「Wi-Fi」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

無線LANベンダが参加する業界団体Wi-Fi Allianceが、無線LANの普及・推進に向けて名付けたブランド名。各社のIEEE802.11a/b対応製品の相互接続性を検証し、互換性が保たれることが実証された製品に対しては「Wi-Fi Certified」という認定が与えられる。認定を受けたベンダは、製品パッケージなどでロゴマークを使用することができる。
Wi-Fi − @ITネットワーク用語事典

auの「Galaxy S7 edge SCV33」がAndroid 8.0に
auの「Galaxy S7 edge SCV33」(Injustice Edition、Olympic Games Editionを含む)が、Android 8.0にバージョンアップする。OSの新機能を使えるようになる他、ユーザーインタフェース(UI)面でレイアウトやデザインが一部変更されたり機能名が変更されたりする。(2018/8/17)

“流れるタイムライン”終了に向け、「Tweetbot」が最善を尽くしたアップデート
Twitterが8月16日に実施するアプリ開発者向け機能「User Streams API」の廃止に向けて、人気有料アプリ「Tweetbot」がアップデートし、影響を受ける機能を無効化あるいは“ダウングレード”した。(2018/8/16)

「IEEE 802.11ax」「IEEE 802.11ay」に備えて
無線LANを快適に使うための「エッジスイッチ」5大選定ポイント
エッジスイッチのアップグレード時には、さまざまな項目を検討する必要がある。高速化や性能向上が進む無線LANの恩恵を十分に受けるために必要な、エッジスイッチの選定ポイントとは。(2018/8/16)

5分で知るモバイル通信活用術:
「jetfon」「変なSIM」登場 改めて「クラウドSIM」のメリット・デメリットを知ろう
筆者の連載でも何度か取りあげた「クラウドSIM」。モバイルルーターだけではなく、SIMやスマートフォンでも使えるものが出てきました。新たに登場する対応スマホを紹介しつつ、改めてそのメリットとデメリットを改めて見ていきましょう。(2018/8/15)

Samsung、AI搭載のメッシュWi-Fiルータ「SmartThings Wifi」発売
Samsungが家庭向けメッシュWi-Fiシステム「SmartThings Wifi」を米国で発売した。販売価格は「Google Wifi」より安い119.99ドル。PlumeのAI機能を搭載し、家庭内ネットワークを自動調整する。(2018/8/14)

Mobile Weekly Top10:
「Android P」が製品版に/「Galaxy Note9」発表
開発が進められてきたAndroidの次期バージョン「Android P」が「Android 9.0」として製品版リリースされました。ユーザーインタフェース面を含めて、久しぶりに大きな変更が盛り込まれています。(2018/8/13)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2018年7月版:
災害時のフリーWi-Fi、何が危ない?
7月のセキュリティクラスタは「豪雨災害とフリーWi-Fiスポットのセキュリティ」「不正アクセスで逮捕された若者がホワイトハッカーとして復活」「Chromeと非SSLサイトの警告表示」に注目が集まりました。(2018/8/10)

海外渡航時のデータ通信 何がおトク?(レンタルWi-Fi・プリペイドSIM編)
夏休みで海外渡航が増えるこの時期、気になるのが海外での通信手段。とりわけSNSを使うならデータ通信をどうするかは悩みどころだ。そこでこの記事では、レンタルWi-Fiサービスや海外用プリペイドSIMを紹介する。(2018/8/11)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
2000円で買えるWi-Fiプラグ「NX-SM300」を試す Amazon EchoとGoogle Homeから家電の電源操作が可能
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は実売2000円で購入できる、NANXINのWi-Fiプラグを紹介する。(2018/8/11)

MVNOに聞く:
なぜ貼るタイプなのか? H.I.S.モバイルと日本通信に聞く「変なSIM」の狙い
日本通信とH.I.S.の合弁会社、H.I.S.モバイルが、海外で利用できる「変なSIM」を発売。SIMカードに貼るタイプもあり、1つのSIMスロットで2枚のSIMを使える。この変なSIMの狙いを聞いた。(2018/8/10)

市場の現状と課題:
EdTechで働き方は変わるのか?
「EdTech」とは「Education(教育)」と「Technology(技術)」を組み合わせた造語である。インターネットなどITの発展により、時間や場所の制約がなくなり、より双方向での学習や個々に合わせた学習が可能となったが、市場としては課題もある。EdTech市場の現状とこれからの発展に向けた課題について考察する。(2018/8/10)

「Magic Leap One」の開発者版、ついに米国で発売 2295ドル(約25万円)
Magic LeapのMRメガネ「Magic Leap One」の開発者モデルが米国で発売された。価格は2295ドル(約25万4600円)。大小2つのサイズから選べる。(2018/8/9)

docomo Wi-Fiサポーターのユニフォームをまとった「リカちゃん」ストラップが登場 ドコモ限定販売
ドコモの電波対策をアピールする「dショッピング」限定商品に第3弾が登場。「トミカ」「チョロQ」の次は「リカちゃん」だ。(2018/8/8)

海外渡航時のデータ通信 何がおトク?(大手キャリア編)
夏休みで海外渡航が増えるこの時期、気になるのが海外での通信手段。とりわけSNSを使うならデータ通信をどうするかは悩みどころだ。この記事では、大手キャリアのおトクな海外データ通信サービスを紹介する。【訂正】(2018/8/8)

Google、クラウド接続ホワイトボード「Jamboard」を日本発売 64万円
Google Japanは、デジタルホワイトボード「Jamboard」を日本国内で発売した。クラウドとWi-Fiで接続し、遠く離れた場所にある別の端末と画面を共有できる。(2018/8/8)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
ディスプレイ付きスマートスピーカーだからできること 「Amazon Echo Spot」をネットワークカメラの映像表示に活用する
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は「Amazon Echo Spot」から、ネットワークカメラ「Arlo Q(アーロ・キュー)」の映像を見る場合の設定方法と、その実用性をチェックしていこう。(2018/8/8)

「arrows Tab F-02K」がOSバージョンアップ Android 8.1に
NTTドコモの「arrows Tab F-02K」がAndroid 8.1にバージョンアップ。同OSの新機能が利用できるようになる他、F-02K独自の機能改善や不具合修正も合わせて行われる。(2018/8/7)

冷蔵庫はクラウド連携で“時短家電”に シャープが冷蔵庫と「ヘルシオ」を連携 ボタン1つで調理開始
シャープがクラウドサービス「COCORO KITCHEN」を介して「ウォーターオーブン ヘルシオ」や「ヘルシオ ホットクック」と連携する冷蔵庫を発表した。ボタン1つで調理を開始できる。(2018/8/6)

Anker、350ml缶サイズのAndroid搭載モバイルプロジェクター上位モデル「Nebula Capsule Pro」 明るさ1.5倍に
アンカー・ジャパンは、コンパクトな円筒筐体を採用したモバイルプロジェクター「Anker Nebula Capsule Pro」を発売する。(2018/8/6)

メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2018:
キヤノンが提案する豊富なカメラ・レンズ群を使った「AIひび割れ検知」と「ドローン点検」
キヤノンとキヤノンマーケティングジャパンは、一眼レフカメラを用いたAIによるひび割れ検知やドローン点検の開発に注力している。2018年7月18〜20日に東京ビッグサイトで開催された「メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2018」内の「第10回インフラ検査・維持管理展」で、インフラ構造物の点検ソリューションを提案した。(2018/8/6)

LITE-ON Technology/STマイクロエレクトロニクス:
Sigfox認証取得済みワイヤレス通信モジュールをIoT市場向けに提供
LITE-ON Technologyは、Sigfox認証を取得したワイヤレス通信モジュール「WSG300S」「WSG303S」「WSG304S」「WSG306S」をIoT市場向けに提供すると発表した。(2018/8/6)

日本初上陸したスマートスピーカー「Sonos」
ビームス 原宿が、日本初上陸したスマートスピーカー「Sonos」の展示および販売を開始した。(2018/8/4)

独自のチューニングでスループット改善――バッファローが「AirStation connect」発売 メッシュWi-Fiルーターに参入
20年前にWi-Fi(無線LAN)ルーターを発売したバッファローが、メッシュネットワーク型のWi-Fiルーターに参入する。独自のチューニングで高速化を図ったことが大きな特徴だ。(2018/8/3)

「水曜どうでしょう」、大泉洋の“ホラ話”マンガ化にネットざわつく 「喧嘩太鼓かな?」「ボルヴィックか?」
期待しかない。(2018/8/2)

Samsung、10.5型タブレット「Galaxy Tab S4」、別売DeXキーボードでPCのようにも利用可能
Samsungが、Androidタブレット「Galaxy Tab S4」を発表した。10.5型でSペンが付属し、別売のDeXキーボードと接続すればPCのように使える。ホームボタンがなくなった分画面が広くなった。(2018/8/2)

「もうそれなりのトラブル」 大泉洋、ボヤキ連発しながら「水曜どうでしょう」新ロケに旅立つ
これでこそ水どうだよね。(2018/8/1)

Y!mobileが「かんたんスマホ」を8月9日発売 60歳以上には「通話無料」特典も
Y!mobileが初めてシニア向けスマートフォンを発売する。使い方が分からない時に解決方法を提案する「押すだけサポート」アプリをプリインストールし、それでも使い方が分からない時に備えて専用のコールセンターも設けるという。(2018/8/1)

Wi-Fi Alliance:
次世代Wi-Fiセキュリティ規格「Wi-Fi CERTIFIED WPA3」発表
Wi-Fi Allianceは、Wi-Fi保護機能を強化した次世代Wi-Fiセキュリティ規格「Wi-Fi CERTIFIED WPA3」を発表した。(2018/8/1)

デジタルカメラ総合販売ランキング(7月16日〜7月22日):
デジタル一眼ランキング、「EOS Kiss M ダブルズームキット」8連勝
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」は8週連続のトップ。キヤノン、ニコン、オリンパス、それぞれ3機種ずつがトップ10入り。(2018/8/2)

祝福しろ:
「ジョジョスマホ」にファン感涙のコンテンツが追加ッ! 早速遊んでみた
ドコモのジョジョスマホ「JOJO L-02K」がアップデート。「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」の壁紙が追加される他、ジョジョエディターの「新たなコマを作る」機能が解禁される。カメラもLG独自のAI機能が追加される。(2018/7/31)

“ポイント”と“手数料ゼロ”で根付かせる――コード決済乱立時代を「LINE Pay」はいかに戦うか
LINEアプリ内でのコード決済に力を入れつつ、QUICPay+対応で使える場所の拡充に努める「LINE Pay」。モバイル決済が乱立する中、どのような戦略を描いているのだろうか。(2018/7/31)

LINE Pay、コード決済用の独自端末開発中 年内に日本・台湾で受け付けへ
LINE Payは、QRコード決済用の独自の決済端末「LINE Pay ORIGINAL DEVICE」を開発中だと発表した。年内に日本と台湾で申し込み受け付ける計画だ。(2018/7/31)

“俺の嫁召喚装置”「Gatebox」15万円の量産モデル発売 甘〜い新機能で新婚気分(動画あり)
好きなキャラクターと一緒に暮らせるという“俺の嫁召喚装置”「Gatebox」の新型機が登場。従来モデルと比べてスリムなボディーに仕上げ、本体価格は15万円(税別)と半額に。月額1500円の“共同生活費”が別途かかる。(2018/7/31)

VR、MR、サイネージ、AI、IoT……:
MRで完成図を容易に想像可能に――建設業界で進むICT活用で現場はどう変わっているのか?
ICT活用が進む建設業界。現場ではVRやMRなどの技術をどのように活用しているのか。2018年6月26日に行われたソリトンシステムズのセミナーをレポートする。(2018/7/26)

PR:10ギガネットワーク環境が手の届く価格に 格安10GbEスイッチ「QSW-804-4C」で圧倒的速度を体験する
実売6万円切りの8ポートフル対応スイッチ「QSW-804-4C」で10GbE環境を構築。実際に使ってみた結果は……。(2018/7/31)

Tech TIPS:
Windows 10などでIPアドレスやMACアドレスを確認する方法
ネットワークのトラブルシューティングなどのために、IPアドレスやデフォルトゲートウェイ、DNS/DHCPサーバ情報などを調査したいことがある。そのためには、ipconfigコマンドがよく使われるが、GUI画面でも確認できる。その方法をまとめておく。(2018/7/30)

書類も会議も作業指示もここまで効率化できる:
PR:鹿島建設が取り組むIT化と土木・建築の“現場”改革
屋外ゆえにIT化が進みにくい土木・建築の現場。その中でいち早くIT化を実現、会議も作業報告も「ここまで効率化できる」と自ら示して現場を変えた鹿島建設の実践を追った。(2018/7/30)

IT管理者は楽になるか
Apple「iOS 12」の光がまだ当たっていない管理機能、その強化点は?
Appleが2018年6月に開催した「Worldwide Developer Conference」(WWDC)の発表の中から、「Apple Business Manager」など、あまり光が当てられていないエンタープライズ管理機能を紹介する。(2018/7/29)

なぜ「Xperia XZ2」より「XZ1」が売れているのか? 比較して分かったこと
3キャリアから販売中の「Xperia XZ2」。販売ランキングでは、前モデルの「Xperia XZ1」の方が上位にランクインしている。なぜXZ1の方が売れているのか? 2機種を使い比べてみた。(2018/7/28)

子連れ旅行の不安を軽減 子どもとの移動をスムーズにする6つのアイデア
子どもを連れてのお出掛けは「ベビーカーを使って大丈夫か」「おむつ替えできる場所はあるかなど、不安なことがたくさん。そこで帰省や旅行など何かと子連れ移動が増えるこの時期におすすめなサービスや製品を子育て中の母目線で紹介します。(2018/7/28)

「Amazon Music」アプリに、Wi-Fi接続スピーカーに“キャスト”する「Alexa Cast」
Amazon.comがiOSおよびAndroid版「Amaon Music」アプリをアップデートし、Amazon Musicの音楽をWi-Fi接続スピーカー(Google Homeも含む)で再生できる「Alexa Cast」機能を追加した。(2018/7/27)

「デメリットをもっと知りたい」「速度に不安」――ユーザーの声から考えるMVNOサービスの課題
大手キャリアよりも割安な料金を背景に順調にユーザー数を伸ばしてきたMVNOサービス(格安SIM)。携帯電話サービス全体に占めるシェアも10%を超えたが、その成長に鈍化が見られるようになってきた。さらなる成長のためには何が必要なのだろうか。(2018/7/27)

2年以上前の「iPhone SE」がいまだに“現役”の理由
いまだに新品が販売されている「iPhone SE」。キャリアだけでなくMVNOも取り扱っている。なぜ、iPhone SEは息の長い商品となっているのか。(2018/7/27)

「ソースネクストの時価総額を約3倍にした」 通訳デバイス「POCKETALK」に新モデル 自社開発で大幅機能アップ
音声通訳デバイスの新製品「POCKETALK W」(ポケトーク ダブリュー)が9月7日に発売する。ソースネクストが完全自社開発した(2018/7/26)

LTE対応で翻訳スピードも向上――「POCKETALK W」9月7日発売 eSIM版は2万9880円
ソースネクストの翻訳デバイス「POCKETALK(ポケトーク)」がモデルチェンジ。LTE通信に対応するなど大幅なスペックアップが図られている。ソラコムとの協業でeSIM内蔵モデルも用意する。(2018/7/26)

次世代EHT規格:
Wi-Fi、6GHz帯対応に向け始動
エンジニアらは、スループットを最大で4倍高めることができる次世代のWi-Fi規格の策定を開始することで合意した。このEHT(Extreme High Throughput)規格は、6GHz帯をサポートするよう開発された初めての規格となる見込みだ。(2018/7/26)

Google Cloud Next ’18:
Google Cloud、エッジで機械学習モデルを高速実行するASIC「Edge TPU」と、エッジIoTソフトウェアを発表
Googleは2018年7月25日(米国時間)、米サンフランシスコで開催中のGoogle Cloud Next ’18で、「Edge TPU」と「Cloud IoT」を発表した。ASICとソフトウェアで、エッジにおける機械学習モデルの高速実行を支援する。(2018/7/26)

SPORTEC2018:
空を飛びながら体幹トレーニング VR×筋トレのフィットネスマシン「ICAROS」
ドイツ企業が開発した、VRゲームと体幹や筋肉を鍛えられるフィットネスマシンを組み合わせた「ICAROS」(イカロス)がSPORTEC2018に登場。VRを組み合わせることで、エクササイズを楽しめるものにするという。(2018/7/25)

LGエレ、スリムな縦型筐体を採用する4K HDR対応DLPプロジェクター
LGエレクトロニクス・ジャパンは、同社初の4K HDR対応レーザープロジェクター「HU80KS」を発表した。(2018/7/25)

物流ロボットシステム:
AI搭載ロボットによる次世代型物流倉庫――歩行作業を大幅軽減し、省人化を実現
協栄産業は、千葉県印西市にあるプロロジスパーク千葉ニュータウンで、AI機能搭載の無人搬送ロボット「EVE」(ギークプラス製)を用いた「物流ロボットシステム」の見学会を開催した。フルフィルメントプロバイダーであるアッカ・インターナショナルのピッキングエリアで実際に稼働しているロボットを活用したピッキングシステムの様子を紹介する。(2018/7/25)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.