「安全」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「安全」に関する情報が集まったページです。

9月12日に分離:
フィスコ、グループ企業の仮想通貨交換所は「Zaifと無関係で安全」と強調
フィスコの出資先であるテックビューロの「Zaif」から仮想通貨の流出が発生した。これを受けてフィスコは、「グループ企業が運営する取引所は本件とは無関係で安全」との声明文を発表した。9月12日に分離していたという。(2018/9/20)

内外装・安全支援システムを変更:
アウディ「Q2」一部改良 特別仕様車「#contrast limited」も登場
アウディがコンパクトSUV「Q2」シリーズの装備・仕様を一部改良し、発売。内外装・安全支援システムを変更した。特別仕様車「Audi Q2 #contrast limited」も発売した。(2018/9/20)

キーワードは「イレージャーコーディング」
ストレージのRAID離れ オブジェクトストレージの人気が高まる理由は?
RAIDは定評のあるストレージテクノロジーで、信頼性と安全性の高さで知られているが、データ量の増加に伴い、より柔軟性が高く、効率性に優れた手段が注目されている。(2018/9/20)

日本モレックス D-Subアース用コネクター:
IP66、67準拠のアース接続用コネクター
日本モレックスは、安全で確実なアース接続ができる、IP66、IP67準拠の「D-Subアース用コネクター」を発表した。厳しい環境下でも迅速に導入でき、低インピーダンスのアース接続によって、各種機器をストレイ電圧から保護する。(2018/9/19)

セキュリティ・アディッショナルタイム(26):
さまざまなツールとAI/自動化がDevSecOpsの手助けに――「開発者はセキュリティにもオーナーシップを」
「ガートナー セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2018」に合わせて来日したガートナーのリサーチ・ディレクター、マーク・ホーヴァス氏に、安全なアプリケーション開発を実現するコツを尋ねた。(2018/9/19)

子どもを守るITリテラシー学:
子どもの「プログラミング教育」はゲームから始めるべき?
スマホやPCを子どもが当たり前に使う時代になりました。この連載では、主に小中学生の保護者に向けて、身近になったITをどう安全に活用し、子どもを守るのかを考えていきます。前回までセキュリティのテーマが続きましたが、今回はゲームで楽しみながら「プログラミング的思考」を伸ばすための方法について紹介します。(2018/9/16)

福岡の西日本大濠花火大会、2018年を最後に終了 安全確保に限界
観覧者の増加や急速な周辺開発に伴い、安全の確保が難しくなったとのこと。(2018/9/14)

未知の脅威にはAIが不可欠
モバイルワーカーの安全は「AI」が守る? 最新モバイルセキュリティ動向
モバイル脅威の情勢は多様化し続けている。そのため、IT部門は常に先手を打とうと戦っている。その鍵となるかもしれないのはAI(人工知能)だ。(2018/9/12)

日本モレックス:
過酷な環境下での使用に最適なIP66/IP67準拠の「D-Subアース用コネクター」
日本モレックスは、過酷な環境下において特殊な工具や訓練を必要とせず、安全で確実なアース接続を実現できるIP66/IP67準拠の「D-Subアース用コネクター」を発表した。(2018/9/11)

技適なかったハーマンのBluetoothスピーカー「Traveler」 回収へ
2月23日に発売されたHarman KardonブランドのBluetoothスピーカー「Traveler」に技適マークがないことが判明した。安全上の問題はないが、ハーマンインターナショナルは同製品を回収する。(2018/9/10)

「割れ物注意」「水漏注意」 郵便物用の注意表記シールがキーホルダーになって登場!
これさえあれば、いつでもどこでも安全安心?(2018/9/10)

大胆かつ安全に:
BMW、新型「X4」国内発売 クーペライクSUVが力強く進化
BMWが新型「X4」を発売。デザインを刷新し、走行性能を高めた。最先端の運転支援システムを搭載し、安全性も向上した。(2018/9/6)

インフィニオン TPM2.0ソフトウェアスタック:
ホストCPUとTPMを安全、容易に接続するOSSスタック
インフィニオンテクノロジーズは、「TPM2.0用オープンソースソフトウェアスタック」を発表した。新しいESAPIレイヤーを含むため、産業向けアプリケーションやネットワーク機器の組み込みシステムに、TPMを容易に実装できるようになる。(2018/9/6)

日立プラントメカニクス:
AIを活用した安全運転支援機能とインバータ故障予兆診断機能を搭載する天井クレーン
日立プラントメカニクスは、AI(人工知能)を活用した安全運転支援機能と、インバータ故障予兆診断機能を搭載する天井クレーン「Aicrane(アイクレーン)」を発表した。(2018/9/6)

ヘルメットにセンサーを取り付けるだけの体調管理システム、2019年春に現場へ導入
戸田建設は村田製作所と共同で、IoTを活用した建設現場の作業者の生体データをヘルメットに取り付けたセンサーで取得する「作業者安全モニタリングシステム」を開発した。センサーデバイスは、作業用ヘルメットに装着するだけで、生体・環境情報を取得することができる。このシステムにより、健康状態を“見える化”することで、現場監督者が適切な管理を行い、作業者の安全確保が確実に行われる労働環境が実現する。(2018/9/5)

フルハーネス着用義務化:
2019年2月からの義務化に先立ち、3M本社で国内向けモデルなど初の“フルハーネス”体験会
2019年2月から建設業界でも5m以上の高所作業でフルハーネス安全帯(墜落制止用器具)の着用義務化が始まる。グローバル市場でフルハーネス安全帯を販売しているスリーエムジャパンは、フルハーネスの製品ラインアップ紹介と吊(つ)り下がり体験会を都内で行った。(2018/9/4)

中堅技術者に贈る電子部品“徹底”活用講座(22):
接点部品(1)―― スイッチの基本と安全規格
今回からは接点を有する部品を取り上げます。まずはスイッチ(SW)から簡単に説明するとともにその使い方について説明します。(2018/9/4)

VRニュース:
食品安全教育をVR×AIで実現するソリューションを開発
日本能率協会は、ジョリーグッドと共同で「VR食品安全人材育成ソリューション」を開発した。食品製造事業者への食品安全教育を、高精細VR映像とVR空間の行動解析AIエンジンで実現する。(2018/9/3)

建設×VR/AR/MR:
東急建設が進めるVR技術を駆使した安全衛生教育と建設業の魅力発信。企画・開発に携わった伊藤誠氏に聞く
東急建設は、VR体験型の安全衛生教育システム「Tc-VOW(ティーシーバウ)」を開発し、建設業における3大労働災害を想定したコンテンツ制作を進めている。現在、サービスを行っている「墜落・転落災害」のVRコンテンツは、同社の協力会社も含め、これまでに作業員延べ150人以上が体験した。Tc-VOWとはどういうものか、建設業にVRを取り入れた意図、次の展開に位置付けるVR/AR技術を活用した建設業の魅力発信など、企画・開発に携わった東急建設 伊藤誠氏に聞いた。(2018/9/3)

アンカーとauがコラボしたワイヤレス充電器 最大15Wの急速充電に対応
アンカー・ジャパンは、auとのコラボレーション製品第3弾となるワイヤレス充電器「Anker PowerWave 15 Pad」を8月31日に発売。充電スピードと安全性を追求したオリジナルモデルで、最大15Wでの急速充電に対応する。取り扱いは全国のauショップ、auオンラインショップ、KDDI直営店などで行う。(2018/9/1)

The Qt Company:
PR:「Qt」は複雑化する組み込み開発のニーズに「3つの特徴」で応える
「Qt(キュート)」と聞くとGUI開発ツールという印象を持たれるかもしれないが、その本質は柔軟性の高いアプリケーション開発フレームワークであり、近年では機能安全までもシームレスに開発できる環境として産業界からも高い支持を得ている。その魅力に迫ってみよう。(2018/8/31)

よそ見、居眠り……:
新たな先進安全機能が拡大中 カメラで運転者の挙動確認
自動車の運転者の様子をカメラで確認し、わき見や居眠りに警告するシステムが、自動ブレーキなどに続く新たな先進安全機能として注目されている。重大事故防止のためにトラックなどに採用されてきたが、後付けのシステム市販やドライブレコーダーとの一体化など、活用が本格化してきた。導入は利便性向上を視野に乗用車にも広がった。自動運転の実用化でも重要な役割を果たすとみられている。(2018/8/30)

よそ見、居眠り…カメラで運転者の挙動確認 新たな先進安全機能が拡大中
自動車の運転者の様子をカメラで確認し、わき見や居眠りに警告するシステムが、自動ブレーキなどに続く新たな先進安全機能として注目されている。(2018/8/29)

製造業IoT:
建設現場の見守りはやっぱりヘルメット、村田製作所が熱中症モニタリングを開発
村田製作所と戸田建設は2018年8月28日、東京都内で記者説明会を開き、建設現場の作業員が熱中症で倒れるのを防ぐ「作業者安全モニタリングシステム」を発表した。(2018/8/29)

モビリティサービス:
トヨタがUberに555億円出資、両社のシステムを載せて自動運転車の安全性向上
トヨタ自動車は2018年8月28日、ライドシェアサービス大手のUber technologiesに5億米ドル(約555億円)を出資すると発表した。高度安全運転支援システム「ガーディアン」を搭載したトヨタ自動車のミニバン「シエナ」に、Uberの自動運転キットを組み合わせて自動運転のモビリティサービス専用車両を開発し、2021年に市場導入する。(2018/8/29)

パワーアシストスーツJ-PASがISO認証を取得、建設業へ販売展開
ジェイテクトは2018年8月23日、日本国内で販売を開始したパワーアシストスーツ「J-PAS」が日本品質保証機構でISO13482に基づく安全認証を取得したと公表した。(2018/8/29)

充電パッド部分が熱くなりにくい薄型ワイヤレス充電器
ロア・インターナショナルは、8月28日にHACRAYブランドからQi対応ワイヤレス充電器「Super Slim Wireless Charging Plate」を発売。厚さ3.8mmの薄型モデルで、独自の放熱設計により充電パッド部分が熱くくなりにくい安全・安心設計となっている。(2018/8/28)

「安全運転ならば保険料安く」 トヨタ、コネクテッドサービス対応の純正ナビ「T-Connectナビ」に新モデル
ナビ装着で「コネクテッドカー」に進化。(2018/8/28)

子どもを守るITリテラシー学:
子どもに「パスワード」の付け方を教えられますか?
スマホやPCを子どもが当たり前に使う時代になりましたが、生活が便利になる一方で、そこにはセキュリティの問題も潜んでいます。この連載では、主に小中学生の保護者に向けて、身近になったITをどう安全に活用し、子どもを守るのかを考えていきます。今回のテーマは「パスワードの付け方」です。(2018/8/28)

半径300メートルのIT:
「iPhoneを探す」を数時間で無効に スマホを盗んだ犯人の巧妙な手口とは
指紋認証や顔認証、紛失したデバイスを探す機能など、スマホのセキュリティは年々進化しています。しかし、それで安全性が手に入るかどうかはまさにユーザー次第。誰にでもある「弱点」を使って、セキュリティのプロさえだます手口が出てきているのです。(2018/8/28)

FAニュース:
AIを活用した安全運転支援機能を搭載する天井クレーン
日立プラントメカニクスは、AIを活用した安全運転支援機能とインバータ故障予兆診断機能を搭載する天井クレーン「Aicrane」を開発した。2018年9月に実証実験を開始し、同年度中の発売を目指す。(2018/8/27)

Office 365、4つの「セキュリティニーズあるある」とは:
PR:「Office 365のセキュリティ」をコストをかけずに、さらに強化する方法
働き方改革や生産性向上を背景に、規模を問わず企業導入が伸び続けている「Microsoft Office 365」。だがその利便性は非常に高いものの、セキュリティを強化したいという声も多く上がっている。そこで本稿ではOffice 365のセキュリティの悩み、4つの「あるある」を紹介。マイクロソフトのパートナーとして優れた実績を持つIIJに、より安全にOffice 365を使いこなす方法を聞いた。(2018/8/24)

auの緊急速報メール「災害・避難情報」が全国で受信可能に
auの緊急速報メール「災害・避難情報」が、全国の全地方公共団体に導入された。配信対象エリア内にいれば、災害情報や身の安全を守るための避難先情報などを無料で受信することができる。(2018/8/23)

台風20号直撃、西日本・東海エリアの天気と注意点 総雨量1000ミリを超える所も
夜間にピーク。早めの安全確保を。(2018/8/23)

経済の起爆剤となるか:
都市部でのドローン配送、32年にも 目視外飛行解禁で「空の産業革命」後押し
小型無人機(ドローン)の利活用に向け、政府が本腰を入れ始めた。平成32年にも、操縦者が目で機体を直接確認しなくても飛ばせる「目視外」の飛行を都市部で実現し、荷物配送などができるようにする。まずは今年度中に離島や山間部で目視外飛行を行えるようにする。現在は人の目が届かない場所での飛行は制限されているが、解禁されれば、物流や災害対応などのニーズが急拡大することが見込まれる。安全性を確保するためのルール整備などで実用化に向けた支援を行い、「空の産業革命」を推し進める考えだ。(2018/8/23)

FAニュース:
産業用安全ネットワーク2種に対応した安全システム用コントローラー
オムロンは、安全通信規格「CIP Safety」「FSoE(Safety over EtherCAT)」に対応した安全システム用コントローラー「NXシリーズ セーフティネットワークコントローラー」を発売した。(2018/8/21)

製造ITニュース:
紙文書をクラウドに保管へ、クラウドサービスで提供する文書管理システム
富士通九州システムズは、文書管理システムをクラウドサービスで提供する「GLOVIA smart ECM SaaS」の販売を開始した。紙文書やファイルサーバに蓄積した資産をクラウド上で安全に保管し、活用できる。(2018/8/21)

自然災害時にマンション修繕の現場で安全対策を一元管理するシステム
東急コミュニティーは開発したマンションの大改修工事用の施工管理システム「Field's EYES」に“災害対応支援”の機能が追加され、施工現場での運用を開始した。(2018/8/17)

モビリティサービス:
コネクテッドカーサービスの収益化、明確なターゲット設定が重要に
IDC Japanは2018年8月15日、コネクテッドカー関連のサービスの収益化について調査結果を発表した。自動車メーカーが安心安全を訴求するサービスに付加価値を持たせていくことが、収益化への近道であることが分かった。また、効率や快適性に関するサービスでは、ターゲット顧客層を明確に設定することが収益機会を高めるとしている。(2018/8/16)

通信確立までの時間を短縮:
暗号化通信ライブラリwolfSSLが「TLS 1.3」に対応
wolfSSLは、同社が開発する組み込み向け暗号化通信ライブラリをTLS 1.3に対応させた。旧バージョンに比べて、通信を確立(ハンドシェイク)するまでの時間を短縮した他、デフォルトでより安全な暗号化方式を使用できる。(2018/8/16)

人とロボットが同じ空間で働く未来
AI搭載の協働ロボット(Cobot)がいれば「理想の職場」になるのか? 夢と現実を探る
ロボットに人工知能(AI)を搭載することで、人間とロボットが同じ空間で安全に働けるようになり、人間の労働はもっと効率的になるかもしれない。しかし、課題は残る。(2018/8/16)

LA地下鉄に「全身スキャナー」設置 全米初、利用客の安全を守るハイテクセキュリティ装置
隠し持っている危険なものを検出。(2018/8/15)

厚さ7mmの薄型ワイヤレス充電パッド「Futura X Wireless Charging Pad」発売
Glotureがアルミニウム製の薄型充電パッドを9月に発売する。厚さ7mmを実現し、精密設計の内部冷却システムで安定性と安全性を確保。iPhone XやAndroid搭載端末に対応し、電源供給用のUSB Type-Cケーブルが付属する。(2018/8/14)

ついに解禁「液体ミルク」 知っておきたい7つのポイントまとめ
どういう商品? 安全性は平気? 常温で大丈夫なの?(2018/8/14)

子どもを守るITリテラシー学:
子どものITセキュリティに家族で向き合っていますか?
スマホやPCを子どもが当たり前に使う時代になりましたが、生活が便利になる一方で、そこにはセキュリティの問題も潜んでいます。この連載では、主に小中学生の保護者に向けて、身近になったITをどう安全に活用し、子どもを守るのかを考えていきます。(2018/8/9)

混乱や待ち時間を解消?:
2020年東京五輪にNECの顔認証導入へ――関係者の認証チェックを「厳格かつ高速」に
※記事末尾に動画付き※ 東京2020大会の全会場と選手村、プレスセンターなどに、NECの顔認証が導入されることが分かった。関係者以外立ち入り禁止エリアの入場管理を、安全かつ迅速に実現できるという。(2018/8/8)

画像ヒントを併用して短所を克服:
パスワードの後継となるか? 米研究者、新しいパスフレーズシステムを提唱
パスフレーズはパスワードよりも文字数が長いために安全だが、覚えにくく、入力ミスも多い。この欠点を取り除いた新しいパスフレーズシステムを米国の研究者が開発した。一週間以上経過した時点で従来のパスフレーズシステムと比較したところ、正答率が30ポイント以上向上したことが分かった。(2018/8/7)

「すごい揺れました」「とりあえず安全」 インドネシアで強い地震、バリ島滞在中の海老蔵が無事報告
何事もなくて本当に良かった。(2018/8/6)

日本発、衛星画像のカラー化技術 無人機との組み合わせで災害対応も
人工衛星などが上空から撮影した画像は、夜間や悪天候時は、レーダーでのモノクロ撮影に限られていたが、近年これをカラー化する世界初の技術が日本で生まれた。西日本豪雨の被災地も明瞭に浮かび上がり、安全保障や災害対応など多様な場面での活用が期待されている。(2018/8/6)

Webサイトを見るだけでログイン:
Microsoft Edgeがパスワード不要の「Web Authentication」に本格対応
Windows Insider Preview Build 17723以降のMicrosoft Edgeが「Web Authentication」仕様をサポートした。これにより、パスワードを使わなくても安全でより良いWebエクスペリエンスを得られるようになったという。(2018/8/3)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.