太陽光発電 に関する記事 太陽光発電 に関する質問

「太陽光発電」最新記事一覧

質問!電力発電→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で電力発電関連の質問をチェック
「太陽光発電」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

自然エネルギー:
自動車工場が変わる――日産がカナダ企業と協力して電力を生む
工場の屋根を貸し出し、太陽光発電事業者が活用する。こうした取り組みを日産自動車が始める。グループ企業である日産車体九州の車両組み立て工場、その広大な屋根をスイスSolar Power Networkに貸し出す。出力2MWの発電が可能になるという。屋根の上の「メガソーラー」にはどのようなメリットがあるのだろうか。(2014/4/18)

自然エネルギー:
「燃料0」で世界一周、ボーイング747より大きな?飛行機
Solar Impulseは太陽電池とリチウムイオン蓄電池だけで飛行する航空機。乗員の健康が許す限り、いつまでも飛行できる「永久飛行機」だ。第1世代の機体は世界記録を8つも持っている。2013年5月に第2世代の試験飛行を始め、2016年3月からは初の世界一周飛行を試みる。(2014/4/15)

エネルギー列島2014年版(1)北海道:
太陽光発電で全国1位に躍進、日射量が豊富な地域に日本最大のメガソーラー
固定価格買取制度が始まって以来、北海道には他県を圧倒する規模の発電プロジェクトが集まっている。広大な土地を利用したメガソーラーの開発計画が相次ぎ、発電能力は2000MW(メガワット)を超えた。2015年には日本で最大のメガソーラーが太平洋岸に近い安平町で稼働する。(2014/4/15)

PR:太陽光発電所の芽をつぶさない、SBエナジーの取り組みとは
固定価格制度(FIT)の運用が始まってから3年目を迎え、数多くの太陽光発電所が運転を開始している。その一方、計画半ばにして建設に至っていない案件も多い。経済産業省はこのような案件を取り除く運用を開始した。タイムリミットは2014年8月末。ソフトバンクグループで発電事業に取り組むSBエナジーは、このような案件に手を差し伸べる取り組みを開始した。(2014/4/14)

自然エネルギー:
津波と地盤沈下を被った宮城、28MWの太陽光で再生へ
丸紅は仙台空港近隣の岩沼市で出力28.4MWのメガソーラーを着工したと発表した。東北地方に立地する太陽光発電所としては最大級となる。総事業費は70億円だ。着工に至るまでの準備段階に2年弱を要した。(2014/4/11)

自然エネルギー:
15年で壁を超えた、効率25.6%のHIT太陽電池
パナソニックはシリコンを利用するHIT太陽電池セルにおいて、変換効率が初めて25%を超えたと発表した。25%を突破したシリコン系太陽電池の記録は15年ぶりである。従来のセル構造を一新することで実現した。(2014/4/11)

エネルギー管理:
230kWの太陽電池と電気自動車がダブルで支える、愛知県の企業が停電対策で
自動車製造用の設備を開発・販売するシンテックホズミは、BCP(事業継続計画)の1つとして停電時の電源を確保。京セラグループ2社が開発したシステムを導入することで実現した。太陽電池の他、プラグインハイブリッド車からも電力を建物内に送ることができる。(2014/4/10)

自然エネルギー:
世界の再生可能エネルギー投資額は21兆円、日本は80%も増えて第3位
2013年に再生可能エネルギーの開発に投入された金額は全世界で2140億ドル(約21兆円)にのぼった。前年比では14%の減少だが、最大の要因は太陽光発電システムの価格が低下したことで、導入量は増加している。国別では前年から80%も投資額を増やした日本が第3位に入った。(2014/4/10)

自然エネルギー:
太陽光発電を214カ所で着手、オリックスが400MW展開計画を前倒し
オリックスの太陽光発電事業が2014年3月末時点で214カ所まで拡大した。開発中の設備を含めて発電規模は合計425MWに達し、2015年3月までに計画していた400MWの目標を突破した。すべての設備が稼働すると、年間の発電量は13万世帯分の電力使用量に相当する。(2014/4/9)

自然エネルギー:
線路沿いにメガソーラー、JR東日本が再生可能エネルギーの導入を加速
駅からスタートして線路沿いへ、JR東日本が太陽光発電を中心に再生可能エネルギーの導入拡大に乗り出した。2月に初のメガソーラーを千葉県内の車両センターで稼働させたのに続いて、茨城県内の線路沿いで4.2MW(メガワット)の大規模なメガソーラーの建設を4月中に開始する。(2014/4/9)

自然エネルギー:
世界初の海上空港に太陽光、長崎で29MW
チョープロとソーラーフロンティアは長崎空港に隣接する遊休地35.1haに出力29.1MWのメガソーラーを立ち上げる。光を反射しにくいCIS薄膜太陽電池モジュールを採用することで、空港と共存できる。(2014/4/8)

スマートショップ:
ホームセンター12カ所の屋根で太陽光発電、売電収入でLED照明に切り替え
全国46都道府県にホームセンターを展開するコメリが12カ所の大型店舗の屋根で太陽光発電を実施する。2015年3月までに設置を完了して、メガソーラーをはるかにしのぐ9.2MW(メガワット)の発電能力を発揮する予定だ。売電収入はLED照明の導入など店舗の節電対策に振り向ける。(2014/4/8)

スマートハウス:
1年間無償の蓄電池と10kWの太陽電池が付いた家、2社提携で提供
太陽光発電システムの導入比率が高いアエラホームは、蓄電システムのレンタルサービスを提供するONEエネルギーと2014年4月に提携を開始した。2014年5月31日までの期間限定キャンペーンとして、10kWの太陽光発電システムと蓄電システムの1年間無償レンタルサービスを提供する。(2014/4/7)

アジレント Agilent 4300:
性能を維持しつつ35%の軽量化、アジレントのハンドヘルドFTIR
アジレント・テクノロジーの「Agilent 4300」は、従来のハンドヘルド製品に比べて、スキャン速度と測定感度を向上しつつ、重さは35%も軽量化を図ったハンドヘルドFTIR(フーリエ変換赤外分光光度計)である。航空機や自動車、ソーラーパネルなどに用いられるコーティング材料や複合材料、ポリマーといった先端材料の分析などの用途に向ける。(2014/4/7)

法制度・規制:
未稼働の太陽光発電プロジェクト、5億円の投資額で4月末まで募集
固定価格買取制度の認定を受けたにもかかわらず、早期に建設に着手しない発電設備が問題視されている。NTTスマイルエナジーは未稼働の案件を引き取って事業化するプロジェクトを開始した。総額10億円の投資額のうち5億円分を4月30日まで募集する。(2014/4/7)

自然エネルギー:
CIS太陽電池の記録20.9%、研究成果を着実に製品へ
ソーラーフロンティアはシリコンを使わないCIS薄膜太陽電池で、変換効率の記録20.9%を達成した。同社はCIS薄膜太陽電池の量産規模が最も大きな企業。最終製品への技術移転が可能な記録であることを強調する。(2014/4/4)

スマートハウス:
住宅の決め手は「熱」、太陽電池3.8kWでゼロエネルギー
パナソニックは正味のエネルギー消費量がゼロになり、光熱費を不要にできる戸建て住宅「スマートエコイエゼロ」の販売を2014年4月に開始した。高い断熱性を持たせることで空調に必要なエネルギーを抑えたことが特徴。太陽光発電も併用する。(2014/4/4)

自然エネルギー:
「ノリの養殖」と太陽光発電の接点とは? 佐賀県で2.7MWを設置
オリックスは地上に設置するメガソーラーの合計容量を300MWまで伸ばし、加えて、屋根を借りて設置する太陽光発電システムの規模を100MWまで増やす計画を立てている。2014年5月には佐賀県の漁業協同組合が所有する30カ所の施設を借り受け、合計容量2.7MWの発電所を作り上げる。(2014/4/3)

電力供給サービス:
2種類の蓄電池が太陽光と風力に対応、離島で電力の安定供給を図る
太陽光発電と風力発電は天候によって出力が変動するが、その変動パターンには大きな違いがある。特性の異なる2種類の蓄電池を使い分けて、太陽光と風力の出力変動を吸収する実証事業が島根県の隠岐諸島で始まる。離島の再生可能エネルギーを拡大するために、日本で初めて取り組む。(2014/4/3)

自然エネルギー:
阪神電車が「軽さ」を選ぶ、駅に適した太陽電池
太陽電池を設置する場合、重さが課題になる場合がある。そもそも重量物を載せることを想定していない屋根には補強工事が必要になるからだ。阪神電気鉄道は通常の約50%と軽い太陽電池を選択することで、設置工事の課題をクリアした。(2014/4/2)

スマートオフィス:
ピーク時の電力の50%を再エネに、地上38階建ての都心のビル
東京駅の正面にそびえる地上38階建ての「新丸ビル」で、4月1日から使用する電力のうちピーク時の50%を再生可能エネルギーで調達する。岩手県の木質バイオマス発電所のほか、食品廃棄物によるバイオガス発電とメガソーラーの太陽光発電を組み合わせて利用する。(2014/4/2)

自然エネルギー:
海は最後のフロンティア、木の浮力を生かして太陽光発電
大阪府は海面上での太陽光発電にどのような課題があるのか、実証実験を通じた検証を2014年3月に開始した。林業の副産物として生じる間伐材を使って木製フロートを組み立て、太陽電池を海に浮かべる。(2014/3/31)

法制度・規制:
太陽光発電の認定は6カ月で失効、4月1日から運用ルールが変わる
経済産業省は固定価格買取制度の運用ルールを2014年4月1日から変更する。太陽光発電設備で出力が50kW以上の場合に限って、認定後6カ月以内に土地と設備を確保できなければ権利が失効することになった。建設コストの低下を見込んで工事を意図的に遅らせる事業者を排除する狙いだ。(2014/3/31)

蓄電・発電機器:
太陽光を追って集めて発電効率2倍に、64枚の電池モジュールで7.5kW
世界各国で太陽電池の性能競争が加速する中、住友電気工業は太陽光を追尾してレンズで集める高効率の発電システムを製品化した。標準的なシリコン系の太陽電池と比べて発電効率が約2倍になり、しかも朝から夕方まで高い出力を維持することができる。(2014/3/31)

ドコモ、「グリーン基地局」のフィールド実験を拡大 全国導入を計画
ドコモは、太陽光発電を活用する「グリーン基地局」のフィールド実験を拡大。2014年度中に全国エリアで導入すると発表した。(2014/3/28)

スマートハウス:
壁面や窓がエネルギーを生み出す、日独の方向性の違いは?
有機物を使う有機薄膜太陽電池。固く重いシリコン太陽電池では実現しにくい用途に適する。薄く軽いからだ。大成建設と三菱化学はゼロエネルギービル(ZEB)に利用しようとしており、ドイツHeliatekは太陽電池の透明性を生かす用途を狙っている。(2014/3/28)

蓄電・発電機器:
太陽電池の温度上昇による劣化を防ぐ、ゴルフボールにも使われる合成樹脂
太陽電池の効率改善や劣化対策に取り組む産業技術総合研究所が新しいモジュールを開発した。化合物を使ったCIGS系の太陽電池に特殊な合成樹脂フィルムを組み合わせることで、メガソーラーなどで問題になる高温・高湿時の「PID」による出力低下を防ぐ。(2014/3/28)

自然エネルギー:
地図から分かる自宅の適性、260万棟が「東京ソーラー屋根台帳」で
自宅の屋根に太陽電池を設置すると、どの程度の電力が得られるのだろうか。このような問いに答えるサービスが登場した。東京都が2014年3月に公開した「東京ソーラー屋根台帳」だ。地図から自宅を選び出し、クリックするだけで概要が分かる。(2014/3/27)

自然エネルギー:
温泉熱+LED照明+太陽光発電で、エゴマを栽培する植物工場が完成
富山市は高齢化と過疎化が進む地域に、自然エネルギーを活用した植物工場を建設した。温泉熱とLED照明を利用して、薬用植物の「エゴマ」を工場の中で効率的に栽培することができる。工場の屋根には太陽光パネルを設置してLED照明用の電力を供給する。(2014/3/26)

蓄電・発電機器:
ヒットを連発する米企業、太陽電池で高い競争力
米FirstSolarは、量産ラインで試作したCdTe(カドミウムテルル)薄膜太陽電池モジュールの変換効率が17.0%に到達したと発表した。これは同技術の世界記録である。同時に投資家向けの説明会において、変換効率のロードマップを上方修正、コストの予想値を下方修正した。(2014/3/25)

STマイクロ SCT30N120:
動作温度は最大200℃、STマイクロの1200V耐圧SiCパワーMOSFET
「SCT30N120」は、動作温度が最大200℃と温度特性に優れ、オン抵抗も低い1200V耐圧のSiC(炭化ケイ素)パワーMOSFETである。EVや産業用モーター、太陽光発電システムのインバータなどの用途に向ける。(2014/3/25)

自然エネルギー:
再生可能エネルギーの発電設備、毎月60万kWずつ増える
固定価格買取制度の認定を受けた発電設備が月間に60万kWのペースで運転を開始している。2013年4月〜12月の9カ月間の合計では528万kWに達した。引き続き太陽光発電が大半を占めるものの、バイオマス、風力、中小水力を利用した発電設備も動き始めている。(2014/3/24)

エネルギー管理:
スマートハウスの13%がゼロ・エネルギーに、年間12万円も稼ぐ
太陽光発電システムとHEMS(家庭向けエネルギー管理システム)を利用する1700以上の住宅を対象にした調査で、全体の13%が電力量の収支でゼロ以下になる「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」を実現できていることがわかった。それに伴って年間の光熱費もゼロ以下になっている。(2014/3/24)

自然エネルギー:
陰りが見えた風力、2014年は盛り返すか?
風力発電市場は2013年に踊り場を迎えた。初めて全世界の市場規模が縮小したからだ。3種類の調査結果によれば、縮小は米国市場に原因がある一時的なものだ。今後は新興国の旺盛な需要によって、規模が拡大していく。太陽電池市場で見られたように、中国の国内市場と中国企業がカギになりつつある。(2014/3/20)

再生可能エネルギーの未来予測(3):
風力発電:2020年代から洋上へ、大型風車1基で10MW級
島国の日本でポテンシャルが最も大きいのは風力発電だ。安全性や環境影響の点で課題が残るものの、ヨーロッパのように太陽光発電を上回るペースで拡大する可能性がある。風車の大型化によって発電コストの低下が進み、2020年代には近海の洋上で商用運転が続々と始まる。(2014/3/20)

自然エネルギー:
下水処理のバイオガスで500世帯分の電力、自治体は支出ゼロで収入と温水を得る
自治体が運営する下水処理施設はバイオマス資源を大量に排出している。下水処理の過程で発生するガスは再生可能エネルギーになり、固定価格買取制度を適用すれば太陽光発電よりも高い価格で売却できる。長崎県の大村市は発電設備のメーカーと組んで2014年10月から発電事業を開始する。(2014/3/18)

エネルギー管理:
太陽光の遠隔監視システム、小規模でもメガソーラーでも役立つ
太陽光発電システムの故障は分かりにくい。小規模であってもメガソーラーであっても遠隔監視システムが役立つ。Looopは初期費用とシステム利用料を比較的低く抑え、導入しやすいシステム「みえるーぷ」の新版を発表した。(2014/3/17)

蓄電・発電機器:
電力線通信でメガソーラーを監視、電力に載せて発電データを送る
多数の太陽電池パネルで構成する太陽光発電システムでは、故障したパネルを迅速に検知できることが重要だ。住友電気工業は発電した電力と一緒にデータも伝送する仕組みを開発した。電力線通信(PLC)と呼ぶ方式で、監視システムを安価に構築できるメリットがある。(2014/3/17)

自然エネルギー:
みずほ銀行など約300億円を融資、100MW超の太陽光発電所へ
SBエナジーと三井物産が企画した出力111MWの太陽光発電所に対し、みずほ銀行と日本政策投資銀行、三井住友銀行、さらに9つの金融機関がプロジェクトファイナンスによるシンジケートローンを組成した。融資額はメガソーラーとしては巨額の約300億円である。(2014/3/13)

スマートシティ:
島民が4億円を出資した太陽光発電所、300世帯分の電力を供給開始
瀬戸内海に浮かぶ淡路島の北端に、島民の出資による太陽光発電所が完成した。兵庫県が発行した総額4億円の「あわじ環境未来島債」を島民が購入して、県有地を使って発電所を建設・運営する方式だ。出力0.95MW(メガワット)の規模で3月中に運転を開始する。(2014/3/13)

再生可能エネルギーの未来予測(2):
太陽光発電:10年でコスト半減、2020年には石油火力と同水準
日本で最も導入しやすい再生可能エネルギーは太陽光である。発電システムの単価が下がり続けて、全国各地で導入量が拡大している。2020年には電力1kWhあたりのコストが石油火力と同等の14円まで下がる見通しだ。太陽電池の性能向上に大きな期待がかかる。(2014/3/13)

自然エネルギー:
中国と日本が世界の半数を占めた――2013年の太陽光市場
太陽光発電システムに関する世界最大の業界団体European Photovoltaic Industry Association(EPIA)は2014年3月に、2013年の太陽光発電市場(新規導入量)について、集計結果を発表した。中国、日本、米国の3カ国の伸びが著しく、中国は今後数年にわたって首位を保つという。(2014/3/12)

電力供給サービス:
コープが握る電力の主導権、国の制度の上を行く
生活協同組合コープさっぽろは、電力取引やエネルギーマネジメントなどのサービスを提供するエナリスと共同で、再生可能エネルギーの地産地消を進める事業を進めていく。固定価格買取制度(FIT)に付加価値を加えて、太陽光発電所などから直接電力を購入し、売電するというものだ。(2014/3/11)

法制度・規制:
太陽光発電の買取価格が4円も減額に、洋上風力より低く
固定価格買取制度の2014年度の買取価格が大筋で決まった。注目の太陽光発電は住宅用を1kWhあたり1円の減額にとどめる一方、非住宅用は設備利用率を12%から13%に見直したことで36円から32円へ4円も引き下げる。新設する洋上風力の買取価格は36円になり、太陽光より高くなる。(2014/3/11)

自然エネルギー:
栃木県最大のメガソーラー、出力は13MW
JFEエンジニアリングは自ら発電事業者となる太陽光発電事業を全国で進めている。2014年3月には6番目の自社発電所が完成。栃木県内のメガソーラーとしては最大の規模となった。(2014/3/10)

スマートシティ:
太陽光発電を2020年度に6倍へ、関西の11自治体が合同でエネルギープラン
電力に関して地域特有の事情を抱える関西の自治体連合が2020年度に向けて「関西エネルギープラン」を策定した。7つの府県と4つの政令指定都市で構成する広域連合による計画で、2020年度までに太陽光発電を6倍に増やして、再生可能エネルギーの電力を600万kWまで引き上げる。(2014/3/10)

“670件”が認定取り消しの可能性:
ズルし放題!? 「再生エネルギー電気買取制度」の致命的な欠陥
国が普及を進めてきた再生可能エネルギー業界に、経済産業省の“メス”が入った。固定価格買取制度の認定後、運転を始めていない太陽光発電約670件について、認定取り消しを検討すると発表した。この背景には、本制度の致命的な甘さがある。(2014/3/6)

自然エネルギー:
北海道に30MWのメガソーラー、道東の太平洋岸は雪も少ない
ユーラスエナジーホールディングスは、北海道の道東、白糠(しらぬか)町に、交流出力30MWの太陽光発電所を完成させた。道内では最も日照条件がよく、効率良く発電できるという。(2014/3/6)

蓄電・発電機器:
高効率太陽電池を日本市場に投入、20.3%の単結晶セルなどを採用
JAソーラーは高効率な太陽電池セルを採用した太陽電池モジュールの新製品を発表、2014年6月以降、日本市場向けに発売する。単結晶シリコンモジュールと多結晶シリコンモジュールの2製品があり、出力はそれぞれ280W以上、265W以上だという。(2014/3/5)

スマートシティ:
50キロ以上も離れた2つの自治体、太陽光発電と災害対策で連携
独自のエネルギー戦略を展開する東京都の世田谷区が、直線距離で55キロメートルの場所にある神奈川県の三浦市に太陽光発電所を稼働させた。9年前に閉校した「区立三浦健康学園」の跡地を活用したプロジェクトで、リース方式によって初期投資がかからない事業スキームを採用した。(2014/3/5)



オープンソースのSSL/TLS実装である「OpenSSL」に深刻な脆弱性が見つかった。エンドユーザーが解決できる問題ではないが、利用しているサービスの対応状況の確認や対応後のパスワードの変更など、慎重な姿勢が求められる。便乗するスパムメールにも注意が必要だ。

通信キャリアのMVNOとして月額1000円を切る格安SIMを提供するサービスが増加している。これまで日本ではほとんど存在感がなかったSIMフリーの端末にも、この動きに合わせて注目が高まっている。

ソフトバンク傘下で6月に合併予定のイー・アクセス、ウィルコムを、同じタイミングでヤフーが買収することとなった。これまでのサービスを引き継ぎつつ、Android端末を中心に展開し、自社のサービスとの連携を図っていくようで、「インターネットキャリア」を標榜している。

All material on this site Copyright © 2005 - 2013 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.