東北地方 に関する記事 東北地方 に関する質問

「東北地方」最新記事一覧

8年ぶり! 渋谷パルコで「水曜どうでしょう小祭」開催決定
どぉりゃぁぁあノォオ〜ッ!(2014/7/25)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
「Windows XPをまだ使う」 金融機関にみる残念な言い訳
2014年4月でサポートが終了したWindows XPを使い続けることは、重大なセキュリティリスクを伴う。特にセキュリティ意識が高い(と思われがちな)金融機関では移行対応が進んでいるようにみられるが、その内情は恐るべき実態がある。(2014/7/25)

電力供給サービス:
発電所にトラブルはつきものだが、7月に入って大型の設備で7件発生
全国各地で梅雨が明けて、いよいよ夏の電力需要が増加する時期を迎えた。今夏は関西と九州を除いて供給力に余裕があるものの、需要がピークになる期間に大型の発電設備が運転を停止してしまうと停電の危険性もゼロではない。7月に入ってから全国で7件のトラブルが発生している。(2014/7/25)

視線はすでに(後編):
ハリポタの経済効果はいくら? カギは東西間の“3万円の川”
「東京と大阪の間に“3万円の川”が流れている」――。ユー・エス・ジェイの森岡毅執行役員がよく口にする言葉だ。首都圏の人たちをUSJに呼び込むには、東京−大阪間の往復にかかる新幹線料金約3万円を払ってでも行きたいと思わせなければいけないという意味がある。(2014/7/24)

東北大学、ゲノム解析などを行うスーパーコンピュータの本格運用を開始
東北大学東北メディカル・メガバンク機構は、東日本大震災の被災地を含む住民約15万人のゲノム解析などを行うスーパーコンピュータシステムの本格運用を7月から開始した。(2014/7/23)

9月休刊の『IKKI』秋田で大原画展を開催――50作品900枚の原画を公開
原画展では、掲載作品の原画や資料を展示するほか、漫画家によるトーク&サイン会も開催される。(2014/7/23)

楽天イーグルス・西田選手の応援歌が「艦これ」BGM「砲雷撃戦、始め!」になった件
さっそく敵を大破。(2014/7/22)

窪田順生の時事日想:
東大の教授が、「医療詐欺」なる本で医療界を告発した理由
救急車のたらい回し、医師不足問題、製薬会社の不祥事――。こうした問題は、国家による「医療」コントロールが限界にきているからなのか。医療界の現実について、東大医科学研究所の教授が赤裸々に綴った本が出た。(2014/7/22)

医療機器 メルマガ 編集後記:
国全体の血圧分布を持っているのは日本だけ?
高知県は、お酒のせいで“安定して”高血圧。そんなことも分かっちゃう。(2014/7/22)

杉山淳一の時事日想:
なぜ、いま「羽田空港関連の鉄道建設」が盛り上がっているのか
羽田空港への鉄道整備計画が活発だ。JR東日本は貨物線を使う都心アクセス路線を計画。政府は都営浅草線の新線を構想し、東急蒲田駅と京急蒲田駅を結ぶ路線計画もある。しかし、どれも東京オリンピックに間に合いそうにない。そこで杉山氏が提案するのは……。(2014/7/18)

“想い”を添えた応募作品を展示:
7月18日から始まる「“PHOTO IS”想いをつなぐ。30,000人の写真展 2014」を見てきた
富士フイルムが7月18日から、国内最大級の参加型写真展「“PHOTO IS”想いをつなぐ。30,000人の写真展 2014」を開催する。今年は3万3012点の応募があったという。(2014/7/17)

LTE+AXGP:
5色カラバリの京セラ製タフネススマホ――「DIGNO T 302KC」
京セラ製の「DIGNO T 302KC」は、防水/防塵(じん)/耐衝撃性能を持つタフネススマホ。屋外の騒がしい環境でも通話しやすいスマートソニックレシーバーを備えた。LTEとAXGPに対応し、下り最大76Mbpsの高速通信が利用できる。(2014/7/17)

「短冊メーカー」の“パクリ”指摘された「tanzaku.net」が謝罪、サービス終了
「短冊メーカー」のソースコードを無断コピーして作られたとみられる「tanzaku.net」がサービスを終了した。(2014/7/7)

華麗なる失敗作とは言わせない 吸うガリガリ君「シャリシャリ君 塩グレープフルーツ」発売
夏専用。(2014/7/3)

吸う:
ガリガリ……ではなくシャリシャリ君。赤城乳業が「塩グレープフルーツ」を発売
赤城乳業は7月8日に、“吸う”ガリガリ君をコンセプトにした「シャリシャリ君塩グレープフルーツ」を発売する。価格は120円(税抜)。(2014/7/3)

製造マネジメントニュース:
元ソニーの電子デバイス工場が転身!? 1日1万株のレタスを作る人工光植物工場完成
みらいは宮城県に「世界最大規模」(同社)という植物工場を完成させた。生産能力はレタスで1日1万株だという。(2014/7/3)

電力供給サービス:
電力と通信を組み合わせた小売、ソフトバンクグループが全国展開へ
企業向けに通信サービスを提供するソフトバンクテレコムが新電力のSBパワーと組んで電力の小売サービスを開始した。同じグループで太陽光発電や風力発電を展開するSBエナジーなどから電力を調達する一方、一般企業からも買い取る。関東エリアから始めて他の地域に順次拡大していく。(2014/7/3)

スマートシティ:
発電規模が30万kWに拡大、東京都が全国に展開するインフラファンド
東京都が投資ファンドの運営会社と共同で実施する「官民連携インフラファンド」の出資案件が着実に拡大している。新たに宮城・福島・富山・千葉の4県に建設するメガソーラーに投資を実行した。すでに投資済みの発電所と合わせて14件になり、発電規模は30万kWに達した。(2014/7/2)

中央電力代表取締役社長 中村誠司氏:
PR:マンション一括受電から地熱発電へ、エネルギーで都市と地方をつなぎたい
中央電力は2003年にいち早くマンション一括受電サービスを開始して、手間のかかる既築物件を中心に受注を伸ばしてきた。「エネルギー事業には長期の責任が伴う」と語る創業社長の中村誠司氏は、顧客と向き合う社員の人間力を重視する。さらにチームとしての団結力を発揮して、再生可能エネルギー開発にも取り組む。(2014/7/1)

ソフトバンク、7月開催のロックフェスや花火大会に向けたエリア対策を発表
ソフトバンクは、FUJI ROCK FESTIVALや各地の花火大会など7月開催の各種イベントに向けたエリア対策を発表した。(2014/6/30)

「小梅」シリーズが甘酸っぱいスイーツになったよ! 7月1日より全国のミニストップで発売
キュンっ。(2014/6/30)

電力供給サービス:
20年間を考えた屋上太陽光29MW、破損や非常時対応も
カナダ企業の国内法人であるSolar Power Networkは、関東や中部地方にショッピングセンターチェーンを展開するベイシアから33カ所の屋根を借り、合計出力29MWの発電を始める。屋根の破損対応や、非常時の給電などベイシア側のメリットが大きな事例だ。(2014/6/30)

ビジネスニュース:
NECと東北大が共同で次世代スパコン開発へ
NECと東北大学サイバーサイエンスセンターは2014年6月27日、次世代スーパーコンピュータ技術の共同研究部門を設立し、同年7月1日から研究開発を開始すると発表した。(2014/6/27)

電力供給サービス:
電力会社5社の火力電源入札、上限価格を非公表で7月から受付開始
東京電力をはじめ電力会社5社が火力電源の入札の受付を7月中に相次いで開始する予定だ。5年後の2019年度から調達する電力を対象にしたもので、東北・中部・九州の3社は自社でも応札する意向を明らかにしている。各社は2015年3月までに落札者を決定する。(2014/6/27)

エネルギー管理:
2MWhの蓄電池を省エネと防災に、地域と一体化した東北の工場
積水ハウスは宮城県の東北工場で、「防災未来工場化計画」を開始した。発電機や大容量蓄電池を導入してエネルギーの自立を進め、省エネルギーに役立てる。平常時だけではなく、災害時に役立てることも目標だ。工場に閉じた計画ではなく、地域と連携して計画を進めていく。(2014/6/24)

自転車に傘固定「さすべえ」が“大阪のおばちゃん”にこよなく愛される理由 母思う創業者の40年前の「開発秘話」
自転車のハンドルに傘の柄を固定して疾走する大阪のおばちゃん。「さすべえ」と呼ばれる固定具だ。大阪では、腕を覆うアームカバー、日よけのサンバイザーとともに、女性にとって真夏の「三種の神器」と言われる。(2014/6/23)

写真展:
山岸剛写真展「Tohoku−Lost,Left,Found」
(2014/6/20)

「海からのストリートビュー」開始 Google、三陸海岸を海から撮影
三陸海岸の景観を洋上の船から撮影する「海からのストリートビュープロジェクト」がスタートした。新開発の「船上トレッカー」を使って撮影する。(2014/6/18)

Googleが「海からのストリートビュープロジェクト」 三陸海岸で撮影、来年初頭に公開
東日本大震災で大きな被害を受けた三陸を陸から、そして海から記録します。(2014/6/18)

高校生による写真の甲子園「写真甲子園」 本大会出場18校決まる
全国の高校生3人1組によるフォトコンテスト「写真甲子園」の実行委員会は、521校の応募校から本戦に進む18校を発表した。(2014/6/18)

IBMリーダーズ・フォーラム 2014 Spring 中部 レポート:
いかに企業は価値創出するか 北陸の地で経営者が討議
経営者向けセミナーの地方版「IBM リーダーズ・フォーラム 2014 Spring 中部」を日本IBMが開催。地元企業の経営者たちがIT活用の事例などを紹介した。(2014/6/13)

自然エネルギー:
営農と太陽光発電の組み合わせ、「3つの壁」あり
静岡県で農業と太陽光発電を共存させる「ソーラーシェアリング」発電所が立ち上がった。手動でモジュールを回転できる発電所として、全国でも初めて水田の上に設置した事例だという。ただし、計画から運転開始までの道のりは平たんではなく、大きく3つの壁があった。メガソーラーやミドルソーラーなどとは異なる壁だ。設計から施工までを担当した発電マンの岩堀良弘氏に聞いた。(2014/6/13)

メイドイン東北の力:
逆境の中、力強く生きる岩手! 製造業の活路を開く
本稿では、主に岩手県内陸部における製造業を中心とした産業事情や震災復興事業について紹介する。(2014/6/13)

動き出す電力システム改革(9):
20兆円の電力市場が2016年に全面開放、全国8000万超の顧客獲得競争が始まる
家庭を含む小売の全面自由化が正式に決まった。電気事業法の改正案が6月11日の国会で成立したことにより、政府は2016年をめどに電力小売の規制を撤廃する。巨大な市場に通信・ガス・住宅などさまざまな産業の有力企業が参入して、8000万を超える顧客の獲得競争を電力会社と繰り広げる。(2014/6/13)

東北発! 震災から生まれた21世紀の逸品:
復活「気仙沼ふかひれ丼」──寿司職人が特大フカヒレに込めた心意気がスゴイ
フカヒレの姿煮をゴーカイに盛り込んだ「気仙沼ふかひれ丼」が3年を経て復活した。震災前の1.5倍も大きくなった特大フカヒレ。再起した地元寿司職人の復興にかける意気込みが、どんぶりいっぱいにあふれていた。(2014/6/13)

電子ブックレット/スマートシティ:
エネルギー列島2014年版 −北海道・東北編 Part2−
再生可能エネルギーの固定価格買取制度が3年目を迎えて、全国各地で導入プロジェクトが広がっている。地域の特性に合わせて太陽光・風力・小水力・地熱・バイオマスの中から最適なエネルギーを開発する動きが活発になってきた。2014年の最新の状況を都道府県別にまとめた。(2014/6/11)

電子ブックレット/スマートシティ:
エネルギー列島2014年版 −北海道・東北編 Part1−
再生可能エネルギーの固定価格買取制度が3年目を迎えて、全国各地で導入プロジェクトが広がっている。地域の特性に合わせて太陽光・風力・小水力・地熱・バイオマスの中から最適なエネルギーを開発する動きが活発になってきた。2014年の最新の状況を都道府県別にまとめた。(2014/6/10)

車載情報機器:
大地震発生時に“通れる道路”の情報を半日以内に配信、トヨタなど8社が協力
ITS Japanは、地震や津波などの大規模災害が発生した際に、通行実績情報を迅速に集約し公開する仕組みを構築したと発表した。トヨタ自動車や日産自動車、ホンダなど8社が協力して、災害発生から12時間以内に配信を開始し、その後1時間ごとの更新を1週間継続できるようにした。(2014/6/6)

野球の楽天とアニメ「Wake Up, Girls!」がナイターでコラボ! 声優7人がステージに登場
ところでスカートに上だけユニフォームってなんでこんなにカワイイんだろう……!(2014/6/4)

「VOCALOID 東北ずん子」発売直前! “お父さん”たちにその歩みを聞いてみた
東北地方を応援する版権フリーのご当地キャラ「東北ずん子」。その誕生やボーカロイド開発秘話など、生みの親にいろいろ聞いてみました。(2014/6/3)

三陸鉄道の切符として使えるキットカット「切符カット」発売
パッケージを190円分の無料乗車券として使える。(2014/6/2)

キットカット史上初「切符カット」を発売――ネスレと三陸鉄道
ネスレ日本と三陸鉄道は6月16日に、三陸鉄道開業30周年を記念して、同鉄道の全区間で使用できる「ネスレ キットカット ミニ 切符カット」を発売する。(2014/6/2)

虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!第22回:
禁忌のリンゴに触れた若き夫婦の運命は――マンガ「千年万年りんごの子」で俺氏、ガチ泣き
舞台は昭和40年。若き夫婦に運命の日はゆっくり、確実に迫っていきます。あ、これ泣く。(2014/5/30)

18年ぶりに返り咲いた(?)日本一低い山「日和山」に登ってみた
軽装でも登れる方の日本一。(2014/5/28)

エネルギー列島2014年版(7)福島:
世界最高レベルの発電技術を太平洋に集結、脱・原子力のシンボルに
日本の未来を切り開く洋上風力と石炭火力の開発プロジェクトが福島県の太平洋側で進んでいる。2020年の東京オリンピックに間に合わせて、世界で最先端の発電所からクリーンな電力を供給する計画だ。原子力からの大転換を図る構想が「FUKUSHIMA」を起点に世界へ広がっていく。(2014/5/27)

Weekly Memo:
日本IBMの地域イベント“第4弾”への決意
日本IBMが先週、札幌でプライベートイベントを開いた。一昨年来、全国地域での営業展開に力を入れる同社の新たな取り組みに注目してみた。(2014/5/26)

外国人に紹介したい「日本の世界遺産」はどこ?
世界遺産に興味がある人はどのくらいいるのだろうか。ここ1年間に旅行をした人に聞いたところ「興味がある」と答えたのは87.2%だった。ネオマーケティング調べ。(2014/5/23)

教育ITニュースフラッシュ
東京大学の“国産MOOC”初講義、その受講者数は?
1人1台のWindowsタブレット活用を進める佐賀県のセキュリティ対策から、東日本大震災の被災地域で進む教育支援プロジェクトでのIT活用事例まで、注目の教育IT関連ニュースをお届けします。(2014/5/23)

企業家に聞く【安渕聖司氏】後編:
自分の才能に出会う「旅」――日本GEトップに聞く、グローバル企業で働く醍醐味
GEキャピタル社長兼CEO、安渕氏へのインタビュー。後編はグローバル化や英語学習について安渕氏がどのように考えているか、そしてGEという組織の“強さ”の秘密に迫る。(2014/5/21)

詳報・遠隔操作事件・佐藤弁護士会見その2:
「サイコパスは自分」 有罪なら送信タイマーでメールを送るつもりだった 河川敷では見られていないと思っていた
横浜CSRF事件はやってみたら簡単にできてしまった。送信タイマーによるメールトリックは以前から考えていた。雲取山のUSBメモリは自分で埋めた。佐藤弁護士が事件について、片山被告から聞いたことを語った。(2014/5/20)



バーチャルリアリティを楽しむためのヘッドマウントディスプレイ。初音ミクとの対面用と思われている節もあるが、それも含めて日本市場は重要視されている。Facebookが買収をしており、今後どのような用途が実現するのか楽しみにしたい。

LTE対応の端末でも音声通話については実は3Gが利用されていたが、それもいよいよLTEに切り替えられようとしている。ユーザーにはなにが違うのか伝わりにくいが、通信キャリアにとっては通信がIP化され、電波利用効率の高いLTE網を利用できるようになるなど、大きな変更になる。

タブレットといえばiPadかAndroidと思われていたが、ここに来てWindowsタブレットも存在感を見せている。艦これが動くから、という理由で売れているという話もあるが、MicrosoftがSurfaceブランドでより小型な端末を計画しているという噂が出るなど、8型前後のWindowsタブレットがひとつの製品分野として今後も注目を集めそうだ。

All material on this site Copyright © 2005 - 2013 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.