「HDMI」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

High-Definition Multimedia Interface

東芝 TC959xXBG:
車載IVI向けのインタフェースブリッジIC
東芝デバイス&ストレージは、車載インフォテインメント(IVI)システム向けのインタフェースブリッジICとして、ディスプレイシステム用、カメラシステム用、HDMI搭載システム用の4種類を開発、サンプル出荷を開始する。(2018/6/19)

サンワ、LANポートとHDMI出力も備えたSurface向け多機能USBハブ
サンワサプライは、Microsoft Surface向けをうたった多機能USBハブ「USB-3HSS3S」を発売した。(2018/6/14)

Amazon、Alexaでテレビも操作できる「Fire TV Cube」を120ドルで発売へ
Amazon.comが、Fire TVとAmazon Echoを統合したような4K Ultra HDストリーミングプレーヤー「Fire TV Cube」を米国で120ドルで発売する。赤外線やHDMI CECでテレビやCATVチューナーを接続し、それぞれを音声で制御できる。(2018/6/8)

サンワ、HDMIとアナログD-Sub出力を備えたUSB Type-Cアダプター
サンワサプライは、USB Type-C接続対応の外付け型ディスプレイアダプター「400-HUB060PD」を発売する。(2018/4/26)

SAPPHIRE、4画面4K出力が可能なプロ仕様グラフィックスカード
アスクは、SAPPHIRE製の商業用途向けの高解像度表示対応グラフィックスカード「GPRO 8200 HDMI」の取り扱いを発表した。(2018/4/10)

SAPPHIRE、Thunderbolt 3外付け型の4K対応HDMIデュアル出力アダプターなど2製品
アスクは、SAPPHIRE Technology製のThunderbolt 3接続対応ディスプレイ出力アダプター2製品の取り扱いを発表した。(2018/3/22)

HDMI映像を近距離にワイヤレス出力できる配信システム「SELFSAT FLY」 最大8台で同時視聴可能
INBYTEは、HDMI映像をPCやタブレット端末などにワイヤレス転送できる配信システム「SELFSAT FLY」を発売する。(2018/2/6)

ラトック、有線接続対応の小型モバイルプロジェクター
ラトックシステムは、HDMIおよびUSB有線接続に対応する小型モバイルプロジェクター「RP-MP2-BK」の販売を開始した。(2018/1/25)

上海問屋、双方向利用に対応した4K HDMI切替器
ドスパラは、1入力2出力または2入力1出力に対応した4K HDMI切替器「DN-915213」の取り扱いを開始した。(2017/12/19)

HDMI 2.1:
48Gbpsの広帯域に対応するHDMI最新規格、CTSは2018年第一四半期から順次配布
HDMIフォーラムはHDMI(High-Definition Multimedia Interface)の最新規格である「2.1」を発表した。最高で48Gbpsの帯域幅に対応しており、コンプライアンステスト仕様書(CTS)は2018年第1四半期〜第3四半期にかけて段階的に提供される。(2017/12/18)

組み込み開発ニュース:
HDMI規格の新バージョン2.1は10K解像度に対応
HDMIフォーラムは、HDMI規格の「バージョン2.1」を発表した。動画解析度が高く、さまざまなリフレッシュレート機能が向上しており、没入型視聴や素早い動作をスムーズに表示できる。(2017/12/14)

ケーブル1本で8Kや10Kも 「HDMI 2.1」正式リリース
HDMI ForumがHDMI規格の最新版「Ver.2.1」を正式リリース。伝送速度を最大48Gbpsまで上げ、最大10Kの解像度をサポートしたほか、4K/120Hzや8K/60Hzもケーブル1本で伝送できる。(2017/11/29)

4K HDMI出力も有線LANも使えるオールインワン仕様のUSB Type-C外付け拡張ドック
ベルキンは、各種インタフェースをまとめて利用できるUSB 3.1 Type-C接続対応の外付けドッキングステーション「USB-C Express Dock 3.1 HD」を発売する。(2017/11/22)

スーファミやセガサターンの画面を鮮明に サンコー「RGB21-HDMI変換アダプタ」
スーパーファミコン、プレイステーション、そしてセガサターン……1990年代の懐かしいゲーム機を現代の薄型テレビに蘇らせるアイテムが登場。(2017/10/19)

ラトック、4K/60Hz対応の4台用HDMI切り替え器
ラトックシステムは、4K出力にも対応した4入力対応のHDMI切り替え器「RP-HDSW41-4K」を発表した。(2017/10/18)

Amazon、4K/HDRサポートで8980円の新「Fire TV」発売へ
Amazon.comが、第5世代「Apple TV」に対抗するかのように、4K/HDR対応の新「Fire TV」を発表した。Googleの「Chromecast Ultra」のようにテレビのHDMI端子に直接つなぐタイプで価格はApple TVの半額以下の8980円。(2017/9/28)

HDMI出力やmicroSDカードリーダーも使えるPD対応USB Type-Cハブ
AUKEYは、USB Type-C接続対応の多機能USBハブ「CB-C59」の販売を開始した。(2017/7/24)

HDMI出力対応のスーファミ互換機登場 PAL変換スイッチで欧米版ソフトにも対応
「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」より早い9月中旬発売。(2017/7/13)

「電車でGO! PLUG & PLAY」2018年2月発売 テレビとHDMI接続で簡単プレイ
価格は税別1万4800円。(2017/7/6)

ラトック、HDMI機器をアナログD-Subに接続できる変換アダプター
ラトックシステムは、HDMIーアナログD-Sub変換アダプター「HDMI to VGA 変換アダプター」を発売する。(2017/7/6)

HDMI出力/有線LANなどを増設できるUSB Type-C外付けドッキングステーション
センチュリーは、USB Type-C接続対応の外付け型ドッキングステーション「Terminal C Ver.2」を発表した。(2017/6/30)

ラトック、4K/60Hzにも対応したHDMI切り替え器
ラトックシステムは、4K解像度ディスプレイにも対応したPC切り替え器「REX-250UHD-4K」を発表した。(2017/6/28)

ゲーム85本内蔵のメガドライブ互換機登場 HDMI出力対応、無線コントローラー同梱で古いけど新しい
もちろんカートリッジを差しても遊べます。(2017/6/13)

サンワ、MacBookにUSB/HDMI出力を増設できるType-C外付けアダプタ
サンワサプライは、MacBook用となるType-C接続対応USBハブ計2製品の取り扱いを開始した。(2017/6/9)

ラトック、アナログ映像をHDMI出力できる4K対応アップスキャンコンバータ
ラトックシステムは、コンポジット/Sビデオ入力に対応したHDMIアップスキャンコンバータ「REX-AV2HD-4K」を発表した。(2017/6/8)

Hulu、HDMI接続しないと外付けディスプレイで見られない仕様変更 → 告知の遅れでユーザーから苦情が続出
リニューアルにより、VGA端子、DVI端子などでは再生できなくなったと告知しています。(2017/5/22)

高速シリアル伝送技術講座(1):
PCIe、USB、Ethernet、HDMI、LVDSなど高速伝送技術の基本を理解するために
本連載では、さまざまな高速通信規格に使用されている物理層の仕組みや性能、SerDesの機能や特徴とその種類、高速伝送での主要なパラメーター、伝送路を含んだ技術や設計手法などを分かりやすく解説していく。(2017/5/22)

Miracast対応スマホからワイヤレス投影できるモバイルプロジェクター サンワサプライから
サンワサプライは、Miracast対応スマートフォンであればワイヤレスで投影できるコンパクトなモバイルプロジェクターを発売。HDMI入力端子付きで、約2時間の連続投影が可能な容量5000mAhのバッテリーを搭載している。(2017/5/11)

外出先でも自宅のマルチディスプレイ環境を再現したい! 15.6型のIPS液晶搭載「On-Lap 1503I」を試す
GeChicの「On-Lap 1503I」は、ノートPCと組み合わせてマルチディスプレイ環境の構築に適した15.6型モバイル向けディスプレイだ。給電はUSB、映像入力はHDMIなので専用ドライバも不要。これで外出先の作業効率は上がる?(2017/4/5)

Tokyo Mac、HDMI/Thunderbolt 3ポートも備えたMacBook Pro 2016専用の拡張ドック
Tokyo Macは、MacBook Pro 2016専用となる外付け型拡張ドック「HYPER DRIVE サンダーボルト3 USB-C HUB」の販売を開始した。(2017/4/3)

「Galaxy S8/S8+」を大画面につなげてPC代わりに使える「Samsung DeX」
Samsungが、新Galaxy端末をHDMIでディスプレイにつなぎ、Bluetoothキーボード+マウスとも接続してデスクトップPCのように使えるようにする「Samsung DeX」のステーションを4月21日に発売する。まずはMicrosoft OfficeやAdobeのアプリのモバイル版が対応した。(2017/3/30)

上海問屋、Androidアプリも使えるHDMI出力対応のコンパクトメディアプレーヤー
ドスパラは、Android OSを搭載した据え置き型メディアプレーヤー「DN-914568」の取り扱いを開始した。(2017/3/28)

サンコー、USB 3.0接続型HDMI出力ディスプレイアダプタ
サンコーは、USB接続に対応した外付け型ディスプレイアダプタ「USB3HDCV」の販売を開始した。(2017/3/27)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
なぜドルビービジョン対応製品が増えたのか?――CESリポート(後編)
AV評論家・麻倉怜士氏によるCESリポート後編。今回はドルビービジョンにソニーの「Crystal LED Display」と超短焦点プロジェクター、HDMI 2.1、MQAの最新動向など盛りだくさん。さらに「ドルビーシネマ」体験リポート付き。映画館はここまで来た!(2017/2/13)

FAニュース:
VGAとHDMIでデュアルディスプレイ環境を構築する産業用コントローラー
ロジテックINAソリューションズは、CPUにインテルの「Intel Celeron 3855U」を搭載した、ファンレスの産業・業務用コントローラー「LB-C15N」を発表した。VGAとHDMIを使ってデュアルディスプレイ環境を構築することが可能だ。(2017/1/20)

組み込み開発ニュース:
HDMI規格の最新版「バージョン2.1」を発表
米HDMI Forumは、HDMI規格の最新版となる「バージョン2.1」を発表した。従来の規格と後方互換性を持ちながら、48Gケーブルによってより高い動画解像度を提供。ダイナミックHDR、eARC、ゲームモードVRRなどの機能が充実した。(2017/1/19)

HDMI Forumが最新版公開:
HDMI 2.1を発表、8K/60Hzや4K/120Hzに対応
HDMI Forumは、HDMI規格の最新版である「バージョン2.1(HDMI 2.1)」を発表した。8K/60Hzや4K/120Hzといった高い解像度と速いリフレッシュレートに対応する。(2017/1/6)

CES 2017:
HDMIフォーラム、8K/60Hz対応のHDMIバージョン2.1を発表
HDMI Forum,Inc.がHDMI規格の最新版となるバージョン2.1のスペックを公開した。8K/60Hzや4K/120Hzといった高解像度&高いリフレッシュレートに対応。(2017/1/5)

ET 2016速報レポート:
HDMI Alt Mode対応のUSB Type-CコントローラIC
日本サイプレスは、「Embedded Technology 2016」「IoT Technology 2016」で、「HDMI Alternate Mode」をサポートしたUSB Type-CポートコントローラIC「EZ-PD CCG3」を参考展示した。このICを実装した機器とType-C-HDMIケーブルを使って映像を送受信するデモを行った。(2016/11/17)

アイ・オー、有線LAN/HDMI出力などを増設できるUSB Type-C外付けマルチアダプタ
アイ・オー・データ機器は、USB Type-C接続に対応した外付け型マルチアダプタ「US3C-UERGB/H」を発表した。(2016/10/26)

ディスプレイを買うなら必ずチェック!!:
PR:最新ディスプレイ講座――HDMI、DislplayPortから先進のUSB Type-Cまで映像入力インタフェース徹底解説
ディスプレイの購入を検討する際、どの映像入力に対応しているかは必ずチェックするべき重要項目の一つだ。現在主流のインタフェースや今後注目すべきインタフェースを中心に最新事情をまとめた。(2016/10/26)

アイツー、03番号で安定した通話が可能な「トラベルSIM03 トーク&データ」10月21日発売
アイツーは、10月21日に03番号で通話できる「トラベルSIM03 トーク&データ」を発売。2年間無料で安定した通話が可能で、番号を切り替えずに受信できる。また、海外で日本のテレビを視聴できる「Slingbox M1 HDMI&トラベルSIM03 バック」も販売開始する。(2016/10/20)

CEATEC 2016:
ウェアラブル機器の電源供給に最適な「ロボ電」、伸縮自在のHDMIケーブルも実現
旭化成は、「CEATEC JAPAN 2016」において、伸び縮みが可能な電線「ROBODEN(ロボ電)」のウェアラブル機器をはじめとする情報機器向けの適用イメージを披露した。(2016/10/14)

上海問屋、microSDカード再生に対応したAndroid搭載HDMIメディアプレーヤー
ドスパラは、HDMI出力に対応した据え置き型メディアプレーヤー「DN-914017」の取り扱いを開始した。(2016/9/28)

古田雄介のアキバPicjUp!:
VR向けにマイナーチェンジしたGTX 1060カードが反応上々
MSIのGTX 1060搭載グラフィックスカード「GeForce GTX 1060 ARMOR 6G OC」にマイナーチェンジモデルが登場。DP出力のうち1基をHDMIに変えた程度ながら、反応は上々だという。理由を追っていこう。(2016/9/26)

USB Type CからHDMI信号を出力できる「オルトモード」正式発表
HDMI Licensing,LLCは9月14日、USB Type-Cコネクター向けのオルタネートモード(以下、オルトモード)の提供を発表した。(2016/9/15)

Type-Cコネクター経由でHDMI信号を伝送:
「USB Type-C to HDMIケーブル」で簡単接続
HDMI Licensingは、USB Type-Cコネクター規格向けにHDMIオルタネートモード(以下、オルトモード)の提供を始める。この技術を用いるとHDMI対応ソース機器とHDMI対応ディスプレイを直接接続し、USB Type-Cコネクター経由でネイティブHDMI信号を伝送することが可能となる。(2016/9/15)

センチュリー、3系統入力を備えたサブディスプレイ向き10.1型液晶「LCD-10000VH5」
センチュリーは、10.1型小型液晶ディスプレイ「plus one HDMI」の新型番モデル「LCD-10000VH5」を発表した。(2016/9/8)

プラネックス、4K対応の4ポートHDMI切り替え器
プラネックスコミュニケーションズは、最大4台のHDMI搭載機器を切り替えて利用できるHDMIセレクター「HDMI-4UHD」を発表した。(2016/9/8)

「USB Type-C」←→「HDMI」ケーブル、2017年初頭にも登場へ
HDMI Licensingが、「USB Type-C」ポートと「HDMI」ポートを直接接続してHDMI信号を送信できる「HDMI Alternate Mode(Alt Mode)」を発表した。端末がサポートし、専用ケーブルが登場すれば、スマートフォンやノートPCのType-Cポートと大画面テレビなどのHDMIポートを直結して動画を伝送できるようになる。(2016/9/5)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.