留学 に関する記事 留学 に関する質問

「留学」最新記事一覧

質問!留学→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で留学関連の質問をチェック

フリー素材アイドルに続いて……“フリー素材インド人”をインド語学留学校が提供スタート
ゆくゆくは10万点以上のインド人素材を公開予定って、需要が間に合わないよ!(2014/12/8)

企業広報の「隠れ家でちょっと一息」:
オフは日本画をのんびりと鑑賞 SAPジャパン・石橋さん
高校、大学と米国に留学し、現在はグローバル企業で働く石橋さんだが、趣味は日本画鑑賞や随筆を読むことなど、日本的なものに強い関心を持っているそうだ。(2014/10/17)

企業広報の「隠れ家でちょっと一息」:
海外で培った視野の広さ生かしたい イー・ガーディアン 大島一恵さん
学生時代からのモデル活動、イギリス留学と、これまでにさまざまな人生経験を積んできたイー・ガーディアンの大島さん。そこで身に付けたスキルなどを広報の仕事にも生かしていきたいと語る。(2014/9/26)

人生を変える! アジアMBA留学のすすめ
大手広告代理店で外資系クライアントを相手に活躍中のビジネスウーマンが勧める、アジアMBA留学のメリットとは。(2014/9/11)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
失恋と留学、インターンが作ったアプリがApp Storeで2位を獲った理由
LINEのやり取りから相性を診断する「チャット分析 for LINE」は、アプリ開発企業のインターンシップで制作されたアプリだ。その目標は「App Storeで1位になること」。どんなインターンが企画したのだろうか。(2014/8/26)

教育ITニュースフラッシュ
九州大学の無料ネット講座が“第3の国産MOOC”で始まる
海外留学の申し込み事務を効率化する日本大学のシステム導入事例から、プログラミング講座を開催する自治体の動きまで、注目の教育IT関連ニュースをお届けします。(2014/8/1)

転機をチャンスに変えた瞬間〜ビジネスの現場から〜(23):
ダメ出しもプレッシャーも、全てが私の力になる
MBA留学、転職、起業――常に自分を鼓舞し、人生を切り開いてきた端羽英子さんの成功哲学とは。(2014/7/3)

外国人留学生に聞く、ここがオカシイ「日本の就活事情」
日本で就職活動をしている外国人留学生で、就活戦線が厳しいと感じている人はどのくらいいるのだろうか。2015年3月卒業予定の外国人留学生に聞いた。ディスコ調べ。(2014/4/28)

海外に行きたいすべての若者にチャンスを:
海外留学生の数を2倍に!グローバル人材育成プロジェクト「留学JAPAN」とは?
海外経験がある日本人学生を増やし、企業が求める「グローバル人材」を育てよう――文部科学省は2月、マネージャーや広報、人事などプロジェクトのスタッフ募集を開始した。協力するのは転職サイトのビズリーチ。異色の組み合わせが成立した理由は……?(2014/2/25)

東京書籍、ACCESSの教材向け電子書籍ビューワを採用
弱視や色弱、読み障碍を抱えた学生や、日本語の読みに不慣れな海外帰国子女、外国人留学生にも読み易いようにビューワを開発。東京書籍の「特別支援を必要とする学習者に配慮した電子教材用ビューワ」として採用された。(2014/2/7)

e-ZUKAスマートフォンアプリコンテスト2013:
飯塚市のアプリコンテスト グランプリはベストショットの場所やタイミングを教えてくれる「Phorec」
福岡県飯塚市で開催された「e-ZUKAスマートフォンアプリコンテスト2013」の公開プレゼンテーションと授賞式が、1月25日に九州工業大学の飯塚キャンパスで開催された。グランプリを受賞したのは、タイからの留学生だった。(2014/1/27)

海外在住の日本人が旅をお手伝い 旅のマッチングサービス「Traveloco」
海外在住の日本人ユーザーと、その国に行きたい日本の旅行者や留学希望者などをマッチングするサービスが登場した。(2014/1/10)

留学しても、ほかの会社へ行ってもOK――“辞めても戻れる”人事制度を作ったサイボウズ
高い離職率を劇的に改善させたサイボウズが新たに導入したのは、なんと「社員が会社を辞めやすい」制度だった。退職後、6年間復帰可能な「育自分休暇」という制度が生まれた背景やその活用のされ方、同社が目指す理想の組織像について、社長の青野慶久氏に聞いた。(2014/1/7)

父と娘の週末トーク:
娘と父のマジトーク(その6)「自分の国の言葉が下手なのに、外国語が上手くなるって、ありえなくない?」
英語が好きな娘。もしかして留学経験がある俺(父)の影響? と、あわい期待をしながら、「英語と留学」について話し合ってみました。(2013/12/13)

世界を変える80年代生まれの起業家:
田舎の米国人が知っている日本は、真珠湾とカラテとTERIYAKI
16歳で単身渡米し、21歳で米国で起業した伊地知さん。前回のインタビューでは、ベンチャー起業の理想型についてでしたが、今回は、高校時代の米国留学体験から人生の目的について伺います。(2013/11/7)

これからの働き方、新時代のリーダー:
失敗することにびびってないか?――メガネECベンチャー創業者がスタンフォードで学んだこと
メガネ専門のECサイト「Oh My Glasses」を立ち上げた若き起業家、清川忠康さん。大手証券会社などで企業再生ビジネスを手掛けていた同氏が留学先で受けた衝撃とは?(2013/11/5)

世界一周サムライバックパッカープロジェクト:
「フィリピンだから仕方ない」は通じない――3年前とは違う留学事情
2010年の5月から3カ月間、僕はフィリピン留学をしていました。あれから3年の月日が流れ、僕は留学生としてではなく、仕事としてフィリピンにある語学学校を巡りました。(2013/9/13)

仕事をしたら“なんちゃってグローバル君”がいた(6):
日本で起きている皮肉な現象とは――留学生と採用の関係
日本人の留学者数が、ここ数年減少している。このまま留学生の数が減っていけば、「海外の企業に勝つことが難しくなるのでは」と危惧する人物がいる。その名は、人材紹介などを手がけるディスコの夏井丈俊社長だ。早速、夏井社長に話を聞いてきた。(2013/8/21)

盲目のアフリカ人留学生を救った日本のオヤジ文化とは?
盲目のアフリカ人が日本で過ごした15年間をつづったエッセイ集『わが盲想』。その中から、彼の日本語が飛躍的に上達したきっかけについて紹介します。(2013/6/21)

クリエイターの卵たちが作品を発表! 日本最大規模の専門学校が卒業展を開催[2/3]
日本工学院クリエイターズカレッジには日本のポップカルチャーにあこがれる海外からの留学生も多く在籍する。留学生の現状を聞いた。(2013/5/28)

これからのことがよく分かるコラム:
グローバル化の波は大学にも――「国際学生寮」が増えている
昨今、「国際学生寮」を設ける大学が増えてきています。寮の特徴は、外国人留学生とルームシェアをしたり、共同スペースを留学生と一緒に利用できること。このような形の寮が、なぜ増えてきているのでしょうか。(2013/3/13)

海外オタク見聞録:
日本に「モテ期」がやってきた? 「ジャパン・パッシング」でも留学生がやってくる理由
「ジャパン・パッシング」でも日本への留学生は増えています。ゲームやアニメが海外から学生を引きつけ、日本に「モテ期」をもたらしているようです。(2013/3/4)

海外視点:
「日本でコンドームアイス見つけた!」 留学生のおねえさんが大はしゃぎ
壮絶に誤解される日本文化。(2013/2/18)

アルク、「Google Play ブックス」で語学関連書など24作品を発売
アルクが語学および留学関連の電子書籍を「Google Play ブックス」へ提供。既刊の24タイトルをはじめ、今後もラインアップを増やしていく予定だ。(2012/9/26)

世界一周サムライバックパッカープロジェクト:
夢は西欧トップ5の留学支援企業、ベルリンで起業した日本人
欧州でTimpanyという会社を立ち上げ、日本人向けではなく主に欧州人向けに留学支援ビジネスに取り組んでいる森本真由美さん。日本と欧州での、コミュニケーションのとり方の違いを感じているそうです。(2012/6/5)

外国人留学生、就職したい業界は「電気機器」
グローバルに展開する企業が積極的に採用に動いている外国人留学生。外国人留学生たちは就職に関して、どのような意識を持っているのだろうか。フューチャー・デザイン・ラボの調べ。(2012/6/4)

外国人留学生に聞く、日本での就活で困っていること
外国人留学生は日本で就活をする上で、どんなことに困っているのだろうか。現在就活中の留学生に聞いた。パソナグループ調べ。(2012/3/16)

「正直どうなの!? 留学生活」 在米日本人留学生が住まいから恋愛までトーク
米国にいる日本人留学生が「正直どうなの!? 留学生活」と題し、留学生活の裏側を話す。英語、学校、住まい、恋愛などのトピックについて、本音をとことん追及する。配信は2月28日19時0分〜。(2012/2/27)

「『金正日萌え』ツイート逮捕事件」から見る韓国社会とは? 現役韓国人留学生に聞く
韓国で「金正日萌え」とツイートしたパク・ジョングンさんが国家保安法違反で逮捕されたニュースを受け、パクさんの友人で立教大学現役留学生のキム・ソンハさんがニコニコ生放送に登場。「国家保安法とはどういう法律なのか?」「韓国ではどう受け止められているのか?」「イ・ミョンバク政権が韓国の若者に不人気な理由とは?」といったテーマで、韓国で沸き起こるデモや、徴兵制を含む韓国社会の問題点を語る。聞き手はジャーナリストの青木理さん。配信は1月26日21時0分〜。(2012/1/25)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
日本人以上の就職難――ベトナム人留学生、日本で就活をする
ひょんなことから筆者が関わることになった、ベトナム人留学生の就活を支援する“フォー・プロジェクト”。その背景には、外国人留学生が日本社会で十分に活用されていない現状があった。(2011/11/24)

活躍するMBAホルダーたち:
「MBA取得で違う職種にチャレンジできた」――普通の26歳がコロンビア留学で得たもの
プライベート・エクイティ投資を行うヴァリアント・パートナーズの加藤健代表取締役。東燃化学に入社後に挑戦したコロンビア大学MBA留学では、知識だけではなく、人とのつながりができたことが大きかったと語る。(2011/8/16)

世界一周サムライバックパッカープロジェクト:
グアテマラでスペイン語の格安語学学校を運営――片桐真氏
フィリピンでの格安英語留学と同じ仕組みで、グアテマラで格安スペイン語留学のための語学学校「アタバル」を運営している片桐真さん。グアテマラ在住20年の片桐さんは、どのような思いから語学学校を運営しているのだろうか。(2011/6/28)

ちきりんの“社会派”で行こう!:
それでも経済成長が必要な意味
経済成長を目指した末に、多くの電力を消費するようになった現代日本社会。原発事故による電力不足で、そのあり方が改めて問われていますが、そもそも私たちはなぜ経済成長を目指すのでしょうか。ちきりんさんは米国留学時代に自分なりの回答を見つけたようです。(2011/4/25)

世界一周サムライバックパッカープロジェクト:
日本人経営者は、フィリピンの格安マンツーマン語学学校をどう運営しているか
格安で英会話を学べるということで、韓国人を中心に人気を集めているフィリピンへの語学留学。その受け入れ先となる語学学校をフィリピン人や韓国人とともに経営している井坂浩章さんに、語学学校の実情についてインタビューしてみた。(2011/2/2)

新連載・世界一周サムライバックパッカープロジェクト:
なぜ韓国人は英語を話せるのか――フィリピン格安留学のススメ
語学留学というと、欧米諸国への留学を想像する人も多いのではないだろうか。そんな中、筆者はフィリピンの語学学校に格安で留学して、英会話を身に付けたという。留学に積極的な韓国人も多く利用するというフィリピン語学留学のメリットとは。(2011/1/18)

外国人留学生が日本での就職で不安に感じること
楽天やパナソニックなど、グローバル化を進める企業が外国人留学生を積極的に採用するようになっている。外国人留学生は日本での就職についてどのように考えているのだろうか。ディスコ調べ。(2010/12/27)

外国人留学生を採用する企業、前年度比2倍に
就職情報・人材サービスのディスコは、外国人留学生採用に関する調査結果を発表した。それによると外国人留学生を採用する企業は、前年度比のほぼ倍であることが分かった。(2010/9/10)

樋口健夫の「笑うアイデア、動かす発想」:
海外で人間関係を作る方法
海外に留学や転勤することになったら、どのように人脈を作ったら良いのだろうか。「知らない人と話すきっかけが思いつかない」? 大丈夫、そんな人にとっておきのアドバイスを授けよう。(2010/7/14)

ちきりんの“社会派”で行こう!:
「国費留学した官僚の退職は許せん!」と憤るあなたへ
国費留学した官僚の退職を防ぐために制定された「国家公務員の留学費用の償還に関する法律」。それが功を奏して、施行後の退職者数は減ってきていますが、ちきりんさんは「国費留学生の退職は日本にとって本当に悪いことなのか?」と問いかけます。(2010/5/17)

不正事件に学ぶ社内セキュリティの強化策:
デジカメのメモリカードで解雇された研究者
海外留学に選抜された優秀な研究者が出発前に解雇されました。彼がした不正行為から小型の情報機器にまつわる脅威や対策を解説します。(2010/4/7)

樋口健夫の「笑うアイデア、動かす発想」:
海外を見習え(オーストラリア編)――2週間に1度の給料日
映画「シンデレラマン」を見て、オーストラリア留学当時のアルバイト生活を思い出した。オーストラリアでは給料が2週間ごとに支払われたため、計画的に貯金し、中古車を購入できた。(2010/1/7)

社会人大学院特集:
学生生活の悩み、時間、お金――保田隆明が大学院に行く理由(後編)
社会人大学院に通う保田隆明さん。勉強は楽しいが、やはり学業と仕事の両立は大変だし、社会人ならではの悩みもある。後編では「いつ勉強しているの?」「海外へMBA留学する方がいい?」といった社会人大学院生の悩みについて、具体的に聞いていく。(2009/11/25)

迷わずはさめよ、はさめば分かるさ!:
わさび&ドレッシングが隠し味の「スピード焼き豚サンド」
アービーズ(Arby's)という、ローストビーフサンドイッチ専門チェーンをご存じですか?今回のサンドイッチは、米国留学中に食べた“あの味”をアレンジしたものです。(2009/10/14)

最終回・現役東大生・森田徹の今週も“かしこいフリ”:
ウケる記事を書くためのコツとは? 筆者が半年間で学んだこと
1月から続いてきた本連載だが筆者の森田氏がカリフォルニア大学アーバイン校に留学することから、今回が最終回となる。多くの人に読まれる記事を書いてきた森田氏だが、最終回ではこの半年間で学んだウケる記事を書くためのコツを紹介する。(2009/9/11)

中国ビジネス最前線:
海外のハイレベル人材を大量採用
中国から海外留学する人数は増加の一途をたどっている一方で、帰国者の割合は全体の2割に過ぎない。中国政府は海外の優秀な人材を獲得するための施策を打ち出した。(2009/2/13)

石黒不二代のニュースの本質:
【第1回】投資銀行破たんから学ぶ2009年の経営
米金融崩壊に端を発した経済危機は欧州や新興国をも飲み込み、世界を不況のどん底へと陥れた。目下、経営者は厳しいかじ取りを迫られているわけだが、企業を正しい方向へ導くためには、今起きている出来事の「本質」を理解することが不可欠だ。新連載「石黒不二代のニュースの本質」では、ネットイヤーグループ代表取締役社長兼CEOの石黒不二代氏が米国へのMBA留学経験などを踏まえて鋭い視点で時事問題を斬る。(2009/1/13)

樋口健夫の「笑うアイデア、動かす発想」:
パーソナルな海外進出 語学留学編
大学時代、イギリス連邦の経済を専攻していた筆者はオーストラリアに留学した。デパート、石炭商社など、留学先でもビジネス力を養ったのである。(2008/12/4)

樋口健夫の「笑うアイデア、動かす発想」:
鍵のトラブルを避ける「キー・マネジメント」のキーポイント
「オーストラリアでは成人式に何を渡すか知っているか? それは鍵なんだ」。留学先の主人が成人式を迎えた筆者にそう告げた。「昔は21歳にならないと鍵を持てなかった。その意味が分かるか」――。(2008/11/14)

きっかけはMBA留学 上場のベンチャーリパブリック率いる2人
「coneco.net」を運営するベンチャーリパブリックの社長と副社長は、創業時から上場を目標に二人三脚で歩んできた。起業のきっかけはハーバード大へのMBA留学だ。(2008/8/26)

ロサンゼルスMBA留学日記:
最終回・MBAの理想と現実――卒業して分かったこと
先日、MBAを無事に卒業、東京に戻って新しい職場に就職した。英語ペラペラになったのか? 就職先は選び放題だったのか? 最終回は2年間の留学生活を振り返り、MBAのメリットとデメリットを改めて本音ベースで考える。(2008/6/23)



Windows 9と噂されていた次世代Windowsの名称は、1つ飛ばしてWindows 10に決まった。発売は2015年後半を予定。タッチU/Iの取り込みに苦労しているWindowsだが、高速起動など基本的な面での改善もバージョンを経るごとに進んでおり、文字通り世界レベルでの影響を持つリリースになる。

音楽CDを超える音質を持つデジタルオーディオデータ、略して「ハイレゾ」。その再生に対応した機器が増加しており、対応したスマホの増加などを機に、今後更なる注目の高まりも期待される。

ソフトバンクモバイル初のXperiaシリーズとして発売が決まり、3キャリアが揃って取り扱う人気機種となった。モバイル事業で減損が発生するなど不調が伝えられるソニーであるが、グローバルスマホ市場での生き残りに向けて、これからが正念場だろう。

All material on this site Copyright © 2005 - 2014 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.