「Wi-Fi」最新記事一覧

無線LANベンダが参加する業界団体Wi-Fi Allianceが、無線LANの普及・推進に向けて名付けたブランド名。各社のIEEE802.11a/b対応製品の相互接続性を検証し、互換性が保たれることが実証された製品に対しては「Wi-Fi Certified」という認定が与えられる。認定を受けたベンダは、製品パッケージなどでロゴマークを使用することができる。
Wi-Fi − @ITネットワーク用語事典

スマホの容量不足にWi-Fi HDDという選択はアリ? 実際に試してみた
スマホやタブレットから直接ワイヤレスで利用できるWi-Fi対応のポータブルHDDがあるのをご存じだろうか。今回はバッファローのWi-Fi HDD「ミニステーション エア(HDW-PDU3-C)」を実際に試してみた。(2016/12/10)

初の家庭用“変形”ロボット「ティプロン」がもたらす快適で怠惰な生活!?
おそらく家庭用としては初となるプロジェクター搭載の可変型ロボット「ティプロン」が発売された。「3割は“男のロマン”でできています」とcerevoの岩佐琢磨社長。では、ティプロンは生活に何をもたらすのか。(2016/12/9)

異色の“走るプロジェクターロボ”「Tipron」発売 変形ギミック搭載 「家中の壁をディスプレイに」
プロジェクターを搭載し、投影場所まで自走するホームロボット「Tipron」をCerevoが発売。移動時と投影時で、まるでロボットアニメのように変形する機能を備える。(2016/12/9)

5分で知る最近のモバイルデータ通信事情:
下りも上りもWiMAX 2+史上最速――「WX03」に対する大きな期待と小さな不安
UQコミュニケーションズは12月2日、モバイルWi-Fiルータの新機種「WX03」を発売しました。理論上の通信速度が従来比で下り2倍・上り3倍と、現時点で史上最速のWiMAX 2+ルーターである一方、対応エリアの拡大や通信速度制限面での不安もあります。(2016/12/8)

AWS re:Invent 2016:
Amazon Alexaの世界を、Echo Dotで実体験する
AI音声アシスタント機能「Amazon Alexa」を搭載したスマートスピーカーの「Amazon Echoシリーズ」は、500万個以上が販売された推定されている。ここにどのような世界が広がっているのか。エントリ機種の「Echo Dot」で試してみた。(2016/12/8)

IoT時代の無線規格を知る【Thread編】(8):
Threadにおけるボーダールーターの役割(前編)
ホームネットワーク向け無線規格として注目を集める「Thread」を解説する本連載。今回からは、Threadネットワーク内のノードと外部ネットワークにある他のデバイスとの接続を行う役割を持つ「ボーダールーター」について前後編に分けて紹介する。(2016/12/8)

iFixitが分解:
Touch Bar搭載「MacBook Pro」を分解
Appleから発売されたばかりの新型「MacBook Pro」。今回は、iFixitによる「Touch Bar」を搭載した機種の分解を紹介する。(2016/12/7)

SIM通:
FREETELが新機種発表会 新プラン「スマートコミコミ」を発表!
プラスワン・マーケティングは、「FREETEL 新製品・新サービス発表会」を開催。新製品として、低価格なSIMフリースマホ「Priori 4」、Wi-Fiルーター「ARIA 2」、そして、半年以上利用で残金不要で機種変できる新プラン「スマートコミコミ」を発表した。(2016/12/7)

レノボ、ThinkPad Stack モバイルプロジェクターを発売 Android搭載でスタンドアロン運用も可能
重箱スタイルで機能拡張ができる「ThinkPad Stack」に、ポータブルモバイルプロジェクターが登場する。他のThinkPad Stack対応デバイスを装着することで機能拡張が可能で、単体でもAndroidデバイスとして利用することができる。(2016/12/6)

ボタンを押すだけで日用品を注文――「Amazon Dash Button」発売
Amazonは、ボタンを押すだけで日用品を注文できる小型端末「Amazon Dash Button」を発売する。対象はプライム会員で、利用できるブランドは40以上。(2016/12/6)

デジタルカメラ総合販売ランキング(11月21日〜11月27日):
デジタル一眼ランキング、ニコン「D5500 ダブルズーム」が4カ月半ぶりトップ
デジタル一眼ランキングは、ニコン「D5500 ダブルズーム」が7月以来の首位返り咲き。前回4位に下がったキヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」は1つ戻して3位。(2016/12/6)

ソフトバンク副社長:
IoT時代では「あらゆるモノにARMチップが載る」
ARMのプライベートイベント「ARM Tech Symposia 2016 Japan」が2016年12月2日、都内で開催された。基調講演に登壇したソフトバンク副社長の宮内謙氏は、「石炭、石油の時代を経て、これからはデータの時代である。あらゆるモノにセンサーがつき、あらゆるモノにARMベースのチップが搭載される」と述べ、IoT(モノのインターネット)時代におけるARMの役割をあらためて強調した。(2016/12/6)

買い足そうと思ったらポチッ! Amazonで日用品を注文できるボタン型端末「Dash Button」日本上陸
冷蔵庫、洗濯機などの近くに設置すると便利そう。(2016/12/5)

家庭IoTのエコシステム構築を推進:
インテルとアマゾン、音声アシスタント「Alexa」用いた“スマートホーム”製品を共同開発へ
インテルとAmazon.comは、インテルアーキテクチャとAmazon.comの音声アシスタント「Alexa」を利用してスマートホームのエコシステムを発展させ、自然言語機能をコンシューマーへ広く提供する取り組みを進める。(2016/12/5)

ボタン押すだけで日用品が届く「Amazon Dash Button」日本上陸 水や洗剤など1プッシュ注文
ボタンを押すだけで日用品をAmazonに注文できる端末「Amazon Dash Button」が日本で発売。食料品や洗剤など41のブランドをそろえる。(2016/12/5)

FREETELの「ARIA 2」、UQの「WiMAX 2+」契約では使えず【追記あり】
プラスワン・マーケティング(FREETEL)が12月2日に発売したモバイル無線LANルーター「ARIA 2」が、UQコミュニケーションズとそのMVNOの「WiMAX 2+」契約のSIMカードに非対応であることが判明した。(2016/12/4)

石野純也のMobile Eye(11月21日〜12月2日):
同じ垂直統合でも戦略は対照的――「FREETEL」と「TONE」が目指すもの
MVNOが台頭する中、あえてハードウェアからネットワークまでを一手に手掛ける異色のMVNOも登場した。FREETELとTONEは、ネットワークから端末、店舗を一手に手掛ける。実は対照的ともいえる両者の違いを読み解いていく。(2016/12/3)

アシスタントAIやVRなど傑出した機能を搭載
“史上初”を詰め込んだスマホ「Google Pixel XL」は「iPhone」の対抗馬か?
「Google Pixel XL」は、まあまあのハードウェアを、卓越したソフトウェアと優れたパフォーマンスが補っている。「iPhone」の対抗馬になるほどのスマートフォンなのだろうか。(2016/12/3)

FREETEL、17時間連続通信できるSIMフリーWi-Fiルーター「ARIA 2」発売
プラスワン・マーケティングは、12月2日に17時間連続通信可能なSIMロックフリーのWi-Fiルーター「ARIA 2」を発売した。価格は1万1800円(税別)。(2016/12/2)

AWS re:Invent 2016:
AWS、S3への直接SQLクエリ機能やAWSをIoTデバイスに「出張」させる製品を発表
米Amazon Web Services(AWS)は2016年11月30日(米国時間)、「AWS re:Invent 2016」で多数の製品を発表した。このうちAI関連以外の発表をおさらいする。(2016/12/1)

上野駅に現れた「パンダPepper」の見た目がすごいことに 東京メトロ、初のPepper導入
東京メトロは期間限定で、上野駅にロボット「Pepper」を試験配置した。(2016/12/1)

Netflix、コンテンツによってはダウンロード/オフライン視聴が可能に
定額動画配信サービスのNetflixが、一部のコンテンツをダウンロードし、オフライン環境でも再生できるようにした。月額650円の「ベーシック」でも可能だ。(2016/12/1)

外でもノートPCでネットしたい! iPhoneの「テザリング」基本ワザ
家の中はもちろん、外にも持ち出して使えるノートPC。外出先でもインターネットにつながれば、もっと便利に使えます。そんなとき、手持ちのiPhoneが大活躍します。(2016/12/2)

半導体の需要拡大を見込んだ業界再編
IoT時代到来で半導体業界はどう変わる? 5件の大型買収を振り返る
モノのインターネット(IoT)用のデバイスには、新しいタイプの半導体チップが必要になると予想されることから、半導体業界には企業買収の波が押し寄せている。半導体業界の動向を振り返る。(2016/12/1)

PR:IGZO液晶が進化、さらに高画質&電池長持ちスマホに――新AQUOSスマホの魅力に迫る
シャープが冬商戦向けに開発したスマートフォンが「AQUOS EVER SH-02J」と「AQUOS U SHV37」だ。「液晶の美しさ」と「高いスタミナ」が大きな特徴で、独自機能の「エモパー」にも注目したい。(2016/12/1)

トーンモバイル、IP電話かけ放題やフィルタリングサービスを発表――新機種はどうなる?
トーンモバイルは11月30日、スマートフォン「TONE」向けの新サービスを発表。石田社長が直近の戦略を語った。格安SIMのレッドオーシャンの中で、同社はどのように生き残りを図っていくのか。(2016/11/30)

「Amazon Echo」の7インチのタッチディスプレイ付き新モデル、来年にも登場か?
Amazon.comが米国で販売している音声アシスタント付きWi-Fiスピーカー「Amazon Echo」のハイエンドモデルを2017年第1四半期にも発表すると、Boombergが情報筋の話として伝えた。(2016/11/30)

組み込み開発ニュース:
IoT向け無線通信規格「Wi-SUN FAN」に対応した無線機を開発
ローム、京都大学、日新システムズは共同で、IoT向けの新国際無線通信規格「Wi-SUN FAN」に対応した無線機の基礎開発に成功した。同無線機を複数台使用した基礎実験で、マルチホップを利用したIP通信に成功した。(2016/11/30)

各種センサーと通信規格に対応:
Sigfox日本仕様の認証取得 ―― TIの開発キット
日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)は、さまざまなセンサー技術や制御技術、通信技術を核にIoT(モノのインターネット)事業を展開していく。新たに発表したSub-1GHzワイヤレスマイコン開発キット「CC1310LaunchPad」は、業界で初めてIoTネットワーク「Sigfox」日本仕様(RCZ 3)の認証を取得した製品となる。(2016/11/30)

【12月13日開催】LIVEオンラインセミナー
ハイブリッド・クラウド実現の近道とは発表!無料クラウド使用権付新モデル
(2016/11/30)

PR:出荷400万台突破!! 開発者が語る「ScanSnapが支持される理由」
オフィスのペーパーレス化やデジタルデバイスの普及により、幅広いシーンで使われるようになったドキュメントスキャナ。なかでもBCN 6年連続No.1を獲得しているPFUの「ScanSnap」シリーズは、多くのユーザから支持される、ドキュメントスキャナのトップブランドだ。そんなScanSnapがユーザーに支持される理由は何だろうか。同社執行役員イメージビジネス担当の宮内康範氏と、商品企画部長の大窪伸幸氏に、その秘密を聞いた。(2016/11/30)

東京メトロ、車両内で無料Wi-Fi提供 銀座線で12月から
東京メトロ銀座線に、車両内で利用できる無料Wi-Fiサービスが12月1日から導入。(2016/11/29)

AI搭載ロボットが観光案内 NTT西が実証実験 大阪で
NTTグループのAI技術「corevo」を搭載したロボットが、デジタルサイネージを使って観光案内をする実証実験が、大阪市内で11月30日に始まる。(2016/11/29)

駅構内から車内まで:
東京メトロ、車内で無料Wi-Fiスタート 銀座線から
東京メトロが12月1日から車内で利用できる無料Wi-Fiサービスを銀座線に導入。(2016/11/29)

11型Airから新MacBook Proに移行――USB PDはサードパーティー品でも使える?
ついに登場したAppleの新型MacBook Pro。筆者が日々持ち歩いて活用してきた11型のMacBook Airはラインアップから外れてしまった。果たして新MacBook Proへの移行はうまくいくのか、モバイルで活用する筆者の視点からレビューした。(2016/11/29)

5分で知る最近のモバイルデータ通信事情:
大容量プランだけで大丈夫? ドコモの「ウルトラシェアパック50」だけでなるべくやり過ごした結果
普段は「WiMAX 2+」を含む複数キャリアの回線を併用している筆者。そこに現れた大手キャリアの大容量プラン。外出先で使う通信回線を減らすに足るものなのか、実際にNTTドコモの「ウルトラシェアパック50」を契約した上で、WiMAX 2+ルーターを極力使わずにひと月を過ごしてみました。(2016/11/29)

UQ、下り最大440MbpsのWiMAX 2+ルーター「WX03」を12月2日に発売
UQコミュニケーションズが、モバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX03」を12月2日に発売する。メーカーはNECプラットフォームズ。「4×4 MIMO」と「キャリアアグリゲーション(CA)」に対応している。(2016/11/28)

PR:データ容量が気になる人も、家族でまとめて使いたい人も「エキサイトモバイル」におまかせ!
エキサイトモバイルは、使った分だけデータ通信の料金が選択される「最適料金プラン」と、SIMカードを3枚持てるコースを用意しているのが大きな特徴。具体的な利用シーンを見ながら、どんな使い方がお得なのかを紹介しよう。(2016/11/28)

採用例が拡大「CompTIA Security+」、間もなく提供開始「CompTIA CSA+」:
PR:CompTIA認定資格が「あなた」に必要とされている、本当の理由
「若者のIT業界離れ」や「セキュリティ人材の不足」が、この先、日本の抱える深刻な課題と挙げられている。しかし、その人材をどう育成/採用していけばよいのかに悩む企業が多いのも、また大きな課題だ。そんな中、セキュリティ人材の採用基準の1つとして、多数の国内外の企業や政府機関で取り入れられている認定資格がある。CompTIA認定資格を推進する、CompTIAのキーパーソンにその真意を聞いた。(2016/11/28)

スマホで掃除開始や終了を命じることができるロボット掃除機が日本上陸 マニュアル操作もできる
Apple Watchからなら正太郎くん気分で盛り上がりそう。(2016/11/26)

読書中“寝落ち”できる「泊まれる本屋」、京都に12月オープン 地ビールも提供
「泊まれる本屋」の2号店「BOOK AND BED TOKYO 京都店」が12月にオープン。鴨川を臨む読書スペースや、京都産の地ビールを飲めるコーナーも設ける。(2016/11/25)

ファーウェイ、「MediaPad T2 Pro」に8型モデルを追加 LTEモデル(通話対応)とWi-Fiモデルを用意
ファーウェイの「HUAWEI MediaPad T2 Pro」に、8型モデルが追加される。すでに発売済みの7型モデル、10型モデルと合わせて3つの画面サイズから選べるようになる。(2016/11/25)

ファーウェイ、8型WUXGAを備えたAndroidタブレット「MediaPad T2 8 Pro」
華為技術日本は、同社製タブレット端末「HUAWEI MediaPad T2 Pro」シリーズのラインアップに8型WUXGA液晶搭載モデルを追加した。(2016/11/25)

ビズライト・テクノロジー BiZduino:
Wi-Fiモジュール「ESP-WROOM-02」とRTCを搭載したArduino互換ボード
ビズライト・テクノロジーはWi-Fiモジュール「ESP-WROOM-02」と、RTC「DS1388」を搭載したArduino互換ボード「Bizduino」を2016年12月末より販売開始する。(2016/11/25)

腕時計でロボットを操る! Apple Watchにも対応したロボット掃除機、ネイト「Botvac Connected」
ネイトロボティクスがWi-Fiを搭載したロボット掃除機「Botvac Connected」を発表。iPhoneやAndroidスマートフォンに加え、Apple WatchやAndroid Wear端末にも対応する。(2016/11/24)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(10):
IoT端末に最適? Apple Watch Series 2の心臓部「S2」に迫る
2016年9月に発売されたAppleの腕時計型ウェアラブル端末「Apple Watch Series 2」を取り上げる。中身の大転換が図られたiPhone 7同様、配線経路の大幅な見直しが行われた他、心臓部の「S2」でも新たな工夫が見受けられた。(2016/11/24)

「パートナーシップ」「店舗」「端末」「スマートコミコミ」で攻めるFREETEL
プラスワン・マーケティング(FREETEL)が直近で注力するのは「パートナーシップ」「店舗」「新製品」「スマホプラン」の4ジャンル。また特定アプリの通信量をカウントしない施策も広めていく考えだ。(2016/11/22)

製造業IoT:
サイバニクスとIoTで損害保険を革新、AIGジャパンとサイバーダインが提携
AIGジャパンとサイバーダインは損害保険分野での業務提携を締結した。AIGジャパンが展開する傷害保険をはじめとする損害保険と、サイバーダインのサイバニクス技術を基にしたロボットやバイタルセンサーなどを組み合わせて新たな保険商品の開発を進める。(2016/11/22)

頭脳放談:
第198回 IoT向け通信インフラの黒船「Sigfox」の脅威
京セラの子会社がIoT向け通信インフラ会社「Sigfox」と組んで日本でサービスを展開するという。年額100円という低料金にインパクトがある。Sigfoxはどのようなサービスなのだろうか。(2016/11/22)

半径300メートルのIT:
簡単に使えるApple Pay、セキュリティは大丈夫?
iPhoneをかざすだけで電車に乗ったり、買い物ができるようになる「Apple Pay」。あまりに登録が簡単なので、驚いた人も多いのではないでしょうか。今回は、「簡単すぎてセキュリティが心配になった」人のために、どんなリスクがあるのか調べてみました。(2016/11/22)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2016 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.