労働組合 に関する記事 労働組合 に関する質問

「労働組合」最新記事一覧

いまさら聞けない「工場立地」入門(2):
「工場立地」面から見たアジア各国の特性と課題
長年生産管理を追求してきた筆者が、海外展開における「工場立地」の基準について解説する本連載。2回目となる今回は、工場を立地するという観点で見た場合のアジア各国が抱える特性と課題について解説する。(2014/7/17)

「W杯で大敗したブラジルで暴動」の画像出回る←デマでした
ネットに出回っているのは昨年撮影された画像です。(2014/7/9)

中小企業の64.2%が「賃上げ」――産業別でみると
景気回復の影響を受け、「給与がアップした」といった声を聞くことが多くなったが、中小企業で働く人たちはどうなのか。東京商工リサーチが調べたところ、64.2%が賃上げを実施していることが分かった。(2014/7/8)

INSIGHT NOW!:
あなたの会社で“残業ゼロ”と“業績アップ”を両立させる方法
何の工夫もなしに、安倍政権が掲げる「残業代ゼロ」政策を実施すれば、日本全体では晩婚少子化、企業では従業員の士気が低下する可能性が高い。賢い企業経営者なら、対象者を中心に仕事のやり方を見直させ、残業ゼロを目指す方法を選んでほしい。(2014/7/8)

キャリアニュース:
製造業は残業が少ない? 業種・職種別の残業時間ランキングをヴォーカーズが発表
残業時間を職種別に見ると、20位にようやく「医療用具・医療機器の研究・開発」(56.67時間)が入るのみで、他業種と比べて比較的残業時間が少ない傾向となっている。(2014/7/3)

40歳手前から減少傾向:
社会人の残業は平均47時間、残業が多い業界は?
就職や転職情報などを扱うVorkersが会社員の残業時間についての調査を発表した。残業時間の平均は約47時間、業界としては第二次産業に属する業界は、残業時間が比較的少ないという。では、逆に残業が多いのは……?(2014/6/24)

INSIGHT NOW!:
安倍政権が掲げる成長戦略、「残業代ゼロ」が少子化を加速させる
安倍政権が掲げる成長戦略にはさまざまな政策が含まれるが、大方針や優先度付けが欠如しているためか、政策間に矛盾が見受けられる。企業で改革プログラムを立案・推進するときは、こうした事態に陥らないよう注意しなければならない。(2014/6/24)

出版業界ニュースフラッシュ 2014年6月第3週
出版業界で先週起こった出来事をまとめてお届けする週刊連載。6月第3週は特定秘密保護法に反対する諸団体の記者会見、『姉ageha』の復活などが発表されています。(2014/6/23)

「就活で不当な選考をされた」のは45.8%――具体的には?
就職活動をして「不当な選考をされたなあ」と感じた人はどのくらいいるのだろうか。就活を経験した人に聞いたところ「不当な選考をされた」と感じている人は45.8%。具体的には……。連合調べ。(2014/6/12)

すき家のストライキは本当に起こったのか ゼンショーとストを実行したちば労組に聞いた
5月29日にすき家にストライキを起こそうという呼びかけがネット上で行われていたが、影響はどのようなものだったのか、ちば合同労働組合とゼンショーに聞いた。(2014/5/29)

外国から日本の新卒採用が奇異の目で見られるワケ
外国からは奇異の目で見られる日本人の労働のあり方。その仕組みから労働問題を理解しようと試みる書籍『若者と労働 「入社」の仕組みから解きほぐす』を紹介します。(2014/5/27)

売れ残り買わす:
学生を食い物にする、“ブラックアルバイト”の実態
就職先だけでなく、アルバイトの現場にも「ブラック企業」の影が忍び寄っている。違法な働き方で学生を使い捨てにするアルバイトが“ブラックアルバイト”と呼ばれ、新たな問題として浮上しているのだ。(2014/5/8)

新入社員の初任給はいくら? 「据え置き」企業が大幅に減少
労務行政研究所は4月23日、「2014年度 新入社員の初任給調査」を発表した。東証1部上場企業にこの春就職した新入社員の初任給を調べたところ……。(2014/4/24)

ご一緒に“おでん”いかがですか:
コンビニで展開されるキャンペーンが、つまらない理由
コンビニをのぞいてみると、さまざまなキャンペーンが展開されている。しかし、そのほとんどがつまらない。その理由は……。(2014/4/15)

杉山淳一の時事日想:
利用者激怒、信頼失墜……交通機関のストライキに効果はあるのか?
3月20日、関東バスと相模鉄道・相鉄バスの3社がストライキを決行した。法律に基づいた行動だが、利用者からは歓迎されず、現場の労働者自身が批判の矢面に立たされている。労働争議の手法は長い間変わっていないが、そろそろ新たな戦術が必要ではないか。(2014/3/28)

強い逆風:
スカイマークの「ミニスカCA」は“離陸”できるのか
航空会社スカイマークが新機種就航に伴って導入する女性客室乗務員(CA)の膝上約15センチのミニスカートの制服が波紋を広げている。国土交通省は保安業務の遂行面から関心を寄せ、厚生労働省もセクハラ誘発の可能性に注目する。(2014/3/24)

ビジネスニュース 企業動向:
ルネサス、シンガポールの後工程拠点を閉鎖へ
ルネサス エレクトロニクスは、シンガポールの半導体後工程製造子会社の一部製造設備を、ジェイデバイスの子会社に売却し、シンガポール拠点での半導体生産を2015年10月〜2016年3月中に終了する方針を明らかにした。(2014/3/20)

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン:
第32回 手っ取り早く給料を上げたいなら男になれ!?―― スウェーデン労働組合の強烈キャンペーン「Be A Man」
職場における女性の活躍に対する我々の意識改革は、果たして本当に進んでいるのだろうか。スウェーデンの労働組合の女性トップが体を張って男性に訴えかけるメッセージとは――。(2014/3/18)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/3/10)

ボクの不安が「働く力」に変わるとき:
中小企業のメンタルヘルス対策に、今、必要なこと
中小企業にとってメンタルヘルス対策は難しい問題。では、メンタル的なダメージを受けてしまった「結果」ではなく「原因」のほうに視点を切り替えてみるのはどうでしょうか。(2014/3/6)

満員電車にサヨナラする方法・最終回:
あなたの望む自由な働き方ができるときが来た
クラウドソーシングの登場により、これからは働く人が自分の得意なこと、自分のやりたいことをつきつめて、自分の仕事や収入を自分で決められるようになるはずです。(2014/3/4)

石川温のスマホ業界新聞:
ソフトバンク音声定額に「あれ、高くない?」――KDDI田中社長の決算会見囲みにツッコミ
KDDIは1月30日、2014年3月期第3四半期決算会見を開催。会見後の田中孝司社長への囲み取材で、ソフトバンクが発表した音声定額サービスなどについて話を聞いた。(2014/2/7)

シナジー効果は年間6000億円:
ルノー・日産が経営統合を拡大、次世代技術開発では役割分担を検討
ルノー・日産アライアンスは、経営統合をさらに拡大するため、研究開発、生産と物流、購買、人事の4機能の統合深化を検討するプロジェクトを立ち上げた。2016年までに、少なくとも年間43億ユーロ(約5976億円)のシナジー効果の創出が目標。(2014/1/31)

国際CIO学会研究大会講演会「日本産業の未来」:
CIOに求められるのはIT活用のセンス──産官学の協力で日本の競争力を向上する
IT産業競争力の現状と課題を企業のCIOはどのように認識し、どのように対応しようとしているのか。このとき産官学でどのような取り組みを推進していけばよいのだろうか。(2014/1/28)

2014年の賃上げはどうなる? 労務行政研究所が発表
民間調査機関の労務行政研究所は1月23日、「2014年賃上げ見通し」を発表した。(2014/1/24)

“新ブラック企業”も増加中:
あなたの会社はブラック企業? チェックリスト付き
現在働いている会社はブラック企業かもしれない。そもそもブラック企業かどうか、どうやって見極めればいいのか。そんな人のために、労働問題に詳しい弁護士が「ブラック企業度チェックリスト」を作成。気になる人は、ぜひチェックしてほしい。(2014/1/23)

女神的リーダーシップ:
信頼関係で結ばれた人々がグループで保険に入る
保険料を抑えながらより大きな安全や幸せを保障する、独創的な仕組みがある。信頼関係で結ばれた人々が合意してグループで保険に加入するというもの。複数の加入者を束ねることにより、巨額の保険金請求があった場合のリスクを分散しようというものだ。(2014/1/21)

三国大洋の箸休め(21):
脱ブラック企業――「グッドジョブ戦略」という型破りな考え方
「人件費」イコール「コスト」と見なされがちな風潮の中、正反対のアプローチを採り、従業員の待遇を改善することで業績を伸ばした企業もあるという。2014年最初のコラムでは、ちょっとだけ希望の持てるそんな話を紹介したい。(2014/1/20)

女神的リーダーシップ:
中国で、非営利団体はうさん臭い?
中国では、大きな目的を追求して信用されるのは、政府と民間企業だけ。事実、非営利団体はほとんどなく、当局には非営利団体の行いを理解、信頼する素地はなかったのだ。(2014/1/2)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
新ポスティング制度を座礁させた“選手会ネクタイ組”の存在
楽天・田中将大選手のメジャーへのポスティング移籍が保留状態になっている。決まりかけていた新制度に「待った」をかけたのは身内のプロ野球選手会だった。取材を通じて、選手会の戦術ミスが明らかになった。(2013/11/27)

「医療が抱える問題を解決するのに魔法の杖はない」
さまざまな問題が見え隠れする医療業界。医者の視点から見た医療業界を病理医の榎木英介氏に聞きました。(2013/11/26)

杉山淳一の時事日想:
夜行列車はなぜ誕生し、衰退したのか
先週末、地方紙「河北新報」Web版が発信したニュースがネット上を駆け巡った。寝台特急「あけぼの」廃止だ。1970年代に全盛期を迎えた寝台列車は衰退の一途。しかし、夜行列車は新たな時代を迎えたといえる。キーワードは「付加価値に見合った対価」だ。(2013/11/8)

藤田正美の時事日想:
アベノミクスが強気でいられるほど世界経済は楽観的ではない
IMF(国際通貨基金)が発表した「世界経済見通し」では、世界経済の成長にブレーキがかかっていることを示唆した。また、欧州中央銀行は銀行の健全性のチェックを始めた。ゾンビ企業への貸付を行う銀行には退場願うのだ。(2013/10/30)

見えるぞ! 私にも収益性が見えるッ!:
S&OPで身につける製造業の7つのパワーとは?――スティールウェッジ
スティールウェッジはS&OPの認知度向上と、自社のクラウドソリューションの普及に向けS&OP(グローバル製販超同期化)セミナーを開催した。(2013/10/21)

JETROに聞く:
製造業の米国回帰を後押しする“4つの波”とは?
日本からは中国やASEANなど低コスト国への工場の流出が続いているが、同じ高コストの先進国である米国では工場を米国内に戻す動きが増えているという。早くに製造業の空洞化が指摘された米国で何が起きているのか。JETRO海外調査部北米課に聞いた。(2013/10/9)

杉山淳一の時事日想:
JR北海道の問題はどこにあるのか。そして解決する方法はあるのか。
列車火災、脱線事故などを発端としたJR北海道の整備ミス問題は収束どころか拡大する一方だ。いま、JR北海道の鉄道を守るために誰が立ち上がるべきか。現場の職員だ。風当たりは強かろう。しかしこれを再生のチャンスとして改革を進めてほしい。(2013/9/27)

今、求められている“社会を変える仕事”
ホームレス状態の人をビジネスパートナーとして支援する有限会社ビッグイシュー。設立者である佐野章二氏の著書を紹介します。(2013/9/10)

窪田順生の時事日想:
オリンピックの開催国で「デモ」や「暴動」が増える理由
2020年の夏季五輪が東京に決定した。ほとんどのメディアがこのニュースを“お祭り”ごとのように報じているが、光のあるところには必ず影ができる。五輪の恩恵を受けられない人たちの不満が、祭りの前に爆発するかもしれない。(2013/9/10)

「この世は生きるに値するんだ」 「風立ちぬ」の後をどう生きるか 宮崎駿監督、引退会見全文
宮崎駿監督が引退会見は、1時間半にわたる会見のすべてが質疑応答に割かれた。会見の全文を掲載する。(2013/9/6)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
憲法改正は、本質を踏まえた「乗り降り自由」の議論が必要
憲法改正の是非や方向性を判断するうえで大切なのは、国民一人ひとりがいまの憲法の本質を理解したうえで変えるべき点、残すべき点を考えること。(2013/8/22)

藤田正美の時事日想:
ポスト中国はどこに? 次に来る16の新興国
もはや中国は「世界の工場」として安全とはいえない。日本企業が生き残るためには、市場と生産拠点をどう考えるかにかかっている。そのとき浮上してくる3カ国とは?(2013/8/21)

Weekly Memo:
AmazonのベゾスCEOはWashington Postを生かせるか
Amazon.comのジェフ・ベゾスCEOが米有力紙のWashington Postを買収する。果たしてベゾス氏はWashington Postを生かすことができるのか。(2013/8/19)

公認会計士まーやんの「ロジカるつぼ」(前編):
なぜ景気が回復しても給料は上がらないのか
「アベノミクス効果で景気が上向き」という報道がある一方、景気が良くなったという実感はほとんどありません。先日発売された『なぜ景気が回復しても給料は上がらないのか』の著者代表で弁護士の倉重公太朗氏に、直接話を伺ってきました。(2013/8/12)

ずっと「安月給」の人の思考法:
給料の「高い会社」と「低い会社」に分かれるワケ
あなたが勤めている会社の給料は低いですか? それとも高いですか? 今回は、業種別の平均給与を例に、給料が低い5つの理由のうち3つを紹介します。(2013/8/6)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
「ブラック企業かどうかは、人それぞれ」――この発言が怖い理由を考える
過労死などのニュースが流れたとき、残業時間を聞いて「俺なんて普段からもっとサビ残しているぞ」「この程度でブラックなら、うちの会社は真っ黒だ」などと言ったことはないでしょうか。こういった発言で問題をあいまいにすることが、実は自分たちの首を絞めているのです。(2013/8/5)

ビジネスニュース:
鶴岡工場の閉鎖を決定したルネサス作田会長、「まだ人・モノが多い」
ルネサス エレクトロニクスの会長兼CEOに就任した作田久男は、「まだ人・モノが多い。大げさに言うと、(ルネサス テクノロジとNECエレクトロニクスの)トータルの売上高が1兆8000億円だったころと比べて、今の売上高レベルで考えれば3分の1くらいまでに減らさなければならない」と述べた。(2013/8/2)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
「私用メール」をめぐる会社と組合の対立 組織に潜む闇
ある百貨店企業で社員の私用メールが原因となり、労働組合も巻き込む騒動になった。「ちょっとプライベートで……」という出来心がもたらした問題の中身と対処策とは――。(2013/7/26)

仕事をしたら“なんちゃってグローバル君”がいた(1):
英語だけではダメ? 海外で活躍するために必要なこと――田村耕太郎さんの話
「グロバール化に対応するために、英語を勉強しなくては」と考えている人も多いだろう。ビジネスパーソンにとって英語力アップは大きな武器になると思うが、本当にそれだけでいいのだろうか。海外事情に詳しい識者に、グローバル人材になるための方法を聞いた。(2013/7/10)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
なぜ統一球が飛び出したのか? 問われるNPBの隠ぺい体質
組織ぐるみのウソが発覚し、日本球界が大騒ぎだ。日本野球機構(NPB)が統一球の仕様を変更しただけでなく、「変えていない」と言い張っていたことが発覚したのだ。(2013/6/13)

22〜34歳の会社員、夏のボーナスは33万7000円と予想――金額次第で転職する?
夏のボーナス、あなたはどのくらいもらえそうですか? 22〜34歳のビジネスパーソンに聞いた。DODA調べ。(2013/6/5)



バーチャルリアリティを楽しむためのヘッドマウントディスプレイ。初音ミクとの対面用と思われている節もあるが、それも含めて日本市場は重要視されている。Facebookが買収をしており、今後どのような用途が実現するのか楽しみにしたい。

LTE対応の端末でも音声通話については実は3Gが利用されていたが、それもいよいよLTEに切り替えられようとしている。ユーザーにはなにが違うのか伝わりにくいが、通信キャリアにとっては通信がIP化され、電波利用効率の高いLTE網を利用できるようになるなど、大きな変更になる。

タブレットといえばiPadかAndroidと思われていたが、ここに来てWindowsタブレットも存在感を見せている。艦これが動くから、という理由で売れているという話もあるが、MicrosoftがSurfaceブランドでより小型な端末を計画しているという噂が出るなど、8型前後のWindowsタブレットがひとつの製品分野として今後も注目を集めそうだ。

All material on this site Copyright © 2005 - 2013 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.