メディア

IHSアナリスト「未来展望」

「IHSアナリスト「未来展望」」の連載記事一覧です。

IHSアナリスト「未来展望」(10):

IHS Markit Technologyのアナリスト5人がエレクトロニクス業界の未来を語り合う座談会編。第3回は、今、注目の技術について語ってもらう。

【竹本達哉 , EE Times Japan】()
IHSアナリスト「未来展望」(9):

IHS Markit Technologyのアナリスト5人が2018年の半導体市況と半導体のアプリケーション市場の展望を語る。

【竹本達哉 , EE Times Japan】()
IHSアナリスト「未来展望」(8):

毎回、調査会社IHS Markit Technologyのアナリストがエレクトロニクス産業の未来を予測する本連載。今回から数回にわたり、アナリスト5人による2018年を予測する座談会の模様を紹介する。まずは、2018年を占うために、2017年を振り返ってもらった。

【竹本達哉 , EE Times Japan】()
IHSアナリスト「未来展望」(7):

ADAS(先進運転支援システム)や自動運転といったトレンドにより、自動車に搭載される半導体は増加の一途をたどるばかりだ。これは同時に、新規プレイヤーの参入や、自動車産業の構造の変化などをもたらしている。自動車業界での競争は今、どう変わりつつあるのか。

【杉山和弘(IHS Markit Technology) , EE Times Japan】()
IHSアナリスト「未来展望」(6):

自動運転車の実現は、自動車分野だけでなく、輸送分野の構造までも大きく変える可能性がある。ソフトウェアの重要性がより高まり、ビジネスモデルも、スマートフォン業界のそれに近づいていくと予想される。

【棚町悟郎(IHS Markit Technology) , EE Times Japan】()
IHSアナリスト「未来展望」(5):

今回は、センサー、特にカメラ、イメージング市場の展望を取り上げる。カメラ市場は、デジタルスチルカメラなどを押しのけ、スマートフォン中心の市場となった。しかし、そのスマートフォンも成長が鈍化しており、成長の期待は車載カメラと産業用カメラへと移っていくだろう。

【李根秀(IHS Markit Technology) , EE Times Japan】()
IHSアナリスト「未来展望」(4):

IoT(モノのインターネット)社会の本格拡大に不可欠な第5世代移動通信(5G)技術。現在、規格策定が進められている状況だが、5Gとは一体どのようなものなのか、そして5Gの登場は半導体やデバイスにどういった影響を与えるのだろうか。

【大庭光恵(IHS Markit Technology) , EE Times Japan】()
IHSアナリスト「未来展望」(3):

いずれ液晶の地位を奪うと目される有機EL。だが、そうやすやすと世代交代できるだろうか。IHS Markit Technologyのアナリストが、2017年以降の中小型ディスプレイ市場動向について見解を述べる。

【早瀬 宏(IHS Markit Technology) , EE Times Japan】()
IHSアナリスト「未来展望」(2):

米国の原子力子会社の巨額損失により債務超過に陥るなど経営危機を迎えている東芝。経営危機に陥った理由を分析していくと、東芝固有の問題だけではなく、他の日系電機メーカーにも起こり得る共通の課題が見えてくるのだった。

【大山聡(IHS Markit Technology) , EE Times Japan】()
IHSアナリスト「未来展望」(1):

変化の激しいエレクトロニクス産業の未来をIHS Markit Technologyのアナリストが予測する。連載第1回は、これからのエレクトロニクス産業を動かしていくであろう“3大潮流”を解説する。

【南川明(IHS Markit Technology) , EE Times Japan】()

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.