• 関連の記事

「Kaveri」最新記事一覧

関連キーワード

Socket FM2+でついに定格4GHz越え:
AMD A10-7890KとWraith Coolerの性能をチェックする
3月に販売開始となったAMDの新APU「A10-7890K」。定格側でも4GHz超までクロックを高め、新たなCPUクーラーを付属した同モデルは、久しぶりに試しがいのあるAPUだ。(2016/4/6)

AMD×Bang&Olufsen:
PR:ビジネスノートに高級ブランドのスピーカーは必要なの?
日本HPの「Elitebook 725G3」は、税別7万円台から購入できる高コスパを実現しつつ、老舗オーディオビジュアルメーカーのBang&Olufsenが手がけたプレミアムスピーカーを内蔵する12.5型ビジネスモバイルノートPCだ。でも実際のところ、ビジネスマシンにそのスピーカーは必要なの……?(2016/3/1)

5分で分かる最新キーワード解説:
並列処理でビッグデータ解析速度80倍?「HSA」
CPUとGPUが処理を分け合って協働する「HSA(Heterogeneous System Architecture)」の活用により、ビッグデータ解析など重い処理の高速化が期待されています。PCやサーバのみならず、組み込みシステムへの応用も有望な「HSA」について解説します。(2015/10/13)

「小さなもの」から「大きなもの」へシフトする:
AMDは失地を回復できるのか──AMD CEOに聞く
AMDがその戦略を大きく変えようとしている。この大胆な“転進”を推し進めていくキーマンは、生粋のエンジニアだったりする。(2015/7/15)

“Godavari”搭載の格安モデル:
コスパ抜群のコンパクトタワー「LM-AR330X2-SH」で最新APUの性能を知る
マウスコンピューターの「LUV MACHINES R」シリーズは、AMDの最新APUを採用したデスクトップPCだ。税別4万円台からラインアップをそろえるコストパフォーマンスに注目!!(2015/7/2)

古田雄介のアキバPickUp!:
A10-7870Kデビュー! ほぼ無風
「Godavari」こと、AMDの最上位APU「A10-7870K」が登場した。多くのショップではまだ動きはほとんどないという。ブレイクはWindows 10待ちとの声もあるが、果たして……?(2015/6/1)

AMDは29%の性能向上といっています:
なにがどれだけ変わる?「AMD A10-7870K」で確かめるGodavariの存在意義
AMDから「A10-7870K」が登場。“Kaveri”から“Godavari”に変わったが、果たして何が変わったのだろうか? 1年半ぶりに登場した最上位APUを検証する。(2015/6/1)

AMD、GodavariなAPU「A10-7870K」発表
Kaveriリフレッシュの新モデルは3DMarkスコアで従来モデルから29%向上した。(2015/5/28)

省電力プロセッサも方針転換:
「Zen」とHBMで大きく変わるAMDのCPUとGPU
AMDはCPUロードマップを大幅に変更。開発の主軸をハイパフォーマンスモデルへとシフトする。GPUとARMベースプロセッサも開発計画を大きく変えた。(2015/5/8)

世代交代でスコア2倍に:
AMD、DirectX 12時代に威力を発揮する「Async Shaders」を日本でアピール
「Mantle」に「OMEGA」、「FreeSync」、そして「Async Shaders」とソフトウェアによる性能強化を図るAMDが、その概要を解説した。(2015/4/1)

処理能力もバッテリー駆動時間も“二桁”アップ:
AMD、次世代APU「Carrizo」のアーキテクチャ詳細を明らかに
半導体開発者国際会議「ISSCC」で現在開発中のCarrizoの構成と機能を公開した。構成トランジスタ数は従来の29%増、実装する動画圧縮エンジンは2倍に及ぶ。(2015/2/24)

日本AMD、4コアAPU「AMD A8-7650K」の販売を開始
日本AMDは、Kaveri世代のミドルレンジAPU「AMD A8-7650K」の販売開始をアナウンスした。(2015/2/20)

停滞か助走か実質的進化か:
PCパーツレビューの最前線から2014年の自作PCを振り返る
これは、ベンチマークテストを回し続けたレビュー担当者が、自分の体力と体重と睡眠時間と引き換えに得た実体験に基づく2014年PCパーツの総括である。(2014/12/31)

2014年のアキバまとめ前編:
XPマシンの代わりに小型の7マシンを組む雰囲気に
自作PC街としての「アキバの2014年」を前編/後編に渡って8大トピックで振り返る。前半の4テーマは「Kaveri」と「消費税×XP終了」「ベイトレ」そして「Haswell Refresh&Intel 9シリーズ」だ。(2014/12/30)

2020年には電力効率を25倍に:
“Excavator”採用のAMD新世代APU「Carrizo」を掘り下げる
AMDがシンガポールで行ったプライベートイベントでは、2015年に投入する新技術の発表や、2020年を目指した開発目標をアピールした。(2014/11/25)

ゲームとバリューだけじゃない:
PR:“ビジネスクラス”のためのAMD PRO
「AMD PRO」はAMDが企業市場に向けて立ち上げたブランドだ。その言葉には、単なるスペック的な意味づけだけでなく、企業の決意をもこめた“重さ”があった。(2014/11/25)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年10月27日〜11月2日):
ラトックシステムのUSB 3.0対応グラフィックアダプタが急浮上(2014年10月第5週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年10月第5週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/11/18)

仕事でもグラフィックスが大事:
「HP ProBook 455 G2 Notebook PC」で“Kaveri”の“ビジネス力”を試す
AMDの最新世代APUを搭載するビジネス向け15.6型ディスプレイ搭載ノートPCが登場した。イマドキのオフィスワークで必要になるグラフィックス性能を検証した。(2014/9/17)

日本HP、2014年冬モデルデスクトップPCを発売
液晶一体型PCでは新デザインの21.5型ディスプレイモデルが登場。既存モデルもCPUをはじめとして基本スペックを強化した。(2014/9/17)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年8月11日〜8月17日):
バッファローのHDMI対応のUSBディスプレイアダプタが首位に輝く(2014年8月第2週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年8月第2週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/9/2)

オフィスに強いKaveriを体感!:
PR:日本HPのPCで知る“Kaveri”の威力とAMD PROのメリット
AMDプラットフォームを重視する日本HPから「HP ProBook 455 G2 Notebook PC」「HP EliteDesk 705 G1 SF/CT」が登場。その実力からAMD PROのメリットを知る。(2014/9/1)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年8月4日〜8月10日):
マザーボードの売れ筋はIntel H97搭載モデル(2014年8月第1週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年8月第1週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/8/26)

マウスコンピューター、“Kaveri”搭載で税込み5万円台からのスタンダードPC
マウスコンピューターは、AMD製APUとなるA6-7400K/A10-7800を標準搭載したスタンダードデスクトップPC計3製品を発売する。(2014/8/21)

古田雄介のアキバPickUp!:
“黒”の勢いを超えるか? 最大14.9ワット動作の極小ベア“白LIVA”が登場!
超小型ベアボーンのなかでもコンパクトな0.4リットルベア「LIVA」に、ストレージ容量2倍のホワイトモデルが登場した。価格も1万9000円以下とリーズナブル。さて、人気は元祖モデル“黒”を超えるのか!?(2014/8/11)

レノボ、ビジネスPC「ThinkCentre」に“Kaveri”APU採用モデル
レノボ・ジャパンは、AMD KaveriシリーズのAPUを採用したビジネス向けデスクトップPC「ThinkCentre M79」シリーズを発表した。(2014/7/29)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年7月7日〜7月13日):
“Kaveri”世代のAMD製APU「A10-7850K」(3.7GHz)がランクイン(2014年7月第2週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年7月第2週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/7/29)

“2段階切り替え”TDPより注目したいこと:
「A10-7800」で省電力なKaveriの存在意義を考える
AMDから“Kaveri”世代の新製品「A10-7800」が登場した。ポイントはTDPが65ワットとこれまでのA10-7000番台より省電力タイプとなっているところだ。(2014/7/9)

古田雄介のアキバPickUp!:
Pentium 20周年記念CPUが「気軽に捨て身になれる」と好評
Core i7-4790Kに続いて、7月頭に話題をさらったのは、Pentium 20周年記念モデル「Pentium G3258」だ。8000円前後で買えるアンロックモデルということで、好調に売れている。(2014/7/7)

AMD、TDPが切り替え可能な「A10-7800」発表
日本市場で世界で最も早く出荷するという。(2014/7/3)

COMPUTEX TAIPEI 2014:
「ハイエンドノートでもインテルと戦える」――AMDがモバイル版「AMD FX」を展開
COMPUTEX TAIPEI 2014でAMDは、モバイル版の「AMD A」シリーズや「AMD FX」シリーズを発表。その性能をアピールした。(2014/6/6)

COMPUTEX TAIPEI 2014:
ZOTAC、「球体」なコンパクトベアボーンを公開
思わず、「ZOTA“Q”」といってしまいます。(2014/6/6)

プロセッサ/マイコン:
従来製品に比べ性能を最大53%向上、AMDのx86コア搭載SoC/CPUファミリ
AMDは、組み込み機器向けにx86コア搭載のSoC/CPUファミリ「AMD Embedded Gシリーズ」を発表した。通信/ネットワークインフラ装置、産業用制御機器、シンクライアント、デジタルサイネージなどの用途に向ける。(2014/6/5)

COMPUTEX TAIPEI 2014:
AMD、ノートPC向けAPUとGPUで新モデルを発表
ビジネス利用を重視した「AMD PRO」にノートPC向けの「FX」シリーズ、そして、外付けGPUも新世代に移行する。(2014/6/4)

ショップのダメ出し!:
8万円で組みたい! ライトユースでさくさく動くMicro ATXマシン
アキバ連載でおなじみの古田氏による「ショップのダメ出し」。今回はそこそこの拡張性と快適さ、そしてコンパクトさを求めて、TSUKUMO eX.の石井さんにこだわりを注ぎこんでもらった。(2014/4/23)

注目PCレビュー:
「LUV MACHINES LM-AR311S」――“Kaveri”を搭載して6万円台半ばの高コスパマシン
マウスコンピューターの「LUV MACHINES LM-AR311S」は、最新APU“Kaveri”の最上位モデル「A10-7850K」を採用しつつ価格を抑えたコストパフォーマンスがウリ。XPマシンからの乗り換えに。(2014/4/1)

ドスパラ、秋葉原パーツ館で“Mantle”解説イベントを実施――3月30日
ドスパラは、AMD製最新GPU「Radeon R」シリーズと“Kaveri”世代の最新APUの特長をアピールするイベント「AMD MANTLE EVENT」を開催する。(2014/3/27)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年2月24日〜2月30日):
“Kaveri”な「A10-7850K」が再浮上 圏外から8位に(2014年2月第4週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年2月第4週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/3/18)

週末アキバ特価リポート:
1万円の赤NUC! 2万円のGTX 680!――ボス級ブチ込みの1周年記念
BUY MORE秋葉原本店の1周年記念セール2週目。9980円の赤NUCや1万9800円のGeForce GTX 680カード、2万9980円のCore i7-4770Kなど、「普段なら全部主役」なボス級の特価品をいくつも投入してきた。(2014/3/8)

期待の新API:
「Mantle」の効果をRadeon R9 290X/280X/270Xで試してみた
AMDの新API「Mantle」でどれだけ性能が上がるのか。実際に試してみた。(2014/3/4)

週末アキバ特価リポート:
11.6型タブレット&Core i7-4770Kが3万円を切る週末
今週末は複数のショップで現行世代のレアな特価が実施されている。目立つものを選定したら偶然にも3万円切りの共通項が。さぁ、3万円握ってアキバへゴー。(2014/3/1)

4月までに社内のXPマシンを入れ替えたい:
Windows 7も選べる“TSUKUMO印”の法人コスパモデル
アキバの老舗PCショップで知られるツクモのショップブランドPCなら、ワガママな構成かつリーズナブルな価格で法人向けPCを購入できる。XPからの乗り換えに。(2014/2/18)

プロセッサ/マイコン:
新時代到来! ヘテロジニアス・コンピューティング最新動向【後編】
AMD Aシリーズプロセッサ“Kaveri”が正式に発表された。ヘテロジニアス・コンピューティングに向けたフレームワーク「HSA」対応アプリケーションの開発プラットフォームとしても期待を集めているKaveri。Kaveriの詳細やARMの動向を交えながらHSAの現状と今後を考察する。(2014/2/17)

GIGABYTE、最新マザーの紹介などを行なうゲームイベントをツクモ本店で開催――2月15日
日本ギガバイトは、同社製ゲーミングマザーボードの紹介やMantleの解説などを行なう「GIGABYTE & AMD DetonatioNゲームイベント」を実施する。(2014/2/13)

注目PCレビュー:
「Radiant VX1300A88」――新型APU「Kaveri」搭載で6万円台のコスパモデル
サイコムのRadiantシリーズに、AMDの最新APUを採用したミニタワーモデル「Radiant VX1300A88」が登場。A10-7850K搭載モデルをチェックした。(2014/2/7)

プロセッサ/マイコン:
新時代到来! ヘテロジニアス・コンピューティング最新動向【前編】
2014年1月14日、ヘテロジニアス・コンピューティングに向けたフレームワーク「HSA」(Heterogeneous System Architecture)をハードウェアレベルで初めてサポートするAMD Aシリーズプロセッサ“Kaveri”が正式に発表された。HSA対応アプリケーションの開発プラットフォームとしても期待を集めているKaveriを中心に、HSAの現状と今後を探る。(2014/2/6)

自作PCパーツ販売ランキング(2013年1月13日〜1月19日):
“Kaveri”な「A10-7850K」がランクイン、ランク圏外から6位に浮上(2014年1月第3週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年1月第3週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/2/4)

AMD、Mantle対応の「AMD Catalyst 14.1 Beta」を公開
Mantle対応ドライバのβ版を公開。Radeon R9 290XではBF4でパフォーマンスが約40%向上するという。(2014/2/3)

センチュリー、“Kaveri”採用のスリムPC「LAMDA nano」などデスクトップ3製品を発売
センチュリーは、AMD製最新APUのA10-7850Kを採用したスリムデスクトップPC「LAMDA nano」など計3モデルを発表した。(2014/1/24)

2014 International CES:
未発表の省電力APU対応マザーやKaveri対応ゲーミングマザーなど、MSIが新製品群を公開
MSIがCESの会期中にプライベートスイートで説明会を実施。今後投入予定のマザーボードやグラフィックスカード、タブレット製品を披露した。(2014/1/21)

古田雄介のアキバPickUp!:
「今までのとは違う、真のAPUです」――A10-7850K/7700K旋風が起こる
AMDの新APU「A10-7850K/7700K」が売り出されて1週間。上位の7850Kの売り切れが続出するなど、ユーザーの反響は大きい。店員さんの評価もこれまでのAPUとは別物だった。(2014/1/20)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.