政府 に関する記事 政府 に関する質問

「政府」最新記事一覧

法制度・規制:
再稼働で増える原子力発電所の使用済み核燃料、最終処分場の候補地が決まらない
原子力発電で使用した燃料を再処理した後に残る高レベルの放射性廃棄物は、数万年にわたって人体に危険な放射能を出し続ける。政府は地下300メートル以上の地中に埋設する方針だが、最終処分場を建設する候補地が決まらない。稼働時期は早くても2040年代になる。(2015/5/26)

4月の訪日客数176万4000人 3カ月連続で単月の過去最高更新
日本政府観光局が20日発表した4月の訪日外国人客数(推計値)は、前年同月比43.3%増の176万4000人となり、3カ月連続で単月の過去最高を更新した。(2015/5/21)

中小企業白書:
中小企業の収益力、“差”を生むのはイノベーションへの意欲
グローバル化の進展や長引く経済不況により、収益力の強化が求められている中小企業。政府が発表した2015年版「中小企業白書」では、中小企業を取り巻く環境の変化や、収益力の強化に向けて取り組むべき複数のポイントに関するの分析結果が公表された。本稿ではその概要を紹介する。(2015/5/15)

スピン経済の歩き方:
「チューハイ増税」に影響を与える“甲乙戦争”とはなにか
政府・与党が2016年度の税制改革で、チューハイの酒税引き上げを検討している。チューハイは低価格なので、庶民にとってかなりの痛手だが、増税を歓迎している人たちもいる。それは……。(2015/5/12)

法制度・規制:
エネルギーミックスの改善で温室効果ガスを削減、2030年までに26%
政府が2015年内に世界各国と合意する温室効果ガスの削減目標が固まった。CO2を主体にした温室効果ガスの排出量を2030年までに2013年比で26%削減して、欧米の先進国と同等の貢献を果たしていく。電力をはじめエネルギーの生産・利用に伴って排出するCO2の削減が中心になる。(2015/5/4)

インタビュー:
ロボット産業の立ち上げには、「ロボットのエコシステム構築」が必要だ
政府「ロボット新戦略」の実現に、官からの起爆剤を求める声もある。経産省所轄の新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が手掛ける、ロボット革命実現に向けての取り組みを聞いた。(2015/5/1)

法制度・規制:
2030年の発電コストが決まる、原子力は10.1円、太陽光は12.7円
日本のエネルギー政策の方向性を左右する重要な指標の1つが電源別の発電コストだ。政府の委員会が2014年と2030年の発電コストを試算した。予想通り最も安く見積もった電源は原子力で、電力1kWhあたり10.1円である。安全対策費や核燃料サイクル費用を過小に評価している。(2015/4/28)

ドローン、今国会で法規制 航空法改正、免許制を検討
首相官邸に「ドローン」が侵入した事件を受け、政府の議論が本格化。菅官房長官は今国会中の法規制を検討する考えを示した。(2015/4/24)

もう使ってみました?:
最も給料が高い県はどこだ? 地域産業の“見える化”サービスが始動
政府は2015年4月20日、地域経済分析システム「RESAS(リーサス)」の提供開始を発表した。リーサスは都道府県や各市町村における産業、企業、人口などのさまざまな情報を閲覧できるWebサービス。自治体向けのサービスだが、一部機能を除いて企業や個人でも利用可能だ。(2015/4/23)

電子ブックレット(組み込み開発):
政府「ロボット新戦略」とは何か(後編)
日本政府が有識者会議「ロボット革命実現会議」の議論結果として、2015年1月に発表した「ロボット新戦略」を前後編で読み解く。後編となる本稿では、「ロボットオリンピック」など、2020年の実現を掲げた目標について解説する。(2015/4/23)

電子ブックレット(組み込み開発):
政府「ロボット新戦略」とは何か(前編)
日本政府が有識者会議「ロボット革命実現会議」の議論結果として、2015年1月に発表した「ロボット新戦略」を前後編で読み解く。本稿では前編として、提言された「ロボット革命」と「3つの世界一」について、解説する。(2015/4/22)

エネルギー管理:
年率1.7%の経済成長が続いても電力需要は減る、2030年の見通しと対策
5月までに決定する2030年のエネルギーミックスでは、省エネ対策による節電効果の見極めが重要だ。政府は年率1.7%の経済成長を前提に、企業や家庭で省エネ対策を実施した場合の電力消費量を算定した。2030年まで経済成長が続いても、電力消費量は2012年と比べて2.1%少なくなる。(2015/4/22)

自動車の盗難防止強化へ「イモビライザー」義務化浮上 海外の事例参考に議論へ
自動車盗難防止対策の強化に向け、政府は国内向けの新車に盗難防止装置「イモビライザー」の装着を義務づける法制化の是非について検討に入る。(2015/4/15)

自然エネルギー:
水素による「エネルギーキャリア」、2018年に低コストの製造技術を確立
政府が2014年度から開始した「エネルギーキャリア」の開発プロジェクトが2年目に入る。1年目を上回る30億円の予算で5つのテーマに取り組む計画だ。再生可能エネルギーやアンモニアを利用して水素を安価に製造・利用できる技術などを2018年までに開発して実証する。(2015/4/15)

えっ、ええっ!? 英国政府観光庁のオフィシャルブログで「ハロー!!きんいろモザイク」が紹介される
観光庁だってアリス萌えかもしれないし。(2015/4/14)

ビジネスニュース:
台湾の干ばつが深刻化――半導体業界も水の確保に追われる
台湾が深刻な水不足に襲われている。政府による給水制限が厳しくなる中、TSMCやUMCは、工場に水を配送する体制を整えている。(2015/4/14)

東南アジアでサイバースパイが横行、中国政府が関与か
領土問題などに関する情報を入手する狙いで、中国政府が関与している公算が大きいとFireEyeは指摘している。(2015/4/14)

法制度・規制:
コージェネで2030年に電力の15%を、災害に強い分散型のメリット
政府が2030年のエネルギーミックスを検討する中で、電力と熱を同時に供給できるコージェネレーションを拡大する議論が始まった。2030年には国内の総発電量のうち15%をコージェネレーションで供給できる試算も出てきた。火力や原子力と違って分散型の電源を拡大するメリットは大きい。(2015/4/14)

自然エネルギー:
2020年東京五輪は「水素社会」の見本市に、政府が技術課題解決に本腰
2020年の東京オリンピック・パラリンピックでは、「水素社会」が実際に体験できるようになる――。政府は東京五輪・パラリンピックにおいて世界に発信すべき9つの科学技術イノベーション領域を定め、その実用化計画を提示した。(2015/4/13)

自然エネルギー:
釜石市沖が海洋再生エネの実証海域に、地域産業との連携で復興を促進
岩手県釜石市の沖合が、日本政府が海洋再生可能エネルギーに向けて公募を行っていた実証実験海域に決定した。波力発電や浮体式洋上風力発電の研究開発を進め、さらに地域産業と連携しながら同市の新たな産業として海洋エネルギー産業の創出を目指す。(2015/4/9)

高セキュリティだが……
BlackBerry子会社が新タブレットを発売、「その価格は驚くほど高い」
BlackBerry傘下のSecusmartはSamsung、IBMと組み、高セキュリティのタブレットを政府機関などに提供しようとしているが、その価格は驚くほど高い。(2015/4/8)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
ピケティ理論の逆をいく製造業強化の動き
製造業と政府の関係はリーマンショック以降大きく変化している。(2015/4/7)

2次創作同人誌も「クールジャパン」に──政府が公式答弁
政府は、いわゆる「2次創作」が「クールジャパン」戦略が目指す海外へ波及効果を及ぼすコンテンツに該当しうるとの見解を示した。(2015/4/3)

増税もなんのその:
「すべての税目で稼ぐ」政府、足元の痛みより財政健全化
1000兆円超の借金を抱える日本。抜本的な税制の見直しにより「すべての税目で税収を稼ぐようにしなければならない」とするが……。(2015/4/3)

ロボット開発ニュース:
福島浜通りにロボット実証実験区域、災害対策ロボ実用化を支援
政府「ロボット新戦略」にて言及された、ロボット技術の実証実験環境「福島浜通りロボット実証区域」の公募が開始された。福島県内の橋やトンネル、ダムなどが実験場所として提供される。(2015/4/2)

中国政府、「BLOOD-C」など日本アニメを“暴力賛美”と名指しで批判
暴力を賛美するような日本製アニメを配信しているとして、中国政府が同国ネット企業に削除を求めた。(2015/4/2)

米オバマ大統領、サイバー攻撃制裁の大統領令に署名
米連邦政府大統領のバラク・オバマ氏が、サイバー攻撃で米国の安全を脅かした組織と個人への制裁を可能にする大統領令を出した。攻撃者の米国内の資産凍結や取引禁止が可能になる。(2015/4/2)

法制度・規制:
原子力に頼るエネルギーミックスの不確実性、2030年の電力の構図は描けない
2030年の電源構成に関する議論が政府の委員会で進むにつれて、原子力発電の実態を示すデータが続々と出てきた。安全性を前提に原子力の重要性を訴えるものの、多くの発電所では使用済み燃料の貯蔵容量が限界に近づいている。不確定な要素の多い原子力によって先行きは見通しにくくなる。(2015/4/1)

旧正月で中華系が急増:
訪日外国人、過去最高の138万人超え
日本政府観光局が訪日外国人数の最新データを発表。2015年2月は月間で過去最高となる138万人7000人に上った。(2015/3/18)

Twitterアカウント「@japan」、政府が運用開始 スペインの男性から譲り受け
政府がTwitterアカウント「@japan」の運用を始めた。海外向け情報発信に活用する。(2015/3/18)

BlackBerry、SamsungのGALAXYベースのタブレット「SecuTABLET」を発表
かつて「PlayBook」というタブレットを販売していたBlackBerryが、SamsungおよびIBMと協力し、「GALAXY Tab S 10.5」ベースのセキュアなタブレット「SecuTABLET」を企業や政府機関向けに発売する。(2015/3/16)

「著作権侵害の非親告罪化」「保護期間延長」はTPP交渉から除外を――ネット関連団体の声明、政府に提出 68団体・283人賛同
TPPの知財分野の交渉について、十分な情報公開と、著作権侵害の非親告罪化や著作権保護期間の延長などを妥結案から除外するようを求める声明を、ネット関連団体が西村内閣府副大臣に手渡した。引き続き賛同者を募っている。(2015/3/13)

電気自動車:
政府が電気自動車の高速道路料金を補助、先着4万台まで
経済産業省は、平成26年度補正予算を活用した、電気自動車やプラグインハイブリッド車などの普及に向けた施策を発表。電気自動車などを購入する際の補助金や、充電インフラ整備を促進するための補助金に加えて、電気自動車やプラグインハイブリッド車の高速道路の利用実態調査を目的とする調査協力費の支給を新たに行う。(2015/3/12)

「マインクラフト」は子どもに暴力を奨励する? トルコ政府が「禁止するべき」と結論
「こんなに平和なゲームもないと思う」など疑問の声も。(2015/3/11)

自然エネルギー:
水力・地熱・バイオマスでは2030年に15%が限界、期待は太陽光と風力
2030年のエネルギーミックスで最大の焦点になるのが再生可能エネルギーの比率だ。25〜30%が有力だが、天候の影響を受ける太陽光と風力をどのくらい見込むかで大きな差が出る。政府の試算によると、天候の影響を受けにくい水力・地熱・バイオマスだけでは15%程度が限界である。(2015/3/11)

宇宙開発:
日本の新たな宇宙計画、その背景にある安全保障と宇宙産業の関係性
日本政府が2015年1月に発表した新宇宙基本計画。安全保障分野に関する宇宙利用の拡大など、日本の長期的な宇宙政策のビジョンが示された。この計画が策定された背景について、内閣府 宇宙戦略室の初代室長を務めた京都大学の西本淳哉氏が語った。(2015/3/10)

戦艦「武蔵」発見、8年にわたる探索実る ポール・アレン氏、乗組員悼み日本政府と協力の意向
海底に沈む戦艦「武蔵」を発見した米Microsoft共同創業者のポール・アレン氏は、8年以上にわたって海底に眠る巨大戦艦を探索してきたという。(2015/3/4)

法制度・規制:
電力消費量は2030年までに18%増える、省エネ対策なしの想定値
政府は2030年のエネルギーミックス(電源構成)を検討する中で、第1に省エネの効果を最大限に発揮することを前提に必要な電力量を見極める方針だ。経済が成長するのに合わせて省エネ対策を実施しないと、2030年の電力消費量は2012年と比べて18%増加すると予測している。(2015/3/2)

日本の宇宙産業が反転攻勢 三菱電機の強み、“現場力”で課題克服
政府が1月に今後10年の新宇宙基本計画をまとめ、関連産業の再強化を打ち出すなか、各メーカーは国内で積み上げた実績を海外での受注拡大にもつなげようと意気込む。(2015/2/23)

電子ブックレット/法制度・規制:
動き出す電力システム改革−VI
全国の自治体が運営する発電所は水力を中心に数多くある。大半は電力会社と売電契約を結んでいるが、従来は規制によって単価が安く抑えられてきた。小売の全面自由化に合わせて卸電力の規制も撤廃することから、政府は自治体向けに売電契約の見直しを促すためのガイドラインを設ける。(2015/2/18)

「Apple Pay」を米連邦政府が採用 サイバーセキュリティの官民連携の一環で
Appleのティム・クックCEOは米連邦政府主催のサイバーセキュリティサミットに登壇し、サイバー攻撃から国民を守るための政府の取り組みへの協力と、モバイル決済システム「Apple Pay」の連邦政府による採用について語った。(2015/2/16)

法制度・規制:
エネルギーミックスに3つの指標、発電コスト、CO2排出量、自給率
政府が検討中のエネルギーミックスの方向性が具体的になってきた。2030年の電源構成を決めるにあたって3つの指標を重視する方針だ。経済性の観点で発電コスト、環境性でCO2排出量、安定性の面では自給率の改善を目指す。省エネと再エネの最大化を前提に、原子力と火力の比率を決める。(2015/2/16)

スマートハウス:
戸建住宅で「ゼロエネルギー」は本当に可能なのか
積水化学工業は2015年2月、太陽光発電システムを搭載した住宅の電力収支について、調査結果を発表した。政府のいうゼロエネルギーを達成した住宅は66%に達している。光熱費では、全調査対象の中央値でも年間1万7000円の黒字だった。(2015/2/12)

だぶつく「一円玉」消費増税の誤算 増えたのは「十円玉」……なぜ?
消費税率の引き上げをめぐり、政府が「もう一つの誤算」に見舞われた。「需要が増えるはず」と見込んで製造枚数を増やした一円玉は流通枚数が減ってだぶつく一方、十円玉と五十円玉は需要が伸びたのだ。(2015/2/10)

ロボット革命実現会議:
“ロボット革命”を実現する手段とは、政府「ロボット新戦略」を読み解く(後編)
ロボットによる新たな産業革命を目指して開催された「ロボット革命実現会議」では、向こう5年で実行すべき具体的な計画についても議論された。本稿では“ロボット革命”実現に向けた、報告書の提案について読み解く。(2015/2/10)

法制度・規制:
再生可能エネルギーの出力制御に課題、運用は電力会社に依存
再生可能エネルギーによる発電設備の導入量を拡大するために、政府は緊急対策として出力制御の新ルールを導入した。太陽光と風力の発電量を抑制することが目的だが、実際に出力を制御する対象を選ぶのは電力会社である。一部の事業者が不利になる可能性があるほか、出力制御の方法も未定だ。(2015/2/5)

「『イスラム国』の呼称やめて」の声 政府は「ISIL」
「国ではないのに」「イスラム全体のように誤認される」と、呼称を変えるべきとの意見が挙がっている。(2015/2/4)

法制度・規制:
原子力をやめられない日本政府、国内の産業維持と米国の期待が背景に
多くの国民の反対をよそに原子力発電所の再稼働を進める日本政府には、表向きの理由とは別に2つの事情がある。1つは400社を超える国内の原子力産業を維持することであり、もう1つは東アジア地域の核拡散防止にあたって日本を最強のパートナーと位置づける米国政府の期待だ。(2015/2/4)

京大病院の“情シス”に聞く(後編):
真の「医療×IT」を実現するために、求められる電子カルテシステムとは?
日本で電子カルテが始まって約15年。政府が掲げた目標ほどには電子カルテシステムは普及していない現状がある。その理由を京大病院の“情シス”、黒田教授に教えてもらった。(2015/2/4)

ロボット革命実現会議:
「ロボット革命」と「3つの世界一」、政府「ロボット新戦略」を読み解く(前編)
日本再興戦略の一環として開催されていた、有識者会議「ロボット革命実現会議」の議論結果が公開された。前後編に渡り、その提言書を読み解く。(2015/2/3)



普及の途上にあるウェアラブルデバイスの本命と見られるAppleのスマートウォッチ。ウェアラブルデバイスはどの製品も、明確かつ魅力的な用途を提案できていない感があるが、この製品をきっかけに市場が確立すると見る識者も多い。

Windows 10と同じく今年下半期にリリースが予定される次世代Office。Microsoftの主力製品としてWindows同様に常にユーザーの厳しい目にさらされており、その製品の出来が世界中の企業の生産性に影響するお化け製品だ。

大ヒットした艦これの要素を踏襲するように、日本刀を擬人化したブラウザゲーム。男性キャラばかりなので女性プレイヤーばかりかと思えばそうでもない。艦これの「提督」に対し、プレイヤーは「審神者(さにわ)」と呼ばれ、今やネット上では提督同様に目立っている。

All material on this site Copyright © 2005 - 2015 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.