合弁事業 に関する記事 合弁事業 に関する質問

「合弁事業」最新記事一覧

工場ニュース:
神戸製鉄所、鞍鋼と自動車用冷延ハイテンの製造合弁会社を設立
冷延ハイテンの中でも特に加工性に優れた引張強度≧590MPaのAHSSを生産する。生産規模は年産60万t、総投資額は17億5000万元(約289億円)で、2016年初頭には営業運転を開始する。(2014/10/13)

LINE、ゲームで合弁新会社 グリー・サイバーエージェントとそれぞれ設立
LINEは、グリー・サイバーエージェントとそれぞれ、「LINE GAME」向けのグローバル向けゲームを開発する新会社を合弁で設立する。(2014/10/9)

電力供給サービス:
電力業界の大再編が始まる、東京と中部が火力発電事業を統合へ
かねてから有力視されていた東京電力と中部電力の包括的な提携が基本合意に至った。2014年度内に折半出資の合弁会社を設立したうえで、火力発電に必要な燃料の調達から発電所の新設・リプレースまでを共同で展開する計画だ。業界1位と3位の提携は大規模な再編の引き金になる。(2014/10/8)

自然エネルギー:
生協が4つ集まりバイオマス、電力を調達し供給も
日本生協連と東北3生協は、2014年9月、木質バイオマス発電所の立ち上げを準備する野田バイオパワーJPへの出資を決めた。日本紙パルプ商事と新エネルギー開発の共同出資による発電事業会社へ出資することで、電力調達を狙う。(2014/10/2)

ベンチャーニュース:
スパイバーと小島プレス、クモの糸を再現する新素材「QMONOS」の生産体制を強化
ベンチャー企業のスパイバーと小島プレス工業は、人工のクモの糸「QMONOS」の生産拡大に向けて山形県鶴岡市内に新設備を建設すると発表。QMONOSに関連する事業を推進するため、両社の共同出資による新会社Xpiberも設立し、生産体制を強化する。(2014/10/2)

エネルギー列島2014年版(25)滋賀:
琵琶湖の南にメガソーラー40カ所、市民共同発電の勢いも加速
全国の自治体の中で原子力災害対策に最も力を入れているのが滋賀県である。再生可能エネルギーの導入にも取り組み、災害に強い分散型の電力供給体制を拡大中だ。平坦な土地が広がる琵琶湖の南側を中心に、地元の企業によるメガソーラーや市民共同出資の太陽光発電所が急速に広がってきた。(2014/9/30)

ドコモ、高精度な機械翻訳サービス開発・運営で合弁会社
ドコモが高精度な機械翻訳技術の開発とサービス運営を目指し合弁会社設立。NTTやNICTの技術も活用し。日常からビジネスまで活用できるサービスを展開する。(2014/9/29)

ドコモほか2社、機械翻訳事業を手掛ける合弁会社「みらい翻訳」設立へ
NTTドコモ、フュートレック、韓国SYSTRANの3社が機械翻訳技術の開発とサービス提供を目的とした合弁会社「みらい翻訳」設立に向けて合弁契約を締結。(2014/9/29)

電気自動車:
ダイムラーの中国産電気自動車「DENZA」はどんなクルマなのか
ドイツ車メーカーの中でも電気自動車(EV)への取り組みで先行してきたDaimler(ダイムラー)。同社がBYDとのジョイントベンチャーで、約4年の歳月と5億ユーロの巨費を投じて開発した中国産EV「DENZA」が間もなく発売される。DENZAはどんなクルマなのか。川端由美氏によるリポートをお届けする。(2014/9/25)

ベネッセ情報漏えいは2895万件に 書き出し制限に漏れ、ログチェック怠る 500円の金券でお詫び
ベネッセから流出した顧客情報は約2895万件に。調査の結果、外部メディアへの書き出し制限に漏れがあったことなどが判明。「悪意を持った内部者の犯行に対する不備があった」として、ラックと合弁でデータベース管理会社を設立するなど組織レベルの改革で再発防止を図る。(2014/9/10)

ビジネスニュース 企業動向:
富士通セミコンがオンセミと半導体製造で合弁
富士通セミコンダクター(以下、富士通セミコン)とオン・セミコンダクター(以下オンセミ)は2014年7月31日、富士通セミコンがオンセミ製品を受託製造するファウンドリ契約を締結するとともに、富士通セミコンが新たに設立する会津若松地区8インチウエハー対応工場運営会社にオンセミが7億円出資することで合意したと発表した。(2014/7/31)

エネルギー列島2014年版(15)山梨:
南アルプスからの清流で小水力発電、エネルギー地産地消の先進モデル
山梨県では2050年までに県内の電力需要をすべて再生可能エネルギーで供給する「地産地消戦略」を推進中だ。中心になるのが太陽光と水力である。高い山が連なる山間部では官民連携や市民共同出資による小水力発電所が次々に運転を開始した。全国でも先進的な取り組みとして注目を集める。(2014/7/22)

カジノ問題:
Why? USJ社長「橋下市長の発言、理解できません」
USJの運営会社ユー・エス・ジェイのグレン・ガンペル社長が今後の事業展開を明らかにした。株式上場による資金調達に加えて、他社との提携による合弁会社の設立や買収の可能性を示唆した。(2014/7/10)

FAニュース:
IHI機械システム、中国に真空熱処理設備の合弁会社を設立
設立する合弁会社は、中国江蘇省大豊市で真空熱処理炉装置の営業、設計、製造、販売およびアフターサービスを展開する。(2014/7/9)

モバイル決済の米ISIS、アルカイダ系武装組織と同じ社名を変更へ
米キャリア大手が2010年に設立したモバイル決済ジョイントベンチャーのISISが、アルカイダ系武装組織「イラク・シリア・イスラム国」の英語での略称が同じになったため、ブランドを変更すると発表した。(2014/7/8)

製造マネジメントニュース:
三菱樹脂が中国で植物工場を拡販、2017年までに50カ所
三菱樹脂は、中国江蘇省を中心に展開する農業協同組合と合弁で太陽光利用型植物工場の販売会社を設立した。2017年までに50カ所を販売目標としている。(2014/7/4)

Weekly Memo:
重電再編に見るIT業界の次なるステージ
重電業界で今、グローバルな再編の動きが加速している。日米欧の大手による合従連衡は、IT業界でも同じ構図だ。果たしてIT業界では今後、どのような再編が起きるのか。(2014/6/30)

ソニー、中国でプレイステーション販売へ Microsoftに続き
Microsoftに続き、ソニーも中国企業と合弁会社を立ち上げ、プレイステーションのハードウェア/ソフトウェアを販売する。(2014/5/26)

FAニュース:
日立製作所とサウジのWJCO、ガス絶縁開閉装置事業の合弁会社を設立
ガス絶縁開閉装置の設計から組み立て、据え付け、販売などを行う。変電所における設計から調達、建設、保守などの工程を一括して担当。(2014/5/16)

FAニュース:
三菱重工業、独シーメンスと製鉄機械の合弁会社を設立
イギリスに本社を置き、製鉄プロセスの上流から下流までをカバーする製品をフルラインで供給する体制を整備し、グローバルな事業ネットワークの構築を目指す。(2014/5/13)

ビジネスニュース 企業動向:
タワージャズ、西脇工場を閉鎖へ
タワージャズは2014年4月1日、パナソニックとの合弁会社設立に伴い、従来の国内製造拠点だった西脇工場を閉鎖する方針を明らかにした。(2014/4/2)

スマートシティ:
3万世帯に電力を供給する風力発電所、2016年1月に秋田県で運転開始
風力発電所の開発が相次ぐ秋田県でも最大規模の51MW(メガワット)の発電設備を建設する工事が始まった。2016年1月に運転を開始する予定で、年間の発電量は一般家庭で3万世帯分に相当する規模になる見込みだ。豊田通商と東京電力の合弁会社ユーラスエナジーが建設・運営する。(2014/4/1)

東芝とサムスン、光学ドライブ事業を製造委託先の韓国OPTISに事業譲渡
東芝とサムスン電子は、両者の合弁事業となる光学ドライブ業務を韓国OPTISに譲渡すると発表。3年後を目処に譲渡を行なっていく。(2014/3/27)

マーケティングオートメーション:
大手の米Marketo、日本法人を設立
マーケティングオートメーションソフトウェア大手の米Marketo Inc.は3月25日、電通イーマーケティングワンとサンブリッジコーポレーションとの共同出資によるマルケトを設立したことを発表した。(2014/3/27)

Web動画マーケティング任せて:
メンバーズとモバーシャル、ジョイントベンチャー「MOVAAA(ムーヴァー)」設立
メンバーズは3月14日、Web動画制作事業を手掛けるモバーシャルと、Web動画マーケティング支援のジョイントベンチャー「MOVAAA (ムーヴァー)」を設立したことを発表した。(2014/3/17)

ドコモ、「スマートフォンあんしん遠隔サポート」を海外展開する新会社設立
ドコモ、Rsupport、OrangeOneの3社は、「スマートフォンあんしん遠隔サポート」と同様のスマホ向け遠隔ソリューションを海外展開する合弁会社を設立する。(2014/3/12)

丸紅とNRI、システム開発保守/クラウドサービスの合弁会社を設立
丸紅と丸紅情報システムズ、野村総合研究所がITサービスの新会社を設立。社外顧客向けクラウドサービスなども展開する。(2014/2/17)

自然エネルギー:
世界最大出力の風力発電機、デンマーク社が三菱重工と8MW機で攻勢
洋上風力発電に注力しているデンマークVestas Wind Systemsが出力8MWの新型機の試運転に成功した。同社は三菱重工業と合弁会社を設立、新型機に三菱重工業のドライブトレインを組み合わせ低コストで大出力の製品とする。(2014/2/6)

データアナリティクスの専門企業:
ブレインパッドとYahoo! JAPAN、ビッグデータ専門企業「Qubital(キュービタル)データサイエンス」を設立
ブレインパッドとYahoo! JAPANを運営するヤフーは1月31日、データ分析とコンサルティングを専門とする合弁会社「Qubital(キュービタル)データサイエンス」(以下Qubitalデータサイエンス)を設立したことを発表した。(2014/2/3)

バンダイナムコ、DeNAとの合弁会社を解散 「今後も協業を推進」
バンダイナムコホールディングスは、ディー・エヌ・エーと共同出資で設立した「BNDeNA」を解散する。(2014/1/21)

NEC、企業向けセキュリティ運用監視サービスを拡大
セキュリティインシデントの発生時の緊急対応を行う「サイバー駆け付けサービス」を新たに提供するほか、三菱商事と情報セキュリティの合弁事業も開始する。(2013/12/25)

ビジネスニュース 企業動向:
パナソニック、北陸地区半導体3工場をタワージャズとの合弁会社へ移管
パナソニックは2013年12月20日、魚津工場(富山県魚津市)など半導体前工程製造を手掛ける3工場を2014年4月1日付で、タワーセミコンダクター社(ブランド名:タワージャズ)と合弁で設立する新会社へ移管すると発表した。(2013/12/20)

エネルギー管理:
デマンドレスポンスで9000MWを管理する米企業が丸紅と合弁、東電にも電力サービスを提供
電力消費のピーク需要をカットすることで需給ひっ迫を抑え、長期的な電力設備への投資も抑制できる「デマンドレスポンス」(DR)サービス。海外で1万2000社を対象に9000MWのDRサービスを提供する米EnerNOCが、丸紅と合弁会社を設立。実証実験では東京電力に対してDRサービスを提供する。(2013/12/16)

車載半導体:
NXPが中国通信機器メーカーと合弁、中国の国産車に車載半導体を供給
NXP Semiconductorsは、中国の通信機器メーカー大唐電信と、中国の国産車に搭載される半導体の設計開発などを手掛ける企業を合弁で設立する。(2013/12/5)

電力供給サービス:
東京電力と中部電力が合弁で石炭火力、2020年度に65万kWを供給開始
東京電力は2019年以降に供給を開始する新規の火力発電を外部から調達する計画で、その一部を中部電力との合弁会社で推進することになった。茨城県で稼働中の「常陸那珂火力発電所」の構内に、発電規模65万kWの石炭火力発電設備を建設して、2020年度に運転を開始する予定だ。(2013/12/2)

田中克己の「ニッポンのIT企業」:
ソニーとの合弁も BPOを武器に躍進するInfoDeliverの次の一手
約10年前に現在のビジネスモデルの基礎を築いたInfoDeliverは、ソニーと共同で新会社を設立するなど、強みであるビジネス・プロセス・アウトソーシングを軸にビジネス拡大を図る。(2013/10/29)

自然エネルギー:
養豚団地の跡地を再利用、熊本でメガソーラー
ドイツのjuwi Renewable Energiesと合弁会社を設立した自然電力は、熊本で合弁会社による第1号のメガソーラーを立ち上げたと発表した。建設が難しい土地への施工にも対応できたという。(2013/10/11)

ビジネスニュース 企業動向:
東芝、テレビ事業の構造改革を発表――製造拠点を1カ所に集約
東芝は2013年9月30日、テレビなどの映像事業に関して、収益改善、事業体質強化を目的とした構造改革を発表し、自社のテレビ製造拠点(合弁工場を除く)3カ所を2014年3月期中に1カ所に集約すると明らかにした。テレビの生産委託比率も現状の40%台から70%へ引き上げ、2014年3月期下期に映像事業での営業黒字化を狙う。(2013/9/30)

ソニー、社内IT業務をアクセンチュアに委託
国内のソニーグループ向け情報システムの運用保守業務を行う合弁会社も設立する。(2013/9/13)

電力供給サービス:
東芝と東京電力の利害関係が一致、海外市場で送配電サービス提供へ
海外の電力市場で求められている技術を持つ東芝と東京電力が合弁会社を設立した。当初は東芝のインフラ事業に対するエンジニアリング支援を中心に据えるものの、将来はコンサルティングや、保守・運営サービス事業などへ事業を広げていく計画だ。(2013/9/4)

蓄電・発電機器:
導入・運用費用がゼロの電力源、ソフトバンクと米社がデータセンターやオフィス向けに提供
米国で産業用大型燃料電池システムを開発、運用する米Bloom Energyとソフトバンクが合弁会社を設立、日本国内向けのサービスを開始した。特徴は導入時の初期コストに加え、運用コストも必要なく、電力料金の支払いだけで利用できることだ。導入しやすく、新たに電力会社と契約した場合と使い勝手が変わらないうえに、ビジネス継続性を高めやすい。(2013/7/19)

あの「助手席カノジョ」も登場:
JVCケンウッドとZMPがスマホ活用テレマティクスで新会社、マイクロソフトも協力
JVCケンウッドとベンチャー企業のZMPは、スマートフォンを活用したテレマティクス事業を手掛ける新会社を合弁で設立する。新会社は、自動車の制御系システムのデータを出力できるインタフェース「カートモUP」を活用したスマートフォンアプリの開発を加速させるとともに、それらのアプリから得られるプローブ情報を用いたサービスの実用化なども検討している。(2013/7/19)

自然エネルギー:
「7GWプレーヤー」が日本市場参入、北米最大の風力発電事業者
北米最大の独立系風力発電事業者Invenergyが、国内企業のイーストエッジ・エナジーと合弁、日本市場を狙う。巨大な資金調達能力をうたっており、資金難から頓挫しているプロジェクトへの参画も狙う。(2013/7/4)

Nokia、Nokia Siemensの完全子会社化を発表
スマートフォン市場で苦戦するNokiaが、最近黒字化したSiemensとのネットワーク合弁会社Nokia Siemens Networksの株式を約22億ドルでSiemensから買い取り、完全子会社化する。(2013/7/1)

「エアアジア・ジャパン」ブランド終了へ:
エアアジア、ANAとの合弁事業を正式に解消
国産LCCの一角を占めていた「エアアジア・ジャパン」が、同ブランドでのサービスを11月1日までに終了。ANAの100%子会社として出直すことになった。(2013/6/25)

電気自動車:
ボッシュがGSユアサと車載リチウムイオン電池で合弁、サムスンからの脱却を加速
Robert Bosch(ボッシュ)とGSユアサ、三菱商事が、次世代車載リチウムイオン電池の開発で提携する。ボッシュにとっては、合弁を解消したサムスンSDIに替わる新たなパートナーとなる。一方、GSユアサとのハイブリッド車向けリチウムイオン電池の合弁企業に出資するホンダは、「経営は完全に分離されているので影響はない」とコメントした。(2013/6/21)

ビジネスニュース 事業買収:
IntelがST-EricssonのGPS事業を買収
経営の悪化により、合弁解消が決まっていたST-Ericsson。同社のモバイル機器向けGPS事業をIntelが買収するという。Intelは、モバイル機器向けチップ市場でのシェア拡大に向け、着々と手を打っているようだ。(2013/5/29)

業務提携:
ソニーとオリンパス、「ソニー・オリンパスメディカルソリューションズ」を設立
ソニーとオリンパスは、2012年9月28日に締結した業務提携契約に基づき、医療事業合弁会社「ソニー・オリンパスメディカルソリューションズ」を設立した。(2013/4/17)

4K超・3Dの内視鏡など開発 ソニー・オリンパスの合弁会社が始動
ソニーとオリンパスの医療事業合弁会社「ソニー・オリンパスメディカルソリューションズ」が始動。(2013/4/16)

スマートシティ:
市民共同出資でメガソーラー、秋田県の農村に1.6MWの発電所
農村などで地域振興を目指して再生可能エネルギーに取り組む動きが広がっている。企業や自治体に依存しないで市民の共同出資によるプロジェクトも増えてきた。秋田県では農村の使われないままになっている広い土地に1.6MWのメガソーラーを建設する計画が動き出す。(2013/4/5)



Windows 9と噂されていた次世代Windowsの名称は、1つ飛ばしてWindows 10に決まった。発売は2015年後半を予定。タッチU/Iの取り込みに苦労しているWindowsだが、高速起動など基本的な面での改善もバージョンを経るごとに進んでおり、文字通り世界レベルでの影響を持つリリースになる。

音楽CDを超える音質を持つデジタルオーディオデータ、略して「ハイレゾ」。その再生に対応した機器が増加しており、対応したスマホの増加などを機に、今後更なる注目の高まりも期待される。

ソフトバンクモバイル初のXperiaシリーズとして発売が決まり、3キャリアが揃って取り扱う人気機種となった。モバイル事業で減損が発生するなど不調が伝えられるソニーであるが、グローバルスマホ市場での生き残りに向けて、これからが正念場だろう。

All material on this site Copyright © 2005 - 2013 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.