政府 に関する記事 政府 に関する質問

「政府」最新記事一覧

「SNSは暴力扇動行為の根絶に協力すべき」 フランス政府、SNS各社の責任求め国際的な枠組み呼び掛け
フランスの大臣が、暴力を扇動するメッセージの拡散にSNSが使われているとして、SNS各社に問題への共同責任を負わせる国際的な法的枠組みの構築に各国が共同で取り組むよう呼び掛けた。(ロイター)(2015/1/28)

「イスラム国」拘束で新映像 人質交換の要求通らなければ後藤さんを「24時間以内に殺害」と警告
リシャウィ死刑囚の解放なくば、ヨルダン軍パイロットも殺害するとヨルダン政府にも揺さぶり。(2015/1/28)

EE Times Japan Weekly Top10:
政府の後押し強まる、中国半導体業界
EE Times Japanで先週(2015年1月17〜23日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2015/1/26)

宇宙ビジネスの新潮流:
宇宙ビジネス先進国の法整備はいかに進んでいるか
2015年初に政府が決定した「宇宙基本計画」では、今後10年間の宇宙関連産業の政策方針が定められた。この分野で日本の先を行く米国では、どのような政策や法整備がなされているのだろうか。(2015/1/24)

組み込み開発ニュース:
IoTが2030年までに世界で生み出す市場規模は14兆ドル、日本では1兆ドルに
アクセンチュアは、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)に関する最新調査を発表。IoTの世界市場規模は2030年までの累積で14兆2000億米ドル(約1677兆円)に拡大する可能性があるという。その一方で、政府や企業が新たなデジタル技術を活用するための十分な対策を講じていないと、IoTの潜在的な利益を喪失する恐れがあると指摘した。(2015/1/23)

補助金:
2015年度のエネルギー関連予算は実質11%増、補正予算と合わせて1兆円を超える
政府は国の競争力を左右するエネルギーコストの低減に向けて、2015年度も引き続き巨額の予算を投入する。2014年度の補正予算と合わせて1兆円を超える規模で、省エネ対策の徹底、水素社会の実現、再生可能エネルギーの導入拡大を推進していく方針だ。(2015/1/15)

法制度・規制:
ガスの小売全面自由化は2017年4月、電力とセット販売が可能に
電力と並行してガスの小売全面自由化を2017年4月に実施することが確実になった。政府の委員会がガス市場の改革案として示したもので、家庭を中心とする小口の利用者にも自由な料金設定でガスを販売できるようになる。ガス会社の導管事業の分離を含めて、電力と同様の市場開放が進む。(2015/1/15)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版 :CIOがハマる5つの落とし穴
iPhone版OfficeやDropboxとの連携など、Office戦略を大きく転換。さらに.NETのオープンソース化などを打ち出したMicrosoftの真意は? 他に、DevOpsに潜む落とし穴やメッセージングツールの暗号化に難色を示す政府機関、クラウドデスクトップの最新動向などをお届けする。(2015/1/14)

「暗号化が警察の捜査を妨害している」だって
セキュアなメッセージングツールの普及に「待った!」をかける政府機関
米EFFが、セキュアなメッセージングツール選びの参考になるスコアカードを公開。あのツールは暗号化されていない!? 一方、政府機関は「犯罪に利用されるから」と暗号化を控えるようにベンダーに要請している。(2015/1/14)

補助金:
エネルギー対策に3515億円の補正予算、再エネ接続保留の緊急対応に809億円
政府は2014年度の補正予算でエネルギー対策に3515億円を投入する。前年度の930億円から大幅に増やして、最優先の課題として取り組む。特に大きな予算を割り当てる分野は2つ。地域の工場や店舗に省エネ機器を導入する補助金と、再生可能エネルギーの接続保留に関する緊急対策である。(2015/1/13)

政府の「サイバーセキュリティ戦略本部」が正式発足、NISCも改組
サイバーセキュリティ基本法に基づく「サイバーセキュリティ戦略本部」が設置され、NISCも「内閣サイバーセキュリティセンター」に改組された。(2015/1/9)

訪日外国人は過去最高に:
「東京五輪」追い風、「観光立国」確立のカギは“おもてなし”
2年連続で1000万人の大台を超えた訪日外国人数だが、政府が掲げるのは5年後に2000万人という目標だ。その見通しやいかに――。(2015/1/9)

2015年の電力メガトレンド(5):
「ネット・ゼロ・エネルギー」が現実に、オフィスビルや住宅にも広がる
節電と発電を組み合わせてエネルギー消費量をゼロにする「ネット・ゼロ・エネルギー」の取り組みが活発だ。政府の補助金の効果もあって、オフィスビルや店舗で実施するケースが増えている。住宅でも最新のスマートハウスに蓄電池を組み込んで、光熱費をゼロ以下に抑える事例が出てきた。(2015/1/9)

Computer Weekly:
セキュアなメッセージングツールの普及に「待った!」をかける政府機関
米EFFが、セキュアなメッセージングツール選びの参考になるスコアカードを公開。あのツールは暗号化されていない!? 一方、政府機関は「犯罪に利用されるから」と暗号化を控えるようにベンダーに要請している。(2015/1/7)

電子ブックレット/法制度・規制:
動き出す電力システム改革−V
小売の全面自由化によって事業者間の販売競争は激しくなる。再生可能エネルギーによる電力で顧客を獲得する事業者の増加も予想されるが、その際の宣伝方法に関して政府はガイドラインを設けて規制する方針だ。固定価格買取制度の交付金を受けた電力は制約を受ける可能性が大きい。(2015/1/7)

SPEサイバー攻撃をめぐり米連邦政府が北朝鮮制裁を強化 北朝鮮は反発
米連邦政府は1月2日、SPEへのサイバー攻撃への対抗措置として、北朝鮮に金融制裁を科すと決定した。北朝鮮は4日、この決定は「自国の体面を取り繕う行為であり、逆効果だ」と反発した。(2015/1/5)

2015 CES:
1000ドル以下のスマートメガネ「AR Smart Glasses」が年内発売へ
政府や企業向けAR端末を手掛ける米Osterhout Design Groupが、Androidベースのスマートメガネを年内に1000ドルで発売すると発表した。3Dゲームを楽しんだり、ARを利用したハンズフリーの道案内機能などが利用できる。(2015/1/5)

医療データ、民間にも解禁 政府、研究利用拡大で医療費抑制
政府は、診療報酬明細書(レセプト)や特定健診などの医療データの研究利用を促進する規制緩和を検討している。(2015/1/5)

動き出す電力システム改革(26):
電力会社との売電契約を解消しやすく、自治体に競争入札を促す
全国の自治体が運営する発電所は水力を中心に数多くある。大半は電力会社と売電契約を結んでいるが、従来は規制によって単価が安く抑えられてきた。小売の全面自由化に合わせて卸電力の規制も撤廃することから、政府は自治体向けに売電契約の見直しを促すためのガイドラインを設ける。(2015/1/5)

北朝鮮、同国のインターネット障害は米国の攻撃によるとしてオバマ大統領を猿呼ばわり
北朝鮮政府は同国のインターネットが12月22日にかけて接続できなくなったのは米国の攻撃によるものだとし、また、SPEに北朝鮮パロディ映画の上映を“そそのかした”オバマ大統領を「熱帯林の中で生息する猿」と表現した。(2014/12/28)

「ドローン」航空法で規制 民間企業の利用急増、事故や軍事転用を懸念
政府は、航空法を改正し、無人飛行型ロボットの運用を規制する方針を固めた。災害対策や農薬散布などで無人機を利用した事業を展開する民間企業が増えており、具体的な運用ルールを設けて安全性の確保を図る。(2014/12/26)

補助金:
全国23カ所で地熱発電の調査、65億円の国家予算を投入
日本の再生可能エネルギーの中で開発が最も遅れている地熱発電の拡大に向けて、政府は総額65億円にのぼる2014年度の助成金の交付対象を確定した。北海道から宮崎県まで23件のプロジェクトに対して、地熱発電を開始するために必要な地表調査や掘削調査の費用を助成する。(2014/12/26)

北朝鮮、SPE攻撃関与を“言い掛かり”として米本土への“超強硬対応戦”を宣言
ソニー・ピクチャーズへのサイバー攻撃と北朝鮮風刺映画上映阻止は北朝鮮によるものと米連邦政府が断定し、“相応の対応をする”と発表したことに対し、北朝鮮は“根拠のない言い掛かり”であり、米国に対して“超強硬対応戦”を繰り広げるという声明を発表した。(2014/12/22)

自然エネルギー:
最先端の海洋エネルギー発電設備が水没、佐賀県の加部島の沖合で
政府が海洋エネルギーの実証フィールドに選定した佐賀県の沖合で進んでいた発電設備の設置工事が突如中断した。洋上の風力と海中の潮流の両方で発電できる画期的なシステムだが、12月18日に水没してしまった。事業者の三井海洋開発は水没した設備を回収して計画を練り直す。(2014/12/22)

FBI、「SPE攻撃は北朝鮮が関与」と公式発表
米連邦捜査局はソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(SPE)への大規模サイバー攻撃は「北朝鮮政府に責任があると判断するに十分な情報を持った」と発表し、「こうした脅迫は国家として許されるものではない」と非難した。(2014/12/20)

「SPE攻撃は北朝鮮が命令」と米当局が判断か、依然疑問の声も
米主要メディアは、ソニー・ピクチャーズへの攻撃は北朝鮮政府の命令で実行されたと米当局が断定したと伝えた。一方で、攻撃には内部関係者が絡んでいて、国家の仕業に見せかける狙いで北朝鮮説に便乗したとの見方もある。(2014/12/19)

法制度・規制:
再生可能エネルギーを抑えて原子力を最大に、世界の潮流に逆行する日本の電力
電力会社による再生可能エネルギーの接続保留をきっかけに、解決に向けた議論が各方面で繰り広げられてきた。しかし政府と電力会社は旧態依然の考え方に固執したままである。再生可能エネルギーの導入量を抑制する一方で、停止中の原子力発電所は古い設備を含めてフル稼働させる方針だ。(2014/12/17)

電力供給サービス:
750万台のスマートメーターが2015年度に、小売事業者の設置も認める
全国で8000万以上の家庭や企業にスマートメーターを導入する計画が着々と進んでいる。2015年度には九州を除く9つの電力会社が導入を開始して、年間に750万台を設置する計画だ。政府は電力会社以外の小売事業者にも設置を認める方向で、事業者間の責任分担などの検討を開始した。(2014/12/12)

環境保護団体グリーンピースが“ナスカの地上絵”そばの平原に抗議文 批判受け謝罪
過度な抗議活動への謝罪をペルー政府に行う予定。(2014/12/11)

Uber、乗客レイプ事件でデリーから締め出し
Uberがデリーで採用したドライバーによる乗客レイプ事件で、政府当局がUberのデリーでの営業を禁止した。当局はUberがドライバー採用に際して義務付けられている経歴チェックを怠ったとしているが、Uberは明確な義務付けはされていないと主張しつつ、今後プロセス改善で政府に協力するとしている。(2014/12/9)

そんなに遅いのか:
リニアの大阪延伸が早まる!? 政府が“ウルトラC”模索
リニアの大阪延伸をめぐり、自民党がJR東海との神経戦を繰り広げている。東京(品川)−名古屋間の開業予定は2027年、大阪まで結ばれるのはその18年後。大阪の経済界だけでなく、自民党からも「そんなに遅いのか」との声が日増しに強まっている。(2014/12/9)

ビジネスニュース 業界動向:
米政府機関、デジタルヘルスケア製品のガイドライン策定へ
デジタルヘルス製品の増加に対応すべく、米国食品医薬品局(FDA:Food and Drug Administration)は、これらの製品の安全対策やソフトウェアのガイドラインについて整えていく方針だ。(2014/12/8)

法制度・規制:
固定価格買取制度の改正案、買取価格に「9カ月ルール」を導入
固定価格買取制度の見直しを進める政府の委員会が2015年度の改正案を提示し始めた。買取価格の決定時期を契約締結時に変更するほか、地熱・水力・バイオマス・住宅用太陽光の優先度を引き上げる。発電設備の増加に伴う送変電設備の増強工事には入札募集方式を導入することも確実になった。(2014/12/3)

世界16カ国の重要インフラにサイバー攻撃、航空保安情報など盗む
16カ国で主に航空・運輸、エネルギー、石油、ガス、通信などのインフラ企業や政府機関が狙われていた。(2014/12/3)

NHK報道スタンスに変化? 「政府寄り」怒る市民団体、バランス評価の声も
NHKの報道やニュース番組のスタンスの変化を指摘する向きが出ている。「全般的にかつてのように政府批判のための批判」のようなトーンが消えてきたというのだ。批判の声があがる一方、バランスを評価する意見もある。(2014/11/28)

エネルギー管理:
ネット・ゼロ・エネルギーの建物が増える、平均42%の省エネ効果に
政府が2012年度から補助金を出して推進している「ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)」の実施効果が年々高まってきた。2014年度の補助金を受けて対策を実施した建物では、化石燃料を中心とする一次エネルギーの消費量が平均42%も削減できている。(2014/11/28)

法制度・規制:
原子力発電所の取捨選択が進む、2015年7月までに廃炉を判断
国内で57基ある原子力発電所のうち老朽化した設備の廃炉に向けた動きが進んできた。すでに9基の廃炉が決定済みだが、運転開始から40年以上を経過する7基についても2015年7月までに判断する必要がある。これに合わせて政府は懸案になっているエネルギーミックスの目標値も決定する。(2014/11/26)

ファイア・アイCTOに就任した名和氏が解説:
個人情報には見向きもしない、ロシア発のサイバースパイ活動「APT28」
ファイア・アイの最高技術責任者(CTO)に就任した名和利男氏が、ロシア政府から支援を受けた標的型攻撃と思われる「APT28」に関する説明会を開催。機密情報を狙うサイバースパイ活動に対処するため、「潜在的な脅威」を積極的に検知する取り組みが必要だと述べた。(2014/11/25)

極めて高度なスパイ型マルウェア「Regin」出現、国家が関与か?
Reginは政府や個人などに対するスパイ活動に使われているといい、「国家によって使われている主要なサイバースパイツールの1つだ」とSymantecは指摘する。(2014/11/25)

無頓着なユーザーにも問題あり
政府、業界団体の批判でも減らない、アプリの過剰な個人情報収集
英国政府機関やモバイル端末向けセキュリティ団体は、モバイルアプリが過剰に個人情報を収集していると指摘し、それを最小限にするよう呼びかけている。だが、アプリ開発者はあらゆる情報を取得しようとしている。(2014/11/25)

政府のネット監視に対抗、スパイウェア検出ツール公開
Windows向けのオープンソースツール「Detekt」は、各国の政府機関が市民監視に使っているスパイウェアを検出できるという。(2014/11/21)

自然エネルギー:
2050年までのエネルギー技術開発、水素・宇宙太陽光・原子力など36分野で
政府はエネルギー関連の技術開発に関するロードマップを36分野にわたって策定した。エネルギーの生産・流通・消費の3段階をカバーする重要な技術を対象に、2050年までの課題や開発目標をまとめた。水素の重要性を強調したほか、宇宙太陽光発電と原子力発電のロードマップも加えた。(2014/11/21)

政府「暮らしの提案プロジェクト」、アメブロに特設サイト 「女性が暮らしやすい国」提案募集
「女性が暮らしやすい日本」を目指し、ネットやブログを通して提案を募る「暮らしの提案プロジェクト」を政府がスタートした。(2014/11/18)

電気自動車:
トヨタの燃料電池車「MIRAI」は実質500万円弱に、「来るべき水素社会に向けた第一歩」
トヨタ自動車が世界に先がけて燃料電池車の「MIRAI」を12月15日から販売開始する。価格は税込み723万6000円で、政府の補助金などを適用すると500万円弱になる。最初の1年間は東京・名古屋・大阪・福岡の4大都市圏を中心に400台を販売する予定である。(2014/11/18)

本格サイバー攻撃の前触れか、米国務省のメールシステムも標的に
米政府機関を狙った一連の攻撃は、独立系または国家が関与するハッカー集団による「偵察段階」の攻撃かもしれないと専門家はみる。(2014/11/18)

追加輸入:
ヨーグルトや牛乳は足りているのに、なぜバターだけが不足しているのか
今、店頭からバターが消えているのをご存じだろうか。政府は9月下旬、バターと脱脂粉乳を追加輸入すると発表した。バターや脱脂粉乳は生乳から作られるが、牛乳は普通に売られているし、同じく生乳から抽出されるヨーグルトやアイスクリームが足りないという話も聞かない。バターと脱脂粉乳だけが不足し、輸入する事態になってしまった理由は……。(2014/11/18)

「特許権、会社のものへ」の是非 賛成派・反対派の意見は
社員が職務として発明した特許権を「社員のもの」とする特許法を改正し、「会社のもの」とする議論が政府内で進んでいる。訴訟多発への懸念から法改正を求める産業界に対し、反対論も根強い。(2014/11/14)

米郵政公社にサイバー攻撃、職員80万人の個人情報が流出か
米紙Washington Postはこの事件について、中国政府の関与が疑われると報じた。(2014/11/11)

ホワイトペーパー:
事例から考察するメディア/コンテンツBigDataの世界とは?
次から次へと創出されるコンテンツBigData。その領域はエンターテイメント業界のみならず、政府機関や医療、教育、一般企業でも利用され、管理手法を問う声があがっている。最新事例を参考に確認してはどうだろうか?(2014/11/10)

ビジネスニュース 特許/知財:
Qualcommが「中国はロイヤルティーを支払う義務がある」と主張
世界最大の携帯電話機向けチップメーカーであるQualcomm(クアルコム)と中国政府が特許料の支払いを巡って、にらみ合っているとようだ。(2014/11/10)



オープンソースのコンテナー(アプリケーション実行環境)管理ソフトウェア。Linuxをベースに、ハイパーバイザー型よりも軽量な仮想化を実現する。クラウド、DevOpsなど今風のITシステムの管理に親和性が高く、注目が高まっている。

日本通信をパートナーとして、VAIO株式会社がスマートフォン製品を投入する。詳細は2015年1月に発表予定。

KDDIが12月25日に先行発売を開始した、Firefox OS搭載スマホ。製造はLG。Firefox OSの元々のコンセプトでもある踏み込んだカスタマイズ性、外装の3Dモデルデータの提供、部品が見える半透明ボディなど、「ギークのためのスマホ」としてアピールしている。

All material on this site Copyright © 2005 - 2015 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.