「テスト」最新記事一覧

車載電子部品:
日本に2カ所しかない電磁波耐性試験設備、沖エンジニアリングが導入
沖エンジニアリングは、設備の増強を行って「カーエレクトロニクス テストラボ」として試験体制を強化した。先進運転支援システム(ADAS)やコネクテッド化、パワートレインの電動化によって電子機器の搭載が増加し、EMC試験や信頼性評価の重要性が高まっていることに対応した。(2017/4/24)

通信速度定点観測:
混雑時にYouTubeを快適に視聴できる格安SIMは? 12サービスを比較(4月編)
ITmedia Mobileの連載「通信速度定点観測」では、スピードテストアプリを使ってMVNOサービスの速度を計測している。今回は計測方法を変えて、YouTubeの動画をどれだけ快適に視聴できるのかを調べる。12サービスを比較した。(2017/4/23)

垂直離着陸可能な“空飛ぶ車”、独Liliumがテスト成功
「Lilium Jet」は垂直離着陸可能な“世界初の”電動VTOL機。2人乗りだが、エアタクシー向け5人乗りモデルも開発中だ。(動画あり)(2017/4/21)

製造IT導入事例:
MotoGPレーシングバイクにIoTセンサーを装着し、テストに活用
アクセンチュアは、Ducatiのオートバイレース部門であるDucati Corseと協力し、IoTと人工知能関連技術をMotoGP世界選手権に参戦するレーシングバイクのテストに活用している。(2017/4/21)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
5年間のTCOを約63%削減、アサヒグループが全社システムに選んだストレージは?
飲料・食品事業を行うアサヒグループは、全社システムの8割以上を占めるプライベートクラウド基盤の統合ストレージを刷新した。同グループの厳しい審査や実機テストをクリアしたオールフラッシュアレイとはどのようなものだろうか。(2017/4/20)

IoTとAI、ビッグデータ時代のソフトウェアテスト(8):
ソフトウェアテストの施策と運用(前編)――IoT時代を生き抜くテスト施策
変化する時代の中で、ソフトウェアテストはどのようにあるべきか。変わらなくてはならないならば、どう変わるべきか。今回はこれらの質問に対する解として、「新時代のテスト施策」について考察する。(2017/4/21)

カリフォルニア州が許可:
Apple、公道で自動運転車のテスト走行が可能に
米国カリフォルニア州車両管理局が公開した情報により、公道で自動運転車をテスト走行することを許可されたメーカーの1つに、Appleが含まれていることが分かった。Appleが自動運転車の開発を本気で進めていることを示すものといえるだろう。(2017/4/20)

Apple、自動運転車走行テストをカリフォルニア州で開始へ
米カリフォルニア州車両管理局(DMV)が30社目の公道テスト認可企業としてAppleをリストに追加した。(2017/4/15)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10次期大型アップデート「Redstone 3」のユーザーテストが早くも始まる
Microsoftは「Windows 10 Creators Update」の公開直前に次期大型アップデートとなる「Redstone 3」のユーザーテストを開始。ビジネス向けのWindows Insider Programも新設した。(2017/4/13)

山市良のうぃんどうず日記(89):
トラブルシューター泣かせのWindowsの仕様変更──忘れられた互換性機能?
マイクロソフトはWindowsの新しいバージョンをリリースする際に、他のプラットフォームよりは互換性の維持に力を入れていると思います。しかし、それは新しいバージョンが出るのに合わせて、バージョンアップすればという条件付きの場合があります。途中のバージョンをスキップすると、動作しない原因を追跡するのが難しくなります。古い互換性機能の中には、新しいOSでテストされていないこともあるような、ないような……。(2017/4/11)

電子ブックレット/電気自動車:
電気自動車と無線充電の近未来
無線充電の世界標準が固まった。SAE Internationalが無線充電の相互運用性と性能を確保するテストステーションを発表、自動車と地上設備のコイル形状が異なっていたとしても高効率の充電が可能になる。出力は3.7キロワット(kW)から11kWまでの3種類だ。日産自動車と米WiTricityの協力関係についても紹介する。(2017/4/10)

CAEニュース:
米国安全基準を設計段階でテストできる自動車用照明設計ソフトの最新版
サイバネットシステムは、自動車用照明設計ソフトウェア「LucidShape」の最新バージョンを発売した。米国IIHSが定めるヘッドライト安全性基準のテスト機能や、照明機能と見た目の美しさを両立させる設計が可能なツールを備えている。(2017/4/7)

ウィジェットとAPIで、ノンプログラミングアプリ開発が可能:
NTT Com、「簡単テスト」「早期導入」を実現するIoTプラットフォームサービス「Things Cloud」を開始
NTTコミュニケーションズが、企業の早期IoT導入やテストを支援するアプリケーションの開発/実行基盤サービス「Things Cloud」の提供を開始。ウィジェットやAPIを豊富に用意し、ノンプログラミングでのアプリ開発を可能とする。(2017/4/6)

CeBIT 2017:
世界一の実力を動画でも証明、NECが顔認証技術をアピール
NECは、「CeBIT 2017」において、動画に対してリアルタイムで高精度に顔認証できる技術を披露した。米国国立標準技術研究所(NIST)の動画顔認証技術のベンチマークテスト(FIVE)で第1位を獲得した技術である。(2017/4/6)

日本NI Automated Test Outlook 2017:
テストは「コスト」から「資産」に
製品投入サイクルの一角であるテストだが、企画や開発、量産に比べるとコストセンターと見なされることが多い。しかし、コストだと思われていた部分を見直すことで、製造業におけるモノづくりに大きなプラスをもたらす可能性がある。(2017/4/5)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(80):
今日の献立「Windows 10の塩漬け」──Windows 10のバージョンを固定する方法
テストや動作検証のために、特定のWindows 10環境を維持したいという場合もあるでしょう。そんなときに役に立つ、Windows 10を特定のバージョンに固定する方法を紹介します。(2017/4/4)

米Amazon.com、SNSセレブ向け新アフィリエイト「Influencer Program」をβテスト中
米Amazon.comが新しいアフィリエイトプログラム「Influencer Program」のβテストを開始した。SNSでのフォロワーがYouTubeやFacebookに表示される専用URL経由で商品を購入すると、フィーを獲得できる。(2017/4/3)

イーソルトリニティ TESSY:
テスト自動化ツール「TESSY」に新機能、RTRT対応に
イーソルトリニティは、組み込みソフトウェア単体テスト自動化ツール「TESSY」への新機能追加を発表した。最新バージョンは、「IBM Rational Test Realtime」で作成したテストケースが利用できる。(2017/4/3)

短期開発とコード品質向上を両立せよ
「この変更はここまで影響」、チェンジインパクト解析で可能になるテスト効率化
ソフトウェア開発において開発時間の短縮が急務になっている。だが、従来手法ではテスト効率化に限界が。今必要なのは「本当にテストが必要な場所」を提示できるツールだ。(2017/3/31)

Amazon、ドライブスルー式食料雑貨実店舗「AmazonFresh Pickup」 注文後15分でピックアップ
Amazonが、アプリで注文しておいた食料雑貨を車でピックアップできる実店舗「AmazonFresh Pickup」のテストを米国で開始した。プライム会員に無料提供する計画だ。(2017/3/29)

特選ブックレットガイド:
ソフトウェアテストの手法と施策
製造業のための製品・サービス情報サイト「TechFactory」で掲載された主要連載や特集を、PDFの電子ブックレットに再編集してお届けする「エンジニア電子ブックレット」。今回は『ソフトウェアテストの手法と施策』をご紹介します。(2017/3/28)

「EMC」導入企業に各種調査ツールを無料提供へ:
メンバーズが「ユーザテストExpress」提供のポップインサイトを子会社化
メンバーズは、ユーザー調査ツールを提供するポップインサイトの株式を2017年4月1日付で取得し、連結子会社化すると発表した。(2017/3/28)

Uber競合のLyft、利用者が手軽に寄付できるツールのテストを開始
トラブル続きのUberを尻目に、Lyftがユーザー向けの手軽なチャリティーツール「Round Up & Donate」を大手新聞の一面広告で発表した。料金の端数分をまるめて、差額を自動的に寄付にまわすオプトイン機能だ。(2017/3/27)

Uber、アリゾナ州で自動運転中の事故発生で公道テスト停止
セクハラ問題、特許訴訟、CEOの問題動画公開などが続くUberで、今度は自動運転中の事故が発生した。この事故を受け、同社は公道テストを停止した。(2017/3/27)

IoTとAI、ビッグデータ時代のソフトウェアテスト(7):
ソフトウェアテストの試練(後編)―IoTとAI、ビッグデータが愛したテスト
IoTとAI、ビッグデータが一般化した時代に求められるソフトウェアテストとは、どのようなものになるのか、今回は新時代に求められるテストの必要条件とは何かを見ていくことにする。(2017/3/27)

Twitter、「TweetDeck」の有料プランをテスト中か
TweetDeckの月額制有料版とする画像を米ジャーナリストがツイートし、Twitterは「TweetDeckをプロフェッショナルのためにより価値あるものにするための様々な方法を模索中だ」と米The Vergeにコメントした。(2017/3/24)

組み込み開発ニュース:
組み込みソフトウェア単体テスト自動化ツールに新機能を追加
イーソルトリニティは、組み込みソフトウェア単体テスト自動化ツール「TESSY」への新機能追加を発表した。最新バージョンは、「IBM Rational Test Realtime」で作成したテストケースが利用できる。(2017/3/24)

山浦恒央の“くみこみ”な話(93):
タダでソフト開発の生産性と品質を上げる方法(3):意外に使えるフリーツール「PictMaster」を使いこなす
「タダでソフト開発の生産性と品質を上げる方法」の第3回。今回は、前回紹介した無料の組合せテスト自動生成ツール「PictMaster」を使いこなす応用編だ。(2017/3/24)

Galaxy S7 edgeと比較:
「Snapdragon 835」の性能はどこまで向上した? ベンチマークテストを試す
Qualcommの最新プロセッサ「Snapdragon 835」の性能を体験できる「Benchmarking Workshop」に参加。小型化や低消費電力化が特徴だが、CPUの性能はどこまで上がっているのだろうか。各種ベンチマークアプリで試してみた。(2017/3/22)

IoTとAI、ビッグデータ時代のソフトウェアテスト(6):
ソフトウェアテストの試練(前編)―IoTとAI、ビッグデータの試練を乗り越える開発
IoTやAI、ビッグデータのソフトウェアテストにどんな試練と障壁が待ち受けていて、その壁は登り越えられるのか。今回から新時代のソフトウェアテストの試練について見ていく。まずはテストに深く関係する「ソフトウェア開発」について振り返る。(2017/3/22)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
テストの模範解答を作る仕事について
とてもつらい作業に思えます。(2017/3/21)

検査自動化:
ライフサイクルコストで見る検査自動化の価値、全数検査時代にどう取り組むか
日本ナショナルインスツルメンツは自動テストの展望についてまとめた「Automated Test Outlook 2017(自動テストの展望 2017)」を発表。検査機器への投資をライフサイクルコストで捉える意味などを強調した。(2017/3/17)

NVIDIA、トラック大手PACCARと完全自動運転トラック開発で提携
NVIDIAがトラックメーカー大手の米PACCARと完全自動運転トラック開発で提携すると発表した。PACCARは既に「NVIDIA DRIVE PX 2」搭載のレベル4トラックの走行テストを実施しており、その動画を公開した。(2017/3/17)

Uber、「Greyball」での当局による利用阻止を停止すると約束
Uberは、当初は新機能テストやドライバー保護目的で開発したプログラム「Greyball」の、地域の規制当局によるおとり捜査などを阻止する目的での使用を停止すると発表した。(2017/3/9)

あなたの脂肪が地球を救う 消費カロリーの分だけ寄付できるチャリティーアプリがテストユーザー募集中
世界のためにやせよう。(2017/3/9)

バックオフィス的な存在から:
高まるテスト部門の地位、戦略的資産に
日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は2017年3月3日、報道機関向けに自動テストの展望を説明する記者発表会を開催した。製造業においてテスト部門を、コストセンターから、戦略的資産という重要な位置付けに高めるためのシナリオを語った。(2017/3/8)

米国の専門家によるペネトレーションテストも:
東陽テクニカ、パフォーマンス/セキュリティテストを両立する製品などを発表
東陽テクニカは2017年3月7日、セキュリティソリューション「CyberFlood」および「SecurityLabs」に関する説明会を実施した。(2017/3/9)

リテールテック2017:
お、クッキーのいい香りが……ってこれデジタルサイネージかよ!
リコーは、「リテールテック2017」において、デジタルサイネージの表示と連動した芳香(香り)を出す「香りサイネージ」を参考出展した。今後テスト導入を進めながら、正式な商品化を図りたい考え。(2017/3/7)

特選ブックレットガイド:
「電源設計」の基本手順とテスト
電源設計は高効率/高電力密度、迅速な市場投入、規格への対応、コストダウンなどを考慮せざるを得ず、留意すべき要件とテストの課題は多くなっています。ここでは電源設計プロセスの概要と、プロセスごとのテスト要件について説明します。(2017/3/7)

テクマトリックス Ranorex 6.1:
複数テスト同時実行や処理速度アップで、UIテスト実行時間が半分に
テクマトリックスがRanorexのUIテスト自動化ツール「Ranorex 6.1」を販売開始した。複数テストの自動実行などで所要時間を半減させたほか、Android 7(Nougat)とiOS 10にも対応している。(2017/3/6)

エコカー技術:
欧州で実施中の排ガス路上走行テスト、日本版は2017年春にも最終案
国土交通省と環境省は、自動車の排気ガスを測定する路上走行テストの方法案を取りまとめた。日本で実施する路上走行テストは、欧州のRDE(Real Driving Emission)規制を基に、日本独自の条件に変更する。路上走行テストの実施条件、テストの測定対象などについては2017年4月をめどに最終とりまとめを行う。(2017/2/28)

特選ブックレットガイド:
ソフトテストの「品質」と「コスト」を両立させるための思考法
製造業のための製品・サービス情報サイト「TechFactory」で掲載された主要人気連載/特集記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集してお届けする「エンジニア電子ブックレット」。今回は『ソフトウェアテストのコストと品質』をご紹介します。(2017/2/28)

IoTとAI、ビッグデータ時代のソフトウェアテスト(5):
ソフトウェアテストの手法と施策(後編)「テストの施策」を反省する
何らかの判断でソフトウェアテストの手法が選択できても、「どう実施するか」の施策もまた、重要な要素である。プログラマー個人からチーム、会社レベルまで、どのような施策をもってテストを実施すべきか検討していく。(2017/2/28)

柔軟なプラットフォームで生み出す:
PR:IoT時代の半導体テストシステム、低コスト化をかなえる“勘所”を知る
IoT(モノのインターネット)時代の製品開発における半導体テストでは、多品種少量生産への対応など新たな課題が生まれる中、コストに対する要求は厳しさを増すばかりだ。だが、新しい課題に対応しつつ、低コスト化もかなえる半導体テストシステムを構築することは、決して不可能な話ではない。(2017/2/27)

趣味も結婚も諦めたくないみんなー! オタク層に特化した結婚相談サービス「とら婚」誕生
オタク診断テストなどガチ勢も安心の「入会者フィルタリング」などを実施。(2017/2/23)

搬送トラックの天井から発着する配送ドローン、UPSがテストに成功
米貨物運送大手のUPSが、天井から配送ドローンを発着させ、玄関先までの“ラスト1マイル”の配達をドローンに任せるシステムのテストに成功した。(2017/2/22)

山浦恒央の“くみこみ”な話(92):
タダでソフト開発の生産性と品質を上げる方法(2):フリーの組合せテスト自動生成ツール「PictMaster」
「タダでソフト開発の生産性と品質を上げる方法」の第2回。今回は、ソースコードを簡単に分析し、計測するフリーの組合せテスト自動生成ツール「SourceMonitor」を紹介します。(2017/2/22)

IoTとAI、ビッグデータ時代のソフトウェアテスト(4):
ソフトウェアテストの手法と施策(中編) 幸せになれるソフトウェアテストの選び方
ソフトウェアテストの選択はケースバイケースであり絶対な正解はないが、ベターな選択は存在する。そこでテスト手法の詳細を知り、選択基準を見てゆくことにする。(2017/2/21)

組み込み開発ニュース:
SCALEXIO HILテストシステム向けの新たなプロセッサユニット
独dSPACEは、SCALEXIO HILテストシステム向けの新たなプロセッサユニットを発表した。物理的に現実に近い忠実なモデルを使用できるため、モデルおよびHILシミュレーション精度の向上が見込める。(2017/2/20)

失敗しない「外資系」パッケージソフトとの付き合い方:
ユーザーテストを軽視しすぎる日本企業の問題点
外資系パッケージソフトの導入で失敗しないための方法を解説する本連載。今回はリリース前に行われる「ユーザーテスト」に焦点を当てます。世界的に見て、日本企業はユーザーテストを軽視する傾向にありますが、その理由は? そしてどのような問題があるのでしょうか。(2017/2/20)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.