政府 に関する記事 政府 に関する質問

「政府」最新記事一覧

旧正月で中華系が急増:
訪日外国人、過去最高の138万人超え
日本政府観光局が訪日外国人数の最新データを発表。2015年2月は月間で過去最高となる138万人7000人に上った。(2015/3/18)

Twitterアカウント「@japan」、政府が運用開始 スペインの男性から譲り受け
政府がTwitterアカウント「@japan」の運用を始めた。海外向け情報発信に活用する。(2015/3/18)

BlackBerry、SamsungのGALAXYベースのタブレット「SecuTABLET」を発表
かつて「PlayBook」というタブレットを販売していたBlackBerryが、SamsungおよびIBMと協力し、「GALAXY Tab S 10.5」ベースのセキュアなタブレット「SecuTABLET」を企業や政府機関向けに発売する。(2015/3/16)

「著作権侵害の非親告罪化」「保護期間延長」はTPP交渉から除外を――ネット関連団体の声明、政府に提出 68団体・283人賛同
TPPの知財分野の交渉について、十分な情報公開と、著作権侵害の非親告罪化や著作権保護期間の延長などを妥結案から除外するようを求める声明を、ネット関連団体が西村内閣府副大臣に手渡した。引き続き賛同者を募っている。(2015/3/13)

電気自動車:
政府が電気自動車の高速道路料金を補助、先着4万台まで
経済産業省は、平成26年度補正予算を活用した、電気自動車やプラグインハイブリッド車などの普及に向けた施策を発表。電気自動車などを購入する際の補助金や、充電インフラ整備を促進するための補助金に加えて、電気自動車やプラグインハイブリッド車の高速道路の利用実態調査を目的とする調査協力費の支給を新たに行う。(2015/3/12)

「マインクラフト」は子どもに暴力を奨励する? トルコ政府が「禁止するべき」と結論
「こんなに平和なゲームもないと思う」など疑問の声も。(2015/3/11)

自然エネルギー:
水力・地熱・バイオマスでは2030年に15%が限界、期待は太陽光と風力
2030年のエネルギーミックスで最大の焦点になるのが再生可能エネルギーの比率だ。25〜30%が有力だが、天候の影響を受ける太陽光と風力をどのくらい見込むかで大きな差が出る。政府の試算によると、天候の影響を受けにくい水力・地熱・バイオマスだけでは15%程度が限界である。(2015/3/11)

宇宙開発:
日本の新たな宇宙計画、その背景にある安全保障と宇宙産業の関係性
日本政府が2015年1月に発表した新宇宙基本計画。安全保障分野に関する宇宙利用の拡大など、日本の長期的な宇宙政策のビジョンが示された。この計画が策定された背景について、内閣府 宇宙戦略室の初代室長を務めた京都大学の西本淳哉氏が語った。(2015/3/10)

戦艦「武蔵」発見、8年にわたる探索実る ポール・アレン氏、乗組員悼み日本政府と協力の意向
海底に沈む戦艦「武蔵」を発見した米Microsoft共同創業者のポール・アレン氏は、8年以上にわたって海底に眠る巨大戦艦を探索してきたという。(2015/3/4)

法制度・規制:
電力消費量は2030年までに18%増える、省エネ対策なしの想定値
政府は2030年のエネルギーミックス(電源構成)を検討する中で、第1に省エネの効果を最大限に発揮することを前提に必要な電力量を見極める方針だ。経済が成長するのに合わせて省エネ対策を実施しないと、2030年の電力消費量は2012年と比べて18%増加すると予測している。(2015/3/2)

日本の宇宙産業が反転攻勢 三菱電機の強み、“現場力”で課題克服
政府が1月に今後10年の新宇宙基本計画をまとめ、関連産業の再強化を打ち出すなか、各メーカーは国内で積み上げた実績を海外での受注拡大にもつなげようと意気込む。(2015/2/23)

電子ブックレット/法制度・規制:
動き出す電力システム改革−VI
全国の自治体が運営する発電所は水力を中心に数多くある。大半は電力会社と売電契約を結んでいるが、従来は規制によって単価が安く抑えられてきた。小売の全面自由化に合わせて卸電力の規制も撤廃することから、政府は自治体向けに売電契約の見直しを促すためのガイドラインを設ける。(2015/2/18)

「Apple Pay」を米連邦政府が採用 サイバーセキュリティの官民連携の一環で
Appleのティム・クックCEOは米連邦政府主催のサイバーセキュリティサミットに登壇し、サイバー攻撃から国民を守るための政府の取り組みへの協力と、モバイル決済システム「Apple Pay」の連邦政府による採用について語った。(2015/2/16)

法制度・規制:
エネルギーミックスに3つの指標、発電コスト、CO2排出量、自給率
政府が検討中のエネルギーミックスの方向性が具体的になってきた。2030年の電源構成を決めるにあたって3つの指標を重視する方針だ。経済性の観点で発電コスト、環境性でCO2排出量、安定性の面では自給率の改善を目指す。省エネと再エネの最大化を前提に、原子力と火力の比率を決める。(2015/2/16)

スマートハウス:
戸建住宅で「ゼロエネルギー」は本当に可能なのか
積水化学工業は2015年2月、太陽光発電システムを搭載した住宅の電力収支について、調査結果を発表した。政府のいうゼロエネルギーを達成した住宅は66%に達している。光熱費では、全調査対象の中央値でも年間1万7000円の黒字だった。(2015/2/12)

だぶつく「一円玉」消費増税の誤算 増えたのは「十円玉」……なぜ?
消費税率の引き上げをめぐり、政府が「もう一つの誤算」に見舞われた。「需要が増えるはず」と見込んで製造枚数を増やした一円玉は流通枚数が減ってだぶつく一方、十円玉と五十円玉は需要が伸びたのだ。(2015/2/10)

ロボット革命実現会議:
“ロボット革命”を実現する手段とは、政府「ロボット新戦略」を読み解く(後編)
ロボットによる新たな産業革命を目指して開催された「ロボット革命実現会議」では、向こう5年で実行すべき具体的な計画についても議論された。本稿では“ロボット革命”実現に向けた、報告書の提案について読み解く。(2015/2/10)

法制度・規制:
再生可能エネルギーの出力制御に課題、運用は電力会社に依存
再生可能エネルギーによる発電設備の導入量を拡大するために、政府は緊急対策として出力制御の新ルールを導入した。太陽光と風力の発電量を抑制することが目的だが、実際に出力を制御する対象を選ぶのは電力会社である。一部の事業者が不利になる可能性があるほか、出力制御の方法も未定だ。(2015/2/5)

「『イスラム国』の呼称やめて」の声 政府は「ISIL」
「国ではないのに」「イスラム全体のように誤認される」と、呼称を変えるべきとの意見が挙がっている。(2015/2/4)

法制度・規制:
原子力をやめられない日本政府、国内の産業維持と米国の期待が背景に
多くの国民の反対をよそに原子力発電所の再稼働を進める日本政府には、表向きの理由とは別に2つの事情がある。1つは400社を超える国内の原子力産業を維持することであり、もう1つは東アジア地域の核拡散防止にあたって日本を最強のパートナーと位置づける米国政府の期待だ。(2015/2/4)

京大病院の“情シス”に聞く(後編):
真の「医療×IT」を実現するために、求められる電子カルテシステムとは?
日本で電子カルテが始まって約15年。政府が掲げた目標ほどには電子カルテシステムは普及していない現状がある。その理由を京大病院の“情シス”、黒田教授に教えてもらった。(2015/2/4)

ロボット革命実現会議:
「ロボット革命」と「3つの世界一」、政府「ロボット新戦略」を読み解く(前編)
日本再興戦略の一環として開催されていた、有識者会議「ロボット革命実現会議」の議論結果が公開された。前後編に渡り、その提言書を読み解く。(2015/2/3)

法制度・規制:
2030年のエネルギーミックス、火力発電を5割まで低減
将来の電源構成を決める「エネルギーミックス」の議論が政府の委員会で始まった。最大の目的は2030年の発電量の構成比率を決めることで、火力と原子力の廃炉を進めながら、再生可能エネルギーの導入量を30%程度まで増やせるか。CO2排出量の削減に向けて石油火力はほぼゼロになる。(2015/2/3)

産業用ロボット:
製造現場での普及を2倍に、ロボット新戦略が目指すロボットと共に働く未来
日本政府が主催する「ロボット革命実現会議」は、ロボット活用の技術的および規制面でのロードマップを示した「ロボット新戦略」を発表した。本稿では、この新戦略の中で示されている「モノづくり」分野への取り組みにフォーカスし、その内容を紹介する。(2015/2/2)

動き出す電力システム改革(29):
電力市場の監視委員会が2015年内に発足、小売の競争と送配電の中立を図る
政府は電力システム改革が確実に機能するように市場の監視体制を強化する。新たに「電力市場監視委員会」を2015年内に発足させて、小売全面自由化と発送電分離に備える方針だ。事業者の情報収集や立入検査を実施して、ルールに違反している場合には業務改善勧告を出す権限も与える。(2015/1/29)

「イスラム国」拘束で新映像 人質交換の要求通らなければ後藤さんを「24時間以内に殺害」と警告
リシャウィ死刑囚の解放なくば、ヨルダン軍パイロットも殺害するとヨルダン政府にも揺さぶり。(2015/1/28)

EE Times Japan Weekly Top10:
政府の後押し強まる、中国半導体業界
EE Times Japanで先週(2015年1月17〜23日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2015/1/26)

宇宙ビジネスの新潮流:
宇宙ビジネス先進国の法整備はいかに進んでいるか
2015年初に政府が決定した「宇宙基本計画」では、今後10年間の宇宙関連産業の政策方針が定められた。この分野で日本の先を行く米国では、どのような政策や法整備がなされているのだろうか。(2015/1/24)

組み込み開発ニュース:
IoTが2030年までに世界で生み出す市場規模は14兆ドル、日本では1兆ドルに
アクセンチュアは、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)に関する最新調査を発表。IoTの世界市場規模は2030年までの累積で14兆2000億米ドル(約1677兆円)に拡大する可能性があるという。その一方で、政府や企業が新たなデジタル技術を活用するための十分な対策を講じていないと、IoTの潜在的な利益を喪失する恐れがあると指摘した。(2015/1/23)

補助金:
2015年度のエネルギー関連予算は実質11%増、補正予算と合わせて1兆円を超える
政府は国の競争力を左右するエネルギーコストの低減に向けて、2015年度も引き続き巨額の予算を投入する。2014年度の補正予算と合わせて1兆円を超える規模で、省エネ対策の徹底、水素社会の実現、再生可能エネルギーの導入拡大を推進していく方針だ。(2015/1/15)

法制度・規制:
ガスの小売全面自由化は2017年4月、電力とセット販売が可能に
電力と並行してガスの小売全面自由化を2017年4月に実施することが確実になった。政府の委員会がガス市場の改革案として示したもので、家庭を中心とする小口の利用者にも自由な料金設定でガスを販売できるようになる。ガス会社の導管事業の分離を含めて、電力と同様の市場開放が進む。(2015/1/15)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版 :CIOがハマる5つの落とし穴
iPhone版OfficeやDropboxとの連携など、Office戦略を大きく転換。さらに.NETのオープンソース化などを打ち出したMicrosoftの真意は? 他に、DevOpsに潜む落とし穴やメッセージングツールの暗号化に難色を示す政府機関、クラウドデスクトップの最新動向などをお届けする。(2015/1/14)

「暗号化が警察の捜査を妨害している」だって
セキュアなメッセージングツールの普及に「待った!」をかける政府機関
米EFFが、セキュアなメッセージングツール選びの参考になるスコアカードを公開。あのツールは暗号化されていない!? 一方、政府機関は「犯罪に利用されるから」と暗号化を控えるようにベンダーに要請している。(2015/1/14)

補助金:
エネルギー対策に3515億円の補正予算、再エネ接続保留の緊急対応に809億円
政府は2014年度の補正予算でエネルギー対策に3515億円を投入する。前年度の930億円から大幅に増やして、最優先の課題として取り組む。特に大きな予算を割り当てる分野は2つ。地域の工場や店舗に省エネ機器を導入する補助金と、再生可能エネルギーの接続保留に関する緊急対策である。(2015/1/13)

政府の「サイバーセキュリティ戦略本部」が正式発足、NISCも改組
サイバーセキュリティ基本法に基づく「サイバーセキュリティ戦略本部」が設置され、NISCも「内閣サイバーセキュリティセンター」に改組された。(2015/1/9)

訪日外国人は過去最高に:
「東京五輪」追い風、「観光立国」確立のカギは“おもてなし”
2年連続で1000万人の大台を超えた訪日外国人数だが、政府が掲げるのは5年後に2000万人という目標だ。その見通しやいかに――。(2015/1/9)

2015年の電力メガトレンド(5):
「ネット・ゼロ・エネルギー」が現実に、オフィスビルや住宅にも広がる
節電と発電を組み合わせてエネルギー消費量をゼロにする「ネット・ゼロ・エネルギー」の取り組みが活発だ。政府の補助金の効果もあって、オフィスビルや店舗で実施するケースが増えている。住宅でも最新のスマートハウスに蓄電池を組み込んで、光熱費をゼロ以下に抑える事例が出てきた。(2015/1/9)

Computer Weekly:
セキュアなメッセージングツールの普及に「待った!」をかける政府機関
米EFFが、セキュアなメッセージングツール選びの参考になるスコアカードを公開。あのツールは暗号化されていない!? 一方、政府機関は「犯罪に利用されるから」と暗号化を控えるようにベンダーに要請している。(2015/1/7)

電子ブックレット/法制度・規制:
動き出す電力システム改革−V
小売の全面自由化によって事業者間の販売競争は激しくなる。再生可能エネルギーによる電力で顧客を獲得する事業者の増加も予想されるが、その際の宣伝方法に関して政府はガイドラインを設けて規制する方針だ。固定価格買取制度の交付金を受けた電力は制約を受ける可能性が大きい。(2015/1/7)

SPEサイバー攻撃をめぐり米連邦政府が北朝鮮制裁を強化 北朝鮮は反発
米連邦政府は1月2日、SPEへのサイバー攻撃への対抗措置として、北朝鮮に金融制裁を科すと決定した。北朝鮮は4日、この決定は「自国の体面を取り繕う行為であり、逆効果だ」と反発した。(2015/1/5)

2015 CES:
1000ドル以下のスマートメガネ「AR Smart Glasses」が年内発売へ
政府や企業向けAR端末を手掛ける米Osterhout Design Groupが、Androidベースのスマートメガネを年内に1000ドルで発売すると発表した。3Dゲームを楽しんだり、ARを利用したハンズフリーの道案内機能などが利用できる。(2015/1/5)

医療データ、民間にも解禁 政府、研究利用拡大で医療費抑制
政府は、診療報酬明細書(レセプト)や特定健診などの医療データの研究利用を促進する規制緩和を検討している。(2015/1/5)

動き出す電力システム改革(26):
電力会社との売電契約を解消しやすく、自治体に競争入札を促す
全国の自治体が運営する発電所は水力を中心に数多くある。大半は電力会社と売電契約を結んでいるが、従来は規制によって単価が安く抑えられてきた。小売の全面自由化に合わせて卸電力の規制も撤廃することから、政府は自治体向けに売電契約の見直しを促すためのガイドラインを設ける。(2015/1/5)

北朝鮮、同国のインターネット障害は米国の攻撃によるとしてオバマ大統領を猿呼ばわり
北朝鮮政府は同国のインターネットが12月22日にかけて接続できなくなったのは米国の攻撃によるものだとし、また、SPEに北朝鮮パロディ映画の上映を“そそのかした”オバマ大統領を「熱帯林の中で生息する猿」と表現した。(2014/12/28)

「ドローン」航空法で規制 民間企業の利用急増、事故や軍事転用を懸念
政府は、航空法を改正し、無人飛行型ロボットの運用を規制する方針を固めた。災害対策や農薬散布などで無人機を利用した事業を展開する民間企業が増えており、具体的な運用ルールを設けて安全性の確保を図る。(2014/12/26)

補助金:
全国23カ所で地熱発電の調査、65億円の国家予算を投入
日本の再生可能エネルギーの中で開発が最も遅れている地熱発電の拡大に向けて、政府は総額65億円にのぼる2014年度の助成金の交付対象を確定した。北海道から宮崎県まで23件のプロジェクトに対して、地熱発電を開始するために必要な地表調査や掘削調査の費用を助成する。(2014/12/26)

北朝鮮、SPE攻撃関与を“言い掛かり”として米本土への“超強硬対応戦”を宣言
ソニー・ピクチャーズへのサイバー攻撃と北朝鮮風刺映画上映阻止は北朝鮮によるものと米連邦政府が断定し、“相応の対応をする”と発表したことに対し、北朝鮮は“根拠のない言い掛かり”であり、米国に対して“超強硬対応戦”を繰り広げるという声明を発表した。(2014/12/22)

自然エネルギー:
最先端の海洋エネルギー発電設備が水没、佐賀県の加部島の沖合で
政府が海洋エネルギーの実証フィールドに選定した佐賀県の沖合で進んでいた発電設備の設置工事が突如中断した。洋上の風力と海中の潮流の両方で発電できる画期的なシステムだが、12月18日に水没してしまった。事業者の三井海洋開発は水没した設備を回収して計画を練り直す。(2014/12/22)

FBI、「SPE攻撃は北朝鮮が関与」と公式発表
米連邦捜査局はソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(SPE)への大規模サイバー攻撃は「北朝鮮政府に責任があると判断するに十分な情報を持った」と発表し、「こうした脅迫は国家として許されるものではない」と非難した。(2014/12/20)

「SPE攻撃は北朝鮮が命令」と米当局が判断か、依然疑問の声も
米主要メディアは、ソニー・ピクチャーズへの攻撃は北朝鮮政府の命令で実行されたと米当局が断定したと伝えた。一方で、攻撃には内部関係者が絡んでいて、国家の仕業に見せかける狙いで北朝鮮説に便乗したとの見方もある。(2014/12/19)



普及の途上にあるウェアラブルデバイスの本命と見られるAppleのスマートウォッチ。ウェアラブルデバイスはどの製品も、明確かつ魅力的な用途を提案できていない感があるが、この製品をきっかけに市場が確立すると見る識者も多い。

Windows 10と同じく今年下半期にリリースが予定される次世代Office。Microsoftの主力製品としてWindows同様に常にユーザーの厳しい目にさらされており、その製品の出来が世界中の企業の生産性に影響するお化け製品だ。

大ヒットした艦これの要素を踏襲するように、日本刀を擬人化したブラウザゲーム。男性キャラばかりなので女性プレイヤーばかりかと思えばそうでもない。艦これの「提督」に対し、プレイヤーは「審神者(さにわ)」と呼ばれ、今やネット上では提督同様に目立っている。

All material on this site Copyright © 2005 - 2015 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.