「IDC」最新記事一覧

ITサービス市場は2012年以降で最高の成長率に
IDCによれば、2014年の国内ITサービス市場では大幅なプラス成長が見込まれるという。(2014/10/21)

ioMemory採用、40 コアCPU、128GBメモリ搭載タイプも:
海外大手クラウドサービスよりも低価格・高性能、Mackerelも無料で使える――「IDCFクラウド」が攻めの展開
IDCフロンティアがコストパフォーマンスの高いクラウドサービスを発表。「海外大手クラウドサービスの上位モデルと比較しても約2倍のI/O性能」だという。クラウド管理にはMackerelが無料で利用できる。(2014/10/17)

Apple、世界PC出荷でトップ5にランクイン──IDC調べ
米調査会社IDCの世界PC市場に関する調査によると、Appleがメーカー別シェアランキングで5位に入った。(2014/10/9)

国内タブレット端末の売り上げ、昨年同期比で19.3%増に――IDC Japan調べ
IDC Japanは、2014年第2四半期の国内タブレット端末市場規模の分析結果を発表した。(2014/10/6)

プライベートクラウド市場、2018年に1兆6000億円規模に――IDC調べ
2013年の国内プライベートクラウド市場規模は前年比42.9%増の4368億円だった。(2014/9/30)

識者に聞く「次なる投資先」
モバイルとクラウドで「風が吹けば桶屋」的に成長中のネットワーク分野とは?
今、ネットワーク機器の領域で何が起こっているのか。注目すべき製品の“売り”と“買い時”は? IDC Japanのリサーチ担当者に聞いた。(2014/9/24)

国内サーバ市場は製造業、官公庁が好調 IDC調査
IDC Japanは国内サーバ市場の産業分野別動向を発表。前年と比べて製造業と官公庁が市場シェアを伸ばした。(2014/9/17)

ソーシャルマーケティング関連のソフトウェア市場、2018年は588億円規模に
IDCが国内583社にアンケートしたところ、バックエンドシステムとの連携が取られている企業は少数だった。(2014/9/10)

クラウドサービス向けサーバ市場の予測を発表――IDC
IDC Japanはパブリック、プライベートクラウド向けサーバの市場分析結果を明らかにした。(2014/9/8)

国内のサーバ設置台数は約250万台、1年で0.2%増加
IDC調査によれば、8割近くのサーバがユーザー企業やサービス事業者のデータセンターに設置されている。(2014/9/3)

国内の携帯・スマホ出荷は2四半期連続のマイナスに
IDC調査によると、2014年第2四半期(4〜6月)のスマートフォンを含む国内携帯電話総出荷台数は、前四半期に続いてマイナス成長となることが分かった。(2014/9/2)

位置/空間情報分析ツールが高成長分野に――IDC調査
IDC Japanの調査によると、2013年の国内BAソフトウェア市場は前年比成長率7.7%で、中でもBIツールと位置/空間情報分析ツールが高成長分野となっていることが分かった。(2014/9/1)

クライアント仮想化市場のシェア上位のベンダーは?
IDCはシンクライアント専用端末、ソフトウェア、ソリューションの3分野における主要ベンダーの競合状況を分析した。(2014/8/26)

DB市場は堅調な成長予測――IDC
IDC Japanによれば、データベース/データアナリティクス市場は2018年まで毎年7.3%の成長が見込まれる。(2014/8/25)

国内ストレージソフト市場、サーバ仮想化進展を背景に高機能化が進む
IDC Japanが発表した国内ストレージソフト市場動向によると、成長のパターンに変化が見えはじめているという。(2014/8/18)

調査リポート:
世界スマートフォン出荷、四半期初の3億台超
IDCの調査によると、四半期の世界でのスマートフォン出荷台数が初めて3億台を突破した。200ドル以下のAndroid端末の需要が伸びている。(2014/8/18)

2013年のネットワークセキュリティ市場は急拡大――IDC調査
Windows XP移行や相次ぐサイバー攻撃などを背景に、2013年のセキュリティ関連市場は2桁成長をみせた。(2014/8/13)

存在感高まる仮想化ソフト、適用領域の拡大がカギ
IDCは2013年〜2018年の仮想化ソフトウェア市場の年間平均成長率は13.7%になると予測する。(2014/8/12)

ビジネス市場でのタブレット導入率は14.8%――IDC、産業分野別のタブレット利用実態を調査
IDC Japanは、ビジネス市場におけるタブレット機器の利用実態調査を実施、分析結果を発表した。(2014/8/11)

タブレット導入検討企業は推計276万社 本格活用期が到来か
IDC Japanによれば、用途面でも従来のプレゼンテーション/商品説明から、基幹システムとの接続も想定した導入が進むとみられる。(2014/8/11)

PC特需終息で2014年の国内ICT市場はマイナス成長に IDC調査
IDC Japanの予測によると、国内ICT市場における2013年〜2018年の年間平均成長率はマイナスとなっている。(2014/8/8)

国内IoT市場売り上げ規模は11兆円超え IDC調査
IDC Japanの調査によると、2013年の国内IoT市場の売り上げ規模は11兆1240億円、IoTデバイスの普及台数は4億9500万台と算出された。(2014/8/7)

非構造化データ向けストレージには新アーキテクチャが必要 IDC Japan
IDC Japanは、非構造化データ向けのストレージ容量の急激な増加を受けて、国内非構造化データ向けストレージシステムの需要動向分析を実施、その結果を発表した。(2014/8/5)

企業ソーシャル市場は年率約40%で拡大
IDC Japanによれば、ワークスタイル変化によるソーシャル技術を多用したコラボレーション需要などが市場拡大をけん引する。(2014/7/31)

ビジネスニュース 業界動向:
サムスン「GALAXY」のシェア急落 2014年4〜6月世界スマホ
IDCが発表したリポートによると、2014年第2四半期におけるスマートフォンの世界市場で、Samsung Electronics(サムスン電子)はシェアを前年同期比で7%落とした。代わりに、HuaweiとLenovoの中華圏のメーカーが驚異的な成長を遂げている。(2014/7/31)

「ビッグデータ」、認知度9割に 活用企業は1割以下にとどまる
「ビッグデータ」という言葉の認知度は約9割にのぼるものの、実際にデータを活用できている企業は1割以下――IDC Japan調査。(2014/7/29)

ビッグデータの認知度向上、目的はマーケティング強化が最多
IDCの調査によると、「ビッグデータ」という言葉の認知度は、IT部門では2013年の74.8%から2014年は88.4%に向上していることが分かった。(2014/7/28)

企業のクラウド理解度が低下、その理由は?
IDC Japanが発表したクラウド利用調査で、企業の導入率は今回も上昇したが、理解度が低下したという。(2014/7/24)

ホワイトペーパー:
IDCがRed Hat Enterprise Linuxの投資対効果を徹底調査 Linuxコスト削減効果リポート
企業システムでの導入が広がっているLinux OS。コスト削減効果が注目されているが、実際に導入企業はどのような効果を得ているのだろうか。IDCが実施した投資対効果(ROI)調査の結果を具体的な金額でリポートする。(2014/7/24)

ホワイトペーパー:
IDCがユーザー企業を徹底調査、Red Hat JBoss EAPの導入効果と課題とは?
基幹業務やミッションクリティカルなアプリケーションの開発、運用管理のために、EAP技術が果たす役割とは? IT専門調査会社のIDCが事前調査と3つの組織を対象に行ったインタビューを基に、「Red Hat JBoss EAP 6」の導入効果を徹底検証。(2014/7/23)

統合型システム市場は年率30%で拡大、2018年には1200億円超に
IDC Japanによれば、「インテグレーテッドシステム」の市場の2けた成長が見込まれる。(2014/7/22)

データセンター投資の意欲、一般企業とデータセンター事業者の動向は?
IDCの調査で、一般企業280社のうち22.5%、データセンター事業者61社のうち36.1%が、今後5年間データセンター投資を増加させると回答した。(2014/7/17)

業務ソフト市場は継続成長、製造管理分野で前年比8.6%増に
IDC調査によると、2013年のエンタープライズアプリケーションソフトウェア市場は3057億400万円で、前年比成長率は5.8%となった。(2014/7/15)

企業の国内向けIT支出、大企業では1.3%のマイナスに
IDCによれば、多くの大企業では海外展開を優先するため、国内のIT支出の伸びが小さくとどまる見通しとなった。(2014/7/8)

小売分野のタブレット市場、2014年は1338億円に――IDC調査
2013年に国内の小売分野で出荷されたタブレット端末は30万台に上るという。(2014/7/7)

イーサネットスイッチの市場規模が過去最大に IDC調査
IDC Japanは、国内イーサネットスイッチ市場の2013年の実績と予測を発表した。(2014/7/3)

企業のIT支出、情シス非関与や海外向けが増加基調に
IDC Japanは国内1220社の2014年度IT投資動向を発表した。(2014/7/2)

企業のスマートフォン浸透はますます高まる傾向に
IDC Japanが国内企業の通信サービス利用に関する調査結果を発表した。(2014/6/26)

クラウド関連サービス市場が急成長――IDC調査
IDC Japanによると、2013年の国内クラウドサービス向けITサービス市場規模は前年比37.8%増の2024億円となった。(2014/6/23)

2014年の産業別IT支出、医療で微増も大半はマイナスに
IDC Japanによれば、好調だった2013年の反動から2014年は多くの業種でIT支出がマイナス成長に陥る。(2014/6/18)

クライアント仮想化の導入率は23.7%、DaaSが台頭
IDC調査で2013年のクライアント仮想化ソリューション市場規模は、前年比7.6%増の3826億円となった。(2014/6/12)

業務アプリ/ビジネス分析市場は継続成長、クラウド化が焦点に
IDCによれば、ビジネス分析市場は2018年まで年率4.8%成長が期待される。(2014/6/11)

中堅・中小企業のIT市場、XP特需の反動で小幅のマイナスに
IDC Japanによれば、一部でシステム刷新や新規開発が開始されているものの、全体ではマイナス成長になる。(2014/6/10)

2014年第1四半期の国内サーバ市場、出荷額で富士通が首位に
IDCの調査によれば、2014年第1四半期は前年同期比3.1%増の1242億円となった。(2014/6/9)

2013年のソフトウェア市場は8.0%増、XP移行特需が牽引
IDC Japanの調査によると、2013年の国内ソフトウェア市場の売上額実績は、2兆4469億円で前年比8.0%増となった。(2014/6/5)

2013年のUC市場は3.9%増、2014年以降も成長は続く――IDC Japan
IDC Japanによると、2013年の国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション市場の規模は前年比3.9%増の2052億円となった。(2014/6/4)

NEWS
2018年の国内ユニファイドコミュニケーション市場規模は2370億円、IDC Japanが予測
IDC Japanが国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション市場について2013年の分析と2014〜2018年の市場予測を発表した。(2014/6/4)

IDCフロンティア「マネージドクラウド」導入事例
1日1000万PVの朝日新聞デジタルがクラウド移行に求めた要件とは?
朝日新聞社が運営する「朝日新聞デジタル」は2013年夏に、ITインフラの一部としてIDCフロンティア「マネージドクラウド」の利用を始めた。サイトの利便性と将来的な拡張性を高め、新規サービスの開発により注力する。(2014/6/16)

クライアント仮想化はワークスタイル拡大に貢献、ユーザー企業の評価
IDC Japanの調査によると、クライアント仮想化を導入している国内企業はTCO、BCP、節電などへの効果を高く評価していることが分かった。(2014/5/29)

国内セキュリティ市場は堅調な伸び、クラウドやモバイルなどのリスク管理が焦点に
IDCによれば、セキュリティのソフトウェア、サービス、アプライアンスの各製品市場とも2018年まで安定した成長が見込まれる。(2014/5/27)



Windows 9と噂されていた次世代Windowsの名称は、1つ飛ばしてWindows 10に決まった。発売は2015年後半を予定。タッチU/Iの取り込みに苦労しているWindowsだが、高速起動など基本的な面での改善もバージョンを経るごとに進んでおり、文字通り世界レベルでの影響を持つリリースになる。

音楽CDを超える音質を持つデジタルオーディオデータ、略して「ハイレゾ」。その再生に対応した機器が増加しており、対応したスマホの増加などを機に、今後更なる注目の高まりも期待される。

ソフトバンクモバイル初のXperiaシリーズとして発売が決まり、3キャリアが揃って取り扱う人気機種となった。モバイル事業で減損が発生するなど不調が伝えられるソニーであるが、グローバルスマホ市場での生き残りに向けて、これからが正念場だろう。

All material on this site Copyright © 2005 - 2013 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.