政府 に関する記事 政府 に関する質問

「政府」最新記事一覧

政府のネット監視に対抗、スパイウェア検出ツール公開
Windows向けのオープンソースツール「Detekt」は、各国の政府機関が市民監視に使っているスパイウェアを検出できるという。(2014/11/21)

自然エネルギー:
2050年までのエネルギー技術開発、水素・宇宙太陽光・原子力など36分野で
政府はエネルギー関連の技術開発に関するロードマップを36分野にわたって策定した。エネルギーの生産・流通・消費の3段階をカバーする重要な技術を対象に、2050年までの課題や開発目標をまとめた。水素の重要性を強調したほか、宇宙太陽光発電と原子力発電のロードマップも加えた。(2014/11/21)

政府「暮らしの提案プロジェクト」、アメブロに特設サイト 「女性が暮らしやすい国」提案募集
「女性が暮らしやすい日本」を目指し、ネットやブログを通して提案を募る「暮らしの提案プロジェクト」を政府がスタートした。(2014/11/18)

電気自動車:
トヨタの燃料電池車「MIRAI」は実質500万円弱に、「来るべき水素社会に向けた第一歩」
トヨタ自動車が世界に先がけて燃料電池車の「MIRAI」を12月15日から販売開始する。価格は税込み723万6000円で、政府の補助金などを適用すると500万円弱になる。最初の1年間は東京・名古屋・大阪・福岡の4大都市圏を中心に400台を販売する予定である。(2014/11/18)

本格サイバー攻撃の前触れか、米国務省のメールシステムも標的に
米政府機関を狙った一連の攻撃は、独立系または国家が関与するハッカー集団による「偵察段階」の攻撃かもしれないと専門家はみる。(2014/11/18)

追加輸入:
ヨーグルトや牛乳は足りているのに、なぜバターだけが不足しているのか
今、店頭からバターが消えているのをご存じだろうか。政府は9月下旬、バターと脱脂粉乳を追加輸入すると発表した。バターや脱脂粉乳は生乳から作られるが、牛乳は普通に売られているし、同じく生乳から抽出されるヨーグルトやアイスクリームが足りないという話も聞かない。バターと脱脂粉乳だけが不足し、輸入する事態になってしまった理由は……。(2014/11/18)

「特許権、会社のものへ」の是非 賛成派・反対派の意見は
社員が職務として発明した特許権を「社員のもの」とする特許法を改正し、「会社のもの」とする議論が政府内で進んでいる。訴訟多発への懸念から法改正を求める産業界に対し、反対論も根強い。(2014/11/14)

米郵政公社にサイバー攻撃、職員80万人の個人情報が流出か
米紙Washington Postはこの事件について、中国政府の関与が疑われると報じた。(2014/11/11)

ホワイトペーパー:
事例から考察するメディア/コンテンツBigDataの世界とは?
次から次へと創出されるコンテンツBigData。その領域はエンターテイメント業界のみならず、政府機関や医療、教育、一般企業でも利用され、管理手法を問う声があがっている。最新事例を参考に確認してはどうだろうか?(2014/11/10)

ビジネスニュース 特許/知財:
Qualcommが「中国はロイヤルティーを支払う義務がある」と主張
世界最大の携帯電話機向けチップメーカーであるQualcomm(クアルコム)と中国政府が特許料の支払いを巡って、にらみ合っているとようだ。(2014/11/10)

法制度・規制:
固定価格買取制度を見直し、価格確定は「接続契約時」が有力
さまざまな問題が噴出している固定価格買取制度の改善策として、政府は買取価格の確定時期を見直す。現在は発電事業者が電力会社に対して発電設備の接続を申し込んだ時点で買取価格が決まるが、2015年度からは実際に接続契約を締結した時点で価格を確定させる方法に変更する見通しだ。(2014/11/10)

法制度・規制:
再生可能エネルギーの接続可能量、バイオマスよりも原子力を優先
九州電力をはじめとする電力会社の接続保留を受けて、政府の委員会が再生可能エネルギーの接続可能量を算定する方法の検討を進めている。年間の発電量や出力の安定性を重視して接続可能量を拡大させる方針で、ベース電源に位置づける水力と地熱を原子力とともに優先させる。(2014/11/7)

大企業で「管理職になりたい」女性社員は18%
政府は成長戦略で「2020年までに女性管理職の割合を30%以上」という目標を掲げているが、管理職になりたいと思っている女性はどのくらいいるのだろうか。クレイア・コンサルティング調べ。(2014/11/5)

動き出す電力システム改革(21):
固定価格買取制度による電力は宣伝できない、政府がガイドラインで規制へ
小売の全面自由化によって事業者間の販売競争は激しくなる。再生可能エネルギーによる電力で顧客を獲得する事業者の増加も予想されるが、その際の宣伝方法に関して政府はガイドラインを設けて規制する方針だ。固定価格買取制度の交付金を受けた電力は制約を受ける可能性が大きい。(2014/11/5)

SmartNewsに「日本政府チャンネル」 政府や各省庁の最新情報を集約
ニュースアプリ「Smartnews」に、政府や各省庁の最新情報を集約する「日本政府チャンネル」が開設された。(2014/11/4)

ニュースアプリ「SmartNews」に「日本政府チャンネル」 各省庁の情報を集約
政府の各Webサイトが発信した情報を「日本政府チャンネル」に集約する。(2014/11/4)

航空自衛隊がネットで配布している「3D紙飛行機」のデータが精巧でカッチョイイ
戦闘機から政府専用機まで! ブルーインパルスもあるぞ!(2014/11/2)

中国当局のネット締め付けが加速する2014年──香港デモきっかけにさらに強化
学生や市民が民主化を求めて続いている香港デモ。中国本土では中国政府に都合のいい報道ばかりが流れ、中国のネットユーザーが香港の実情を知ることは難しいという。今年は中国政府がネット規制を強めている──山谷氏による現地からのリポート。(2014/10/31)

ホワイトハウスのネットワークに不正侵入、ロシア関与の可能性も?
米紙Washington Postは、ロシア政府の関与が疑われるサイバースパイ攻撃との関連を指摘している。(2014/10/30)

注目したい法改正の動向:
女性の活躍を推進する新法――経済成長へ向け検討
「『日本再興戦略』2014」の中で女性の活躍推進を政府は掲げている。女性が活躍できる社会にするために、どのような取り組みが必要になってくるのか、企業にはどんな義務が課せられるのかをまとめた。(2014/10/30)

各国の軍事情報を狙うサイバースパイ、ロシア政府が関与か
FireEyeは一連の攻撃について、「ロシア政府がスポンサーしている可能性が極めて大きい」と推測する。(2014/10/29)

電力供給サービス:
太陽光の新規買取はどうなる、政府調査会の議論が明らかに
電力5社が保留する太陽光発電などの新規の電力買取。各社は政府の調査会の結論を見て、保留解除後の行動を定める。2014年10月16日に第1回が開催された調査会「系統ワーキンググループ」である。10月24日に公開された議論の内容を交えて紹介する。資源エネルギー庁は無補償で太陽光などの出力を抑制する「30日ルール」をさまざまに拡張する案を示した。(2014/10/24)

AWSがドイツに新リージョン、米国政府に関する質問にも答える
Amazon Web Servicesは10月23日(中央ヨーロッパ時間)に、独フランクフルトに新リージョンを開設したと発表した、AWSシニアバイスプレジデントのアンディ・ジャシー氏は、説明の大部分をセキュリティ関連に費やし、米国政府の介入に関する質問にも答えた。(2014/10/24)

iCloud攻撃で中国政府の関与説 香港のデモ写真削除狙い、大規模ハッキングか
iCloudが受けた大規模なハッキング攻撃に中国当局の関与説。iCloudに保管されている、香港で続く大規模デモの写真や動画が中国本土で拡散するのを防ごうとしたとの見方がある。(2014/10/24)

Apple、iCloudへの攻撃を確認 中国政府によるものとの報道も
Appleが、iCloudに「組織的で断続的な攻撃」を受けたと発表した。被害はないが、ユーザーにサインインの際に注意するよう呼び掛けた。中国Greatefire.orgは、これは中国政府当局によるものと主張する。(2014/10/22)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
政府や重要インフラへの攻撃から日本を守るサイバーセキュリティ戦略
「第31回 ITmedia エグゼクティブセミナー」の特別講演に、内閣官房 情報セキュリティセンター 内閣参事官の三角育生氏が登場。「我が国のサイバーセキュリティ政策について」をテーマに講演した。(2014/10/22)

貿易赤字を“直撃”する「iPhone人気」……エネルギーに代わる“赤字戦犯”に、消費増税判断まで左右か
新型iPhoneの販売動向に、政府関係者が神経をとがらせている。販売が急増すれば、貿易赤字が膨らむ可能性が高いためだ。iPhone人気は日本のスマホ市場のみならず、アベノミクスの方向をも変えるのか。(2014/10/21)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
女性が管理職になれない、極めてシンプルな理由
アベノミクスの重点テーマの一つが女性活用。「2020年までに企業の3割を女性管理職に」という政府目標に対し、企業の人事担当者たちは「適材がいない」と困り顔。なぜ女性は管理職になれないのか、10月14日に発表された調査データをひもとくと……。(2014/10/20)

増税の足音:
晩酌の味方を“狙い撃ち”? 「第3のビール」増税のピンチ
ビール類飲料の中で最も価格が安い「第3のビール」が増税されるかもしれない。節約志向の高まりを背景に市場の拡大が続いているが、政府が増税でガッチリ税収を確保することを狙いに検討の俎上に載せている。(2014/10/15)

スマートハウス:
1円高く買い取る太陽光、スマートハウスの新型も
ミサワホームは2014年10月、余剰電力を販売する同社住宅の所有者に対して、1kWh当たり、東京電力などの一般電気事業者よりも1円高く電力を買い取るサービスを開始すると発表した。政府のゼロエネルギーハウス(ZEH)基準に対応した戸建住宅「SMART STYLE 『S』」も発売した。ZEH仕様を選んだ場合、5.62kWの太陽光発電システムを屋根に標準搭載する。(2014/10/10)

Twitter、米司法省を提訴──より高い透明性を求めて
Twitterは、政府からのユーザー情報開示要請件数を発表する「透明性リポート」をより詳細なものにする目的で、詳細な開示を禁じている米司法省を連邦地裁に提訴した。(2014/10/8)

電力供給サービス:
海洋再生可能エネルギーの新潟・粟島、火力発電所を全面リプレースへ
政府が潮流発電や波力発電の実証フィールドに選定した新潟県の粟島で火力発電所の設備更新が始まった。老朽化した5基の発電機から新設する4基に減らして効率を高める。燃料は石油のままだが、冷却方式を水冷から空冷に変更して、近隣の海に温水を排出しない環境保全策を実施する計画だ。(2014/10/8)

香港の民主派活動にサイバー攻撃? iOSの高度なマルウェア出現
この攻撃には国家が関与しているとセキュリティ企業のLacoonは推定する。国境を越えて個人や外国企業、政府機関が狙われる可能性もあるとした。(2014/10/2)

電力供給サービス:
北海道の冬の予備率15%以上、関西と九州は相変わらず3%
例年通り政府の委員会による冬の電力需給の見通しが発表された。需要がピークになる2月でも北海道の予備率は15%を超える見込みで、電気料金の値上げが需要を押し下げる。一方で関西と九州は電力不足の心配がある予備率3%を想定するが、前年の実績を見れば非現実的な予測と言える。(2014/10/2)

注目したい法改正の動向:
進む民法見直し作業――社会・経済の変化への対応を図る
制定から100年。政府は契約や債務など経済にかかわる民法の見直しを進めている。今後、企業が注意すべき点をまとめた。(2014/9/30)

産業制御システムのセキュリティ:
工場の安定稼働が人質に! なぜ今制御システムセキュリティを考えるべきなのか
工場や発電所などで使われる制御システムのセキュリティが今脅かされていることをご存じだろうか。イランの核施設を襲った「Stuxnet」以来、各国の政府が対策を本格化させているが、日本における制御システムセキュリティ対策で重要な役割を担うのが制御システムセキュリティセンター(CSSC)だ。本稿ではCSSCの取り組みとその基幹施設であるテストベッド「CSS-Base6」の概要について紹介する。(2014/9/29)

企業の不安をよそにAWSを採用
CIAが“あえて空気を読まずに”クラウド移行を進める理由
クラウドではセキュリティ侵害が懸念されているが、一方でクラウドに移行する政府機関や民間企業は増加の一途をたどり、CIAもAWSクラウドへの移行と投資に踏み切った。そこから何が読み取れるのか。(2014/9/26)

世界を「数字」で回してみよう(7):
電力という不思議なインフラ(後編)〜原発を捨てられない理由〜
多額の負債を抱えている東京電力。「返済はやめた」とは言えませんが、「原発やめる」とも言えないのは、なぜなのでしょうか。そこには、東京電力だけでなく、政府や金融機関、「原子力損害賠償支援機構」なるものの事情が複雑に絡み合っているという背景がありました。これらを、かの有名な「あしたのジョー」にたとえて説明してみます。(2014/9/25)

年齢の壁:
女性のリーダーは増えるのか 日本企業の分岐点
2020年までに女性リーダー比率を3割にするという政府目標に後押しされ、企業が女性登用を積極化するなか、出産・育児をしやすい社内環境整備が課題になってきた。(2014/9/24)

自然エネルギー:
CO2フリーの「アンモニア発電」を実用化へ、灯油と混焼して21kWの発電に成功
アンモニアには水素が多く含まれていて、発電用の燃料に利用できる。政府が推進する研究開発プロジェクトの中で「アンモニア発電」の実用化が進められている。アンモニアを灯油と混焼できる実証装置を使って21kWの発電に成功した。今後はアンモニアだけを燃料にCO2フリーの発電を目指す。(2014/9/19)

二酸化炭素の海底貯留「CCS」の実用化へ CO2封じ込めの切り札
工場や発電所から出る二酸化炭素(CO2)を地中深くに閉じ込める「二酸化炭素回収・貯留(CCS)」という技術の実用化に向けて政府が本腰。「地球温暖化対策の切り札となる革新的技術」と期待されている。(2014/9/8)

オバマ政権、Google幹部と元Twitter幹部を政府のCTOと副CTOに指名
米連邦政府はGoogle幹部のミーガン・スミス氏をCTO(最高技術責任者)に、元Twitterの法務顧問、アレクサンダー・マクギリブレイ氏を副CTOに指名した。(2014/9/5)

世界を「数字」で回してみよう(5):
“電力大余剰時代”は来るのか(後編) 〜原発再稼働に走る真の意図〜
前編で、「日本では、あと十数年もすれば“電力が余る時代”が到来する」という結論に至りました。ではなぜ、政府はあれほどまでに原子力発電所を再稼働させたがっているのでしょうか。その真の意図を読み解くキーワードは「オイルショック」であると、考えられます。(2014/9/5)

「日常」の裏に潜むビッグデータ(4):
ビッグデータ時代、法律は“プライバシー”を守れるのか
企業は個人情報に絡むデータをどこまでビジネスに使ってよいのか、どうすれば法律でプライバシーを守れるか――そんな議論が世界中で始まった。日本でも政府が「個人情報保護法」を改正する方向で議論を進めている。その論点を解説しよう。(2014/9/1)

NISC三角氏に聞いた政府の方向性:
いま、脅威となるサイバーセキュリティに備える
成立すれば先進国初となるサイバーセキュリティに関する法案「サイバーセキュリティ基本法案」が現在審議中だ。果たして、政府はサイバーセキュリティをどう考えているのか?(2014/8/28)

電力供給サービス:
東京電力と中部電力が連系能力を90万kW増強へ、「重要送電設備」の第1号に
全国レベルで電力の需給調整を図るために、周波数の違う東日本と西日本のあいだの連系能力の増強が急務になっている。政府は東京電力と中部電力が計画中の新しい連系設備を2020年度に運用開始できるように「重要送電設備」の第1号に指定して、建設に必要な手続きを円滑に進める。(2014/8/26)

今度はUPSで顧客のカード情報流出、代理店のシステムにマルウェア
現在のウイルス対策ソフトでは検出できないマルウェアの感染が広がっていると米政府から告知され、調べたところ、全米の24州にある51カ所の代理店でマルウェアが見つかった。(2014/8/22)

中国、外資の次は既得権益層を標的か 石油業界解体が今後の注目点
中国政府は自動車をめぐる独占禁止法違反の事案で、日本企業12社以外にも、欧米系フィアット・クライスラーの「クライスラー」、フォルクスワーゲン傘下の「アウディ」など欧米メーカーも制裁しており、さらにダイムラー「メルセデス・ベンツ」や日本の完成車メーカーも調査している。(2014/8/21)

自然エネルギー:
太陽エネルギーで水素を作る「人工光合成」、2022年に実証試験へ
エネルギーに関する技術開発の将来計画を政府がロードマップにまとめた。2050年を目標に「高効率石炭火力発電」から「メタンハイドレート」まで19分野の施策を集約した。注目すべきは太陽エネルギーで水素を製造する「人工光合成」で、実用化に向けた実証試験を2022年に始める計画だ。(2014/8/21)

過半数の企業はゼロ:
「女性管理職10%未満」の企業は8割、政府目標30%には程遠く
2020年までに管理職や役員などに占める女性の割合を30%程度に、という目標を政府が掲げているが現状ではどうなのか。帝国データバンクが調査したところ、管理職、役員ともに平均の割合が10%を下回っており、目標に程遠い現状が浮き彫りになった。(2014/8/18)



Windows 9と噂されていた次世代Windowsの名称は、1つ飛ばしてWindows 10に決まった。発売は2015年後半を予定。タッチU/Iの取り込みに苦労しているWindowsだが、高速起動など基本的な面での改善もバージョンを経るごとに進んでおり、文字通り世界レベルでの影響を持つリリースになる。

音楽CDを超える音質を持つデジタルオーディオデータ、略して「ハイレゾ」。その再生に対応した機器が増加しており、対応したスマホの増加などを機に、今後更なる注目の高まりも期待される。

ソフトバンクモバイル初のXperiaシリーズとして発売が決まり、3キャリアが揃って取り扱う人気機種となった。モバイル事業で減損が発生するなど不調が伝えられるソニーであるが、グローバルスマホ市場での生き残りに向けて、これからが正念場だろう。

All material on this site Copyright © 2005 - 2013 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.