「給料」最新記事一覧

429社に:
厚労省“ブラック企業リスト”更新 電通本社はリスト外に
厚生労働省が“ブラック企業リスト”を更新。掲載企業数は429社となった。事業主が元従業員の給与を着服した土木建設請負業者などが追加された。(2018/1/17)

専門職系の求人増で:
アルバイト平均時給、過去最高の1052円 17年12月
2017年12月の全国のアルバイト平均時給は1052円で、過去最高を記録した――パーソルキャリア調べ。(2018/1/15)

服の片付けや不要チラシの始末など「名もなき家事」の価値は? 大和ハウスが「家事年収シミュレーター」公開
「家事」として認識されにくい細かな作業まで含めた作業による負担を、賃金の形で示します。(2018/1/11)

毎日の家事、年収にするといくら? 大和ハウス工業が「家事年収シミュレーター」公開
大和ハウス工業が毎日の家事に必要な労力を年収に換算する「家事年収シミュレーター」を公開した。(2018/1/9)

キャリアニュース:
年収1000万円以上の求人――昨年より「増えている」と37%が回答
「ミドルの転職」が「年収1000万円以上の転職」についての調査結果を発表。調査対象の37%が、昨年よりも年収1000万円以上の求人が「増えている」と回答した。既存事業の拡大を目指す企業が、マネジメント職や専門家を求めているようだ。(2017/12/26)

管理部門の“締め日パニック”を解消せよ
マンガで解説:総務・経理・人事の「働き方改革」はペーパーレスから始めよう
経費精算やタイムカード、給与明細などを紙で運用している中堅・中小企業は少なくない。締め日に大量の紙をやりとりしてクタクタの総務、経理、人事部門を救う方法とは?(2017/12/25)

キャリアニュース:
「働き方改革」――約8割が「実感していない」と回答
日本能率協会が「働き方改革」についての意識調査の結果を発表。約8割が「働き方改革」を実感しておらず、理由として「有給休暇が取りにくい」「正社員と非正規社員の給料の格差がなくならない」「残業が減らない」などを挙げた人が多かった。(2017/12/18)

「ガイアの夜明け」砲で明らかとなった“外国人実習生のブラック労務問題”、ジャパンイマジネーションが「大いに反省すべき点であると認識」とコメント
多額の賃金未払いなど衝撃的な問題が明らかに。(2017/12/16)

正社員と同じ待遇を:
パートにも退職金 「時間制正社員」で介護職員の離職防止へ
パナソニック エイジフリーはこのほど、介護職員を対象に時給制で勤務時間を選べる「時間制正社員制度」を2018年4月から導入すると発表。正社員と同じ福利厚生を受けることができ、退職金も支給するという。(2017/12/14)

大阪大学で情報漏えい 教職員や学生など約8万人分の個人情報が流出か
大阪大学が情報漏えいを発表。氏名や学籍番号といった情報が流出したほか、学内関係者の給与情報などが盗まれた可能性があるという。(2017/12/13)

順次グループ全体で導入:
GMOインターネット、給料の一部を「ビットコイン」で
GMOインターネットグループが、給料の一部をビットコインで受け取れる制度を導入。順次グループ企業へと広げていく。(2017/12/12)

GMOインターネット、給与の一部をビットコインで受け取り可能に
給与の一部をビットコインで受け取れる制度を、GMOインターネットが導入へ。従業員に仮想通貨に積極的に触れてもらうことで、仮想通貨関連事業への取り組みをさらに進める狙いだ。(2017/12/12)

キャリアニュース:
正社員の2017年平均年収は418万円――職種別、業種別では金融分野が1位
転職サービス「DODA」が「平均年収ランキング2017」を発表。2017年の平均年収は418万円だった。また、職種別、業種別のランキングは、いずれも金融分野がトップだった。(2017/12/12)

キャリアニュース:
転職理由の1位は「ほかにやりたい仕事がある」――10回連続
転職サービス「DODA(デューダ)」が「転職理由ランキング」を発表。10回連続で「ほかにやりたい仕事がある」が転職理由の1位となった。また、今回の調査では、給与や会社の評価方法など、待遇に関する不満を挙げる人の割合が上昇していた。(2017/12/11)

約半数が使い方を後悔:
年収1000万円以上がボーナスの使い方で“後悔”したこと 1位は……
高所得者がボーナスの使い方で“後悔”したことは? ワコム調べ。(2017/12/7)

なんで1000円も? 「森林環境税」という名の増税 消費増税で所得はウン十万の目減り
年末の税制改正に向けて増税論議のオンパレードだ。年間千円の税金を徴収する「森林環境税」と呼ぶ増税案が決まる見通しだ。そのうえ、サラリーマン世帯の給与所得控除の削減やたばこ税の増税までも実施される方向だ。(2017/12/6)

格差是正を優先:
所得税改革で年収800万円超を「高所得者」へ 増税対象に
政府・自民党は、所得税改革をめぐり、増税となる年収の線引きを800万円超とする方向で最終調整。(2017/12/6)

あなたの職種は何位?:
サラリーマンの平均年収 17年に一番高かった業種は?
2017年のサラリーマンの平均年収は?――パーソルキャリア調べ。(2017/12/5)

現場からの要望と実際の対応にずれ:
人手不足を感じてる介護職員は97% 有効策は「給料を上げること」が8割
職場で人手不足を感じている介護職員は97%――ウェルクス調べ。(2017/11/29)

前向きな理由での転職は少なめ:
17年上半期の転職理由、「給与に不満」が増加
2017年上半期にビジネスパーソンが転職を検討した理由は?――パーソルキャリア調べ。(2017/11/27)

パートタイマーの給与、正社員と同水準に パナソニック子会社
パートタイマーが無期雇用で、正社員(月給制)と同水準の時給を受け取れるようにする制度を、パナソニック エイジフリーが2018年4月に導入。(2017/11/22)

Google、米国で好評のジョブサーチに給料の目安表示や地域フィルタなどの新機能追加
Googleが6月に米国で立ち上げたGoogle検索での職探しサービス「Google for Jobs」に、LnkedInなどからの給料情報表示、地域でのフィルター、候補の保存機能が追加された。(2017/11/16)

「心が折れる職場」:
部下の心を折る職場は「飲み会なし」「上司がエリート」
労働時間や給与体系に問題のない、一見すると“ホワイト”な企業でも、特定の部署でメンタル不調者が続出するケースがあるという。一体何が問題なのだろうか。(2017/11/13)

キャリアニュース:
「入社前の情報収集が足りなかった」と20代転職経験者の3人に1人が後悔
プレシャスパートナーズが、20代を対象とする「転職活動に関する調査」の結果を発表。3人に1人が「入社前の情報収集が足りていなかった」と後悔していた。転職活動時に知りたい情報は「給与などの待遇・福利厚生」が最も多かった。(2017/11/13)

「人生を無駄にしない会社の選び方」:
元人事が語る「ブラック企業」の見抜き方・抜け出し方
「ハードワークで低賃金」「福利厚生が未整備」といった環境下で働いており、「自分の会社は『ブラック企業』かもしれない」「会社に残るべきか、辞めるべきか」――などの悩みを抱えている人の指針になるのが、「人生を無駄にしない会社の選び方」だ。(2017/11/6)

通勤時間が20分増えると、給料が2割減ったのと同じくらい満足度が低下 英大学が研究
ただし徒歩や自転車での通勤は、満足度を低下させないとの所見も出ています。(2017/11/2)

バリバリ稼ぎたいけど……:
ミレニアル世代、10年後の年収予測は「430万円」
ミレニアル世代が考える、自分の10年後の年収予測は平均430万円――ジャパンネット銀行調べ。(2017/10/27)

気分は億万長者? 札束メモ帳で顔をぺしぺしされたい
「給料袋」封筒に入れたい。(2017/10/30)

アートコーポレーション元従業員、引越事故賠償金で11万円以上天引き……給与明細はマイナスに アート側は「問題ない」
「引越事故賠償金」とする欄で11万3550円が天引き。【更新】(2017/10/29)

MONOist×JOBS 転職市場動向:
2017年も下半期に突入。活況な転職市場はいつまで続く?
技術者の転職市場を毎月レポートする「MONOist×JOBS 転職市場動向」。10月は、給料を上げたい、働き方を変えたいと思っている人に、管理職への転職について紹介します。(2017/10/12)

PR:給料日前はいつもギリギリの若者に翌日1000万円当たるチャンスを与えてみた結果
みなさんにもチャンスがあります。(2017/10/6)

厚労省に効果を聞いた:
「ブラック企業リスト」427社に 賃金未払いなど相次ぐ
厚労省が、「ブラック企業リスト」として注目を集めている労働基準関係法令に違反した企業のリストを更新した。(2017/9/25)

「3人の社員が5人分働いて4人分の給料をもらう」 Huawei躍進の背景にある思想
スマートフォンのシェア世界3位まで上り詰めたHuaweiがこの先に目指すものは何か? 同社の躍進の秘密と今後の展望を、本社のエクゼクティブ Jim Xu氏に取材した。同氏はキャリアとのビジネスやスマートホームの展開にも意欲を見せていた。(2017/9/25)

MONOist×JOBS 転職市場動向:
大手企業の高給与求人、中小出身でも応募できる?
技術者の転職市場を毎月レポートする「MONOist×JOBS 転職市場動向」。9月は、中小企業で着実にスキルを積上げてきた方なら必見の「中小から大手企業への転職」をご紹介します。(2017/9/7)

給料前払いサービス「Payme」開始 スマホで申請して最短で即日受け取り
ベンチャーキャピタルIncubateFundや起業家の家入一真さんなどが出資。(2017/9/4)

12年の初調査から17万円増加:
ゲーム開発者の平均年収は539万円 最終学歴“人文系”4割
コンピュータエンターテインメント協会が「ゲーム開発者の生活と仕事に関するアンケート調査2017」を発表。商業ゲーム開発者・スタッフの平均年収は? 最終学歴の学問系統は意外な結果に。(2017/8/29)

『ビジネス2.0』の視点:
給与を決める上で重視する要素、会社と個人でギャップ
優秀なIT人材の獲得競争が激化する中、企業はIT人材をどう評価し、扱うべきなのか。経産省の調査から読み解く。(2017/8/24)

はるやま、ワタミも年収アップ:
上場小売業の平均年収、1位はあのレストラン運営会社
2016年度の上場小売業の平均年収は?――東京商工リサーチ調べ。(2017/8/22)

スピン経済の歩き方:
なぜマスゴミの「ブーメラン報道」が目立ってきているのか
マスコミの「ブーメラン報道」が目立ってきている。最低賃金の問題について、中日新聞は政府が掲げる「時給1000円」を目指すべきと主張したものの、自社のデスク補助業務の学生アルバイトを「時給910円」で募集していることが判明。なぜこのような報道が起きるかというと……。(2017/8/22)

セゾンが社員区分を撤廃し全員と正社員契約 無期雇用で福利厚生や賃金を統一し賞与も年2回
テレワークや短時間勤務など働き方改革も実施。(2017/8/14)

クレディセゾン、全従業員を正社員化 背景に「AIやFinTechの興隆」
クレディセゾンが全従業員を正社員に。時給制のパート社員など2200人を、月給制・無期雇用の正社員にする。(2017/8/14)

求人情報約250万件から平均値を集計:
2017年プログラミング言語別平均年収ランキング、1位は「Scala」 平均626万円
ビズリーチは、「プログラミング言語別 平均年収ランキング2017」を発表した。第1位はScalaで平均年収は626万円、第2位はPythonで601万円、第3位はKotlinで577万円だった。SwiftやRuby、Javaなどもランクインした。(2017/8/14)

プログラミング言語別の平均年収ランキング、1位は「Scala」
国内のプログラミング言語別の平均年収ランキングを、ビズリーチが発表。1位は「Scala」の626万円だった。(2017/8/10)

榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:
時給650円のバイトが教えてくれた「働きがい」のある職場の条件
社員がいきいきと働ける職場職場をつくるには、何が必要なのか? そのヒントは、学生時代のファストフードのバイトの経験の中にあった。いったい、バイトの現場で何が起こっていたのだろうか。(2017/8/8)

金融大手、総合商社も上位に:
上場企業の平均年収、16年度トップはあのテレビ局
2016年の上場企業の平均年収、高かった企業は?――東京商工リサーチ調べ。(2017/7/25)

「残業100時間が常態化」「残業代は給料の4%のみ」 教職員の過酷な労働実態、過労死遺族らに聞く
結果的に真面目な教職員ほど負担が増えてしまうという現状……。(2017/7/26)

マイナス金利政策の影響も:
国内主要銀行の平均年収、5年ぶり減の約615万円
国内主要銀行の年収は、前年からどのように変動したのだろうか――東京商工リサーチ調べ。(2017/7/21)

「年収2000万」ってどんな世界? 戦略コンサルの1日を勝手に再現してみた
知られざる激務と高報酬の世界。(2017/7/19)

常見陽平のサラリーマン研究所:
あなたの給料は本当に妥当か
給料の相場を知ることは有益だ。あなたはもっと稼げる人間なのかもしれない。「世の中お金じゃない」と言う人もいるが、まず現実を知った上で、何を大切に生きるのかを自分に問い直すべきだ。損をしないために。(2017/7/14)

キャリアニュース:
退職を考えたきっかけのトップは「給与が低かった」――46%が回答
総合求人/転職支援サービス「エン転職」が、「退職理由」についてのアンケート調査結果を発表した。退職を考え始めたきっかけとして「給与が低かった」を挙げた人が46%と最も多かった。(2017/7/6)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2018 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.