「テスト」最新記事一覧

クリフトの決め手はやっぱりザラキ ドラクエのスマホ向けカードゲーム「ライバルズ」誕生
6月開催のβテスト参加者を募集中。(2017/5/25)

NIWeek 2017:
AT&Tが28GHz帯の無線テスト装置を披露、DARPAは「6G」計画も
National Instruments(NI)が米国で開催中のプライベートイベント「NIWeek 2017」では、同社の製品を使った事例が多数紹介されている。基調講演では、AT&Tが、28GHz帯対応のチャンネルサウンダーのデモを披露。さらに、米国防高等研究計画局(DARPA)は、「6G(第6世代移動通信)」に向けたプロジェクトを紹介した。(2017/5/25)

山浦恒央の“くみこみ”な話(95):
タダでソフト開発の生産性と品質を上げる方法(5):グーグルの隠し球的単体テストツール「GoogleTest」
「タダでソフト開発の生産性と品質を上げる方法」の第5回。今回は、IT業界の巨人、グーグル(Google)製の単体テストフレームワーク「GoogleTest」を紹介する。(2017/5/24)

ただしApp Store申請にはMacが必要
iOSアプリ開発のMac離れ? Win環境で開発できる「Xamarin Live Player」登場
「Xamarin Live Player」はiOSアプリの開発やテストを高速化でき、Macがなくてもアプリケーションのデバッグができる。(2017/5/24)

初の商用量子システムのコアに採用へ:
IBM、16量子ビット/17量子ビットの汎用量子プロセッサの開発と実用化テストに成功
IBMが16量子ビットおよび17量子ビットの汎用量子プロセッサの開発と実用化テストに成功したと発表。16量子ビットプロセッサはクラウドインスタンスとしてIBM Cloudで技術者向けに無償公開。17量子ビットプロセッサは商用化を見込む初のプロトタイプで「IBM Q」の初期基盤となる予定だ。(2017/5/19)

日本ノーベル Quality Commander:
USBメモリ抜き差し動作も自動化、組み込み機器向け自動テストシステムの最新版
日本ノーベルは、カーナビやスマホなど組み込み機器のソフトウェアテストを自動化する「Quality Commanderシリーズ」の最新版を販売する。ロボットハンドの動的切り替えに対応し、USBメモリの抜き差し動作も自動テストへ組み込める。(2017/5/18)

IoTとAI、ビッグデータ時代のソフトウェアテスト(10):
ソフトウェアテストの未来(前編)――テスト技術者の将来と教育
IoTやAIが一般化する未来においても、ソフトウェアテストは険しい道のりを歩むことになるのだろうか。まずはテスト技術者に焦点を当て、その生きる道と道しるべである教育について見ていきたい。(2017/5/18)

車載セキュリティ:
クルマのハードウェアの脆弱性を評価、ハッカー目線で作った侵入テストツール
ラピッドセブン・ジャパンは、直接ハードウェアに接続して脆弱性を評価する侵入テストツール「Metasploit Hardware Bridge」の概要を発表した。(2017/5/17)

いまさら聞けないHILS入門(9):
HILSを使ってECUをテストする(その1)
車載システムの開発に不可欠なものとなっているHILSについて解説する本連載。今回から、HILSを用いてどのようにECUをテストするかについて説明していきます。まずは手動テストから紹介します。(2017/5/17)

特選ブックレットガイド:
IoTやAIが一般化する時代、ソフトウェアテストはどうあるべきか
言うまでもなくソフトウェアテストは重要だが、IoTやAIなどの新しい概念によってソフトウェア自体の在り方が変わりつつある中、旧来からのテストを踏襲するだけでは成果は得られない。新時代のソフトウェアテストについて考察する。(2017/5/16)

話題の雑誌:
ステマ時代だからこそ部数を伸ばしている雑誌って?
暮らしに関するモノの使用感などを編集部で比較テストした結果を率直な語り口で掲載し、モノ選びにシビアな30〜40代の女性の心を捉えている雑誌がある。(2017/5/15)

ステマ時代だからこそ部数を伸ばす雑誌って何だ?
暮らしに関するモノの使用感などを編集部で比較テストした結果を掲載し、モノ選びにシビアな30〜40代の女性の心を捉えている雑誌がある。(2017/5/15)

キャッツ ZIPC Tester:
Simulinkモデルの検証支援ツールがバージョンアップ、検証効率の向上を実現
キャッツは、モデルベース開発(MBD)で活用されるSimulinkモデルの検証支援ツール「ZIPC Tester Ver.3.0」を発売した。Simulinkのテスト入力波形を効率的に設計する機能やテスト結果の自動判定機能など、検証を効率化する機能を充実させた。(2017/5/15)

「見える化」で業務改革:
SUBARUの航空機生産を支える1人の男と「QlikView」
自動車メーカー「SUBARU」に航空宇宙事業という“別の顔”があるのをご存じだろうか。1万点以上にものぼる部品を管理しながら、設計とテストを繰り返す。航空機開発の複雑な業務フローに混乱していた現場を救うため、1人の男が立ち上がった。(2017/5/15)

「テストで電卓使ってもいいよ!」 日本と米国の数学、考え方の違いとは?
どこに頭を使うのか。(2017/5/14)

ニューヨーク州も自動運転車の公道走行テストを受け入れ開始
ニューヨーク州が、州内の公道での自動運転車走行テストの受け入れを開始した。(2017/5/11)

クロマ 半導体テストソリューション:
1Gビット/秒の転送速度を持つSoCテストシステム
クロマは、IoT(モノのインターネット)市場とIC市場向けに各種半導体テストソリューションを発表した。最高1Gビット/秒のデータ転送速度を備えたSoC(Sytem on Chip)テストシステム「Chroma 3680」など、5製品をそろえた。(2017/5/10)

2100本超のSQL全量テストの工数を約7割削減:
PR:これが“RAT in Cloud”の威力! 外為どっとコムがデータベースアップグレードの期間とコストを大幅圧縮
「Oracle Databaseのアップグレードに際して、2100本超のSQLの検証に掛かる期間とコストをいかにして圧縮するか?」──。外為どっとコムがこの課題の解決策として採用したのが、Oracle Real Application TestingとOracle Database Cloud Serviceを組み合わせた“RAT in Cloud”によるテストソリューションであった。[運用管理効率化][Oracle Enterprise Manager](2017/5/10)

アンカー、高耐久Lightningケーブルを発売 1万2000回以上の折り曲げテストをクリア
アンカー・ジャパンは、高耐久Lightningケーブル「Anker PowerLine II Dura ライトニングUSBケーブル」を発売。1万2000回以上の折り曲げテストをクリアし、ケーブル内部のワイヤーを断線から保護する。(2017/5/9)

乗換案内の「Citymapper」がロンドンで無料“スマートバス”テスト運行
乗換案内アプリの英Citymapperが、ロンドンで運賃無料の“スマートバス”を2日間限定で走らせる。交通機関向けツール開発に向けた第一歩だ。(2017/5/9)

太陽光:
太陽光だけで成層圏まで有人飛行、初フライトに成功
スイスで太陽光発電によるエネルギーだけで、成層圏までの有人飛行を目指すプロジェクト「SolarStratos」が進行中だ。2017年5月5日には実現への第一歩となるテストフライトに成功。2018年に成層圏へのフライトを行う計画だ。(2017/5/9)

組み込み開発ニュース:
モデル検証を効率化する検証支援ツールの新版をリリース
キャッツは、モデルベース開発(MBD)で活用されるSimulinkモデルの検証支援ツール「ZIPC Tester Ver.3.0」を発売した。Simulinkのテスト入力波形を効率的に設計する機能やテスト結果の自動判定機能など、検証を効率化する機能を充実させた。(2017/5/9)

MVNOの深イイ話:
「スピードテストブースト」は可能なのか?
スピードテストアプリの測定結果と、実際の快適さが懸け離れている事業者さんがあるという声が聞かれます。ネット上では「スピードテストブースト」などと呼ばれているますが、このようなことは可能なのでしょうか? その技術的な背景について紹介します。(2017/5/3)

テクノフロンティア 2017:
CISPR16-1-1に適合したEMIテストレシーバー
ローデ・シュワルツ・ジャパンは「TECHNO-FRONTIER 2017(テクノフロンティア2017)」で、EMIテスト・レシーバーのフラグシップモデル「R&S ESW」の最新機種を展示した。「CISPR16-1-1」に完全適合した高速FFTによるタイムドメインスキャンを標準で搭載している。(2017/5/2)

半径300メートルのIT:
“捨て垢”がスパム攻撃の温床に? あなたは放置していませんか?
複数アカウントを持っている人やテストアカウントを作っている人は要注意です。(2017/5/2)

Mobile Weekly Top10:
MVNOサービスの通信速度について/ドコモ新料金プランの弱点
MVNOサービスの通信速度について、「スピードテストの結果と快適さが合致しない」という指摘があります。実際のところ、どうなのでしょうか……?(2017/5/1)

東芝の「dynabook V/VC/VZ」シリーズが米MIL基準テストをクリア
東芝クライアントソリューションは、12月より発売中の同社製ノートPC「dynabook V」「同 VC」「同 VZ」シリーズがMIL規格に準拠したテストをクリアしたと発表した。(2017/4/27)

OKIエンジニアリング カーエレクトロニクス テストラボ:
車両高度化に対応、OKIが試験サービス拠点開設
OKIエンジニアリングが車載電子機器のEMC試験と信頼性試験サービスを提供する「カーエレクトロニクス テストラボ」を開設、稼働を開始した。(2017/4/27)

IoTとAI、ビッグデータ時代のソフトウェアテスト(9):
ソフトウェアテストの施策と運用(後編)――カギを握るテストの運用
新時代のテストに向けて立派な施策を打ち立てても、それを継続的かつ効果的に運用しなければ、絵に描いた餅である。今回は従来テスト運用を振り返りつつ、新時代のテスト運用について見ていく。(2017/4/27)

Facebook、虚偽ニュース対策でタップ前に「関連」リンクを表示するテスト
Facebookが、ニュースフィードに表示する話題の記事の下に「関連」として複数のメディアによる関連記事を表示するテストを開始した。フィルターバブル問題対策の一環だ。(2017/4/26)

「ハッカー視点のセキュリティレポート」の気になる中身【後編】
侵入者が最も嫌がる対策は「エンドポイントセキュリティ」、だけど投資は低調?
侵入者が最大の障害だと考えているセキュリティ対策と、侵入を防ぐためのセキュリティ投資先との間には大きな違いがあるようだ。侵入テスト実施者やハッカーを対象とした調査結果から実態を探る。(2017/4/26)

「ハッカー視点のセキュリティレポート」の気になる中身【前編】
ハッカーが評価する「脆弱性攻撃ツール」の種類とは? 独自調査で判明
侵入テスト実施者やハッカーを対象とした調査結果をまとめたセキュリティレポートが公開された。IT担当者やベンダーを対象とした一般的な調査からは見えにくかった“真実”とは。(2017/4/25)

車載電子部品:
日本に2カ所しかない電磁波耐性試験設備、OKIエンジニアリングが導入
OKIエンジニアリングは、設備の増強を行って「カーエレクトロニクス テストラボ」として試験体制を強化した。先進運転支援システム(ADAS)やコネクテッド化、パワートレインの電動化によって電子機器の搭載が増加し、EMC試験や信頼性評価の重要性が高まっていることに対応した。(2017/4/24)

山浦恒央の“くみこみ”な話(94):
タダでソフト開発の生産性と品質を上げる方法(4):単体テストで威力を発揮する「MinUnit」
「タダでソフト開発の生産性と品質を上げる方法」の第4回。今回は、単体テストで威力を発揮する「MinUnit」を紹介する。(2017/4/24)

通信速度定点観測:
混雑時にYouTubeを快適に視聴できる格安SIMは? 12サービスを比較(4月編)
ITmedia Mobileの連載「通信速度定点観測」では、スピードテストアプリを使ってMVNOサービスの速度を計測している。今回は計測方法を変えて、YouTubeの動画をどれだけ快適に視聴できるのかを調べる。12サービスを比較した。(2017/4/23)

垂直離着陸可能な“空飛ぶ車”、独Liliumがテスト成功
「Lilium Jet」は垂直離着陸可能な“世界初の”電動VTOL機。2人乗りだが、エアタクシー向け5人乗りモデルも開発中だ。(動画あり)(2017/4/21)

製造IT導入事例:
MotoGPレーシングバイクにIoTセンサーを装着し、テストに活用
アクセンチュアは、Ducatiのオートバイレース部門であるDucati Corseと協力し、IoTと人工知能関連技術をMotoGP世界選手権に参戦するレーシングバイクのテストに活用している。(2017/4/21)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
5年間のTCOを約63%削減、アサヒグループが全社システムに選んだストレージは?
飲料・食品事業を行うアサヒグループは、全社システムの8割以上を占めるプライベートクラウド基盤の統合ストレージを刷新した。同グループの厳しい審査や実機テストをクリアしたオールフラッシュアレイとはどのようなものだろうか。(2017/4/20)

IoTとAI、ビッグデータ時代のソフトウェアテスト(8):
ソフトウェアテストの施策と運用(前編)――IoT時代を生き抜くテスト施策
変化する時代の中で、ソフトウェアテストはどのようにあるべきか。変わらなくてはならないならば、どう変わるべきか。今回はこれらの質問に対する解として、「新時代のテスト施策」について考察する。(2017/4/21)

カリフォルニア州が許可:
Apple、公道で自動運転車のテスト走行が可能に
米国カリフォルニア州車両管理局が公開した情報により、公道で自動運転車をテスト走行することを許可されたメーカーの1つに、Appleが含まれていることが分かった。Appleが自動運転車の開発を本気で進めていることを示すものといえるだろう。(2017/4/20)

Apple、自動運転車走行テストをカリフォルニア州で開始へ
米カリフォルニア州車両管理局(DMV)が30社目の公道テスト認可企業としてAppleをリストに追加した。(2017/4/15)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10次期大型アップデート「Redstone 3」のユーザーテストが早くも始まる
Microsoftは「Windows 10 Creators Update」の公開直前に次期大型アップデートとなる「Redstone 3」のユーザーテストを開始。ビジネス向けのWindows Insider Programも新設した。(2017/4/13)

山市良のうぃんどうず日記(89):
トラブルシューター泣かせのWindowsの仕様変更──忘れられた互換性機能?
マイクロソフトはWindowsの新しいバージョンをリリースする際に、他のプラットフォームよりは互換性の維持に力を入れていると思います。しかし、それは新しいバージョンが出るのに合わせて、バージョンアップすればという条件付きの場合があります。途中のバージョンをスキップすると、動作しない原因を追跡するのが難しくなります。古い互換性機能の中には、新しいOSでテストされていないこともあるような、ないような……。(2017/4/11)

電子ブックレット/電気自動車:
電気自動車と無線充電の近未来
無線充電の世界標準が固まった。SAE Internationalが無線充電の相互運用性と性能を確保するテストステーションを発表、自動車と地上設備のコイル形状が異なっていたとしても高効率の充電が可能になる。出力は3.7キロワット(kW)から11kWまでの3種類だ。日産自動車と米WiTricityの協力関係についても紹介する。(2017/4/10)

CAEニュース:
米国安全基準を設計段階でテストできる自動車用照明設計ソフトの最新版
サイバネットシステムは、自動車用照明設計ソフトウェア「LucidShape」の最新バージョンを発売した。米国IIHSが定めるヘッドライト安全性基準のテスト機能や、照明機能と見た目の美しさを両立させる設計が可能なツールを備えている。(2017/4/7)

ウィジェットとAPIで、ノンプログラミングアプリ開発が可能:
NTT Com、「簡単テスト」「早期導入」を実現するIoTプラットフォームサービス「Things Cloud」を開始
NTTコミュニケーションズが、企業の早期IoT導入やテストを支援するアプリケーションの開発/実行基盤サービス「Things Cloud」の提供を開始。ウィジェットやAPIを豊富に用意し、ノンプログラミングでのアプリ開発を可能とする。(2017/4/6)

CeBIT 2017:
世界一の実力を動画でも証明、NECが顔認証技術をアピール
NECは、「CeBIT 2017」において、動画に対してリアルタイムで高精度に顔認証できる技術を披露した。米国国立標準技術研究所(NIST)の動画顔認証技術のベンチマークテスト(FIVE)で第1位を獲得した技術である。(2017/4/6)

日本NI Automated Test Outlook 2017:
テストは「コスト」から「資産」に
製品投入サイクルの一角であるテストだが、企画や開発、量産に比べるとコストセンターと見なされることが多い。しかし、コストだと思われていた部分を見直すことで、製造業におけるモノづくりに大きなプラスをもたらす可能性がある。(2017/4/5)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(80):
今日の献立「Windows 10の塩漬け」──Windows 10のバージョンを固定する方法
テストや動作検証のために、特定のWindows 10環境を維持したいという場合もあるでしょう。そんなときに役に立つ、Windows 10を特定のバージョンに固定する方法を紹介します。(2017/4/4)

米Amazon.com、SNSセレブ向け新アフィリエイト「Influencer Program」をβテスト中
米Amazon.comが新しいアフィリエイトプログラム「Influencer Program」のβテストを開始した。SNSでのフォロワーがYouTubeやFacebookに表示される専用URL経由で商品を購入すると、フィーを獲得できる。(2017/4/3)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.