「東北地方」最新記事一覧

期間は「当分の間」:
総務省、熊本地震被災者向けに携帯電話契約時の特例措置 本人申告による確認を許容
災害救助法適用地域に住所のある人については、「本人からの申告」で本人確認を可能とする。本人確認書類の消失を想定した措置だ。(2016/4/28)

今日もまたIoT技術を積んだJR山手線が走る その目的とは?
JR東日本が運行する電車の利用者数は一日あたり約1710万人。しかし、それだけの顧客数がいるにもかかわらず、一人一人の顔はほとんど見えない。そんな中、個々の顧客サービスを高めるために同社がリリースしたサービスが「山手線トレインネット」だ。実はそのサービスの裏には同社が注力するある技術が活用されているという。(2016/4/27)

イケメンレスラー棚橋弘至選手、ザンギエフのごとき鋼の肉体で完璧な春麗コスを披露する
波動拳とか弾きそう。(2016/4/25)

今夜は「こと座流星群」&今年1番小さな満月「ミニマムーン」
22日夜は「こと座流星群」と、今年1番小さな満月「ミニマムーン」が楽しめます。気になるお天気は?(2016/4/22)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
大規模災害を教訓に、貨物鉄道網の再整備を
赤字であっても鉄道が必要という自治体は多い。なぜなら道路だけでは緊急輸送に対応できないからだ。鉄道と道路で輸送路を二重化し、片方が不通になっても移動手段を確保したい。しかし全国の鉄道貨物輸送は短縮されたままになっている。(2016/4/22)

事例に学ぶ、地方創生最前線:
災害が多い国に学ぶ、倒れても立ちあがる「復活力」
日本とアイスランドには共通点が多い。島国であり、それぞれ暖流と寒流がぶつかる漁場に面しているため、漁業が非常に盛んだ。また噴火や地震も多いが、アイスランドは災害に対してどのように向き合っているのだろうか。(2016/4/22)

熊本は地震の「安全地帯」 県の「企業立地ガイド」削除 「内容1から見直す」
熊本は地震の「安全地帯」、東北は「危険地帯」――こんな記載が含まれていたサイト「企業立地ガイドKUMAMOTO」を、熊本県が削除した。(2016/4/21)

「街の本屋」復権へ カリスマ書店員の挑戦
注目を集めているのが、“カリスマ書店員”と呼ばれる本の目利きの独立開業や開業支援だ。小さな店舗で自ら選んだ本を販売する「街の本屋」の復権に向けた動きを追った。(村島有紀)(2016/4/21)

写真展:
五十嵐健一写真展「知られざる絶景 ―美しき天然―」
(2016/4/21)

水曜インタビュー劇場(軽く感じる公演):
重くなったのに、なぜ軽く感じるのか 売り子が背負うビールサーバー
野球場などでキャストと呼ばれている“売り子”が生ビールを販売している。彼女たちが背負っているサーバーは重いので、アサヒビールとデサントは共同で新しいモノを開発。さざかし「軽く」なったんだろうと思っていたら、実は「重く」なっていた。えっ、どうして……?(2016/4/20)

仙台放送、関連会社社員の虚偽ツイートを謝罪 関テレ中継車の割り込み給油めぐり
仙台放送は、系列テレビ局のモラルを指摘するTwitterの投稿に関連し、同社関連会社の社員が虚偽の投稿をしていたとして謝罪した。(2016/4/19)

エネルギー列島2016年版(3)岩手:
地熱発電を雪深い山の中で、海岸では波力発電に挑む
岩手県で地熱発電の開発が活発に進んでいる。スキー場と温泉が広がる高原地帯に地熱発電所を建設する計画が拡大中だ。太平洋沿岸の漁港では波力発電の実証実験が始まろうとしている。県内の各地で太陽光や風力発電の導入量も増やしながら、2020年に電力の自給率を35%まで高めていく。(2016/4/19)

ライザップ監修の「結果にコミットするスイーツ」3品誕生 5月1日より期間限定で発売!
糖質は半分以下でおいしさはそのまま。(2016/4/18)

自然エネルギー:
再開発で生まれる木くずから電力、横須賀市で都市型バイオマス発電開始
再生可能エネルギーとして注目を集めるバイオマス発電。その課題となるのが燃料調達の問題である。特に木材を使用する木質バイオマス発電では、都市部での実現が難しいとされてきたが、これに挑戦する動きが具体化している。横須賀市での都市型バイオマス発電の建設である。(2016/4/18)

熊本、最高震度7の地震 気象庁が「平成28年熊本地震」と命名
地震への命名は、2011年に発生した「東北地方太平洋沖地震」以来。(2016/4/15)

研磨作業で体感:
製造業の未来を担う高校生が「生産性」の大切さを学ぶ
スリーエム ジャパンは2016年3月24日に、宮城県仙台市の仙台市立仙台工業高等学校で「3M 研磨体験授業」を開催した。機会科に所属する2年生65人を対象に、同社の研磨材製品を活用した授業で、モノづくりの「生産性向上」についてレクチャーすることが目的だ。(2016/4/13)

12日朝は霜が降りる寒さに 東京は5度台
明日の朝、北海道や本州は冷え込み、関東以西の市街地でも霜が降りるほどの寒さに。(2016/4/11)

蓄電・発電機器:
仙台に東北初の商用水素ステーション、1時間でFCV6台を満タンに
宮城県仙台市に東北地方では初となる商用水素ステーションの開設が決まった。水素エネルギーの利活用推進を目指す宮城県が支援し、岩谷産業が仙台市宮城野区幸町に建設するもので、2016年度中の完成を目指す計画だ。(2016/4/11)

自然エネルギー:
電力の自給率100%超の市町村が100カ所に、都道府県別では大分県が1位
全国各地で再生可能エネルギーの導入量が拡大して、地域ごとの電力自給率が上昇している。自給率が100%を突破した市町村は2015年3月末の時点で100カ所に達した。都道府県別では地熱が豊富な大分県が38%でトップを走り、続いて秋田県でも30%を超える自給率になっている。(2016/4/11)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
寝台特急「カシオペア」が復活、次は東北・北海道新幹線の高速化だ
東京と札幌を結ぶ寝台特急「カシオペア」が早くも復活する。2016年3月、北海道新幹線の開業を理由に廃止された列車が、なぜ北海道新幹線開業後に復活できたか。その背景を考察すると、北海道新幹線の弱点「東京〜新函館北斗間、4時間の壁」も克服できそうだ。(2016/4/8)

事例に学ぶ、地方創生最前線:
クライストチャーチ大地震から5年、現地の復興はどうなっているのか?
東日本大震災の約1カ月前に発生したクライストチャーチ大地震。震災から5年を経たクライストチャーチの中心市街地は、新しい都市へと生まれ変わりつつあるようだ。(2016/4/8)

前田健太投手がメジャー初登板の試合で本塁打! 無失点に抑えつつの自援護でネット上はお祭り騒ぎに
鮮烈なデビューとなりました。(2016/4/7)

実録、挑戦を続けるエンジニア/JDSound 宮崎晃一郎氏:
音楽とは無縁だった半導体エンジニアが創り出したA4サイズのポータブルDJシステム
A4サイズのポータブルDJシステム「GO-DJ Plus」の実現に向けて奮闘中のJDSound 代表取締役 宮崎晃一郎氏に、ベンチャー企業を立ち上げた経緯からハードウェアプロダクトを実現するまでのプロセス、そしてGO-DJ Plusに込めた思いについて話を伺った。(2016/4/7)

寝台列車「カシオペア」、ツアー専用で“復活”
JR東日本は、3月に定期運行を終了した寝台特急「カシオペア」を臨時列車として“復活”する。(2016/4/6)

天国ですか? 5月14日に渋谷で日本酒100種類以上が飲める祭り開催!
外で飲むって最高。(2016/4/6)

Ingressを通じて東北復興を支援する「東北INGRESSプラン」開始 エージェントの東北旅行が復興の一助に
同時に福島・宮城・岩手の沿岸部エリア限定で、Ingressのポータル申請が解禁。(2016/4/5)

「ペヤングの偽物、真剣に作った」 その名も「ペヨング」 一体何が違う?
「ペヤングソース焼きそば」の姉妹品「ペヨングソース焼きそば」が発売。メーカー側は「真剣に“偽物”を作った」と自信を見せている。(2016/4/5)

自然エネルギー:
再生可能エネルギーの出力変動を水素で解決、東北電力が研究開始
東北電力は、水素製造技術を活用した再生可能エネルギーの出力変動対策に関する研究を開始する。2016年4月から研究システムの詳細設計をスタートし、機器を据え付けた後、2017年3月から水素製造などの研究を開始する。(2016/4/5)

真剣に“偽物”を作った:
「ペヤングソース焼きそば」の偽物? 「ペヨング」、一体何が違うのか
「ペヤングソース焼きそば」で有名なまるか食品が、姉妹品となる「ペヨングソース焼きそば」を3月14日に発売。ペヤングより価格は50円ほど安く、内容量もわずかに違う。メーカー側は「真剣に“偽物”を作った」と自信を見せている。(2016/4/4)

先生に「かけられた!」一体何をかけられたの?
(2016/4/4)

司書メイドの同人誌レビューノート:
お花見専用から手動のいかだまで 東北の「渡し船」体験をリポートした同人誌に人々の暮らしを感じる
らんます屋さんの「水を越えて〜渡船にゆられて〜 第7巻東北の渡し船+α」をご紹介。(2016/4/3)

ヒノキ花粉、これからピークに 有効策はワセリン塗布?
ヒノキ花粉の飛散数が、西日本や東日本でこれからピークに。ワセリンを使った効果的な対策をご紹介します。(2016/3/31)

電力供給サービス:
寒かった2月に電力の需要が回復、東北や九州など6地域で前年を上回る
減少を続ける電力会社の販売量が2月に少し回復した。10社の合計では前年比1.7%の減少ながら、東北・北陸・中国・四国・九州・沖縄の6地域では前年を上回った。ただしオフィスで利用する業務用は多くの地域で落ち込みが大きく、北海道・東京・関西では7%を超える減少率になっている。(2016/3/31)

自然エネルギー:
10kWの小型風力を系統連系、山形県内で初の事例に
再生可能エネルギー関連事業を展開するスマートテック(水戸市)が山形県遊佐町に設置した出力10kW(キロワット)の小形風力発電「XZeres 442SR」が、このほど東北電力との系統連系を完了した。同風力発電は米国XZeres(エグザラス)社製のもので、山形県内では初のFIT制度による小形風力発電の系統連系となるという。(2016/3/31)

蚊に「刺された?」「かまれた?」混在している理由
(2016/3/30)

北海道はデッカイ!! 面積は九州の2倍以上、函館-札幌は車で4時間! 意外と広いのね
函館行ったついでに札幌。(2016/3/29)

自然エネルギー:
波力発電で24世帯分の電力を作る、三陸海岸の漁港で9月に実証開始へ
岩手県の漁港にある防波堤を利用して、波力発電の実証運転が9月に始まる予定だ。東京大学を中心とするプロジェクトチームが開発した発電装置を水深3メートルの場所に設置する。横幅4メートルの波受け板が振り子状に動いて、最大で43kWの電力を作ることができる。(2016/3/29)

パリジェンヌはようかんの夢を見るか? パリで大盛況となった「YOKAN COLLECTION」レポート
コーヒー、ようかん、パリジェンヌ。(2016/3/28)

電気料金の新プラン検証シリーズ(30):
「グリーン」を目指すワタミ、狙いは高齢者世帯――電源の3割はFIT電気
外食チェーンなどを展開するワタミグループは、家庭向け電力小売事業に参入することを発表した。2016年3月から受け付けを開始し2016年5月から電力の供給を開始する。(2016/3/28)

自然エネルギー:
鉄道の線路に太陽光パネルを設置、使わないレールの上でメガソーラーが稼働
北東北で再生可能エネルギーを拡大中のJR東日本が、秋田県内で3カ所目になるメガソーラーの運転を開始した。以前には列車を入れ替えるための操車場があった場所で、何本も残っている線路を利用して太陽光パネルを設置した。鉄道の沿線から年間に470世帯分の電力を供給する。(2016/3/28)

事例に学ぶ、地方創生最前線:
台湾大地震から17年、「エコビレッジ」として復興した桃米社区の取り組み
台湾大地震から、今年で17年目。震源地付近の桃米社区(社区:台湾における地域コミュニティの単位)は、台湾でも有数の「エコビレッジ」として復興し、台湾の地方創生に大きな影響を与えている。(2016/3/25)

お花見に欠かせない食べ物――地域によって違い
お花見に欠かせない食べ物は何ですか? 全国の男女に聞いたところ、地域によって違いがでた。ウェザーニューズ調べ。(2016/3/24)

桜前線上陸、満開までは少し足踏み? 日本気象協会発表
日本気象協会が桜の開花・満開予想を発表しました。週末にかけ寒さが戻るため、満開に向けて長く桜を楽しめそうです。(2016/3/23)

23日宵の頃「半影月食」みえるかな?
月の一部がわずかに暗くなる「半影月食(はんえいげっしょく)」と呼ばれる現象がみられます。(2016/3/23)

高井尚之が探るヒットの裏側:
高くても売れる平田牧場の豚肉はこうして生まれた
ジャーナリスト・経営コンサルタントの高井尚之氏が、人気企業・人気商品の裏側を解説する連載。今回は「平牧三元豚」などのブランド豚で有名な平田牧場について読み解く。(2016/3/18)

同じ国なのに?めん類の好みが地域によって違う理由
同じ日本でも、味の好みには地域差があります。特に、めん類の味の好みは地域ごとに顕著な違いがあらわれていました。(2016/3/18)

秋田港の「うどんそば自販機」が道の駅へ移設され営業継続決定 撤去が決まってからは連日の行列
お湯が沸く時間を待つ。(2016/3/17)

3連休に桜開花 お花見は計画的に?
3連休には桜前線がスタート。3月20日には名古屋や宇和島、21日には東京や岐阜で開花する見込みです。(2016/3/16)

Tech Basics/Keyword:
i-dio(アイディオ)
アナログテレビ(VHF帯)の跡地の1チャンネルから3チャンネルを利用する新しいデジタル放送「i-dio」はどのようなサービスなのか。視聴の方法などを解説する。(2016/3/16)

日本の原風景を未来に残す――丸紅新電力からスタジオジブリとコラボした電気料金プランが登場
丸紅新電力は、スタジオジブリとのコラボレーションによる新電気料金プラン「プランG」を発表した。「プランGのGはジブリのG、GreenのG。日本の原風景を残していくプランだ」。(2016/3/15)



余っているリソースを、主にはお金を介してソーシャルな形でシェアできるように仲介するサービス。インターネット上では以前からそうした要素を持ったサービスは存在していたように思うが、概念として名付けられることで一挙に注目が高まっている。

不正会計問題の発覚と対処、リストラ発表とその影響も含めた赤字の拡大というように、日本を代表する家電大手の一角がもろくも崩れようとしている。日本企業の苦戦が続き、それに伴う再編の進行は予想されていたが、この展開は想定外であり、どのような形で落着するものか、予断を許さない。

ビットコインの基幹技術としても知られる、P2Pネットワークを活用した台帳技術。これもまた昨今注目の的となっているFinTechのひとつとして、金融、IT・セキュリティ界隈では今やビットコインと同じくらいの頻度で取りざたされている。

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2016 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.