太陽光発電 に関する記事 太陽光発電 に関する質問

「太陽光発電」最新記事一覧

質問!電力発電→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で電力発電関連の質問をチェック
「太陽光発電」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

エネルギー管理:
電流センサーとパワコンが発電量を監視、メガソーラーの出力制御も遠隔から
太陽光発電の稼働状況を遠隔から監視するサービスが増えてきた。インターネットを使ってエネルギー管理事業を展開するGMOクラウドは電流センサーとパワーコンディショナーを組み合わせた遠隔監視サービスを開始した。通信機能を生かして太陽光発電の出力を制御することもできる。(2015/5/21)

自然エネルギー:
土地がないなら水上へ、メリットも多い水上設置型の太陽光発電
日本国内の太陽光発電の事業適地は減少傾向にある。そこで注目されているのがため池やダムといった水上の未利用地だ。三井住友建設は新たな水上設置型の太陽光発電フロートシステムを開発した。電力インフラが整備されていない海外地域での電源としての利用も見込んでおり、太陽光発電の普及を促進していく。(2015/5/21)

太陽光:
「狭い屋根でたくさん発電」が好調、パナソニックが太陽電池を増産へ
パナソニックは2015年5月18日、太陽電池事業についての説明会を開催。以前から推進する「国内・屋根置き・創畜連携」などを重視する方針の下、国内市場での販売が好調を続けており、新たに島根県および滋賀県で生産する太陽電池モジュールを増産することを発表した。(2015/5/19)

自然エネルギー:
公立大学で最大規模の「屋根貸し」太陽光発電、災害時には非常用電力に
愛知県立大学「長久手キャンパス」の屋根を活用した太陽光発電事業がスタートする。同大学が発電事業者に屋根を貸し出して、20年間にわたって発電を行う。推定発電量は年間42万2400kWh(キロワットアワー)を見込んでおり、災害時には発電した電力を学生の安全や大学の機能維持に活用していく。(2015/5/19)

スマートハウス:
蓄電池の容量を空けて太陽光を待つ、電力会社の出力制御にも対応できる住宅
住宅用を含めて太陽光発電の出力を電力会社が制御できるようにルールが変わった。発電した電力が昼間に余っても電力会社に供給できない事態が想定される。積水ハウスは太陽光発電と蓄電池を連携するシステムをスマートハウスに採用して、余剰電力を自動的に充電できるようにした。(2015/5/18)

自然エネルギー:
ヤクを守る太陽光発電、アップルが中国での再生可能エネルギ―利用率を拡大
米アップル(Apple)は中国における新たな環境問題への取り組みを発表した。再生可能エネルギーの利用拡大と森林保護プログラムへの取り組みを強化する。(2015/5/15)

省エネ機器:
「環境発電」で電池の交換が不要、温度や照度を無線で送るセンサー
身の回りにある微小なエネルギーで電力を作る「環境発電」を取り入れた小型のセンサーを国内メーカー3社が共同で開発した。室内の光で発電できる太陽電池と厚さ4ミリのリチウムイオン電池を内蔵する。オフィスや家庭で温度・湿度・照度を測定して無線でデータを送ることが可能だ。(2015/5/15)

法制度・規制:
太陽光の買取価格を高く適用できる、認定申請は5月29日までに
固定価格買取制度が4年目に入る2015年度は太陽光発電の買取価格を決めるルールが変わった。非住宅用の買取価格は7月認定分から2円引き下げられる。6月中に高い買取価格で認定を受けるためには、遅くとも5月29日までに申請書を提出する必要があることを資源エネルギー庁が公表した。(2015/5/14)

自然エネルギー:
ニューヨークの屋台で太陽光発電、天然ガスとハイブリッドでCO2を60%削減
米国ニューヨーク市の名物である屋台が環境志向の店舗に進化していく。屋台の屋根に太陽光パネルを搭載して、天然ガスと組み合わせたハイブリッド発電システムで調理や冷蔵が可能になる。最新鋭の屋台500台を無償で提供する先行プログラムが5月11日に始まった。(2015/5/13)

エネルギー列島2015年版(4)宮城:
太陽光で電力自給率100%に、被災地が最先端のスマートタウンへ進化
宮城県で太陽光発電が急増中だ。固定価格買取制度による認定設備の発電規模は1年間で4倍以上に拡大して全国で第4位になった。沿岸部を中心に災害に強いスマートタウンの建設計画が広がり、新設した津波避難タワーの屋上にも太陽光パネルを備えて電力を自給自足する体制が整いつつある。(2015/5/12)

センシング技術:
リコーの色素増感太陽電池とマクセルのラミネート電池を採用した環境発電センサー端末
アルティマは2015年5月11日、リコー、日立マクセルと共同で、電池交換の必要のない温湿度や照度などを情報を取得するワイヤレスセンサーネットワーク端末を開発したと発表した。(2015/5/11)

電力の“量り売り”:
タンザニアに電力の「キオスク」 独自の電力制御で世界に挑むベンチャー企業「デジタルグリッド」
安定供給の難しさが課題の太陽光発電だが、東大発のベンチャー企業が電力の“量り売り”というユニークな事業を展開。余剰電力を必要なところへ自在に融通する需給調整の仕組みを構築し、電力システムの進化を目指す。(2015/5/11)

エネルギー管理:
九州電力がスマートグリッドの実証を延長、軽負荷期の需給対策も検討へ
九州電力は佐賀県と鹿児島県で実施中のスマートグリッド実証試験の期間を2017年3月まで延長する。太陽光発電と蓄電池を組み合わせた電力の利用方法を検証し、最適な電力需給体制の構築を目指す。さらに試験結果を活用して軽負荷期の需給対策も検討していく。(2015/5/11)

法制度・規制:
太陽光発電で急成長したサニックス、業績不振で600人の希望退職者を募集
2012年度から太陽光発電の事業を急拡大してきた環境衛生サービスのサニックスが600人にのぼる希望退職者の募集を開始する事態に陥った。太陽光発電の新規導入が難しくなった九州を中心に西日本の人員削減と店舗の統廃合に踏み切る。市場規模が大きい東日本で巻き返しを図る方針だ。(2015/5/11)

電力供給サービス:
火力のリプレースで太陽光発電設備を移設、「メガソーラーかわごえ」へ
中部電力は愛知県武豊町の武豊火力発電所5号機の開発に合わせて、同発電所内にある「メガソーラーたけとよ」の発電設備を、三重県川越町の川越火力発電所構内へ移設することを決めた。(2015/5/8)

Tesla Motors、家庭用大型バッテリー「Powerwall」を発売へ 3000ドルから
電気自動車のTesla Motorsが、化石燃料依存0%を目指す「Tesla Energy」構想の下、太陽光発電システムや電力供給網と接続して使える家庭用大型バッテリー「Powerwall」とさらに大型の企業向けバッテリーを発表した。Powerwallは今夏発売予定で、価格は3000ドルから。(2015/5/2)

自然エネルギー:
2016年度に次世代燃料電池を市場投入、京セラが事業方針を発表
京セラは2015年3月期(2014年度)の連結決算概要の説明会を開催。その中で太陽光発電事業の方針についても説明し、住宅向け市場の拡大や水上設置型メガソーラー、次世代燃料電池の開発に注力し、事業を拡大していく方針を示した。(2015/4/30)

電力供給:
Jリーグチームが新電力に参入、再生エネ導入と地域経済活性化へ
茨城県水戸市に新たな電力会社「水戸電力」が設立された。オール電化事業や太陽光発電事業を手掛けるスマートテックと、サッカーJ2リーグの水戸ホーリーホックの共同出資によるもので、水戸市を中心に再生可能エネルギーの導入や地域経済の活性化を促進していく。(2015/4/28)

PR:再生可能エネルギーを加速するLooopの事業、設備認定案件を実現に向けて先導
太陽光発電所を立ち上げるには、さまざまな壁がある。設備認定を受けながら、壁にぶつかって実現に至らない案件に対して、「ワンストップ」のサービスを提供する企業が現れた。Looopは顧客の融資サポートから、法令順守の確認・対応、地域住民への説明に至るまで、事業環境整備に役立つサービスを開始する。発電事業の手助けする他、権利の譲渡も受ける。(2015/4/27)

エネルギー管理:
「仮想メガソーラー」を支援するクラウド型の太陽光発電所管理サービス
富士通は、遠隔地に分散する小規模太陽光発電を一元で管理できるクラウドサービスの販売を開始した。同サービスは、レオパレス21と進めてきた実証実験の成果を生かしたものだという。(2015/4/22)

電気自動車:
太陽光で走る小型EVが古都を巡る、CO2フリーで観光産業活性化へ
ソフトバンクモバイルと明日香村地域振興公社は、奈良県飛鳥地方で超小型EVのレンタルサービスを開始した。充電には県内で太陽光発電により発電された電力を使用しており、CO2フリーなサービスで地域の観光産業の活性化を狙う。(2015/4/22)

スマートシティ:
復興住宅地区に太陽光発電と蓄電池、灯りが消えない街を目指す石巻市で
東日本大震災で最大の被害を受けた宮城県の石巻市がスマートコミュニティの構築計画を着々と進めている。4つの地区を対象に太陽光発電と蓄電池を設置しながら、最先端のエネルギー管理システムで連携させる試みだ。4地区のうち復興住宅地区では、東北電力が太陽光発電所の建設を開始した。(2015/4/22)

蓄電・発電機器:
電力自由化で電気料金が「上がる」、そのとき役立つ太陽光
シャープは2015年4月、住宅用太陽電池モジュール「BLACKSOLAR」の新製品「NQ-220AE」など4モデルを発表した。同社のパワーコンディショナーと組み合わせることで、複雑な屋根形状であっても高い出力を得ることができるという。(2015/4/21)

自然エネルギー:
コンテナ輸送が可能な「地産地消」型水素エネルギー供給システム、川崎市で始動
東芝と神奈川県の川崎市は、自立型の水素エネルギー供給システムの実証実験を始動させた。太陽光発電による電力で水素を作り、その水素で電力と温水を供給する仕組みで、環境負荷の少ない新たなエネルギーシステムの実現に役立てていく。(2015/4/21)

自然エネルギー:
ヒツジとヤギの除草効果、太陽光発電に生かす
鳥取県の米子市で運転中のメガソーラーの一角で、ヒツジとヤギによる除草試験が始まる。発電設備に隣接する900平方メートルの草地を、7カ月間にわたって合計4頭で除草する試みだ。草刈り機や除草剤を使わない環境に優しい方法を現地の維持管理に生かしながら地域住民との交流も図る。(2015/4/17)

スマートシティ:
太陽光発電で全国トップは大分市、追い上げる浜松市と北九州市
2014年12月末の時点で再生可能エネルギーの導入量が最も大きいのは大分市だ。固定価格買取制度の認定を受けて運転を開始した発電設備が太陽光を中心に16万kWを超えた。次いで第2位は静岡県の浜松市、第3位は福岡県の北九州市で、いずれも太陽光の導入量を大きく伸ばしている。(2015/4/16)

自然エネルギー:
岩手県南西部の工業団地にメガソーラー、約10億円を投じて出力3MW
清水建設が岩手県南西部に位置する北上市に建設した出力3MWのメガソーラープラント「北上太陽光発電所」が発電を開始した。発電した電力は今後20年間にわたり全て東北電力に36円/kWhで売電する計画だ。(2015/4/15)

自然エネルギー:
鹿の放牧地で発電と農業を同時に実現、群馬で出力1.1MWのソーラーシェア
群馬県沼田市で農作物と太陽電池が光を分けて利用する「ソーラーシェアリング」の実現に向けたプロジェクトがスタートした。国際ランド&ディベロップメントが、約4ヘクタールの鹿の放牧地として利用されていた土地に「沼田市利根町太陽光発電所」を建設する。(2015/4/14)

省エネ機器:
全員参加の工場省エネを実現する、エネルギー「見せる化」ソフト
パナソニックとパナソニック デバイスSUNXは、工場などのエネルギー使用状況や太陽光発電などの再生可能エネルギーの発電状況など、エネルギー消費の変化をリアルタイムで“見せる”エネルギー見せる化ソフトを発売した。(2015/4/10)

自然エネルギー:
石油大手JXのメガソーラーが相次いで稼働、沖縄県最大級12MWの大規模施設も
JX日鉱日石エネルギーがJXグループの遊休地を活用して展開するメガソーラー発電所がこのほど相次いで送電を開始した。JXグループでは、電気事業に関して電力システム改革に対応した事業拡大を経営目標に掲げており、自社グループの遊休地におけるメガソーラー建設を加速させている。(2015/4/10)

自然エネルギー:
人口1万人の町にバイオマスと太陽光、発電事業者から基金を集める
縮小を続ける農林業を活性化させるために、岩手県の軽米町が再生可能エネルギーの拡大に乗り出した。発電事業は民間企業に任せて、売電収入の一部を町に還元する仕組みを導入する。町内の6つの区域を開発対象に選び、バイオマスと太陽光発電を促進して収入の増加を図る。(2015/4/9)

自然エネルギー:
導入が加速する太陽電池、日本では2030年に100GWまで拡大
太陽光発電協会が、太陽電池の導入に関する現状と今後の導入見込みなどを発表した。日本における累計導入量は2014年9月までに18.6GWに増加し、世界第4位に。将来的な導入量は2020年に66GW、2030年には100GWに届くと試算した。(2015/4/9)

日本「宇宙太陽光発電」の勝算 NASAも撤退、試される技術立国の実力
宇宙空間で太陽光から作り出した電力を地球に送り込む「宇宙太陽光発電システム」設置計画が、宇宙基本計画に引き続き盛り込まれた。、一部の専門家から「ばかげた計画」とやゆされるこの計画。日の目を見る日は実際に訪れるのだろうか。(2015/4/3)

蓄電・発電機器:
定格出力34kWのパワーコンディショナー、低価格で分散設置向けに
太陽光発電システムを手掛けるLooopは2015年4月から、パワーコンディショナー「LP-P34KSG」を発売する。定格出力は34kW(キロワット)で、低価格であることが特徴だ。(2015/4/3)

自然エネルギー:
太陽光の発電量を予測する新サービス、気象衛星のデータで6時間先まで
日本気象協会は気象衛星「ひまわり」の画像をもとに、日射量や太陽光発電量を独自の手法で予測するサービスを開始した。30分ごとに6時間先までの予測データを発電事業者などに提供する。全国各地を1キロメートル単位でカバーして、発電量の予測が難しい太陽光発電の導入を促進する狙いだ。(2015/4/2)

蓄電・発電機器:
大容量蓄電池の「最適解」が分かった、太陽光に役立つ
御船ホールディングスと韓国Samsung SDI、エジソンパワーは、2015年3月、鹿児島県の徳之島に出力2MWの「御船徳之島太陽光発電所」が完成したと発表した。2MWの大型蓄電池を併設したことが特徴。発電所運営の収益を損なわず、系統に与える影響を抑えるよう、蓄電池の量を最適値にできたという。(2015/3/31)

自然エネルギー:
地下鉄の駅上に展開するメガソーラー、連続する8駅で1.1MWが稼働
都心を走る東京メトロが2012年から導入を進めてきた「東西線ソーラー発電所」が完成した。地下鉄の路線のうち地上にある8つの駅の屋根に太陽光パネルを設置して、メガソーラー並みの発電能力を発揮する。発電した電力は駅の構内で利用するほか、余剰分は隣接する駅にも融通できる。(2015/3/31)

蓄電・発電機器:
太陽光発電の導入場所は増やせる、薄膜タイプの太陽電池を急斜面にも
太陽光発電を中心に再生可能エネルギーの導入を積極的に推進する神奈川県が新たなプロジェクトを開始した。薄くて軽い薄膜タイプの太陽電池を使って、これまでパネルを設置しにくかった場所でも導入できることを示す狙いだ。鉄道沿線の急斜面など4カ所で有効性を実証する。(2015/3/31)

蓄電・発電機器:
パワーコンディショナーを20年守る、一括サービスが登場
オムロン ソーシャルソリューションズとオムロン フィールドエンジニアリングは、2015年3月26日、大容量産業用パワーコンディショナー向けに「20年保守サービス」の提供を開始した。太陽光発電所の停止時間を短縮するために、駆け付け修理も行う。(2015/3/27)

スマートアグリ:
営農型の太陽光発電を広げる新工法、水田に並べたパネルが上下に移動
農業と太陽光発電を同時に実施するソーラーシェアリングが全国に広がってきた。佐賀県では水田の上部に太陽光パネルを並べる新しい施工方法の実証が始まる。架台の位置は最高3メートルで、上下に移動することが可能だ。稲作時や休耕期に高さを変えながら、収穫量と発電量の最適化を図る。(2015/3/26)

電力供給サービス:
人口4万人の地方都市が電力小売を開始、2018年に売上14億円を目指す
自治体によるエネルギーサービスの拡充に取り組む福岡県みやま市が、新電力を設立して小売事業に参入する。全面自由化後は家庭向けに注力して、2018年に6000件の顧客を獲得する計画だ。市内で作る太陽光発電の電力を販売しながら、市民向けのサービスを充実させて電力会社に対抗する。(2015/3/26)

アスク、ソーラーパネル搭載のBluetoothスピーカー「Rock Out 2 Solar Speaker」
アスクが3月25日、米Goal Zero製のソーラーパネルを備え、Bluetoothに対応したポータブルスピーカー「Rock Out 2 Solar Speaker」を発表した。(2015/3/25)

自然エネルギー:
千葉県に30MW級の太陽光発電所、山地でも成り立つ
日揮は2015年3月、千葉県に出力31.211MWの大規模太陽光発電所「鴨川みらいソーラー太陽光発電所」を立ち上げたと発表した。想定年間発電量は一般家庭約9000戸分の年間消費電力量に相当し、千葉県内で2番目に大きなメガソーラーである。(2015/3/25)

組み込み開発ニュース:
まるで“ばんそうこう”、電池不要の薄型ビーコン
富士通研究所が電池交換が不要で曲げ伸ばし可能な薄型ビーコンを開発した。太陽電池を搭載したシリコンベースの試作品は厚さ2.5mm、3グラムで、ばんそうこうのように人体への装着も可能だ。(2015/3/25)

エネルギー管理:
デマンドレスポンスに15分で対応、蓄電池と太陽電池とコージェネを自動制御
住友電気工業は横浜市内の製造拠点に設置した蓄電池、太陽電池、ガスコージェネレーションを組み合わせたシステムを使って、デマンドレスポンスの実証プログラムに取り組んだ。アグリゲータからの指令を受けて、要求どおりの電力量を1時間にわたって自動的に削減することができた。(2015/3/25)

スマートシティ:
戸建住宅で一括受電と電力融通、豊田市のスマートタウン
最先端のエネルギー技術を駆使したスマートタウンが愛知県の豊田市に2016年内に誕生する。21棟の戸建住宅と2棟の集合住宅、タウン内の調整池にも太陽光発電システムとリチウムイオン蓄電池を設置する計画だ。戸建住宅のうち3棟には、新電力による一括受電と電力融通の仕組みを導入する。(2015/3/23)

蓄電・発電機器:
太陽光発電の壮大な実験場、南アルプスのふもとで52種類の製品を比較
山梨県の北杜市で太陽光発電の大規模な実証プロジェクトが進んでいる。日照時間の長い地域に52種類の太陽電池を集めて、架台や施工方法を変えながら発電性能や設置コストを比較する試みだ。道路に面した40度の傾斜地ではロボットを使った工法やシート型の太陽電池の有効性も検証する。(2015/3/23)

スマートハウス:
発電・蓄電だけではないゼロエネ住宅、換気や家電制御も
パナホームは2015年4月から、光熱費が負担にならない独自の住宅仕様「ゼロエコ」を適用した戸建住宅を販売する。発電・蓄電と断熱・換気、家電制御の3つの要素を備える。平均的な能力の太陽光発電システムを導入するだけで、ゼロエネルギー化できるよう家全体の仕様を組み合わせた形だ。(2015/3/20)

法制度・規制:
電力1kWhあたり1.58円、再生可能エネルギーの賦課金が2倍強に
固定価格買取制度における2015年度の買取価格と賦課金が決まった。電気料金に上乗せする賦課金の単価は1.58円で、2014年度と比べて2倍強に上昇する。標準的な家庭では月額474円の負担になる。ただし太陽光発電の買取価格が低下するのに伴って、賦課金の増加ペースは弱まる見込みだ。(2015/3/20)

法制度・規制:
九州の太陽光発電の接続可能量、玄海1号機の運転終了で60万kW増える
運転開始から40年目を迎える玄海原子力発電所1号機の運転終了が決まった。発電能力は55.9万kWある。九州電力は原子力をフル稼働させる前提で再生可能エネルギーの接続可能量を算定してきた。玄海1号機の終了に伴って、太陽光発電の接続可能量は60万kWも増える見込みだ。(2015/3/18)



普及の途上にあるウェアラブルデバイスの本命と見られるAppleのスマートウォッチ。ウェアラブルデバイスはどの製品も、明確かつ魅力的な用途を提案できていない感があるが、この製品をきっかけに市場が確立すると見る識者も多い。

Windows 10と同じく今年下半期にリリースが予定される次世代Office。Microsoftの主力製品としてWindows同様に常にユーザーの厳しい目にさらされており、その製品の出来が世界中の企業の生産性に影響するお化け製品だ。

大ヒットした艦これの要素を踏襲するように、日本刀を擬人化したブラウザゲーム。男性キャラばかりなので女性プレイヤーばかりかと思えばそうでもない。艦これの「提督」に対し、プレイヤーは「審神者(さにわ)」と呼ばれ、今やネット上では提督同様に目立っている。

All material on this site Copyright © 2005 - 2015 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.