「大学」最新記事一覧

質問!大学・短大→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で大学・短大関連の質問をチェック
質問!大学院→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で大学院関連の質問をチェック
「大学生」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

医療機器ニュース:
化学反応をコンピュータ制御できる、人工細胞型の微小反応容器
東京工業大学は、熱平衡状態から大きく離れた系の化学反応をコンピュータ制御できる「人工細胞型微小リアクター」の開発に成功した。将来は細胞を模倣した高機能な分子コンピュータや分子ロボットの開発につながるとしている。(2016/2/9)

「GPUの約10倍の性能」:
モバイル用ニューラルネットワークチップを開発
GPUの性能を10倍ほど上回るモバイル機器向けニューラルネットワーク(神経回路網)チップを米大学が開発した。(2016/2/8)

医療機器ニュース:
曲げても性質が変化せず、正確に測定できるフレキシブル圧力センサー
東京大学は、曲げても正確に測定できるフレキシブル圧力センサーを発表した。ナノファイバーを用いることで、半径80μmまで折り曲げても、圧力センサーとしての性質が変化しないことが確かめられた。(2016/2/8)

医療技術ニュース:
ヒトES細胞から機能的な下垂体ホルモン産生細胞の分化に成功
名古屋大学は、ヒトES細胞を用いて、下垂体前葉のホルモン産生細胞を分化誘導させることに成功した。今後、下垂体機能不全に対する再生医療への応用が期待されるという。(2016/2/4)

アスク、大学/研究機関向けのSynology NAS特価キャンペーンを開始――3月31日まで
アスクは、大学/研究機関向けとなるSynology NAS特価キャンペーン「Synology NAS冬のアカデミック特価キャンペーン」を発表した。(2016/2/3)

寄り道テック:
もう対面の人とぶつからない? 遠近法を利用した横断歩道デザイン
対面から来た人とぶつかりにくい横断歩道のデザインを台湾の大学が公開している。遠近法を利用し、歩行者が自然と左右に分散するようになっているという。(2016/2/2)

パナソニックと京都大学が共同で開発:
非接触で心拍間隔を計測、ミリ波レーダーで
パナソニックは2016年1月20日、京都大学の「Center of Innovation(COI)」と共同で、非接触で心拍間隔を計測する生体情報センシング技術の開発に成功したと発表した。スペクトラム拡散ミリ波レーダーを用いて、心電計相当の精度で心拍間隔をリアルタイムに計測できるという。(2016/1/29)

医療機器ニュース:
ミリ波レーダーで居間にいる家族全員の心電図が見られる、センサーは10cm角に
パナソニックと京都大学が、両者が共同開発しているミリ波レーダーを用いた非接触の生体情報センシング技術について説明。心拍だけでなく心拍間隔も計測できる高い精度と、測定対象が1人だけでなく複数人数の同時計測が可能な点が特徴。将来的には、センサーモジュールを10cm角まで小型化することも視野に入れている。(2016/1/29)

静電容量も従来比2倍以上に:
半導体レーザーでマイクロキャパシター作製
東北大学は2016年1月26日、青紫色半導体レーザーを用いて高分子フィルム上に微細なカーボン電極構造を直接描画することで、平面構造で高性能なフレキシブルマイクロスーパーキャパシターを実現したと発表した。同大学では、「安価なカーボン材料による平面型スーパーキャパシターとしては世界最高の静電容量を有する」としている。(2016/1/29)

蓄電・発電機器:
薄くて曲がる太陽電池に新素材、電極の層を減らして製造工程を短縮
東京大学の研究チームが有機薄膜による太陽電池の新しい製造方法を開発した。薄くて透明な太陽電池を構成する電極の層を減らして製造工程を簡略化できる。電極の素材に従来のインジウムに代わってニオブを採用した。レアメタルの中でも生産量が多くて価格と供給量が安定している。(2016/1/28)

建物の壁面や窓ガラスにも設置が可能に:
酸化チタンを透明電極に用いた有機薄膜太陽電池
東京大学の特任教授を務める松尾豊氏らの研究グループは、酸化チタンを透明電極に用いた有機薄膜太陽電池を開発した。少量のニオブを混ぜた酸化チタン薄膜とすることで、電子のみを選択的に捕集することに成功した。(2016/1/27)

医療機器ニュース:
オールインワン型歯科用X線CT装置の開発開始
東北大学は、同大学大学院歯学研究科が、他施設と共にオールインワン型歯科用X線CT装置の製品化を目的とした研究開発を開始したと発表した。歯科診断において、1台の装置で診査目的に応じた診査が可能となる。(2016/1/27)

米バージニア大学教職員の個人情報流出、詐欺メールでパスワード明かす
攻撃には、フィッシング詐欺メールを使って受信した相手をだまし、リンクをクリックさせてユーザー名とパスワードを入力させる手口が使われていた。(2016/1/26)

高機能な分子コンピュータなどに応用が期待:
細胞を模倣した微小容器のコンピュータ制御に成功
東京工業大学は、化学反応をコンピュータで制御できる「人工細胞型微小リアクター」の開発に成功したと発表した。高機能な分子コンピュータなどに応用が期待される。(2016/1/26)

えっ、大学がモーニングコール!? IC学生証で講義出欠確認、保護者チェックに「過保護」の声も
大学生の講義をめぐる環境が変容している。保護者が出欠状況や成績を照会できるサイトを運用する大学や、学生に「モーニングコール」をする大学まで出てきた。(2016/1/25)

医療機器ニュース:
手のひらサイズの高性能パッチ式脳波センサーを開発
大阪大学は、冷却シートを額に貼るような感覚で、容易に装着することができるパッチ式脳波センサーを開発した。手のひらサイズで大型の医療機器と同じ計測精度を持ち、ワイヤレスであるため装着者の負担を大幅に軽減する。(2016/1/25)

蓄電・発電機器:
太陽光パネル付きの「スマートゴミ箱」、ゴミを圧縮して蓄積状況を無線で送る
米国製の「スマートゴミ箱」を使った実証実験が東京都内の大学のキャンパスで始まった。ゴミ箱の上面に太陽光パネルを搭載して発電しながら、内部のゴミを自動で圧縮したり、ゴミの蓄積状況を無線で送信したりすることができる。ゴミの収集作業を効率化してスマートシティの構築に生かす。(2016/1/23)

各地のサービスロボットがあなたの「履歴」を知っておもてなし
多種多様なサービスロボットがネットワークを介してつながることで、接した人の行動履歴を取得できるシステムを芝浦工業大学らが開発した。2020年には100台規模の実証実験を目指す。(2016/1/22)

東京オリンピックキャンプ地に慶應義塾大学 正式決定は2月8日
英国オリンピック代表チームのトレーニングなどに利用。(2016/1/22)

医療技術ニュース:
記憶メカニズムの定説を書き換える、単一神経細胞による記憶を発見
名古屋大学は、世界に先駆けて、線虫をモデル系とした大規模なリン酸化プロテオミクス解析を実施。これによって、単独の神経細胞レベルで記憶が存在することを実証し、従来の定説とは異なる、新規の記憶メカニズムを同定することに成功した。(2016/1/22)

東海大学に“IoTゴミ箱”、スマートシティ実現を目指し実験
日本システムソフトウェアと東海大学が共同で“IoTゴミ箱”の実証実験を開始した。ゴミ収集の最適化はもちろん、IoT技術によるスマートシティ実現についても検証する。(2016/1/21)

「第9番惑星」が存在する? 太陽系外縁に 米チーム発表
地球の質量の10倍という「第9番惑星」が存在する証拠を見つけたとカリフォルニア工科大学のチームが発表。(2016/1/21)

大学生の就職内定率、12月時点で80.4% 5年連続の改善でリーマン前の高水準に 
大学生の就職内定率は5年連続で改善し、リーマン・ショック前とほぼ同水準となった。(2016/1/20)

離れたところから心拍を測定 ミリ波レーダー活用 京大とパナソニックが開発
ミリ波レーダーとアルゴリズムを組み合わせ、離れたところから心拍数や心拍間隔を測る技術を、京都大学とパナソニックが共同開発した。(2016/1/20)

誰もがクラウドの恩恵を受けられるように:
マイクロソフト、10億ドル規模のクラウド利用権を非営利団体・大学研究者へ無償で提供
米マイクロソフトは、Microsoft AzureやPower BIなどを含む同社のクラウドサービス利用権を世界の非営利団体に提供する取り組みを発表した。今後3年間で10億ドル規模のサービスを提供する計画だ(2016/1/20)

リクルート、鎌倉女子大学と保育園での共同プロジェクトを開始――ICT化の有効性を研究
リクルートマーケティングパートナーズは、鎌倉女子大学の小泉裕子研究室と保育園での共同プロジェクトを開始。スマートデバイスやアプリなどICT化の有効性を研究していく。(2016/1/18)

「合コンしたくない大学」と検索すると…… Googleマップさんの東京工業大学に対する冷遇ぶりが話題に
東工大生「解せぬ」(2016/1/15)

医療技術ニュース:
物体の輪郭を認識する視覚のメカニズムの一端を解明
九州大学は、物体の輪郭を認識するのに重要な「方位選択性」が、マウスにおいてもヒトと同様に大脳の神経回路で作られることを確認したと発表した。(2016/1/15)

ミシガン工科大学が「ドローンを捕獲するドローン」を開発
ドローンにはドローンを。(2016/1/14)

カドカワ、代ゼミと提携で「N高」生徒向け予備校「代ゼミNスクール」4月に開校へ
カドカワと代ゼミが連携し、大学進学を目指す「代ゼミNスクール」を開校。通信制高校「N高」の生徒が対象で、通学日数・講座を自由に設定できる。(2016/1/12)

医療機器ニュース:
載せるだけで細胞の酸素消費量を測定できるシート型センサー
東京大学は、ニコンとの共同研究により、細胞を傷つけずに細胞の酸素代謝を計測でき、終了後には簡単に取り除くことができる、柔らかい光学式シート型センサーを開発したと発表した。(2016/1/11)

認知症の簡易検査が自宅などでも可能に:
パッチ式脳波センサー、冷却シート感覚で装着
大阪大学の関谷毅氏と金沢大学の菊知充氏を中心とする医脳理工連携チームは、パッチ式脳波センサーの開発に成功した。いつでもどこでも脳状態を計測し、リアルタイムに可視化できる。認知症の簡易検査を自宅で行うことも可能となる。(2016/1/8)

医療技術ニュース:
興奮性神経伝達物質をシナプスから浄化する仕組みを解明
名古屋大学は、神経細胞の活動に伴って細胞外に大量に放出されるグルタミン酸を、シナプス周囲のグリア細胞が吸収・浄化する効率を高める仕組みの一端を明らかにした。(2016/1/8)

3Dプリンタの可能性を探る(10):
100ドル3D工作機械「OCPC Delta Kit」で何を作る?
慶應義塾大学 環境情報学部および総合政策学部の1〜2年生を対象に、レーザーカッターで加工されたMDF(繊維板)、電子部品などで構成される100ドル3D工作機械「OCPC Delta Kit」を用いた授業が行われた。仕掛け人は、同学 環境情報学部 准教授の田中浩也氏だ。記事後半では、未来の図書館や博物館に設置されるかもしれない3Dプリンタを紹介する。(2016/1/7)

医療機器ニュース:
4K超高精細映像伝送による血管内治療の遠隔指導システムを共同研究
EIZOは、金沢大学およびPFUビジネスフォアランナーと、4K超高精細映像伝送による血管内治療・遠隔指導システムの共同研究契約を締結した。遠隔地からの手技指導を可能にするシステムを開発し、2017年の実用化を目指す。(2016/1/6)

今年も生協で「単位」が買える!? 「単位パン」第3弾は「頭脳粉」入り
今年も生協で「単位」が買える!?――「単位パン」が、1月の期末試験期にも大学生協に登場する。今回は「頭脳粉」入りだ。(2016/1/5)

医療機器ニュース:
量子もつれ光を用いた超高分解能光断層撮影技術を開発
京都大学は、量子もつれ光を用いた2光子干渉により、分解能0.54μmに相当する2光子量子干渉縞を実現したと発表した。同成果は、今後、緑内障の早期診断などにつながる可能性が期待される。(2016/1/5)

ケンブリッジ大学が毎年恒例「お尻コンテスト」開催 男も女も全裸になって自慢のプリケツを披露
超名門大学の皆さん何やってるんですか。(2015/12/28)

「ロボットオリンピック」具体的検討へ
政府「ロボット新戦略」にて開催が提案されていた「ロボットオリンピック」が具体的な検討に入る。2020年の開催、2018年のプレ大会に向け、佐藤知正氏(東京大学名誉教授)を委員長とする委員会が具体的な検討を進める。(2015/12/25)

医療技術ニュース:
シワやたるみだけではなく、顔の向きや皮膚の動きも見た目年齢に左右
工学院大学は、見た目の年齢が顔の向きや顔の皮膚の動きによって変わることと、見た目の年齢を決める際、特に頬が重要な部位であることを明らかにした。(2015/12/25)

「iTeachers TV」最新番組紹介
「LINE」でつかんだ“放送部の甲子園”準優勝――佐野日大中等教育学校の生徒に聞く
“放送部の甲子園”で準優勝に輝いた佐野日本大学中等教育学校。その活動を下支えしたIT活用の実態とは? 同校デジタル放映部の生徒と、顧問の安藤教諭が明かします。(2015/12/24)

医療技術ニュース:
短期と長期の運動記憶の画像化に成功
東京大学は、短期と長期の運動記憶が、脳内で異なる場所に保存される様子を画像で捉えることに成功。早く学んですぐ忘れる記憶と、ゆっくり学んで長く残る記憶の違いを、脳活動計測と数理モデルを組み合わせて実証した。(2015/12/24)

医療機器ニュース:
シルク電極の開発と、それを基にした大学発医療系ベンチャーの設立
東北大学は、シルクを基材とした肌に優しい電極の開発に成功したと発表した。また、これを応用した医療機器を開発することで地域の活性化と発展を目指すベンチャー企業を新たに設立した。(2015/12/23)

次期Android(Android N)のニックネームはオンライン投票で──ピチャイCEO
Googleのスンダー・ピチャイCEOが、インドの名門大学で行ったQ&Aで、次期Android(Android N)の名前はオンライン投票で決めることになるだろうと語った。(2015/12/21)

医療技術ニュース:
細胞が生きた状態で心臓組織シートを簡便に積層化する方法を開発
京都大学は、ゼラチンハイドロゲル粒子を利用することで、マウスES細胞から作製した心臓組織シートを簡便に積層化する手法を確立。このシート15枚を積層化し、細胞が生きた状態で厚さ約1mmにすることに成功したと発表した。(2015/12/18)

「iTeachers TV」最新番組紹介
“つながらない”なんてあり得ない 佐野日大中等教育学校が誇るネットワークとは
佐野日本大学中等教育学校が進める映像を中心としたIT活用。その取り組みを支えるネットワークインフラとは? 同校でIT活用を推進する安藤教諭が紹介します。(2015/12/18)

経営者と経営学者の違い、B'zとAKBの違い
ホリエモン氏が提案したコンビニ居酒屋というアイデアに、大学の教授が否定コメントをしたことで、堀江氏は反論し、経営学者は経営ができるのかという論争が起こりました。専門とは何なのか、経営学者と経営の関係を見ていこう。(2015/12/17)

医療技術ニュース:
統合失調症の病名変更が新聞報道に与えた影響
東京大学は、過去約30年間の新聞記事2200万件をテキストマイニングで解析し、精神分裂病から統合失調症への名称変更が新聞報道に与えた影響を明らかにした。(2015/12/17)

光でセシウムを細胞からくみ出すたんぱく質 名工大・東大が共同開発 新しい除染法に道
光のエネルギーを使い、セシウムイオンを細胞から運び出す技術を、名古屋工業大学と東京大学が共同で開発した。(2015/12/15)

電子ブックレット:
5GはIoT制御のための移動通信だ
EE Times Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、ドレスデン工科大学の教授で“5G Man”との異名をとるFrank Fitzek氏への単独インタビューを紹介します。(2015/12/16)



余っているリソースを、主にはお金を介してソーシャルな形でシェアできるように仲介するサービス。インターネット上では以前からそうした要素を持ったサービスは存在していたように思うが、概念として名付けられることで一挙に注目が高まっている。

不正会計問題の発覚と対処、リストラ発表とその影響も含めた赤字の拡大というように、日本を代表する家電大手の一角がもろくも崩れようとしている。日本企業の苦戦が続き、それに伴う再編の進行は予想されていたが、この展開は想定外であり、どのような形で落着するものか、予断を許さない。

ビットコインの基幹技術としても知られる、P2Pネットワークを活用した台帳技術。これもまた昨今注目の的となっているFinTechのひとつとして、金融、IT・セキュリティ界隈では今やビットコインと同じくらいの頻度で取りざたされている。

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2016 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.