政府 に関する記事 政府 に関する質問

「政府」最新記事一覧

注目したい法改正の動向:
進む民法見直し作業――社会・経済の変化への対応を図る
制定から100年。政府は契約や債務など経済にかかわる民法の見直しを進めている。今後、企業が注意すべき点をまとめた。(2014/9/30)

産業制御システムのセキュリティ:
工場の安定稼働が人質に! なぜ今制御システムセキュリティを考えるべきなのか
工場や発電所などで使われる制御システムのセキュリティが今脅かされていることをご存じだろうか。イランの核施設を襲った「Stuxnet」以来、各国の政府が対策を本格化させているが、日本における制御システムセキュリティ対策で重要な役割を担うのが制御システムセキュリティセンター(CSSC)だ。本稿ではCSSCの取り組みとその基幹施設であるテストベッド「CSS-Base6」の概要について紹介する。(2014/9/29)

企業の不安をよそにAWSを採用
CIAが“あえて空気を読まずに”クラウド移行を進める理由
クラウドではセキュリティ侵害が懸念されているが、一方でクラウドに移行する政府機関や民間企業は増加の一途をたどり、CIAもAWSクラウドへの移行と投資に踏み切った。そこから何が読み取れるのか。(2014/9/26)

世界を「数字」で回してみよう(7):
電力という不思議なインフラ(後編)〜原発を捨てられない理由〜
多額の負債を抱えている東京電力。「返済はやめた」とは言えませんが、「原発やめる」とも言えないのは、なぜなのでしょうか。そこには、東京電力だけでなく、政府や金融機関、「原子力損害賠償支援機構」なるものの事情が複雑に絡み合っているという背景がありました。これらを、かの有名な「あしたのジョー」にたとえて説明してみます。(2014/9/25)

年齢の壁:
女性のリーダーは増えるのか 日本企業の分岐点
2020年までに女性リーダー比率を3割にするという政府目標に後押しされ、企業が女性登用を積極化するなか、出産・育児をしやすい社内環境整備が課題になってきた。(2014/9/24)

自然エネルギー:
CO2フリーの「アンモニア発電」を実用化へ、灯油と混焼して21kWの発電に成功
アンモニアには水素が多く含まれていて、発電用の燃料に利用できる。政府が推進する研究開発プロジェクトの中で「アンモニア発電」の実用化が進められている。アンモニアを灯油と混焼できる実証装置を使って21kWの発電に成功した。今後はアンモニアだけを燃料にCO2フリーの発電を目指す。(2014/9/19)

二酸化炭素の海底貯留「CCS」の実用化へ CO2封じ込めの切り札
工場や発電所から出る二酸化炭素(CO2)を地中深くに閉じ込める「二酸化炭素回収・貯留(CCS)」という技術の実用化に向けて政府が本腰。「地球温暖化対策の切り札となる革新的技術」と期待されている。(2014/9/8)

オバマ政権、Google幹部と元Twitter幹部を政府のCTOと副CTOに指名
米連邦政府はGoogle幹部のミーガン・スミス氏をCTO(最高技術責任者)に、元Twitterの法務顧問、アレクサンダー・マクギリブレイ氏を副CTOに指名した。(2014/9/5)

世界を「数字」で回してみよう(5):
“電力大余剰時代”は来るのか(後編) 〜原発再稼働に走る真の意図〜
前編で、「日本では、あと十数年もすれば“電力が余る時代”が到来する」という結論に至りました。ではなぜ、政府はあれほどまでに原子力発電所を再稼働させたがっているのでしょうか。その真の意図を読み解くキーワードは「オイルショック」であると、考えられます。(2014/9/5)

「日常」の裏に潜むビッグデータ(4):
ビッグデータ時代、法律は“プライバシー”を守れるのか
企業は個人情報に絡むデータをどこまでビジネスに使ってよいのか、どうすれば法律でプライバシーを守れるか――そんな議論が世界中で始まった。日本でも政府が「個人情報保護法」を改正する方向で議論を進めている。その論点を解説しよう。(2014/9/1)

NISC三角氏に聞いた政府の方向性:
いま、脅威となるサイバーセキュリティに備える
成立すれば先進国初となるサイバーセキュリティに関する法案「サイバーセキュリティ基本法案」が現在審議中だ。果たして、政府はサイバーセキュリティをどう考えているのか?(2014/8/28)

電力供給サービス:
東京電力と中部電力が連系能力を90万kW増強へ、「重要送電設備」の第1号に
全国レベルで電力の需給調整を図るために、周波数の違う東日本と西日本のあいだの連系能力の増強が急務になっている。政府は東京電力と中部電力が計画中の新しい連系設備を2020年度に運用開始できるように「重要送電設備」の第1号に指定して、建設に必要な手続きを円滑に進める。(2014/8/26)

今度はUPSで顧客のカード情報流出、代理店のシステムにマルウェア
現在のウイルス対策ソフトでは検出できないマルウェアの感染が広がっていると米政府から告知され、調べたところ、全米の24州にある51カ所の代理店でマルウェアが見つかった。(2014/8/22)

中国、外資の次は既得権益層を標的か 石油業界解体が今後の注目点
中国政府は自動車をめぐる独占禁止法違反の事案で、日本企業12社以外にも、欧米系フィアット・クライスラーの「クライスラー」、フォルクスワーゲン傘下の「アウディ」など欧米メーカーも制裁しており、さらにダイムラー「メルセデス・ベンツ」や日本の完成車メーカーも調査している。(2014/8/21)

自然エネルギー:
太陽エネルギーで水素を作る「人工光合成」、2022年に実証試験へ
エネルギーに関する技術開発の将来計画を政府がロードマップにまとめた。2050年を目標に「高効率石炭火力発電」から「メタンハイドレート」まで19分野の施策を集約した。注目すべきは太陽エネルギーで水素を製造する「人工光合成」で、実用化に向けた実証試験を2022年に始める計画だ。(2014/8/21)

過半数の企業はゼロ:
「女性管理職10%未満」の企業は8割、政府目標30%には程遠く
2020年までに管理職や役員などに占める女性の割合を30%程度に、という目標を政府が掲げているが現状ではどうなのか。帝国データバンクが調査したところ、管理職、役員ともに平均の割合が10%を下回っており、目標に程遠い現状が浮き彫りになった。(2014/8/18)

“Nokiaの後”の時代を作る――同世代で切磋琢磨、世界を狙うフィンランドのスタートアップ事情
スマホゲームの分野を中心に、勢いづくフィンランドのスタートアップ業界。政府や先輩起業家によるアシストだけでなく、大学を拠点とする起業支援団体が精力的に活動しているのも成功の大きな要因だ。(2014/8/15)

iPhoneは含まれていないが……:
中国、政府調達リストからApple製品を一部除外
中国政府は、「iPad」「MacBook Air」などAppleの10製品を、政府調達リストから除外した。米国の機密情報収集活動が明らかになったことで、米国の技術製品に対する不信感が高まったことを受けての措置だとみられている。(2014/8/12)

急場しのぎ:
外国人労働者を受け入れたら、日本経済は再生するのか
政府は新成長戦略で外国人労働者の受け入れ拡大策を打ち出したが、本当に日本経済再生につながるのか。(2014/8/12)

中国政府調達局、SymantecとKasperskyを締め出し
中国政府調達局のリストに記載されたウイルス対策ソフトウェアのメーカーは、「奇虎360」など中国の5社のみになった。(2014/8/5)

マツダ、タイでエコカー生産へ
マツダがタイ政府に申請していたエコカー優遇制度の認可が下りたことが29日、分かった。(2014/7/30)

インダストリー4.0:
ドイツが描く第4次産業革命「インダストリー4.0」とは?【後編】
ドイツ政府が主導するモノづくりの戦略的プロジェクト「インダストリー4.0」について解説する本連載。今回は「インダストリー4.0」の課題やドイツ政府が狙う核心に迫るとともに、日本のモノづくりがどの方向に進むべきかという提言を行う。(2014/7/30)

Amazon、世界7カ国で日本政府の外国語広報誌『We Are Tomodachi』の配信を開始
配信を開始したのは、日本・アメリカ・イギリス・ドイツ・フランス・イタリア・スペインの7カ国。『We Are Tomodachi』が電子書店を通じて配信されるのは今回が初となる。(2014/7/29)

「パーソナルデータ」の利活用に何が必要か?
2015年に予定される個人情報保護法改正に関連して、政府では「パーソナルデータ」の利活用に向けた制度の整備が検討されている。6月に示された大綱での課題などについて、「パーソナルデータに関する検討会技術検討WG」メンバーでパブリックコメントを提出した日本HPに話を聞いた。(2014/7/28)

iOSで指摘の「政府機関のためバックドア」、Appleが存在否定
Appleは「いかなる国のいかなる政府機関にもバックドア作成で協力したことはない」と強調した。(2014/7/23)

テレワークの今:
在宅勤務は女性のためだけではない――マネージャー層の3人に1人が介護離職する時代
政府は、2020年までにテレワーク導入企業を3倍にする方針を打ち出し、そのための助成金も交付している。テレワークを重視するその背景には何があるのか?(2014/7/23)

杉山淳一の時事日想:
なぜ、いま「羽田空港関連の鉄道建設」が盛り上がっているのか
羽田空港への鉄道整備計画が活発だ。JR東日本は貨物線を使う都心アクセス路線を計画。政府は都営浅草線の新線を構想し、東急蒲田駅と京急蒲田駅を結ぶ路線計画もある。しかし、どれも東京オリンピックに間に合いそうにない。そこで杉山氏が提案するのは……。(2014/7/18)

Lead Initiative 2014 レポート:
PR:オープンデータは世界的なムーブメント、第一人者が語る最前線
政府や自治体などの公共データを利活用することで新たな社会価値を創造しようという「オープンデータ」。IIJが開催した「Lead Initiative 2014」ではこの分野の第一人者として知られる公共イノベーション代表取締役の川島宏一氏が、オープンデータの最新動向を紹介した。(2014/7/16)

謎を解きたい:
カナダ政府に認定された日本の天才児は、何を目指すのか
カナダ在住の大川翔さんは14歳の今年、カナダの名門大学に合格した。教育界やメディアも注目する日本人少年は将来、何を目指しているのだろうか。(2014/7/15)

OneDriveは容量増加で1Tバイトに
10万人が「Office 365」に移行開始、その時何が起きるか?
「Office 365」利用者に対する「OneDrive」の提供容量が1Tバイトに拡大する。Office 365の利用促進が米Microsoftの狙いだ。一方で、ロサンゼルス郡政府がOffice 365への移行を決めた。その導入の背景と効果を紹介する。(2014/7/15)

日本代表サポーターの試合後のゴミ拾い 「文化的な遺産」としてリオ州政府観光局から表彰
「州の環境美化のための行動のお手本」とも。(2014/7/14)

普通の公立高に通う:
14歳でカナダの5大学に合格! 日本人天才少年の素顔とは
大川翔さんは9歳のときカナダ政府にギフテッド(天才児)と認定され、14歳で同国の名門大学5校に合格した。現地メディアでも話題になったが、どんな家庭や教育が彼を育んだのか。話を聞いた。(2014/7/14)

ハイブリッドOSのときのようにはならない!:
坂村健氏率いるYRP UNLと日本マイクロソフトがオープンデータ/IoT分野で提携
日本マイクロソフトとYRPユビキタス・ネットワーキング研究所(YRP UNL)は、政府/自治体や公共交通事業者などが提供するオープンデータ・ビッグデータと、ネットワークに接続されるセンサーや小型デバイスからのデータを蓄積・活用するIoT(Internet of Things:モノのインターネット)の分野において提携を発表した。(2014/7/7)

中国政府が「LINE」を遮断? 中国で接続できず
「LINE」が7月1日ごろから中国国内で接続できない状態になっている。中国政府がLINEの接続を遮断した可能性がある。(2014/7/2)

海外からのネット配信も消費税 Amazonなど標的 15年度中開始目指す
政府は26日、消費税法を改正し、海外から日本の消費者にインターネットで配信される電子書籍や音楽などに消費税を課す方針を決めた。(2014/6/27)

電力供給サービス:
2014年に入って高騰する電気料金、原油とLNGの価格が上昇
政府が今後の省エネルギー対策を検討する中で、電気料金の高騰と燃料価格の上昇が改めて注目を集めている。東京電力の家庭向け電気料金は震災前と比べて37%も高くなっていて、2014年に入ってからも増加傾向にある。発電用の燃料は原油とLNGの価格が上昇して、石炭だけが安定している。(2014/6/26)

ねっと部:
アルゼンチン政府、日本の新聞に悲痛な全面広告 「債務返済を継続させてもらえない」
6月25日付け朝刊に「アルゼンチン共和国 大統領府」による全面広告が掲載された。「アルゼンチンは債務返済を継続したいが、継続させてもらえない」という内容だ。(2014/6/25)

“政府御用達”の監視システムが世界に AndroidとiOSも標的――Kaspersky調査
「政府機関のためのハッキングスイート」の制御用サーバは世界40カ国以上に張り巡らされ、日本にも存在しているという。(2014/6/25)

アメブロに安倍首相が登場 政府公式「SHINE!すべての女性が、輝く日本へ」開設
ブログ「SHINE!すべての女性が、輝く日本へ」がAmebaにオープン。各界で「輝く」さまざまな執筆者からのメッセージを掲載するという。(2014/6/24)

小学校でプログラミング必修に 使うツールは教師が選び、国はシェアを促進――フィンランドの教育現場の「責任と自由」
小学校でのプログラミング教育が必修になるフィンランド。教育現場でどうITリテラシーを育てるか――政府の姿勢を聞いた。(2014/6/23)

減収の穴埋め:
「パチンコ税」創設浮上、1%で財源2000億円試算
政府・自民党内で、パチンコやパチスロの換金時に徴税する「パチンコ税」の創設が浮上している。1%で2000億円の財源が生まれるとの試算もあるが……。(2014/6/23)

その確証はどこから?:
「韓国政府がLINE傍受」記事に事実無根と反論したLINE社長のブログに対してFACTA発行人が反論
反論のラリー。(2014/6/20)

LINE、改めて傍受を否定 「暗号化後データは独自形式、解読は不能」
LINEの通信が韓国政府に傍受されているという一部報道に対し、LINEは改めて否定。通信は暗号化され、独自形式による暗号化後データの解読は不可能だとしている。(2014/6/19)

「LINEの通信内容を韓国政府が傍受」報道にLINE森川社長が反論 「そのような事実ない」
「韓国の国家情報院がLINEの通信を傍受している」との報道に、LINEの森川亮社長が「そのような事実はない」とブログで真っ向から反論した。(2014/6/19)

「韓国政府がLINE傍受」記事にLINE社長が「事実無根」と反論
FACTA ONLINEが「韓国国情院がLINEを傍受している」と報じて話題になっています。(2014/6/19)

世の中の動きの個人資産への影響を考えてみる:
信用保証制度での保証率が全額から8割に――経済成長のために
リーマンショック以降、もしものときに全額を負担するとしていた政府の公的信用保証が8割に戻されます。それが「経済成長を鈍化させるどころか成長を促すだろう」と思われる理由とは?(2014/6/18)

「Angry Birds」に「Clash of Clans」──森と湖の国から世界的ヒットが生まれるのには理由があった
「Angry Birds」のRovioをはじめ急成長するフィンランドのゲーム産業。成長の鍵の1つは、政府による積極的なスタートアップ支援だ。(2014/6/17)

NECのセキュリティ新拠点が本格始動
NECが国内セキュリティベンダー各社と連携する「サイバーセキュリティ・ファクトリー」の新施設が完成。政府省庁に加え、重要インフラ分野を含む大手民間企業組織のなどのセキュリティ対策支援にもあたる。(2014/6/16)

イラク危機の中、政府がネット遮断を予告 「光ケーブル整備のため」
イラク侵攻中のISISは多数の戦闘画像をツイートしていたが、現在関連するアカウントは凍結されている。イラク政府当局は公式Facebookで「メンテナンスのために」ネットを遮断すると発表した。(2014/6/16)

動き出す電力システム改革(9):
20兆円の電力市場が2016年に全面開放、全国8000万超の顧客獲得競争が始まる
家庭を含む小売の全面自由化が正式に決まった。電気事業法の改正案が6月11日の国会で成立したことにより、政府は2016年をめどに電力小売の規制を撤廃する。巨大な市場に通信・ガス・住宅などさまざまな産業の有力企業が参入して、8000万を超える顧客の獲得競争を電力会社と繰り広げる。(2014/6/13)



いよいよ日本にも正式に上陸するChrome OS搭載端末。まずは企業、教育機関向けとなるようだが、アメリカでの販売台数が市場の予想を超えて伸びていることが伝えられており、ネット中心の利用に必要十分かつ廉価な端末として日本でも受け入れられるのか、注目したい。

統合型リゾートという形で日本にもカジノがオープンする見込みが立ってきた。東京オリンピックも見越して、経済効果を期待する政府のみならず、地方自治体、観光、エンタメ業界、広告代理店など関係する多くの業界で熱が高まってきている。

9月19日発売の次世代iPhone。より大型の「iPhone 6 Plus」と同時展開となる。iWatchと呼ばれていた腕時計型端末「Apple Watch」も発表されたが、Appleのビジネス的には、Apple Watchも絡めたモバイル決済サービス「Apple Pay」の今後の展開にも注目したい。

All material on this site Copyright © 2005 - 2013 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.