テスト に関する記事 テスト に関する質問

「テスト」最新記事一覧

検査プログラムもイチから開発せずに済む!:
アジレントが計測器と関連ソフトなどをパッケージ化した製品を発表
アジレント・テクノロジーは、測定に必要な計測器や関連ソフトウェア、テストライブラリ、アプリケーションソースコードなどをまとめてパッケージで提供する「リファレンスソリューション」を発表した。このパッケージ製品を活用すると、測定器ユーザーは基本的な検査プログラムを一から開発する必要がなく、テストに関連する開発効率を大幅に改善できるという。第1弾としてワイヤレス通信用途の「パワーアンプ製造試験」向けパッケージ製品の出荷を始めた。(2014/4/22)

組み込み開発ニュース:
状態遷移テストケース自動生成ツール「ZIPC Tester」発表、キャッツ
キャッツは、組み込みシステム開発やエンタープライズ系システム開発などで幅広く使用できる、状態遷移テストケース自動生成ツール「ZIPC Tester(ジップシーテスター)」の販売を2014年4月21日より開始した。(2014/4/21)

注目PC詳細レビュー:
「GRANNOTE」――富士通の“洗練された大人世代PC”を徹底検証(ベンチマークテスト編)
富士通が提案する活動的なシニア向けPC「GRANNOTE」。今回は各種ベンチマークテストで、PCとしての実力を明らかにする。(2014/4/18)

勝手に連載! 海で使うIT:
iPhone 5s“洋上”接続テスト──東京湾〜相模湾編
「海ならドコモ」は今でも通用するのか?(2014/4/16)

月額5万円で提供:
「カタログだけでは分からない数値を」、東陽テクニカが会員制ベンチマークサービス
東陽テクニカとパステル・ネットワークスは2014年4月15日から、会員制のIT機器ベンチマークテストサービス「@benchmark」の提供を開始した。環境に近い設定でネットワーク機器などのテストを行い、その結果を会員間で共有する。(2014/4/16)

米海軍、レーザー兵器を今夏にテスト配備へ
米海軍がレーザー兵器のプロトタイプを今夏から軍艦に配備し、発射実験を行う。(2014/4/16)

ESEC2014 開催直前情報:
リコール起こるその前に、コベリティのコード診断で全てを知る
製品のクラッシュや誤動作、セキュリティ脆弱性の原因となるソフトウェア不具合を、開発段階で自動検出するテストソリューションを手掛けるコベリティ。「第17回 組込みシステム開発技術展(ESEC2014)」では、展示に加えて無料のソースコード品質診断も実施する。(2014/4/16)

電気自動車:
トラックも電気で動かす、ゴミ収集車にも使えるか
日産自動車は開発中の電気トラック「e-NT400テストトラック」を利用した実証運行を開始する。富山市と協力し、資源ごみ回収車として約2カ月間運行する。(2014/4/15)

Microsoft、「Windows Phone 8.1」の開発者プレビューをリリース
Microsoftが、「Build 2014」で発表した次期Windows Phoneアップデートの開発者プレビューを公開した。「universal Windows Apps」の開発・テストが可能になった。(2014/4/15)

田中克己の「ニッポンのIT企業」:
テストエンジニアが活躍する場を作り続けるシフト
元々は金型生産の企業で働いていた丹下大社長は、そこで培ったノウハウをIT業界で生かせるはずだと考え、システムテストを手掛けるシフトを立ち上げた。(2014/4/15)

NEWS
IT機器のベンチマークテストを実施する会員制サービス「@benchmark」を提供開始、東陽テクニカ
東陽テクニカとパステル・ネットワークスは2014年4月15日、会員制のIT機器ベンチマークテストサービス「@benchmark」を提供開始した。全会員が検証結果を閲覧・再利用でき、情報交換の場となる会員専用SNSを設置する。(2014/4/15)

「そんなわけで、ベータテスト中です」――ひろゆき氏の「2ch.sc」ようやく公開 デザインほぼ同じも「転載禁止」の文字はなし!?
2chのデータをほぼコピーした内容となっているが、「ニュース速報(嫌儲)」板を除いて、3月以降に各板の名前欄に明記された「転載禁止」の文字が消えている。(2014/4/12)

米海軍、レールガンを2016年に洋上テストへ 「これはSFではない」
弾丸を電磁誘導で加速して撃ち出す「レールガン」の試作機を2016年から高速船に取り付け、実証実験を行う計画だ。(2014/4/8)

iOSアプリ開発でもCI/継続的デリバリしようぜ(2):
Kiwi+CocoaPodsで始めるiOSアプリの振る舞いテスト入門
現代の開発現場において欠かせないCI/継続的デリバリを、iOSアプリ開発に適用するためのツールやノウハウを解説する連載。今回は、iOSアプリの機能の振る舞いをテストするテスティングフレームワークの特長とインストールの仕方、主な使い方を解説します。(2014/4/4)

「GALAXY S5」のディスプレイは“過去最高”──ディスプレイテスト企業が太鼓判
4月発売予定のSmasungの「GALAXY S5」のディスプレイをテストしたDisplayMateが、同端末のディスプレイの明るさや色の再現性、視野角などがGALAXY S4をはじめとする他のどのスマートフォンよりも優れているというテスト結果を発表した。(2014/4/1)

人の心に付け込むだましの手口
ソーシャルエンジニアリングに引っかかる人の行動パターンとは
悪質なソーシャルエンジニアリング攻撃に対処するため、従業員への研修や侵入テストの推進に加え、自社に対する不正侵入の件数と、データ流出があったかどうかを把握することは重要だ。(2014/3/31)

zionote、「AK240」専用のカスタムイヤフォンをテスト販売――UBIQUO「UBQ-ES90」をバランス接続に
zionoteは、iriver「AK240」とバランス接続するためにカスタマイズしたイヤフォン「UBQ-ES903-AK240balanceCustom」を3月28日からテスト販売する。(2014/3/28)

モータースポーツ:
トヨタが「世界で最も進化したハイブリッドレースカー」を披露
トヨタ自動車は、2014年シーズンWECの参戦車両となる新型ハイブリッドレースカー「TS040 HYBRID」を公開した。排気量3.7lのV型8気筒自然吸気ガソリンエンジンと、前輪と後輪に搭載した2個のモーターにより最高出力は合計1000ps。「世界で最も進化したハイブリッドレースカー」(同社)だという。テスト走行映像も公開されている。(2014/3/28)

Twitter、「リツイート」を「シェア」に改称か?
Twitterの一部のモバイルユーザーが、「Retweet」メニューが「Share」になっているとツイートしている。“分かりやすいTwitter”を目指すTwitterによるUIテストのようだ。(2014/3/27)

Google、Gmailの広告メールのカード状表示テストを開始
Gmailの「プロモーション」タブのメール一覧を画像付きのカード状に表示するテストが英語版で始まった。(2014/3/26)

ツイートの閲覧数、一部ユーザーで分かるように Twitterが新機能をテスト?
Twitter公式iOSアプリで、ツイートの閲覧数が分かるようになったと一部ユーザーが報告しています。(2014/3/25)

ケースレー 2290シリーズ:
SiC/GaNパワー半導体素子を最大10kVでテスト、ケースレーの高電圧電源
「2290」シリーズは、SiC(炭化ケイ素)やGaN(窒化ガリウム)ベースのパワー半導体素子などに対して、最大10kVのブレークダウンテストが可能な高電圧電源である。低電圧計測器や作業者を高電圧から保護するための保護回路モジュールを用意している。また、自動テストシステムの構築を容易にする通信インタフェース機能を標準で搭載した。(2014/3/25)

エコカー技術:
プジョーの新型「308」がフルタンクから1810kmを走破、燃費は35.2km/l
PSAグループのPeugeot(プジョー)ブランドは、間もなく欧州市場で発売する小型車「308」の燃費計測テストの結果を発表した。スペインのサーキット場で、燃料満タンの状態から32時間以上走行を続け約1810kmを走破。燃費は35.2km/lとなった。(2014/3/19)

Google検索結果ページに黄色い[広告]バッジなどのデザイン変更(テスト中)
Google検索結果ページのデザインが変わっているが、Google幹部によると、これはまだテスト段階という。(2014/3/13)

Facebook広告成功の秘訣:
200種類のターゲットセグメント活用で、Facebook「隠れ既婚」にもリーチ――TOLOTのFacebook広告戦略
2011年にサービスを開始したオンライン・フォトブック作成サービス「TOLOT」。2013年9月からFacebook広告の運用を始め、売り上げを2倍に伸ばしている。その成功の秘訣は約200ものターゲットセグメントを作成して綿密なテストを行ったことにあった。(2014/3/12)

ISO26262:
ガイオが組み込みソフトの単体テストサービスを拡充、ISO26262の認証取得を容易に
ガイオ・テクノロジーは、組み込みソフトウェアの単体テストの受託サービスを拡充し、「テストパートナーSQV」としてリニューアル。自動車向け機能安全規格であるISO 26262の認証取得に必要なテストエビデンスを分かりやすく説明できるリポートの作成に対応するなど、サービス内容を大幅に強化した。(2014/3/11)

ホワイトペーパー:
SDN/OpenFlow導入ネットワークに適したテスト手法とは
SDN/OpenFlow導入に適したテストソリューションとは? SDN/OpenFlowの最新動向と今後の展望を交え紹介していく。(2014/3/10)

注目タブレット速攻レビュー:
「Venue 11 Pro」――Core i5搭載でSurface Pro 2より安いWindowsタブレットを試す(ベンチマークテスト編)
デルの「Venue 11 Pro」は、幅広いCPUやオプションが選択でき、ビジネスからホームユースまで対応できる10.8型Windows 8.1タブレットだ。今回はCore i5搭載モデルの性能をチェックする。(2014/3/7)

いまさら聞けないTDD/BDD超入門(1):
テスト駆動開発/振る舞い駆動開発を始めるための基礎知識
TDDの概要と進め方、目的と効果、歴史、さまざまな手法への展開、課題に加え、BDDの概要と種類、 重視される考え方などを解説する。(2014/3/5)

10分で分かる自分の強みとウィークポイント
新しい出会いや、自分を見つめのす転機となるこの季節。自分でも気付かなかった特徴や、パートナーの得意・不得意の分野が分かるテストを掲載する書籍を紹介します。(2014/3/4)

SSD購入のためのヒント集
フラッシュストレージのベンチマークテストが信用できないわけ
フラッシュベンダーのベンチマーク値がどのようなテストで出されたものかを理解することは重要だ。製品購入に当たっては、自分が求めるフラッシュ構成と同じ構成でテストされたベンチマーク結果を参考にすべきだ。(2014/3/4)

最新スマートフォン徹底比較(2013冬-2014春モデル編):
ドコモおすすめ3機種レビュー(続編)――もう一度バッテリーテストをしてみる
ドコモのARROWS NX、AQUOS PHONE ZETA、Xperia Z1 fの“おすすめ3機種”のレビューではバッテリーのテストを実施してきたが、あらためて、別の条件でバッテリーを再テストした。すると前回とは異なる結果になった。(2014/3/3)

FAニュース:
オプトサイエンス、ターンキー小型超広帯域レーザ光源をモデルチェンジ
テスト、計測に最適なスーパーコンティニューム白色光源。1Hz〜20kHzでの繰り返し可変が可能。(2014/2/28)

VAIO Fit 11Aをもっと知りたい(性能検証編):
「VAIO Fit 11A」の直販ハイエンド構成と店頭モデルを徹底比較する
ソニーが放つPC春モデルの目玉機種「VAIO Fit 11A」は、CPUに珍しい“Bay Trail-M”を採用する。その性能を確かめるため、直販モデルと店頭モデルをじっくりテストした。(2014/2/26)

ソフトウェアが、ソフトウェアを作る:
PR:日本のシステム開発に、変革がもたらされる時
多数の人的リソースが動員され、多大な時間と費用が注がれているソフトウェア開発。その手法が、BlueMeme(ブルーミーム)が導入している「第五世代言語の開発ツール」によって、大きく覆ろうとしている。製造からテスト、運用までを自動で行うという夢みたいなことが、果たして本当に起こり得るのか。代表の松岡氏が、その全貌を語る。(2014/2/25)

「Xperia Z Ultra SOL24」の“ここ”が知りたい 第3回:
「Xperia Z Ultra SOL24」のスタミナはどう?――動画+静止画テストで確認
3000mAhのバッテリーを備える6.4インチファブレットの「Xperia Z Ultra SOL24」のスタミナはどれくらいか? YouTube再生テストと静止画表示テストで検証する。(2014/2/22)

利用は慎重に:
SHIFT、オンラインで利用できる無償パフォーマンステストサービスを公開
SHIFTは2014年2月17日、ビットアイルと連携し、Webサイト上でURLを入力するだけで、対象のWebサイト/アプリケーションの負荷テストを行えるサービス「負荷チェッカー」と「バルス祭り」を公開した。(2014/2/21)

ぜんぶ雪のせいだ。:
ホンダが「フィット ハイブリッド」のリコール改善措置を延期、原因は大雪
ホンダは、2014年2月10日に発表した「フィット ハイブリッド」と「ヴェゼル ハイブリッド」のリコール改善措置の開始日を当初予定の同年2月21日から2月27日に延期する。延期理由は、2月14〜15日の降雪によって、改善措置後の車両の走行試験をテストコースで十全に行えていないため。(2014/2/19)

IBM、クラウドサーバを開発者向けに無償提供
IBMは2月17日、クラウド上でアプリケーションの開発、移植、テストを行えるサービス「IBM Power Development Platform」を開発者向けに無償提供する。(2014/2/18)

ホワイトペーパー:
従来比100分の1の時間でフルバックアップが実現できる最新技術を検証
大量のデータのフルバックアップを従来の1/100の時間でできるということを信じられるか。事実確認のため米国調査会社ESG社がSymantec NetBackup7.5を使用しテストを行った。高速バックアップが可能な理由は?(2014/2/13)

TwitterのWeb版デザインが大幅リニューアルの可能性?
TwitterのWeb版のデザインが大幅に刷新されるかもしれない。一部のユーザーを対象にテストが行われているようだ。(2014/2/12)

最新タブレット速攻レビュー:
「Mebius Pad」──超高解像度+防水+LTE内蔵、高機能な10型Bay-Trailタブレット(ベンチマークテスト編)
以前掲載した試作機の使用感レビューに続き、製品版評価機でベンチマークテストを実施する。(2014/2/6)

有線通信技術:
8K非圧縮映像の長距離伝送、NICTなどが実験に成功
情報通信研究機構などは、研究開発用のテストベッドネットワーク「JGN-X」上で、さっぽろ雪まつりで収録された8K(7680×4320画素)非圧縮映像の長距離伝送(東京〜大阪間)に成功した。同社は「100Gビット/秒のネットワークを利用した8K非圧縮映像の長距離伝送は世界で初めて」と主張する。(2014/2/6)

最新タブレット速攻レビュー:
「ThinkPad 8」──「とにかくハイスペック」が魅力、1920×1200液晶搭載8型Windowsタブレット(ベンチマークテスト編)
今回は、前回実施した使用感レビューに続きベンチマークテストの結果も含めた追記版をお届けする。(2014/2/5)

アジレント Agilent E7515A:
LTE-Advanced Category 6にも対応、アジレントのワイヤレステストセット
「Agilent E7515A UXMワイヤレステストセット」は、4G(第4世代)およびそれ以降の無線通信規格向けチップセットや端末機器の機能試験、RF設計検証に適したシグナリングテストセットである。「LTE-Advanced Category 6」およびそれ以降の規格にも対応することが可能な製品アーキテクチャを採用している。(2014/2/3)

DevOps時代、テスト自動化はどうあるべきか?:
ビジネス目標を見据えたテスト設計が肝!「DevOps時代のテスト自動化カンファレンス 冬の陣」開催
DevOpsの実践で肝となるソフトウェアテストの自動化。しかし@ITの読者調査でも50%以上が「テスト環境に課題あり」と回答した。これにどう対応すれは良いのだろうか? カンファレンス登壇者の言葉にヒントを探る。(2014/1/30)

最新スマートフォン徹底比較(2013冬-2014春モデル編):
ドコモおすすめ3機種レビュー(後編)――バッテリー、カメラ、CPUの性能を比較する
ドコモ冬モデルのおすすめ3機種「ARROWS NX F-01F」「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」「Xperia Z1 f SO-02F」のスマホとしての性能はどれほどか? レビュー後編では、バッテリー、カメラ、ベンチマークテストからじっくりと検証したい。(2014/1/30)

ベンチマークテスト「Basemark OS II」を使ってみる──まずはテスト内容をチェックする
Rightwareの新しいベンチマークテストは、内部で何をやっているのかをドキュメントで公開している。そこでまずは「スコア」の意味をチェックしてみよう。(2014/1/28)

英国金融システムに一斉攻撃
「ATMは止まらない?」、疑似サイバー攻撃で銀行が試される
金融機関や金融システムに疑似サイバーを仕掛ける演習が英国で実施。「ATMが止まらないか」「金融システムの変化に対応できるか」「金融基幹と当局で適切に連絡が取れるか」などがテストされた。(2014/1/28)

Facebook、独自のモバイル広告ネットワークのテストを開始
Facebookが、独自のモバイル広告ネットワークを通じてサードパーティーアプリ内にターゲティング広告を表示するテストを開始した。(2014/1/23)



オープンソースのSSL/TLS実装である「OpenSSL」に深刻な脆弱性が見つかった。エンドユーザーが解決できる問題ではないが、利用しているサービスの対応状況の確認や対応後のパスワードの変更など、慎重な姿勢が求められる。便乗するスパムメールにも注意が必要だ。

通信キャリアのMVNOとして月額1000円を切る格安SIMを提供するサービスが増加している。これまで日本ではほとんど存在感がなかったSIMフリーの端末にも、この動きに合わせて注目が高まっている。

ソフトバンク傘下で6月に合併予定のイー・アクセス、ウィルコムを、同じタイミングでヤフーが買収することとなった。これまでのサービスを引き継ぎつつ、Android端末を中心に展開し、自社のサービスとの連携を図っていくようで、「インターネットキャリア」を標榜している。

All material on this site Copyright © 2005 - 2013 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.