テスト に関する記事 テスト に関する質問

「テスト」最新記事一覧

リクルート、A/Bテストツールを提供するOptimizelyとパートナーシップを締結
リクルートホールディングスは、A/Bテストツール「Optimizely」を提供する米Optimizelyの日本法人設立に伴い、パートナーシップを締結した。(2015/3/25)

変形機構、液晶、キーボード、ペンの品質に迫る:
ソニーから独立しても“最強伝説”は健在か?――新生「VAIO Z」徹底検証(後編)
ベンチマークテストで圧倒的な性能を見せつけた13.3型ハイエンドモバイルPC「VAIO Z」。レビュー後編は、その使い勝手をじっくり確かめていこう。(2015/3/24)

Design Ideas アナログ機能回路:
高速な電圧-電流変換器として動作する回路
電圧-電流変換器や高精度で帯域幅の広い可変利得のカレント・ミラーとして動作する回路を紹介する。高速ICや電流出力型D-Aコンバータの入力を備えたデバイスのテストなどに向けた回路だ。(2015/3/23)

最新スマートフォン徹底比較(2014年冬モデル編):
ドコモおすすめ5機種レビュー(第2回)――バッテリー持ち&ベンチマークはどう?
5機種ともハイスペック、さらに4機種が3000mAhを超えスタミナも十分なドコモ冬春モデル。今回は、YouTubeの連続再生・静止画の連続表示・待受時の消費電力テストと、ベンチマークテストを実施。どのスマホが優秀か?(2015/3/20)

米航空当局、Amazonに配送ドローン試験飛行の制限付き耐空証明を発行
Amazon Prime Airの配送ドローンのテスト飛行を米連邦航空局が許可した。パイロットが目視できる範囲での飛行に限られるなど制限は厳しいが、一歩前進といえるだろう。(2015/3/20)

性能、スタミナ、騒音、発熱をテスト:
第5世代Core i7にWindows 7を合わせた“通好み”モバイルノートの実力は?――「dynabook R63/PS」徹底検証(後編)
CPUは最新の第5世代Core i7、OSは手堅いWindows 7、そしてポインティングデバイスはタッチパッドとスティックのデュアル仕様――まさに“通好み”の東芝ダイレクト専売モバイルノート「dynabook R63/PS」をじっくりテストしていこう。(2015/3/19)

電気自動車:
電動アシスト自転車と電気トラックを組み合わせ、千代田区で実証運行
日産自動車は電気自動車「e-NT400テストトラック」の実証運行を2015年3月16日に開始した。東京都千代田区で約2カ月間継続する。同区とNTTドコモが運営する電動アシスト自転車を利用した実証実験「ちよくる」に協力する形だ。(2015/3/19)

Microsoft、XiaomiのAndroid端末に「Windows 10」ROM提供へ
Microsoftは中国のAndroid端末メーカーXiaomiと協力し、Xiaomiのスマートフォン「Mi 4」ユーザー向けの「Windows 10」招待制テストプログラムを間もなく開始する。参加者はWindows 10のROMパックを無料でダウンロードできる。(2015/3/19)

「Nexus 6」ロードテスト 第4回:
「Nexus 6」ならでは活用法を模索する
Nexus 6ロードテストの第4回は、その大画面を生かした使い方を模索してみた。カーナビやプレゼンテーションツールとして使った場合、Nexus 6はどのように活用できるのだろう。(2015/3/17)

自動運転技術:
自動運転車が“究極”のテスト、米国横断に挑む
Delphi Automotive(デルファイ)は、同社の予防安全技術を搭載した自動運転車を用いて米国横断の実証実験に挑むと発表した。2015年3月22日にカリフォルニア州サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジ付近を出発し、東海岸までの約3500マイル(約5632km)を自動運転で走破することになる。(2015/3/17)

現場で使うためのオールペア法、直交法の基本(2):
組み合わせテストを科学的に効率化する――手法とツール、品質保証のための道具
あらゆる条件を網羅したテストを実行することは現実的ではありません。しかし、職人技と勘、あるいは闇雲にテストツールに頼っても、科学的に品質を保証できません。最小のコストで品質を保証するための手法と、その考え方、制約がどのようなものかをじっくり見ていきましょう。(2015/3/20)

「Nexus 6」ロードテスト 第3回:
“Lollipop”搭載の「Nexus 6」 Android 5.0ならではの使い方とは?
今回の「Nexus 6」ロードテストでは、Android 5.0におけるUIの変化を再確認し、新たに追加された便利な機能を活用してみた。(2015/3/13)

モデルベース開発:
ロボットにモデルベース開発の手法を、MATLAB/Simulink「Release2015a」
モデルベース開発環境「MATLAB/Simulink」の最新バージョン「Release2015a」が発表された。ロボット開発やFPGA/ASIC向け画像処理、アンテナ設計に適したツールボックスが追加されたほか、テスト管理ツールも導入され、使い勝手が向上した。(2015/3/12)

テクトロニクス TSG4100Aシリーズ:
ミッドレンジのRFテストとVSGの機能を両立した新RF信号発生器
テクトロニクスは、ベクトル信号発生器(VSG)の機能を備え、ミッドレンジのRFテストにも利用できるRF信号発生器の新製品「TSG4100Aシリーズ」を発表した。(2015/3/11)

「Nexus 6」ロードテスト 第2回:
プロセッサやバッテリーの性能は? 「Nexus 6」の基本スペックを再確認
「Nexus 6」のロードテスト第2回では、気になる基本スペックについて検証。プロセッサやバッテリー、通信性能、カメラの4点に絞り、スペック表では分からない部分をテストした。(2015/3/6)

アニメ化目指す「東北ずん子」が資金調達を開始! タイバニ作画監督が手がけたテストアニメも
目指すはアニメ化、だと……!!?(2015/3/6)

テスト/計測:
測定時間を1/10に短縮するベクトルネットワークアナライザ
キーサイト・テクノロジーは、ベクトルネットワークアナライザ「ENAシリーズ」として「E5080A」を発表した。従来製品に比べてダイナミックレンジを広げるなど基本性能を向上させることで、テスト時間を従来の1/10に短縮することが可能となる。また、操作性を高めることができる新たなGUIも採用した。(2015/3/6)

ベンチマークテストでうまくいくネットワーク機器選び【第5回】
スイッチやルータとは違う、「ロードバランサ」の実力の見どころ
カタログ情報だけでは分からない製品の本当の実力を見抜くため、重要な手掛かりとなるのがベンチマークテスト。今回はロードバランサのベンチマークテストについて見てみよう。(2015/3/6)

Instagram、複数写真広告「carousel ads」のテスト開始
Facebook傘下のInstagramは、複数の写真でストーリーのある広告が可能な「carousel ads」のテストを開始した。(2015/3/5)

スマホをかざすと表紙の殺せんせーがしゃべる! 笑う! 「暗殺教室」公式アプリ「殺せんせーの抜き打ちテスト」が新感覚
ヌルフフフ……!(2015/3/5)

「Nexus 6」ロードテスト 第1回:
Nexus 6の外観をチェック! Nexus 5とサイズを比べてみた
Android 5.0を搭載した6型スマホ「Nexus 6」。その使い勝手を、ロードテスト形式で細かく検証していこう。第1回は端末の外観に着目し、Nexus 5との比較を行った。(2015/3/4)

この謎、分かるかな? 車のCMに隠された驚きの“注意力テスト”
全俺脳が完敗。(2015/3/4)

表紙の“殺せんせー”がしゃべりだす――単行本と連動したアプリが登場
漫画『暗殺教室』と連動したアプリが登場。アプリを起動し、単行本の表紙に描かれた殺せんせーにかざすと抜き打ちテストが受けられる。(2015/3/4)

スマホ向け無料システムテスト自動化ツール(6):
Calabash-AndroidによるBDDの実践とJenkinsによる「Living documentation」
本連載では、AndroidおよびiOSアプリ開発における、システムテストを自動化するツールを紹介していきます。今回は、Calabash-AndroidによるBDD実践のポイント、表形式の活用による仕様の発見、「Living documentation」で「見せる化」を実現する方法などについて解説します。(2015/3/5)

Google、Androidアプリストアでの検索広告表示のテスト開始
GoogleがAndroidアプリストア「Google Play」の検索結果のトップに広告アプリを表示するテストを開始した。(2015/2/27)

フリーター、ブログを書く:
ペーパーレスを目指す唐揚げ専門店、飲食店ならではの「kintone」活用法とは?
自社で開発したWebアプリケーションをテストする飲食店「極鶏.Bar」を経営する、異色のアプリ開発会社「セカンドファクトリー」。後編では、飲食店ならではと言える「kintone」の活用法に迫る。(2015/2/27)

「ここでしか言えない聞けない“ほろ苦”大人のIaaS選び」ダイジェスト:
PR:「クラウドの中身」に興味がないユーザーと興味津々のSIer――日本では、IaaSはスペックや費用の比較表を基準に選べない
近年、IaaSの利用は先進IT企業から一般企業へ、そしてその用途も開発・テスト環境から本番環境へと、その裾野を急速に広げつつある。同時に、クラウドサービスを提供するベンダーの数も増え、かつてのような「AWS一択」という状況は変わりつつある。一体どうすれば、自社のニーズに即したIaaSを選んで、うまく使いこなすことができるのか? (2015/2/25)

Design Ideas 計測とテスト:
高Q デバイスの簡単な測定方法
Q値の測定には通常、マクスウェルやヘイズのようなブリッジ回路で構成したQメーター、もしくはベクトルやスカラーのインピーダンス・アナライザーを使う。しかし、いずれもテスト用測定器には向かない。そこで、簡単なQ値用テスト装置を提案する。(2015/2/24)

現場で使うためのオールペア法、直交法の基本(1):
ソフトウエアテストの考え方――本質、基本を知る
手法やツールだけでなく、そもそもテストとは何か、トレードオフを適切に判断するために必要な知識は何かをじっくり考えてみましょう。(2015/2/18)

これは確かに作るのが大変そうだ:
緊急フォトレビュー! 「ThinkPad X1 Carbon Japan Limited Edition」の天板“編み込み柄”をチェックする
限定500台しか作らないという日本だけのプレミアムなモデルが、米沢の地で現在鋭意生産中だ。その詳細な姿を、テスト生産の機材を使って紹介する。(2015/2/10)

複数の周波数/出力に対応するデバイスで簡単に:
RMS位相ジッタ・バジェットにおけるマージンを拡大する方法
周波数マージニングを使ってテストを行うことで、システムの設計余裕度を確認し、その信頼性と堅牢性を最高のレベルにまで高めることができます。(2015/2/6)

ローデ・シュワルツ R&S VT-B2362/VT-B2380:
HDMI2.0、6Gbps対応のテストモジュール
ローデ・シュワルツ・ジャパンは、ビデオ・テスタR&S VTシリーズのオプションとして、HDMI RX/TX CTS用モジュール「R&S VT-B2362」とHDMI/MHL TDAモジュール「R&S VT-B2380」を発売した。(2015/2/4)

クラウドスループットランキングTop10
AWSとGoogleのネットワーク性能を比較、意外な競合相手も登場し大接戦に
ある独立系テスト会社が、主要クラウドサービスのネットワークスループットと遅延時間に関するベンチマーク検証を実施した。クラウド各社は大接戦を演じ、意表を突く結果になった。(2015/2/2)

MMD、ドコモ回線を利用した各MVNOの通信速度調査を実施――ダウンロード平均スピードに差
MMD研究所は、NTTドコモの回線を利用した格安SIMサービスの通信速度テストを実施。同じ回線を利用しながらダウンロード平均スピードに差が出るという結果になった。(2015/1/30)

モジュールだからこそ計測できる!:
PR:超多チャネル、超広帯域の5Gの世界を切り開く高性能モジュール型RF計測器
アジレント・テクノロジーの電子計測事業から誕生したキーサイト・テクノロジー(Keysight Technologies/以下、キーサイト)は、ボックス型測定器で培ったRFテストに関する技術力やノウハウをベースに、モジュール型計測器の分野においても、5Gシステムの要素技術開発に向けた検証/測定器を提供している。(2015/2/4)

ベンダー公表数値の真偽を検証
AWSとGoogleクラウドのSSD性能を比較、コスパで選ぶなら?
AWSとGoogleのどちらの方が良い条件でSSDを提供しているのか6カ月前は明確ではなかった。だが、最近実施されたストレージ性能のベンチマークテストによって事実が明らかになった。(2015/1/29)

YouTube、メイン再生プレーヤーをFlashからHTML5にようやく移行
YouTubeが、2010年からテストしていたHTML5ベースの動画プレーヤーをFlash Playerに換えてデフォルトプレーヤーにしたと発表した。(2015/1/28)

王将はクラウン、角はランクル 「リアル車将棋」詳細決まる 早大自動車部VS.トヨタテストドライバーも見どころ
実際の車を駒に見立てて行う「電王戦×TOYOTA リアル車将棋」の詳細が決定。振り駒を古田敦也さんが務め、羽生名人と豊島七段が、早稲田大学自動車部とトヨタ自動車テストドライバーチームを指揮する。(2015/1/28)

スマホ向け無料システムテスト自動化ツール(5):
Calabash-Androidでテストシナリオを作成する方法
本連載では、AndroidおよびiOSアプリ開発における、システムテストを自動化するツールを紹介していきます。今回は、Calabash-Androidのテストで必要になる、各種UIコンポーネントの特定・操作・検証方法を紹介し、ステップ定義の仕方やUIコンポーネントを調査するための「console」について解説します。(2015/1/28)

キーサイト・テクノロジー N9038A:
3.6GHzまでのEMIコンプライアンステストに対応、低価格EMIレシーバ
キーサイト・テクノロジーの「N9038A」は、低価格のMXE EMIレシーバである。周波数範囲が20Hz〜3.6GHzの電気・電子機器電磁障害コンプライアンステストの用途に向ける。(2015/1/27)

英語学習を継続し、英語力の衰えを防ぐには
社会人が英語の勉強を継続し、英語力を維持するためにはどんな方法が有効なのだろうか。TOEICなどのテスト受験は、自分の実力を知るだけでなく、学習継続にもつながることが分かった。(2015/1/26)

ムシキング復活! 今年夏に新作を稼働
ロケテストやイベントへの出展も近く行われる。(2015/1/24)

Twitter、Bingによる自動翻訳機能を正式リリース
Twitterが、2013年からテストしていたMicrosoftのBingによる自動翻訳機能を正式に発表した。設定言語以外のツイートを1クリック(タップ)で翻訳できる。(2015/1/23)

連載:アプリケーションの運用監視:
第3回 APIの活用とロードテストの実施
New Relic APIの活用とApplication Insightsのログ出力のカスタマイズ、Visual Studio Onlineによるロードテストの実施方法を解説する。連載完結。(2015/1/23)

テクトロニクス USB3.1統合テストソリューション:
USB3.1の規格適合試験を迅速に実行、レシーバテストの手順をすべて自動化
テクトロニクスは、最新のUSB3.1規格に対する設計検証を迅速に行うことができる「統合テストソリューション」を販売する。USB3.1コンプライアンステストが必要となる用途に向ける。(2015/1/23)

ベンチマークテストでうまくいくネットワーク機器選び【第4回】
意外と見落とされがちな「レイテンシ」、押さえておきたい3つのポイント
ベンチマークテストで測定したスイッチのスループットの結果は時としてベンダーの公表値と一致しないことがあることが分かった。今回はレイテンシにフォーカスしてみよう。(2015/1/23)

ケースレー 2268シリーズ:
1Uラック対応で実装スペースを半減、出力850WのDC電源
ケースレーインスツルメンツ(ケースレー)は、1Uラックに収納できる最大出力850WのDC電源製品「2268シリーズ」を発表した。自動テストシステムなどの用途に向ける。(2015/1/20)

Facebook、ボイスメッセージのテキスト化をテスト中
モバイル版Facebookメッセンジャーでボイスメッセージを自動的にテキスト化する機能が一部のユーザーを対象に提供され始めた。音声で再生しなくても内容を確認できるようになる。(2015/1/17)

OpenStack最前線〜ユーザ会メンバーが持ち回りで語る「OpenStackのリアル」〜(4):
OpenStackはどのようにテストしているのか?
特集記事と同時に、日本OpenStackユーザ会メンバーが超ホットでディープな最新情報をコラムスタイルで紹介していく@IT特集「OpenStack超入門」。コラム第4回は「Tempest」コアデベロッパーの井川征幸氏がOpenStackの品質を担保する「テストの仕組み」を紹介する。(2015/1/14)

ビジネス向け「Facebook at Work」テスト運用スタート 「友達とつながるように仕事仲間と連絡できる」
Facebookがビジネス向け「Facebook at Work」をスタート。SlackやMicrosoftのYammerのような企業向けコミュニケーション/コラボレーションサービスで、専用アプリも公開された。(2015/1/15)



普及の途上にあるウェアラブルデバイスの本命と見られるAppleのスマートウォッチ。ウェアラブルデバイスはどの製品も、明確かつ魅力的な用途を提案できていない感があるが、この製品をきっかけに市場が確立すると見る識者も多い。

Windows 10と同じく今年下半期にリリースが予定される次世代Office。Microsoftの主力製品としてWindows同様に常にユーザーの厳しい目にさらされており、その製品の出来が世界中の企業の生産性に影響するお化け製品だ。

大ヒットした艦これの要素を踏襲するように、日本刀を擬人化したブラウザゲーム。男性キャラばかりなので女性プレイヤーばかりかと思えばそうでもない。艦これの「提督」に対し、プレイヤーは「審神者(さにわ)」と呼ばれ、今やネット上では提督同様に目立っている。

All material on this site Copyright © 2005 - 2015 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.