「印刷」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「印刷」に関する情報が集まったページです。

ET2018:
どこにでも組み込める印刷型感圧シートセンサー、棚卸しや健康用途に期待
NECは、「Embedded Technology 2018/IoT Technology 2018(ET2018)」において印刷技術を用いてシート型で曲げることも可能な「超解像度感圧センサー技術」を出展した。(2018/11/20)

そんなところにデータが残っている?
モバイル端末や印刷に潜むコンプライアンス違反のわな
PCやネットワーク、ファイルサーバにセキュリティポリシーを適切に適用している組織は多いだろう。だが、機密文書や個人情報は意外な所に保存されている可能性がある。(2018/11/16)

ブラザー、知育菓子とコラボしたペーパークラフトコンテンツを公開
ブラザーは、印刷コンテンツ配信サイト「プリふれ」内にクラシエフーズ監修のペーパークラフトコンテンツ2種を公開した。(2018/11/8)

カラーマネジメントをクラウドで 凸版、ディスプレイで最終印刷物の色調確認できる技術を開発
最終印刷物の仕上がりの色調をディスプレイ上で確認できる「カラーマネージメントクラウドサービス」を凸版が開発。ディスプレイ上で実際の最終印刷物と同じ色調が表現できるほか、遠隔地の複数人がオンラインで色校正するといったことが可能だ。(2018/11/6)

「『プリンタは安く、インクは高く』はもう成立しない」 各社の新製品、印刷コスト軽減
年賀状印刷に便利なインクジェットプリンターの新製品が出そろった。もっとも、新年のあいさつをメールやSNSで済ませる人が多くなり、市場規模は縮小が続く。各メーカーは、1枚当たりの印刷コストを節約できる「大容量インク」の機種を増やすなどし、年末以外の“日常使い”を広げたい考えだ。(2018/11/6)

スピン経済の歩き方:
世界一の印刷インキメーカーが、「食べられる藻」を40年以上前からつくり続ける理由
子どものころソーダ味のアイスを食べて、舌が青色になった人も多いのでは。鏡を見てびっくりした経験があるかもしれないが、いまのアイスを食べても同じように青くなるのだろうか。ならないのである。なぜ青くならないのか気になって調べたところ、意外な事実が判明して……。(2018/11/6)

PR:初めての大容量インクなら「ファーストタンク」で決まり! ブラザー「DCP-J988N」徹底レビュー
最新プリンタのトレンドになりつつある大容量インク搭載モデル。印刷コストやインク切れを気にすることなく、これまで以上にプリンタを活用できる点が好評だが、ブラザーの「ファーストタンク」はこのメリットをカートリッジ式のインクで実現。使い慣れたカートリッジ式で安心して使える仕様は、まさに「初めての大容量インク」を求める人にぴったりだ。(2018/11/5)

日本HP、スマホ写真をその場で印刷できるポケットサイズのフォトプリンタ「HP Sprocket」など3製品
日本HPは、スマートフォンからの印刷にも対応したフォトプリンタ「HP Sprocket」など3製品を発表した。(2018/10/25)

Teradata Analytics Universe 2018:
プリンタの故障、修理のコツは「データが教えてくれる」――ある製造企業が仕掛ける生き残り策とは
法人向けの印刷機を製造、販売する理想科学工業では、データ分析を使って現場の社員が「次にとるべきアクション」を効率的に可視化する取り組みが始まった。その結果、現場では思わぬ効果が出てきたという。(2018/10/25)

電子ブックレット(オートモーティブ):
印刷して読もう! 「モデルベース開発奮戦ちう」(第10話〜最終回)
人気過去連載や特集記事を1冊に再編集して無料ダウンロード提供する「エンジニア電子ブックレット」。今回はMONOistで掲載された「モデルベース開発奮戦ちう」の第10話〜最終回をお届けします。(2018/10/24)

セブン-イレブンの事前登録不要の印刷サービスがスマホに対応 アプリ「かんたんnetprint」登場
ユーザー登録をすることなく、セブン-イレブンの店舗で書類等を印刷できます。(2018/10/19)

電子ブックレット(オートモーティブ):
印刷して読もう! 「モデルベース開発奮戦ちう」(第7〜9話)
人気過去連載や特集記事を1冊に再編集して無料ダウンロード提供する「エンジニア電子ブックレット」。今回はMONOistで掲載された「モデルベース開発奮戦ちう」の第7〜9話をお届けします。(2018/9/26)

アマゾン、1冊から印刷・製本 少数出版システム初公開
アマゾンジャパンは、1冊から必要に応じて印刷・製本できる少数出版システムを千葉県市川市の配送センターに整備し、12日にメディア向けに初めて公開した。購入者から注文があると印刷を開始し、最短でその日に本が届く仕組み。個人による自費出版が国内外で増加傾向にあり、絶版本の復刻などと合わせて少数出版の需要が高まっているのに対応した。(2018/9/14)

VR空間の美術館で作品を間近で鑑賞できる 大日本印刷が「DNPバーチャルギャラリー」を開発
そのまま複製作品と交換できる機能も搭載。(2018/9/11)

30年以上にわたり「ミラノ・デザイン・ウィーク」のデザイン潮流を調査してきた集大成を披露、凸版印刷
凸版印刷は、長年にわたって現地調査を続けてきた国際的なデザインの祭典「ミラノ・デザイン・ウィーク」のデザイントレンドを解説するプレミアムセミナーを開催した。講師には、昨年まで凸版印刷顧問を務めた梅崎健氏(現・武蔵野美術大学客員講師)を招き、ミラノサローネのCMFP(カラー、マテリアル、フィニッシュ、パターン)の潮流を今となっては貴重になった多数の写真でひもとき、今後のトレンド予測についても解説した。(2018/9/7)

ブラザー、堅牢小型設計の4インチ感熱モバイルプリンタ
ブラザー販売は、レシートおよびラベル印刷用の感熱モバイルプリンタ「RJ」シリーズの4インチモデルを刷新した。(2018/9/6)

ブラザー、従来比16倍の大容量インク搭載プリンタ「ファーストタンク」発表
一度のインク交換で約6000枚のA4モノクロ印刷が可能。(2018/9/4)

スマホの操作・表示部を柔軟に:
銀ナノ配線回路を低温焼成、PETにも印刷可能
田中貴金属工業は、スマートフォンなどに用いるフレキシブルなタッチパネルや有機ELディスプレイを実現するための「低温焼結−ナノ銀印刷技術」と「銀メタル全面フィルム形成技術」を開発した。(2018/9/3)

富士フイルムの写真注文アプリ「超簡単プリント」がセブン−イレブンで即時印刷に対応
富士フイルムが提供しているスマホアプリ「超簡単プリント」が、セブン−イレブンでの即時印刷に対応。写真プリントを注文して自宅で受け取るだけでなく、マルチコピー機で受け取れるようになった。(2018/8/27)

電子ブックレット(オートモーティブ):
印刷して読もう! 「モデルベース開発奮戦ちう」(第4〜6話)
人気過去連載や特集記事を1冊に再編集して無料ダウンロード提供する「エンジニア電子ブックレット」。今回はMONOistで掲載された「モデルベース開発奮戦ちう」の第4〜6話をお届けします。(2018/8/27)

パネル量産と技術の外部提供を同時に:
JOLED、印刷方式有機ELの事業化に向けた2つの布石
JOLEDは2018年8月23日、第三者割当増資による資金調達と、業務提携契約の締結を発表した。どちらの発表も印刷方式有機ELパネルの事業化に向けた布石であるが、自社の量産体制構築とともに、パネル製造技術の外部提供に踏み切る構えだ。(2018/8/24)

製造マネジメントニュース:
JOLEDの事業戦略が次の段階へ、大型テレビ向けに印刷方式有機ELの技術を供与
JOLEDは、大型テレビ向け有機ELディスプレイ製造を目指すメーカーなど向けに印刷方式の製造技術を提供する「技術ライセンス」を推進する方針を発表。併せて、デンソーなど4社を引受先とする第三者割当増資により総額470億円の資金調達を実施したことも発表した。(2018/8/24)

日めくりカレンダーがマステに 元旦からおおみそかまでを1ロールに収録 「特別な日」の演出に
ユニークなマステで知られる和紙田大学が、大阪の印刷会社・共進社印刷の協力で、「全ての柄が異なるテープ」を実現。(2018/8/17)

3Dプリンタニュース:
3Dプリンタ「ダヴィンチnano w」は無線LAN経由で印刷が可能に
XYZプリンティングジャパンは、3Dプリンタ「ダヴィンチnano」シリーズの無線LANモデル「ダヴィンチnano w」を発売した。ダヴィンチnanoシリーズの機能はそのままに、無線LAN経由でデータを送信できる。(2018/8/14)

IGAS 2018:
「多品種・小ロット」の印刷ビジネス領域を広げる提案、ローランド
ローランド ディー.ジー.は「IGAS2018」で、店舗装飾やディスプレイをはじめ、ギフトやノベルティなどの多品種・小ロット製品に応えるプリントビジネスを提案した。(2018/8/7)

IGAS 2018:
5m幅のスーパーワイドUV機「Acuity Ultra」初登場、FFGS
富士フイルム グローバル グラフィック システムズは、2018年5月にドイツで開かれた印刷資機材展「FESPA」でリリースしたスーパーワイドLED-UV機「Acuity Ultraシリーズ」を「IGAS2018」で初出展した。(2018/8/3)

その場でプリントできる、スマホ専用ミニプリンタ キヤノンから
キヤノンは、9月6日にスマートフォンで撮影した画像をその場でプリントできる専用ミニフォトプリンタ「iNSPiC PV-123」を発売。アプリを使って画像の加工やテキスト挿入、フレームやスタンプの追加も可能で、各種SNSと連携した印刷も行える。(2018/8/2)

LINEのトーク画面やスマートスピーカーからも印刷可能に キヤノン「PIXUS」プリンタ6機種
2018年の年末商戦に向けて、キヤノンは家庭向けインクジェットプリンタ「PIXUS」シリーズの新ラインアップを発表。スマートフォンとの連携強化の他、スマートスピーカーからのプリントにも対応した。(2018/8/2)

IGAS 2018:
板材に直接印刷できる「HP Latex R2000 Plus プリンタ」日本初上陸、全容を探る
日本HPは、「紙、復活」をコンセプトに、ペーパーレス時代にある中、印刷のデジタル化により、必要な時に必要な分だけプリントできる「オンデマンド印刷」をPRするブース展開を行った。2018年はHP Latexプリンタが市場に登場して10年目、水性のHP DesignJetグラフィックモデルは20周年の節目の年。この機に両シリーズとも、国内初出展となる新機種を披露した。(2018/7/31)

IGAS 2018:
UV機特有の“隆起印刷”のデータ作成を大幅に簡易化、キヤノン
キヤノンは、UV硬化型フラットベッド機「Arizona 1280GT」を用いた隆起印刷ソリューション「Touchstone」を国内初出展した。(2018/7/31)

電子ブックレット(オートモーティブ):
印刷して読もう! 「モデルベース開発奮戦ちう」
人気過去連載や特集記事を1冊に再編集して無料ダウンロード提供する「エンジニア電子ブックレット」。今回はMONOistで掲載された「モデルベース開発奮戦ちう」の第1〜3話をお届けします。(2018/7/30)

IGAS 2018:
UVフラットベッドIJPを活用した建装材の制作提案、リコー
リコーは「IGAS2018」で、同社初の産業印刷向け大判UVフラットベッドインクジェットプリンタ「RICOH Pro T7210」による建装材の制作提案を行った。(2018/7/29)

IGAS 2018:
印刷産業の未来を展望――「IGAS2018」が開幕
世界4大総合印刷機材展「IGAS2018」が開幕。会期は2018年7月31日までの6日間で、会期中に5万7000人の来場者を見込む。(2018/7/27)

「印刷代は払っておきました」ができる冊子作成ギフトカード「つくってほしい券」が話題 考案したわけを聞いた
コスプレイヤーさんを応援する人の声から誕生したギフトです。(2018/7/16)

1915年誕生「和文タイプライター」はいまだ現役だった! 日本の印刷を大きく支えた機械と人がつむぐ、103年後の言葉とは
いまでも戸籍や司法書士の関係者には現役で使われています。(2018/7/8)

エプソン、大容量インクを標準搭載した低印刷コストの「ビジネスインクジェットLモデル」
エプソンは、大容量インクを付属したA4インクジェット製品「ビジネスインクジェットLモデル」3機種を発表した。(2018/7/5)

2次元コード「Amazonスマイルコード」登場 読み取るとAmazonの商品ページにアクセス
Amazon独自の2次元コード「Amazonスマイルコード」が登場。雑誌などに印刷されたコードをAmazonショッピングアプリで読み取ると、Amazon.co.jpの該当商品のページにアクセスできる。(2018/7/3)

特選ブックレットガイド:
カシオの2.5Dプリントシステム「Mofrel」の魅力とは? 開発者に聞いた
カシオ計算機が開発した2.5Dプリントシステム「Mofrel(モフレル)」をご存じだろうか。新素材の「デジタルシート」をMofrelで印刷することで、微細な凹凸のあるデザイン、素材感、加工を実現できるため、デザイン試作の効率化や質の向上に大きな期待が寄せられている。そんなMofrelの開発者に製品の特長や可能性を聞いた。(2018/6/29)

JOLED、印刷方式の有機ELディスプレイ量産に向け新工場建設へ 資金調達は「継続中」
JOLEDは、有機ELディスプレイの量産のため7月1日付で石川県能美市に新しい事業所を開設する。10〜32インチの中型サイズを生産する予定。(2018/6/27)

水曜インタビュー劇場(3カ月10万台公演):
スマホの画像を印刷できる、「プリントス」はなぜ売れたのか
スマホで撮影した写真を印刷することができる「Printoss(プリントス)」が売れている。2017年12月、タカラトミーが発売したところ、すぐに品薄状態に。この商品の最大の特徴は「完全アナログ」なこと。時代に逆行しているような商品は、なぜ消費者に支持されたのか。(2018/6/27)

旧JDI能美工場を活用:
JOLEDが石川に印刷有機EL量産工場、2020年稼働へ
JOLEDは2018年6月26日、印刷方式の有機ELディスプレイパネルの量産拠点として2018年7月1日付で「JOLED能美事業所」(石川県能美市)を開設し、2020年から稼働させる予定だと発表した。(2018/6/26)

LINE、「印刷式」QR全国展開へ 業者負担軽減、Payの牽引役期待
店舗などが紙に印刷して掲示したQRコードを、利用者がLINEのアプリで読み取れば商品代金の支払いが完了する。(2018/6/19)

コンクリートを装飾?凸版印刷が特殊インキで開発に成功
凸版印刷は、コンクリートに直接デザインを施せる特殊インキを使った新印刷技術を開発した。タイルの代わりとして外壁加飾市場や擁壁ブロックへの導入を見込み、デザイン受注も含めて販売展開していく。2018年6月7日に凸版印刷本社で、実物を前に、なぜコンクリートの加飾なのか、開発意図などを担当者に聞いた。(2018/6/12)

電子書籍のマンガ、AIで「モアレ」少ない自然な画像に 共同印刷
共同印刷がAI(人工知能)を活用して電子書籍の漫画画像を処理する「eComicScreen+」(イーコミックスクリーンプラス)を開発。スクリーントーンなどによって生じる「モアレ」を細部まで抑制し、より自然な画像に仕上げるという。(2018/6/4)

三菱電機、タブレットPC導入で全従業員にモバイル環境を配備 ペーパーレス化と遠隔会議で業務効率化
三菱電機は、タブレットPC約2万台を導入し、全従業員が持ち運び可能なデバイスを所有するモバイル環境を整備する。会議のペーパーレス化や遠隔会議を推進し、1人当たり月7時間程度の業務効率化を図るとともに、印刷費や出張費などの経費削減を見込む。(2018/6/1)

“日本が知らない”海外のIT:
家具が自動で組み上がる未来も? 世界で広がる「4Dプリント」研究
3Dプリンタを使って印刷されたフラットな印刷物が、熱や水などの力で立体に姿を変えていく──そんな4Dプリント技術の研究が世界中で進められている。(2018/5/18)

EMMの今後やGDPR対策にも注目
iPhone、Androidスマホでの“無秩序”な印刷は、なぜ危険なのか
「エンタープライズモビリティー管理」(EMM)システムを使い、モバイルデバイスで扱うデータを管理している企業は少なくない。だがそのデータを紙に印刷する際の管理は見落とされがちだ。(2018/5/11)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(8):
国産有機ELの夢をのせて、これから始まるJOLEDの旅路
スマートフォン向け、テレビ向け、ともに韓国勢に市場を押さえられている有機EL。かつては有機ELの開発に注力していた日本にとって、印刷方式の有機ELを世界で初めて実現し、量産も始めたJOLEDは最後の希望だ。小寺信良氏が、JOLEDの印刷方式有機ELの可能性と、今後の同社の展開を探る。(2018/4/17)

CADニュース:
簡便さを追求した2D CAD「CADSUPER Lite」、組図部品図の連動機能を追加
アンドールが、2次元CADシステム「CADSUPER Lite」2018年度版を発売した。64Bit OS完全対応で、迅速な投影図作成が可能になった。また、複数図面範囲指定印刷機能や、組図と部品図を連動するグループ認識機能などが新たに加わっている。(2018/4/9)

同人誌の印刷製本費を助成!? 名古屋市の制度、どんな同人誌が対象なのか市役所に聞いてみた
昭和44年にできた制度でした。(2018/4/4)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.