「再開」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「再開」に関する情報が集まったページです。

太陽の塔、内部公開が中止 公園施設の被災で再開めど立たず
大阪府北部で起きた地震の影響で、「太陽の塔」の内部公開が中止。再開の見通しが立っていない。公園施設が被災して休園が続いているためだ。(2018/6/21)

開発中止のホラーゲーム「Year Of The Ladybug」がアートブックとして復活 クラウドファンディングで人気を集める
この先の開発再開の期待も高まります……!(2018/6/17)

JR芦屋駅南地区1.1haで、東急・竹中JVの再開発始動
兵庫県芦屋市の商業・業務機能が集結するとともに、阪神間および芦屋市の主要な広域交流の結線点であるJR芦屋駅南地区の再開発事業が、20年超の歳月を経て着手される。(2018/6/15)

コインチェック、仮想通貨「NEM」の出金と売却を順次再開
コインチェックが、仮想通貨「NEM」(XEM)の出金と売却を順次再開。入金や購入はできない。(2018/6/8)

米政府、ZTEへの制裁解除で合意──10億ドルの罰金や経営陣刷新などの条件
米商務省が、4月に中国ZTEに課した制裁を介助することで合意したと発表した。条件は10億ドルの罰金支払いや経営陣の30日以内の刷新など。これでZTEは米製部品の購入を再開できる見込み。(2018/6/8)

水曜インタビュー劇場(殺到公演):
キリンの月額制ビールは大人気なのに、なぜ再開できないのか
キリンビールが展開している「キリンホームタップ」が人気を集めている。専用サイトで申し込むと、月額6900円で自宅用のビールサーバーを借りられるわけだが、現在は受け付けを中止している。なぜこのような事態になったのか、担当者に聞いたところ……。(2018/6/6)

関西の議論:
大相撲土俵の女人禁制議論が再燃か? 女性市長が企画の集会や夏巡業再開で
京都府舞鶴市で4月に行われた大相撲巡業を端に発した土俵の女人禁制問題を考える市民集会が6月、兵庫県宝塚市で開かれる。企画したのは、土俵の女人禁制に異を唱える同市の女性市長。(2018/5/31)

吉岡里帆がインスタ再開 事務所社長の死に「立ち止まっている事も出来ません」と前向き
5月11日からInstagramを非公開にしていました。(2018/5/24)

サードウェーブ、Atom搭載8.9型Windowsタブレット「Diginnos Tablet DG-D09IW2SL」を販売再開
サードウェーブは、同社製Windowsタブレット「Diginnos Tablet DG-D09IW2SL」の販売再開を発表した。(2018/5/18)

任天堂「ミニファミコン」販売再開へ 6月28日から
任天堂の「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」が6月28日から販売再開。(2018/5/14)

トランプ大統領、「ZTEが事業を再開できるよう習主席と協力している」とツイート
中国ZTEが米商務省の制裁で事業停止状態にあることについて、ドナルド・トランプ米大統領が「事業を再開できるよう習主席と協力している」とツイートした。(2018/5/14)

つながった「久大本線」、おかえり「花月川橋梁」 全線復旧間もなく、7月14日に運転再開
特急「ゆふいんの森」も本来の路線で運行。(2018/5/7)

明石市長の抗議で配信停止になった「東播磨」の自虐CM 配信を再開 「市町域を超えたある広域性も重要」
ネットでは「動画を見てみたい」という声があがっていました。(2018/5/4)

和月伸宏『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』、7月号で連載再開 編集部「作家は現在も反省と悔悟の日々を送っております」
2017年12月4日発売号から休載していました。(2018/4/23)

活動再開の藍井エイル、復帰後初ワンマンを8月16日に日本武道館で開催へ
約1年9カ月ぶりのワンマンライブ。(2018/4/16)

今秋サービス開始へ:
ヤフー、仮想通貨事業に参入 ビットアルゴに資本参加
 ヤフーは4月13日、仮想通貨交換業者のビットアルゴ取引所東京に子会社を通じて資本参加すると発表した。ビットアルゴ取引所東京は今秋、サービスを再開する予定。(2018/4/13)

コインチェック、交換業登録は「2カ月程度めど」 マネックスグループ松本社長
マネックスグループの松本大社長は、コインチェックのサービス全面再開、仮想通貨交換業への登録を、2カ月程度をめどに完了させる考えを示した。(2018/4/6)

連載打ち切りの『君に愛されて痛かった』、新潮社に移籍で連載再開へ 「数字を出すことが今できる全て」
コミックスも発売決定!(2018/4/6)

「ポケモンGO」の攻略ツール「1秒マップ」が配信停止に 再開は「未定」
配信元のgrow.th.incは、攻略サイト「ポケモンGO攻略ニュース」で他サイトからの画像盗用が問題になったばかりでした。(2018/4/6)

宅配サービス「はこBOON」が5月に終了 物流業界の厳しい状況受け再開を断念
「はこBOON mini」も6月いっぱいで終了。【訂正あり】(2018/4/5)

「はこBOON」再開断念 「物流業界の厳しい状況」受け
「はこBOON」が5月2日に終了する。昨年8月末からサービスを休止し、再開を目指していたが、「物流業界の厳しい状況の中、顧客に納得いただけるサービス構築は難しい」とし、再開を断念した。(2018/4/5)

ウソは「ゼロ」! 『名探偵コナン』が連載再開、『週刊少年サンデー』20号から
連載再開回は安室 vs. 赤井で幕開け!(2018/4/1)

Google Playのオーディオブックに「3倍速朗読」や「スマートレジュメ」などの新機能
Googleが1月から販売しているオーディオブックに、朗読の単語の途中で停止すると意味が分かるようにさかのぼって再開する機能や3倍速で朗読する機能などが加わった。(2018/3/30)

「Facebookから広告を引き上げる」とMozilla
Facebookデータスキャンダルを受け、MozillaがFacebookから広告を引き上げると発表した。十分なユーザー保護対策が実施されれば再開するとしている。(2018/3/23)

サードウェーブ、9.7型Androidタブレット「DG-A97QT」の出荷を再開 1万4980円で販売
サードウェーブは、一時販売停止状態となっていた同社製Androidタブレット端末「Diginnos Tablet DG-A97QT」の販売再開を告知した。(2018/3/23)

マイネット、不正アクセスで休止中のゲーム 一部サービス再開へ
マイネットは、不正アクセスを受けサービスを一時休止していたゲームの一部を再開した。(2018/3/20)

LINEによる子ども専用相談窓口が春休み中に開設 2017年夏にも実施していたものを再開
電話よりも便利?(2018/3/13)

コインチェック、一部仮想通貨の出金・売却を再開 不正送金されたNEM保有者の補償も
コインチェックは3月12日、約580億円分の仮想通貨「NEM」を流出した件で停止していた仮想通貨の出金・売却を再開した。(2018/3/12)

1XEM当たり88.549円:
コインチェック、「NEM」保有者への補償開始 一部仮想通貨の出金・売却も再開
コインチェックが、NEM保有者に向けた補償を開始。補償金額は 1XEM当たり88.549円。一部仮想通貨の出金・売却も再開した。(2018/3/12)

コインチェック仮想通貨流出、原因は標的型攻撃か 補償・サービス再開は「来週中」
仮想通貨取引所「Coincheck」を運営するコインチェックは3月8日、約580億円分(当時レート)の仮想通貨「NEM」を流出した事件について会見し、被害に遭ったユーザーへの補償予定などを説明した。調査の結果、流出原因は従業員PCへのメール経由でのマルウェア感染とみられるという。(2018/3/8)

コインチェックの仮想通貨流出、マルウェア感染が原因 補償は来週めどに告知
サービス再開についても来週めどに報告するとしています。(2018/3/8)

コインチェック「サービス再開とNEMの補償、来週中をめどに実施」 金融庁処分受け
仮想通貨取引所「coincheck」を運営するコインチェックは3月8日、同日の金融庁からの業務改善命令を受けて会見を開き、1月26日に約580億円相当(当時レート)の流出が判明した仮想通貨「NEM」について、「来週中をめどに補償を実施する」と発表した。(2018/3/8)

マイネット、不正アクセスで休止中の13ゲームを来週以降再開へ 「FFグランドマスターズ」など
マイネットグループのゲームサーバが不正アクセスを受け、「ファイナルファンタジー グランドマスターズ」など13タイトルが休止中だが、来週以降順次、サービスを再開していくという。(2018/3/8)

“投げ銭”サービス「Osushi」再開 「金銭」受け取り→「商品」と交換制に
ネットクリエイターなどに“投げ銭”できる「Osushi」がサービスを再開。「法的な問題があるのでは」などの指摘が出ていたが、応援された側が「金銭」をそのまま受け取るのではなく商品と交換する仕組みに。(2018/3/7)

コインチェック「NEM」流出から1カ月、補償や営業再開は依然不透明
コインチェックで巨額のNEMが流出してから26日で1カ月。顧客への補償は依然として不透明で、停止中の仮想通貨の売買や送金など営業再開のめども立っていない。(2018/2/26)

コインチェック、人材不足で早期の安全対策は困難 営業再開できない恐れも
日本円の出金を約半月ぶりに再開したコインチェック。ただ、人材確保などが円滑に進まないとみられ、顧客保護に万全を期することができるのか不安視されている。(2018/2/14)

「破産せず、事業続ける」:
コインチェック、初日の日本円出金額は「401億円」 補償の日時は「未定」
コインチェックの大塚雄介COOが本社で会見を開催。同日出金を再開した日本円について、顧客が夜までに引き出した金額は計約401億円だったと発表。破産申請などはせず、これからも事業を続ける方針という。(2018/2/13)

仮想通貨580億円流出のコインチェック「補償のめどついた」 事業は継続、確認が済みしだい送金や売買も再開へ
13日より、ようやく日本円での出金を再開しています。(2018/2/13)

コインチェック、日本円の出金を再開
コインチェックが2月13日、日本円の出金を再開した。(2018/2/13)

コインチェック、日本円出金を13日に再開へ
仮想通貨取引所「Coincheck」を運営するコインチェックが、日本円の出金を2月13日に再開すると発表した。(2018/2/9)

藍井エイル、2018年春に歌手活動再開 新曲「約束」MVも発表
2016年11月の日本武道館ライブから活動を休止していました。(2018/2/8)

コインチェック、日本円出金再開に向け「準備中」
コインチェックは2月3日、日本円の出金再開について「準備を進めている」と改めて発表した。具体的な再開時期については明らかにしていない。(2018/2/5)

コインチェック窃盗犯、送金を再開 コンタクト取った人に“返信”?
コインチェックからNEMを盗んだ犯人のものとみられるアカウントから30日夜、再び送金が始まった。犯人にメッセージなどを送ったアカウントに対して、少額を送金しているようだ。(2018/1/31)

コインチェック、出金再開見通しを近日発表へ
コインチェックが、停止している出金機能の再開見通しを近日中に公表する。(2018/1/30)

3Dプリンタニュース:
最大造形高さ1200mmの大型3Dプリンタ、フィラメント切れも自動検出して造形再開
APPLE TREEは、業務用大型3Dプリンタ「Jupiter(ジュピター)」を発表した。最大造形サイズが幅800×奥行き600×高さ1200mmと大きく、FFF(熱溶融積層)方式により、最小積層ピッチ100μmの高精細な造形ができる。(2018/1/30)

コインチェック、ビットコイン決済サービスも停止
コインチェックは、ビットコイン決済サービス「Coincheck payment」の新規支払い受け付け・日本円出金を、27日午後5時ごろから停止する。再開の見込みは「未定」という。(2018/1/27)

「気ままな感じでねっ!」 梨花、4年ぶりにブログ再開し読者から質問募る
「梨花だけど質問ある?」スタイル。(2018/1/26)

JR東海道線、小田原〜熱海間上下線で運転見合わせ 真鶴〜湯河原駅間でレール故障
運転再開は11時50分頃の見込み。【更新】11時55分頃運転再開。(2018/1/26)

Microsoft、AMDマシン向けの更新プログラム配信を再開
不具合が発覚して一時的に停止していた、一部AMDマシン向けのWindows更新プログラム配信を再開した。(2018/1/22)

ITはみ出しコラム:
さすがのAmazonもYouTube視聴不可は困る? Chromecastの販売を再開へ(Apple TVも)
ユーザー不在のまま激化しつつあったAmazonとGoogleの動画配信サービスを巡るバトル。AmazonのオンラインストアにGoogleのChromecastが並んだことで、終戦の兆しが見えてきました。(2017/12/17)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.