「iOS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

iOS 12では2人の顔をFace IDに登録できる
「iPhone X」をiOS 12にアップデートすると、Face IDの設定に「もう一つの容姿を設定」という項目が追加される。iOS 11で登録できるFace IDの顔は1つだけだったが、iOS 12では2つの登録が可能になる。マスク姿で追加登録できる?(2018/9/20)

iPhone X、iOS 12だとアプリの終了操作が1ステップ減る
iOS 11のiPhone Xではアプリを終了させる手間が増えたが、iOS 12では改善。従来のiPhoneと同じく、サムネイルをスワイプするだけで終了できる。(2018/9/20)

iPhone XSとXS Max、iOS 12に専用設定項目
iOS 12には新モデルであるiPhone XSとiPhone XS Max専用の設定項目が用意されている。(2018/9/19)

Face IDの2つの顔 iOS 12で可能に
iOS 12ではFace IDで顔の登録に「もう一つの容姿を設定」が追加可能になっている。(2018/9/19)

YouTube、ゲームコンテンツでTwitch対抗強化、「YouTube Gaming」アプリは終了へ
YouTubeがゲームコンテンツの新しいポータル「YouTube Gaming」をまずは米国で開設した。iOSおよびAndroid版YouTube Gamingアプリは2019年3月に提供を終了し、YouTubeアプリに1本化する。(2018/9/19)

GoogleマップがCarPlayで利用可能に iOS 12アップデートで
Appleによる「iOS 12」のリリースに合わせ、GoogleがiOS版「Googleマップ」をバージョン5.0にアップデートし、CarPlayで利用できるようにした。(2018/9/19)

ITmedia NEWS TV:
新型iPhone、予約した? iOS 12やwatchOS 5の便利な機能を動画で解説
(2018/9/19)

iPhone 5s、au回線(MVNO含む)でSMSやデータ通信が利用できない不具合
9月18日に配信開始された「iOS 12」。これを適用すると、auやUQ mobileのiPhone 5sで、SMSが受信できなくなる不具合が発生している。mineoの「Aプラン」ではSMSの送受信とデータ通信も利用できない状況に。(2018/9/18)

iOS 12なら3D Touch非搭載でも文字入力の「長押しトラックパッド」可能に
iOS 12では、3D Touch非搭載旧iPhoneでもスペースキー長押しでキーボードをトラックパッドに変更可能になる。(2018/9/18)

生き物にスマホをかざすと名前が分かる「LINNE LENS」、猫の判別にも対応
スマートフォンカメラをかざすと生き物の名前が分かるiOSアプリ「LINNE LENS」が、約90種の猫の判別に対応。(2018/9/18)

「iOS 12」のセキュリティ情報公開、16件の脆弱性を修正
同時に「tvOS 12」「watchOS 5」「Safari 12」「Apple Support 2.4 for iOS」のセキュリティ情報も公開された。(2018/9/18)

「iOS 12」配信開始 旧機種の性能向上、「通知」の改善、Siriのショートカットなど
9月18日に、日本で「iOS 12」の配信がスタート。アップデート内容は、旧機種のパフォーマンス改善、写真アプリのリニューアル、ミー文字の対応、使いすぎを防ぐ「スクリーンタイム」の導入、通知の改善など。iPhone 5s以降で利用できる。(2018/9/18)

iOS 12新機能と設定を1万字解説
9月18日に公開されたiOS 12の機能と設定方法をMACお宝鑑定団が徹底解説。(2018/9/18)

間もなく配信! 「iOS 12」の新機能をまとめてチェック
iOSデバイス向けの最新OS「iOS 12」が、日本時間で9月18日(恐らく未明)に配信される。iOS 12では何が変わるのか。Appleが公開している情報をもとに予習しておこう。(2018/9/17)

Twitter、フォローしているアカウントのライブ配信をタイムラインのトップに表示
Twitterが、ユーザーがフォローしているアカウントがライブ配信するとそれをタイムラインのトップに表示するようになった(iOS・Android公式アプリでローリングアウト中)。(2018/9/17)

「ホームボタンがないiPhone」初体験のあなたへ iOSのジェスチャー操作をおさらい ボタンなしは慣れるのか?
新型iPhoneで使う「ジェスチャー」の操作方法をおさらい。ホームボタンの代わりはどこにある? マルチタスクは? Siriはどこから呼び出す?(2018/9/14)

「iOS 12」の製品版、9月17日(米国時間)から配信
Appleの新OS「iOS 12」の製品版の配信日が決まった。日本では9月18日以降に配信が始まる見通しだ。(2018/9/13)

Appleが「iPhone XR」発表 「Product Red」含む6色展開
米AppleがiOS搭載スマートフォンの新モデル「iPhone XR」を発表した。(2018/9/13)

Apple、新モデル「iPhone XS」「XS Max」発表
Appleが、iOS搭載スマートフォンの新モデル「iPhone XS」「iPhone XS Max」を発表した。(2018/9/13)

ウイルスバスターなど、App Storeから消える トレンドマイクロは確認中
トレンドマイクロの「ウイルスバスター モバイル」などのiOS版アプリがApp Storeに表示されず、インストールできない状態に。(2018/9/12)

Twitter、音声のみのライブ配信が可能に
TwitterのiOSアプリでオーディオストリーミングによる配信が可能になった。(2018/9/12)

Xperia Ear Duo、iOSの通知の読み上げや音質向上のアップデート
ソニーモバイルのワイヤレスイヤフォン「Xperia Ear Duo」は、9月10日にバージョン1.2.0へのファームウェアアップデートを実施。iOSも通知の読み上げが可能となり、騒音の大きな環境下でも小さな音がはっきり聞こえる「ダイナミックノーマライザー」への対応などを行う。(2018/9/11)

iOS 12(β版)を試す スマホ依存を防ぐ機能が便利 「ミー文字」は改善の余地あり
待ちに待った新iPhoneの発表まであとわずか。スケジュールが例年通りであれば、発表から発売の間には、iOS 12の配信も始まるはずだ。ここでは、iOS 12の特徴を改めて振り返っておきたい。(2018/9/11)

Apple、アレックス・ジョーンズ氏の「Infowars Official」アプリを永久追放
Appleが、陰謀論者として知られるアレックス・ジョーンズ氏のメディア「Infowars」のコンテンツを閲覧するためのiOSアプリ「Infowars Official」をApp Storeから削除した。(2018/9/9)

「Apple Business Manager」も紹介
新iPhoneも対応 iOS 12で押さえたい“気が利くセキュリティ機能”
AppleはIT管理者向けに、セキュリティ対策に役立つ機能の拡充を進めている。「iOS 12」で加わる新機能を含めて、主要な機能をまとめた。(2018/9/8)

Appleの地図アプリ、成田空港と中部国際空港の屋内マップ追加
iOS 11でマップの空港の屋内マップに成田空港と中部国際空港が追加されている。(2018/9/7)

スマホの画面をテレビに出力できるUSB HDMI変換アダプター
サンワサプライは、9月6日にスマートフォンの映像をテレビやディスプレイに出力できるフルHD対応のUSB HDMI変換アダプターを発売。1台でiPhone/iPadやmiracast対応Androidスマートフォン/タブレットに出力でき、iOS搭載機器ではアプリをインストールすることなく接続するだけで利用可能となっている。(2018/9/6)

Googleの多言語暗号ライブラリ「Tink」、クラウドやAndroid、iOSに対応
Googleによると、Tinkの目的は、セキュアで簡単に正しい使用ができ、悪用が難しい暗号APIを提供することにある。(2018/8/31)

建設現場の報告書作成を大きく簡易化する“音声入力アプリ”に新機能追加、アドバンスト・メディア
建設・不動産業界向けのiOS版音声入力キーボードアプリ「AmiVoice スーパーフロントエンダー」が2018年9月1日にバージョンアップする。建設現場でiPhoneまたはiPadから音声入力したテキストや撮影した写真を、ワンタップで事務所のWindows PCへ転送可能にするなど、さらなるユーザビリティの強化が図られている。(2018/8/31)

どのツールを使い、どうやってアプリをテストするか
iOS、Androidの両方で動くモバイルアプリを開発するためのツールとは
クロスプラットフォームモバイルアプリを開発しようという決断は、IT担当者にとって最初の一歩にすぎない。本稿では、使用するツールの選択肢やアプリのテスト方法を紹介する。(2018/8/31)

スマホをかざすと生き物の名前が分かる「LINNE LENS」、犬種の判別も可能に
スマートフォンカメラをかざすだけで生き物の名前が瞬時に分かるiOSアプリ「LINNE LENS」で犬種の判別が可能になった。世界の325種類の犬に対応する。(2018/8/29)

YouTubeアプリ、使いすぎ防止機能「視聴時間」スタート
YouTubeのAndroidおよびiOSアプリに実際の視聴時間を表示する「視聴時間」機能が追加された。使いすぎていないかどうか確認する助けになる。(2018/8/28)

モバイル決済の裏側を聞く:
手数料0%よりも“顧客体験”が重要 みずほ銀行のモバイル決済戦略を聞く
みずほ銀行が、Android向けに銀行口座直結の決済サービス「スマートデビット」を提供。iOS向けには、JR東日本と提携して「Mizuho Suica」も開始した。みずほ銀行は、モバイル決済に関してどのような戦略を持っているのだろうか?(2018/8/24)

iOS対応のキーボード・コントローラー「iRig Keys I/O」、Apple Storeで発売
IK Multimediaは、8月23日にiPhone/iPadに対応したオーディオ・インターフェース内蔵キーボード・コントローラー「iRig Keys I/O 25」を発売。接続用のLightning/USBケーブルや総額7万円分を超える特典ソフトウェアが付属し、音楽制作に必要なすべての機能を備えている。(2018/8/24)

ゲーム機とゲームソフトの買い取りアプリ「ゲオスグ」提供へ 集荷後すぐに買取金額を振り込み
ゲオがゲーム機やゲームソフトの買い取りアプリ「ゲオスグ」(iOS)を27日から提供すると発表した。商品外箱のバーコードを読み取るだけで査定し、送料無料で引き取る。利用者には集荷後すぐに買取金額を振り込む。(2018/8/21)

iOS GarageBandで使えるボコーダー、無料配布中
Qneoが、Audio Unit機能拡張に対応したボイス・シンセサイザーアプリ「Voice Synth 5」をリリースした。(2018/8/21)

生き物にスマホかざすと名前判別するアプリ「LINNE LENS」 サンシャイン水族館などで無料体験キャンペーン
スマートフォンのカメラをかざすだけで生き物の名前が瞬時に分かるiOSアプリ「LINNE LENS」が水族館で使える。サンシャイン水族館などで無料体験キャンペーンを始めた。(2018/8/20)

今度はスタートアップ支援企業と提携:
レシート画像買い取りアプリで話題になった高校生CEOが今、やっていること
2018年6月に大きな話題となったレシート画像買い取りのiOSアプリ「ONE」。高校生CEOの山内奏人氏にとって、これは実験的プロジェクトなのか、それともサステイナブルなビジネスを構築しようとしているのか。どんなビジネスモデルで、長期的には何を目指しているのだろうか。(2018/8/20)

スマホかざすと「生き物の名前」分かるiOSアプリ 電波ない水中や山奥でも
スマートフォンカメラをかざすだけで生き物の名前が瞬時に分かるiOSアプリ「LINNE LENS」が登場。魚類を中心に約4000種に対応する。(2018/8/15)

「VALU」iOSアプリ公開 個人が個人をビットコインで支援
「VALU」のiOSアプリが公開された。VA発行者をカテゴリー別に検索したり、VAを購入したり、タイムラインや優待を確認するといったことが可能だ。(2018/8/8)

最新版では修正済み
「iOS 11」のApple純正カメラアプリで見つかった脆弱性 悪用例と対策を解説
「iOS 11」のカメラアプリに脆弱性が見つかった。最新版では修正済みであるこの脆弱性は、どのように悪用される可能性があるのか。どうすれば問題を回避できるのか。(2018/8/8)

グリー子会社、VTuber専用のライブ配信サービス「REALITY」提供開始
グリー子会社のWright Flyer Live Entertainment(WFLE)がVTuber専用のライブ配信サービスの提供を始めた。同日からKMNZ(ケモノズ)や葉月ナツ、月ノ美兎などのVTuberが配信を開始し、スマホアプリ(iOS/Android)からライブ試聴が可能になる。(2018/8/7)

ロゴヴィスタがiOSアプリをコンテンツストア型に移行 その理由は「スパム」か
物書堂に続いてロゴヴィスタも辞書アプリをコンテンツストア型に移行すると発表。その理由は?(2018/8/7)

石川温のスマホ業界新聞:
グーグルがAndroid Pで狙う「BYODスマホ市場」――業務用Android認定プログラムにシャープも登場
Androidには業務用に「仕事用プロファイル」という機能がある。最終プレビュー版が登場した「Android P」では、これをより便利に使える機能や、1つの端末を複数人で使える機能が備わる予定だが、iOSと比べると「OSのバージョンアップ」という面で不安もある。(2018/8/3)

PWA、RAMDの長所と短所は
「iOSとAndroidのどちらに対応?」から始まるモバイルアプリ開発、3つの質問
モバイルアプリ開発には、Appleの「iOS」とGoogleの「Android」のどちらをサポートするかをはじめとした、アプリの種類と開発手法が含まれる。IT部門が採用すべきツールやトレンドを3つの質問から明らかにする。(2018/8/3)

Apple、App Storeのアフィリエイト停止へ
10月1日からiOSとMacのAppとApp内コンテンツがアフィリエイトプログラムの報酬対象外となる。(2018/8/2)

家事代行「DMM Okan」サービス終了へ
DMM.comは、iOS/Androidアプリから依頼できる家事代行サービス「DMM Okan」を、9月30日に終了する。(2018/8/2)

IT管理者は楽になるか
Apple「iOS 12」の光がまだ当たっていない管理機能、その強化点は?
Appleが2018年6月に開催した「Worldwide Developer Conference」(WWDC)の発表の中から、「Apple Business Manager」など、あまり光が当てられていないエンタープライズ管理機能を紹介する。(2018/7/29)

GMO、スマホゲーム内でビットコイン配布 300万円相当かけた大会も
GMOインターネットは7月27日、同社が提供しているiOS/Androidスマートフォン向けゲーム「Whimsical War」(ウィムジカルウォー)内の報酬として、仮想通貨のビットコインを配布すると発表した。(2018/7/27)

「Amazon Music」アプリに、Wi-Fi接続スピーカーに“キャスト”する「Alexa Cast」
Amazon.comがiOSおよびAndroid版「Amaon Music」アプリをアップデートし、Amazon Musicの音楽をWi-Fi接続スピーカー(Google Homeも含む)で再生できる「Alexa Cast」機能を追加した。(2018/7/27)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.