「スピンオフ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スピンオフ」に関する情報が集まったページです。

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
東急の鉄道分社化で「通勤混雑対策」は進むのか
東急電鉄が鉄道事業を分社化すると発表し、話題になった。この組織改革は「混雑対策への大きな一歩」になるのではないか。対策に迫られている田園都市線渋谷駅の改良につながるかもしれない。なぜなら……(2018/10/5)

製造マネジメントニュース:
パワーリードスイッチ事業を分社化し、新会社を設立
安川電機は、パワーリードスイッチ「ベスタクト」の生産・販売を主力事業とする新会社「ベスタクト・ソリューションズ」を設立した。(2018/9/28)

Waymo、Walmartと提携でネットショップ品ピックアップを自動運転車で送迎
Googleからスピンオフした自動運転企業Waymoが、米小売り最大手のWalmartと提携し、Walmartのネットショップで注文した商品を最寄りの実店舗で引き取るサービスで、Waymoの自動運転車の無料送迎をアリゾナ州フェニックスで開始する。(2018/7/26)

成人向けサービス「DMM.R18」、「FANZA」に名称変更
3月にDMM.comから分社化していました。(2018/7/19)

「これは劇場版コード・ブルーのスピンオフ」 レッツノート夏モデルのタッチ&トライイベント
パナソニックの2018年夏モデルを触って試せるタッチ&トライイベントが行われた。比嘉さんから“劇場版コード・ブルースタッフが撮影した”レッツノートCMエピソードも。(2018/7/2)

LINE、電子コミック「LINEマンガ」を分社化
LINEが電子コミックサービス「LINEマンガ」の事業を分社化する。(2018/5/25)

「LINEマンガ」分社化 事業スピード加速
LINEは電子コミックサービス「LINEマンガ」事業を分社化する。(2018/5/25)

これからのarrowsはどうなる?――富士通コネクテッドテクノロジーズ高田社長 一問一答
富士通の携帯電話端末事業を分離して2年前に発足した「富士通コネクテッドテクノロジーズ」は、2018年3月30日にポラリス・キャピタル・グループ傘下に入った。新たな一歩を踏み出した同社の高田克美社長が、2018年夏商戦向け新製品発表会で囲み取材に応じた。(2018/5/24)

バンダイナムコ、ゲームアプリなど運営機能を分社化
バンダイナムコエンターテインメントが、ゲームアプリなどのネットワークサービスの運営機能を分社化。10月1日付で新会社「バンダイナムコネットワークサービス」を設立する。(2018/5/14)

テレビアニメ「モブサイコ100」二期制作&スピンオフ漫画連載決定! イベントで発表
制作は引き続きボンズが担当。(2018/3/18)

製造マネジメントニュース:
東洋エンジニアリングがB-EN-G株式を全て売却も「良好な関係は続く」
東洋ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)は、同社筆頭株主の東洋エンジニアリングと第2位の主要株主である野村総合研究所がB-EN-Gの株式を全て売却することを発表した。これにより、B-EN-Gが1999年に東洋エンジニアリングから分社独立して以来の両社の資本関係はなくなるが「東洋エンジニアリングとの良好な関係は続く」(B-EN-G)という。(2018/3/15)

中学一年生女子、思春期と言うにはまだ早い 「からかい上手の高木さん」 スピンオフ3人組のポンコツな日々
友達二人をカップリングしてときめいたことある?(2018/3/6)

DMM.com、成人向け事業を分社化 「企業価値の最大化が目的」
DMM.comが、90年代から展開してきた成人向け事業を分社化。新会社のデジタルコマースへ承継する。(2018/2/21)

「グループ全体の価値向上」:
DMM.com、成人向け事業を分社化 半年後に新ブランドも
DMM.comが、3月1日付で成人向け事業を分社化すると発表。移管先は新会社「デジタルコマース」(金沢市)。成人向け事業は、半年後をめどにブランドを刷新する予定。(2018/2/21)

DMM、成人向け事業を分社化 「グループ全体の企業価値の最大化」のため
新会社のデジタルコマースが引き継ぐことに。(2018/2/21)

クックパッド、料理動画事業を分社化 「CookpadTV」設立
クックパッドが料理動画事業を分社化し、新会社「CookpadTV」(クックパッドティービー)を設立する。新サービスを打ち出す中、事業の意思決定スピードを上げる狙い。(2018/2/8)

サードウェーブデジノスとドスパラが統合、「サードウェーブ」に
サードウェーブは、分社化していたドスパラとサードウェーブデジノスを統合、社名を「サードウェーブ」に変更する。(2018/2/1)

アプリ「マガポケ」が大リニューアル 金田一に暴かれた犯人視点のスピンオフ、『中華一番!』の続編など20本の“新連載”がスタート
読み応えがありそう。(2017/11/1)

コミックビームが電子増刊『コミックビーム100』を新創刊 100ページ100円、『快傑蒸気探偵団』スピンオフも
読もう! コミックビーム100!(2017/10/6)

トリックの実行が大変すぎる…… 金田一に暴かれた犯人視点のスピンオフ漫画「犯人たちの事件簿」のツッコミが鋭い
犯人「(やることが…やることが多い…!!)」(2017/8/18)

日本では日本仮想化技術との提携継続:
BrocadeのOpenDaylight SDN事業がスピンオフ、新会社Lumina Networksが継承
2017年8月7日(米国時間)、Brocade Communications Systemsが提供してきたSDN(Software Defined Networking)製品事業を継承する新会社、Lumina Networksの設立が発表された。(2017/8/14)

Apple、Apple Musicで「Carpool Karaoke - カープール・カラオケ」を配信開始
米国の人気番組スピンオフがApple Musicで視聴可能に。(2017/8/10)

Waymoと米レンタカー大手Avis Budget Groupが自動運転車レンタルで提携
GoogleからスピンオフしたWaymoがフェニックスで開始した自動運転車レンタルプログラムで、米レンタカー大手のAvis Budget Groupが車両のメンテナンスとクリーニングでサポートする複数年契約を締結した。(2017/6/27)

犯罪都市「米花町」で過ごす“黒い人”のギャグな日々 名探偵コナンのスピンオフ「犯人の犯沢さん」がいろいろヤバイ
表紙で例のパラパラ踊ってます。(2017/5/27)

Waymo、自動運転車の無料貸出をアリゾナ州でスタート
Googleからスピンオフした自動運転企業Waymoが、クライスラーのミニバンモデルを無料で貸し出すプログラムをアリゾナ州フェニックスでスタートした。(2017/4/26)

グループ企業などに吸収分割:
東芝、主要4事業の分社化決定 グループ全体の再生図る
東芝が、「インフラシステムソリューション」など社内カンパニー4社の分社化を決定。(2017/4/25)

製造マネジメントニュース:
東芝が再生に向けて社内カンパニーを会社分割、課題のガバナンスは強化できるか
東芝は、原子力関連事業に端を発した経営危機からのグループ再生に向け、4つの社内カンパニーを分社化する基本方針を決定。経営危機を招いたガバナンス欠如への対策として、二重三重でガバナンス強化に努める姿勢が打ち出した。(2017/4/25)

東芝、社内カンパニーを「分社化」へ 子会社に譲渡
東芝が社内カンパニーを同社の完全子会社に譲渡することで分社化する方針を明らかにした。一部は、同社が6月下旬に行う予定の定時株主総会での議決を経て分社化を行う。(2017/4/24)

IoTセキュリティ:
青から赤に戻った新生マカフィー、IoTと重要インフラのセキュリティに注力
インテルから分社独立を果たしたマカフィーは、2017年の注力分野として「セキュリティを新たな分野へ展開」を挙げ、IoT(モノのインターネット)と重要インフラのセキュリティに注力する方針を示した。(2017/4/24)

「ねこ休み展」が静岡に初登場! 滋賀・大津では、しょんぼり顔「ふーちゃん」のスピンオフ展を開催
限定グッズも販売するニャ。(2017/4/7)

Intel Security、セキュリティ企業McAfeeとしてスピンオフ
Intelが2010年に買収し、一旦はIntel Securityというブランド名にしたセキュリティ企業McAfeeが、再度McAfeeという社名でスピンオフした。(2017/4/4)

出版社ならではのノウハウで企業のコンテンツマーケティングを支援:
幻冬舎グループがWebコンサルティング事業に特化した新会社を設立
幻冬舎は2017年4月3日、子会社である幻冬舎メディアコンサルティングのWebマーケティング部門を分社化し、新会社「株式会社幻冬舎ウェブマ」を平成29年4月1日付で設立したと発表した。 (2017/4/4)

TSMCとも協業:
イーサネットスイッチでBroadcomに挑む新興企業
イーサネットスイッチ市場で圧倒的優位を誇るBroadcom。そのBroadcomに挑むのが、台湾MediaTekからスピンアウトしたNephosだ。(2017/3/10)

Alphabetの自動運転企業Waymo、競合するUberとその傘下のOttoを特許侵害で提訴
Google自動運転プロジェクトのスピンオフ企業Waymoが、元従業員らが立ち上げ、Uberに買収された自動運転トラック企業OttoとUberを、営業秘密保護法違反および特許侵害で提訴した。OttoのCEOはWaymo退社直前に大量の機密情報を会社からダウンロードしていた。(2017/2/24)

製造マネジメントニュース:
東芝のメモリ事業子会社は「東芝メモリ」、2016年度内の売却は諦める
東芝は、フラッシュメモリを中心とするメモリ事業を「東芝メモリ株式会社」として2017年4月1日に分社化する。原子力発電事業の大幅な減損による債務超過に苦しむ同社はメモリ事業を売却する方針を示しているが、この売却は2016年度末までに行わず「2017年度のなるべく早い段階での決定を目指す」(同社)という。(2017/2/24)

2017年3月期末の債務超過不可避か:
東芝、メモリ分社4月1日実施――社名は東芝メモリに
東芝は2017年2月24日、メモリ事業の分社化を2017年4月1日に実施する方針を発表した。また分社後のメモリ事業会社への外部資本導入についても、「マジョリティ譲渡を含む外部資本の導入を検討している」と明記した。(2017/2/24)

東証2部変更の可能性高まる:
東芝、分社化で「東芝メモリ」設立 過半売却を検討へ
東芝がメモリ事業を分社化して「東芝メモリ」を設立へ。(2017/2/24)

“いま”が分かるビジネス塾:
東芝は今後も迷走し続けるのか
東芝は分社化するメモリ事業の株式売却で、1兆円以上の資金を調達する方向で調整している。しかし、債務超過を回避して財務問題に一定のめどを付けたとしても、同社を取り巻く環境が大きく改善するわけではない。同社には、明確な戦略というものが存在せず、その状況は今も変わっていないからだ。(2017/2/23)

CFIUSの通達が背景に:
InfineonによるCreeのSiC事業買収が破談に
Infineon Technologiesは、米Creeからパワー&RF事業部として分社化したWolfspeedを8億5000万米ドルで買収する予定だったが、この取引は破談になった。(2017/2/21)

「東芝は何の会社になるのか」 半導体事業を“失う”いま、綱川社長が記者会見で語ったこと
主力の半導体事業を分社化するいま「東芝は何の会社になるのか」――記者の質問に東芝の綱川智社長は……。(2017/2/14)

会見速報:
東芝、メモリ新会社の過半株式を売却へ
東芝は、2017年3月期第3四半期業績に関する説明会見を開き、既に分社化することを公表しているメモリ事業新会社の過半の株式売却を検討していることを明らかにした。(2017/2/14)

二足歩行の“下半身ロボット”「キャシー」発売へ(どつかれる動画あり)
オレゴン州立大学からスピンオフした新興企業Agility Roboticsが、二足歩行で“人間が歩くところならどこでも”歩けるというロボット「CASSIE」(キャシー)を発表した。近く“腕”も追加する予定だが、現行モデルは下半身だけが歩いているように見える。(2017/2/10)

Googleスピンアウトの自動運転車企業Waymo、安全性の大幅アップについて説明
Googleからスピンアウトした自動運転技術企業Waymoが、自動運転中の人間による自動運転解除の1000マイル当たりの平均回数が2016年には2015年の4分の1に減り、安全性が高まったと発表した。(2017/2/2)

製造マネジメントニュース:
選択肢がなかった東芝、虎の子のメモリ事業を分社化し株式20%売却へ
東芝は、主力のメモリ事業を分社化し、20%未満を基準として外部資本を受け入れる方針を発表した。同社は原発関連会社の買収案件におけるのれん代の減損処理で数千億円規模の損失が発生する見込みとなっており、この損失により債務超過に陥る可能性が指摘されている。(2017/1/30)

原子力はエネルギー事業から独立:
「外部資本は20%未満」 メモリ事業分社化で東芝が会見
東芝は2017年1月27日、メモリ事業分社化に関して都内で記者会見を開いた。(2017/1/27)

東芝、フラッシュメモリ事業を3月末に分社化へ
東芝がフラッシュメモリ事業を3月31日をめどに分社化する方針を決めた。(2017/1/27)

他社の出資受け入れ:
東芝、メモリ事業分社化を正式発表
東芝がメモリ事業の分社化を正式発表。(2017/1/27)

出資受け入れ先は未定:
東芝、メモリ事業の分社化を決定
東芝は2017年1月27日、SSD事業を含むメモリ事業を分社化すると発表した。(2017/1/27)

東芝、フラッシュメモリ事業の分社検討 「Western Digitalと合弁交渉」報道にコメント
東芝は、フラッシュメモリ事業の分社化を検討していると発表した。(2017/1/18)

WDなどの出資受け入れか?:
東芝、半導体事業の分社化を検討
東芝は2017年1月18日、半導体事業の分社化を検討していることを明らかにした。(2017/1/18)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.