Windowsタブレット に関する記事 Windowsタブレット に関する質問

「Windowsタブレット」最新記事一覧

提督限定にあらず(条件付き):
Lenovo Miix 2.8を仕事で使っていますがなにか
とはいえ、すべては“ZAGG”なキーボードのおかげです。(2014/4/18)

NEC、教育市場にも向くWindows 8.1タブレットPC「VersaPro タイプVT」など2機種
NECは、教育/ビジネス向けとなる10.1型/12.5型タブレットPC「VersaPro タイプVT」「同 タイプVZ」を発売する。(2014/4/17)

コスパ抜群:
日本HP、WUXGA表示の10.1型ハイパフォーマンスWindowsタブレット「HP Omni10」
Bay Trail-T世代のWindows 8.1搭載タブレットが日本HPから登場。1200×1920ピクセル表示に対応した高精細な10.1型モデルだ。(2014/4/16)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1 Update」:
Office for iPadだけじゃない――iOSやAndroidでWindows系サービスを賢く使う方法
「Office for iPad」無償公開のニュースを知って、「MicrosoftもついにiPhoneやiPad向けアプリを出してきたか」と思った方は少なくないだろう。しかし、Microsoftは以前からWindows系サービスを便利に使うためのiOS/Androidアプリをいくつも提供している。今回はこうしたアプリを見ていこう。(2014/4/14)

PC USER 週間ベスト10:
Windowsがランキングを席巻(2014年4月7日〜4月13日)
Build 2014、Windows 8.1 Update、Windows XPサポート終了……。今回のアクセスランキングは、久しぶりにWindowsの記事が多数トップ10に入りました。(2014/4/14)

最新PC速攻レビュー:
Shuttleの「DS81」で知る「ベアボーンの組み立ては簡単だ!」
みんなー! コンパクトなベアボーンでも全然簡単だから、一緒に作ろー!(2014/4/11)

週間記事ランキング
“職場でMac”にWindows管理者が舌打ち
なじみのないMac OSに対処しなければならない状況に立たされるサポートデスク担当者が抑えておくべきポイントとは? 直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2014/4/11)

8.1 Updateで強化した「企業向け」の機能:
「Windows 8」、オフィスではなぜ避けられてしまうのか
「Windows 8アレルギー」はかなり解消できると思います──MicrosoftがPC向けOSのアップデート版「Windows 8.1 Update」を4月9日に公開する。中でも避けられがちな「企業層」へいかにうまく訴求できるか、更新のポイントをおさらいする。(2014/4/8)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1」:
OS無料化だけじゃない――Windowsタブレットが今後大きな勢力になる要因
米Microsoftの開発者会議「Build 2014」では、9型未満のタブレットとスマートフォンに搭載するWindowsの無料化や、スマートデバイスからPC、ゲーム機まで同じアプリケーションを横展開しやすくする「Universal Windows Apps」が発表された。そうしたMicrosoftの戦略以外にも、Windowsタブレットが今後シェア争いで大きな勢力になると考える理由がある。(2014/4/7)

Windowsはこれからどうなる? Build 2014の発表内容をおさらい
Microsoftが、米国で開発者向けイベント「Build 2014」を開催し、Windowsの今後を占う大きな発表が多数あった。その発表内容をまとめた。(2014/4/6)

例えば「艦これ」に……
徹底レビュー:実はゲームにも最適? Windowsタブレット「ThinkPad 8」の楽しみ方
「ThinkPad 8」は高品質なフルHDディスプレーを搭載したコンパクトで軽量なWindowsタブレットを探している人にはよい選択肢だろう。ビジネス用途に加えて、ゲームなどのパーソナルユースにも最適だ。(2014/4/4)

@ITメルマガ購読キャンペーン:
「艦これ」に最適! Windows 8タブレットをプレゼント
(2014/4/4)

モバイル端末向けWindowsの無料化──“追う立場”のMicrosoftが打ち出した方針転換の意味
モバイル端末向けにWindowsを無償で提供するとMicrosoftが発表。ゲイツ氏の「ソフトウェアは有料であるべき」との哲学に反するものだが、Androidが大成功を収めている現状では、これが現実的な対応とアナリストは指摘する。(ロイター)(2014/4/3)

小型Windowsタブレット市場がさらに盛り上がる?:
Microsoft、9型未満タブレットとスマホのWindowsを無料化
iOS/Androidに後れをとっているスマートフォンや小型タブレット市場での拡販を図るべく、Microsoftは9型未満タブレットとスマートフォンのWindowsを無料化する。(2014/4/3)

本田雅一のBuild 2014リポート:
「Windowsの無料化」でスマホとタブレットの挽回を狙うMicrosoft
米Microsoftは4月2日(現地時間)、米国で開発者向けカンファレンス「Build 2014」を開催。基調講演では「小型端末向けWindowsの無料化」や、PCユーザーの使い勝手を高めた「Windows 8.1 Update」、そして「その先のWindows」も紹介された。(2014/4/3)

Microsoft、低価格端末向けWindowsの無料化を発表
ディスプレイサイズが9インチ未満のWindowsタブレット、Windows Phone端末については、OEMメーカーはMicrosoftにライセンス料を支払わずに済むようになる。(2014/4/3)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1」:
今後のMicrosoftに期待すること――「Build 2014」間もなく開催
Microsoftの開発者カンファレンス「Build 2014」が、4月2日(現地時間)より米カリフォルニア州サンフランシスコでスタートする。これまでの予想に加え、いくつか新発表に関する情報が集まってきたのでまとめてみたい。(2014/4/2)

公式ツイッターアカウントが投稿し直す:
4月2日のSurface新情報は「周辺機器」
日本のSurface公式ツイッターアカウントは、4月2日午後に発表するというSurfaceの新情報について、「周辺機器」と限定する投稿を行った。(2014/4/1)

公式ツイッターアカウントが“新情報”を予告:
4月2日に「Surface」新モデル発表か?
Windowsタブレット「Surface」の国内公式ツイッターアカウントは、「Surfaceに関する新しい情報」を4月2日午後に公開することを明らかにした。(2014/3/31)

8インチWindowsタブレット購入術:
どれがいいの? 8インチWindowsタブレット
手ごろな価格で既存のWindows資産を活用できる8インチWindowsタブレットPC。新入生・新社会人の手軽なファーストPCとして、持ち運び用のセカンドPCとして使うための8インチWindowsタブレットの選び方を解説する。(2014/3/31)

連載:業開中心会議議事録:
どうなる、SIと業務系アプリ? 最新&未来テクノロジーからの考察 ―第5回 業開中心会議
これまでの業開中心会議では「いわゆる」業務アプリの開発に関わるさまざまな技術をテーマとしてきた。果たして、それだけが業務アプリなのだろうか? 今回の会議では業務アプリの未来とチャレンジをテーマに議論が行われた。(2014/3/26)

Windows TIPS:
Windowsタブレットで画面キャプチャを取る
画面をキャプチャしたい場合、物理的なキーボードを持つPCシステムなら、[Print Screen]キーを押せばよいが、キーボードの無いWindowsタブレットだと[Print Screen]キーは使えない。Windowsタブレットで画面をキャプチャするには?(2014/3/26)

「Windowsタブレット向けアプリ開発」先駆けインタビュー:
累計100万DLの人気ゲームに見るUnity 4.3のWindowsストア対応の実際
累計100万ダウンロードの人気ゲーム「サムライディフェンダー」について、iOS/Androidからの移植対応や独自機能実装などを担当者に聞いた。(2014/3/26)

「Surface Pro 2」256Gバイトモデルの受注再開
マイクロソフトは、受注を停止していた「Surface Pro 2」の一般向け256Gバイトモデルについて、販売店からの受注を再開した。(2014/3/24)

PC販売ランキング(2014年3月3日〜3月9日):
ノート・デスクトップともに売れ筋はNEC いずれも2機種が順位を上げる(2014年3月第1週版)
今回は3月第1週の集計。ノートPCは新モデルが続々とランクインし、NEC製品は2機種が順位を上げた。(2014/3/24)

ユニットコム、アニメ「のうりん」イラスト入りノートPCを発売――タブレットモデルも用意
ユニットコムは、イラスト天板入りPC「ビジュアライズノート」にラインアップに、アニメ「のうりん」モデルを追加。10.1型Windowsタブレットモデルも取り揃えた。(2014/3/20)

Microsoft、「Surface 2」のLTE版を679ドルで発売
これまでWi-FiモデルしかなかったMicrosoftのタブレット「Surface」シリーズで初のLTE版が登場した。米AT&TのLTEを利用する。(2014/3/18)

PC USER 週間ベスト10:
依然高い人気の「VAIO Pro」(2014年3月10日〜3月16日)
今回のアクセスランキングは、モバイルノートやタブレット、新型SSDのレビュー、11acルータやNASの購入ガイド、ビットコインの解説など、幅広い記事が並びました。(2014/3/17)

PC販売ランキング(2014年2月24日〜2月30日):
ノートPCの売れ筋は富士通製 新モデル「FMV LIFEBOOK AH42/M」は5位に浮上(2014年2月第4週版)
今回は2月第4週の集計。ノートPCは富士通製品が売れ筋で、3機種が順位を上げた。(2014/3/17)

PC販売ランキング(2014年2月17日〜2月23日):
ノートPCの売れ筋は富士通「FMV LIFEBOOK」 首位は15.6型モデル(2014年2月第3週版)
今回は2月第3週の集計。ノートPCは富士通製品が売れ筋で、15.6型A4ノート「FMV LIFEBOOK AH53/M」が首位を維持した。(2014/3/10)

最強クラスのモバイルCADワークステーションへ:
パナソニック、「4Kタブレット」に高性能GPU搭載の強化モデル──“7”搭載モデルも追加
パナソニックの4Kタブレット「TOUGUPAD 4K」に、CAD/CAM、3Dグラフィックス制作など高度な業務への導入に向けた高性能モデルが追加される。CADソフトウェアユーザーのニーズに応じ、Windows 7インストールモデルも用意する。(2014/3/13)

2013年のタブレット出荷数は前年比67.2%増の大幅プラス IDC調査
2013年の国内タブレット出荷数は前年比67.2%増の743万台となった。(2014/3/12)

2013年のタブレット出荷数は前年比67.2%増の743万台に――IDC調査
IDC Japanの調べによると、国内タブレット端末市場は2013年第4四半期(10〜12月)および通年で2桁台の急成長を記録した。(2014/3/11)

PC USER 週間ベスト10:
増税&新生活に備えて何を買う?(2014年3月3日〜3月9日)
今回のアクセスランキングは、MacBook Airと一緒に使いたい周辺機器、デルのタブレットと低価格4Kディスプレイ、アキバの人気モデル特価情報などがトップ10入り。(2014/3/10)

注目タブレット速攻レビュー:
「Venue 11 Pro」――Core i5搭載でSurface Pro 2より安いWindowsタブレットを試す(ベンチマークテスト編)
デルの「Venue 11 Pro」は、幅広いCPUやオプションが選択でき、ビジネスからホームユースまで対応できる10.8型Windows 8.1タブレットだ。今回はCore i5搭載モデルの性能をチェックする。(2014/3/7)

教育ITニュースフラッシュ
教育機関のタブレット活用、100万台を超えるのは何年後?
IDC Japanが発表した教育機関のタブレット活用に関する調査結果から、小学校のWindows8/8.1タブレット活用授業を支援する新製品まで、注目の教育IT関連ニュースをお届けします。(2014/3/7)

「男性以外にも8タブのよさを知ってほしい」:
マイクロソフトとH.I.S.、8型タブレット販促で協業──「旅」テーマに女性層へ訴求
日本マイクロソフトとH.I.S.が「8型Windowsタブレット」の販促を共同で展開。H.I.S.が強い「女子旅」カテゴリを軸に、ハイリテラシー男性“以外”にも8型Windowsタブレット=「“旅”レット」を──と訴求する。(2014/3/6)

調査リポート:
2013年の世界タブレット市場、Appleはシェアを落とすも依然として圧倒的首位──Gartner調べ
米Gartnerによると、OS別世界タブレット販売ランキングでAndroidが初めてiOSから首位を奪ったが、メーカー別では猛追する2位Samsungに16.9ポイントの差を付けての首位を守った。(2014/3/4)

PC USER 週間ベスト10:
PCディスプレイにも“4K化”の兆し(2014年2月24日〜3月2日)
今回のアクセスランキングは、求めやすい価格で登場したPC向け23.8型“4K”液晶、アキバのPCパーツ最新情報、VAIO、Aterm、ThinkPadの注目モデルがトップ10に入りました。(2014/3/3)

PC販売ランキング(2014年2月10日〜2月16日):
デスクトップPC、21.5型クラスの液晶一体型が人気──首位はNECの2014年春モデル(2014年2月第2週版)
今回は2月第2週の集計。デスクトップPCはNEC製品が売れ筋で、21.5型モデルが首位となった。(2014/3/3)

店舗用タブレットで下着選び:
ピーチ・ジョン、新業態店舗「YUMMY MART」でマイクロソフトのSurface Pro 2を導入
日本マイクロソフトは2月27日、日本の女性向け下着通信販売を手掛けるピーチ・ジョンにマイクロソフト製タブレット「Surface Pro 2」を導入したことを発表した。(2014/2/28)

週間記事ランキング
安いは正義 3万円台Office付きWindowsタブレットの気になる性能
Microsoft Officeが使えて3万円台という話題のDell製品を徹底レビュー。直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2014/2/28)

導入事例:
ピーチ・ジョンがSurface導入、新業態でお披露目
28日にオープンする新業態店舗「YUMMY MART」の接客端末として運用される。(2014/2/27)

VAIO Fit 11Aをもっと知りたい(性能検証編):
「VAIO Fit 11A」の直販ハイエンド構成と店頭モデルを徹底比較する
ソニーが放つPC春モデルの目玉機種「VAIO Fit 11A」は、CPUに珍しい“Bay Trail-M”を採用する。その性能を確かめるため、直販モデルと店頭モデルをじっくりテストした。(2014/2/26)

ノートPCの進化は“コンバーチブル”へ:
PR:ただのUltrabookはもういらない!?――“4つのスタイル”で差がつく「FMV LIFEBOOK TH90/P(WT1/P)」
見た目はスタイリッシュなUltrabookそのものだが、タブレットをはじめ、4つのスタイルに変形できる機構もスマートに搭載。“新世代”の魅力が詰まったコンバーチブルタイプのUltrabookは、PCの買い替えや新規購入で積極的に検討すべき製品だろう。(2014/2/26)

LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:
第20回 複数のMicrosoftアカウントを応用──仕事/プライベート環境を切り分けてみる
軽量+超高解像度なLaVie Zは1台でメインマシンとして活躍できる実力を持っているが、オフィスではもっと高性能なマシンも併用したい人も多いだろう。今回は複数台のマシンを使い分けるシーンを想定し、Microsoftアカウントを応用する使い方を考察する。(2014/2/25)

Windows Phone 8ベースのOS+音声通話も対応:
特定領域の特化で差別化、パナソニックのビジネス“タフ”タブレット戦略
パナソニックがビジネス導入をより工夫した堅牢5型タブレット「TOUGHPAD」新モデルを発表。現場や営業先で立ちながら業務を進行するためのWindowsタブレットとして、通話も可能、頑丈強固で、寒冷/荒天環境でもOK、。ワークスタイルをより広げ、もちろんそれを妨げない工夫を取り入れて展開する。(2014/2/25)

PC販売ランキング(2014年2月3日〜2月9日):
第4世代Core採用MacBook Pro、MacBook Airがランクイン(2014年2月第1週版)
今回は2月第1週の集計。ノートPCは、Apple製品2モデルがランクインしていることに注目だ。(2014/2/24)

「いつでも、どこでも、どんなデバイスからでも」がより身近に:
PR:多様化するワークスタイルは“クラウド版のRDS”が強力に支援
Server-based Computing(SBC)の時代に登場したターミナルサービスの最終進化形が、Windows Server 2008 R2以降に搭載されている「リモートデスクトップサービス」(RDS)。このRDSをWindows AzureのIaaSに載せたのが「RDS on Azure」だ。クラウドサービスなので運用管理は容易で、ネットワークの能力と機能も強力。iOSやAndroid端末でも業務アプリケーションを利用できる。(2014/2/24)

LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:
第19回 LaVie Zは“初期作業”も軽快──OneDrive連携「手間なし環境引っ越し」を試す
ウルトラ軽量ノート「LaVie Z」は、最新OSの搭載によりクラウドサービスとの連携がしやすく、メインマシンとして当然、サブマシンとしての使い勝手もとてもよい。今回はことさらLaVie Zだから軽快というわけではないが、Windows 8.1ならではの新PCへの環境引っ越しを実践しよう。(2014/2/21)

ドリキンが斬る!(7):
初物買いするならどっち? ドリキン流iPadの選び方
2013年末にアップルから発表されたMacBook Pro RetinaとiPadの新ラインナップ。前回ご紹介したMacBook Proの選び方に続き、今回はiPad編をお届けします。同時に、タブレット端末の今後のあり方についても触れてみます。(2014/2/21)

週間記事ランキング
ノートPC選びでプロフェッショナルが気にしている6つの基本技術
PC選びを簡単にする6つの基本スペックの知識とは。直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2014/2/21)

デル渾身の8インチタブレットをベンチマーク
徹底レビュー: Officeも付いて3万円台、格安Windows 8.1タブレット「Dell Venue 8 Pro」の性能は?
Microsoft Officeが使えて300ドル台で買える。そんな手頃な価格設定で話題をさらったWindows 8.1タブレット「Dell Venue 8 Pro」だが、肝心なパフォーマンスはどうか? 徹底検証する。(2014/2/21)

導入事例:
ふくおかフィナンシャルグループ、Windowsタブレット2000台と仮想デスクトップ基盤を導入
ふくおかフィナンシャルグループは、渉外活動用端末としてWindowsタブレット2000台を導入し、タブレットから行内システムを使うための仮想デスクトップ基盤も構築する。(2014/2/20)

富士通、世界初の静脈認証センサー搭載タブレット端末を「ふくおかフィナンシャルグループ」が導入
富士通は、ふくおかフィナンシャルグループの渉外活動用端末として、不正使用を防止できる静脈認証センサーを搭載したタブレット端末を提供する。(2014/2/20)

IT用語解説系マンガ:食べ超(43):
堅牢なパスワードの構築は市民の義務です
大文字、小文字、記号を使用して、8文字以上のパスワードを生成してください。なお、パスワードは30日ごとに変更し、同じパスワードの再利用は一切、認めません。(2014/2/19)

注目PC速攻レビュー:
「XPS 11」――カーボンボディと超高精細ディスプレイが魅力の11.6型“2in1”Ultrabookを徹底検証
携帯性に優れた11型クラスで、ノートPCとしてもタブレットとしても扱える2in1デバイスを探しているならば、デルの「XPS 11」は見逃せない新機種といえる。その実力をじっくりチェックした。(2014/2/19)

Windows Azure、Windowsタブレットによる実証研究も実施
生まれる前からライフログ管理――タブレット活用の電子母子健康手帳が医療を変える
妊婦・新生児の死亡率が最も低いといわれる日本。要因の1つに保護者や医療機関、行政などで情報を共有できる「母子健康手帳」の存在がある。母子健康手帳を電子化し、タブレットで活用する取り組みが始まっている。(2014/2/18)

小寺信良「ケータイの力学」:
教育のIT化を再考する(2)
教育現場の電子化には、どんなアプリを使うかも重要になってくる。ノートを“IT化”するのにぴったりな手書き対応のアプリを紹介しながら、具体的な利用シーンを検証してみよう。(2014/2/17)

一歩踏み込んだWindowsタブレットの使いこなしテク:
Windowsタブレット虎の穴
手ごろな価格で既存のWindows資産を活用できるWindows 8/8.1搭載タブレットPCが増えてきた。その使いこなし方や設定のコツ、注意点を解説する新コーナーがスタート! まずは8インチWindowsタブレットの利点/欠点をまとめてみた。(2014/2/17)

筋金入りの読者はAmazonとKoboからの書籍購入を好む
Good e-Readerの調査によると、AmazonとKoboは筋金入りの読者が選択するオンライン書店として基本的に互角のようだ。(2014/2/17)

PC USER 週間ベスト10:
自作派でなくても注目したいSSDとNUCの新モデル(2014年2月10日〜2月16日)
今回のアクセスランキングは、ソニーのPC事業譲渡、東芝製NANDフラッシュ搭載の新型SSD、2.5インチベイ付きNUCの新モデル、NASの導入支援といった記事が上位でした。(2014/2/17)

PC販売ランキング(2013年1月27日〜2月2日):
デスクトップPCの売れ筋は「VALUESTAR N」、値下がった2013年秋冬モデルが人気(2014年1月第5週版)
今回は1月第5週の集計。デスクトップPCは、NEC「VALUESTAR N」シリーズが売れ筋となっている。(2014/2/17)

理想の仮想デスクトップ環境を求めて……
iPad、Androidと比較してWindows 8タブレットを選んだわけ
「自分のPCを仮想化する」と意気込む筆者。外出先から仮想デスクトップにアクセスする端末を検討した結果、Windows 8タブレットにたどり着いた。iOSやAndroidではなく、なぜWindows 8を選んだのか。その理由とは。(2014/2/14)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1」:
2014年のPC業界はどこへどのように進むのか
2014年のPC業界はどこへどのように進むのか。International CESで示された発表内容や展示をもとに、そのトレンドを俯瞰(ふかん)してみよう。(2014/2/13)

2014年PC春モデル:
スタンダードモデルもフルHD+11ac化を推進、8型タブから23型AIOまで――東芝「dynabook」新モデル
東芝dynabookシリーズの2014年春モデルが登場。XP乗り換え+消費増税対策を含む新生活導入を想定した8シリーズ全24モデルの新機種に加え、8型タブレット、高精細液晶搭載モバイルなどを用意する。(2014/2/12)

迷ったら全部入りで正解か:
PR:タブレットもノートもデスクトップも欲しい――ならば1台3役の「ARROWS Tab QH77/M(WQ2/M)」でどうだ!?
新生活に向けて、自分だけのメインマシンが必要。とはいえ、毎日持ち歩くのにタブレットかモバイルノートPCかで迷うし、家で使うのにデスクトップPCも捨てがたい……。もちろん全部一度に買うのは無理だが、1台3役の製品があるとしたら、どうだろうか?(2014/2/12)

PC USER 週間ベスト10:
「VAIO」の今後に期待(2014年2月3日〜2月9日)
今回のアクセスランキングは、ソニーのPC事業売却、進化した新型NUC、注目タブレットやノートPCのレビュー、SOHO/中小企業に向けたタブレットの選び方がトップ10入り。(2014/2/10)

PC販売ランキング(2013年1月20日〜1月26日):
事業譲渡で注目のソニー「VAIO」、デスクトップで9位に浮上(2014年1月第4週版)
今回は1月第4週の集計。ノートPCは、東芝「dynabook」の15.6型タッチレスモデルが首位を獲得した。(2014/2/10)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
ソニーから分離で「VAIO」の魂は失われてしまうのか
斬新なPCを数多く輩出してきたソニーのVAIO事業が、日本産業パートナーズに譲渡される。なぜ、こうした事態になったのか、そしてVAIOブランドのPCは今後どうなるのか?(2014/2/7)

Windows TIPS:
Windowsタブレットでスリープから復帰後のパスワード入力を省略する
Windows 8.1タブレットでは通常、スリープ解除(レジューム)後に使い始めるにはパスワードを入力して認証する必要がある。これだとレジュームから素早く復帰することが難しい。他人に端末を操作されるといったセキュリティ上の危険がない環境なら、パスワード入力を省略して使いやすくすることも可能だ。(2014/2/7)

最新タブレット速攻レビュー:
「Mebius Pad」──超高解像度+防水+LTE内蔵、高機能な10型Bay-Trailタブレット(ベンチマークテスト編)
以前掲載した試作機の使用感レビューに続き、製品版評価機でベンチマークテストを実施する。(2014/2/6)

SOHO/中小企業に効く「タブレット」の選び方(第4回):
仕事に即戦力なタブレットを選んでみた――iPad以外も実力派モデルが続々
これまでは各OSごとにタブレットの特徴や、目的ごとの向き不向きを紹介してきた。今回は仕事向けのタブレットをOS別にピックアップしていこう。(2014/2/6)

Windowsタブレット「Endeavor TN10E」で実践:
PR:業務に「プラス」する、オフィスシーンのタブレット&ビジネスPC活用指南
業務へのタブレット導入ニーズに加え、Windows XPサポート終了と消費増税という重要な課題も考慮したい2014年度導入のオフィスPC。エプソンダイレクトのビジネスタブレット「Endeavor TN10E」はそんなオフィスと社員のワークスタイルにどんな変化をもたらすか。タブレットとメインPCを効果的に併用する事例と活用のコツを紹介しよう。(2014/2/6)

最新タブレット速攻レビュー:
「ThinkPad 8」──「とにかくハイスペック」が魅力、1920×1200液晶搭載8型Windowsタブレット(ベンチマークテスト編)
今回は、前回実施した使用感レビューに続きベンチマークテストの結果も含めた追記版をお届けする。(2014/2/5)

注目タブレット速攻レビュー:
「Venue 11 Pro」――Core i5搭載でSurface Pro 2より安いWindowsタブレットを試す
AtomからCore i5まで幅広い選択肢を誇るデルの10.8型Windowsタブレット「Venue 11 Pro」。今回はCore i5搭載のハイスペックモデルを試用してみた。(2014/2/5)

利用データに基づき、教材を改革:
「紙より夢中になれる学習体験を」――進研ゼミでタブレット学習を本格導入
ベネッセがタブレットを使った通信教育を本格的に始める。小学校から高校までの9学年の「進研ゼミ」で4月からタブレットを配布する。デジタルデバイスを使い、子どもの学習体験を抜本的に見直すことが狙いだ。(2014/2/5)

2014年PC春モデル:
写真で知る「LIFEBOOK TH」と「GRANNOTE」のこだわり
懐かしいスイベル型ヒンジを最新世代で復活させた「LIFEBOOK TH90/P」、60歳以上を中心とした“大人世代”を狙い打ちする「GRANNOTE」――2つのFMV最新モデルがこだわったポイントとは?(2014/2/4)

アーツテック、Windows XPに関する動向調査アンケートを実施――抽選で1名にWindowsタブレットをプレゼント
アーツテックは、サポート終了を間近に控えたWindows XPに関する動向調査を開始した。(2014/2/4)

デジタイザ搭載8型Windowsタブレット「VivoTab Note 8」、3万9800円からの低価格版も
販売店オリジナルモデルとして展開されるASUSのWindows 8.1タブレット「VivoTab Note 8」に、上新電機販売モデル、Amazon.co.jp販売モデルも加わる。上新電機販売モデルは32Gバイトストレージ仕様で3万9800円から、Amazon.co.jp販売モデルはProエディションやケース付きの構成より選べる。(2014/2/3)

PC USER 週間ベスト10:
VAIOとThinkPadの新モデル登場、ランキングを制したのは?(2014年1月27日〜2月2日)
今回のアクセスランキングは、VAIOとThinkPadの春モデル、Mac生誕30周年、自作PCパーツの注目製品、SOHO/中小企業向けのタブレット選び、といった記事が上位でした。(2014/2/3)

PC販売ランキング(2013年1月13日〜1月19日):
首位は富士通「ESPRIMO FH」のエントリーモデル(2014年1月第3週版)
今回は1月第3週の集計。デスクトップPCは、富士通「ESPRIMO FH」の21.5型エントリーモデルが首位に浮上した。(2014/2/3)

SOHO/中小企業に効く「タブレット」の選び方(第3回):
仕事がはかどるタブレットは、iOS、Android、Windowsのどれか?
iOS、Android、そしてWindowsという3つのプラットフォームから、業務に使うタブレットをどのように選べばいいのか? プレゼンや文書作成などの利用目的ごとに、それぞれの向き不向きを探っていこう。(2014/1/31)

クラウド名刺管理「Sansan」とWindows8タブレットの組み合わせを力に
名刺情報を“宝の山”に? 徳島県のWindows 8タブレット活用術
営業を強くするクラウド名刺管理「Sansan」により、人脈情報の共有化/可視化を実現した徳島県。その取り組みを支えるのが、堅牢性と耐久性に優れ、長時間稼働が可能なWindows 8タブレットだ。(2014/1/27)

Windows 8.1クロスロード:
第8回 単一アプリの実行だけを許可するキオスクモード
「割り当てられたアクセス」とは、Windows 8.1をキオスク端末モードにするための新機能だ。このモードに設定しておくと、電源オンで特定のWindowsストアアプリだけを実行する専用端末にできる。(2014/1/30)

日本HP、法人向けWindows 8タブレット「HP ElitePad 900」用のPOS端末向けドッキングステーションを発売
日本ヒューレット・パッカードは、同社製Windows 8タブレット「HP ElitePad 900」の装着可能なドッキングステーション「HP ElitePad リテールドック」を発表。既存のPOS周辺機器との接続が可能になる。(2014/1/30)

最新タブレット速攻レビュー:
「ThinkPad 8」──「とにかくハイスペック」が魅力、1920×1200液晶搭載8型Windowsタブレット
人気のBay Trail-T世代CPU+Windows 8.1+8型クラスのタブレットに、レノボ・ジャパンからもう1つ物欲が沸くモデルが登場。ThinkPadブランドを冠した「ThinkPad 8」はどこが優れているか、まずは簡易レビューを実施する。(2014/1/29)

最新PC速攻レビュー:
「VAIO Fit 11A」――11.6型“2in1”新モデルを徹底検証 Bay Trail-Mの実力は?
ノートPCの使い勝手を維持しつつ、3つのスタイルチェンジで幅広いシーンに対応できる「VAIO Fit A」シリーズに、よりモバイル向けの11.6型モデル「VAIO Fit 11A」が新登場。手頃なサイズ、新世代CPU、求めやすい価格に注目だ。(2014/1/29)

Computer Weekly製品導入ガイド
「いつでも、どこでも、どんな端末でも」──変化を迫られるITサービス
エンタープライズコンピューティングは変動期にある。重点は自動化やユーザー端末への対応へとシフトしている。(2014/1/29)

変化できるから生き残る:
ビジネスシーンに強いThinkPadシリーズが「変わらずに、変わる」理由
2014年度導入を見込むThinkPadシリーズの新モデル3種が発表された。ハイパフォーマンスな8型タブやYogaボディの“新ワークスタイル対応デバイス”に加え、“キーボード命”なクラムシェルノートPCスタイルのX1 Carbonはなぜ大きく変わった「新キーボード」を採用したのか。(2014/1/28)

“手のひらサイズのThinkPad”も──「進化に真剣に取り組んだ」新ThinkPad 3機種
レノボ・ジャパンは、8インチWindowsタブレット「ThinkPad 8」を含むThinkPadの新製品3機種を発表した。(2014/1/28)

導入事例:
エステティックTBC、全店舗にWindows 8タブレットを導入
エステティックTBCは顧客サービスの向上を目指し、約200の国内全店舗にHP製Windows 8タブレットを導入する。(2014/1/28)

2014年PC&タブレット春モデル:
高解像度な注目モデル続々、ハイスペック8型タブ“ThinkPad 8”、第2世代“X1 Carbon”など──レノボ「ThinkPad」新モデル
レノボ・ジャパンがビジネス向けモデル「ThinkPad」シリーズの新モデルを発表。1920×1200解像度の8型タブレット「ThinkPad 8」、2540×1440解像度の14型プレミアムノート「ThinkPad X1 Carbon」、360度回転ヒンジの「ThinkPad Yoga」の3シリーズを投入する。(2014/1/28)

2014年タブレット春モデル:
1920×1200解像度が光る、Thinkブランドのハイスペック8型Windowsタブレット──「ThinkPad 8」
人気のMiix 2 8に続き、Thinkブランドの8型Windows 8.1タブレットも登場。「ThinkPad 8」は、430グラムの軽量ボディに1920×1200ドットの高精細ディスプレイを採用し、「より高性能」を望むこだわり層/ビジネス層に訴求する。(2014/1/28)

2014年PC春モデル:
寝かせてタッチ/ペン操作、テーブルPC&分離タブレットが進化 LTE内蔵モデルも──「VAIO Tap 11/21」
11.6型のキーボード+ペン付きタブレット、そして21.5型の新スタイルAIO、大小2つの「VAIO Tap」シリーズはユーザーの活用シーンを広げるシリーズならではの特徴はそのままに、基本性能や付属ソフトウェアを進化させた。タブレットスタイルのVAIO Tap 11は、新たにLTE内蔵モデルも用意する。(2014/1/28)

2014年PC春モデル:
11.6型の新“2in1”、11ac/LTE拡充、ペン対応アプリも進化――ソニー「VAIO」春モデル
ソニーは「VAIO」の2014年春モデルを2月22日より順次発売する。目玉は、CESで公開された11型クラスの新2in1デバイス「VAIO Fit 11A」だ。11acの高速無線LANやLTEに対応するモデルを増やしつつ、カメラやペンを生かすアプリの強化も行った。(2014/1/28)

ソニー、「DSC-QX100」「DSC-QX10」をタブレットや大画面スマホに取りつけるアタッチメント
ソニーが“レンズスタイルカメラ”こと「DSC-QX100」「DSC-QX10」をタブレット端末や大画面スマートフォンなどで利用するためのアタッチメント「SPA-TA1」を発売する。(2014/1/28)

PC USER 週間ベスト10:
Mac生誕30周年を祝う(2014年1月20日〜1月26日)
今回のアクセスランキングでは、PC周辺機器のコストカット事情、Mac 30周年、SOHO/中小企業向けのタブレット選び、新型APUの反響、そしてノートPCからHMDまで注目製品のレビューがトップ10をにぎわせました。(2014/1/27)

PC販売ランキング(2013年1月6日〜1月12日):
2012年発売モデルが依然人気──「Mac mini」が10位に浮上(2014年1月第2週版)
今回は1月第2週の集計。デスクトップPCは、AppleのデュアルコアCore i5搭載「Mac mini」が10位に浮上した。(2014/1/27)

電子版「母子手帳」標準化へ、MSとインテルが協力 WindowsタブレットやAzure活用
インテルとマイクロソフトは、母子手帳電子版の標準化に協力。AtomベースのWindowsタブレットを活用した実証研究などに取り組む。(2014/1/24)



オープンソースのSSL/TLS実装である「OpenSSL」に深刻な脆弱性が見つかった。エンドユーザーが解決できる問題ではないが、利用しているサービスの対応状況の確認や対応後のパスワードの変更など、慎重な姿勢が求められる。便乗するスパムメールにも注意が必要だ。

通信キャリアのMVNOとして月額1000円を切る格安SIMを提供するサービスが増加している。これまで日本ではほとんど存在感がなかったSIMフリーの端末にも、この動きに合わせて注目が高まっている。

ソフトバンク傘下で6月に合併予定のイー・アクセス、ウィルコムを、同じタイミングでヤフーが買収することとなった。これまでのサービスを引き継ぎつつ、Android端末を中心に展開し、自社のサービスとの連携を図っていくようで、「インターネットキャリア」を標榜している。

All material on this site Copyright © 2005 - 2013 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.