「NTTドコモ」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
NTTドコモ - ITmedia Mobile
質問!DoCoMo→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でDoCoMo関連の質問をチェック

ニコニコ超会議2016:
ロボット5台が大喜利に挑戦、人工知能の“ボケ”で笑いはとれるか?
ニコニコ超会議のNTTブースで、コミュニケーションロボットの「Sota」が大喜利に挑戦するという展示がある。5台あるうちの1台はNTTドコモの人工知能が搭載されており、リアルタイムで“ボケ”を生成する。人工知能のボケで会場の笑いは取れるのだろうか。(2016/4/29)

ドコモ、5月11日に新モデル発表 下り最大375Mbpsの対応機種も
夏商戦向けの新端末をラインアップ。MWCで発表された「Xperia X」シリーズや「Galaxy S7」シリーズも登場か?(2016/4/28)

ドコモ、熊本地震で利用できなかったエリアの回復を完了 避難所への支援は継続
NTTドコモが、熊本地震で利用できなかったエリアの回復を完了した。避難所で実施している公衆無線LAN(Wi-Fi)スポットの臨時設置や充電サービスは継続する。(2016/4/27)

携帯各社、熊本地震被災者の通信速度制限解除を5月31日まで延長
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクは、熊本地震の被災者を対象に実施しているデータ通信の速度制限解除を5月31日まで延長する。(2016/4/27)

SIM通:
格安SIMとセットで「dマーケット」!?FREETEL販売連携開始
FREETELは、スマホおよび、SIMカード契約者向けに、ドコモが提供する「dマーケット」のうち「dTV」「dマガジン」「dヒッツ」の3サービスの販売を開始した。(2016/4/27)

ドコモのVoLTE通話、4月22日午後に全国でつながりにくく 数十万台が影響
原因はVoLTEに関連するネットワーク機器の故障。(2016/4/25)

石野純也のMobile Eye(4月11日〜22日):
2年縛り緩和か長期割引か――「選べる自由」で総務省からの要請にも応えたドコモ
NTTドコモが“2年縛り”を緩和するコースを発表。長期割引と組み合わせることで、ユーザーに「選べる自由」を与えた形だ。ドコモが新コースを提供する狙いはどこにあるのだろうか?(2016/4/23)

石川温のスマホ業界新聞:
NTTドコモが「2年後縛らないプラン」「長期優遇割引」を発表――「選べる自由」で、KDDIとソフトバンクが窮地になるか
NTTドコモが、2年の定期契約満了後に料金据え置きで解約金を免除する「フリーコース」を発表した。ドコモが提示した「選べる自由」は、KDDIとソフトバンクを窮地に追い込む可能性がある。(2016/4/22)

3キャリアのネットワークに対応したSIMフリースマホ「mode1」、4月20日に発売
ピーアップは、NTTドコモ/au/ソフトバンクのネットワークに対応したSIMロックフリースマートフォン「mode1」を4月20日に発売した。価格は3万2400円(税別)。(2016/4/20)

ドコモ、「Xperia Z4 SO-03G」をAndroid 6.0にバージョンアップ 「Xperia Z5」シリーズにもソフト更新
NTTドコモが「Xperia Z4 SO-03G」のOSバージョンアップを開始した。また、OSバージョンアップ済みの「Xperia Z5」シリーズには、「STAMINAモード」の復活を中心とするソフトウェア更新の配信を開始した。(2016/4/19)

被災者の通信速度制限、ドコモも解除 4月末まで
災害救助法が適用されたユーザーが対象。手続きなどは不要で、既に通信制限がかかっている場合も順次解除する。(2016/4/18)

携帯各社、熊本・大分で通信障害 M7.3の「本震」で影響範囲が拡大
熊本で4月16日未明に発生したマグニチュード7.3の地震の影響で、ドコモ、au、ソフトバンク、Y!mobileで通信障害が発生している。(2016/4/16)

携帯販売ランキング(4月4日〜4月10日):
総合ランキング、発売2週目の「iPhone SE」が早くも順位を下げる
先週登場した「iPhone SE」は、NTTドコモを除いた2キャリアで早くも順位を下げ、総合ランキングにはかろうじてau版が10位に踏みとどまった。(2016/4/16)

携帯各社、熊本地震の被災地支援を開始 支払期限の延期や修理代金の軽減など
ドコモ、au、ソフトバンクの3社は、災害救助法が適用された熊本地震の被災地向けに、各種支援策を開始した。(2016/4/15)

熊本県の震度7地震、携帯各社に影響――ドコモで通信障害、2社が通信規制を実施【更新】
熊本県で発生した大地震の影響で、携帯電話各社のサービスに影響が出ている。(2016/4/15)

地震を受けて:
SSIDは「00000JAPAN」――携帯電話3社、熊本県などの公衆Wi-Fiスポットを無料開放
NTTドコモ・KDDI・ソフトバンクは、自社が運営する熊本県内の公衆無線LAN(Wi-Fi)スポットの無料開放を開始した。Wi-Fiサービスの契約の有無を問わず、SSID「00000JAPAN」に接続することで、手持ちのスマートフォン・タブレットやPCでインターネット通信ができる。(2016/4/15)

石川温のスマホ業界新聞:
NTTドコモが非接触電子マネー「iD」をSIMフリー端末に開放――コンテンツもMVNOにオープン化し、新たなユーザー獲得に躍起
NTTドコモが、SIMロックフリーのおサイフケータイ対応スマホに「iD」を開放した。既にコンテンツサービスの一部もキャリアフリー化しているドコモは、「オープン化」で新たな収益源を確保しようとしている。(2016/4/15)

「VAIO S11」の対応LTEバンドが拡充 8(ソフトバンク)と11(au)も利用可能に
ドコモのクアッドバンド対応に加えて、ソフトバンクのBand 8(プラチナバンド)、auのBand 11も使えるようになった。(2016/4/15)

ドコモ、au、ソフトバンクの主要3キャリアが災害用安否確認サービスの提供を開始 熊本の地震に合わせ
「災害用伝言板」と「災害用音声お届けサービス」が利用できます。(2016/4/14)

2年契約に「選べる自由」を――ドコモ新料金プラン拡充の狙い
NTTドコモが、6月1日から定期契約後の解約金がかからない「フリーコース」を導入すると同時に、「ずっとドコモ割」を選択した場合の特典を拡充する。この記事では、これらの取り組みに関する詳報をお伝えする。(2016/4/14)

ドコモ、3年目以降は解約金なし「フリーコース」 料金据え置き
ドコモは、2年契約満了後に解約金が不要になる新プラン「フリーコース」を6月にスタートする。基本プランの料金はそのままで、いつでも解約金が不要となる。(2016/4/14)

ドコモ、3年目から解約金なしの「フリーコース」を新設&長期利用者向け「ずっとドコモ割」を拡充
ドコモ、2年定期契約後に解約金がかからない「フリーコース」を6月1日から提供する。これにより、解約金のあり/なしを選べるようになる。あわせて、利用年数に応じて、パケットパックの料金が毎月割引される「ずっとドコモ割」を拡充する。(2016/4/14)

固定電話もテレビもワンストップで:
ドコモ、ドコモ光ユーザー向けに「ドコモ光電話」および「ドコモ光テレビオプション」を提供開始
NTTドコモが、同社の光ブロードバンドサービス「ドコモ光」ユーザー向けに、固定電話サービスとテレビ視聴サービスの提供を開始。NTT東西からの転用にも対応する。(2016/4/13)

最終目標は「犯罪を減らすこと」――ドコモが「スマホ・ケータイ安全教室」に取り組む理由
携帯電話と子供は、今や切っても切り離せない関係になりつつある。それだけに、正しい付き合い方を教えることが重要になる。小中高校生を中心とする層に向けて「スマホ・ケータイ安全教室」を実施しているNTTドコモに、その背景を聞いた。(2016/4/13)

パナソニック、Let'snoteやTOUGHBOOKなど WAN対応モデル計49機種のSIMロック解除に対応
「Let'snote」「TOUGHBOOK」「TOUGHPAD」のワイヤレスWAN対応モデルにおいて、SIMロック解除サービスを開始。ドコモ以外のSIMカードが利用できるが、ソフトバンクのLTEを利用できないなど制限もある。(2016/4/12)

FREETELがdTV/dマガジン/dヒッツを販売――初回31日間無料キャンペーンも適用
プラスワン・マーケティングは、4月12日にFREETELの利用者向けにNTTドコモの「dTV」「dマガジン」「dヒッツ」を販売開始。初回31日間無料キャンペーンも適用される。(2016/4/12)

通信速度定点観測:
0 SIMとイオンモバイルが参戦――「格安SIM」18サービスの実効速度を比較(ドコモ回線3月編)
格安SIMを選ぶうえで料金と並んで重要な「通信速度」。2015年7月から続けている本企画では主要な格安SIMサービスの通信速度を月に1回、横並びで比較する。今回は2016年3月のドコモ回線を使ったサービスの測定結果を紹介しよう。(2016/4/11)

格安SIM Q&A:
「格安SIM」でドコモのサービスを利用することはできませんか?
通信料金を節約するために「格安SIM」を検討しています。しかし、ドコモのサービスも捨てがたいのです……。ドコモのサービスだけ継続して使えないものでしょうか……?(2016/4/11)

トップ10にiPhoneが7機種ランクイン――ムスビーの2016年3月中古携帯/スマホ売上ランキング
2016年3月の中古携帯/スマホランキングは、1位にNTTドコモの「iPhone 5s」がランクイン。トップ10内にはiPhoneシリーズが7機種登場する人気ぶりをみせている。(2016/4/11)

これなら続くかも? アクセサリー感覚で身に着けられる「ムーヴバンド3」
ドコモ・ヘルスケアの活動量計「ムーヴバンド」が、機能をブラッシュアップして登場した。着けていることを意識しないですむほど軽く、主張しすぎないデザインがポイントだ。生活習慣の改善に役立つのか試してみた。(2016/4/9)

ふぉーんなハナシ:
これって偶然?! auとドコモが「クマのぬいぐるみ」を相次いで発表
どちらも蝶ネクタイをしているオシャレさんです。(2016/4/8)

ドコモ、農業ICT機器投入 水田の状況をスマホに送信
NTTドコモは7日、水田の水温などの情報を把握できる農業ICT機器「PaddyWatch(パディウォッチ)」を15日に発売すると発表した。(2016/4/8)

石川温のスマホ業界新聞:
他社から横やりが入り、NTTドコモが「実質0円」を断念――今後は毎月1円払いの「実質24円」が主流になるか
当初、FOMAからの契約変更時に「実質0円」になる予定だったドコモのiPhone SE。ところが、他社からの横やりで総務省が動き、わずか3日で撤回した。総務省のキャリアへの“にらみ”は、果たしてユーザーのためになるのだろうか。(2016/4/8)

「F.O.X」が「docomo Ad Network」と連係:
CyberZのスマートフォン広告計測ツールでdocomo Ad Network経由のアプリインストール数やLTV計測が可能に
CyberZは、 スマートフォン広告向けソリューションツール「Force Operation X」において、 NTTドコモの「docomo Ad Network」との計測連係を開始したと発表した。(2016/4/7)

総務省、ドコモ・ソフトバンクの「実質0円」販売に中止要請
ドコモとソフトバンクがスマホを実質0円で販売したとして、総務省がこれを見直すよう要請した。(2016/4/6)

SIM通:
ワイヤレスゲート、LTE使い放題と「FON」WiFi対応新サービスを開始
ワイヤレスゲートは、新サービス開始を発表した。コミュニティWi-Fi「FON」に対応し、NTTドコモの回線を通信速度3Mbps、容量無制限で利用できる。販売はヨドバシカメラが行う。(2016/4/6)

スマホ実質“数百円”ダメ 総務省、ドコモとソフトバンクに改善要請
ドコモとソフトバンクがスマホに過度の購入補助を行っているとして、総務省が改善要請。(2016/4/5)

ドコモ、歩いてdポイントをためる「歩いておトク」など新ヘルスケアサービスを開始
ドコモは新サービス「歩いておトク」を含む、計4つのヘルスケアサービスをまとめた「dヘルスケアパック」を発表した。(2016/4/4)

医療機器ニュース:
歩くだけで毎月200円もうかるヘルスケアアプリ、ただしNTTドコモ限定
NTTドコモとドコモ・ヘルスケアが、ヘルスケア関連のスマートフォンアプリを1パッケージで提供する「dヘルスケアパック」とその中核アプリとなる「歩いてオトク」について説明。歩いてオトクは毎日7000歩以上歩くとdポイントが500ポイント得られる。利用料の月額300円を差し引いても200円相当もうかることになる。(2016/4/4)

「GMOとくとくBB」で格安SIMの取り扱いを開始――1GB・630円から
プロバイダーサービス「GMOとくとくBB」で、NTTドコモの回線を利用した格安SIMの取り扱いがスタート。「データSIM」「SMS SIM」の2種を用意し、データ容量は1GBあたり630円(税別)から。(2016/4/1)

5分で知る最近のモバイルデータ通信事情:
“容量無制限”で最速、下り261Mbpsのルーター発売/ドコモとY!mobile、旧モデルを「一括0円」で販売
Y!mobileが下り最大261Mbpsの「504HW」を発売した。“容量無制限”のサービス対応機種としては最速だ。(2016/3/31)

ドコモ、一般クリエイターのECサイト「dクリエイターズ」終了
NTTドコモが、一般ユーザーが作るハンドメイド雑貨を販売するECサイト「dクリエイターズ」を終了する。(2016/3/30)

ドコモのiPhone SE、「FOMAからの契約変更で実質0円」を取りやめ――総務省からの指摘で
ドコモのiPhone SEは、FOMAから契約変更をすると16GBは実質0円だったが、割引増額を下げ、実質648円に変更する。総務省から指摘が入ったため。(2016/3/29)

ドコモ「iPhone SE」で“実質0円”撤回 総務省の指摘受け割引額引き下げ
ドコモは、31日に発売するiPhone SEについて、当初「実質0円」としていたが、総務省からの指摘を受けて急きょ変更した。(2016/3/29)

3キャリアが9.7型「iPad Pro」/12.9型「iPad Pro」(256GB)の端末価格を発表 一番安いのは?
ドコモ、au、ソフトバンクの3社が、9.7型「iPad Pro」のWi-Fi+Cellularモデルと12.9型「iPad Pro」の256GBモデルを3月31日に発売する。各社の販売価格をまとめた。(2016/3/28)

ドコモ、au、ソフトバンクが「iPhone SE」の価格を発表
24カ月払い・割引適用で月400円台からとなっています。(2016/3/25)

ドコモが「iPhone SE」の端末価格発表――「ケータイから機種変」を実質0円に
16GBモデルの実質負担は1万368円で、3キャリアで最安。さらにケータイからの機種変で実質0円に。ただし64GBはau/ソフトバンクよりお高め。(2016/3/25)

ドコモのiPhone、海外でVoLTEが利用可能に
ドコモのiPhone 6以降の機種で、海外(韓国)でもVoLTEによる高音質通話が可能になる。(2016/3/23)

ドコモの「dアニメストア」がサービス拡充、dマーケットは1500万契約を突破
NTTドコモのアニメ見放題サービス「dアニメストア」が、サービスを拡充。新たにアニソンミュージッククリップを追加し、アニメイトとのショッピング連携も開始する。(2016/3/23)

ドコモ・KDDI・ソフトバンク、iPhone SEを31日発売 予約は24日から
ドコモ、KDDI、ソフトバンクがiPhone SEを3月31日に発売する。予約は24日午後4時1分から。(2016/3/22)

ドコモ、「iPhone SE」「9.7型iPad Pro」「12.9型iPad Pro(256GB)」を3月31日に発売
ドコモが、発表されたばかりの「iPhone SE」と9.7型「iPad Pro」を3月31日に発売する。12.9型「iPad Pro(256GB)」もラインアップに加える。(2016/3/22)

BIGLOBE SIMで「dTV」「dヒッツ」「dマガジン」を購入可能に
ビッグローブは、NTTドコモが提供する「dマーケット」の一部コンテンツを「BIGLOBE SIM」利用者へ販売開始。「dTV」「dヒッツ」「dマガジン」の3サービスが対象となる。(2016/3/17)

ドコモ、Galaxy S6 edge/S6のAndroid 6.0バージョンアップを開始
NTTドコモの「Galaxy S6 edge SC-04G」「Galaxy S6 SC-05G」に対するAndroid 6.0へのバージョンアップが始まった。OSのバージョンアップに合わせて、端末独自の機能も追加・改善される。(2016/3/17)

東大とドコモ、ResearchKitで日常生活と糖尿病の関連性を研究するアプリ「GlucoNote」を開発
東京大学とNTTドコモが、国内で初めて2型糖尿病患者とその予備群を対象とした臨床研究用アプリ「GlucoNote」を開発しました。Appleの「ResearchKit」を用いたアプリで、多数の対象者から長期間にわたってデータを取得し、糖尿病と生活習慣の関連性を検証します。(2016/3/14)

通信速度定点観測:
Wonderlink LTE FとDTI SIMが好調を維持――「格安SIM」16サービスの実効速度を比較(ドコモ回線2月編)
格安SIMを選ぶうえで料金と並んで重要な「通信速度」。2015年7月から続けている本企画では主要な格安SIMサービスの通信速度を月に1回、横並びで比較する。今回は2016年2月のドコモ回線を使ったサービスの測定結果を紹介しよう。(2016/3/14)

vEPCやACIを納入:
NECとシスコ、エリクソン、NTTドコモのNFV基盤への採用を発表
 NECとシスコシステムズは3月11日、NTTドコモが3月9日に商用導入を開始したネットワーク仮想化基盤(NFV)に、自社製品が採用されたと個別に発表した。NECが仮想化モバイルコアおよびVNF管理ソフトウェア、シスコはCisco ACIソリューションを納入したという。エリクソンも3月14日、同基盤の構築に貢献したと発表した。(2016/3/14)

「+dで社会インフラに貢献していく」――吉澤副社長に聞く、NTTドコモの5GとIoT戦略
Mobile World Congress 2016に、日本の通信会社では唯一出展をしたNTTドコモ。スマートフォンの普及拡大期が終わりを迎える中で、同社はMWCの地で何を見たのか。NTTドコモ副社長の吉澤和弘氏に話を聞いていく。(2016/3/14)

ネットワークから漁業まで――ドコモ東北支社の震災復興への取り組み
東日本大震災で東北地方は甚大な被害を受けた。復興は着実に進んでいるものの、震災の風化が懸念されつつある。NTTドコモ東北支社は10日、「ドコモ 東北復興支援の会」を開催し、同社が取り組んでいる復興支援活動を紹介した。(2016/3/11)

M2Mに最適化したネットワーク向け:
SequansのLTE Cat1チップ、ドコモ網で運用成功
フランスのSequans Communications(シーカンス・コミュニケーションズ)が、LTE Cat1(カテゴリー1)対応のチップセットを日本市場に投入する。LTE Cat1は、M2M(Machine to Machine)通信などに最適化されたもので、Sequans Communicationsのチップセットは、NTTドコモのLTE Cat1ネットワークを使った相互運用試験に成功したという。(2016/3/11)

着けていることが気にならない軽快さ目指した活動量計「ムーヴバンド3」 3月25日発売
ドコモ・ヘルスケアが、活動量計の新モデル「ムーヴバンド3」を発表しました。小型ながら5日間の連続駆動が可能で、軽くて着け心地がいいため、着けていることを意識せずに使えるのが特徴です。(2016/3/11)

子供の“スマホトラブル”を回避するには?――ドコモの「スマホ・ケータイ安全教室」で見えたこと
スマートフォンは子供にとっても便利なツールである一方、一歩間違えるとトラブルや犯罪に巻き込まれる危険性をはらんでいる。そこで、ドコモは携帯電話を安全に使ってもらうための「スマホ・ケータイ安全教室」を実施している。都内の小学校で行われた教室を見学してきた。(2016/3/9)

Mobile Weekly Top10:
Android 6.0へのアップデート開始、どんなメリットがある?
ドコモのXperia Z5シリーズなどで、Android 6.0(Marshmallow)へのOSアップデートが始まりました。(2016/3/8)

ドコモ「2年縛り」更新月を延長 KDDI、ソフトバンクも前倒しか
ドコモが7日、「2年縛り」の更新月を2カ月間に延長すると発表した。これを受け、KDDI、ソフトバンクも前倒しで更新月を延長を発表する可能性もある。(2016/3/8)

2月満了分から:
ドコモ、「2年縛り」などの定期契約における解約金免除期間を2カ月間に延長
ドコモの料金プラン・割引サービスにおいて、定期契約の解約金がかからない期間が2カ月間に延長される。2016年2月に期間を満了した契約分から適用する。(2016/3/7)

ドコモ、解約金不要の期間を2カ月間に延長 2年縛り満了月の翌月と翌々月に
ドコモは、2年縛り契約などを解約する際に解約金がかからない期間を1カ月延長し、契約満了日の翌月と翌々月の2カ月間に拡大する。(2016/3/7)

ドコモ、iPhone/iPadの「Touch ID」を使った生体オンライン認証に対応
NTTドコモが2015年5月から提供しているサービスのオンライン生体認証に、Touch IDを搭載するiPhone/iPadが対応する。対象はiOS 9.0以降を搭載した端末で、別途認証用アプリのインストールが必要となる。(2016/3/7)

何が変わった?――「Xperia Z5 Premium」にAndroid 6.0を導入して感じたこと
3月2日からドコモが提供しているAndroid 6.0を、Xperia Z5 Premiumに早速導入してみた。使い勝手は何が変わったのか? パフォーマンスは向上したのか? ファーストインプレッションをお届けする。(2016/3/4)

Android 6.0は「超特急で」対応――ドコモに聞く、OSバージョンアップの取り組み
OSバージョンアップは、ユーザーにとって大きなトピックの1つだろう。日本では通信キャリアがバージョンアップを実施するかを決めているが、どのような基準で決まるのだろうか。機種によって対象外となってしまう理由は? ドコモの担当者に聞いた。(2016/3/4)

基地局で地震予測、沿岸部では津波を監視 ドコモの新たな災害対策
東日本大震災から間もなく5年。ドコモが新たな災害対策を発表した。基地局を活用して地震を予測するほか、沿岸部では津波を監視する。(2016/3/2)

ドコモ、下り375Mbpsの「PREMIUM 4G」を6月開始 3.5GHz帯追加でTDDとFDDのCAも
ドコモ6月、下り最大375Mbpsの「PREMIUM 4G」をスタートする。さらに3.5GHz帯の利用も開始し、FDDとのCAで下り最大370Mbpsのサービスも始める。対応機種は今後発表する予定だ。(2016/3/2)

ドコモ、Android版「ドライブネット ナビ」に音楽・ラジオ再生機能を追加
ドコモのAndroid版「ドライブネット ナビ」に音楽再生やラジオ再生などのエンタメ機能が追加された。UIも変更し音声操作の機能向上を図った。(2016/3/2)

ドコモ、Xperia Z5シリーズ3機種のAndroid 6.0バージョンアップを開始
ドコモが、Xperia Z5/Z5 Comanect/Z5 PremiumのAndroid 6.0へのバージョンアップを開始した。端末単体かPCからバージョンアップができる。6.0では一部のUIが変更され、ロック解除時のセキュリティも強化される。(2016/3/2)

NTTドコモとエリクソン・ジャパン:
屋外で20Gbps超える5Gマルチユーザー通信に成功
NTTドコモとエリクソン・ジャパンは15GHz帯を用いた屋外環境での5Gの通信実験を行い、受信時最大10Gビット/秒を超える通信速度の無線データ通信に成功したと発表した。2台の移動局装置を同時接続する実験では、20Gビット/秒を超える通信容量の無線データ通信に成功したという。(2016/3/1)

激レア:
「おそ松さん」デザインの「dTVターミナル」がもらえるキャンペーン――推し松を選べるぞ
NTTドコモの動画配信サービス「dTV」が人気アニメ「おそ松さん」とコラボレーション。6つ子をデザインした“コラボdTVターミナル”のプレゼントキャンペーンを実施する。(2016/2/25)

Mobile World Congress 2016:
ドコモは「2020年の日本」をテーマに5G技術や翻訳サービスなどを展示
NTTドコモは、「Welcome to Japan in 2020 〜2020年の日本へようこそ〜」をテーマに、MWCで5Gネットワークや翻訳サービス、Bluetoothデバイスとアプリを連携させるプラットフォームなどについて展示している。(2016/2/25)

シャープ、ビジネス向けに特化したカメラなしケータイ「SH-03H」発売――NTTドコモから
シャープは、法人向けケータイ「SH-03H」を発表。ドコモが2月26日に発売予定。カメラ機能を非搭載するなど、情報漏えいリスク対策となるさまざまな能を備えている。(2016/2/24)

ドコモ、シェアパック5+カケホライトを3月1日開始 3人家族ならスマホが1人4500円に
ネットをあまりしない人向けの2段階定額制「ドコモ光」プランも。(2016/2/23)

ドコモ、5Gの実証実験で20Gbps以上の無線データ伝送に成功
NTTドコモは、第5世代移動通信方式(5G)の実証実験で20Gbpsを超える通信容量の無線データ通信に成功したと発表した。(2016/2/23)

デンソー/NTTドコモ 自動運転:
次世代通信技術「5G」を活用した自動運転の研究開発で協業
LTEや次世代通信技術「5G」を用いた高度運転支援および自動運転技術の研究開発で、デンソーとNTTドコモは協業を発表した。(2016/2/23)

シャープのカメラ「なし」ケータイ、ドコモから発売 シャープさん「なんか寓話感ある」
時代は変わる。(2016/2/23)

「カメラなしケータイ」シャープが発売 なぜ今?
シャープが従来型携帯電話「SH-03」をNTTドコモ向けに納入すると発表した。カメラ機能を搭載していない、シンプルな折り畳み式ケータイだ。(2016/2/23)

自動運転インフラに組み込まれるか?:
自動運転に5G通信を活用、デンソーとドコモが共同研究
デンソーとNTTドコモは、LTEや次世代移動通信システム「5G」を利用した車両制御システムを共同で研究開発することに合意した。(2016/2/22)

自動運転技術:
自動運転に5Gを活用、デンソーとNTTドコモが共同研究
デンソーとNTTドコモは、LTEや次世代通信技術である5Gを用いた高度運転支援および自動運転技術の研究開発で協力する。(2016/2/22)

PR:買いたいものがいっぱいあるんだぁぁあ!!!――悲劇のサラリーマンに舞い降りた「dの奇跡」
とまらぬ物欲と出費に給料日前はいつもピンチ!そんな人たちに教えてあげたいドコモが新たに始めた「dポイント」というサービス。これはまさに「dの奇跡」だ!(2016/2/15)

石野純也のMobile Eye(2月1日〜12日):
「実質0円終了」の功罪――通信キャリアとメーカーに与える影響を考える
ドコモ、KDDI、ソフトバンクの3キャリアはいずれも増収増益と好調だが、総務省の要請で販売適正化のガイドラインが出されたことで、各社は実質0円の販売を自粛している。こうした市場動向の変化を各社はどう受け止め、どんな影響をもたらすのだろうか。(2016/2/13)

ドコモの契約数、7000万件を突破
NTTドコモのXi/FOMAの合計契約数が、2月10日に7000万件を突破した。(2016/2/12)

ドコモ、Android 6.0へのバージョンアップ予定機種を案内――3月上旬から順次
ドコモが、Android 6.0へのバージョンアップを予定しているスマートフォンとタブレットを案内。3月上旬頃から順次提供を開始する。(2016/2/10)

ドコモ、「spモードメール」の仕様変更に伴う手続きを案内
2月10日以降、「spモードメール」を新規で利用する場合、「ドコモメール」にアップデートをするか、spモードメールの再利用手続きをしないと、spモードメールが利用できなくなる。(2016/2/9)

スマートシティ:
電動アシスト自転車が分散電源に、「常時フル充電」を実現するサイクルシェア
パナソニック、NTTドコモ、ドコモ・バイクシェアの3社は2016年4月から、東京都臨海地区で電動アシスト自転車のシェアリング実証を開始する。自転車本体だけでなく、バッテリーをシェアできるようにするのが特徴だ。災害時などにはこのバッテリーを予備電源として使えるようにするなど、将来に向けシェアリングサービスの社会インフラとしての活用も検討していくという。(2016/2/9)

ドコモ、「Mobile World Congress 2016」へ出展――5GやIoTプラットフォームなどを紹介
NTTドコモは、世界最大のモバイル産業展示会「Mobile World Congress 2016」へ出展。5Gネットワークの実証実験やIoTプラットフォーム「Linking」などを紹介する。(2016/2/5)

ドコモ「N-01H」は2月17日発売 下り300Mbpsの最速モバイルWi-Fiルーター、価格は実質0円
下り最大300Mbpsの「PREMIUM 4G」(LTE-Advanced)に対応したモバイルWi-Fiルーター。実質価格は0円。(2016/2/5)

「関西からドコモを変える」――永田支社長に聞く、ドコモ関西の防災対策とウチスマの挑戦
南海トラフ地震への対策、トータル提案型サービス「ウチスマ」など、さまざまなことに取り組むドコモ関西。その狙いと将来の展望を永田支社長に聞いた。(2016/2/5)

「ARROWS NX F-05F」をAndroid 5.0にバージョンアップ――注意点とメリットを理解する
NTTドコモの2014年夏モデル「ARROWS NX F-05F」で、Android 5.0.2へのバージョンアップが始まりました。まだバージョンアップしていない人は、早めにバージョンアップしましょう。(2016/2/4)

ドコモ、「すきじかん」と「ギフトコ」で期間限定キャンペーンを開始
「すきじかん」は3カ月お試しキャンペーンとして値下げ、「ギフトコ」は加入およびギフト購入でドーナツをプレゼント。(2016/2/3)

SBIの2016年1月中古携帯/スマホ売上ランキング――ドコモのiPhone 6が2カ月連続1位を獲得
2016年1月の中古携帯/スマホランキングで、ドコモの「iPhone 6」が2カ月連続で1位を獲得。 2位は「iPhone 5s」、3位は「Xperia Z5 Premium SO-03H」となった。(2016/2/2)

ドコモ、「Xperia Z5」のピンクを2月5日に発売
ドコモが「Xperia Z5」の新色「ピンク」を2月5日に発売する。一括価格は9万円台前半。(2016/2/2)

Mobile Weekly Top10:
イヤフォン使わない派 その理由とは/ドコモの新料金はお得?
先週は、とあるiPhoneユーザーが絶対にイヤフォンを使わない理由が人気ナンバーワンでした。人気連載の番外編?という今回は、ちょっと意外な内容です(2016/2/2)

通信速度定点観測:
Wonderlink LTE Fが好調、So-net モバイル LTEも底堅い――「格安SIM」16サービスの実効速度を比較(ドコモ回線1月編)
格安SIMを選ぶうえで料金と並んで重要な「通信速度」。2015年7月から続けている本企画では主要な格安SIMサービスの通信速度を月に1回、横並びで比較する。2016年最初となる1月のドコモ回線を使ったサービスの測定結果を紹介しよう。(2016/2/2)

石野純也のMobile Eye(1月18日〜29日):
ソフトバンクの1GBプランよりもお得?――ドコモ「シェアパック5」の狙い
ドコモが低容量の新たな料金プラン「シェアパック5」を打ち出した。低容量だが、家族でシェアすることを前提にしており、ソフトバンクの発表した1GBプランよりもトータルでの使い勝手はよくなっている。(2016/1/30)

ドコモ、「実質0円」を1月末で終了 スマホ販売への影響は?
端末代金の割引きを減らすことで、実質負担額を値上げする。また2年縛りの猶予期間を2カ月に延長する。(2016/1/29)



余っているリソースを、主にはお金を介してソーシャルな形でシェアできるように仲介するサービス。インターネット上では以前からそうした要素を持ったサービスは存在していたように思うが、概念として名付けられることで一挙に注目が高まっている。

不正会計問題の発覚と対処、リストラ発表とその影響も含めた赤字の拡大というように、日本を代表する家電大手の一角がもろくも崩れようとしている。日本企業の苦戦が続き、それに伴う再編の進行は予想されていたが、この展開は想定外であり、どのような形で落着するものか、予断を許さない。

ビットコインの基幹技術としても知られる、P2Pネットワークを活用した台帳技術。これもまた昨今注目の的となっているFinTechのひとつとして、金融、IT・セキュリティ界隈では今やビットコインと同じくらいの頻度で取りざたされている。

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2016 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.