NTTドコモ に関する記事 NTTドコモ に関する質問

「NTTドコモ」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
NTTドコモ - ITmedia Mobile
質問!DoCoMo→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でDoCoMo関連の質問をチェック

ドコモの定額制音楽配信サービス「dヒッツ」会員が300万突破
NTTドコモが提供するスマートフォン向け定額制音楽配信サービス「dヒッツ」の会員数が300万を突破した。(2015/3/31)

ドコモ、プリペイドカードサービス「ドコモ口座Visaプリペイド」の専用アプリを提供開始
NTTドコモは、口座開設からVisaプリペイドカードの発行まで行える「ドコモ口座Visaプリペイドアプリ」をリリース。合わせて特典プログラムやキャッシュバックキャンペーンも実施する。(2015/3/31)

NTTドコモ、日通、旭硝子も導入する「AWSの最適解」を得る方法
クラウド化の最適解は、企業ごとに異なる。そのため、パブリッククラウドサービスベンダーは、個々の企業の事情や状況に合わせて適切なクラウドサービスの選択肢を提言する“コンサルサービス”にも力を入れている。AWSの技術領域に特化したコンサルサービス「AWSプロフェッショナルサービス」は、何をしてくれるのか。(2015/3/31)

“紙”とは違う新しい雑誌体験!――ジャーナリスト神尾氏に聞く「dマガジン」の魅力
ドコモの「dマガジン」が170万契約を突破した。電子書籍がなかなか普及しないなか、なぜスマッシュヒットしたのか。dマガジンの愛用者であるジャーナリストの神尾寿氏に、その魅力を語ってもらった。(2015/3/31)

神尾寿×吉岡綾乃が対談:
PR:月額400円で読み放題! ビジネスパーソンの強い味方「dマガジン」とは
月額400円で120誌以上の人気雑誌を読むことができる「dマガジン」(ドコモ)。「タブレットのユーザーならば契約して損はない」というジャーナリストの神尾寿氏と、dマガジン愛用者Business Media 誠の吉岡綾乃編集長が、dマガジンを使っての情報収集術などを語り合った。(2015/3/31)

ドコモ、腕時計型端末で子供を見守る「ドコッチサービス」を4月4日開始
ドコモの新しい見守りサービス「ドコッチサービス」が4月4日にスタート。専用の子供向け腕時計型端末「ドコッチ 01」も同時に発売される。(2015/3/27)

ドコモ、WHILLとモビリティシェア事業で業務提携――電動車椅子の貸し出しを実現
NTTドコモのモビリティシェアシステムに、WHILLの電動車椅子「WHILL」が対応。これにより、複数の利用者で共同利用が可能となる。(2015/3/26)

パーソナルモビリティ:
価格の壁を破れるか、NTTドコモがパーソナルモビリティのシェアサービスに注力
価格の高さを指摘されるパーソナルモビリティについて、NTTドコモが製造元と協業。公共施設などで複数人が共同利用できるシェアソリューションの導入を進める。(2015/3/26)

SIM通:
ドコモ「プレミアム4G」でMVNO市場が加熱!?
ドコモが開始するLTE-Advanced方式の高速通信サービス。格安SIMを提供するMVNOにはどんな影響があるでしょうか。(2015/3/26)

ドコモ、次世代電動車椅子「WHILL」の共同利用サービスで提携
ドコモと次世代電動車椅子を開発するWHILLが提携。通信機能などを搭載し、公共施設などで複数人が共同利用できるソリューションの導入を進める。(2015/3/25)

ドコモ関西、南海トラフ巨大地震を想定した災害対策を完了――基地局の基盤を強化
NTTドコモ関西支社は、南海トラフ巨大地震で想定される被災エリアで基地局の基盤強化を実施。有事の際の通信確保を可能とした。(2015/3/25)

下り最大225Mbps:
ドコモ、PREMIUM 4G対応の「Wi-Fi STATION L-01G」を3月25日発売
ドコモは、PREMIUM 4Gに対応したLGエレクトロニクス製モバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION L-01G」を3月25日に発売する。国内最速となる下り最大225Mbpsの高速通信が可能。(2015/3/23)

ドコモ、動物病院の費用を一部補償する「ドコモのペット保険」提供開始――4月1日から
NTTドコモは、ペットの病気やケガでかかった動物病院の費用を補償する、ペット保険サービス「ドコモのペット保険」を提供開始する。(2015/3/23)

ドコモ、迷惑電話などの着信を判別しやすい「あんしんナンバーチェック」を提供開始
NTTドコモが、しつこい迷惑電話や詐欺などの危険な電話と思われる番号からの着信を画面に表示する、「あんしんナンバーチェック」サービスをスタート。(2015/3/23)

gooスマホ部:
壊れたスマホからデータを取り出したい
ドコモショップに行っても無理ですか?(2015/3/23)

最新スマートフォン徹底比較(2014年冬モデル編):
ドコモおすすめ5機種レビュー(第2回)――バッテリー持ち&ベンチマークはどう?
5機種ともハイスペック、さらに4機種が3000mAhを超えスタミナも十分なドコモ冬春モデル。今回は、YouTubeの連続再生・静止画の連続表示・待受時の消費電力テストと、ベンチマークテストを実施。どのスマホが優秀か?(2015/3/20)

電気自動車:
電動アシスト自転車と電気トラックを組み合わせ、千代田区で実証運行
日産自動車は電気自動車「e-NT400テストトラック」の実証運行を2015年3月16日に開始した。東京都千代田区で約2カ月間継続する。同区とNTTドコモが運営する電動アシスト自転車を利用した実証実験「ちよくる」に協力する形だ。(2015/3/19)

pixivで「ドコモメール」公式キャラクター募集コンテスト開催――審査員にいとうのいぢ
NTTドコモは、イラストコミュニケーションサービス「pixiv」で「ドコモメール」の公式キャラクター募集コンテストを開催する。審査員はイラストレーター・いとうのいぢ氏。(2015/3/17)

ICT、北陸新幹線の全13駅で通信速度調査――下りはau、上りはソフトバンクがトップ
ICT総研は、主要なデートスポットでNTTドコモ、au、ソフバンク、ワイモバイルのデータ通信速度を調査。僅差ながらauが下り26.57Mbpsでトップとなった。(2015/3/17)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
UQが下り最大220Mbpsのサービス開始/ドコモは下り最大225Mbpsに高速化
UQが4×4 MIMOで下り最大220Mbpsに対応する「Speed Wi-Fi WX01」を発売。現時点では国内最速のモバイルインターネットだが、ドコモが3月27日にCAで下り最大225Mbps対応のサービスを開始する。(2015/3/16)

ドコモ、山手線車両でO2Oソリューション「Air Stamp」の共用化トライアルを開始
NTTドコモは、音波を利用したO2Oソリューション「Air Stamp」共用化のトライアル提供をスタート。山手線車内と山手線沿線の「アトレ・アトレヴィ」でキャンペーンを実施する。(2015/3/12)

エネルギー管理:
昼間電力を使わない携帯基地局へ、太陽光と蓄電池を利用
NTTドコモは2015年3月6日、携帯電話の基地局が利用する電力について、95%以上を環境負荷が少ない電力で賄う「ダブルパワー制御」に成功したと発表した。群馬県伊勢崎市のグリーン基地局で実現したもの。2015年4月からはグリーン基地局の商用運用を全国11カ所で開始する。(2015/3/12)

gooスマホ部:
RAMの使用率の確認の際結果がずれるのはなぜ?
本体の設定とドコモの診断ツールで調べた数値がずれています。(2015/3/12)

Mobile Weekly Top10:
人気のコンパクトモデル「Xperia Z3 Compact」を徹底レビュー
「ドコモ光」の優位性とは何か? ドコモへのインタビュー記事が依然人気でした。また人気の最新コンパクトモデル「Xperia Z3 Compact」のレビューも注目を集めています。(2015/3/11)

NTTドコモはヘルスケア領域で何を目指すのか
Runtastic for Docomoやらでぃっしゅぼーや、ABCクッキングスタジオ、ショップ ジャパンなど、さまざまな企業と手を組みヘルスケア領域での取り組みを拡大するNTTドコモ。その狙いはどこにあるのかを、キーパーソンに聞いた。(2015/3/11)

ドコモ、5カ国語に対応した「エリアメール」の試作アプリを開発
ドコモが、多言語対応した「エリアメール」の試作アプリを開発。実用化に向けて取り組みを進めていく。(2015/3/10)

ドコモ、BLEによりOSが異なるスマートフォン同士で情報伝達ができる技術を開発
NTTドコモは、携帯電話ネットワークを介することなく、iOSとAndroidという異なるOSを採用したスマートフォン間でも情報伝達ができるBLE通信技術を開発した。(2015/3/10)

Mobile World Congress 2015:
各社が「5G」への取り組みを展示――Ericssonは5.3Gbpsを実現、“免許不要”の「LTE-U」も注目集める
2020年までの商用化が期待されている「5G」。スペイン・バルセロナで開催された「MWC 2015」ではドコモをはじめ多くの企業が関連技術を展示し、免許不要の周波数帯でLTEを使う「LTE-U」も注目を集めた。(2015/3/13)

ドコモとKDDI、海上保安庁との「災害時相互協力協定」を締結
NTTドコモとKDDIは、大規模災害時の迅速な復旧活動を目的とした「災害時における通信の確保のための相互協力に関する協定」を海上保安庁と締結した。(2015/3/9)

スマホの持ち方で指が変形する恐れ ドコモがTwitterで注意喚起
ドコモの公式サポートTwitterで、スマートフォンの持ち方で指が変形する恐れがあると注意を呼び掛けている。(2015/3/9)

ドコモ、グリーン基地局の電力利用効率を上げる「ダブルパワー制御」に成功
ドコモが、基地局が利用する電力の「ダブルパワー制御」の実証実験に成功した。基地局の運用に必要な電力の95%以上を、環境負荷が少ない電力で賄えるという。(2015/3/6)

携帯販売ランキング(2月23日〜3月1日):
総合ランキング、「Xperia Z3 Compact」後退で「iPhone 6」が1〜5位占める
総合ランキングで、多少の順位変動はあるもののずっと上位にいたドコモ「Xperia Z3 Compact」が今週は6位まで後退し、1〜5位までがすべて「iPhone 6」になった。これは2014年10月以来のことだ。(2015/3/6)

石川温のスマホ業界新聞:
NTTドコモが225Mbpsサービスを3月27日に開始━━果たして「プレミアム4G」は将来的にも使える名前なのか
NTTドコモが3月27日から提供する「LTE-Advanced」。下り最大225Mbpsというさらなる高速化を実現するものだが、ドコモがLTE-Advancedのことを「Premium 4G」と言い始めたのには、ちょっと首をかしげたくなった。(2015/3/6)

Mobile World Congress 2015:
電話番号を複数端末で使い分け IoT時代に新しい風を吹き込むドコモの新技術
ドコモがスマホの契約者情報をほかのスマホやタブレット、カーナビなどのさまざまな機器にタッチ操作で転送できる技術を発表した。専用アプリを使い、NFCやBluetoothで転送する。(2015/3/5)

「ドコモ光で再スタートを切れた」――加藤社長に聞く、ドコモの今と未来
2014年6月に新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」を発表し、2015年3月には光回線を用いた固定通信サービス「ドコモ光」をスタートするなど、ビジネスの変革を進めてきたNTTドコモ。同社の加藤社長に、ドコモ光の狙いや、今後の戦略を聞いた。(2015/3/5)

gooスマホ部:
不明なspモード決済がある
ドコモからの請求内訳の中にspモード決裁分として540円の請求があるのですが、何かを購入した記憶がありません。(2015/3/5)

Mobile World Congress 2015:
PEREMIUM 4G、ガラホ、ポータブルSIM――ドコモ プロダクト部長 丸山氏に端末戦略を聞く
今回のMWCで発表された新機種の中で、ドコモから登場するモデルはあるのか? また最近話題の“ガラホ”はドコモからも出る? 通信の高速化はどのように進んでいくのか。NTTドコモのプロダクト部長 丸山誠治氏に話をうかがった。(2015/3/4)

SIM通:
DMM mobile 速度調査レビュー
ドコモのMVNOとして12月にスタートした「DMM mobile」。その速度や通信状況はどのようなものなのでしょうか。通信速度を調査してみました。(2015/3/3)

IMAPでドコモメール利用時に専用の「セキュリティパスワード」サービスが利用可能に
NTTドコモは、IMAPでドコモメールを利用する際にセキュリティレベルを高められる専用パスワード「セキュリティパスワード」サービスを提供開始した。(2015/3/3)

ドコモの「あんしん遠隔サポート」が1000万契約を突破――サービス開始約3年で
NTTドコモは、専用コールセンターのオペレーターがスマートフォン/タブレットなどの使い方をサポートする「あんしん遠隔サポート」の1000万契約突破を発表した。(2015/3/3)

スマホからIoT機器に「タッチ」で電話番号切り替え ドコモが「ポータブルSIMアプリ」開発
ドコモは、スマートフォンに挿入されたSIMカードに記録された情報を、SIMを搭載しないタブレットなどに、機器同士をタッチするだけで切り替えられるAndroidアプリを開発した。(2015/3/3)

光「セット割」開始 ソフトバンク優勢、ドコモは“ドベ”から巻き返しなるか
ドコモとソフトバンクが光セット割を今月から始め、先行していたKDDIとの本格競争が始まった。携帯シェアを両社に奪われ続けてきたドコモの反転攻勢につながるか。(2015/3/3)

ドコモ、仮想化技術で混雑と災害に強いネットワークへ 2016年3月商用化
ドコモがEricsson、富士通、NECとともにネットワークの仮想化に着手した。2016年3月の商用化を目指す。(2015/3/2)

ドコモ、「5G」開発推進で中China Mobile・韓KTと連携
ドコモは、「5G」の技術開発と標準化活動の推進を目的に、中China Mobile、韓KTと連携することを発表した。(2015/3/2)

Mobile World Congress 2015:
ドコモ、4.5Gbps以上の「5G」通信に成功 東京五輪までの実用化目指す
ドコモがEricssonと共同で4.5Gbps以上の「5G」通信実験に成功。今後は2020年7月の東京オリンピック開催までに、商用サービス開始を目指すと発表した。(2015/3/2)

1回線で2台持ちが可能に:
ドコモ、タッチ操作で複数機器に電話番号を転送できる新技術――SIM入れ替え不要
ドコモは、スマホの契約情報をほかのスマホやタブレットにタッチ転送できる新技術を開発した。すでに発表されている「ポータブルSIM」機能を、専用デバイスなしで実現する。(2015/3/2)

ドコモ「5G」屋外で4.5Gbps通信に成功 2020年7月までにサービス提供へ
ドコモが5G屋外実験で下り4.5Gbps超のデータ通信に成功。20年7月の東京五輪までに5Gサービスの提供を目指す。(2015/3/2)

無線通信技術:
ドコモ、5Gに向け4.5Gビット/秒の高速データ通信に成功
NTTドコモは2015年3月2日、第5世代移動通信方式(5G)の実用化に向けた技術開発の一環として、15GHz帯の高周波数帯を用いて受信時4.5Gビット/秒以上のデータ通信に屋外で成功したと発表した。(2015/3/2)

またバズーカクッキングか! ドコモの3秒クッキング第2弾「爆速餃子篇」がやっぱりおかしい
餃子用キャッチャーミットってなんだよ!(2015/2/27)

海を越えても高音質:
ドコモ、VoLTEの国際ローミングを年内開始 米韓との接続実験に成功
ドコモはこのほど、国際ローミング下でVoLTE接続を行う実証実験に国内キャリアで初めて成功した。日米韓のVoLTE端末同士で、高音質な通話とビデオコールの発着信に成功したという。(2015/2/27)

携帯販売ランキング(2月16日〜2月22日):
総合ランキング、au版「iPhone 6」が2連覇も「Xperia Z3 Compact」が接近
先週初めて総合ランキングトップに輝いたau版「iPhone 6(64Gバイト)」が今週もトップを守った。2位にはNTTドコモ「Xperia Z3 Compact」が3週ぶりに上がってきている。(2015/2/27)

ドコモ、VoLTEの国際ローミング実証実験に成功 国内事業者初、年内に提供へ
ドコモが国内の通信事業者として初めて日韓、日米間でVoLTEによる国際ローミングの実証実験に成功。年内にサービス提供を目指す。(2015/2/26)

225Mbpsだから2月25日に発表:
ドコモ、下り最大225Mbpsの「PREMIUM 4G」を3月開始 スマホは15年度早期に対応
ドコモは、LTE-Advancedを利用した次世代通信サービス「PREMIUM 4G」を3月27日に開始すると発表した。通信速度は下り最大225Mbpsで、今後はさらに高速な300Mbpsを目指す。(2015/2/25)

ドコモ「ムーヴバンド2」にAneCanコラボの大人フェミニンな新色追加――3月13日に発売
NTTドコモは、販売中の「ムーヴバンド2」に女性誌『AneCan』とコラボした大人フェミニンなカラーを追加。3月13日に発売する。(2015/2/25)

ドコモ、最大225Mbps・LTE-Advanced「PREMIUM 4G」3月スタート
ドコモは次世代LTE「LTE-Advanced」による下り最大225Mbpsの通信サービス「PREMIUM 4G」を3月27日に開始する。(2015/2/25)

Mobile Weekly Top10:
ドコモに聞く「ドコモ光」「ドコモ光パック」の優位性
“複雑”という声が上がる「ドコモ光」「ドコモ光パック」の料金プラン。いったいどんな優位性があるのか? 担当者へのインタビュー記事が注目を集めました。(2015/2/23)

ドコモ、日常生活サポートや家事代行などを行う「家のあんしんパートナー」提供開始――3月1日から
NTTドコモは、ジャパンベストレスキューシステムと提携し「家のあんしんパートナー」を提供。水回りや鍵など日常生活のトラブルサポートや、家事代行サービスを利用できる。(2015/2/23)

ドコモが8型Androidタブレット「dtab d-01G」を2月26日に発売 新規契約、機種変更共に実質0円
ドコモが「dマーケット」利用を想定した8型タブレット「dtab d-01G」を2月26日に発売する。ドコモオンラインショップでは月々サポートを適用することで実質0円で購入できる。(2015/2/23)

NTTドコモ、「家族まとめて割」還元額を最大2万1600円へ増額
NTTドコモが、家族でシェアグループに加入したうえで対象機種を購入したユーザーへの「家族まとめて割」の還元額を最大2万1600円へ増額する。(2015/2/23)

ドコモ、「実質0円」のタブレット発売 8インチ「dtab d-01G」
ドコモから「実質0円」の8インチAndroidタブレット「dtab d-01G」が登場。(2015/2/23)

ドコモ、オンラインショップでXperia Z3 CompactやAQUOS ZETAなどの月々サポートを増額
ドコモオンラインショップで、AQUOS ZETA、Xperia Z3 Compact、GALAXY S5、GALAXY S5 ACTIVEの月々サポートを増額している。これによって実質0円になる機種もある。(2015/2/23)

6カ月の利用が条件:
Xperia Z3/Xperia Z3 Compactの端末価格を5〜6万円割引――ドコモが「端末購入サポート」を実施
ドコモが、6カ月間の継続利用を条件に端末代の一部を負担する「端末購入サポート」をオンライショップで実施している。Xperia Z3とXperia Z3 Compactの端末価格が大幅に割り引かれる。(2015/2/23)

「ドコモ光」は何がお得なのか? 他社にない優位性は?――NTTドコモに聞く
「いくら安くなるのか分かりにくい」という声が多く挙がっている「ドコモ光」。結局のところどれだけお得になるのか? auやソフトバンクと比べてどうなのか? これらの疑問をドコモの担当者にぶつけてみた。(2015/2/20)

ドコモとゼンリン、モーションセンサーと地図情報を活用した屋内ナビゲーション技術を開発
NTTドコモとゼンリンデータコムは、スマートフォンの動きと地図情報を活用した屋内ナビゲーション技術を開発した。(2015/2/19)

「階段昇降」も検知、階数に応じて地図切り替えも ドコモとゼンリン、スマホ用新屋内ナビ
スマホのモーションセンサーを利用した歩行者自律航法技術と地図情報を組み合わせた新たな屋内ナビをドコモとゼンリンが開発した。(2015/2/19)

SIM通:
遂に解禁、ドコモ光!!激化する「固定回線」ガチバトル
ドコモが開始するNTT東西の光卸売を利用した固定回線サービス「ドコモ光」。ソフトバンクも同様に「SoftBank光」を発表し、すでにauひかりを提供しているKDDIと固定回線の獲得競争が激化しそうです。(2015/2/19)

NTTドコモ、企業向けにAWSの導入支援サービスを展開へ
「しゃべってコンシェル」などの提供基盤としてAWSを利用しているノウハウを企業顧客にも提供するという。(2015/2/18)

ガラケーにAndroid搭載 ドコモが今夏発売へ auの「ガラホ」に対抗
ドコモが今夏にもAndroidを搭載したガラケーを発売することが分かった。auの「ガラホ」こと「AQUOS K」に対抗する。(2015/2/18)

最新スマートフォン徹底比較(2014年冬モデル編):
ドコモおすすめ5機種レビュー(第1回)――基本スペックや持ちやすさを比較する
ドコモ冬春モデルの5機種はどんなユーザーに最適か? 本特集では「ARROWS NX F-02G」「GALAXY Note Edge SC-01G」「AQUOS ZETA SH-01G」「Xperia Z3 SO-01G」「Xperia Z3 Compact SO-02G」の計5機種を比較。まずは基本スペック、注目機能をチェックしてみよう。(2015/2/18)

gooスマホ部:
ドコモメール内のメールが消えました
ドコモメールのデータが消えてしまいました。復元できますか?(2015/2/17)

ドコモほか3社でインディーズ&新人アーティストを支援する「Eggsプロジェクト」開始
NTTドコモとタワーレコード、レコチョクはインディーズと新人アーティストの活動を支援する「Eggsプロジェクト」を開始。コミュニティの提供やイベントの共催などを行う。(2015/2/16)

ドコモ、下り最大225Mbps対応のルーター「Wi-Fi STATION HW-02G」を2月18日に発売
LTE-Advancedに対応し、3月以降に下り最大225Mbpsの通信が可能になる、ドコモのモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION HW-02G」が、2月18日に発売される。(2015/2/16)

UQ mobileの取り扱いも開始:
九州通信ネットワークが格安SIMを提供――データSIMは月2Gバイトで900円から
九州通信ネットワーク(QTNet)がMVNO事業に参入し、ドコモのネットワークを利用した格安SIMサービスを提供する。データSIMと音声SIMの両方を扱う。(2015/2/13)

月額660円からLTEが使える:
PR:遊びだけじゃなくビジネスにも! 使えるスマホを買うなら――DMM mobile
月額660円〜と“業界最安”のプランで話題のDMM mobile。NTTドコモの広い通信網が使える上、番号ポータビリティに対応。大手通信キャリアから乗り換えたい人にオススメだ。高機能スマホも安価に購入でき、仕事にもバリバリ使える環境が手軽に手に入る。(2015/2/13)

携帯3社、埼玉高速鉄道線 赤羽岩淵駅〜浦和美園駅区間のトンネル内をエリア化
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの3社が、2月13日に埼玉高速鉄道線の赤羽岩淵駅〜浦和美園駅区間のトンネル内で携帯電話サービスを提供開始する。(2015/2/9)

ICT、“東京デートスポット”で電波状況実測調査を実施――auが下り26.57Mbpsでトップ
ICT総研は、主要なデートスポットでドコモ、au、ソフバンク、ワイモバイルのデータ通信速度を調査。僅差ながらauが下り26.57Mbpsでトップとなっている。(2015/2/9)

ドコモ光パックへの対抗は? スマホのOSはどうなる?――田中社長に聞く 2015年のKDDI
Firefox OS搭載スマホや新世代フィーチャーフォンを発表、発売して話題を集めているKDDI。料金面では他社より先行して光回線+モバイル回線の割引サービスを提供している。KDDIにとって、2015年はどんな年になるのか? 田中社長に聞いた。(2015/2/6)

5Gも視野に:
ドコモ、下り最大225MbpsのLTE-Advancedを3月開始 「高度化C-RAN」など最新技術を説明
ドコモが3月から開始する「LTE-Advanced」は、既存のLTEを高速化する次世代通信規格。どのような技術を使って高速化しているのか、同社が説明した。(2015/2/6)

MVNOに聞く:
“業界最安”を仕掛ける「DMM mobile」――強みは1000万会員とコンテンツ連携
2014年12月からMVNO事業に参入して、ドコモ回線を用いた通信サービスを提供しているDMM.com。このタイミングで参入した理由とは? そして同社の強みを生かす戦略とは? 取締役の野村太郎氏に聞いた。(2015/2/6)

ドコモ、「Xperia Z3 SO-01G」「Xperia Z3 Compact SO-02G」のソフトウェア更新を実施
アップデートにより、VoLTE発信時にまれに呼び出し音が正常に聞こえない場合がある不具合が解消される。(2015/2/5)

ドコモ、「ARROWS NX F-01F」「ARROWS Tab F-02F」をAndroid 4.4へアップデート
NTTドコモのスマートフォン「ARROWS NX F-01F」とタブレット「ARROWS Tab F-02F」のOSがAndroid 4.4にアップデート。絵文字のリニューアルや不具合の改善も行っている。(2015/2/5)

春商戦を想定:
「ドコモ光よりauがお得」な理由は?――量販店・併売店のauスタッフによる「接客コンテスト2015」
KDDIが、業界初の試みとなる量販店と併売店のスタッフによる接客コンテストを実施した。1260人の参加者から選ばれた16人が決勝大会に進出。春商戦を想定したロールプレイングを披露した。(2015/2/4)

SBIの2015年1月中古携帯/スマホ売上ランキング――「Xperia Z3 Compact SO-02G」が2カ月連続1位
2015年1月の中古携帯/スマホランキングでは、NTTドコモの2014-15冬春モデル「Xperia Z3 Compact SO-02G」が2カ月連続で1位に。auの端末も盛り返している。(2015/2/3)

ドコモ、サイクルシェアリングで新会社
ドコモなどNTT系の4社が、地域などで自転車を共有して利用するサイクルシェアリング事業で合弁会社を設立。(2015/2/2)

Mobile Weekly Top10:
ドコモ光パックの複雑さ/ISP各社もセット割を提供
NTTドコモが発表した、固定と移動のセット割料金「ドコモ光パック」。その安さよりも、料金プランの複雑さが注目を集めました。(2015/2/2)

石野純也のMobile Eye(1月19日〜30日):
「ドコモ光パック」はなぜ複雑に?――各社の“光コラボ+モバイルのセット割”を読み解く
1月下旬は、NTT東西の光回線を卸販売する「光コラボレーション」を活用した通信キャリアやMVNOの発表が相次いだ。特に注目を集めているのがドコモの「ドコモ光」と「ドコモ光パック」。今回は各社の光コラボ関連の発表を振り返りたい。(2015/1/31)

「auスマートバリューで優位に戦える」――KDDI田中社長が光回線とスマホのセット割にコメント
ドコモとソフトバンクが光回線とスマホのセット割を発表した直後に決算会見を行ったKDDI。田中社長は2社の料金を「あまり深く理解できていないけど」としながらも、auスマートバリューで優位に戦えることを強調した。(2015/1/30)

MMD、ドコモ回線を利用した各MVNOの通信速度調査を実施――ダウンロード平均スピードに差
MMD研究所は、NTTドコモの回線を利用した格安SIMサービスの通信速度テストを実施。同じ回線を利用しながらダウンロード平均スピードに差が出るという結果になった。(2015/1/30)

固定も移動もワンストップで:
“家族・長期”がポイント――加藤社長が「ドコモ光パック」の狙いを説明
ドコモが3月から開始する「ドコモ光」。モバイル通信とのセット割である「ドコモ光パック」にも注目が集まる。同社の加藤社長がドコモ光パック導入の狙いを説明した。(2015/1/30)

「iPhone 6」ロードテスト 第5回:
見た目以上に便利だった! iPhone 6で“ピッ”とできる「おサイフケータイジャケット」を試した
おサイフケータイが使えないことは、iPhoneに乗り換えて不満に感じたことの1つだ。と思っていたら、ドコモからそんな不満を解消してくれそうなものが発売されたので使ってみた。(2015/1/30)

ドコモ4〜12月、営業益14.7%減 新料金プラン響くも「11月に底打ち」
ドコモの4〜12月期は「カケホーダイ&パケあえる」が利益を圧迫したが、新料金プランのマイナス影響は「11月に底を打った」という。(2015/1/29)

「安さだけでは訴求しない」――「ドコモ光」の狙い “キャッシュバック合戦”には終止符
NTT東西の光回線卸を活用した「ドコモ光」が3月1日にスタートする。「安さだけでは訴求しない」というドコモ光の戦略とは。(2015/1/29)

ドコモ、6月1日にファミリー割引グループの回線数拡大&FOMA旧料金プランへ「ずっとくりこし」導入
NTTドコモは、6月1日からFOMA旧料金プラン利用ユーザーへ「ずっとくりこし」を導入。また、同日にファミリー割引グループへ加入できる回線数の上限も拡大する。(2015/1/29)

ドコモ、光回線サービス「ドコモ光」を3月開始 スマホとのセット割も
NTT東西の光回線(FTTH)を利用した固定通信サービス「ドコモ光」が3月1日にスタートする。スマホのデータ料金と組み合わせて割り引くセット料金も用意した。(2015/1/29)

ドコモ、「ドコモ光」を3月1日スタート 携帯とセット加入で料金割引
NTTドコモは1月29日、NTT東西地域会社の光回線を利用した「ドコモ光」を3月1日から提供すると発表した。同社が光ブロードバンドサービスとインターネット接続サービス、携帯電話サービスを一括提供し、最大で月額3200円を割り引く。(2015/1/29)

ドコモの“おサイフジャケット”が「iD」に対応 本体割引キャンペーンも
1月28日から、ドコモの「おサイフケータイ ジャケット01」で電子マネーの「iD」が利用できるようになる。(2015/1/27)

フリービット、「freebit mobile」事業を分社化、新会社「フリービットモバイル」に承継
フリービットのスマートフォンキャリア事業「freebit mobile」を承継した新会社「フリービットモバイル」が誕生。NTTドコモ以外の事業者との接続も視野にいれる。(2015/1/27)

NTTドコモ、カケホーダイプランの割引キャンペーン「U25応援特割」開始
NTTドコモは25歳以下のユーザーとその家族を対象に、カケホーダイプランが割引となるキャンペーン「U25応援特割」を開始する。(2015/1/23)

NTTドコモ「Xperia Z2 Tablet SO-05F」が1月26日にVoLTE対応アップデートを実施
NTTドコモのタブレット「Xperia Z2 Tablet SO-05F」が、1月26日のアップデートでVoLTEを利用できるようになる。(2015/1/23)

石川温のスマホ業界新聞:
キャリア関係者が指摘する「格安スマホの品質」 ━━狙い目は「ドコモの日本メーカー型落ちモデル」
近年ますます盛り上がりを見せる「格安スマホ」。そのネーミングから端末の品質に不安を抱く人も多そうだが、その実態はどうなのだろうか。(2015/1/23)



普及の途上にあるウェアラブルデバイスの本命と見られるAppleのスマートウォッチ。ウェアラブルデバイスはどの製品も、明確かつ魅力的な用途を提案できていない感があるが、この製品をきっかけに市場が確立すると見る識者も多い。

Windows 10と同じく今年下半期にリリースが予定される次世代Office。Microsoftの主力製品としてWindows同様に常にユーザーの厳しい目にさらされており、その製品の出来が世界中の企業の生産性に影響するお化け製品だ。

大ヒットした艦これの要素を踏襲するように、日本刀を擬人化したブラウザゲーム。男性キャラばかりなので女性プレイヤーばかりかと思えばそうでもない。艦これの「提督」に対し、プレイヤーは「審神者(さにわ)」と呼ばれ、今やネット上では提督同様に目立っている。

All material on this site Copyright © 2005 - 2015 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.