ソフトウェア に関する記事 ソフトウェア に関する質問

「ソフトウェア」最新記事一覧

OSC2014 Tokyo/Fall:
組み込みや電子工作もオープンソースに熱視線、「OSC2014 Tokyo Fall」リポート
2014年10月18〜19日の2日間、「オープンソースカンファレンス2014 Tokyo/Fall」が開催された。このイベントはオープンソース系ソフトウェアコミュニティーのイベントのように見られがちであるが、メイカーブームの影響もあり、組み込み系や電子工作系のコミュニティーの参加も目立ってきた。そのなかでもホットな話題を提供していた、団体のセミナーやブース展示を紹介する。(2014/10/23)

The Microsoft Conference 2014レポート:
マイクロソフトとIBM、クラウドで提携
MicrosoftとIBMが、クラウドでの提携を発表。それぞれのエンタープライズソフトウェアをMicrosoft Azure、IBMクラウドそれぞれのクラウドプラットフォームで使えるようにする。(2014/10/23)

老舗ベンダーとクラウド世代ベンダーを比較
iPaaSベンダー新旧対決、主要6サービスの好評と不評
ソフトウェアテスターの筆者が主要iPaaSベンダーをレビューし、老舗企業とクラウド世代の新興企業のどちらを選ぶべきかについてアドバイスする。(2014/10/23)

HPエバンジェリストに聞く、オリンピックに向けてITができること:
PR:オープンソースソフトウェアに注目せよ! ビッグデータ解析最前線
「ビッグデータを活用したい」と考える企業は多いものの、実際にデータを分析するとなると、解析の手法やツール、コストに悩まされるものだ。ここでは、事例を元にオープンソースソフトウェアをうまく活用する方法を紹介していく。(2014/10/23)

富士通WEB MART、指定PCモデル購入者にイラスト制作ソフト「CLIP STUDIO PAINT PRO」をプレゼント――先着150名
富士通は、同社直販サイト「WEB MART」で同社製PCを購入したユーザーを対象とするプレゼントキャンペーンを開始した。(2014/10/22)

管理運用機能が充実したNASストレージ:
PR:手間をかけずに簡単にファイルサーバーを移行する“決め手”は安価で高機能なストレージ
Windows Storage ServerベースのNAS製品「WINAS」シリーズを展開するロジテック。Windows Server 2003のサポート終了対応には、「ファイルサーバーの移行」「バックアップ」「サーバー仮想化」の三つのシナリオを提案する。WINASシリーズは独自の機能と移行に適したソフトウェアを標準搭載し、ファイルサーバーの移行とさらなる利活用を支援する。(2014/10/22)

FAニュース:
横河電機、パトロールや報告書作成に使える製造機器管理ソフト新版を発売
新たに、個々の機器の設定情報にテキストメモ・写真・動画・音声・ドキュメントの情報を付加できる機能が追加された。ユーザーが設定した任意のリポートフォーマットに、機器の設定情報を自動的に出力することもできるようになった。(2014/10/21)

イーフロンティア、Mac用ライティングソフト「Toast 12 Titanium」パッケージ版を発売
イーフロンティアは、Mac OS用の統合ライティングソフト「Toast 12 Titanium」パッケージ版の販売を開始する。(2014/10/21)

従来型ペネトレーションテストを超えて:
SBT、システム内部からの侵入も想定したセキュリティ診断サービスを開始
ソフトバンク・テクノロジーは、ホスト単体の脆弱性の有無にとどまらず、現実の攻撃のシナリオを想定し、システム全体の耐性まで確認する「セキュリティ診断サービス」の提供を開始した。(2014/10/20)

確定申告2015:
「freee」「MFクラウド」そして「やよい」、どのクラウド会計ソフトで確定申告したらいいのか?
freeeやマネーフォワードが切り開いたクラウド会計サービスという分野。いよいよ圧倒的なシェアを持つ弥生が参入してきた。ところが、思いもよらぬ落とし穴が。果たして2015年の確定申告はどうすべきか?(2014/10/21)

半径300メートルのIT:
Officeが使い放題なの!? 「サブスクリプション」って何?
数年前に購入したパッケージソフト。まだ使えるかなと思ってインストールしてみると対応OSではなかった。ハコも円盤もゴミになってしまいますよね。(2014/10/20)

仮想化で軽視されがちなハードウェアだが
大切な仮想環境、ハードウェアが故障したら何が起こる?
アプリケーションの可用性向上に役立つソフトウェア機能が普及する中、IT担当者は、全てのハードウェア障害が防げるわけではないことを忘れがちだ。これではリカバリ計画もおろそかになってしまう。(2014/10/20)

離れた友人を招待できるシェア機能追加 PS4システムソフトウェア バージョン2.00へアップデート
「YouTube」にも簡単アップロードが可能に。(2014/10/17)

エアドラムで本格的なドラム演奏ができちゃうPCソフト「Aerodrums」誕生
カメラでスティックの動きを読み取って音を鳴らします。(2014/10/16)

車載情報機器:
NNGが車載情報機器に特化したナビコアソフトを投入、国内メーカーが先行採用
ハンガリーのナビコアソフトベンダー・NNGは、車載情報機器向けに特化したナビコアソフト「iGO primo nextgen」を発表した。同ソフトを先行採用した日本メーカーの車載情報機器は、賞を獲得するほど高い評価を受けているという。(2014/10/16)

ビジネスニュース 業界動向:
デジタル電源で連携、村田製作所など3社がコンソーシアム「AMP」設立
村田製作所など電源メーカー3社は、先端の分散型電源システム開発において、制御ソフトウェア互換性などを保つためのコンソーシアム「Architects of Modern Power(AMP)」を設立した。AMPグループは、2014年11月に開催される展示会「Electronica 2014」の会場で、デジタルPOLレギュレータや最新のバス規格に対応したDC-DCコンバータを発表する。(2014/10/15)

イーフロンティア、3Dプリント機能を強化した統合3DCG作成ソフト「Shade 3D ver.15」
イーフロンティアは、同社製の3DCG作成ソフト「Shade 3D」シリーズの最新版を発表。3Dプリント用のモデル作成機能が大幅に強化された。(2014/10/15)

不二家から大人向けのソフトキャンディ「生クリームミルキー(アーモンド)」登場
ふぁ〜!(2014/10/14)

NECと米Cloudera、「Apache Hadoop」で協業
ビッグデータを分散処理するためのソフトウェアフレーム「Apache Hadoop」による大規模分散処理基盤ソフトウェア分野の協業を進める。(2014/10/14)

「将棋電王戦FINAL」、阿久津主税八段など出場棋士5人決定
来年春に行われるプロ棋士と将棋ソフトの対局「将棋電王戦FINAL」の出場棋士5人が決定した。団体戦形式での開催は次回が最後となる。(2014/10/14)

製造ITニュース:
5種類の3次元CADの直接インポートが可能に、キヤノンの複合現実感技術が進化
キヤノンは、現実映像とCG をリアルタイムに融合するMR(Mixed Reality:複合現実感)システム「MREAL」の操作性を向上するソフトウェアをリリースした。(2014/10/14)

無線通信技術 LTE-Advanced:
エリクソンなど3社が、FDD/TDDキャリアアグリゲーションを実現
エリクソンとSingTel、Qualcomm Technologiesの3社は、商用のハードウェアとソフトウェアを用いたLTE-Advanced FDD/TDDキャリアアグリゲーションのライブデモに成功した。今回のデモにおいて、ダウンリンクで最大260Mビット/秒の通信速度を達成している。(2014/10/14)

AOSテクノロジーズ、マルチデバイス/マルチOS対応のデータ同期ソフト「AOS Sync+」
AOSテクノロジーズは、マルチOS環境での相互利用にも対応したデータ同期ソフト「AOS Sync+」を発表した。(2014/10/14)

Microsoft Azureの最新機能フォローアップ:
クラウドでDR対策の常識が変わる! Microsoft Azure復旧サービスの全機能が正式公開
2014年10月3日、マイクロソフトは「Microsoft Azure Site Recovery」でプレビュー提供していた一部の機能の正式提供を開始しました。正式提供された機能は、オンプレミスのシステムを直接クラウドへレプリケーション/フェイルオーバーする機能になります。(2014/10/14)

面倒な転記にさよなら:
スマホ決済の売り上げデータ、自動で会計ソフトに――freeeとCoineyが連携
手間のかかる帳簿への入力作業。それを全自動化し作業効率を大幅にアップするのが、クラウド会計ソフト「freee」とクレジットカード決済サービス「Coiney」の連携だ。(2014/10/10)

10000/TCPポートスキャンに警戒、bash脆弱性で「Webmin」が標的か
サーバ管理ソフト「Webmin」がデフォルトで使用している10000番ポートを狙ったスキャンが続き、JPCERT/CCでは注意を呼び掛けている。(2014/10/10)

進化した“YOGA”を現地から速報:
Lenovo、全世界向け「YOGA」発表イベントをロンドンで開催
ユーザーの利用スタイルに合わせて進化する新世代のYOGAが登場した。小型プロジェクタ搭載モデルや専用の新ソフトウェアなど、現地ロンドンから報告する。(2014/10/10)

キヤノンITS、「ESET Smart Security」最新版のモニター版提供を開始――11月6日まで
キヤノンITソリューションズは、Windows用ウイルス対策ソフト「ESET Smart Security」最新版のモニター提供を開始する。(2014/10/9)

組み込みソフトウェア開発の革命:
PR:Virtual Starter Kitを活用した「組み込みソフトウェア初期デバッグ」のすすめ
組み込みソフトウェアを開発する上で、ソフトウェアの動作する環境が必要です。本稿では、Windows PC 1台でソフトウェアのデバッグおよび動作確認を可能にする「Virtual Starter Kit」について紹介します。(2014/10/8)

NTTデータ、OSS統合運用ソフトでMicrosoft Azureに対応へ
同社が提供しているオープンソースソフトウェア「Hinemos」で、Microsoft Azureで稼働するシステムを運用管理できるようになる。(2014/10/7)

クラウド時代はITガバナンスの強化が重要に:
人、デバイス、データを三位一体で管理せよ――マイクロソフトがモバイル/ID管理スイート「EMS」を解説
日本マイクロソフトは2014年10月7日、法人向けのモバイル環境管理ソリューションに関するラウンドテーブルを開催。ユーザーID管理、デバイス管理、データ保護を実現するスイートソリューション「Enterprise Mobility Suite(EMS)」を説明した。(2014/10/8)

キングソフトとINTSIGが業務提携 名刺管理アプリ「CAMCARD」の新バージョンを提供
キングソフトがINTSIGと提携し、名刺認識・管理アプリ「CAMCARD」の新バージョンを10月7日から提供した。価格は939円だが、現在はセール中で割引で販売されている。(2014/10/7)

仕事で使えるWebサービス:
「freee」なら面倒な給与計算業務も1クリックで完了
「クラウド給与計算ソフト freee」の正式版がリリースされた。「給与計算業務の知識がなくても使える」という。(2014/10/7)

普通の開発者のためのリーンスタートアップ手順書(3):
freee創業者インタビュー――走り出したら「何でもやる」、それまでは「目の前のことを頑張る」
目的は「起業」でも「会計ソフトを作ること」でもなかった。かなえたいことを最適な方法で実現させる、そのためにfreeeを立ち上げた。(2014/10/7)

移行先に適したプライベートクラウドを提供:
PR:最新のマイクロソフトテクノロジを活用したプライベートクラウドで移行を支援
「Windows Server 2012 Hyper-V」と「System Center 2012 R2」で構築されたプライベートクラウドサービス基盤「ビットアイルクラウド Wシリーズ」を提供しているビットアイル。現在、Windows Server 2012 R2の環境を無償で試せるキャンペーンなども用意している。グループ会社のSIer、ビットサーフとともにWindows Serverの移行を強力に支援する。(2014/10/7)

カスペルスキー、盗撮対策を搭載した2015年版セキュリティソフト発表
最新版の個人向けセキュリティ製品ではWebカメラの不正操作による盗撮対策などが搭載され、ランサムウェア対策も大幅に強化された。(2014/10/6)

カスペルスキー、“無線LAN安全診断”機能なども備えた「カスペルスキー 2015 マルチプラットフォーム セキュリティ」
カスペルスキーは、同社製の個人向けセキュリティソフト「カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティ」シリーズの新版を発表。新たに、Webカメラ遠隔操作の防止機能などを備えた。(2014/10/6)

G-Tune公式キャラクター“G-Tuneちゃん”が「LINEクリエイターズスタンプ」に登場
マウスコンピューターは、メッセンジャーソフト「LINE」のスタンプショップで同社公式キャラクター「G-Tuneちゃん」のLINEスタンプの配信が開始されたと発表した。(2014/10/3)

企業秘密の窃盗犯を米当局が訴追、Xbox Oneやシミュレーターソフトなど狙う
訴追された4人は盗んだパスワードを使うなどしてネットワークに侵入し、Xbox OneのソースコードやApacheヘリコプターのシミュレーターソフトなどを盗んだとされる。(2014/10/3)

山市良のうぃんどうず日記(16:特別編):
Windows 10と次期Windows ServerのTechnical Preview、現わる
マイクロソフトは10月1日、開発コード名“Windows Threshold”、製品名は“Windows 9”や“Windows TH”になるのではとウワサされていた次期Windowsのプレビュー版「Windows 10 Technical Preview」を公開しました。正式リリースは2015年後半だそうで。(2014/10/3)

3次元ツールニュース:
常にとがった状態で書き続けられる新発想のシャーペン開発に、シーメンスPLMの「NX」が貢献
シーメンスPLMソフトウェアは、三菱鉛筆が開発した内部に複雑な機構を持つシャープペンシル「クルトガ」の設計に、同社の3次元CAD/CAE/CAM統合ソリューション「NX」が活用されたことを発表した。(2014/10/2)

KDDI、スマートフォンの紛失・盗難対策として「Lookout for au」を提供開始
KDDIは、auスマートフォン向けにセキュリティソフト「Lookout for au」を提供開始。auスマートパス会員などにはお客さまセンターのオペレーターが位置検索や遠隔ロックを行う。(2014/10/2)

CAEニュース:
MSC、新解析プラットフォームを正式発表、シミュレーションベース設計ツールとして今後も順次拡張予定
エムエスシーソフトウェア(MSC)は、新たな解析プラットフォーム「MSC Apex」を正式発表した。同プラットフォームは、従来のCADモデルを中心とした製品設計ではなく、シミュレーションをベースとした設計へとシフトさせるアプリケーションだ。(2014/10/2)

マイクロソフト、個人向け「Office 365 Solo」国内提供 年間1万1800円
定額制クラウドサービス「Office 365」を国内の個人向けに提供する「Office 365 Solo」をマイクロソフトが開始。年間1万1800円(税別)。永続ライセンス付きデスクトップアプリとOffice 365を組み合わせたプリインストール向け「Office Premium」も。(2014/10/1)

テレダイン・レクロイ HDO8000:
三相モータのパワー解析に最適、レクロイのオシロ向けソフトウェア
テレダイン・レクロイ・ジャパンは、オシロスコープ「HDO8000」シリーズ向けモータドライブ・パワー解析ソフトウェアを発表した。EVや空調システム、電動工具、工作機械などに搭載される三相モータやその駆動装置、制御システムなどの開発/評価用途に向ける。(2014/10/1)

Chromecastにがっかりして作った:
Firefox OS搭載のメディアストリーミング端末、Kickstarterで始動
GoogleのChromecastが非オープンなことにがっかりした開発者らが、オープンなハードウェア/ソフトウェアのストリーミング端末「Matchstick」のプロジェクトを立ち上げた。Chromecastより10ドル安い25ドルで2月に発売する計画だ。(2014/10/1)

プログラマブルロジック FPGA:
2つのフラッシュメモリを集積、アルテラが「MAX 10 FPGA」を発表
アルテラは、「Generation 10」製品群として、新たに「MAX 10 FPGA」を発表した。新製品は、2つのコンフィギュレーション用フラッシュメモリブロックやソフトコア「Nios II」プロセッサなどを搭載している。周辺機能を集積することで、同等性能のFPGAに比べて、ボード占有面積を最大50%も節減できるという。(2014/10/1)

モデルベース開発奮戦ちう(6):
ソフトウェア単体から実車まで、テストって本当に大変
京子たち三立精機の制御設計チームは、モデルベース開発を活用して、ついに変速機「CVT∞」の制御ソフトウェアを完成させた。しかし、この制御ソフトウェアがきちんと動くことを確認するためにはテストを行う必要がある。ソフトウェア単体から実車を使ったものまで、さまざまなテストが待ち受けているのだ。(2014/10/1)

生体認証の活用で「脱パスワード」も視野に:
マカフィー、個人向けセキュリティ製品の新版を発表
生体認証を使い、「脱パスワード」も視野に。マカフィーがセキュリティ対策ソフトウェア新版の発表とともに、将来の認証手段を予測した。(2014/9/30)

Qualcommを抑えて:
車両間通信向けチップセット、NXPがデザインウィンを獲得
GMは、2017年モデルの「キャデラック」に、車両間通信(V2V)を搭載する予定だ。V2V向けのモジュールには、Cohda Wirelessのソフトウェアと、NXP SemiconductorsのIEEE 802.11p対応無線チップセットが搭載されている。(2014/9/30)



Windows 9と噂されていた次世代Windowsの名称は、1つ飛ばしてWindows 10に決まった。発売は2015年後半を予定。タッチU/Iの取り込みに苦労しているWindowsだが、高速起動など基本的な面での改善もバージョンを経るごとに進んでおり、文字通り世界レベルでの影響を持つリリースになる。

音楽CDを超える音質を持つデジタルオーディオデータ、略して「ハイレゾ」。その再生に対応した機器が増加しており、対応したスマホの増加などを機に、今後更なる注目の高まりも期待される。

ソフトバンクモバイル初のXperiaシリーズとして発売が決まり、3キャリアが揃って取り扱う人気機種となった。モバイル事業で減損が発生するなど不調が伝えられるソニーであるが、グローバルスマホ市場での生き残りに向けて、これからが正念場だろう。

All material on this site Copyright © 2005 - 2013 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.