「華為技術(Huawei)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「華為技術(Huawei)」に関する情報が集まったページです。

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「iPhone XS/XS Max」に触れて分かった“Xの系譜”を選ぶ理由
発売に先駆けて数日間、「iPhone XS」「iPhone XS Max」を試用した。発表時の現時取材を踏まえ、実機に触ったインプレッションをお届けする。(2018/9/18)

「iPhone XS/XS Max」先行レビュー カメラの進化に驚きも、A12 Bionicの真価はこれから?
9月21日に発売される「iPhone XS」と「iPhone XS Max」を短期間ながら使うことができた。外観から性能までをレビューした。特に進化を感じたのはカメラだが、新チップ「A12 Bionic」が真価を発揮するのはこれから、とも感じた。(2018/9/18)

ファーウェイ、10.1型のエントリーモデル「HUAWEI MediaPad T5」9月21日発売
ファーウェイは、約10.1インチの高精細ディスプレイを搭載したエントリーモデルタブレット「HUAWEI MediaPad T5」を9月21日に発売。画面アスペクト比は視聴に最適な16:10で、ステレオスピーカーやキッズモードも備えている。(2018/9/18)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
「HUAWEI Mate 20 lite」がひっそりと登場 発売されたばかりのドイツで触った
Huaweiの新フラグシップモデル「Mate 20シリーズ」は、10月16日に発表される予定。新しいプロセッサ「Kirin 980」を搭載しているハイエンドな製品です。そのMate 20ファミリーの下位モデルとなる「Mate 20 lite」が、ドイツで9月6日に発売されました。(2018/9/17)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「iPhone XS/XR」でハッキリした“進化の道筋” Appleは何をやりたいのか
米サンフランシスコで行われたAppleの発表会を現地で取材し、iPhone XS/XS Max/XRを知って見て触ってハッキリしてきたこと、Appleが今後何をやろうとしているのかをお伝えする。(2018/9/17)

iPhone XS/XS Max/XRは買いなのか? ITmedia Mobile編集部の場合
毎年恒例の“iPhone祭り”が2018年も開幕。iPhone XS/XS Max/XRは買いなのか? ITmedia Mobile編集部3人のコメントを紹介します。(2018/9/16)

新iPhoneのトピックは「A12 Bionic」と「eSIM」 そのメリットと業界へのインパクトは?
「iPhone X」が発表されてから1年、ノッチのあるディスプレイや機械学習を強化したプロセッサは他社も取り入れるようになった。その1年後に発表された「iPhone XS/XS Max」は何が新しいのか。2つのトピックを中心に解説する。(2018/9/15)

携帯販売ランキング(9月3日〜9月9日):
「iPhone XS/XS Max」発売まで「iPhone 8」のトップ3独占は動かず?
NTTドコモ「iPhone 8(64GB)」が23週連続1位。「iPhone XS/XS Max」発売まで「iPhone 8(64GB)」のトップ3独占は動かずか。(2018/9/16)

MVNOの深イイ話:
「端末価格と通信料金の分離」 MVNOが果たした役割は?
MNOとMVNOのビジネスモデルは異なりますが、端末販売をどのように捉えるかも大きく異なります。今回は携帯電話業界の永遠のテーマの一つでもある「端末価格と通信料金の分離」にスポットを当て、MNOとMVNOの戦略の違いを明らかにしていきます。(2018/9/15)

18Q2の出荷数はAppleを抜いた:
Huaweiが最新の7nm SoCを発表、シェア拡大に弾み
Huaweiは、ドイツ ベルリンで2018年9月初頭に開催された家電展示会「IFA 2018」において、新しいフラグシップSoC(System on Chip)「Kirin 980」を発表した。アナリストたちによると、Huaweiは、Appleを追い抜いて世界スマートフォン市場第2位の座を獲得した今、新型チップを発表することにより、さらに市場シェアを拡大していくとみられる。(2018/9/13)

製品分解で探るアジアの新トレンド(31):
貿易摩擦に屈しない、中国半導体技術の“体力”
トライ&エラーを繰り返し、着実に実績をつけている中国の半導体技術。こうした実績はやがて、貿易摩擦などの圧力に屈せず、自国の半導体で多様な機器を作ることができる“体力”へとつながっていくのではないだろうか。(2018/9/12)

業界は何を恐れたのか:
NXP買収を断念したQualcommの誤算(後編)
NXP Semiconductorsの買収を断念せざるを得なかったQualcomm。ただしQualcommは、自社が置かれている状況から、このM&Aが厳しくなることをもう少し予想すべきだったのではないだろうか。(2018/9/11)

Huaweiの「P20 Pro」など、3DMarkのランキングから削除 禁止の最適化発覚で
Huaweiの「P20 Pro」などの幾つかのスマートフォンが、ベンチマークアプリ「3DMark」で自動的に「Performance Mode」に切り替わるのは規約違反だとして、UL Benchmarksがこれらの端末をランキングから削除した。(2018/9/10)

石野純也のMobile Eye:
ソフトバンクの「ギガモンスター+」はどれだけお得? 業界への影響は?
ソフトバンクが新料金プラン「ギガモンスター+」を提供開始。月に50GBのデータ通信を利用でき、一部サービスの通信量がカウントされない。一方で「月月割」が付かない分離プランとなっている。新プランの狙いと業界に与えるインパクをと解説する。(2018/9/8)

携帯販売ランキング(8月27日〜9月2日):
docomo with対象の「iPhone 6s」発売 ランキングには登場した?
1位はNTTドコモ「iPhone 8(64GB)」が22週連続。2位と3位は入れ替わり4週ぶりにソフトバンク「iPhone 8(64GB)」が2位に。docomo with対象「iPhone 6s」の順位は?(2018/9/9)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
徹底的に撮り比べ! 夏の5大カメラスマホ十番勝負(後編)
Xperiaのアウトカメラのデュアル化によって、2018年夏の主要なハイエンドスマートフォンは「デュアルカメラ(一部トリプルカメラ)」となった。ということで、2回に分けて撮り比べることにした。今回は後編として「料理」「人物」「ポートレート」「インカメラ」「夜景」の作例を見比べてみよう。(2018/9/7)

2018年4〜6月:
Huawei、スマートフォン出荷台数でAppleを抜く
米国の市場調査会社であるGartnerによると、中国エレクトロニクス業界の巨人であるHuawei Technologiesが、2018年第2四半期(2018年4〜6月)の世界スマートフォン出荷台数で、Appleを超える業績を達成したという。Appleが世界上位2社から外れるのは、初代iPhoneの初期のころ以来のことだ。(2018/9/6)

MMDがスマホ5機種のカメラ画質を比較 得票数最多は「HUAWEI P20 Pro」
MMD研究所は、9月5日にに「スマートフォンカメラの画質比較調査」の結果を発表。最新機種のスマホで撮影した写真でブラインドテストを行ったもので、5機種のうち最も得票数が多かったのは「HUAWEI P20 Pro」となった。(2018/9/5)

IFA 2018:
シャープが有機ELディスプレイ搭載スマホを発表 日本では年内に発売か?
シャープがIFA 2018で、有機ELディスプレイを搭載したスマートフォンを参考出展。背面にはFeliCaマークを確認できた。日本で発売される可能性が高そうだ。(2018/9/4)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
徹底的に撮り比べ! 夏の5大カメラスマホ十番勝負(前編)
Xperiaのアウトカメラのデュアル化によって、2018年夏の主要なハイエンドスマートフォンは「デュアルカメラ(一部トリプルカメラ)」となった。ということで、2回に分けて撮り比べることにした。今回は前編として「風景」「建物と青空」「望遠」「明暗差」「花」の作例を見比べてみよう。(2018/9/3)

「WiMAX」が2020年3月にサービス終了 周波数はWiMAX 2+へ順次移行
UQコミュニケーションズが、2020年3月31日に「WiMAX」のサービスを終了する。これ以降、WiMAXの通信は利用できなくなる。UQはWiMAX 2+対応端末にお得に変更できるキャンペーンを実施する。(2018/9/3)

IFA 2018:
Huaweiが新型AIチップ「Kirin 980」を発表 「Mate 20」シリーズは10月発表へ
Huaweiのリチャード・ユー氏がIFA 2018で基調講演を行った。そこで新しいプロセッサ「Kirin 980」を発表。これを搭載した新スマートフォン「HUAWEI Mate 20」シリーズを、10月16日にロンドンで発表することも予告した。(2018/9/3)

IFA 2018:
Huawei、Alexa搭載スマートスピーカー兼4Gルータ「AI Cube」発表
中国HuaweiがAlexa搭載のスマートスピーカー「AI Cube」を発表した。SIMカードを入れて4Gルータとしても使える。搭載AIアシスタントはAmazonのAlexaだ。(2018/9/2)

携帯販売ランキング(8月20日〜8月26日):
総合ランキング、3週ぶりにSIMフリー「HUAWEI P20 lite」がランクイン
NTTドコモ「iPhone 8(64GB)」が21週連続1位。前回4位の「Galaxy S9 SC-02K」は1つ下げ5位。(2018/9/2)

Mobile Weekly Top10:
AndroidスマホがOSバージョンアップするまでの道のり/次のiPhoneは「大きいの」ばかり?
ソニーモバイルコミュニケーションズのグローバルサイトのブログで、AndroidのOSバージョンアップまでの「道のり」を図解するエントリーが公開されています。OSと端末のメーカーが「別」であるため、バージョンアップに時間がかかることがAndroidのデメリットとも言われますが、改善の動きもあります。(2018/8/27)

太陽光:
SBエナジーが北海道に3.1MWのメガソーラー、売電単価は21円/kWh
SBエナジーが北海道苫小牧市に3.1MWのメガソーラーを新設すると発表。FITの売電価格は21円/kWhの案件だ。(2018/8/27)

山根康宏の中国携帯最新事情:
中国スマホの“サブブランド競争”が白熱 OPPOがHuawei対抗の新ブランド立ち上げ
世界のスマートフォン販売シェアは、Huawei、OPPO、Xiaomi、Vivoは上位の常連です。各社はハイエンドから低価格品までさまざまなモデルを展開していますが、今各社が力を入れているのはフラグシップモデルだけではなく、サブブランドの低価格ラインなのです。(2018/8/27)

出遅れる日本:
米中報復関税 5Gインフラ、欧州大手攻勢 日本勢の“漁夫の利”は望み薄
米国と中国が23日、互いに第2弾の関税を発動し両国の通商摩擦がエスカレートした。今後、中国製品の対米輸出が減れば、代わって日本製品の米国でのシェアが拡大すると期待する声もある。だが、米国では次世代移動通信(5G)のインフラ整備をめぐり、既に欧州企業が参入を加速しているとされ、日本勢は後手に回っている。中国メーカーの勢いがそがれても日本が大きな恩恵を受けられるとはかぎらない。(2018/8/27)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(7):
「満足度」の高いプレゼンでチャンスをつかもう!
ネットワークエンジニアにとってプレゼンは重要だ。セミナーでソリューションを紹介する、コンペで提案書を説明するなど、プレゼンの良しあしが案件開拓や受注の成否を大きく左右する。今回は効果的なプレゼンのテクニックについて述べる。(2018/8/27)

石野純也のMobile Eye:
おサイフケータイ対応の衝撃 “日本市場に最適化”したOPPO新スマホの期待と課題
OPPOが新スマートフォン「R15 Pro」と「R15 Neo」を発表。参入第1弾の「R11s」と比べ、日本市場への“現地化”を進めたのが最大の特徴だ。ローカライズを徹底して推し進めるOPPOの狙いを読み解いていきたい。(2018/8/25)

携帯販売ランキング(8月13日〜8月19日):
総合ランキング、auの「Xperia XZ2 Premium」はトップ10圏外に ドコモの「Galaxy S9」がAndroid勢トップ
ドコモの「iPhone 8(64GB)」が20週連続1位を達成。前回6位に初登場のドコモ「Galaxy S9」が「Xperia XZ1」をかわして4位。(2018/8/26)

オーストラリア政府、5G設備でHuaweiとZTEを締め出し
オーストラリア政府が、中国HuaweiおよびZTEに5Gネットワーク設備の供給を禁止した。(2018/8/24)

Spigen、各種アクセサリーが最大55%引きになるAmazon限定セールを開催
Spigenが、Amazon.co.jp限定セールを開催。初代iPhoneをモチーフにした耐衝撃ケース「Classic One」や、HUAWEI P20 lite向けTPU製クリアケース「リキッド・クリスタル」など、ケースやガラスフィルムなど全49商品が最大55%引きで購入できる。(2018/8/23)

揺るがぬ優位性:
ファウンドリー業界の覇権を握り続けるTSMC
半導体ファウンドリーの先駆けとなる1987年のTSMC設立から30年以上がたったが、620億米ドル規模のグローバルビジネスにおける台湾の優位性が衰える気配はない。TSMCは2017年、ファウンドリー業界の世界売上高の約52%を占めた。(2018/8/23)

ファーウェイ製スマホが対象のフォトコンテスト「HUAWEI NEXT-IMAGE Awards」開催
ファーウェイのスマートフォンで撮影した写真を対象とするフォトコンテストが開催されている。「GOOD NIGHT」「FACES」「HELLO, LIFE」「DISCOVERIES」の4カテゴリーを用意し、最優秀賞には「HUAWEI P20」と「HUAWEI MediaPad T3 LTEモデル」をプレゼントする。(2018/8/22)

OPPOの「R15 Neo」は2万円台 Huawei対抗の“コスパモンスター”なるか?
OPPOのミッドレンジスマホ「R15 Neo」が8月31日から順次発売される。価格は2万5880円から。6.2型ディスプレイや大容量の4320mAhバッテリーを搭載した高コスパモデルだ。(2018/8/22)

防水+おサイフ対応のOPPO「R15 Pro」は約7万円 絶妙な価格で売れ筋の予感
OPPOの新スマホ「R15 Pro」が9月に発売される。6.28型有機ELを搭載して防水とおサイフケータイ対応で、約7万円。機能とのバランスを考えると、絶妙な価格といえる。(2018/8/22)

MVNOの深イイ話:
iPhoneを扱えない事情も MVNOとSIMフリースマホの関係
MVNOの多くは、通信サービスとセットでスマートフォンの本体も販売しています。そのスマホのほとんどは「SIMロックフリー」です。今回はSIMロックフリースマホにまつわるあれこれを取り上げてみたいと思います。(2018/8/22)

携帯販売ランキング(8月6日〜8月12日):
auの「Xperia XZ2 Premium」が発売、総合ランキングに登場
NTTドコモ「iPhone 8(64GB)」の連続トップが19週に。NTTドコモ版に続いて発売されたau「Xperia XZ2 Premium SOV38」は8位に初登場。(2018/8/18)

Apple Watchは使わない! 「Wear OS」搭載モデル使いが語るスマートウォッチ最新事情
(2018/8/18)

石川温のスマホ業界新聞:
楽天が6000億円よりも安価にMNOネットワークを構築――組織改編により、MNOとMVNOを同じ会社で運営へ
楽天の決算発表会で、MNO事業の設備投資額が「6000億円を下回る見通し」と発表された。また、組織改変で自社で手がけるMVNO事業「楽天モバイル」をMNO事業を手がける子会社「楽天モバイルネットワーク」に移管する見通し。MNO自体がMVNOも手がけることになってしまうが、大丈夫なのだろうか。(2018/8/17)

熱中症で倒れる前に 緊急時にスマホで表示、「メディカルID」の設定方法
スマートフォンのロックを外すことなく、緊急時の連絡先や病状などを確認できる「メディカルID」。突然意識をなくして救急搬送されたときにも、医療関係者が必要な情報を確認できる。(2018/8/17)

目玉焼きをスケッチブックに置いてみた→超リアルなイラストと勘違いされて大拡散
近年、写実的なイラストが評判になること、けっこうありましたからね……。(2018/8/16)

タビジョのスマホ街ある記(韓国 釜山編):全インスタグラマーにおすすめしたい!「HUAWEI P20 Pro」
インスタ映えのポイントは色と構図。そのどちらもかなえるカメラでお勧めしたいのが「HUAWEI P20 Pro」。韓国の釜山で試してきた。(2018/8/16)

トランプ大統領、米連邦政府機関でのZTEおよびHuawei製品使用禁止令に署名
トランプ米大統領が、中国ZTEおよびHuaweiの製品を政府機関が利用することを禁じる条項を含む国防権限法(NDAA)に署名した。(2018/8/15)

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
約10万円 SIMフリースマホ「HTC U12+」の勝算は? HTC NIPPON児島社長に聞く
SIMロックフリースマホ「HTC U12+」のお値段は約10万円。3万円前後の端末がボリュームゾーンになるSIMフリースマートフォン市場で、異彩を放つ存在といえる。HTCの勝算はどこにあるのか? HTC NIPPONの児島社長に聞いた。(2018/8/13)

セルフィースマホから高性能カメラスマホへ Meituの新モデル「T9」で感じた変化
Meituの新スマホ「T9」は、同社の特徴であった美顔効果がブラッシュアップしただけではなく、アウトカメラの機能も強化している。「セルフィースマホ」から「高性能なカメラフォン」へと、Meituは製品の方向性を転換し始めている。(2018/8/11)

携帯販売ランキング(7月30日〜8月5日):
「Xperia XZ2 Premium SO-04K」は総合トップ10から姿を消す
NTTドコモ「iPhone 8(64GB)」が18週連続トップ。auとNTTドコモの「Xperia XZ1」の好調続くが、「Xperia XZ2 Premium SO-04K」はトップ10外に。(2018/8/11)

ドコモ、8型防水タブレット「dtab Compact」を8月10日発売 実質0円
NTTドコモは、8月10日に8インチサイズのコンパクトボディにデュアルカメラを搭載したタブレット「dtab Compact d-02K」を発売。防水・防塵性能をサポートし、キッチンなど水回りでも利用できる。(2018/8/6)

携帯販売ランキング(7月23日〜7月29日):
ドコモの「Xperia XZ2 Premium」発売、総合ランキングにいきなり登場
NTTドコモ「iPhone 8(64GB)」が17週連続トップ。auとNTTドコモの「Xperia XZ1」は依然好調。(2018/8/5)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.