東北地方 に関する記事 東北地方 に関する質問

「東北地方」最新記事一覧

電力供給サービス:
販売電力量は6地域で増えるも、東京と関西の落ち込みで前年比0.3%減
日本海側を中心に厳しい寒さが続いた2015年1月だが、電力会社10社の販売電力量は前年1月の実績を下回る結果になった。6つの地域では前年を上回ったものの、大市場の東京と関西で1%以上も減少したことが響いた。特に企業向けの販売電力量の減少率が大きい。(2015/2/27)

タコスの「タコベル」、日本再出店へ 外食企業がフランチャイズ契約を発表
タコスなどで知られるファストフードチェーン「Taco Bell」(タコベル)が日本に出店する見通しに。「牛角」店舗などを運営するアスラポート・ダイニングが国内出店に向けたフランチャイズ契約を結んだ。(2015/2/26)

今年の夏は暑くなる? 暖候期予報
梅雨は東北や沖縄で雨量が多くなる予想。(2015/2/26)

法制度・規制:
再エネの導入量が増え続ける、1カ月間に80万kWのハイペース
電力会社の接続保留に関係なく、再生可能エネルギーが拡大する勢いは衰えていない。2014年11月に運転を開始した発電設備は合計82万kWに達して、直近の5カ月間に毎月70万kW以上のペースで増え続けている。新たに認定を受けた発電設備の規模も150万kWに急回復した。(2015/2/26)

「LINE」でタクシー配車「LINE TAXI」、22都道府県に拡大
「LINE TAXI」のサービスエリアが22都道府県に拡大。北海道や東北、関東甲信越、東海、関西、九州などの一部地域で利用できるようになった。(2015/2/25)

スマートファクトリ:
太陽光+蓄電池+コージェネで「防災未来工場」、250人分の電力を7日間
積水ハウスは宮城県で「防災未来工場化計画」を進めている。工場の周囲に太陽光パネルを設置したほか、大容量の蓄電池とガスコージェネレーションを導入することで災害時にも電力を供給して地域の避難所の役割を果たす。平常時のピークカットで契約電力を700kW引き下げる効果もある。(2015/2/25)

頭脳放談:
第177回 「できたらいいな」が実現したら
核融合炉やニューロチップなど、実現したら非常に大きな影響が生じる技術がある。その確率は今のところ低いが、一歩一歩実現に動いているようだ。逆に磁気嵐のように、リスクが高まっている事案もある。(2015/2/25)

スマートシティ:
風力発電を倍増させるポーランド、老朽化した電力系統を日本の技術が支える
ポーランドは2020年までに再生可能エネルギーの比率を15%まで高める目標を掲げて、風力発電を倍増させる計画を進めている。日本でも課題になっている送配電ネットワークが不安定になる問題を解決するために、日立製作所など4社が現地の企業と共同で実証事業に取り組む。(2015/2/25)

二子玉川と仙台にも出店:
楽天モバイルが「データSIM」と「ARROWS」をラインアップ “ポイント支払い”も夏にスタート
楽天モバイルがデータSIMの提供を開始し、対応スマホに「ARROWS M01」をラインアップした。MNPがその場でできる実店舗を二子玉川と仙台にも拡大し、ポイントサービスの拡充なども図る。(2015/2/24)

楽天モバイル、月900円で2.1Gバイトの格安データSIM投入 「モバイルを4本目の事業の柱に」と平井副社長
「楽天モバイル」が「業界最安水準」のデータSIMや、富士通製の初心者向け端末「ARROWS M01」を投入。春の商戦期に向けユーザー獲得を加速する。(2015/2/24)

蓄電・発電機器:
最大出力40MWの蓄電池が仙台市で稼働、太陽光や風力の導入量を拡大へ
東北電力は仙台市にある基幹の変電所に大型の蓄電池を設置して営業運転を開始した。地域内の発電設備から送られてくる電力の出力変動を抑制して、天候の影響を受けやすい太陽光や風力の導入量を拡大するための取り組みだ。蓄電池には最大で40MWの電力を充電・放電することができる。(2015/2/24)

西の空 月と金星、火星が接近
今日21日の夕方、西の低い空に、細い月が浮かびます。さらに、そのすぐ下には、ひときわ明るく輝く金星と、赤っぽい火星の姿も見られます。(2015/2/21)

今週末は花粉に注意 全国的に気温上昇
太平洋側では15度以上の地域も。(2015/2/17)

青森県で震度5強 津波の心配はなし
引き続き余震にご注意ください。(2015/2/17)

地震で中断した「マッサン」は2月18日午前8時から 引き続き8時15分からは当日分を放送
朝放送分を2話続けて放送されます。(2015/2/17)

岩手県に津波注意報 午前8時6分ころ三陸沖でM6.9の地震
午前8時6分ころ震度4を観測する地震が起きました。(2015/2/17)

つらい症状が出る前に:
花粉症の予防と対策に有効なグッズ7選
花粉症の季節が近づいてきました。花粉症患者にとっては目のかゆみやくしゃみが止まらないなど、憂鬱(ゆううつ)な季節ですね。今回は、花粉症対策に有効なものを7つ紹介します。(2015/2/17)

森の妖精「オコジョ」のかわいい姿がいっぱい詰まった写真集が発売
準絶滅危惧種にも指定されおり、なかなか姿を見つけることが難しい「オコジョ」の写真集が萌え!(2015/2/16)

東北の巨大ねぷたがブラジルのサンバカーニバルに初出場! 東日本大震災への支援に感謝の気持ち
圧巻の山車!(2015/2/15)

山本一郎氏、楽天ゴールデンイーグルスのアドバイザーに就任
ブロガーの山本一郎氏が楽天ゴールデンイーグルスの「チーム戦略室 アドバイザー」に就任した。(2015/2/13)

元・切込隊長の山本一郎さん プロ野球・楽天のチーム戦略室アドバイザーに就任
!?(2015/2/13)

風洞実験の現場(前編):
東北大IFSが教える風洞活用の基礎知識
流体に関わるあらゆる現象を調べるために使われる風洞。これが一般向けにも安価に貸し出されていることをご存じだろうか。風洞と最新の関連計測機器などをそろえる東北大学に、風洞の基本や利用時に見落としがちなこと、使用事例などについて話を聞いた。(2015/2/13)

ワンダーフェスティバル 2015 winter:
フィギュア制作者に聞く3Dプリントの今 材質や素材に応じたノウハウ蓄積がカギに
プロ・アマ問わず増えるフィギュアのデジタル造形。いち早く3Dプリンタを活用している制作者に現状の課題やコツを聞いた。(2015/2/12)

スマートハウス:
戸建住宅で「ゼロエネルギー」は本当に可能なのか
積水化学工業は2015年2月、太陽光発電システムを搭載した住宅の電力収支について、調査結果を発表した。政府のいうゼロエネルギーを達成した住宅は66%に達している。光熱費では、全調査対象の中央値でも年間1万7000円の黒字だった。(2015/2/12)

自然エネルギー:
高原に風車11基と大型蓄電池、電力自給率35%を目指す岩手県
震災からの復興を進める岩手県では2020年までに電力の自給率を35%に引き上げる計画を推進中だ。県営で2カ所目の風力発電所を2017年に運転開始する予定で、建設の前に必要な環境影響評価の手続きを開始した。北部の高原地帯に11基の風車を設置して1万5000世帯分の電力を供給する。(2015/2/12)

大雪と震える寒さ 今日まで
今日(火)も日本海側は雪。ピークは午前中で積雪がさらに増える。太平洋側も東海や近畿は昼頃まで雪に注意。全国的に厳しい寒さが続く。明日(水)は大雪と寒さが収まる。 (2015/2/10)

国交省、東日本大震災の実体験に基づき整理した「災害初動期指揮心得」をKindleストアで無料配信
地方整備局各クラスの指揮官の行動規範となる具体的な指針を整理した内部資料。日本語版と英語版の2種類が配信されている。(2015/2/9)

最強寒気 北陸は1日1メートルの雪か
9日から10日は、北日本を中心に今季最強クラスの寒気が流れ込む。日本海側は広く大雪。北陸では24時間で1メートルの雪が降る恐れ。風が強く、猛ふぶきにも警戒。(2015/2/9)

自然エネルギー:
風力発電の開発プロジェクトが拡大、東北・北海道を中心に500万kWを超える
風力発電は2011年から導入量が減少したが、再び増加に転じる見通しだ。全国で開発中のプロジェクトを合計すると発電規模が500万kWを超えて、既存の風力発電所の2倍に達する。陸上に加えて洋上の計画も広がり始めたが、送配電ネットワークの接続可能量の問題を解決する必要がある。(2015/2/6)

自然エネルギー:
直径101メートルの大型風車6基が回る、秋田港で3MWの風力発電機が稼働
風力発電の導入が活発に進んでいる秋田県の日本海沿岸で、ドイツ製の大型風車6基が運転を開始した。羽根の回転直径は101メートルに達して、国内の風力発電では最大級の1基あたり3MWの発電能力を発揮する。周辺の沿岸地域は風況に恵まれていて、洋上風力発電所の建設計画も始まる。(2015/2/5)

烏賀陽弘道の時事日想:
お腹が減った、どうすれば? 福島原発に近いホテル(1泊7500円)に宿泊
筆者の烏賀陽氏は、福島原発の被災地を南北に貫く国道6号線を取材して、その日は近くのホテルに宿泊することに。シングル1泊7500円。決して安くないホテルで目にしたものは……。(2015/2/5)

雪道に慣れてないあなたに 靴底の滑り止め、転びにくい歩き方をチェック
毎冬1〜2月は、ニュースや新聞で雪道での転倒事故がよく報道されます。中でも、朝6〜9時までの通勤時間帯の転倒事故が多いのは、気温が低い午前中に雪道が凍結しやすいから。そこで、転ばない秘策として冬靴選びに注目しました。靴底を重視して、スマートに雪道を歩きましょう。(2015/2/4)

中央快速線にグリーン車 2020年度の開始を目指す
2階建てグリーン車を連結する。(2015/2/4)

JR東、中央線快速にグリーン車導入 東京〜大月・青梅に
中央線快速にグリーン車が導入される。2階建ての2両が連結され、合計12両に。(2015/2/4)

冬になると牛乳が濃くなるってホント!?
牛のエサや水分が影響して濃さが変わります。(2015/2/4)

旅行各社、北陸新幹線の開業控え新商品続々 宿泊施設の懸念も……
3月14日の北陸新幹線の金沢延伸開業を控え、旅行各社が北陸新幹線を利用した商品の展開を強化している。(2015/2/3)

造幣局はまるで“グローバル企業” 世界トップ水準の技術に注目 海外から受注も
造幣局の貨幣製造技術は世界トップクラスといわれ、「芸術品」の領域に達する完成度から、国内のみならず海外からも記念硬貨の製造を次々と受注。もはや日本の一独立行政法人でなく“グローバル企業”の様相さえ呈する。(2015/2/3)

「花粉の飛ばないところで仕事がしたい」 社員の一声から花粉の少ない沖縄でも働ける制度を導入する企業が登場
症状が重いと花粉症でも、仕事に影響が出るかもしれませんからね。(2015/2/2)

電力供給サービス:
営業赤字は北海道・関西・九州の3社、燃料費で分かれる電力会社の業績
2014年度の第3四半期(4〜12月)は電力会社10社の合計で売上高が15兆円に達して、前年比で5.2%の伸びになった。ただし販売電力量は全社で前年の実績を下回り、市場の縮小が続いている。営業利益では関西電力が666億円の赤字を出す一方で、東京電力は2991億円の黒字を計上した。(2015/2/2)

冷たい北風と北の大荒れ続く
北海道東部など北日本は大荒れの天気に警戒を続けて下さい。(2015/2/1)

本当に「ロンギヌスの槍を月に刺すプロジェクト」が始動
奇跡ってのは、起こしてこそ初めて価値が出るものよ。(2015/1/30)

大雪エリアは北へ 長引く冬の嵐に警戒
今後、低気圧は急速に発達しながら、北日本の東へ。東北の太平洋側は大雪に注意。北海道は大荒れの天気に。見通しのきかない猛吹雪に警戒を。低気圧の動きは遅くなり、冬の嵐が長引く恐れがあります。(2015/1/30)

自然エネルギー:
国内初の売電用「小形風力」、10kWを熊本に
プレシードは2015年1月28日、熊本県で出力10.4kWの風力発電所「風丸(かぜまる)」の通電式を開催、売電を開始した。10kW級の小形風力発電機を系統連系し、固定価格買取制度(FIT)を利用して電力会社に売電する事例としては国内初だという。(2015/1/30)

電力供給サービス:
東北など3地域で12月の販売電力量が増加、関西と九州は3%以上の減少に
寒い冬を迎えて電力の需要が伸びる時期だが、地域によって電力会社の販売電力量に差が出ている。2014年12月は10社の合計で前年比1.3%の減少ながら、東北・北陸・四国の3地域では前年を上回った。一方で今冬も厳しい需給見通しを示した関西と九州では前年から3%以上も減っている。(2015/1/30)

関東以西は雪や雨 土日は北で荒天に
足元に注意。(2015/1/30)

自然エネルギー:
太陽光の電力をNTTグループが買い取り、東京電力の管内から2月に開始
太陽光発電の見える化サービスを提供するNTTスマイルエナジーが電力の買い取りサービスを開始する。全国1200社の販売ネットワークを生かして、小売全面自由化が始まるまでに最大50万kWの電力を集める計画だ。固定価格買取制度よりも高く買い取った電力を新電力のエネットに供給する。(2015/1/30)

雪道の転倒防止は、靴底をチェック! 転ばないための歩き方のコツは?
雪の日は滑りにくい靴を選びましょう。(2015/1/29)

SPICEの仕組みとその活用設計(番外編):
CAEのV&V失敗事例(その3)――ツールのプログラムが公開されなかった故に……
CAEの失敗事例として、ツールのプログラム内容を秘匿にしたためにプログラマーの思い込みのミスが28年間も見つけることができなかった事例を紹介します。(2015/1/29)

暖から一転、寒へ 北風も強い
きのうは全国的に季節外れの暖かさでしたが、きょうは一転、寒中らしい寒さです。北風も強く、体にこたえそうです。あす以降も厳しい寒さが続くでしょう。関東は30日に雪が降り、積雪の可能性もあります。(2015/1/28)

ワインだけではない:
どら焼き、梅酒、シャンプーまで“ヌーボー” 解禁日が今ブームなワケ
「ヌーボー」と言えば、ワインを思い浮かべる人が多いだろう。実は最近、ワイン以外にも「解禁日」を設ける動きが広がっているのだ。(2015/1/28)



オープンソースのコンテナー(アプリケーション実行環境)管理ソフトウェア。Linuxをベースに、ハイパーバイザー型よりも軽量な仮想化を実現する。クラウド、DevOpsなど今風のITシステムの管理に親和性が高く、注目が高まっている。

日本通信をパートナーとして、VAIO株式会社がスマートフォン製品を投入する。3月12日発表予定。

KDDIが12月25日に先行発売を開始した、Firefox OS搭載スマホ。製造はLG。Firefox OSの元々のコンセプトでもある踏み込んだカスタマイズ性、外装の3Dモデルデータの提供、部品が見える半透明ボディなど、「ギークのためのスマホ」としてアピールしている。

All material on this site Copyright © 2005 - 2015 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.