太陽光発電 に関する記事 太陽光発電 に関する質問

「太陽光発電」最新記事一覧

質問!電力発電→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で電力発電関連の質問をチェック
「太陽光発電」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

電子ブックレット/蓄電・発電機器:
大規模太陽光発電、モジュールの異常を検知する
メガソーラーでは数千〜数万枚の太陽電池モジュールを設置する。これほど枚数が多いと、パワーコンディショナーの出力値だけではモジュールに異常が起こっているのかどうかは分からない。ストリング単位の管理が不可欠だ。管理を助ける製品を紹介する。(2014/10/29)

スマートハウス:
停電の備えは万全、発蓄電設備をコンパクトにまとめた住宅
野村不動産は2014年11月から、東京都三鷹市で戸建住宅45戸の販売を開始する。全戸に太陽光発電システムと蓄電池、HEMS、電気自動車充電用コンセントを設けたことが特徴。(2014/10/29)

蓄電・発電機器:
パワコン不要の太陽光、「交流」でつなぐ蓄電池
日本国内では全くといってよいほど導入が進んでいない太陽光発電向けのマイクロインバーター技術。欧米では同技術の優位性が評価されており、パワーコンディショナーを追い込むほど導入数が増えている。同技術に特化した米企業が、蓄電池をも取り組むシステムを開発。採用された蓄電池は日本製だった。(2014/10/28)

蓄電・発電機器:
13社85種類のパワコン対応、太陽光の遠隔監視サービス
コンテックは低圧接続の太陽光発電システムに向く、遠隔監視システムサービス「SolarView Air」を2014年10月に発売した。野立て式発電所や土地付き分譲型の発電所に向く。3G/FOMA回線の料金が含まれている他、対応するパワーコンディショナーの種類が多いことが特徴。(2014/10/27)

電力供給サービス:
太陽光の新規買取はどうなる、政府調査会の議論が明らかに
電力5社が保留する太陽光発電などの新規の電力買取。各社は政府の調査会の結論を見て、保留解除後の行動を定める。2014年10月16日に第1回が開催された調査会「系統ワーキンググループ」である。10月24日に公開された議論の内容を交えて紹介する。資源エネルギー庁は無補償で太陽光などの出力を抑制する「30日ルール」をさまざまに拡張する案を示した。(2014/10/24)

蓄電・発電機器:
パチンパチンとはめていく、太陽電池設置の手間が半分に
エクソルは2014年10月、設置工事の工期短縮に役立つ太陽光発電所向けの架台「XSOL RACK(エクソルラック)」と、同架台に適合する太陽電池モジュールを発売した。太陽電池モジュールの固定と結線を同時に行えるため、太陽電池まわりの作業量が2分の1に減ることが特徴だ。さらに架台のための基礎工事も不要にした。(2014/10/24)

蓄電・発電機器:
出力335Wの単結晶太陽電池、モジュール性能を更新
中国Trina Solarは2014年10月、単結晶シリコン太陽電池セルを用いた太陽電池モジュールにおいて、出力335.2Wを得たと発表した。同社によればモジュールの出力値としては世界記録に相当するという。(2014/10/23)

電力供給サービス:
九州電力は何を解除したのか?
九州電力は2014年10月21日、太陽光発電など再生可能エネルギーの新規買取を一部再開すると発表した。対象となるのは1万1000件、合計出力32万kWである。(2014/10/22)

自然エネルギー:
豪雪を乗り越えて完成、長野県の太陽光
シャープは2014年10月、富士見ソーラーエナジーから委託を受けて開発、建設を進めてきた「シャープ信州富士見高原太陽光発電所」(長野県富士見町落合)が運転を開始したと発表した。出力8MW、想定年間発電量は約950万kWhと大きい。(2014/10/22)

蓄電・発電機器:
ガス会社とガラス会社が太陽光発電でコラボ、軽量ガラスで耐久性アップ
福岡県の北九州市にある臨海地域で発電能力20.5MWの大規模なメガソーラーが運転を開始した。国内第4位のガス会社である西部ガスグループがガラスメーカー最大手の旭硝子と共同で建設・運営する。太陽光パネルと架台に軽量ガラスやガラス繊維を採用して耐久性を高めた点が特徴だ。(2014/10/22)

IR IRGP47xxファミリ:
耐圧650Vで高速スイッチング用途向け、IRジャパンのIGBT
インターナショナル・レクティファイアー・ジャパン(IRジャパン)の「IRGP47xx」ファミリは、耐圧が650Vと高いIGBT(絶縁ゲート型バイポーラトランジスタ)である。太陽光発電用インバータ、溶接装置、産業用モータ、電磁調理器、無停電電源装置など、高速スイッチングを行う用途に向ける。(2014/10/21)

蓄電・発電機器:
変換効率19.9%、単結晶太陽電池を発売
アブリテックジャパンは2014年11月から、単結晶シリコン太陽電池セルを用いた高効率太陽電池モジュール「6MN6A285」の販売を開始する。価格は19万4400円(税込)。(2014/10/21)

スマートハウス:
住宅でも全量買取、11kWを搭載する戸建
近鉄不動産は2014年10月、太陽光発電の売電に向く戸建住宅「太陽の住まい」の販売を近畿地方で開始した。住宅の屋根に10kW以上の太陽電池モジュールを設置し、固定価格買取制度を利用して20年間の全量買取を狙う住宅である。(2014/10/20)

塗るだけで太陽電池の発電効率アップ “魔法のペースト”帝人が開発
太陽電池の裏面に液体を塗ってレーザーで焼き付けるだけで発電効率がアップ――帝人が9月に学術発表した液体状の材料とその加工技術が、次世代の太陽電池の製造手法として注目を集めている。(2014/10/20)

蓄電・発電機器:
65kWの太陽電池で余裕を持って50kW出力、弱い光を効率よく電力に
ハンファQセルズジャパンは2014年10月、地上に設置する太陽光発電システムに必要な部材をセットにした「マックスパッケージ」の販売を開始した。出力50kW未満の低圧接続向けの製品。パワーコンディショナーの容量よりも、太陽電池モジュールの出力を高めたことが特徴だ。(2014/10/20)

蓄電・発電機器:
「電気自動車・蓄電池・太陽光」、離島で作るエネルギーの環
鹿児島県薩摩川内(さつませんだい)市と住友商事は、離島に再生可能エネルギーを普及させるための環境整備に共同で乗り出す。九州の南西に浮かぶ上甑島(かみこしきじま)に、電気自動車「リーフ」のリユース蓄電池を大量導入。太陽光発電と合わせて系統に接続する共同実証事業を始める。(2014/10/17)

電子ブックレット/蓄電・発電機器:
パワコンの今、SiC・GaN・シリコンの強みとは
パワーコンディショナーは、太陽電池が作り出した電力を家庭内や系統で利用できる形に変換する装置だ。変換効率がカギになるものの、それだけではない。新しいトランジスタ材料「SiC」や「GaN」を利用した製品が登場する中、従来の「シリコン」も健闘している。3種類の方式の代表例を紹介した。(2014/10/16)

蓄電・発電機器:
太陽電池は「効率優位」にシフト、米企業が予測
調査会社である米NPD Solarbuzzは、2014年10月、さまざまな太陽電池の方式がどのように移り変わっていくのか、製造品のシェアについて2018年までの予測を発表した。シリコンウエハーを使う製品のうち、高効率品でないものはほとんど市場に残らないという。(2014/10/16)

自然エネルギー:
三保の松原には影響なし、10MWの大規模太陽光
JFEエンジニアリングは2014年10月、自社の工場跡地を利用した大規模太陽光発電所「三保ソーラーパワー」(静岡市清水区三保)が完成したと発表した。静岡市最大の太陽光発電所であるという。(2014/10/15)

自然エネルギー:
ヤギは除草に役立つのか、鳥取で検証
SBエナジーが大規模太陽光発電所を拡大しながら、新しい試みにも着手し始めた。新しい試みとは、ヤギによる除草だ。900m2の土地にヤギ2頭を放ち、他の除草方法と比較する。(2014/10/14)

スマートハウス:
1円高く買い取る太陽光、スマートハウスの新型も
ミサワホームは2014年10月、余剰電力を販売する同社住宅の所有者に対して、1kWh当たり、東京電力などの一般電気事業者よりも1円高く電力を買い取るサービスを開始すると発表した。政府のゼロエネルギーハウス(ZEH)基準に対応した戸建住宅「SMART STYLE 『S』」も発売した。ZEH仕様を選んだ場合、5.62kWの太陽光発電システムを屋根に標準搭載する。(2014/10/10)

CEATEC 2014:
太陽光発電の損失を見つけ出す無線ストリング監視システム――太陽誘電
太陽誘電は、「CEATEC JAPAN 2014(CEATEC 2014)」において、太陽光発電システムの発電状況などを、無線方式で監視することができるPV無線ストリング監視システム「SOLMIV(ソルミーヴ」」を展示した。既存設備にも容易に取り付けが可能だ。(2014/10/9)

エネルギー管理:
家庭や企業の蓄電池をつないで電力を安定供給、2016年4月にサービス開始
太陽光発電の増加が地域の電力需給バランスに影響を与える状況になってきたが、解決策の1つが蓄電池の活用だ。NECは家庭や企業に設置されている多数の蓄電池をネットワークで制御するサービスを2016年4月に開始する予定で、先行して2015年に特定の地域で実証事業を始める。(2014/10/9)

製造業界別に考える転職活動、成功のカギ:
蓄電池業界への転職――非常用、HEMS/BEMS、電気自動車など、飛躍的な成長の可能性が魅力
震災時の非常用電源として、あるいは太陽光発電システムとの連携(HEMS/BEMS)や電気自動車への利用など、市場拡大が進んでいる蓄電池の業界。企業側にはどのような採用ニーズがあり、転職に成功するのはどんな経験・資格を持った人材なのか。同業界の転職事情に詳しいジェイ エイ シー リクルートメントの黒崎氏に尋ねた。(2014/10/6)

電力供給サービス:
揚水式の発電所が北海道で運転開始、太陽光や風力の出力変動も吸収
北海道で初めての揚水式による発電所が10月1日に営業運転を開始した。標高差が400メートルある2つの調整池のあいだで水を送り合って、水車発電機1基で20万kWの電力を供給する。さらに地域内の太陽光発電や風力発電による出力変動を吸収できるように周波数の調整機能も備えた。(2014/10/6)

自然エネルギー:
水上メガソーラーが大阪にも、ため池で320世帯分の電力
全国に20万カ所以上ある農業用のため池が、太陽光発電の有望な建設場所になってきた。大阪府で初めて、ため池の水上にメガソーラーを建設する計画が決まった。発電能力は1MWで、2015年9月に運転を開始する予定だ。売電収入は、ため池の施設管理費などに充てる。(2014/10/3)

電力供給サービス:
全国8地域で夏の最大需要が減少、太陽光発電の供給力は3倍に拡大
今年の夏は北海道と東北を除く8つの地域で最大需要が前年を下回った。特に中部・関西・九州では5%以上も減少した。西日本の気温が低めだったことに加えて、節電効果が予想を上回った。一方で太陽光による供給力が3倍に拡大して、最大需要の4%をカバーできる水準に達した。(2014/10/3)

蓄電・発電機器:
低圧からメガソーラーまで、幅広く利用できる10kWのパワコン
安川電機は容量10kWのパワーコンディショナー「Enewell-SOL 10kW」を2014年9月に発売した。出力10kWから2MWまでの太陽光発電所に向く。(2014/10/2)

自然エネルギー:
東武が千葉で太陽光、北関東で4カ所続く
東武鉄道は2014年9月、千葉市緑区で太陽光発電所の運転を開始したと発表した。年内にさらに3カ所が続く。(2014/9/30)

自然エネルギー:
太陽熱を集めて蒸気で発電、曇りの日や夜でも電力を供給できる
日本でも30年以上前に国家プロジェクトで取り組んだことのある太陽熱による発電技術に再び注目が集まっている。太陽熱で蒸気を発生させて発電する方式で、太陽光発電よりも日射量による出力の変動が小さく、熱を蓄えて曇りの日や夜間でも発電できる。2016年に横浜市で試験運転が始まる。(2014/9/30)

エネルギー列島2014年版(25)滋賀:
琵琶湖の南にメガソーラー40カ所、市民共同発電の勢いも加速
全国の自治体の中で原子力災害対策に最も力を入れているのが滋賀県である。再生可能エネルギーの導入にも取り組み、災害に強い分散型の電力供給体制を拡大中だ。平坦な土地が広がる琵琶湖の南側を中心に、地元の企業によるメガソーラーや市民共同出資の太陽光発電所が急速に広がってきた。(2014/9/30)

電子ブックレット/自然エネルギー:
アルミ架台で縦横無尽、農業用や追尾用も
太陽光発電システムには架台が必要だ。どのような工夫を凝らして、設置コストや運用管理コストを引き下げているのか、アルミニウム架台を専門に扱う茂山組に聞いた。(2014/9/29)

自然エネルギー:
日本市場が世界一? 太陽光の需要予測
太陽光発電に関する調査会社である米NPD Solarbuzzは2014年9月、アジア・太平洋地域について、太陽光発電システムの需要予測を発表した。同地域の主要5カ国が世界市場に占める比率は約60%に達するという。中国市場と日本市場の規模が大きいものの、2つの市場は性格がかなり異なるという。(2014/9/29)

蓄電・発電機器:
ヒマワリのように太陽光を集めて、電力と熱を供給する
太陽光を2000倍に集光して電力と熱の両方を供給できるシステムが2017年に全世界で発売される見通しだ。IBMの研究部門とスイスの太陽光発電システム会社が共同で開発した高集光型の太陽光発電・熱システムである。晴天の日には12kWhの電力と20kWh相当の熱を供給することができる。(2014/9/29)

自然エネルギー:
ため池に浮かぶ太陽光発電所が稼働、3400枚のパネルをポリエチレン製の架台に
兵庫県の小野市にある大きなため池の水上で、最大出力0.85MWの太陽光発電設備が動き始める。大阪ガスグループが地元の自治会と連携して設置した。太陽光パネルをポリエチレン製の架台に載せて水上に浮かべる構造だ。兵庫県内に4万カ所以上あるため池を利用した発電事業の先駆けになる。(2014/9/26)

自然エネルギー:
歩きながら発電できる太陽電池シート、5時間でiPhoneをフル充電
重さが100グラムのシート状で、巻いて持ち運べる太陽電池が10月下旬に発売される。薄くて曲げることも可能なアモルファス系のシリコン太陽電池を採用した。出力は最大4.2Wで5Vの直流電力を供給することができる。モバイルバッテリーと組み合わせて蓄電も可能だ。(2014/9/26)

電力供給サービス:
九州の再生可能エネルギーに急ブレーキ、発電設備の接続を保留する事態に
九州電力は再生可能エネルギーによる発電設備の接続申し込みを本日9月25日から数カ月間にわたって保留する。固定価格買取制度によって太陽光発電が急増した結果、電力の需給バランスが崩れる可能性が生じたためだ。とはいえ太陽光と風力以外の発電設備を保留の対象に加える必要性はない。(2014/9/25)

自然エネルギー:
イチジクの栽培でソーラーシェアリング、2メートルの木の上に太陽光パネル
大阪府の研究機関が特産品のイチジクの栽培と太陽光発電を組み合わせたソーラーシェアリングの試験を進めている。高さが2メートルになるイチジクの木の上に合計9枚の太陽光パネルを設置して、果実の生育状況や発電量を検証する。大阪府が推進するエネルギー地産地消の一環に位置づける。(2014/9/25)

スマートシティ:
早くも自給率70%、長野県が再生可能エネルギーを2013年度に倍増
再生可能エネルギーの拡大と電力使用量の削減を推進する長野県で2013年度のエネルギー自給率が69.8%に達し、前年度から3.4ポイント高くなった。太陽光発電を中心に再生可能エネルギーの導入量が2倍以上に拡大したことで、猛暑による最大電力需要の増加を大幅に上回った。(2014/9/25)

エネルギー列島2014年版(24)三重:
湾岸一帯にメガソーラーの建設ラッシュ、地域に貢献する電源が広がる
伊勢湾に面した三重県の沿岸地域でメガソーラーが続々と立ち上がる。最北端の干拓地で49MWの大規模な建設計画が進む一方、湾の南端にある伊勢市には2つのメガソーラーを備えた「光の街」が誕生した。湾岸の豊富な日射量を生かして、製油所やゴルフ場にも太陽光発電が広がっていく。(2014/9/24)

小寺信良のEnergy Future:
ヘラクレスの「戦い」を覚悟したドイツの野望と痛み、日本はどうか
原発全廃の方針や、太陽光発電・風力発電の勢いばかりが伝わってくるドイツのエネルギー事情。だが、石炭と原子力の組み合わせから幾分なりとも脱却するには20年以上の取り組みが必要だった。ドイツで熱関連の住宅設備に取り組むスティーベルエルトロン(Stiebel Eltron)、その共同オーナーであるウルリッヒ・スティーベル博士に、企業から見たドイツのエネルギー政策とドイツの実情を聞いた。(2014/9/22)

自然エネルギー:
斜面に向くアルミ架台、工期半減で施工費浮く
日本軽金属は太陽電池モジュールを傾斜地に設置する際に役立つ架台、傾斜地対応仕様「アルソルメガ」を2014年9月から販売する。15〜30度の傾斜地への設置に向く製品であり、従来品と比較して2割程度のコストダウンを実現したという。(2014/9/19)

自然エネルギー:
Googleが1億4500万ドルを出資、寂れた油井が82MWのメガソーラーに
米SunEdisonは2014年9月、建設中の大規模太陽光発電所「Regulus Solar Plant」に対し、米Googleから1億4500万米ドルの出資を受けたと発表した。面積300万m2、出力82MWの発電所が2014年内にも完成する。(2014/9/19)

自然エネルギー:
太陽光発電の導入量が2年間で5倍に、北海道電力が2015年度に想定
北海道電力は電気料金の再値上げにあたって厳しいコストダウンを求められているが、再生可能エネルギーの買取量が増えれば燃料費を減らすことができる。2015年度には再生可能エネルギーによる電力が2013年度の2倍の規模になり、特に太陽光は5倍に拡大することを見込んでいる。(2014/9/19)

世界を「数字」で回してみよう(6):
電力という不思議なインフラ(前編)〜太陽光発電だけで生きていけるか?〜
太陽光発電のみで生活する――。これが現実になれば、私たちはもう原発やら電気代やらを心配することなく、夢のような生活を送ることができるでしょう。市販のソーラーパネルの「発電出力」だけを見れば、あながち不可能ではない気もしてしまいます。ですが、太陽光発電には大きな“落とし穴”があるのです。(2014/9/18)

電子ブックレット/電力供給サービス:
太陽光の適地、大規模店舗の屋根を生かす
大規模店舗の屋根は平たんで影も少ない。太陽光発電に適しており、大きく2種類の事業形態が可能だ。店舗側が自社で発電事業を進める手法と、屋根だけを他の発電事業者に貸し付ける手法だ。自社だけで進める場合は売電収益を全て手にすることができるものの、初期投資費用や管理運営費用が掛かる。屋根を貸し付けると、「地代」だけを受け取る形となり、事業負担が少ない。ただし、長期間屋根を貸し出すことには不安もある。屋根を借りて太陽光発電事業を進める企業は、どのような工夫を凝らしているのか、2つの事例を紹介する。(2014/9/17)

自然エネルギー:
太陽光も「ロボ」の時代、空撮自在・異常検知
ALSOKは2014年10月1日から、飛行ロボット(ドローン)を用いた大規模太陽光発電所向けプレサービスを全国で開始すると発表した。撮影や点検に用いる。飛行ロボットを使わないサービスと比較してコスト抑制が可能だという。料金は1回の当たり20〜30万円。(2014/9/17)

自然エネルギー:
出資企業が倒産しても大丈夫、20年間動く太陽光
東洋ケミカル機工は茂原市の市有地を用いた太陽光発電所の運転を2014年8月に開始したと発表。特徴は「倒産隔離」手法を用いて、出資会社と発電事業者を切り離したこと。発電が続く限り、地代や固定資産税の支払いが滞ることがなく、地方自治体にとっても有利な取り組みだという。(2014/9/16)

スマートハウス:
分譲地がメガソーラーに、20年間の売電額1000万円をうたう住宅
広島建設は住むだけで収入が増える分譲住宅「ヘリオス」の販売を、千葉県印西市の分譲住宅地で開始した。1戸当たり10kW以上の太陽光発電システムを備え、全戸の出力を合わせると約0.9MWにも及ぶ。(2014/9/12)

自然エネルギー:
太陽光発電が増える福島県、固定価格買取制度の認定容量で全国1位に
固定価格買取制度の認定を受けた発電設備の規模で福島県が第1位になった。5月末時点の認定容量が439万kWに達して鹿児島県を上回った。特に太陽光発電が5月に12万5000kWも増加したことが大きい。ただし実際に運転を開始した設備の規模では九州の福岡県がトップを走っている。(2014/9/10)



Windows 9と噂されていた次世代Windowsの名称は、1つ飛ばしてWindows 10に決まった。発売は2015年後半を予定。タッチU/Iの取り込みに苦労しているWindowsだが、高速起動など基本的な面での改善もバージョンを経るごとに進んでおり、文字通り世界レベルでの影響を持つリリースになる。

音楽CDを超える音質を持つデジタルオーディオデータ、略して「ハイレゾ」。その再生に対応した機器が増加しており、対応したスマホの増加などを機に、今後更なる注目の高まりも期待される。

ソフトバンクモバイル初のXperiaシリーズとして発売が決まり、3キャリアが揃って取り扱う人気機種となった。モバイル事業で減損が発生するなど不調が伝えられるソニーであるが、グローバルスマホ市場での生き残りに向けて、これからが正念場だろう。

All material on this site Copyright © 2005 - 2013 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.