[特別企画]我が社の技術/製品戦略 2014

 エレクトロニクス業界は大きな変革期を迎えている。
 2008年のリーマンショック以降、デジタル家電に代わってエレクトロニクス業界を引っ張ってきたスマートフォンも、先進国では成熟期に入りつつあり、次なる業界の成長に向けて“新たな何か”が求められている。
 エレクトロニクス業界、強いては世界の新しいけん引役候補は、たくさんある。ウェアラブル端末、IoT(Internet of Things)、スマートソサエティ、スマートモビリティなどだ。
 次なる成長に向け、新しい技術/製品開発が活発化する中、主要な電子デバイス/計測ベンダーのキーマンに、新たな時代を切り開く技術/製品開発戦略についてインタビューした。

スパンション (Embedded Innovations Special)

日本法人社長 後藤信氏:

スパンションは、富士通/富士通セミコンダクターからマイコン・アナログ事業を買収して丸1年を迎えた。“日本メーカーの良さ”を最大限に残した製品開発、サポート体制を活かしながら、メモリ事業と同様、マイコン/アナログ製品をグローバルに展開する。日本市場についても「最重要市場と位置付け、ビジネス強化を行う」という日本での事業を統括するスパンション日本法人社長の後藤信氏に、マイコン・アナログ事業を中心にしたスパンションの技術/製品戦略などを聞いた。

トレックス・セミコンダクター

技術理事 第一ビジネスユニット長 木村岳史氏:

トレックス・セミコンダクターは、世界でも数少ない“電源ICの専門メーカー”だ。モバイル分野で実績ある高効率、低ノイズ、小型を兼ね備え、機能とコストのバランスに優れた価格競争力ある製品展開を大電流/高電圧分野へと拡大。トレックスは、ビジネス領域をウェアラブル機器から車載機器、産業機器までに広げつつある。

日本サイプレス

応用技術部長 全英守氏:

サイプレスは、メモリ、USBコントローラといった規格対応が前提の汎用製品を扱うが、規格への準拠だけにとどまらず、ユニークな技術/機能を盛り込んだ“サイプレスらしい”特色ある製品展開を行っている。さらに多くのマイコンやASICを置き換える可能性を持つ独自デバイス「プログラマブルSoC(PSoC)」のビジネス規模も順調に拡大。さまざまな用途分野で存在感を強めつつある。

テレダイン・レクロイ・ジャパン

ビジネスデベロップメントマネージャ 辻嘉樹氏:

テレダイン・レクロイは、業界リードする高性能オシロスコープの提供を続けている。ミドルエンド製品も含め12ビットという高分解能製品をラインアップするとともに、将来の周波数帯域100GHzクラスオシロを目指して、InP(インジウムリン)系デバイスの研究開発も手掛けているという。常に新しいハイスペックオシロ開発を進める。

日本電波工業

日本電波工業 取締役 技術統括本部長 山本泰司氏:

水晶振動子/発振器メーカーとして名高い日本電波工業は、製品展開の幅を大きく広げつつある。独自の加工、パッケージ技術を駆使した超小型水晶デバイスをはじめ、水晶を利用した各種センサーや、水晶に代わる高周波発振デバイスの開発、製品化に取り組む。

東京コスモス電機

東京コスモス電機 ワイヤレス事業部 ゼネラルマネージャー 齋藤弘通氏:

東京コスモス電機は、IoT(Internet of Things)市場を狙ったワイヤレス事業を拡大させている。さまざまなベンダーが無線モジュールなどの製品をIoT市場に向けて投入する中、「当社のワイヤレスプラットフォームは、“超低消費電力、小型で電波がよく飛ぶ無線”であり、最もIoTに適した無線」と言い切る。

インターナショナル・レクティファイアー

インターナショナル・レクティファイアー 副社長 Henning Hauenstein氏:

インターナショナル・レクティファイアー(IR)は、創業以来、「エネルギー効率の向上」に向けた独自技術を多く盛り込んだパワーデバイスの提供を続けてきた。2008年からは、車載製品事業部を立ち上げ、IRの独自パワーデバイス展開を自動車市場へも広げてきた。過去4年間で売り上げ規模が4倍になるなど急拡大するIRの車載製品事業の技術/製品戦略などを紹介する。

ラティスセミコンダクター

社長 吉田幸二氏:

ラティスセミコンダクター(以下、ラティス)は、他のFPGAベンダーと一線を画し、モバイル機器、産業機器、通信機器市場に共通する“小型・低価格・低消費電力”のニーズに応えるFPGAを展開する。ウェアラブル端末にさえ搭載可能な次世代FPGA製品の開発にも着手し、民生機器のみならず、「産業機器、通信機器でも、評価が高まりつつある」という。

オン・セミコンダクター

上席副社長 兼 最高技術責任者 Hans Stork氏:

オン・セミコンダクターは、パワーデバイスなど「高効率エネルギーソリューション」を中心にした広範に及ぶ製品ポートフォリオを武器に、オートモーティブ、産業機器、スマートフォンといった成長分野で事業を拡大させる方針。さらに直近ではこれら成長分野で需要拡大が見込まれるイメージセンサーメーカーを相次いで買収するなど製品ポートフォリオを一層広げる構えだ。

NXPセミコンダクターズジャパン

オートモーティブ事業部長 濱田裕之氏:

NXPセミコンダクターズは、世界トップクラスのシェアを握る強い製品分野に特化し、その製品分野でより強力な新技術、新製品を生み出す戦略で近年、好調に業績を伸ばしている。その中で、日本における売上高の7割程度を占め国内ビジネスを引っ張るオートモーティブ事業の最新の技術/製品戦略を紹介する。

提供:
アイティメディア営業企画/制作:EE Times Japan/EDN Japan編集部/掲載内容有効期限:2014年9月30日

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーリンク

【製品/技術戦略インタビュー2014】一覧

好調NXPが未来のカーエレクトロニクスをリードする

イメージセンサーを増強し、車載、産業機器、スマホ分野をさらに強化

ASICに負けない! 小型・低価格・低消費電力を備えたFPGAの可能性

独自技術で、自動車のエネルギー効率向上に貢献

“超低消費電力、小型で電波がよく飛ぶ無線”でIoT構築を

“水晶の専業メーカー”から“周波数の総合メーカー”へ進化

高速、高分解能――常に先行くオシロスコープを実現へ

“ひねり”を加えたユニーク製品で新たな価値を生み続けるサイプレス

電源IC専業こその“技術力・対応力”を大電流/高電圧分野でも

「Embedded Innovations」 Special

「半分は日本企業」――これからも変わらず、進化を目指すスパンションの戦略

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.