• 関連の記事

「IDC」最新記事一覧

IDC Japan 国内IoTテクノロジー別予測:
国内IoT市場、ソフトウェア/サービスに対する支出が急速に成長
IDC Japanは、国内IoT(Internet of Things:モノのインターネット)市場におけるテクノロジー別の予測を発表した。(2016/5/26)

2020年も、Windows 7特需反動でマイナス成長予測:
2016年の国内IT市場はマイナス成長予測、ハードウェア市場が低調──IDCジャパン
IDCジャパンは、2016〜2020年の国内製品別IT市場予測を発表した。2016年の国内IT市場規模は対前年比−0.4%のマイナス成長になるという。また、2020年の国内ICT市場予測も、Windows 7のサポート終了の影響でマイナス成長が見込まれる。(2016/5/10)

市場全体成長率は過去最低に:
16年1〜3月世界スマホシェア――OPPOとvivoが躍進
米調査会社のIDCは2016年4月27日、2016年1〜3月における世界スマートフォン市場におけるメーカー別出荷シェアを発表した。(2016/4/28)

調査レポート:
2016年1〜3月期の世界スマートフォン出荷台数、史上最低の伸び率──IDC調べ
IDCによると、1〜3月期の世界におけるスマートフォンの出荷台数の伸び率は史上最低の0.2%だった。メーカー別スマートフォン出荷ランキングのトップ3は前期と変わらずSamsung、Apple、Huaweiだったが、4位と5位のLenovoとXiaomiが圏外に落ち、中国のOPPOとVivoが初ランクインした。(2016/4/28)

外部脅威と比べて、内部脅威への対策が進まない傾向も:
2016年度、国内企業のセキュリティ投資費は増加傾向に──「サイバー保険加入」の意向も増加
IDC Japanが、国内企業688社の情報セキュリティ対策の実態調査結果を発表。2016年度の情報セキュリティ投資は増加傾向にあるものの、6割以上の企業でセキュリティ投資額に変化があまりなかったことなどが分かった。(2016/4/19)

IDC Japan 国内モバイルデバイス出荷台数:
2016年はどうなる? 国内モバイルデバイス市場を予測
IDC Japanは、国内モバイルデバイス市場における2015年の出荷台数実績および2016〜2020年の予測を発表した。(2016/4/5)

NFVもvEPCを皮切りに市場拡大のきざし:
国内SDN/NFV市場は2020年まで高い成長を予測
IDCジャパンは、SDN(Software-Defined Network)とNFV(Network Functions Virtualization)に関する国内市場予測を発表した。(2016/4/1)

投資意欲は旺盛ながらも、全社展開には「時間がかかる」:
国内の「第3のプラットフォーム」市場、成長率は?
IDCジャパンは、国内第3のプラットフォーム市場について、産業分野別と従業員規模別の予測を発表した。(2016/3/25)

IDC Japan 国内レーザーMFP出荷台数:
2016年は不透明!? 国内レーザープリンタ複合機市場、維持拡大のカギは?
IDC Japanは、日本国内におけるレーザープリンタ複合機市場に関する2015年の実績をまとめた「2015年国内レーザーMFP市場動向」を発表した。(2016/3/18)

IDC Japan 国内携帯電話/スマートフォン出荷台数:
iPhoneショックが大きく影響した2015年国内スマホ市場
IDC Japanは、国内携帯電話機およびスマートフォン端末の2015年第4四半期および2015年通年の出荷台数を発表した。(2016/3/7)

IDC Japanと、トップシェアのEMCジャパンが対談:
PR:オールフラッシュストレージは当たり前になったか、もっと当たり前になれるのか
オールフラッシュストレージ製品が話題になっていることはたしかだが、まだ大企業のデータベース高速化が主な用途ではないのか。今後オールフラッシュストレージはどう使われていくのか。ストレージ製品市場の動向に詳しいIDC Japanの鈴木康介氏と、国内オールフラッシュ製品市場において「EMC XtremIO」がトップシェアというEMCジャパンの渡辺浩志氏に、アイティメディア ITインダストリー事業部 エグゼクティブエディターの三木泉が聞いた。(2016/3/7)

Appleの新下取りプログラムは、市場に影響するのか:
スマホ市場、今後5年は1桁台の成長に
IDCの発表によると、スマートフォン市場の成長率は2020年まで、1桁台の成長が続くようだ。OS別に2015年を振り返ると、iOS端末にとっては記録的な1年となった。苦戦を強いられたのはWindows Phoneで、出荷台数は前年比で18%減となっている。(2016/3/4)

IoT時代の製造業、ハード&ソフトで稼ぐための障壁とは?
IDCの発表によると国内IoT市場は2020年に13兆7595億円に達する見込み。特に製造業の投資が急速に増えている。そうした中、ハードメーカーは組み込みソフトウェアでの収益アップを図るが、課題もあるという。(2016/3/2)

PR:本格化する企業のデータ活用 AI時代のデータ分析に必要な武器とは?
データ活用を経営の武器として実業務に取り込む機運が本格的に盛り上がりはじめた。ただし、その具体的な道筋はいまだ明確にはなっていない。いま、どのような仕組みの整備が求められているのだろうか。IDC Japanが2016年2月10日に開催した「Japan Storage Vision 2016」では、その問いかけへの“解”ともいえる講演が行われた。(2016/2/29)

東西DCを閉域網接続:
IDCフロンティア、東西リージョン間のクラウド接続を無料提供
IDCフロンティアは、同社の「IDCFクラウド」で、東日本リージョンと西日本リージョンを同社の閉域網で接続する機能を無料で提供する。(2016/2/26)

調査レポート:
2015年の世界ウェアラブル端末出荷は7810万台でトップ3はFitbit、Xiaomi、Apple
IDCの世界ウェアラブル端末調査によると、2015年通年のメーカー別ランキングはトップは不動のFitbit、2位は中国で躍進するXiaomi、3位に2015年4月に「Apple Watch」を発売したAppleがランクインした。(2016/2/24)

製造業IoT:
2015年のIoTへの国内年間投資額は6.2兆円、製造業が最大
IT調査会社のIDC Japanは、国内のIoT市場の産業分野別動向について発表した。2015年のIoT関連への年間投資額の1位は組み立て製造業、2位はプロセス製造業になっているという。(2016/2/24)

IT支出全体の6倍の伸び:
「パブリッククラウドへの支出は2019年にかけて倍増」と米IDCが予測
米IDCは、パブリッククラウドサービスへの支出の今後の推移を予測した新たなリポートで、パブリッククラウドサービスへの世界的な支出が、2019年には2015年の2倍以上に達すると予測している。(2016/1/25)

運用自動化、データ活用の本格化で市場は拡大:
国内ストレージソフトウェア市場は2019年に1000億円を突破――IDCジャパン予測
IDCジャパンが2015〜2019年のストレージソフトウェア市場の予測を発表。ユーザー企業の運用自動化推進やデータ活用の本格化が、ストレージソフトウェア市場を拡大させるとしている。(2016/1/21)

新法、改正法への対策も需要を後押し:
国内セキュリティ市場はSaaS型、UTM、IPSなどが成長をリード――IDCジャパン
IDCジャパンは、国内情報セキュリティ製品市場について、2015〜2019年の予測を発表した。それによると、市場規模は2014年の2158億円から2019年には2731億円に拡大するという。(2016/1/20)

情報セキュリティ製品市場、2019年まで年率4.9%で拡大
2016年以降は法規制によるセキュリティ対策の推進や個人情報保護対策へのニーズが高まるとIDCでは予測する。(2016/1/20)

2014年の市場シェアトップはヴイエムウェア、成長率トップはマイクロソフト:
IDCがクラウドインフラソフトの国内市場規模を予測、2019年は2014年の4倍に
IDCジャパンは、国内クラウドインフラストラクチャソフトウェア市場規模について、2014年の実績と2019年までの予測を発表した。2014年は143億7300万円。2015年は対前年比36.5%増、2019年は2014年の約4倍と予測する。(2016/1/18)

縮小の一途をたどる:
2015年の世界PC出荷台数、4年連続で減少
PC市場が縮小の一途をたどっている。IDCによると、2015年のPC世界市場は3億台を下回り、2億7620万台にとどまった。3億台を下回ったのは2008年以来初めてだという。(2016/1/15)

2015年の世界PC出荷、Appleのみが前年比増──Gartner、IDC調べ
IDCによると、2015年通年の世界におけるPC出荷台数は前年比10.4%減の2億7622万台と、2008年以来初めて3億台を切った。メーカー別のトップ5社中、前年より出荷を増やしたのは4位のAppleのみだった。(2016/1/14)

モバイル対応迅速化が普及のフックになるか?:
国内企業の7割が「DevOpsに興味がない」
IDCジャパンは日本国内企業におけるDevOps導入状況を調査。それによると、国内企業の7割がDevOpsに「興味がない」状況だという。(2016/1/12)

メガバンクを中心にIT投資は拡大:
国内の金融IT市場は堅調、IDCジャパンが最新市場予測を発表
IDCジャパンが、国内金融IT市場について最新予測を発表。前年比成長率は0.6%と堅調で、特にメガバンクは3.0%と強めを予想した。金融機関は積極的なIT活用を模索しており、FinTech企業との連携を強化する大手金融機関が増加するとした。(2016/1/8)

ユーザーニーズの変化?:
国内ストレージ市場はオールフラッシュ、ODMがけん引
IDCジャパンは、2015年第3四半期の国内エンタープライズストレージシステムについて売上金額の実績を発表した。それによると、同四半期の売上金額は631億1900万円で、前年同期比1.4%減だった。(2016/1/5)

Weekly Memo:
2016年のIT市場はどうなるか
2015年もあと僅か。そこで今回は、IDCの調査を踏まえながら、2016年のIT市場はどうなるかを考察してみたい。(2015/12/21)

調査リポート:
2015年の世界スマートフォン出荷、Windows端末不調もあり初の1桁成長に──IDC予測
調査会社IDCが発表した2015年通年の世界スマートフォン出荷台数予測によると、出荷台数の前年比伸び率が調査開始以来初めて1桁台になる。IDCはWindows Phoneは向こう数年間はシェアを伸ばせないと予測する。(2015/12/7)

ホワイトペーパー:
モバイルデバイスの急増が仮想デスクトップの導入を促進する理由
アジア太平洋市場の仮想デスクトップ採用状況は、国によって差が大きいが、災害が多く拠点が分散するこの地域におけるデスクトップ仮想化の有用性は高く、今後の伸びが見込まれる。日本を中心とした同市場の仮想デスクトップ普及の現状と今後をIDCの調査結果から見ていこう。(2015/11/25)

調査リポート:
国内のフラッシュストレージ市場が急成長――その要因は?
IDCジャパンは、国内のエンタープライズ向けストレージシステムの市場実績と2019年までの予測を発表した。フラッシュメモリを利用したストレージの2014年の売上高は対前年比58.1%増の137億8000万円で、2015年は同42.5%増の196億3600万円を見込む。2014〜2019年の年間平均成長率は27.1%で、2019年には457億4500万円に達すると予測する。(2015/11/25)

PR:個人エンジニアにも愛されるクラウドを目指して 純国産「IDCFクラウド」支える女性チームの思い
リーズナブルながら爆速・パワフル――そんな特長で利用が広がっている国産IaaS「IDCFクラウド」。多くの個人エンジニアからの人気を支えているのは、同サービスのオンライン施策を一手に担う“女性中心チーム”だ。(2015/11/20)

調査リポート:
“エンジニアの効率活用”も――進む運用管理自動化、マルチクラウド対応
IDCジャパンが国内のITインフラ運用管理サービスの動向に関する調査リポートを発表。マルチクラウドへの対応や運用自動化に注力する国内ITサービス事業者の姿が浮かび上がった。自動化後のIT人材の在り方も予測する。(2015/11/19)

EMCジャパン株式会社提供ホワイトペーパー
IDCレポート:デジタル時代のボトルネック 「ストレージ」をどう変革するか?
ビジネスを取り巻くテクノロジーの変化に対応するための「デジタル変革」には、企業ITにおけるボトルネック解消が欠かせない。そのカギが「ストレージ」だ。IT専門調査会社IDCの調査結果から、フラッシュ技術を採用したストレージ変革の優位性を探る。(2015/11/16)

IDCフロンティア×freeeトップ対談:
PR:事業成長の陰にあるもの、ビジネスイノベーションを起こす組織の条件とは?
伸び悩む日本経済、少子高齢化などで先細りする日本市場――。将来が不透明なこの時代に企業リーダーは何を指針に経営に取り組むべきか。クラウド/データセンター事業を手掛けるIDCフロンティアの中山社長と、クラウド会計ソフトスタートアップのfreee・佐々木社長が対談した。(2015/10/30)

3位はHuaweiが返り咲き:
2015年7〜9月 世界スマホシェア Appleが伸ばす
米国の調査会社IDC(International Data Corporation)は2015年10月28日(米国時間)、2015年第3四半期(7〜9月)の世界スマートフォン出荷台数/メーカー別シェアを発表した。(2015/10/29)

3Dプリンターが医療を変える、PEST分析から読む近未来
IDC Japanによると、国内の3Dプリンター市場は2021年に1000億円を突破すると予想している。中でも期待されるのが、医療分野での利用。既に産業化されているのが、歯科用矯正機器の製造である。(2015/10/26)

ホワイトペーパー:
導入でROI 412%を実現したバックアップ/リカバリ製品とは?
IDCの調査によると、バックアップ/リカバリ製品の導入により、短期の投資回収を実現し、高いROIを示す結果が示された。詳細な調査結果から、データ管理がビジネスに及ぼす影響を見ていこう。(2015/10/22)

企業の仮想化はどこまで進んでいるのか?
IDCが実施したITインフラの仮想化調査では「サーバ+α」が着実に進んでいることが分かった。(2015/10/19)

クライアント仮想化市場の3大ベンダーはどこ?
2014年のマーケットシェアをIDC Japanが発表している。(2015/9/17)

プライベートクラウドを持つなら社内? それとも社外?
2019年の市場規模は2014年の3倍に膨れ上がるとIDCでは予想する。(2015/9/9)

Software-Definedへ向かうインフラの選択【前編】
バズワードで終わるのか? アナリストに聞く“ハイパーコンバージド”の意義
仮想環境と汎用サーバで構成され、ソフトウェアで制御する統合システムの“ハイパーコンバージド”。これは過渡期の技術か、有力な選択肢か。IDC Japanのアナリストにインタビューした。(2015/9/4)

ウェアラブルのランキングで早くも2位:
Apple Watchの出荷台数、2015年Q2は360万台か
IDCのリポートによると、2015年第2四半期(4〜6月)における「Apple Watch」の出荷台数は360万台だという。ウェアラブル端末のランキングではFitbitに次いで、早くも2位についた。(2015/8/28)

調査リポート:
「Apple Watch」の4〜6月期の出荷台数は360万台──IDC調べ
米調査会社IDCによると、第2四半期(4〜6月)の世界ウェアラブル端末の総出荷台数は1810万台で、シェアトップはFitbit(440万台)、2位に4月に「Apple Watch」を発売したApple(360万台)が初登場した。(2015/8/28)

最大市場の中国で勢いが弱まる:
2015年のスマホ市場は鈍化、成長率が大幅減に
IDCの予測によると、2015年のスマートフォン世界出荷台数は14億4000万台になるという。成長率は10.4%と、2014年の27.5%に比べて大幅に低くなる見込みだ。IDCは、スマートフォン市場は明らかに鈍化しているとの見解を示している。(2015/8/27)

IoTの用途、コスト削減からサービス向上へ――IDC調査
IDCの調査によると、国内企業のIoT活用はコスト削減などの社内用途からサービスの付加価値向上へと広がっていることが分かった。(2015/8/26)

製造ITニュース:
それでも高い製造業のIoT活用、利用内容は「社内向け」が9割
IT調査会社のIDC Japanは国内企業のIoT活用について動向調査を実施。その結果、国内企業のIoT利用率は4.9%であることが明らかになった。(2015/8/26)

使ってこそ分かるクラウドの価値、調査でくっきり IDC調べ
IDCが2015年国内クラウド調査の結果を発表。クラウドがIT戦略に及ぼす影響について企業に聞くと、既にクラウドを導入済みの企業とそうでない企業との間で大きな差が表れた。(2015/8/13)

ビッグデータ活用、一般企業に拡大へ――IDC調査
IDCは、国内ビッグデータソフトウェア市場が中期的に高い成長を遂げると予測。競争力強化に向けたデータ活用やIoT、デジタルエコノミーの普及拡大が成長を後押しするとみる。(2015/8/13)

2019年までの年平均成長率を33.5%と予測:
IDC Japan、国内ビッグデータソフトウェア市場予測を発表
IDC Japanは2015年8月12日、国内ビッグデータソフトウェア市場の2014年の実績と2019年までの予測を発表した。(2015/8/12)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2016 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.