TECHNO-FRONTIER 2014(テクノフロンティア)特集

Top Story

TECHNO-FRONTIER 2014:

オムロンは、「TECHNO-FRONTIER(テクノフロンティア) 2014」(2014年7月23〜25日、東京ビッグサイト)で、電源製品を出展。提案の中心に据えたのは、製品の性能だけではなく、サポートなどを含めた“総合力”だった。

(2014年8月6日)

開催リポート

TECHNO-FRONTIER 2014:

トランスフォーム・ジャパンは「TECHNO-FRONTIER 2014」(テクノフロンティア 2014)で、窒化ガリウム(GaN) HEMTを搭載した一体型PC向け電源、単相インバータなどの評価ボードを展示した。

(2014年8月4日)
TECHNO-FRONTIER 2014:

横河メータ&インスツルメンツは「TECHNO-FRONTIER 2014」(テクノフロンティア 2014)で、電力測定器や波形測定器の最新製品群を展示した。電力計とオシロスコープの長所を併せ持つ電力測定器「プレシジョンパワースコープ PX8000」は、無線給電やロボットといった分野で高い評価を得ているという。

(2014年8月4日)
TECHNO-FRONTIER 2014:

TECHNO-FRONTIER 2014(テクノフロンティア 2014)では、昨年に引き続き無線給電技術が大きな注目を集めていた。ここでは、その一部を紹介する。

(2014年7月30日)
TECHNO-FRONTIER 2014:

ドイツの半導体メーカーであるiC-Hausは、「TECHNO-FRONTIER 2014」(テクノフロンティア/2014年7月23〜25日、東京ビッグサイト)で分解能46ビットの磁気式エンコーダソリューションを公開した。

(2014年7月30日)
TECHNO-FRONTIER 2014:

インフィニオンテクノロジーズは、「TECHNO-FRONTIER 2014」(テクノフロンティア/2014年7月23〜25日、東京ビッグサイト)において、パワーデバイス向けの先端パッケージ技術やこの技術を用いたDC-DCコンバータIC、LEDドライバIC、産業用IGBT、バッテリ管理用ICなどを展示した。

(2014年7月30日)
TECHNO-FRONTIER 2014:

インターナショナル・レクティファイアー・ジャパン(IRジャパン)、「TECHNO-FRONTIER 2014」(テクノフロンティア/2014年7月23〜25日、東京ビッグサイト)において、小型IPM(インテリジェントパワーモジュール)「μIPM-DIP」ファミリや、第2世代IPM「IRAM Gen2」ファミリを紹介した。また、GaN(窒化ガリウム)によるパワー半導体の開発ロードマップなども示した。

(2014年7月29日)
TECHNO-FRONTIER 2014:

「TECHNO-FRONTIER(テクノフロンティア) 2014」(2014年7月23〜25日、東京ビッグサイト)において、産業用モーターメーカー各社は2015年春に施行される「トップランナー基準」に対応した、プレミアム効率(IE3)モーターを展示するとともに、高効率モーターの利点を訴えた。

(2014年7月29日)
TECHNO-FRONTIER 2014:

東光は、「TECHNO-FRONTIER 2014」(テクノフロンティア/2014年7月23〜25日、東京ビッグサイト)で、自動車のスマートエントリーシステムで使用されるLF(長波)帯のアンテナとして薄さ0.32mmを実現した超薄型無指向アンテナを公開した。

(2014年7月29日)
TECHNO-FRONTIER 2014:

アルテラは、電源製品群「Enpirion」として20nmプロセス採用FPGA「Arria10」をはじめとしたプログラマブルデバイスや、最先端プロセス採用プロセッサ/SoCなどに適したフルデジタル制御方式のDC-DCコントローラ「ED8101」を「TECHNO-FRONTIER 2014」(テクノフロンティア/2014年7月23〜25日、東京ビッグサイト)で公開した。

(2014年7月28日)
TECHNO-FRONTIER 2014:

アバゴ・テクノロジーは「TECHNO-FRONTIER 2014」(テクノフロンティア/2014年7月23〜25日、東京ビッグサイト)で、3チャンネルエンコーダセンサーの新製品を2種展示した。4倍、8倍、16倍の逓倍(ていばい)が可能なものと、アナログ信号をそのまま出力できるものがある。後者を外付けの逓倍器と組み合わせれば、200倍、800倍など高い逓倍数を実現でき、低コストで分解能を上げることが可能になる。

(2014年7月28日)
TECHNO-FRONTIER 2014:

NECトーキンは、「TECHNO-FRONTIER 2014」(テクノフロンティア/2014年7月23〜25日、東京ビッグサイト)において、クランプ型および貫通型の電流センサーを展示した。

(2014年7月28日)
TECHNO-FRONTIER 2014:

リニアテクノロジーは「TECHNO-FRONTIER 2014」(テクノフロンティア/2014年7月23〜25日、東京ビッグサイト)で、AC電源の代替電源として注目されているPoE(Power over Ethernet)のデモを行った。同社がデモをしたのはLTPoE++で、これは10ギガビット/秒(Gbps)のデータ通信と最大90Wの電力を給電できるものである。

(2014年7月28日)
TECHNO-FRONTIER 2014:

岡谷電機産業は、「TECHNO-FRONTIER 2014」(テクノフロンティア/2014年7月23〜25日、東京ビッグサイト)において、TOCキャパシタ製の電気二重層キャパシタを展示した。定格電圧が15Vの標準モジュール製品に加えて、同50Vの標準モジュール製品もサンプル出荷を始めた。

(2014年7月28日)
TECHNO-FRONTIER 2014:

日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)とイー・アイ・ソルは「TECHNO-FRONTIER 2014」(テクノフロンティア/2014年7月23〜25日、東京ビッグサイト)で、音源を可視化する装置を展示した。日本NIの計測/制御ハードウェア「CompactRIO」を用いたもので、可視化用の演算処理をFPGAに書き込むことで25フレーム/秒の高速フレームレートを実現している。

(2014年7月25日)
TECHNO-FRONTIER 2014:

太陽誘電は、「TECHNO-FRONTIER 2014」(テクノフロンティア/2014年7月23〜25日、東京ビッグサイト)において、光変位センサーのデモ展示を行った。変位を光学的に検出するため、従来のひずみゲージなどと比べて、センサーとしての耐久性に優れているという。

(2014年7月25日)
TECHNO-FRONTIER 2014:

ハーティングは、「TECHNO-FRONTIER(テクノフロンティア) 2014」(2014年7月23〜25日、東京ビッグサイト)で、工場のスマート化をサポートするRFID関連製品を紹介した。

(2014年7月25日)
TECHNO-FRONTIER 2014:

ニチコンは、「TECHNO-FRONTIER 2014」(テクノフロンティア/2014年7月23〜25日、東京ビッグサイト)において、システムの高電圧化や長寿命化に対応するアルミ電解コンデンサ、家庭用の蓄電システムなどを紹介した。

(2014年7月25日)
TECHNO-FRONTIER 2014:

日置電機は、「TECHNO-FRONTIER 2014」(テクノフロンティア/2014年7月23〜25日、東京ビッグサイト)において、使用温度範囲が−40〜85℃と広く、基本振幅確度が±0.3%と高い、クランプ式AC/DC電流センサー「CT6841/CT6843」をデモ展示した。

(2014年7月25日)
TECHNO-FRONTIER 2014:

ポニー電機は、「TECHNO-FRONTIER 2014」(テクノフロンティア/2014年7月23〜25日、東京ビッグサイト)で、マルチレベルインバータ向けにコア材などを最適化したリアクトルを出品した。従来よりも低コストでマルチレベルインバータの出力フィルタを構成できる。

(2014年7月24日)
TECHNO-FRONTIER 2014:

安川電機は、「TECHNO-FRONTIER(テクノフロンティア) 2014」(2014年7月23〜25日、東京ビッグサイト)で、2台のロボットを高精度に同期制御し、完全に一致した動きを取ることで“両者が持つシャープペンシルの芯が折れない”というデモを行った。

(2014年7月24日)
TECHNO-FRONTIER 2014:

スパンションは2014年7月23日、FPGAをはじめCPU、ASICなどのデバイスへの電源供給に適したI2Cインタフェース搭載プログラマブル電源IC「S6AP412A」「S6AP413A」を発表し、「TECHNO-FRONTIER 2014」(テクノフロンティア/2014年7月23〜25日、東京ビッグサイト)で公開した。

(2014年7月24日)
テクノフロンティア 2014 基調講演リポート:

東京ビッグサイトで開催されている技術展示会「TECHNO-FRONTIER (テクノフロンティア)2014」(2014年7月23〜25日)の基調講演で、本田技術研究所 常務執行役員の大津啓司氏が「Hondaの未来の車創りと研究開発への取り組み」というテーマで講演を行った。

(2014年7月24日)
TECHNO-FRONTIER 2014:

ベッコフオートメーションは、「TECHNO-FRONTIER 2014」(2014年7月23〜25日、東京ビッグサイト)で、EtherCATの強みを生かしたリニア搬送システム「XTS」を出展した。

(2014年7月24日)
TECHNO-FRONTIER 2014:

STマイクロエレクトロニクスは、「TECHNO-FRONTIER 2014」(2014年7月23〜25日)で、SiC(炭化ケイ素)によるMOSFET(SiC-MOSFET)製品を公開した。同社SiC-MOSFET製品の展示は国内で初めてという。

(2014年7月23日)
TECHNO-FRONTIER 2014 ロボット:

「TECHNO-FRONTIER 2014」では、GPSを用いずに自律飛行する電動ヘリコプター(ミニサーベイヤー)の飛行デモが行われている。秋には福島第一原発の屋内線量調査に投入される予定だ。

(2014年7月23日)
TECHNO-FRONTIER 2014:

THKインテックスは、「TECHNO-FRONTIER 2014」(2014年7月23〜25日、東京ビッグサイト)で、人の動きを完全にカバーする双腕ロボットによる生産作業のデモを行った。機器とロボットを制御システムで接続する必要がなく、生産ラインの人間の作業をそのまま代替できることが特徴。

(2014年7月23日)

開催直前情報!

TECHNO-FRONTIER 2014 開催直前情報:

アバゴ・テクノロジーは、「TECHNO-FRONTIER 2014」(2014年7月23〜25日、東京ビッグサイト)で、さまざまな所で使われているモーター制御技術を中心に展示する。高いシェアを誇るエンコーダでは、電動アクチュエータや人型ロボットといった新しい分野を狙う。

(2014年7月18日)
TECHNO-FRONTIER 2014 開催直前情報:

リニアテクノロジーは、「TECHNO-FRONTIER 2014」(2014年7月23〜25日、東京ビッグサイト)で、PoE(Power over Ethernet)や、EV/PHEV向けのアクティブバランサーなど、同社の最先端の製品を展示する。また、無償SPICEシミュレータ「LTspice」のデモもTECHNO-FRONTIERで初めて披露する。

(2014年7月22日)
TECHNO-FRONTIER 2014 開催直前情報:

三菱電機は2014年7月、SiC(炭化ケイ素)を用いたMOSFETとダイオードを使った“フルSiC”構成の家電向け小型パワー半導体モジュールを発売した。新製品は2014年7月23〜25日に開催される展示会「TECHNO-FRONTIER 2014」(東京ビッグサイト)で展示される。

(2014年7月17日)
TECHNO-FRONTIER 2014 開催直前情報:

日本アルテラは、「TECHNO-FRONTIER 2014」(2014年7月23〜25日、東京ビッグサイト)に「FPGA+電源を基礎から解説」の展示テーマに掲げて出展する。同社ブースでは、初という「FPGA相談コーナー」を設け、基本的な質問にも丁寧に答えていくという。

(2014年7月15日)
TECHNO-FRONTIER 2014 開催直前情報:

2015年4月から規制開始となる産業用モーターの「トップランナー基準」による省エネ規制。産業用モーターメーカー各社は規制に対応した「トップランナーモーター」のリリースを加速させている。注目が高まる中、あらためて産業用モータートップランナー基準についておさらいしておく。

(2014年7月15日)
FAニュース:

中規模装置の搬送機構や、射出成形、金属加工などの高トルクが必要な用途にも対応。Σ-7シリーズは今回の容量拡充により、全容量機種(50W〜15kW)のラインアップが完了したことになる。

(2014年7月14日)
FAニュース:

日立製作所と日立産機システムは、産業用モーターの国際高効率規格で、最高レベルのIE5を達成するアモルファスモーターを、共同開発したと発表した。

(2014年7月9日)
TECHNO-FRONTIER 2014 開催直前情報:

FDKは2014年7月8日、従来品と同等サイズながら、大電流対応と低抵抗化を図ったハイパワーインダクタ「MCPシリーズ MCP2016D」を開発したと発表した。

(2014年7月9日)
TECHNO-FRONTIER 2014 開催直前情報:

メカトロニクス/エレクトロニクス関連の最新の要素技術が一堂に集結する「TECHNO-FRONTIER 2014」が、2014年7月23〜25日の会期で開催される。“世界最強の製品を目指して”を開催テーマに掲げるTECHNO-FRONTIER 2014の見どころを主催者である日本能率協会(JMA)に聞いた。

(2014年6月26日)
TECHNO-FRONTIER 2014 開催直前情報:

三菱電機は、パッケージエアコンや産業用モーターのインバータを駆動するパワー半導体モジュールの新製品として、「1200V 大型DIPIPM Ver.6 シリーズ」と「1200V 小型DIPIPM シリーズ」を2014年9月30日から発売すると発表した。

(2014年6月30日)
TECHNO-FRONTIER 2014 開催直前情報:

オン・セミコンダクターは、モータードライブ、ライティング、ポータブルを主なテーマに「モノづくり」を支えるエネルギー効率の高い設計ソリューションの紹介を行う。車載や白物家電向けのIPM(インテリジェントパワーモジュール)の最新製品などを展示する。

(2014年6月23日)
無線通信技術 エナジーハーベスト:

東京コスモス電機は、独自無線モジュール「TWE-Liteシリーズ」のオプション基板として、小型ソーラーパネルをTWE-Liteシリーズの電源として接続できるエナジーハーベスト(環境発電)制御基板「TWE-EH-Solar」を発売した。

(2014年6月17日)
“ジェネレーションY”も満足:

日本ナショナルインスツルメンツの新しい計測器「VirtualBench」は、オシロスコープ、関数発生器、デジタルマルチメータなど5つの計測器の機能を1台に搭載した製品だ。「iPad」とWi-Fiで接続し、専用のアプリを使って直感的に操作できる。

(2014年6月19日)
テスト/計測 オシロスコープ:

テレダイン・レクロイ・ジャパンは、アナログ入力8チャネルを備え、垂直分解能が12ビット、周波数帯域が最大1GHzのオシロスコープ「HDO8000」を発表した。太陽光/風力発電システムやHEV/EVシステムの駆動システムなど、高速化する三相パワーエレクトロニクス解析の用途に向ける。

(2014年6月18日)
IR IRF7739L1TRPbF他:

インターナショナル・レクティファイアー・ジャパン(IRジャパン)のDirectFETは、オン抵抗が小さく、缶パッケージに収めたパワーMOSFETファミリである。大電力モータやインバータ、大電流スイッチングなどの用途に向ける。

(2014年6月16日)

前回(TF2013)関連ブックレット

電子ブックレット(EDN):

「TECHNO-FRONTIER 2013」(2013年7月17〜19日、東京ビッグサイト)では、GaN/SiCを用いた次世代パワー半導体製品の展示が相次いだ。各社のGaNデバイス、SiCデバイスの展示を紹介する。

(2013年10月22日)
電子ブックレット(EDN):

「TECHNO-FRONTIER 2013」(テクノフロンティア2013)の見どころの1つだった「無線給電技術」。本格的な普及期が目前に迫るスマートフォン、携帯電話機など向けのモバイル機器用無線給電システムに向けた製品、技術展示が相次いだ。

(2013年10月28日)
電子ブックレット(EDN):

「TECHNO-FRONTIER 2013」(テクノフロンティア2013、2013年7月17〜19日)では、“フォトカプラでも光ファイバーでもない”光絶縁デバイスや、4つのMEMSマイクを搭載したヘッドフォン、中空軸の磁気式エンコーダなど、ユニークな電子部品およびそれらのアプリケーションが登場した。

(2013年10月24日)

前回(TF2013)開催リポート

TECHNO-FRONTIER 2013:

電気自動車(EV)やハイブリッド車(HEV)の大容量電池パックに用いられるバッテリーモニターIC。「TECHNO-FRONTIER 2013」では、リニアテクノロジーと日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)が新製品をアピールした。

(2013年7月26日)
TECHNO-FRONTIER 2013:

TDKは「TECHNO-FRONTIER 2013」(テクノフロンティア2013)で、スマートフォン/タブレット端末向けに「業界最高水準」という高Qの高周波回路用インダクタや金属磁性材料を使ったパワーインダクタを展示した。

(2013年7月26日)
FAフォーラム・イベントリポート/TECHNO-FRONTIER 2013|第31回 モータ技術展:

「TECHNO-FRONTIER 2013|第31回 モータ技術展」(会期:2013年7月17〜19日)において、産業用モーターメーカー各社は2015年春に施行される「トップランナー基準」に対応した、プレミアム効率(IE3)モーターを展示していた。

(2013年7月25日)
TECHNO-FRONTIER 2013 無線通信技術:

日本電業工作は、「TECHNO-FRONTIER 2013」(テクノフロンティア2013)で、電波を電力に変える「電波方式」を利用した無線給電のデモンストレーションを行った。電波方式は、電磁誘導方式や共鳴方式に比べて位置合わせの自由度が非常に高い点がメリットだ。

(2013年7月25日)
TECHNO-FRONTIER 2013 アナログ設計:

エヌエフ回路設計ブロックは「TECHNO-FRONTIER 2013」(テクノフロンティア2013)で、電流-電圧変換器の新製品を展示した。利得が高いだけでなく、周波数特性が広いという特徴がある。

(2013年7月25日)
TECHNO-FRONTIER 2013 ワイヤレス給電技術:

無線給電のニーズは、モバイル機器だけではなく産業機器の分野でも高まっている。「TECHNO-FRONTIER 2013」(テクノフロンティア2013)では、コンテックや昭和飛行機工業などが、産業機器向けに大電力を給電するデモンストレーションを行った。

(2013年7月24日)
ビジネスニュース 企業動向:

ロームは、電源用半導体の事業領域を広げている。これまで特定顧客向けにカスタム品を展開していたAC-DCコンバータ用電源ICで汎用品の投入を始めた他、高度な電源回路技術が要求される最先端FPGA向けの電源モジュールを製品化している。

(2013年7月24日)
TECHNO-FRONTIER 2013 電子部品:

iC-Hausは、「TECHNO-FRONTIER 2013」(テクノフロンティア2013、2013年7月17〜19日)で、18ビットの中空軸磁気式エンコーダICを展示した。

(2013年7月23日)
TECHNO-FRONTIER 2013 ワイヤレス給電技術:

「TECHNO-FRONTIER 2013」(テクノフロンティア2013)の見どころの1つだった「無線給電技術」。本格的な普及期が目前に迫るスマートフォン、携帯電話機など向けのモバイル機器用無線給電システムに向けた製品、技術展示が相次いだ。

(2013年7月23日)
TECHNO-FRONTIER 2013:

ニチコンは、「TECHNO-FRONTIER 2013」において、三菱自動車の電気自動車(EV)「i-MiEV」などに搭載されている改良版の車載充電器一体型DC-DCコンバータを展示した。初期のi-MiEVのものと比べて容積を約20%削減している。

(2013年7月23日)
ビジネスニュース 企業動向:

ビシェイ・インターテクノロジーは、日本市場で自動車、産業機器、通信機器の3分野に重点を置き、FET、ダイオードといったディスクリート半導体とパワーインダクタ、電流検出抵抗器など独自性の強い受動部品の拡販を展開する。

(2013年7月23日)
TECHNO-FRONTIER 2013 ロボット:

三菱電機特機システムは、「TECHNO-FRONTIER 2013」(会期:2013年7月17〜19日)の特設会場「最先端のロボットメカトロニクス・デモ」において、千葉大学 野波研究室で開発された「完全自律型マルチロータ式電動ヘリコプター(ミニサーベイヤー)」と、三菱電機特機システムのクローラ型ロボット「CWDシリーズ」を組み合わせたロボット活用の新コンセプトを提案した。

(2013年7月22日)
TECHNO-FRONTIER 2013 テスト/計測:

テクトロニクスは、「TECHNO-FRONTIER 2013」(テクノフロンティア2013、2013年7月17〜19日)で、2013年4月に発売したばかりのパワーアナライザを展示した。オシロスコープとプローブを使って電源を評価するよりも、2桁ほど精度が上がるという。

(2013年7月22日)
TECHNO-FRONTIER 2013:

TDKは、「TECHNO-FRONTIER 2013」において、ハイブリッド車(HEV)や電気自動車(EV)の電池パックの出力電圧を降圧する車載用DC-DCコンバータの開発状況を紹介した。現在開発中の第5世代品は、これまでのホンダへの採用実績と2013年後半という出荷時期を考慮すると、新型「フィット ハイブリッド」に搭載される可能性が高い。

(2013年7月22日)
TECHNO-FRONTIER 2013 センシング技術:

STマイクロエレクトロニクスは「TECHNO-FRONTIER 2013」(テクノフロンティア2013、2013年7月17〜19日)で、MEMSデバイスの小型化で新たに実現できる新しいアプリケーションの提案を実施した。

(2013年7月22日)
TECHNO-FRONTIER 2013:

安川電機は、「TECHNO-FRONTIER 2013」(2013年7月17〜19日、東京ビッグサイト)において、次世代パワー半導体のGaN(窒化ガリウム)デバイスを搭載する、太陽光発電システム用パワーコンディショナを参考展示した。2014年中に市販する計画である。

(2013年7月19日)
TECHNO-FRONTIER 2013 ロボット:

日本精工(NSK)は、「TECHNO-FRONTIER 2013」(会期:2013年7月17〜19日)のヒューマンアシストロボット・デモ会場において、視覚障害者を先導する「障害物回避先導ロボット」の体験デモを実施した。

(2013年7月19日)
TECHNO-FRONTIER 2013 LED/発光デバイス:

アバゴ・テクノロジーは「TECHNO-FRONTIER 2013」(テクノフロンティア2013、2013年7月17〜19日)で、オプトカプラ、光ファイバーとも異なる新タイプの光絶縁デバイスの提案を実施した。産業機器のインバータなどの用途へ提案する。

(2013年7月19日)
TECHNO-FRONTIER 2013 電源設計:

ルネサス エレクトロニクスは、「TECHNO-FRONTIER 2013」(テクノフロンティア2013、2013年7月17〜19日)で、3万ステップの分解能を持つLED調光システムを展示した。細かな明るさ制御が行える上、0.001%という超低輝度でのLED点灯も可能にした。

(2013年7月18日)
TECHNO-FRONTIER 2013 電源設計:

「TECHNO-FRONTIER 2013」(2013年7月17〜19日、東京ビッグサイト)では、GaN/SiCを用いた次世代パワー半導体製品の展示が相次いだ。各社のGaNデバイス、SiCデバイスの展示を紹介する。

(2013年7月18日)
TECHNO-FRONTIER 2013 テスト/計測:

日置電機は、2013年6月に発表したばかりのパワーメーターのデモを「TECHNO-FRONTIER 2013」で披露した。65Aの大電流でも直接入力できるもので、3チャンネルを備えているため、インバータの1次側直流電源と2次側三相出力を1台で同時に測定することが可能だ。

(2013年7月17日)
ビジネスニュース 企業動向:

オン・セミコンダクターは、2011年に買収した三洋半導体との相乗効果を発揮させ、電源、LED駆動、モーター駆動の3分野での事業拡大を狙う。

(2013年7月17日)

過去のリポート

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.