太陽光発電 に関する記事 太陽光発電 に関する質問

「太陽光発電」最新記事一覧

質問!電力発電→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で電力発電関連の質問をチェック
「太陽光発電」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

自然エネルギー:
東武が千葉で太陽光、北関東で4カ所続く
東武鉄道は2014年9月、千葉市緑区で太陽光発電所の運転を開始したと発表した。年内にさらに3カ所が続く。(2014/9/30)

自然エネルギー:
太陽熱を集めて蒸気で発電、曇りの日や夜でも電力を供給できる
日本でも30年以上前に国家プロジェクトで取り組んだことのある太陽熱による発電技術に再び注目が集まっている。太陽熱で蒸気を発生させて発電する方式で、太陽光発電よりも日射量による出力の変動が小さく、熱を蓄えて曇りの日や夜間でも発電できる。2016年に横浜市で試験運転が始まる。(2014/9/30)

エネルギー列島2014年版(25)滋賀:
琵琶湖の南にメガソーラー40カ所、市民共同発電の勢いも加速
全国の自治体の中で原子力災害対策に最も力を入れているのが滋賀県である。再生可能エネルギーの導入にも取り組み、災害に強い分散型の電力供給体制を拡大中だ。平坦な土地が広がる琵琶湖の南側を中心に、地元の企業によるメガソーラーや市民共同出資の太陽光発電所が急速に広がってきた。(2014/9/30)

電子ブックレット/自然エネルギー:
アルミ架台で縦横無尽、農業用や追尾用も
太陽光発電システムには架台が必要だ。どのような工夫を凝らして、設置コストや運用管理コストを引き下げているのか、アルミニウム架台を専門に扱う茂山組に聞いた。(2014/9/29)

自然エネルギー:
日本市場が世界一? 太陽光の需要予測
太陽光発電に関する調査会社である米NPD Solarbuzzは2014年9月、アジア・太平洋地域について、太陽光発電システムの需要予測を発表した。同地域の主要5カ国が世界市場に占める比率は約60%に達するという。中国市場と日本市場の規模が大きいものの、2つの市場は性格がかなり異なるという。(2014/9/29)

蓄電・発電機器:
ヒマワリのように太陽光を集めて、電力と熱を供給する
太陽光を2000倍に集光して電力と熱の両方を供給できるシステムが2017年に全世界で発売される見通しだ。IBMの研究部門とスイスの太陽光発電システム会社が共同で開発した高集光型の太陽光発電・熱システムである。晴天の日には12kWhの電力と20kWh相当の熱を供給することができる。(2014/9/29)

自然エネルギー:
ため池に浮かぶ太陽光発電所が稼働、3400枚のパネルをポリエチレン製の架台に
兵庫県の小野市にある大きなため池の水上で、最大出力0.85MWの太陽光発電設備が動き始める。大阪ガスグループが地元の自治会と連携して設置した。太陽光パネルをポリエチレン製の架台に載せて水上に浮かべる構造だ。兵庫県内に4万カ所以上あるため池を利用した発電事業の先駆けになる。(2014/9/26)

自然エネルギー:
歩きながら発電できる太陽電池シート、5時間でiPhoneをフル充電
重さが100グラムのシート状で、巻いて持ち運べる太陽電池が10月下旬に発売される。薄くて曲げることも可能なアモルファス系のシリコン太陽電池を採用した。出力は最大4.2Wで5Vの直流電力を供給することができる。モバイルバッテリーと組み合わせて蓄電も可能だ。(2014/9/26)

電力供給サービス:
九州の再生可能エネルギーに急ブレーキ、発電設備の接続を保留する事態に
九州電力は再生可能エネルギーによる発電設備の接続申し込みを本日9月25日から数カ月間にわたって保留する。固定価格買取制度によって太陽光発電が急増した結果、電力の需給バランスが崩れる可能性が生じたためだ。とはいえ太陽光と風力以外の発電設備を保留の対象に加える必要性はない。(2014/9/25)

自然エネルギー:
イチジクの栽培でソーラーシェアリング、2メートルの木の上に太陽光パネル
大阪府の研究機関が特産品のイチジクの栽培と太陽光発電を組み合わせたソーラーシェアリングの試験を進めている。高さが2メートルになるイチジクの木の上に合計9枚の太陽光パネルを設置して、果実の生育状況や発電量を検証する。大阪府が推進するエネルギー地産地消の一環に位置づける。(2014/9/25)

スマートシティ:
早くも自給率70%、長野県が再生可能エネルギーを2013年度に倍増
再生可能エネルギーの拡大と電力使用量の削減を推進する長野県で2013年度のエネルギー自給率が69.8%に達し、前年度から3.4ポイント高くなった。太陽光発電を中心に再生可能エネルギーの導入量が2倍以上に拡大したことで、猛暑による最大電力需要の増加を大幅に上回った。(2014/9/25)

エネルギー列島2014年版(24)三重:
湾岸一帯にメガソーラーの建設ラッシュ、地域に貢献する電源が広がる
伊勢湾に面した三重県の沿岸地域でメガソーラーが続々と立ち上がる。最北端の干拓地で49MWの大規模な建設計画が進む一方、湾の南端にある伊勢市には2つのメガソーラーを備えた「光の街」が誕生した。湾岸の豊富な日射量を生かして、製油所やゴルフ場にも太陽光発電が広がっていく。(2014/9/24)

小寺信良のEnergy Future:
ヘラクレスの「戦い」を覚悟したドイツの野望と痛み、日本はどうか
原発全廃の方針や、太陽光発電・風力発電の勢いばかりが伝わってくるドイツのエネルギー事情。だが、石炭と原子力の組み合わせから幾分なりとも脱却するには20年以上の取り組みが必要だった。ドイツで熱関連の住宅設備に取り組むスティーベルエルトロン(Stiebel Eltron)、その共同オーナーであるウルリッヒ・スティーベル博士に、企業から見たドイツのエネルギー政策とドイツの実情を聞いた。(2014/9/22)

自然エネルギー:
斜面に向くアルミ架台、工期半減で施工費浮く
日本軽金属は太陽電池モジュールを傾斜地に設置する際に役立つ架台、傾斜地対応仕様「アルソルメガ」を2014年9月から販売する。15〜30度の傾斜地への設置に向く製品であり、従来品と比較して2割程度のコストダウンを実現したという。(2014/9/19)

自然エネルギー:
Googleが1億4500万ドルを出資、寂れた油井が82MWのメガソーラーに
米SunEdisonは2014年9月、建設中の大規模太陽光発電所「Regulus Solar Plant」に対し、米Googleから1億4500万米ドルの出資を受けたと発表した。面積300万m2、出力82MWの発電所が2014年内にも完成する。(2014/9/19)

自然エネルギー:
太陽光発電の導入量が2年間で5倍に、北海道電力が2015年度に想定
北海道電力は電気料金の再値上げにあたって厳しいコストダウンを求められているが、再生可能エネルギーの買取量が増えれば燃料費を減らすことができる。2015年度には再生可能エネルギーによる電力が2013年度の2倍の規模になり、特に太陽光は5倍に拡大することを見込んでいる。(2014/9/19)

世界を「数字」で回してみよう(6):
電力という不思議なインフラ(前編)〜太陽光発電だけで生きていけるか?〜
太陽光発電のみで生活する――。これが現実になれば、私たちはもう原発やら電気代やらを心配することなく、夢のような生活を送ることができるでしょう。市販のソーラーパネルの「発電出力」だけを見れば、あながち不可能ではない気もしてしまいます。ですが、太陽光発電には大きな“落とし穴”があるのです。(2014/9/18)

電子ブックレット/電力供給サービス:
太陽光の適地、大規模店舗の屋根を生かす
大規模店舗の屋根は平たんで影も少ない。太陽光発電に適しており、大きく2種類の事業形態が可能だ。店舗側が自社で発電事業を進める手法と、屋根だけを他の発電事業者に貸し付ける手法だ。自社だけで進める場合は売電収益を全て手にすることができるものの、初期投資費用や管理運営費用が掛かる。屋根を貸し付けると、「地代」だけを受け取る形となり、事業負担が少ない。ただし、長期間屋根を貸し出すことには不安もある。屋根を借りて太陽光発電事業を進める企業は、どのような工夫を凝らしているのか、2つの事例を紹介する。(2014/9/17)

自然エネルギー:
太陽光も「ロボ」の時代、空撮自在・異常検知
ALSOKは2014年10月1日から、飛行ロボット(ドローン)を用いた大規模太陽光発電所向けプレサービスを全国で開始すると発表した。撮影や点検に用いる。飛行ロボットを使わないサービスと比較してコスト抑制が可能だという。料金は1回の当たり20〜30万円。(2014/9/17)

自然エネルギー:
出資企業が倒産しても大丈夫、20年間動く太陽光
東洋ケミカル機工は茂原市の市有地を用いた太陽光発電所の運転を2014年8月に開始したと発表。特徴は「倒産隔離」手法を用いて、出資会社と発電事業者を切り離したこと。発電が続く限り、地代や固定資産税の支払いが滞ることがなく、地方自治体にとっても有利な取り組みだという。(2014/9/16)

スマートハウス:
分譲地がメガソーラーに、20年間の売電額1000万円をうたう住宅
広島建設は住むだけで収入が増える分譲住宅「ヘリオス」の販売を、千葉県印西市の分譲住宅地で開始した。1戸当たり10kW以上の太陽光発電システムを備え、全戸の出力を合わせると約0.9MWにも及ぶ。(2014/9/12)

自然エネルギー:
太陽光発電が増える福島県、固定価格買取制度の認定容量で全国1位に
固定価格買取制度の認定を受けた発電設備の規模で福島県が第1位になった。5月末時点の認定容量が439万kWに達して鹿児島県を上回った。特に太陽光発電が5月に12万5000kWも増加したことが大きい。ただし実際に運転を開始した設備の規模では九州の福岡県がトップを走っている。(2014/9/10)

「シチズン×BEAMS」、光発電エコ・ドライブ搭載のコラボウオッチ
シチズン×BEAMSコラボウオッチの2014年版が登場。電池交換不要の光発電エコ・ドライブで機能性を高めつつ、肉厚の本革バンドでミリタリーテイストを演出。クロノグラフ仕様のモデルも用意する。(2014/9/9)

自然エネルギー:
草は生えない水は通す、太陽光向け防草シート
大建工業は2014年9月から雑草の成長を抑える防草シート「グラスバスター」の販売を開始した。遮光率が99.9%と高く、透水性があるため、太陽光発電所に向く。1m角の価格は600〜700円。(2014/9/9)

法制度・規制:
固定価格買取制度の認定が5月に急減、太陽光はわずか28万kW
2014年度に入って買取価格が引き下げられたことを受けて、太陽光発電の認定が大幅に減少している。資源エネルギー庁がまとめた最新のデータによると、5月に認定を受けた太陽光発電設備の容量は合計28万kWにとどまり、4月と比べて約10分の1の規模に落ち込んだ。(2014/9/9)

エネルギー列島2014年版(22)静岡:
「ふじのくに」を潤す農業用水、米と野菜と電力も作る
太平洋沿岸地域の日射量が豊富な静岡県では太陽光発電が拡大するのと並行して、広い平野を流れる農業用水路を利用した小水力発電の取り組みが活発になってきた。用水路に設けた「落差工」の水流を生かした発電方法で、農作物の栽培に影響を与えずに電力を作り出す。(2014/9/9)

自然エネルギー:
蜂の巣が軽さの秘密「太陽電池」、重量半分147W
太陽工業は岐阜プラスチック工業と共同で、屋根への負担が少ない軽量な太陽電池モジュール「T-Light Solar」を開発した。2014年内に発売する。太陽電池モジュールと架台を合わせた重量を、通常の製品と比較して57%に抑えられるという。(2014/9/8)

自然エネルギー:
再生可能エネルギーの拡大に1500億円、経済産業省が概算要求で
経済産業省は2015年度の概算要求の中で、先進的な発電技術や国内の資源開発を促進する予算として3000億円以上を盛り込んだ。そのうち1500億円以上を再生可能エネルギーの拡大に割り当てる。前年度から継続する洋上風力や地熱資源の開発に加えて太陽光発電のコスト低減にも取り組む。(2014/9/8)

自然エネルギー:
これぞ破竹の中国企業、太陽光の世界市場を独占か
調査会社である米NPD Solarbuzzは、全世界の太陽電池モジュールの出荷量に関する調査結果を発表した。2014年第1四半期(1月〜3月)に世界シェア1位だったシャープが、同第2四半期では半減。中国企業は着実に伸びており、世界の上位20社を独占する勢いがあるという。(2014/9/5)

自然エネルギー:
総事業費100億円を超えるメガソーラー計画、岩手と茨城で動き出す
スイスの太陽光発電事業者エトリオンが日本で計画中の2つのプロジェクトで資金調達が確定した。岩手県と茨城県に建設する合計34MWのメガソーラーの総事業費は105億円を見込み、8割をプロジェクトファイナンスで調達する。9月から10月にかけて建設を開始する予定だ。(2014/9/4)

自然エネルギー:
太陽電池の出荷が7割に落ち込む、原因は2つ
太陽光発電協会(JPEA)は2014年9月、国内の太陽電池モジュールの総出荷量などを発表した。2014年4月〜6月は数量が落ち込み、前四半期の72%にとどまった。発表値から読み取ることができる直接の要因は国内生産の減少と、工場や公共機関などへの導入量減。いずれも例年の季節要因を上回る落ち込みであり、消費税増税などの影響が考えられる。(2014/9/3)

自然エネルギー:
昼は発電 夜は星、空港跡地で国内初の太陽光
オリックスと九電工は2014年9月、空港跡地を利用した国内初の太陽光発電所「枕崎市枕崎空港跡地第一発電所・第二発電所」の運転を開始した。滑走路上に太陽電池モジュールを配置し、出力8.2MWを得る。両社は地域貢献策を3つ挙げており、そのうち1つが天文観測所である。(2014/9/3)

自然エネルギー:
個人にも向く太陽光発電所、売電量の最大化を狙う
Looopは、太陽光発電所の立ち上げに必要な部材をまとめ上げた「MY発電所キット」の新製品を2014年9月に発売する。パワーコンディショナー(PCS)の容量が10kWの製品と同49.5kWの製品があり、総発電量を大きくすることを狙った。PCS容量よりも太陽電池モジュールの量を増やすことで実現する。(2014/9/2)

エネルギー列島2014年版(21)岐阜:
太陽光と小水力で農業を変える、ソーラーシェアリングが始まる
広い平野に大きな川が流れる岐阜県では年間を通じて農作物を栽培することができる。再生可能エネルギーを取り入れた新しい農業を目指して、営農型の太陽光発電が広がり始めた。農業用水路では小水力発電が活発になる一方で、用水路の上部に太陽光パネルを設置する斬新な取り組みも見られる。(2014/9/2)

スマートシティ:
住宅73棟すべてゼロ・エネルギーに、太陽光発電と燃料電池に通風・排熱対策も
発電と節電で実質的なエネルギーの使用量をゼロにする取り組みが埼玉県の住宅街で始まった。夏の最高気温が全国でもトップクラスの熊谷市に建設する73棟の分譲住宅を対象に、太陽光発電と燃料電池を全戸に装備する。さらに通風や排熱を促す「クールスポット」を設けて節電に生かす。(2014/9/1)

PR:高品質で業界最安値クラス、kW単価20万で建設するメガソーラーの新領域
Looopは出力約1MWの太陽光発電所に必要な部材を集めた「メガソーラーキット1000」を2014年9月に発売する。業界最安値クラスでありながら、高品質な部材を採用したことをうたう。(2014/9/1)

発電・蓄電機器:
1億5800万円でメガソーラーの部材そろう、品質にも注力
Looopは2014年9月から、出力約1MWの太陽光発電所の立ち上げに必要な部材をセットにした「メガソーラーキット1000」の販売を開始する。1kW当たりの単価が15万6000円と低いことに加えて、品質の高い部材を採用したことが特徴だという。(2014/8/29)

発電・蓄電機器:
角度がきつい太陽光、垂直なのか違うのか
三協立山は太陽電池セルを組み込んだ壁状のエクステリア部材を発売した。目隠しルーバーの一種であり、視線を遮るという本来の目的と、太陽光を吸収するという機能がうまく組み合わさっている。部材の設置角度を工夫することで、垂直に近い配置ながら、最適角度の8割の出力を得られるという。(2014/8/28)

蓄電・発電機器:
ゼロエネを実現するには――太陽光の電力を照明に使う
戸田建設は直流給電装置を利用したゼロエネルギービル(ZEB)の研究を進めている。2014年8月には約半年間の運用実績の結果を発表。太陽光発電システムとLED照明を組み合わせた場合、消費電力を約10%削減できた。(2014/8/27)

エネルギー技術 太陽電池:
布状の色素増感型太陽電池を開発――韓国電気研究院
韓国電気研究院(The Korea Electrotechnology Research Institute)は2014年8月、「布状の色素増感型太陽電池」を開発したと発表した。(2014/8/27)

自然エネルギー:
「隠岐の島」大型電池役立つか、空港跡にメガソーラー
隠岐の島町は運用を停止した滑走路を太陽光発電所の用地として貸し出す。2015年9月には出力1.5MWの発電所が2つ完成する予定だ。中国電力は島の電力ネットワークが不安定化しないよう、新発電所の完成と同時に6.2MWと大型の蓄電池の実証事業を開始。出力変動の抑制効果を確かめる。(2014/8/22)

自然エネルギー:
太陽電池メーカーが倒産しても大丈夫、保証プランを用意
双日インシュアランスは2014年8月、太陽光発電関連事業者向け保険のソリューションプラン「サンブレラ」の販売を開始した。メーカー保証の喪失に備えることができる他、自然災害や売電収入の機会損失、第三者に対する賠償事故など、顧客の必要に応じて保険の内容を選択できる。(2014/8/21)

自然エネルギー:
日売上高=2200万円、スーパーの太陽光発電
神戸物産は2014年8月、福岡県で「嘉麻(かま)第一太陽光発電所」と「嘉麻第二太陽光発電所」の運転を開始したと発表した。出力は2カ所を合計して約3MW。既に運転を開始している太陽光発電所は12カ所、同社が建設中の案件や土地取得済みの案件5カ所と、系統アクセス検討申請の段階にある5カ所を合計すると、全国24カ所で208.9MWに達する。(2014/8/21)

自然エネルギー:
太陽光に39億円を協調融資、福島の12MW
東邦銀行は、福島県に建設中の太陽光発電所向けに5億3700万円の融資を実行したと発表した。ユーラスエナジーホールディングスの100%子会社であるユーラス矢吹中島太陽光が立ち上げる出力12MWのメガソーラーに対する融資だ。融資総額は今回実行したものを含めて39億400万円に上る。(2014/8/20)

自然エネルギー:
国内の太陽光発電は2030年に1億kWへ、化石燃料を年間1兆円以上も削減
太陽電池メーカーなどで組織する太陽光発電協会が2030年度までの設置状況を予測した。2013年度末で太陽光発電の規模は累計1400万kWになり、さらに2030年度には7倍の1億kWに拡大する見通しだ。火力発電の減少に伴って化石燃料の輸入額が年間に1兆円以上も削減できる。(2014/8/20)

エネルギー列島2014年版(19)石川:
農村の再生は太陽光でスマートアグリ、砂防ダムに小水力発電を
火力と原子力の依存度が大きい石川県だが、農村や山間部を中心に再生可能エネルギーが広がってきた。県内で増加している耕作放棄地を再生するために太陽光発電の導入を進める一方、最先端の発電技術を利用した温室栽培にも取り組む。山間部の砂防ダムでは小水力発電所の建設が始まる。(2014/8/19)

データで見る世界と日本のエネルギー事情(2):
再生可能エネルギーが20%を突破、日本は水力と太陽光で第5位
先進国を中心に再生可能エネルギーの導入が進んで、全世界の発電量の20%以上に拡大した。そのうち約8割は水力発電だが、風力発電と太陽光発電の伸びも著しい。国別の導入量では、水力と風力で中国がトップ、太陽光ではドイツが最大だ。日本は水力と太陽光で第5位に入っている。(2014/8/18)

蓄電・発電機器:
サムスンと組んで国内を制覇か、太陽光発電所+大容量蓄電池
エジソンパワーは太陽光発電所向けに出力2MWのリチウムイオン蓄電池を納入すると発表した。事業用向けの太陽光発電所への導入では国内初の事例だという。なぜ導入するのか、売電収益と投資効率を第一に考える事業用発電所で受け入れられるのだろうか。徳之島の事例を紹介する。(2014/8/14)

自然エネルギー:
モジュール高効率化とHEMSを使ったサービスに向かう
ハンファQセルズジャパンは、太陽光発電に関する総合イベント「PV Japan 2014」において、開発中の太陽電池モジュールやHEMSを展示した。太陽電池セルや太陽電池モジュールの製造、販売にとどまらず、HEMSを通じた制御にも乗り出した形だ。(2014/8/12)

蓄電・発電機器:
冷蔵庫の上に置きやすい、800Wで80分使える家庭用蓄電池
日立マクセルは2014年8月、家庭用蓄電池「エナジーステーション タイプC」(容量1.4kWh)の受注を開始する。最小・最軽量の蓄電池であることをうたい、屋内しか設置場所がないユーザーに訴求する。小さいながらも、UPS機能を備え、太陽光発電システムなどと連携できる。(2014/8/12)



いよいよ日本にも正式に上陸するChrome OS搭載端末。まずは企業、教育機関向けとなるようだが、アメリカでの販売台数が市場の予想を超えて伸びていることが伝えられており、ネット中心の利用に必要十分かつ廉価な端末として日本でも受け入れられるのか、注目したい。

統合型リゾートという形で日本にもカジノがオープンする見込みが立ってきた。東京オリンピックも見越して、経済効果を期待する政府のみならず、地方自治体、観光、エンタメ業界、広告代理店など関係する多くの業界で熱が高まってきている。

9月19日発売の次世代iPhone。より大型の「iPhone 6 Plus」と同時展開となる。iWatchと呼ばれていた腕時計型端末「Apple Watch」も発表されたが、Appleのビジネス的には、Apple Watchも絡めたモバイル決済サービス「Apple Pay」の今後の展開にも注目したい。

All material on this site Copyright © 2005 - 2013 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.