ソフトウェア に関する記事 ソフトウェア に関する質問

「ソフトウェア」最新記事一覧

パラゴン、Mac用NTFSドライバ「Paragon NTFS」の“Yosemite Developer Preview限定”試用版を公開
パラゴン ソフトウェアは、次期Mac OS Xの開発者向けプレビュー版専用となるNTFSアクセス用ドライバ「Paragon NTFS for Mac OS X Yosemite Preview」を公開した。(2014/7/24)

モンハン頼み限界 カプコン、買収危機より深刻なソフト不足
カプコンが、新たな看板ソフトを打ち出せていない。開発の遅れや市場の先読みにつまずいているためだ。(2014/7/24)

Googleも支持、期待の先にあるものとは
大注目の仮想化ソフト「Docker」に乗り遅れないために
Googleをはじめとした多くの企業や多数の開発者に支持され、急成長を遂げている「Docker」が、本格的に企業利用を推し進めるべく商用サービスをリリースした。(2014/7/24)

ITプロ必携の超便利システム管理ツール集(1):
進化を続ける“高機能タスクマネージャー”「Process Explorer」を使いこなせ
本連載では、システム管理やネットワーク管理、トラブル解決に役立つフリーソフト/シェアウェアを紹介します。よく知られたツールを取り上げることもありますが、ちょっとした使い方の具体例を紹介していきます。(2014/7/23)

App Town 仕事効率化:
BBソフトサービス、詐欺対策機能付きブラウザアプリ「Internet SagiWall for iOS」
BBソフトサービスは、フィッシング詐欺や偽販売サイトを自動的に判断して警告するiOS向けブラウザアプリ「Internet SagiWall for iOS」をリリース。(2014/7/22)

ドコモ、「AQUOS PAD SH-06F」のソフト更新を7月24日に開始――「VoLTE」に対応
ドコモは、シャープ製タブレット「AQUOS PAD SH-06F」のソフトウェア更新を7月24日に開始。高品質な通話サービス「VoLTE」に対応する。(2014/7/22)

FAニュース:
三菱電機、TCO削減とセキュリティ機能を強化した汎用シーケンサ新製品を発売
新製品「MELSEC iQ-Rシリーズ」は、現行シリーズから処理能力と速度を約40倍に改善。また、ソフトウェアを構造化する「構造化プログラム」の操作性向上によって開発工数を削減するなどしている。(2014/7/22)

直販で買ってソフトをもらおう:
富士通WEB MART、イラスト作成ソフトプレゼントキャンペーンを開始
スタイラスペンが付属するPCを購入すると、先着順でイラスト作成ソフト「CLIP STUDIO PAINT PRO」がもらえる。(2014/7/22)

既存ハードを生かしてソフト開発で強化
新iPhone登場まで待てない、スマートフォンに“次の驚き”をもたらす6つの進化
スマートフォンの次の驚きに寄与するのは、既存ハードウェアと革新的なソフトウェアの融合――。米Amazonの新スマートフォンや米Googleの“レゴフォン”を分析し、スマートフォンの今後を予測する。(2014/7/21)

無償ソフトで技術計算しよう【プログラミング処理編】(1):
FreeMatでCSVファイルを入出力する
「プログラミング処理編」では、ファイル入出力や標準的なアルゴリズムなどソフトウェア開発に必要な方法について取り上げる。今回は、変数データの入出力やCSVファイルの入出力について解説する。(2014/7/18)

マグレックス、Mac OS用のMicrosoft Office互換ソフト「Rex Office 2014」
マグレックスは、同社製のMac OS用Office互換ソフト「Rex Office」の最新版「Macのオフィス Rex Office 2014 Professional for Mac」を発売する。(2014/7/16)

【新連載】新しい働き方、新しいオフィス:
なんでもハック! クラウド会計「freee」の新オフィスに潜入した
クラウド会計ソフト「freee」が導入10万事業所を突破した。サービスの拡張につれ社員数も増え、新オフィスへと移転した。「なんでもハックしよう」が社是のfreee流オフィスとは?(2014/7/16)

Google、脆弱性調査に専従する「Project Zero」発足
「Project Zero」ではインターネットで広く使われているソフトウェア製品の脆弱性調査に研究者を専念させる。(2014/7/16)

DMS2014特別企画ブースリポート(PTC):
PR:「PTC Creo 3.0」に熱視線、マルチCAD対応や構想設計支援に注目
製造業の活動を革新的な機能で支援してきたPTC。特に、拡張性と運用性に優れ、設計現場から高い支持を受けるCADソフトが「PTC® Creo®」だ。2014年6月に開催された「第25回 設計・製造ソリューション展(DMS2014)」では、新製品「PTC Creo 3.0」が登場。多くの来場者の注目を集めた。(2014/7/16)

業務ソフト市場は継続成長、製造管理分野で前年比8.6%増に
IDC調査によると、2013年のエンタープライズアプリケーションソフトウェア市場は3057億400万円で、前年比成長率は5.8%となった。(2014/7/15)

短期集中連載「人工知能と生きる」第1回:
ソフトバンクの人型ロボット「Pepper」――今、人工知能で人の感情はどこまで分かるのか?
ソフトバンクがパーソナルロボット「Pepper」を発表した。感情認識機能が目玉のようだが、実際にロボットは人間の感情を認識できるのだろうか。(2014/7/15)

デジタル写真の露出が分析できる「EVGrapher」
ライブラリにある写真を読み込むと、その写真の露出を分析し、グラフ上にプロットするソフトが「EVGrapher」。写真をより深く勉強しようと思ったときに便利なツールだ。(2014/7/11)

Google、Microsoft、Red Hat、IBMがDockerサポートで団結
Googleが先月立ち上げたコンテナ型仮想化ソフト「Docker」の管理ツール「Kubernetes」のプロジェクトに、Microsoft、Red Hat、IBM、Docker、Mesosphere、CoreOS、SaltStackが参加した。(2014/7/11)

VMwareとの連携、安定性を強化:
レッドハット、「Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 5」リリース
レッドハットがエンタープライズ向けクラウド基盤ソフトウェアの最新版「Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 5」の正式リリースを発表した。(2014/7/10)

Sonic Studio、DSD対応のMac用音楽プレーヤーソフト「Amarra 3.0」
米Sonic Studioは、Mac用の音楽再生ソフト「Amarra Version 3.0」の販売を開始した。(2014/7/10)

株主から「買収防衛策」否決されたカプコン 人気ソフトどう守る 副社長に聞く
株主総会で買収防衛策継続が否決されたカプコン。「モンスターハンター」「バイオハザード」など人気シリーズを抱え、敵対的買収の標的になる懸念が出てきたが、今後の対応は。(2014/7/10)

検証!ウイルス対策の「盲点」2:
PR:工場・病院の専用機器、XP端末……事例で見る、状況別・オフライン端末の守り方
第1回の「復旧のスピード化」に続き、第2回のテーマは「オフライン端末※1の保護」だ。工場や病院の専用機器をはじめ、業務の現場に存在するオフライン端末は従来、インターネットに接続していないことからセキュリティリスクは少ないと考えられてきた。しかし近年はウイルスの侵入経路が多様化。パターンファイルが更新できないため、一般のウイルス対策ソフトが効果を発揮しにくいオフライン端末は、企業システムの弱点となっている。今回はその効果的な守り方について、いくつかの事例で検証してみたい。 (※1 スタンドアロン端末、クローズドネットワーク環境下の端末など、インターネットに接続していない端末のこと)(2014/7/10)

AOSテクノロジーズ、統合管理機能も備えたフィルタリングソフト「NetNanny インターネットフィルタリング」最新版を販売開始
AOSテクノロジーズは、同社製フィルタリングソフト「NetNanny インターネットフィルタリング」最新版のダウンロード提供を開始する。(2014/7/9)

ホワイトリスト型対策ソフトと駆除ソフト:
2種類のウイルス対策ソフトを搭載可能なPOS端末、NECが発表
NEC/NECプラットフォームズは2014年7月8日、2種類のウイルス対策ソフトを搭載可能な新型POS端末「TWINPOS9000シリーズ」を発表した。(2014/7/11)

企業動向:
ソフトバンク・テクノロジーがミラクル・リナックスを子会社化
ソフトバンク・テクノロジーとミラクル・リナックスは、技術提携、および新たなサービスや事業展開を視野に入れた資本提携に合意したことを発表した。個人株主が保有するミラクル・リナックスの既存株式の58%を、ソフトバンク・テクノロジーが取得し、ミラクル・リナックスを子会社化する。(2014/7/8)

ミュージックビデオ作成ソフト「キャラミん」にモーション無断利用の指摘 制作会社が謝罪
モーション作者による無断利用を指摘を受けて謝罪した。(2014/7/8)

Facebook、Googleなどが相次ぎ開始
「バグを見つけてお金をもらえる?」、各社が始める報奨金施策の狙いとは
サービスやソフトウェアに含まれる脆弱性の報告を外部から求める「バグ報奨金プログラム」を導入する企業が増えている。どのようなプログラムで、どのように実施されているのか?(2014/7/8)

シグマ、RAW現像ソフト「SIGMA Photo Pro 6.0.2」を提供開始
シグマのRAW現像ソフトの最新版「SIGMA Photo Pro 6.0.2」がダウンロード可能になっている。(2014/7/7)

Baidu IMEアップデートシステムに障害 インストールしていないソフトがインストールされる不具合
自動アップデートの条件設定を誤っていたことが原因。(2014/7/7)

お待たせしました、もうすぐです:
PC TV with nasneは7月10日10時発売――VAIOでなくても利用可能
プレイステーション向けのネットワークレコーダー「nasne」を、Windows PCで利用するためのソフト「PC TV with nasne」の販売が7月10日から始まる。(2014/7/7)

Adobe「Creative Cloud」に素材マーケット 無料で月500個までダウンロード可能
Adobeの「Creative Cloud」会員向けに、各ソフトで使える素材をダウンロードできる「Creative Cloud Market」が開設された。(2014/7/7)

PCからnasneを使える「PC TV with nasne」、7月10日発売
ネットワークレコーダ/メディアストレージ「nasne」を一般のWindows PCから利用できるようにするソフト「PC TV with nasne」のダウンロード販売は7月10日午前10時から。(2014/7/7)

転がるロボット「スフィロ」と「宇宙」の意外な関係
東京ドームシティにオープンする宇宙ミュージアム「TeNQ」には、球形ロボット「sphero」(スフィロ)で遊ぶ、来場者参加型ゲームが設けられる。そのお披露目に、スフィロのソフトウェア開発を担当したアダム・ウィルソン氏が登場した。(2014/7/4)

OpenStackとの連携機能強化:
ミラクル・リナックス、OSS運用統合ソフト「Hatohol」をクラウド向けに拡張へ
ミラクル・リナックスは2014年7月4日、オープンソースの運用統合ソフトウェア「Hatohol」を拡張し、クラウド基盤ソフトウェア「OpenStack」と連携した「統合運用管理ソリューション」の実現に向け、開発を進めていく方針を明らかにした。(2014/7/4)

KDDI、「AQUOS PAD SHT21」の不具合をアップデートで解消――絵文字の表示を修正
KDDIが、シャープ製タブレット「AQUOS PAD SHT21」のソフトウェアアップデートを公開。SMS(Cメール)受信時に絵文字を正常に表示できないことがあるという事象を修正した。(2014/7/3)

PLMニュース:
PTCがMBSEのAtegoを買収、PLM事業とALM事業を強化
米PTCは、モデルベースシステムズエンジニアリング(MBSE)とソフトウェア開発用アプリケーションを提供するAtegoを、5000万ドルで買収すると発表した。PTCはこの買収で、製品ライフサイクル管理(PLM)と、アプリケーションライフサイクル管理(ALM)分野のソリューションを強化する方針だ。(2014/7/3)

好調の理由は追い風でなく信頼:
「ものすごくよかった。最高の年」──日本マイクロソフト2015年度経営方針記者会見
過去最高の売り上げを達成した2014年度を振り返り、Surface Pro 3の反響、新CEOがもたらす変化、そして、先日大きく報道された「IEの脆弱性」について言及した。(2014/7/2)

スマートフォンアプリ レビュー:
スマホのOfficeアプリ「Office Mobile vs. QuickOffice」どちらが実用的?
スマホでOfficeドキュメントを編集する際、マイクロソフトの「Office Mobile」とGoogle傘下のQuickOfficeの「QuickOffice」のどちらが実用的か。両アプリのOffice互換性を検証した。(2014/7/2)

車載情報機器:
Automotive Grade Linuxが開発成果を発表、リファレンスは「Tizen IVI 3.0」
Linuxベースの車載情報機器関連のオープンソースプロジェクト「Automotive Grade Linux(AGL)」が、開発したソフトウェアの最初のバージョンを公開。東京都内で開催中の開発者向けイベント「Automotive Linux Summit 2014」では、リファレンスプラットフォームとなっている「Tizen IVI」の開発状況やAGLの開発成果が紹介された。(2014/7/2)

戸惑う現場
クラウドに仕事を奪われて失業する人、しない人
ソフトウェアやサービス、そして企業インフラがクラウドへ移行されると、IT担当者の役割は変化する。それによってIT担当者が職を失う可能性はあるのか?(2014/7/2)

PCからnasneでテレビや録画番組を視聴できる「PC TV with nasne」発売へ
ネットワークレコーダ/メディアストレージ「nasne」で一般のWindows PCからテレビ視聴や番組録画・再生を利用できるようにするソフト「PC TV with nasne」が発売される。(2014/7/1)

Apple、セキュリティアップデートを含む「iOS 7.1.2」を公開
Appleが、iOSデバイス向けの最新ソフトウェア「iOS 7.1.2」の提供を開始した。(2014/7/1)

アップル「Aperture」開発中止でAdobe Creative Cloudに追い風は吹く?
アップルが自社開発してきた画像編集ソフトの開発を中止、Photos for OS Xへの移行を呼びかけている。Creative Cloudの新バージョンやPhotographyの値下げを発表したばかりのアドビも、プロユースのソフトを求めるユーザー向けのプランをアピールしている。(2014/6/30)

初回のお試しは無料:
目の前でExcelファイルが使いやすい業務アプリに “39万円ポッキリ”の開発サービス「システム39」
「最新の在庫管理表はどこ?」「上書きした顧客情報が間違っている」「スタッフの営業成績をまとめるのが大変」――。こんなトラブルが起こりがちな“メール×表計算ソフト”から「クラウド型ツールに乗り換えたい」という中小企業を支援する、安価な業務アプリ開発サービス「システム39」が登場した。(2014/6/30)

Google、時計/TV/車向けAndroidではサードパーティーによるカスタマイズを禁止
GoogleのAndroidエンジニアリング担当ディレクターが、Android Wear、Android Auto、Android TVのUIはOEMではなくGoogleが管理し、ソフトウェアアップデートもGoogleが直接行うと語った。(2014/6/30)

実践! IT資産管理の秘訣(5):
ソフトウェア、ライセンスの現状把握と、その後の管理、確実な方法とは?〜今すぐ使える管理項目台帳もダウンロード提供〜
ソフトウェアライセンスを確実に管理できていなければ、コンプライアンス違反や高額な違反金を請求されるリスクが高まる。今回はソフトウェアとライセンスの現状把握方法を詳しく解説する。(2014/7/23)

Apple、プロ向け写真ソフト「Aperture」の開発を中止
既存の写真ライブラリは来年リリースされる「Photos for OS X」に移行できる予定。(2014/6/28)

ルーターも仮想マシンと同じようにスケールアウト:
ブロケードが開発進める分散型ソフトウェアルーター「VDR」
ブロケード コミュニケーションズ システムズは2014年6月26日、ソフトウェアルーター「Vyatta」に関する説明会を開催した。スケールアウト可能な形にVyattaを進化させていくという。(2014/6/27)

トヨタ「86」に続き:
「グランツーリスモ6」で実サーキット走行データを分析、「GT-R NISMO」が対応
日産自動車は、ゲーム機「PlayStation 3」の専用ソフトウェア「グランツーリスモ6」上で実際のサーキット走行データを再現できるサービス「NissanConnect NISMO Plus」を、2014年夏から開始すると発表した。(2014/6/27)

3Dプリントニュース:
「Photoshop」からDMMの3Dプリントサービスを即発注! 秋葉原にモノづくり拠点も
DMM.comは、同社の運営するモノづくり支援サイト「DMM.make」が提供する3Dプリントサービスと、アドビシステムズの画像編集ソフト「Adobe Photoshop CC」の連携を発表した。Photoshop CC上から直接DMM.makeに3Dプリントの注文を行うことが可能になった。(2014/6/27)



バーチャルリアリティを楽しむためのヘッドマウントディスプレイ。初音ミクとの対面用と思われている節もあるが、それも含めて日本市場は重要視されている。Facebookが買収をしており、今後どのような用途が実現するのか楽しみにしたい。

LTE対応の端末でも音声通話については実は3Gが利用されていたが、それもいよいよLTEに切り替えられようとしている。ユーザーにはなにが違うのか伝わりにくいが、通信キャリアにとっては通信がIP化され、電波利用効率の高いLTE網を利用できるようになるなど、大きな変更になる。

タブレットといえばiPadかAndroidと思われていたが、ここに来てWindowsタブレットも存在感を見せている。艦これが動くから、という理由で売れているという話もあるが、MicrosoftがSurfaceブランドでより小型な端末を計画しているという噂が出るなど、8型前後のWindowsタブレットがひとつの製品分野として今後も注目を集めそうだ。

All material on this site Copyright © 2005 - 2013 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.