ワイヤレスジャパン2014/ワイヤレス・テクノロジー・パーク2014特集

いよいよ2014年5月28〜30日の3日間、ワイヤレス関連技術/サービスを紹介する展示会「ワイヤレスジャパン2014」および「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2014」(WTP2014)が東京ビッグサイトで開催される。 ワイヤレスジャパン2014&WTP2014の注目企業の見どころ情報やリポート記事を掲載していく。

Top Story

ワイヤレスジャパン2014:

日本電業工作は、Wi-Fiエリアを従来に比べて44倍も拡大することができる無線LAN用アクセスポイント「FalcomWAVE2.4G」を「ワイヤレスジャパン2014」で展示した。FalcomWAVE2.4Gとアイコム製無線LANトランシーバ「IP100H」を使ったフィールドテストでは、半径1008mのエリアで接続試験に成功したという。

(2014年6月2日)

速報リポート

WTP2014 / ワイヤレスジャパン2014:

情報通信研究機構(以下、NICT)は、中央制御局を用いずに端末間だけで通信を行えるネットワークシステムを紹介した。端末は、互いの通信範囲に入ると自動的にネットワークを形成して通信を行う。東京都港区や京都府精華町で、サイネージ端末を搭載したバスを用いて実証実験が行われている。

(2014年6月12日)
WTP2014 / ワイヤレスジャパン2014:

日本ジー・アイ・ティーは、パルス幅がナノ秒オーダーの短いパルスを使うImpulse Radio型UWB(Ultra Wide Band)レーダーセンサーを展示した。心拍を検知できるほどの高い分解能を持っているので、病院の離床センサーや、運転手の異常を検知する車内モニタリングシステムなどの用途を想定している。

(2014年6月12日)
WTP2014 / ワイヤレスジャパン2014:

情報通信研究機構(NICT)は「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2014」(WTP2014)で、シートを媒体に使った非接触給電技術を展示した。マイクロ波をシート内に供給して“閉じ込め”、5〜6Wの電力を供給した。NICTは「究極のアプリケーションは、自動車の充電」と述べる。

(2014年6月9日)
WTP2014 / ワイヤレスジャパン2014:

NECは「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2014」(WTP2014)で、80GHz帯の狭帯域に対応した高速無線伝送装置を展示した。河川の近くや山間部など、光ケーブルの敷設が難しい場所での中継伝送に向く。500MHz帯域幅で最大3.2Gビット/秒の伝送が可能になるという。

(2014年6月6日)
WTP2014:

丸文は、モバイルネットワークにおけるRF信号の品質測定を行うためのRFスキャニングレシーバや、高速シリアル通信解析装置、クロック供給装置などをWTP2014で展示した。

(2014年6月2日)
WTP2014 / ワイヤレスジャパン2014:

富士通は、がれきの下の生存者を検知するUWBレーダーを「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2014」(WTP2014)で披露した。UWB信号により、わずか数秒で生存者を検知できるという。

(2014年5月30日)
WTP 2014:

三菱電機エンジニアリングは、効率が最低95%の高周波電源技術や、電源損失を含む総合伝送効率を最低80%に高めたワイヤレス電力伝送システムなどのデモ展示をWTP2014で行った。

(2014年5月30日)
ワイヤレスジャパン2014:

Amimon Japan(以下、アミモン)は、非圧縮のHD(High Definition)映像を1ms以下の遅延時間で伝送できる無線伝送装置のデモ展示を「ワイヤレスジャパン2014」で行った。

(2014年5月30日)
ワイヤレスジャパン2014:

ノルディック・セミコンダクターは、「Bluetooth Low Energy(BLE)」や「ANT」などマルチプロトコルに対応する無線用SoC「nRF51シリーズ」を中心として、IoTやビーコン、センサーネットワークへの応用などを「ワイヤレスジャパン2014」で提案した。

(2014年5月30日)
ワイヤレスジャパン2014:

ホシデンは、小型化を図った「Bluetooth Smartモジュール」や「MEMSマイクロフォン」、「Qi規格準拠の無接点充電器」などを「ワイヤレスジャパン2014」で展示した。また、Bluetooth Smartモジュールが内蔵された「ビーコン」も紹介した。

(2014年5月30日)
WTP2014:

テクトロニクスは、スペクトラムアナライザ機能搭載オシロスコープ「MDO4000Bシリーズ」と、東京都立産業技術研究センターが開発したダウンコンバータ、日立製作所が開発した60GHz帯性能評価用ソフトウェアを使用したIEEE802.11ad対応評価システムを「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2014」(WTP2014、2014年5月28〜30日)で参考展示した。従来、高額だった同評価システムを「1/10程度のコストで構築できる可能性がある」という。

(2014年5月29日)
WTP2014 / ワイヤレスジャパン2014:

トヨタIT開発センターは、放送波のホワイトスペース帯を利用した車車間通信システムの概要と、宮崎県美郷町で実施した試作機による実験映像をWTP2014で紹介した。同システムはデータベースと連携して、移動中の車両間でのチャネル調整や切り替えを行う。

(2014年5月29日)
ワイヤレスジャパン2014/WTP2014:

ローデ・シュワルツは、最新の携帯電話通信方式である「LTE-Advanced」に対応する携帯端末機器、基地局用通信装置、および電子部品の開発や評価に必要となる測定機器/システムをWTP2014でデモ展示した。

(2014年5月29日)
「A4WPはワイヤレス給電の第2世代だ」:

ワイヤレス給電の標準化団体「Alliance for Wireless Power(A4WP)」のプレジデント兼ボードチェアマンであるKamil A.Grajski氏が、A4WPの最新動向に関しての講演を実施し、今後策定予定の認証プログラムなどについて説明を行った。

(2014年5月28日)

開催直前情報

テスト/計測 テクトロニクス:

ワイヤレス通信向け測定器としてリアルタイムスペアナの役割が高まっている。取り込み帯域幅が広く、間欠的なノイズや頻度の少ない干渉波を取りこぼすことなく検出し、解析することができるからだ。テクトロニクスは、業界に先駆けてリアルタイムスペアナを開発・製品化してきた。新たにIEEE 802.11ac規格のテスト環境なども提供している。

(2014年5月26日)
Wi-SUN相互接続試験の「標準器」へ:

ルネサス エレクトロニクスとアナログ・デバイセズは、共同開発したサブギガヘルツ無線通信プラットフォーム「Renesas/ADI SUN Solution for RL78 & ADF7023-J」が、Wi-SUNアライアンスのECHONET Liteプロファイル認証を取得したと発表した。

(2014年5月26日)
テスト/計測 アジレント:

ワイヤレス通信市場が最大用途市場となっているアジレント・テクノロジー。長く同市場に注力し続け、あらゆるワイヤレス通信に関するあらゆるニーズに応えられる製品/技術サポート力を築き上げてきた。現在、研究開発、規格化が進む第5世代携帯電話方式や自動車、産業機器といった新たに無線通信応用領域に対しても「総合力」を強みにリーディング企業の地位を狙う。

(2014年5月26日)
“後発”だけど狙うは“最先端”:

ナショナルインスルメンツ(NI)は、5年ほど前にワイヤレス/RF市場向け計測/試験装置分野に本格参入した。参入当時から大規模MIMOなど多くの革新的技術を必要とする第5世代携帯電話通信方式(5G)など次世代技術に向けた製品、サービスの展開に特化し、それら最先端技術の開発現場での採用実績を増やしている。

(2014年5月21日)
ワイヤレスジャパン2014 / WTP2014 開催直前情報:

ローデ・シュワルツは、「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2014」(WTP2014)で注目を集める最新携帯電話通信方式であるLTE-Advancedに特化した展示を実施し、“ローデ・シュワルツ=LTE-Advancedのリーディングカンパニー”をアピールする。

(2014年4月30日)
ワイヤレスジャパン2014 / WTP2014 開催直前情報:

ノルディックセミコンダクターは2014年5月28〜30日の3日間、東京ビッグサイトで開催される「ワイヤレスジャパン2014」に出展し、Bluetooth Low Energyなど複数のプロトコルに対応できる無線用SoC製品をベースにした展示を行う。

(2014年5月7日)
ワイヤレスジャパン2014 / WTP2014 開催直前情報:

ディジ インターナショナルは2014年5月28〜30日の3日間、東京ビッグサイトで開催される「ワイヤレスジャパン2014」に出展し、IoT(モノのインターネット)/M2Mネットワークを実現するため、製品とサービスを出展する。

(2014年4月25日)

ワイヤレス業界の最新情報をCheck!!

ITmedia Mobile:

「ITmedia Mobile」でも、ワイヤレスジャパン2014&WTP2014の見どころ情報やリポート記事を掲載しています。ワイヤレス機器やクラウドソリューション、MVNOなどインフラサービスについて知りたい方は、是非こちらもチェック下さい。

モノづくりライブラリ:

最新ワイヤレス技術を紹介する「おすすめブックレット」をはじめ、さまざまな有力ベンダーの最新ワイヤレス関連情報を紹介しています。

ワイヤレス技術関連の最新記事

2014年内にも対応製品が登場:

2014年内にも出荷される見込みの無線通信規格「WiGig」対応製品が急速に普及しそうだ。米調査会社によると、2014年から勢いよく普及し、2017年には15億台もの機器がWiGigに対応するという。

(2014年5月8日)
スマホとともに急成長するライトポイント:

LitePoint(ライトポイント)は、製造ラインにおいてワイヤレス機器の無線テストを並列で効率よく行うことができるワンボックスのテスターを供給している。新たにワイヤレス機器を最大8台まで接続してテストできる「IQxel-M8」や、NFC(Near Field Communication)向けの専用テスター「IQnfc」を市場に投入した。

(2014年4月30日)
無線通信技術 Bluetooth World:

Bluetooth技術のカンファレンス「Bluetooth World」が米国で開催された。BluetoothとZigBeeはよく比較されるが、モノのインターネット(IoT)分野ではBluetoothの勢いの方が強いようだ。

(2014年4月14日)
無線通信技術 Wi-SUN:

ロームは2014年4月4日、国際無線通信規格「Wi-SUN」対応の汎用無線通信モジュール「BP35A1」を製品化した。ロームでは、「Wi-SUN対応の汎用無線モジュールは業界初めて」としている。

(2014年4月4日)
IoTの設計:

注目を集めるIoT(Internet of Things:モノのインターネット)。IoTの概念は複雑ではないが、その実現は複雑だ。IoTを構成するには、それぞれは単純だが、多数の要素が必要となる。本稿では、IoTデバイスと連係動作する通信技術を紹介する。

(2014年3月7日)
無線通信技術 ホワイトスペース:

情報通信研究機構は、テレビ放送帯のホワイトスペースでの利用を想定したスマートフォンを開発したと発表した。

(2014年3月17日)
無線通信技術:

Qualcommは、5GHz帯を使用するLTE-Advancedに対応するための技術を開発したと発表した。免許不要の5GHz帯の使用は、Wi-Fiとの競合も予想される。

(2014年1月29日)
Qi、PMA、A4WP:

ワイヤレス給電技術については、電磁誘導(MI:Magnetic Induction)方式と磁気共鳴(MR:Magnetic Resonance)方式の2つの標準化が進められています。いずれもコンパクトに実装でき、コストを抑えられることから、民生機器市場におけるワイヤレス給電の主要な方式となっています。本稿では、ワイヤレス給電の市場と、MI方式、MR方式の両技術の現状について説明します。

(2013年12月2日)

前回(2013年)の開催リポート

ワイヤレスジャパン 2013:

さまざまな無線関連技術が展示されたワイヤレスジャパン2013(2013年5月29〜31日、東京ビッグサイト)。機器が通信によりインターネットと連携する「M2M」(Machine to Machine)、「IoT」(モノのインターネット)を実現する無線通信モジュールが数多く展示された。

(2013年6月3日)
ワイヤレスジャパン 2013:

アナログ・デバイセズはワイヤレスジャパン2013(2013年5月29〜31日、東京ビッグサイト)で920MHz帯無線、スマートユーティリティネットワーク向け無線通信仕様「Wi-SUN」対応機器の開発に向けたソリューションの展示を行った。

(2013年5月30日)
ワイヤレスジャパン 2013 無線通信技術:

ノルディックセミコンダクターは、「ワイヤレスジャパン2013」(2013年5月29〜31日、東京ビッグサイト)で同社の無線ICを使ったBluetooth Smart対応機器を容易に開発できるソリューションを発表した。従来は難しかったスマートフォンと連動するBluetooth Smart対応アクセサリーを1個から作ることも可能という。

(2013年5月30日)
ワイヤレスジャパン 2013:

KDDI研究所は、次世代の通信規格であるLTE-Advanced向けのマルチユーザーMIMO技術を発展させた新しい通信技術を発表した。周波数利用効率は1Hz当たり最大20ビット/秒と、LTEの約3倍を実現しているという。

(2013年6月5日)
ワイヤレスジャパン 2013:

GreenPeak Technologiesは、ホームゲートウェイの代わりにセットトップボックス(STB)を使って、スマートハウス向けネットワークを構築するアイデアを提案した。

(2013年6月6日)
ワイヤレスジャパン 2013:

IDTのワイヤレス給電用レシーバICは、電磁誘導方式の規格であるWPCとPMAの両方に対応している。

(2013年6月3日)

過去の開催リポート

無線通信技術 DECT:

「DECT Forum」は、無線通信関連の展示会/セミナー「ワイヤレスジャパン」に初めてブースを構えた。2012年6月末までに完成見込みの低消費電力版DECTを、ホームオートメーション分野に売り込む。

(2012年6月1日)
無線通信技術 M2M:

「あれ、リビングの電気つきっぱなし。消そうか?」という「照明@自宅さん」がつぶやいたコメントがソーシャルサービスのニュースフィードに流れる近未来へ。Ericssonが提案する「Social Web of Things」は、あらゆるモノやサービスを擬人化したユーザーインタフェースだ。膨大な数のモノやサービスを分かりやすく操作したり、管理することを目指して開発された。

(2012年6月5日)
無線通信技術:

KDDI研究所の「リンクアグリゲーション無線技術」は、周波数の利用効率を向上させる研究開発の流れで生まれた新技術。複数の無線方式を束ねて、通信の高速化や安定化を実現する。

(2012年6月4日)
無線通信技術 Wi-Fi:

ノートPCやスマートフォンといったさまざまな機器に標準的に搭載されるようになった無線LAN(Wi-Fi)。だが、この技術領域において、日本企業の存在感は非常に低いのが現状だ。そんな中、九州工業大学発のベンチャー企業であるレイドリクスが果敢に挑戦を続けている。

(2012年6月14日)
無線通信技術 アンテナ設計:

KDDI研究所は、ワイヤレス・テクノロジー・パーク2012で、最先端の携帯通信方式であるLTEや、次世代のLTE-Advancedをターゲットにしたアンテナ技術を紹介した。

(2012年7月10日)
無線通信技術 UWB:

情報通信研究機構と富士通が開発した「視覚障がい者歩行支援システム」は、屋内や地下であっても位置情報を取得し、目的地までの方向や距離をナビゲーションできる。「Impulse Radio型UWB」と呼ぶ無線技術を使って実現した。

(2012年7月3日)
無線通信技術:

Nordicは、コイン電池で数カ月〜数年間と長期間稼働させられることを特徴にした無線チップを数多く製品化している。独自プロトコルの無線通信技術や、低消費電力の無線通信技術「ANT」や「Bluetooth Low Energy」に対応した品種である。

(2011年5月30日)
無線通信技術 LTE-Advanced:

現行のLTEで下り300Mビット/秒、上り75Mビット/秒の最大データ伝送速度を、それぞれ500Mビット/秒、1Gビット/秒まで高めることを目指す。さらに、セル端における無線通信容量をLTEの1.4〜1.7倍まで高めることを狙う。

(2011年5月31日)
センシング技術:

「超音波を使って、探したい対象物のある方向を検出するというコンセプトが新しい」(KDDI研究所の担当者)という。

(2011年5月30日)
ワイヤレス給電技術:

アンテナと整流回路を組み合わせたいわゆる「レクテナ」を使う。物流用RFIDタグへのワイヤレス給電や、産業用電子レンジなどの大電力マイクロ波を利用する装置における電力回生を提案する。

(2011年5月27日)

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.