「ソフトウェア」最新記事一覧

1カ月で年間トップ:
モンハン“クロス”が大ヒット カプコン開発リーダーに聞く「新たな戦略」
任天堂の携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」向けにカプコンが平成27年11月に発売したソフト「モンスターハンタークロス」が、記録的なヒットを飛ばしている。スマートフォン版との相乗効果でさらなるファン拡大を狙う。(2016/2/10)

ユーザーが使いたい機能をアプリがサポートしていない
じわじわ重要性が高まる位置情報ソフトウェア、ユーザーはまだ不満?
位置情報を活用するデジタルサービスは、道案内といった実用的な目的から広告を目的したサービスまで幅広い。多くのユーザーが利用するこのジャンルだが、ユーザーはまだ満足していない。(2016/2/10)

Weekly Memo:
クラウド進展でソフトベンダーの業績はどうなるか
SAPがソフトウェアのクラウド化を着々と進めながら好調な業績を持続している。ビジネスモデルの変化による業績への影響が注目される中で、果たして今後はどうなるか。(2016/2/8)

AIが「囲碁」を攻略する“Xデー”は近い 人類は自ら学習する「怪物」を生み出したのか
Google傘下の英ベンチャー企業がプロを負かすレベルの囲碁ソフトを開発した。AIが人間のように自ら学習することで棋力を高め、“Xデー”を予測より10年早めたという。いよいよ、人類は「怪物」を生み出したのか。(2016/2/8)

予測より10年早い?:
人工知能が最難関ゲーム「囲碁」を攻略するXデーは近い
英国のベンチャー企業ディープマインドが、プロを負かすレベルの囲碁ソフトを開発したとの論文が英科学誌「ネイチャー」に掲載。人工知能(AI)が棋力を高め、Xデーの予測を10年早めたという。人類は自ら学習する「怪物」を生み出したのか……。(2016/2/8)

Tech Basics/Keyword:
Vagrant
仮想環境を管理するためのツール「Vagrant」。利用する仮想化ソフトウェアに関係なく、どの環境でも同じように仮想マシンを管理できる。(2016/2/8)

“労多くして功少なし”か
古いPCをVDIシンクライアントとして再生、マルウェア対策は不要?
仮想デスクトップインフラ(VDI)のシンクライアントデバイスは種類が豊富で、ほとんどはマルウェア対策ソフトウェアがなくても安全に使用できる。では、保護が必要なのはどういうケースだろうか。(2016/2/8)

俺は○○使いだ! の人も、これから習得したい人も:
もし、プログラミング言語が「武器」だったら
今、ITエンジニアの皆さんはどの言語を習得したいですか? どれを選べばよさそうか、ソフトウェアエンジニアのティプリンさんがプログラミング言語の特徴を「武器」に例えて説明してくれています。(2016/2/5)

機密情報やプライバシー情報を安全に管理:
部分一致の秘匿検索、高い安全性と利便性を両立
三菱電機は、クラウドサービスにおいて、高い安全性を確保しつつ、検索者の利便性を向上することができる「部分一致対応秘匿検索基盤ソフトウェア」を開発した。(2016/2/5)

無償ソフトで流体解析(4):
ジューコフスキー翼を作図してみる
無償で使える流体解析ソフト「Flowsquare」を使ってみよう! 今回はジューコフスキー翼の作図方法について説明する。(2016/2/5)

中規模企業向けに仮想化混在環境+Linux機能を強化:
中小企業の“BCP/DR対策”を身近に 統合バックアップソフトの最新版「Arcserve UDP v6」
クラウド時代の混在したシステムのバックアップを、速く簡単に──。Arcserve Japanが、統合バックアップソフトの新バージョン「Arcserve UDP v6」を発表した。仮想化統合基盤に関わる要件や事業継続性対策の課題をカバーする機能を強化し、中規模企業層へ訴求する。(2016/2/4)

Pepperと福祉業務支援ソフトを連携、介護分野でのロボット活用に向けた実証実験
ソフトバンク「Pepper」と福祉業務支援ソフトウェアを連携させ、介護老人福祉施設での実証実験が行われる。入居者の変化や介護職員の補助ツールとしての有用性を調査する。(2016/2/3)

ミドネット商用版の新バージョン5.0:
仮想ネットワークトラフィックを可視化、ミドクラが新機能
ミドクラは2016年2月3日、同社のネットワーク仮想化ソフト「ミドクラ・エンタープライズ・ミドネット (MEM) 」の最新版、MEM5.0の提供開始を発表した。仮想ネットワークを可視化するMEM InsightsというGUIツールの追加が最大のポイント。(2016/2/3)

鍵は「メール」──Microsoftのクラウド事業、Amazonを上回る成長率
Microsoftのクラウド事業が好調だ。その鍵になっているのが「メール」。自社のメールソフトウェアがもたらす優位性を生かすことに力を入れている。(ロイター)(2016/2/3)

ものづくり支援ソフトウェア製品レポート:
複雑化が進むモノづくり、他社の効率化事例がオープンアーキテクチャに?
ソフトウェアそのものは無償で提供するという、サブスクリプション型ビジネスモデルで導入数を伸ばしている米国のPLMベンダーAras。同社では2016年より、パートナー企業での成功事例をベースに開発した一種の“テンプレート”を製品の機能として順次提供していく方針だ。(2016/2/3)

玄関開けたら……:
最短10分でご飯が炊ける!――忙しい人にうれしい高速小型炊飯器「poddi」登場
神明精米は、高速小型炊飯器「poddi」(ポッディー)を2月中旬に発売する。普通のお米を炊くこともできるが、“ソフトスチーム加工”のお米を使用することで、白米75gをわずか10分で炊き上げるという。(2016/2/2)

ARを販売促進ツールに:
スターティアがAR制作ソフトにプッシュ通知機能を追加
スターティアラボは2016年2月1日、企業向けAR制作ソフト「COCOAR」において、ユーザーが閲覧したARコンテンツごとに、プッシュ通知を用いて情報提供できる機能を追加したと発表した。(2016/2/2)

製造マネジメントニュース:
PTCが米ソフトウェア開発企業を買収、IoTソリューションを強化
PTCジャパンは、米PTCが産業オートメーション環境への通信接続機能を提供するソフトウェア開発企業の米Kepwareを買収したと発表した。同買収により、工場の環境やインダストリアルIoT(IIoT)市場への参入を目指す。(2016/2/2)

デル株式会社提供Webキャスト
ITインフラを“適材適所”で使い分ける、OpenStackソリューションのすすめ
ITサービスの迅速なリリースと運用効率性の向上のため、「OpenStack」を用いたプライベートクラウドに注目が集まる。ソフトウェアとハードウェア、ライフサイクル支援が一体化された、OpenStackソリューションについて解説する。(2016/1/29)

計測/テストシステムへのアプローチが変わる:
IoT機器がモジュール型計測器を後押し
National Instruments(NI)は、ソフトウェアで定義するモジュール型計測器市場をリードするメーカーだ。同社は、IoT(モノのインターネット)機器の台頭により、計測/テストシステムへのニーズに変化が起きていると語る。(2016/1/29)

Googleの囲碁ソフトがプロ棋士に初勝利 アマチュアレベルからの飛躍的な進歩に驚きの声
囲碁ソフトがプロに勝つのはまだまだ先になると言われていました。(2016/1/28)

Google、VR関連ハード/ソフトエンジニアを大量求人中
GoogleがVR(仮想現実)関連のハードウェアおよびソフトウェア関連の様々な業種で求人している。同社は、2014年6月に発表したAndroid端末向けVRビューア「Cardboard」が累計500万個を超えたとし、「さらなるプロジェクトを準備中」と語った。(2016/1/28)

NewsInsight 2016年1月の注目記事:
OSSでも攻めるマイクロソフト、変態的js職人の力作、大きいお友達も注目した「WeDo 2.0」
2016年1月で最も@IT読者の心に刺さったニュースは……?(2016/1/28)

ホワイトペーパー:
クラウドビジネスで収益を上げる鍵となるのは?
クラウド活用に取り組んでいるのはエンドユーザーだけではない。ソフトウェア開発企業もクラウド移行で収益増を見込んでいるが、それを達成するには準備不足というのが実情だ。本コンテンツでは課題を洗い出し、収益を上げる鍵となるポイントを解説する。(2016/1/28)

IT部門もアジャイル、DevOpsで行こう【第1回】
求められるのは“スピード基準” IT部門が開発部隊になれない2つの壁
ビジネスを取り巻く環境は絶えず変化しており、ソフトウェア開発にはますますスピードが求められている。さまざまな開発手法やテクノロジーが登場する中で、何をどう採用していけばいいのだろうか。(2016/1/27)

マルチハイパーバイザも特徴:
レノボ・ジャパン、ニュータニックスのソフトによるハイパーコンバージド製品を発表
レノボ・ジャパンは2016年1月26日、ニュータニックスとの提携によるハイパーコンバージドインフラアプライアンス製品シリーズ、「Lenovo Converged System HX Series」の販売を開始したと発表した。出荷開始は2月4日の予定。(2016/1/27)

ダンディな声でしゃべるピカチュウと謎解き 3DSソフト「名探偵ピカチュウ」発売
ピカチュウが名探偵となり、ダンディな声で話すニンテンドー3DS用のゲーム「名探偵ピカチュウ〜新コンビ誕生〜」が発売される。(2016/1/27)

SOHO/中小企業に効く「クラウド確定申告サービス」の選び方:
なぜ「確定申告」×「クラウド」が便利なのかを知る
近年よく耳にするようになったクラウド型の確定申告サービス。なぜ今クラウド確定申告サービスが注目を集めているのか、そして従来までのソフトと異なる点は?(2016/1/27)

本当に“使える”会計ソフトを探せ:
確定申告をなるべく手軽にクリアしよう! 「やよいの青色申告オンライン」編
年が明け、確定申告シーズンも本格化してくる頃。会計ソフトのクラウド化が進む昨今ですが、自分に合ったツールをどう選ぶかは迷うところ……。今年もいくつかの会計ソフトを使ってみます。第1弾は「やよいの青色申告 オンライン」です。(2016/1/27)

CAEニュース:
シーメンス、CAEベンダー CD-adapco買収を発表
シーメンスはCAEベンダー CD-adapcoを買収すると発表した。ビジネス施策「Vision 2020」の一環として製品ポートフォリオの拡大を狙う。CD-adapcoはシーメンスのPLMソフトウェア事業に統合される。(2016/1/26)

SCE、「ソニー・インタラクティブエンタテインメント」に社名変更 PSN手がけるSNEIと統合
PlayStationシリーズのハード・ソフト事業を手がけるSCEと、PSNを展開するSNEIが統合。新会社「ソニー・インタラクティブエンタテインメント」が4月に発足。(2016/1/26)

CAEニュース:
3D PDF出力機能を搭載した流体解析用可視化ソフトウェアの新製品を発売
ヴァイナスは流体解析用可視化ソフトウェアの新製品「FieldView 16」を発表。3D PDF出力機能を搭載した他、さまざまな新機能を追加した。(2016/1/26)

5分で知る最近のモバイルデータ通信事情:
総務省案件が多かった年末年始、実効速度公開や料金値下げ議論の効果は?
ドコモ、KDDI、ソフトバンクの大手3社は、総務省の要請に基づき全国各地で通信速度の実効速度を公開。また政府主導で生まれた「1GBプラン」は料金値下げにつながるのだろうか?(2016/1/26)

エネルギー管理:
米国の全発電量の60%を支えるソフトウェア、IoTで日本の電力網を安定化
再生可能エネルギーの最適な需給調整などをはじめ、エネルギー分野での活用に注目が集まるIoT技術。伊藤忠テクノソリューションズは米国の総発電量の約60%に利用されているというOSIsoft社の「PI System」を日本国内で販売開始した。(2016/1/26)

システムテスト自動化カンファレンス2015:
ヤフー、楽天、クックパッドにおける「テスト」への挑戦――ツール、体制、アーキテクチャはどうなっているのか
「システムテスト自動化カンファレンス」第3回が開催。ソフトウェアテストの現場にはどのような課題があり、エンジニアがどう解決してきたかが紹介され、いくつか共通するキーワードが見えてきた。(2016/1/26)

MAX 10 FPGAで学ぶFPGA開発入門(6):
FPGA上でソフトコアCPUを動かす手引き
これまでFPGAの開発基礎としてLチカなどを紹介してきたが、今回はちょっと目先を変えてFPGA上でのCPUコア動作に取り組む。今回も連載で使う「MAX 10 FPGA 評価キット」の読者プレゼントをご用意。(2016/1/26)

車載情報機器:
スズキがCarPlay対応を「ハスラー」など4車種に拡大、無償アップデートで
スズキは、2016年2月18日に発売する小型クロスオーバーSUV「イグニス」で、同社として初めてApple(アップル)の「CarPlay」に対応した。「ラパン」「ソリオ」「スペーシア」「ハスラー」も、近日中に無償のソフトウェアアップデートでCarPlayが使用可能になる。(2016/1/25)

ホワイトペーパー:
オープンソースの戦略的活用が金融サービスを変える
金融サービス機関は、オープンソースソフトウェアを戦略的に活用することで、効率化、技術革新を推し進めて市場優位に立つことができる。そのためには、セキュリティや運用上の課題の解決が急務となる。(2016/1/25)

PR:モノ売りからコト売りへシフトするIoT時代の製造業が着目すべき、「継続的エンジニアリング」(Continuous Engineering)とは何か
昨今の製造業が作り出す製品はその多くが、ハードとソフトで成り立っているが、その比率は変化している。また、IoTの本格化に伴い、モノを作るだけにとどまらずモノを通じてサービスを提供する“製造業のサービス化“も考慮すべき課題として挙げられる。その変化に対応するモノづくりの考え方として着目すべきなのが「継続的エンジニアリング(Continuous Engineering)」だ。変化するモノづくりに継続的エンジニアリングの手法がなぜ必要なのか、なぜ有用なのか、解説する。(2016/1/25)

5Gへの動きをリード:
ブロケードが「ソフトウェアでモバイル通信の世界に破壊的な革新をもたらす」事業を本格始動
ブロケードは2016年1月21日、同社のモバイルネットワーキング事業戦略について説明、「モバイル通信の世界に破壊的な革新をもたらす」と宣言した。同社は2月下旬の「Mobile World Congress 2016」で、新製品群を包括的に発表するという。(2016/1/22)

米Connectem共同創立者に聞く:
軽量な仮想モバイルパケットコアがIoTを支え、MVNO、そして企業に広がる
「NFV」という言葉が注目される前から、クラウド環境で柔軟に拡張できる、ソフトウェアのモバイルパケットコアを開発・提供してきたConnectem。この企業を買収したブロケードが、製品を日本市場で本格展開すると発表した。Connectemの共同創立者、ヒーソン・リム氏に、これまでとこれからを聞いた。(2016/1/22)

オートモーティブワールド2016:
HTML5でテレマティクスサービス構築を容易に、エイチアイが対応ソフトを開発
エイチアイは、「オートモーティブワールド2016」において、車載情報機器のテレマティクスサービス構築を容易にするソフトウェア「HI Telematics Core」を参考出品した。HTML5に基づくアーキテクチャを採用しており、W3Cが策定した「Vehicle Information Access API」もサポートしている。(2016/1/22)

製造マネジメントニュース:
ヨーロッパでは成人の半数近くがメーカーから直接購入、直販チャネルが不可欠に
JDAソフトウェアは「Manufacturing Pulse Report 2016」を発表した。ヨーロッパでは成人の半数近くがメーカーから直接購入しており、メーカーには顧客の期待に応える直販チャネルが不可欠だとしている。(2016/1/22)

これを使わないのは損失大
「GitHub」でデータセンター運用を自動化、その活用例は?
「GitHub」はソフトウェア開発者に向けた共同作業のための総合ユーティリティだが、データセンター管理者にとっても、自動化スクリプトの作成やオープンソースコラボレーションに役立つ。(2016/1/22)

東海大学に“IoTゴミ箱”、スマートシティ実現を目指し実験
日本システムソフトウェアと東海大学が共同で“IoTゴミ箱”の実証実験を開始した。ゴミ収集の最適化はもちろん、IoT技術によるスマートシティ実現についても検証する。(2016/1/21)

シロノワールがクロノワールに! コメダが全てのソフトクリームをチョコ味にする祭り開催
魔法の呪文はチョコメダコメダ。(2016/1/21)

運用自動化、データ活用の本格化で市場は拡大:
国内ストレージソフトウェア市場は2019年に1000億円を突破――IDCジャパン予測
IDCジャパンが2015〜2019年のストレージソフトウェア市場の予測を発表。ユーザー企業の運用自動化推進やデータ活用の本格化が、ストレージソフトウェア市場を拡大させるとしている。(2016/1/21)

オートモーティブワールド2016:
ルネサスからマイコンが届く前に、モデルベースでソフトウェア開発を
ルネサス エレクトロニクスは、「オートモーティブワールド2016」において、モデルベース開発環境と駆動用モーターを制御するIPを組み合わせたモデルベース開発ソリューションのデモンストレーションを実施した。ルネサスのIPによってモーター制御をリアルタイムに再現できる点を特徴としている。(2016/1/21)

製造業IoT:
製造現場のIoT導入、ハードもソフトもアルゴリズムも部品化して簡単に
富士通は、現場のデジタル化を加速させるIoTのエッジデバイス群を開発。ハードやソフトやアルゴリズムをパッケージ化して“部品化”することで、選択するだけで最適なIoTソリューションを実現できることが特徴だ。(2016/1/21)

海外医療技術トレンド(8):
米国の事例に見る、マルチデバイス化する「非医療機器」のリスク管理
近年、健康増進用途の消費者向けウェアラブル端末やモバイルソフトウェアなど、医薬品医療機器等法(薬機法)の適用対象外となる「非医療機器」のマルチデバイス化が進んでいる。それに伴ってどのようなリスクが出てくるのか。米国の動向をみてみよう。(2016/1/21)



余っているリソースを、主にはお金を介してソーシャルな形でシェアできるように仲介するサービス。インターネット上では以前からそうした要素を持ったサービスは存在していたように思うが、概念として名付けられることで一挙に注目が高まっている。

不正会計問題の発覚と対処、リストラ発表とその影響も含めた赤字の拡大というように、日本を代表する家電大手の一角がもろくも崩れようとしている。日本企業の苦戦が続き、それに伴う再編の進行は予想されていたが、この展開は想定外であり、どのような形で落着するものか、予断を許さない。

ビットコインの基幹技術としても知られる、P2Pネットワークを活用した台帳技術。これもまた昨今注目の的となっているFinTechのひとつとして、金融、IT・セキュリティ界隈では今やビットコインと同じくらいの頻度で取りざたされている。

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2016 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.