジュール
ソフトバンクモバイルから発売される放射線測定機能付きAndroidスマートフォン「PANTONE 5」(SoftBank 107SH)を開発するシャープは、スマートフォンなどのモバイル機器に搭載可能な放射線センサーモジュール「QM1H0M005x」の販売を開始する。(2012/6/6)

シャープ、放射線測定機能付きスマートフォンを発売。ボタンひとつでかんたん測定
常時測定のほか、測定履歴を地図上に表示することも可能とのこと。(2012/5/29)

スマホ初のPANTONE、防水・防塵対応で放射線測定機能も――「PANTONE 5 107SH」
カラフルなPANTONEケータイがスマホになって登場。幅58ミリのコンパクトなボディに放射線測定機能を装備し、気になる場所ですぐ測定できる。(2012/5/29)

被災地の除染活動に貢献:
東芝、放射線を色で可視化する「ポータブルガンマカメラ装置」量産へ
東芝は、2011年12月に発表した放射線量を色で可視化する「ポータブルガンマカメラ装置」の生産体制を構築し、販売および撮影サービスの提供開始を決定した。量産効果により、発表当初に報じられた価格よりも低価格になる見込みだ。(2012/4/16)

「早野黙れ」と言われたけど……科学者は原発事故にどう向き合うべきか
3月11日の東日本大震災にともない、発生した福島第一原発事故。日本科学未来館で行われたイベント「未来設計会議第2回『科学者に言いたいこと、ないですか?』」で、東京大学の早野龍五教授は、科学者の本分は「データの出典を示して、解析して、公開して、議論することである」という思いのもと、情報を発信し続けていると語った。(2011/12/29)

福島市と共同で実証実験を開始:
「目に見えない放射線を“色”で可視化」――東芝、ポータブルガンマカメラ装置を開発
東芝は放射線量を「赤」「黄」「緑」「青」と色の変化で表示できる持ち運び可能な「ポータブルガンマカメラ」装置を開発。特定に時間のかかる「ホットスポット」の発見に役立ちそうだ。(2011/12/13)

正しく怖がる第一歩:
見えない不安を見える数字に――放射能線量計を持って、東京・福島を行く(前編)
放射線量に右往左往するケースが目立つが、実際にガイガーカウンターを測ってみたらどうだろうか。筆者が東京と福島で実地計測する。(2011/10/31)

市販のサラダは何ベクレル? 秋葉原で放射能測定を体験した
今後数十年、私たち日本人が付き合っていかなければならない放射能問題。生活の基礎となる食品の放射線量測定を行える施設が秋葉原にできたと聞き、実際に体験してみることにした。(2011/10/20)

CEATEC 2011 フォトギャラリー:
写真で振り返るCEATEC(後編) あのスパコンの“トーフ”、ドコモの食品サンプル……
エレクトロニクス業界の一大イベント「CEATEC 2011」の注目展示を写真で振り返るフォトギャラリーの後編。世界第1位に輝いたあのスーパーコンピュータに搭載された“トーフ”とは? そしてNTTドコモのブースに並んだ食品サンプルはいったい何のデモ?(2011/10/11)

萩原栄幸が斬る! IT時事刻々:
噂は本当だった、放射線測定器のデタラメ
原発事故を契機に自身の手で放射線を測定しようという市民が増えている。安価な測定器には問題が多いというのが専門家の見解だったが、それを裏付ける調査結果が発表された。(2011/9/17)

Androidスマホで放射線が測定できるセンサー「AndroBeta」
ガイヤージャパンは、Androidスマートフォンと接続する放射線センサー「AndroBeta」を発表した。専用アプリと組み合わせることで、ガンマ線とX線を測定できる。(2011/8/12)

「原発に未来? ない」――蓮池透が語る、原発労働の実態(後編)
北朝鮮による拉致問題で、被害者家族として活動した蓮池透さん。かつて東京電力、しかも福島第1原発で働いた経験を持つ蓮池さんは、今回の大惨事をどのように見ているのだろうか。(2011/6/8)

ボタン1つで測定可能:
レッドスター、国産ガイガーカウンター「Radi」を限定販売
レッドスターが堀場製作所製の放射線測定器「Radi」の予約を開始。価格は15万5800円。(2011/4/11)

原発事故はいつ収束するのか?――東京電力・勝俣恒久会長が事故後初の会見
福島第1原発の事故発生以来、初めてメディアの前に顔を出した東京電力の勝俣恒久会長。指揮を執っていた清水正孝社長が体調不良で緊急入院したことを受けての登場だったが、原発事故収束や損害賠償、発電設備の復旧の見通しなどについて語った。その内容を詳しくお伝えする。(2011/3/31)

製品解剖:
「宇宙雷」を観測する小型衛星、果たして民生品は役に立ったのか
宇宙がより身近なものになりつつある。これまでは、ごく限られた企業や研究機関のみが手掛けてきた人工衛星開発のすそ野が、最近になって広がってきた。回紹介する「スプライト観測衛星(SPRITE-SAT)」は、この相乗り衛星の1つだ。(2009/7/24)

本山由樹子の新作劇場:
ハルクがパワーアップ――「インクレディブル・ハルク」
キャストを一新し、アン・リー版とは別モノとして生まれ変わったNEWハルク。娯楽アクションに徹しているので、アメコミファン以外も楽しめる。(2008/12/15)

Windows Q&A:
64bitプロセッサ
PCやサーバには既に普及している64bitプロセッサ。その背景は? メリット/デメリットは? 互換性は? 急いで移行する必要があるの? Q&A形式で整理して解説する。(2008/7/18)

+D Style 最新シネマ情報:
「インクレディブル・ハルク」
マーベル・コミックの看板ヒーロー「ハルク」が、2003年に引き続き映画化。監督は「トランスポーター」シリーズのルイ・レテリエ、主人公はエドワード・ノートン、ヒロインにはリブ・タイラーを起用し、新たなキャストで原作の世界観を表現した。(2008/7/16)

科学なニュースとニュースの科学:
最も軽いブラックホールを発見?
先日NASAが直径25kmの“史上最小のブラックホール”を発見したと発表しましたが、ブラックホールとはいったいどういう天体なのか、あらためておさらいしてみましょう。(2008/4/18)

重イオンビームが咲かせた白いナデシコ新品種 理研、改良期間の短縮に成功
重イオンビームを使い、従来は10年近くかかっていたナデシコの品種改良を3年に短縮することに、理研などのグループが成功した。新手法による白いナデシコの新品種を開発。一般販売が始まった。(2008/4/17)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.