労働組合 に関する記事 労働組合 に関する質問

「労働組合」最新記事一覧

マネーの達人:
会社を辞めるとき――「自己都合」と「会社都合」で失業保険の受給額に違い
ステップアップのための転職でも、リストラでも、会社を辞めるには理由があります。今回は、「自己都合」と「会社都合」で離職した場合の失業給付金の受給額を比較します。(2015/7/16)

ネットを使った就活で、不安を感じたこと
インターネットを使った就職活動でどのような不安を感じ、どのようなことに困りましたか? 現在就活を行っている(または終えた)大学4年生と社会人1年生に聞いた。連合調べ。(2015/7/2)

「日本版サマータイム」意外なビジネスチャンス “残業減らない”の声も
政府が7、8月に実施する「朝型勤務」。朝が早まる通勤客の需要を取り込もうと店舗の営業時間を早める動きもあるが、労働者サイドからは「残業は減らない」と諦めの意見も多い。(2015/7/2)

夏のボーナス「増額予定」は33%、エン・ジャパン調べ
昨年の夏のボーナスに比べて、2015年の支給予定額に変化はありますか? 中途支援サイト「エン 人事のミカタ」(運営:エン・ジャパン)を利用している企業に聞いたところ……。(2015/6/23)

「若手職員は全員野球部入部」採用直前に告知 役場の“伝統”めぐり不満の声も
千葉県の町役場で「30歳以下の男性職員は全員野球部に入る」という伝統が続いている。採用直前まで知らなかった職員もおり、若手からは不満の声も。(2015/6/22)

「居場所ないので自分を始末します」勤務医が過労自殺 医療現場は“ブラック”? 「医師=聖職者」の呪縛
兵庫県の病院で男性医師が過労自殺した。大学病院などで働く勤務医は長時間労働を強いられる傾向にあるが、医師ならではの職業観が過労死・過労自殺のリスクを高めている可能性も捨てきれない。(2015/6/18)

シャープ、3500人希望退職で労組と合意
シャープが3500人規模の希望退職の募集について労組と合意。(2015/6/17)

「京都生協の働く仲間の会」名乗るアカウント、福島めぐるツイートで物議醸す 京都生協「一切関わりない」
福島県産の桃のジュースを飲んだ人に対し「福島の桃ですか? 大丈夫ですか? 福島に住んでいるんですか? 大丈夫ですか?」とリプライを。(2015/6/15)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JRの運転士が「水を飲んだら報告」だった理由
業務上、世間の常識とはちょっと違うルールがある。それは運輸業だけに限らず、さまざまな業界に多少はつきものだ。ただし、それが「今までそうだったから」で続いているとしたら、再検証が必要だ。あなたの会社にも、理由が曖昧なまま続いている「悪しき慣習」があるかもしれない。(2015/6/12)

「追い出し部屋」で1人勤務、飛び込み営業ノルマ1日100件 証券マンの悲哀……「退職強いる目的」大阪地裁が賠償命令
大和証券からグループ会社に出向した社員が度重なる嫌がらせを受けたとして損害賠償を求めた訴訟で、大阪地裁が両社に慰謝料150万円の支払いを命じた。歓送迎会や部内の会議にも呼ばれず、1日100件の飛び込み営業のノルマを課されたという。(2015/5/19)

「休むのは仕事。今度こそ本気です」……時短旗振り「厚労省」、霞が関で“ワースト残業省”のジレンマ脱却できるか
厚労省は10月から、職員を午後10時に退庁させるルールを導入する。同省は「ワークライフバランス」を掲げながら、実は官庁の中で最も残業時間が長い。午後10時完全退庁は可能なのか。(2015/5/14)

午後10時完全退庁:
「休むのは仕事。今度こそ本気です」――厚労省、霞が関で“ワースト残業省”のジレンマ脱却なるか
厚生労働省は10月から職員を午後10時に退庁させるルールを導入する。職員からは「意識が変わった」「現実的に難しい」などの声が上がるが、はたして午後10時完全退庁を実現することは可能なのか。(2015/5/8)

ハノーバーメッセ2015 リポート(中編):
インダストリー4.0は人間の仕事を奪うのか
ハノーバーメッセ2015のメインテーマとなった「インダストリー4.0」。本連載では、現地での取材を通じて、インダストリー4.0に関する各社の動きを3回にわたってお伝えしている。中編の今回は「ロボットと人間との協調」への取り組みの紹介と、人間の果たすべき役割の変化について考察する。(2015/5/7)

上昇:
新入社員の初任給はいくら? 東証1部上場企業の4割が引き上げ
労務行政研究所は4月23日、この4月に東証1部上場企業(218社)に就職した新入社員の初任給を調査し、その結果を発表した。(2015/4/23)

キャリアニュース:
9割以上が現在の職場に「不満あり」。4人に1人がサービス残業に不満
日本法規情報が631名を対象に、就労環境問題に対する意識調査を実施。社員が抱える職場や企業の体質についての不満を伝えている。(2015/4/20)

マクドナルド経営陣に当事者意識なし 報酬なお高額、客離れ加速 現場は疲弊……
日本マクドナルドのカサノバ社長が16日に開いた会見では、異物混入問題を受けた新たな信頼回復策は示されず、引き続き経営陣が高額の報酬を受け取ることも明らかに。当事者意識のない対応に、マック経営陣の「モラルハザード」を指摘する声も。(2015/4/17)

「同性としていい迷惑」女性も批判的「マタハラ問題」の“厄介” 「マタハラドミノ倒し」のリスクも
妊娠や出産を理由に職場で不利益な取り扱いを受けるマタハラが社会問題化する中、被害者支援団体に女性から賛否両論が寄せられている。女性上司にマタハラを受ける例もあり、「同性の無理解」という一面が浮かび上がった。(2015/4/17)

コンビニ店長は「労働者」 都労委が判断、ファミマに命令
都労委がコンビニとフランチャイズ契約する店長は「労働者」に当たるとし、ファミマに店長組合との団交に応じるよう命じた。(2015/4/16)

「すき家」全店で勤怠管理システムを導入へ 過重労働問題を受け
これまで主に紙ベースで店舗従業員の勤怠管理を行っていた「すき家」が新たな管理システムを導入する。全店従業員の勤務状況をリアルタイムで把握できるようになるという。(2015/4/13)

すき家の労働環境、「改善してきたが十分ではない」と第三者委
すき家の労働環境は改善してきたが、十分ではないと「職場環境改善促進委員会」が報告している。(2015/4/9)

消費税増税から1年:
残るデフレ・円高時代の後遺症 力強さ欠く現役世代
消費税が8%に上がってから1年が経った。増税の影響を検証する。(2015/4/1)

事務ごよみ:
新入社員の受入準備と賃上げの検討を――3月の事務ごよみ【人事・労務】
新入社員を迎える4月。入社式や新入社員研修を実施する企業では、会場の場所や時間など、受け入れについての段取りの最終的な確認を行いましょう。(2015/2/26)

電機7社、ベア6000円要求 シャープは統一闘争離脱 業界内で温度差
電機メーカーの各労働組合が19日、春闘の要求書を経営側に提出した。各社とも、ベアに相当する賃金改善分で6000円を求める。ただシャープの労組は同日の要求書提出を見送るなど同一業界内で温度差が広がっている。(2015/2/20)

水素立国をアピール:
「アベノミクス」と「東京五輪」の成否を握るのはトヨタ?
安倍政権の経済政策「アベノミクス」の未来はトヨタ自動車にかかっているという声がある。その真意とは……。(2015/2/17)

初の女性取締役を招聘:
「餃子の王将」男社会の限界 女性が働きやすく、女性客が満足する料理へ
王将フードサービスが企業イメージを刷新しようとしている。男社会のイメージが強い職場環境を改め、女性の働きやすい企業になることを目指す。(2015/2/16)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
スズキが新工場を作る意味――インド自動車戦争が始まる
1月末、インド・グジャラート州で新工場の定礎式を行ったスズキ。実は同社は1980年以来、35年もの長きにわたりインド市場に取り組んできた。そのスズキがこのタイミングで新工場を設立する意味とは……?(2015/2/13)

利益を還元:
社会的責任にどう応えるのか 好調トヨタの苦悩
トヨタ自動車が2015年3月期に2兆円を超える過去最高の最終利益を見込でいる。「もうけすぎ」との批判も一部で出るなかで、国内最大の製造業として景気回復への貢献度が問われている。(2015/2/5)

開業【パーフェクト】マニュアル(11):
パートは労災保険に加入できるか?
労働者を一人でも雇っていれば労災保険の適用事業所になる。ではその労働者があなたの家族やパート社員だったら、どうだろうか?(2015/2/5)

学生追いつめる「ブラックバイト」凄惨実態 それでも辞められぬ“3つの理由”
シフトにはない突然の勤務命令、長時間労働でも支払われない残業代――学生アルバイトで近年、こんな被害が相次いでいる。その背景は。(2015/2/4)

事務ごよみ:
新入社員の受入と2016年新卒者の採用準備を――2月の事務ごよみ【人事・労務】
4月に新卒の新入社員を迎える企業では、2月中には最終的な入社の意思確認を行いたいところです。新入社員の受入準備と並行して、2016年3月卒業予定者の採用準備にも着手しましょう。(2015/1/30)

杉山淳一の時事日想:
「寝台特急北斗星を残して」と第3セクターの叫び 気持ちは分かるが“筋違い”
2015年1月13日、北海道、青森県、岩手県の第3セクター鉄道担当者がJR北海道本社を訪れ、寝台特急「北斗星」「カシオペア」の運行継続を要望した。理由は道県内や沿線の利用客の不便ではなく、JRからの運行収入が減っては困るからだ。経営危機に瀕した行動だと理解できるが同情できない。むしろ並行在来線問題の本質的解決のために行動すべきだ。(2015/1/23)

サービス残業の経験がある人は42.6%――働いた時間は?
残業を命じられた人はどのくらいいるのだろうか。20〜50代の働く男女に聞いたところ「ある」と答えた人は59.2%だった。連合調べ。(2015/1/16)

製造マネジメントニュース:
取引工場の労働環境に配慮する時代へ! ユニクロが改善計画を発表
ファーストリテイリングは、ユニクロの製品生産に携わる2つの中国関係工場の労働環境について、改善に向けた行動計画を発表した。香港を拠点とするNGO団体が1月11日に公表した報告書を受けてのもの。(2015/1/16)

2015年の給料、増えると思いますか? 減ると思いますか?
2015年の給料は増えると思いますか? 減ると思いますか? 全国の男女に聞いたところ……。日本生命保険調べ。(2015/1/13)

インダストリー4.0概論(中編):
インダストリー4.0の実現に必要な技術的要素は何か
「新価値創造展2014」ではインダストリー4.0をテーマとしたビジョンセミナーを開催。各界3人の有識者が登壇し、「インダストリー4.0とは何か」や「どういう価値をもたらし、どういう課題があるのか」を解説した。中編では、ドイツのフラウンホーファーIPA(生産技術・オートメーション研究所)のヨアヒム・ザイデルマン(Joachim Seidelmann)氏の講演「科学技術の観点から見たインダストリー4.0」の内容をお伝えする。(2014/12/17)

ストップ! 解雇トラブル:
解雇時に守るべき基本ルールとは
やむなく解雇せざるを得ない場合、トラブルはできるだけ避けたいもの。特に、予告なしに解雇できる「解雇予告除外認定」を受けるために必要な手続きについて4回にわたって解説していきます。(2014/11/27)

働いていて困ったとき、どうする? ネットで調べた15%、労組に相談は
働いていて困った経験をしたことがある人はどのくらいいるのだろうか。18〜25歳の働く男女に聞いたところ、58.0%が「困った経験がある」と回答した。連合調べ。(2014/11/20)

ビジネスニュース 企業動向:
パナソニック、中期計画を1年前倒し達成へ――10兆円企業に向け準備整う
パナソニックは2014年10月31日、2014年度(2015年3月期)の業績見通しを上方修正し、中期計画で2015年達成を目指していた営業利益3500億円を、1年前倒して今年度に達成する見通しとなったと公表した。2015年度からは「成長に向けた戦略投資を行う」(社長 津賀一宏氏)と構造改革から成長戦略へ軸足を移すことを明言した。(2014/10/31)

経営者・役員がプロジェクトを壊す? 業務改善の悲しい現実
双方が納得する就業規則はどうすれば作ることができるのか。(2014/10/28)

事務ごよみ:
内定者へのフォローや冬期賞与の準備、労働時間の適正管理を――11月の事務ごよみ【人事・労務】
「採用内定者へのフォロー」「年末商戦への人手の確保」「労働時間の適正管理」など、人事・労務部門が11月中に処理しておきたいトピックをまとめました。(2014/10/28)

『徘徊タクシー』坂口恭平さんインタビュー
(2014/10/7)

たかの友梨社長、従業員への不適切な発言謝罪 労働組合は反論
圧迫発言を受けた組合員は謝罪の場におらず、被害者への直接の謝罪はなかったとエステ・ユニオンは反論している。(2014/10/6)

杉山淳一の時事日想:
新幹線開業の日、「ひかり2号」が時速210キロを出せたワケ
昭和39年の東海道新幹線開業日、ある秘策で“時速210キロ”を出しながら、なぜか山手線に“追い越された”。鉄道ファンには有名なエピソードについて、当時の運転士がその本当の理由を語った。新幹線愛である。(2014/10/3)

すき家、約6割の店舗で深夜営業を一時休止 ゼンショーは「株式会社すき家本部」に社名変更
深夜に複数勤務体制の確立できない1167店舗で深夜営業を一時休止する。(2014/9/30)

ブラック企業大賞、2014年はヤマダ電機に
要努力賞は追加ノミネートのゼンショーホールディングス(すき家)に。(2014/9/8)

Google Glass着用で起訴されるケースも
弁護士が警告するウェアラブル端末使用の法的リスク
ウェアラブルテクノロジーは新たなプライバシー問題を引き起こすと、業界トップの法律事務所が警告している。ウェアラブル端末の利用によってどのようなことが起こり得るのか?(2014/8/18)

スマホやフィギュアだって眠りたい…… ガチャ「スマホのおふとん」ついに発売&写真コンテスト開催
いつもお疲れ様。ゆっくり休んでね。(2014/8/11)

Computer Weekly:
弁護士が警告するウェアラブル端末使用の法的リスク
ウェアラブルテクノロジーは新たなプライバシー問題を引き起こすと、業界トップの法律事務所が警告している。ウェアラブル端末の利用によってどのようなことが起こり得るのか?(2014/8/6)

労働組合「ブラックバイトユニオン」結成 学生生活を脅かすブラックバイトの相談受け付け
「シフトが一方的に決められて授業に出られない」など、学業に支障をきたすバイトに立ち向かう。(2014/8/4)

過重労働が常態化、深夜のワンオペ解消されず……すき家の労働環境、第三者委員会が調査報告書
これまでのビジネスモデルが限界に達し、壁にぶつかったと第三者委員会は指摘している。(2014/7/31)



国民ひとりひとりに番号を割り当てて行政手続きに利用する電子化施策。一般企業も行政とのやりとりのために、従業員やその家族のマイナンバーを把握・管理しなければならず、2016年1月のスタートに向けて対応が本格化している。

テレビ等のHDMI端子に差すだけで使えるスティック型のPC。マウスコンピューターのm-Stickの登場以降、各社から同様の製品が発表されており、Lenovoも提供を決めるなど注目が高まっている。

ヤフオクが強いC2C分野だが、スマホでは新興のフリマアプリも存在感を持っている。ネットオークションの独特の作法からは距離を置いた、シンプル/直観的な使い心地が女性に好まれているようだ。

All material on this site Copyright © 2005 - 2015 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.