検索
連載
福田昭のデバイス通信(117) 12月開催予定のIEDM 2017をプレビュー(1):

IEDM 2017の全体スケジュールと基調講演

ことしも「IEDM」の季節がやってきた。最先端電子デバイスの研究開発に関する国際学会「IEDM 2017」が、12月に米国で開催される。本シリーズでは、概要と注目の技術講演を紹介していく。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
g+
LINE
Hatena

半導体デバイス技術に関する世界最大の国際学会

 半導体のデバイス技術とプロセス技術に関する研究成果を披露する国際学会「IEDM 2017」が、12月2〜6日の日程で米国カリフォルニア州サンフランシスコで開催される。IEDM(IEEE International Electron Devices Meeting)は、半導体のデバイス技術とプロセス技術を対象とする学会では世界最大の規模と世界最高の水準を誇る。その概要とプログラムがこのほど、公表された。

 ことしのIEDMは12月2日(土曜日)と3日(日曜日)がプレイベントの技術講座、4日(月曜日)〜6日(水曜日)がメインイベントの技術発表、7日(木曜日)がフォローイベント(IEDMとは別の扱いだが、同じ会場ホテルで開催される)というスケジュールで進行する。月曜日から水曜日がメインイベントなのは、2016年までと同様のスケジュールだ。

 メインイベントに付属するサブイベントとしては、月曜日の夜にレセプション(歓迎会)、火曜日の夜にパネル討論会が予定されている。


「IEDM 2017」の全体スケジュール。IEDM実行委員会の発表資料と公式Webサイトの情報をもとにまとめた(クリックで拡大)

37本の技術講演セッションを2日半で消化

 メインインベントである技術発表は、月曜日午前のプレナリセッションから始まる。プレナリセッションでは3件の基調講演が予定されている。いずれも招待講演である。また、ことしは例年と異なり、水曜日の午前にもプレナリセッションが設けられた。水曜のプレナリセッションでは1件の基調講演が予定されている。これも招待講演である。なお水曜日のプレナリセッションでは、2014年度のノーベル物理学賞受賞者で名古屋大学教授の天野浩氏が講演する。


プレナリセッション(月曜日)の基調講演。IEDM実行委員会の発表資料と公式Webサイトの情報をもとにまとめた(クリックで拡大)

プレナリセッション(水曜日)の基調講演。IEDM実行委員会の発表資料と公式Webサイトの情報をもとにまとめた(クリックで拡大)

 研究成果を競う技術講演セッションは、月曜日の午後から、水曜日の午後まで続く。セッション数は37本とかなり多い。少なくとも6本、多いときには9本の技術講演セッションが同時並行で進行する。従って、全ての技術講演を聴講することは不可能である。あらかじめプログラムをチェックしておくことが望ましい。

(次回に続く)

⇒「福田昭のデバイス通信」福田昭のデバイス通信

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る