「Wi-Fi」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

無線LANベンダが参加する業界団体Wi-Fi Allianceが、無線LANの普及・推進に向けて名付けたブランド名。各社のIEEE802.11a/b対応製品の相互接続性を検証し、互換性が保たれることが実証された製品に対しては「Wi-Fi Certified」という認定が与えられる。認定を受けたベンダは、製品パッケージなどでロゴマークを使用することができる。
Wi-Fi − @ITネットワーク用語事典

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(56):
長崎編:アパレル出身のラーメン男子、離島でWebサービスを楽しく作る
釣りをしながら仕事も可能。そう、リモートワークならね――「ITエンジニア U&Iターンの理想と現実」長崎編は、五島でフリーランスエンジニア兼ラーメン屋として働くエンジニアのお話です。え、ラーメン???(2019/1/24)

Appleが「iOS 12.1.3」の配信を開始 「メッセージ」や「CarPlay」に関する不具合を修正
Appleが、「iOS 12」のアップデートの配信を開始。「メッセージ」や「CarPlay」などで発生していた不具合を修正する。(2019/1/23)

ローム 車載向けワイヤレス給電ソリューション:
QiとNFCの融合によりスマホの充電と車内ネットワークへのペアリングが1つの動作で
ロームは、NFC(Near Field Communication)対応の車載向けワイヤレス給電ソリューションを開発した。Qi規格とNFCの融合により、スマートフォンをキーデバイスとした車載アプリケーションの技術革新が可能となる。(2019/1/23)

製造業、通信事業、医療、教育、サービス業……
シンクライアントを導入すべき? 業界別にみるメリットとデメリット
シンクライアントがあれば、幅広い組織や業界が恩恵を受けられる可能性がある。シンクライアントのメリットとデメリット、そして業界ごとの理想的な用途について解説する。(2019/1/23)

「LAVIE Note」に2019年春モデル 学生向け「LAVIE Note Mobile」はキーボードをより打ちやすく
NECパーソナルコンピュータが、ノートPCの2019年春モデルを発表。学生向けモバイルPC「LAVIE Note Mobile」は、2018年モデルの基本コンセプトを引き継ぎつつ、キーボードのキーサイズを見直してより快適に利用できるように改善した。(2019/1/22)

ボタンを押すだけで配車できる「タクシーダッシュボタン」 新潟、宮城、沖縄で運用開始
モバイル・コマース・ソリューションは、スマートフォンやPCを使わずにタクシーを呼べる配車用のIoTデバイス「タクシーダッシュボタン」を製品化。高齢者を中心とした配車依頼をスムーズにするとともにタクシー会社の負担軽減を目指し、まずは新潟・宮城・沖縄で運用を開始した。(2019/1/21)

5分で知るモバイルデータ通信活用術:
「ギガ超え」「大規模障害」「海外データローミング」――2018年のモバイルデータ通信を振り返る
どんどん高速化していくモバイルデータ通信。今回は、いよいよ下りの“ギガ超え”が見えてきた2018年のモバイルデータ通信を振り返りつつ、通信障害時のサバイバル術や海外データローミングキャンペーンについても考察します。(2019/1/21)

MONOist 2019年展望:
百花繚乱のLPWAネットワーク、製造業は使いこなせるのか
IoTをつなげるのに最適な、低消費電力かつ広域で利用できるLPWAネットワーク。無線局免許が必要なライセンス系、不要なアンライセンス系を含めて多くのサービスがあり、百花繚乱の様相を呈している。このLPWAネットワークを、製造業は使いこなせるのだろうか。(2019/1/21)

iPhone Tips:
iPhone SEやXRでも使える 文字入力でカーソルを移動する方法
iPhoneの文字入力でカーソルを移動するには、iOS 11までは3D Touchに対応している必要がありました。しかしiOS 12からは、3D Touch非対応の機種でもカーソル移動ができます。その方法を紹介します。(2019/1/20)

BoxやDropbox、Microsoft OneDrive、Google Driveなど
いまさら聞けない モバイル向けファイル共有アプリで知っておきたい「3つの基礎」
企業向けファイル同期/共有アプリケーションをモバイルデバイスで利用する場合、自動同期機能の動作の違いやセキュリティリスクに注意が必要だ。(2019/1/20)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
面白い動画を簡単に 「insta360 ONE X」は遊ぶための全天球カメラ!
insta360 ONE Xは前後に円周魚眼レンズを搭載したカメラを持つ全天球カメラ(あるいは360度カメラ)である。だから面白い静止画、動画の両方が撮れる。いろいろ試してみた。(2019/1/19)

ノックで家電を操作する「スマートテーブル」、ソニックジャムが開発
「コンコン」……テーブルをノックすると電動カーテンが開き、コーヒーメーカーやオーディオが動き出す。デザインスタジオのソニックジャムが「スマートテーブル」を開発した。(2019/1/18)

特集・ビジネスを変える5G:
通勤ラッシュがなくなる? 老舗オフィス空間メーカーが「5G」に期待する理由
多くのビジネスパーソンを苦しめる通勤ラッシュから解放される未来が、次世代通信規格「5G」で実現するかもしれない。「5Gオフィス」の実証実験に取り組むイトーキに聞く。(2019/1/18)

ライオン初の“洗濯IoT機器” 天気知らせる「スマートハレタ」
ライオンが初のIoTデバイス「スマートハレタ」を開発した。洗剤ボトルを持ち上げると「外干し」「部屋干し」を光や音で知らせる。(2019/1/18)

DSDV対応:
Wikoのエントリースマホ「Tommy3 Plus」が日本上陸 1月末に1万円台半ばで発売
フランスのWiko(ウイコウ)が、日本において約1年ぶりに新型スマートフォンを発売する。2017年2月に発売された「Tommy(トミー)」の事実上の後継機種で、国内3キャリアのVoLTE通話にも対応する。(2019/1/18)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
公共交通が示す「ドアtoドア」の未来 鉄道はMaaSの軸になれるのか
先進交通の分野で「MaaS」という言葉が話題になっている。自動車業界で語られることが多いが、鉄道とも深い関係がある。「利用者主体の移動サービス」の実現のために、鉄道こそ重要な基軸になるからだ。「ドアtoドア」のサービスを提供するために、鉄道はどうあるべきか。(2019/1/18)

製造現場のIoT活用を成功に導く5つのポイント(4):
工作機械とクラウドをどうつなぐ? 製造業IoTで考慮すべき「通信」について
IoTコンサルタントとして、主に製造業でのIoT導入を支援してきた筆者の経験を踏まえ、工場(製造現場)におけるIoT導入を進める上で「まず考えておくべきこと」や「気を付けておきたいポイント」などを詳しく解説する。連載第4回は、工場内の各機器とクラウドサービスなどをつなぐ「通信」について取り上げる。(2019/1/18)

「自己破産で学んだ」 元FREETEL増田薫氏が翻訳機で復活 スマホにも意欲
経営破綻により、一度はSIMフリー業界から撤退した、元FREETELの増田薫氏が新会社を立ち上げて復活。第1弾製品として、モバイル通信機能搭載の翻訳デバイス「eTalk 5」を発売。スマホやケータイの発売も予定しているという。(2019/1/17)

ドコモの「AQUOS R2 SH-03K」がOSバージョンアップ Android 9 Pieに
NTTドコモが「AQUOS R2 SH-03K」に対するOSバージョンアップを開始。自動調整バッテリー機能への対応や横画面のワンタッチ固定、各種UIの改善などを行っている。(2019/1/17)

CES 2019:
哺乳瓶をスマート化する「BlueSmart mia2」
哺乳瓶の底に装着してスマート管理できるデバイス。(2019/1/17)

Tech TIPS:
Windows 10対応:タスクマネージャの「パフォーマンス」タブの見方
システムの動作状態をチェックしたり、必要なメモリサイズやCPU/ディスク性能を見積もったりするには、タスクマネージャーによるシステム状態の把握が必要だ。Windows 10のタスクマネージャーの見方を解説する。(2019/1/17)

日本モレックス:
4G/Wi-Fi/GPSの無線信号3種に対応する車載用「3-in-1 外付けアンテナ」
日本モレックスは、1台で3種の無線信号(4G、Wi-Fi、GPS)をカバーできるIP66規格準拠の車載用「3-in-1 外付けアンテナ」を発表した。(2019/1/17)

第3回 スマート工場EXPO:
熟練者の“視線”、AIが学習 工場の新人教育などに活用
熟練者の視線データを集めることで、新人教育の短縮などに役立てるサービスを、トビー・テクノロジーが提供している。(2019/1/16)

Qi規格に準拠、NFCにも対応:
ローム、車載向けワイヤレス給電ソリューション
ロームは、NFC(Near Field Communication)に対応した車載向けワイヤレス給電ソリューションを開発した。(2019/1/16)

サイプレス セミコンダクタ 日本法人会長 布施武司氏:
PR:組み込み領域を包括したソリューションをタイムリーに、車載・産機・IoTで成長するCypress
Cypress Semiconductorは、メモリ、マイコン、無線IC、インタフェースIC、電源ICなど組み込み領域をカバーする製品群で実現するシステムレベルソリューションの提案を強化している。特にデザインサイクルが長く、信頼性が要求される車載機器、産業機器、IoT市場にフォーカスした成長戦略を描く。日本法人・サイプレス セミコンダクタの会長を務める布施武司氏に、2019年の事業戦略についてインタビューした。(2019/1/16)

視点:
「買う」はどう進化するか? 「買い方の未来」から事業価値を刷新する
「買い方の未来」をふまえて、新しい事業価値刷新を検討するエクササイズをしてみたい。B2CやB2Bビジネスにおいて、新たな事業価値の発見ができればと考えている。(2019/1/16)

カード型から個性派ストレート、子機まで 現行“ケータイ”14機種を総まとめ
スマートフォン全盛の今、ケータイの新機種は徐々に数を減らしつつあったが、そんなケータイが再び脚光を浴びている。特に2018年はドコモの「カードケータイ」やauの「INFOBAR xv」など個性的なケータイが登場した。各キャリア+SIMロックフリーの現行ケータイを紹介する。(2019/1/15)

家電の実物大を即座にカメラでAR表示 アプリ「ARで見る」が買い物を変えるか
現在はAndroid版のみ。(2019/1/14)

Google、「Chromecast Audio」販売終了へ
Googleが、手持ちのスピーカーをスマートフォンやスマートスピーカーとWi-Fi接続して音声をキャストする端末「Chomecast Audio」(4980円)の製造を終了し、在庫がなくなり次第販売も終了する。(2019/1/13)

【特集】ネットと銭湯サウナ:
ネットでつながるサウナ愛 国内初&最大のサウナポータル「サウナイキタイ」はなぜ生まれ、どうサウナ人気を支えていくのか
「サウナ」とググると一番上に表示される、国内最大のサウナポータルサイト「サウナイキタイ」。開設1年でここまで愛用されるようになったのはなぜか、運営側の立ち上げに対する思いはどのようなものか。創案者2人への1万字インタビュー。(2019/1/13)

ケガをしたときに役立つアイデアも紹介
旅行や出張で大活躍しそうなモバイル活用テクニック
IT、なかでもスマートモバイル関連技術の進歩を特に実感するのが、旅行や出張の時と、ケガをした時だろう。本稿では、筆者自身の経験から気付いた便利なテクニックを紹介する。(2019/1/12)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
実売3000円台で2つの家電を同時に扱える2個口スマートプラグを試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は2つの家電製品をまとめて制御できる、STYLEDの2個口スマートプラグを紹介する。(2019/1/11)

ITの教室:
【Wi-Fi】Wi-Fi速度のギモンを解消。2019年版Wi-Fiの教科書
最新の無線LANルーターを購入したのにもかかわらず、全く性能が向上しない、速度向上を体感できない、といった経験がある人もいるだろう。また、無線LAN(Wi-Fi)は多くの規格があり、分かりにくく、どういった製品を購入したらよいか分からないという人も多いのではないだろうか。そこで無線LANルーターを例に、購入ポイントとなる規格を整理する。(2019/1/11)

システムの構築後も対策が必要
ネットワークセキュリティを強化し、最新の脅威に備える4つの方法
ネットワークセキュリティは完璧なように見えても、必ずどこかに弱点が存在する。常に変化するセキュリティ情勢の中で、ネットワークのセキュリティを確保する4つの方法とは。(2019/1/11)

TechFactory 特選ブックレットガイド:
いまさら聞けない「HD-PLC」――IoT時代のネットワークとして再注目される理由
IoT時代のネットワーク技術として再び脚光を浴びている「HD-PLC(高速電力線通信:High Definition Power Line Communication)」について、パナソニックが100周年イベント「CROSS-VALUE INNOVATION FORUM 2018」で解説した。(2019/1/11)

KDDIが「5G」を活用した小学生向け体験学習 駅ホームでの安全性を高める実験も
KDDIらは、小学校の授業で次世代移動通信システム「5G」を活用した動画再生とファイルダウンロードを体験する学習を国内で初めて実施。また、京急電鉄の羽田空港国際線ターミナル駅で行った安全・安心やインバウンドの利便性向上を目指す5Gの応用実証にも成功した。(2019/1/10)

10nmプロセスやハイブリッドCPUを導入:
Intel、次世代のコンピューティングをけん引する多数の新技術を披露
Intelは「CES 2019」向けに、PCプラットフォームや、クラウド、ネットワーク、エッジを支える基盤、人々のエクスペリエンスを拡張する技術に関する多くの発表を行った。(2019/1/10)

意外と簡単! 新4K衛星放送チューナーを導入してみた
年末年始に新4K衛星放送を視聴するため、ピクセラの「PIX-SMB400」を購入。旅番組などでその魅力を再確認したのはいいが、次はもっといいテレビが欲しくなってしまった。(2019/1/10)

製造ITニュース:
建設機械2台の遠隔連携作業に成功、5G活用で
NEC、KDDI、大林組は、次世代移動通信システム「5G」を活用し、2台の建設機械を遠隔操作によって連携させ、土砂を運搬することに成功した。(2019/1/10)

厳選の5000冊と一晩中 漫画体験にどっぷりひたれる「MANGA ART HOTEL,TOKYO」が神保町に
テーマは「眠れないホテル」。(2019/1/9)

ドコモのXperia XZ2/XZ2 Premium/XZ2 CompactがAndroid 9.0に
NTTドコモは、1月8日にソニーモバイルコミュニケーションズ製スマートフォン「Xperia XZ2 SO-03K」「Xperia XZ2 Premium SO-04K」「Xperia XZ2 Compact SO-05K」をAndroid 9.0へアップデート。自動調整バッテリーの設定やワンタッチでの横画面固定、3Dクリエーターやアルバムアプリのバージョンアップなどを行う。(2019/1/9)

49件の脆弱性を修正:
Microsoft、月例更新プログラム公開 WindowsやEdgeに深刻な脆弱性
1月の月例更新プログラムでは49件の脆弱性が修正された。このうち7件が「緊急」に分類されている。(2019/1/9)

GPS、AR、スマートスピーカー、AI、IoT……:
日本版GPS“みちびき”が本格始動したら位置情報取得はどう変わる?――2018年AI IoT系記事閲覧数ランキング
2018年も多くのAI/IoT系の記事が掲載されました。本記事では、その中からベスト10を振り返ります。(2019/1/9)

身近な課題から学ぶ「IoT手法」(2):
扉の傾きで検知――「加速度センサー」を使ったポスト投函の検知術
複数の実装手法があるIoT。今回は、身近な課題として、ポストの開閉検知を「加速度センサー」で実現する方法を紹介していきます。(2019/1/10)

ふぉーんなハナシ:
復活の“L”――iPhone XS(日本版)で「プリペイドeSIM」を契約した話
NTTドコモを介して購入した「iPhone XS」のSIMロックを解除しました。せっかくなので、出張にかこつけて香港の大手キャリアがオンライン販売している「プリペイドeSIMカード」を買ってみました。(2019/1/8)

CES 2019:
IntelがノートPC向けCPU「Ice Lake(仮)」を数カ月以内に発表 2019年末には製品登場予定
Intelの新マイクロアーキテクチャ「Sunny Cove」を採用するモバイルCPUが、間もなく姿を現す。同社としては初めての10nmプロセスのプロセッサで、2019年末までに搭載製品が発売される見込みだ。(2019/1/8)

CES2019:
電動車いすをMaaSの一部に、呼ぶと自律走行で迎えに来てくれる
電動車いすベンチャーのWHILLは2019年1月7日、消費者向けエレクトロニクス展示会「CES 2019」(2019年1月8〜11日、米国ネバダ州ラスベガス)において、電動車いす向けの自動走行技術「WHILL 自動運転システム」を出展すると発表した。また、同システムは「CES 2019イノベーションアワード」を受賞した。同賞は、優れたデザインやエンジニアリングのコンシューマーエレクトロニクス製品に贈られる。(2019/1/8)

半径300メートルのIT:
海外旅行の新常識? iPhone XSの新機能「eSIM」を使ってみた
iPhone新機種「iPhone XS」に加わった「eSIM」は、オンライン契約さえすれば、海外のキャリアを使って通信できるという優れた機能です。その中身を、海外キャリアが提供するサービスを使って検証してみました。(2019/1/8)

CES 2019:
好きなビールを切らさない シフトール、CESでクラフトビール自動補充サービスを発表 年内にサービス開始
Shiftall(シフトール)が「CES 2019」でクラフトビールの自動補充サービス「DrinkShift」(ドリンクシフト)を発表した。2019年中のサービス開始を目指す。(2019/1/7)

新iPad Pro湾曲、どこまで「仕様」か Appleが見解
Apple、iPad Pro 11-inch、iPad Pro 12.9-inch (3rd generation) の筐体の曲がり問題で、0.4ミリ以下は許容範囲との見解。(2019/1/7)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.