ニュース解説一覧

エレクトロニクス関連の最新ニュースを分析し、解きほぐした「ニュース解説」記事の一覧です。

» 最終更新 2014年04月19日 23時11分
news066.jpg
新たなプラットフォームの候補:

Googleが無人航空機(ドローン)メーカーのTitan Aerospaceを買収した。TitanはFacebookが買収交渉をしていると報じられたメーカーでもある。新たなプラットフォームとして、ドローンへの関心が高まっている。

(2014年4月17日)
news087.jpg
その実体は消費行動の追跡?:

米Wall Street Journalは、Amazonがスマートフォン市場に参入すると報じた。ユーザーの消費行動をより詳しく分析できるようになれば、Amazonにとっては大きなメリットとなる。一方で実店舗との価格競争に関する懸念の声も上がっている。

(2014年4月16日)
news021.jpg
ビジネスニュース 企業動向:

現在行われているアップルとサムスン電子の特許裁判において、故スティーブ・ジョブズ氏のメールが公開された。本稿の2ページ目にその原文を掲載する。

(2014年4月15日)
news020.jpg
ビジネスニュース 企業動向:

アップルとサムスン電子の特許裁判で、アップルが約2週間にわたる尋問での証言を終えた。アップル側の証人として登場したChristopher Vellturo氏は、アップル側の損害賠償関連について鑑定人を務める人物である。

(2014年4月15日)
news025.jpg
ビジネスニュース 業界動向:

SIAによると、2014年2月の世界半導体売上高は、前年比11.4%増となる258億7000万米ドルとなった。南北アメリカとアジア太平洋地域が好調で、日本市場の回復傾向も続いているという。

(2014年4月11日)
news072.jpg
ビジネスニュース 企業動向:

アップルとサムスン電子は、2回目となる特許裁判を行っている。裁判では両社の社内文書/内部報告書が提出された。そこでは、故スティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)氏のメールの一部も公開されている。

(2014年4月8日)
news079.jpg
ビジネスニュース 業界動向:

Gartnerによると、2013年における半導体売上高は3150億米ドルと過去最高を記録した。中でもメモリメーカーが躍進し、特にDRAMの供給不足による価格上昇により、SK Hynixは売上高を前年比で大きく伸ばした。

(2014年4月7日)
news073.jpg
ビジネスニュース オピニオン:

盛り上がる一方のモノのインターネット(IoT)市場だが、最大の課題の1つがセキュリティだ。何十億個もの機器がインターネットにつながるようになれば、その全てに最新のセキュリティ対策を施すのは非常に難しい。

(2014年4月4日)
news060.jpg
ビジネスニュース オピニオン:

アップルとサムスン電子の2回目となる特許裁判が始まった。アップルは、サムスン電子のスマートフォンなど10機種が技術特許を侵害しているとして、20億米ドルの賠償を求めている。一部からは「Appleは単なる訴訟好きの企業」という批判の声も出ているようだ。

(2014年4月3日)
news047.jpg
ビジネスニュース 業界動向:

インテルやIBM、シスコシステムズらが、モノのインターネット(IoT)向けの標準化団体「Industrial Internet Consortium(IIC)」を設立した。今後、IoT対応機器が急速に増加することを踏まえ、規格の乱立を防ぐことが重要だとしている。

(2014年4月3日)
news087.jpg
ビジネスニュース 企業動向:

インテルが、ウェアラブル機器やモノのインターネット(IoT)分野を本格的に強化している。2013年11月にIoT専門の事業部を設立。2014年3月には、腕時計型ウェアラブル機器を手掛ける米企業を買収した。

(2014年4月2日)
news081.jpg
ビジネスニュース 業界動向:

ノキアの近距離通信技術から生まれたBluetoothは、携帯電話機に標準的に搭載されるようになったのはもちろん、モノのインターネット(IoT)機器でも採用が広がっている。

(2014年4月1日)
news064.jpg
ビジネスニュース 企業動向:

2014年の半導体設備投資は622億3000万米ドルと、過去最高になると予測されている。トップはサムスン電子とインテルで、ともに110億米ドルを超える。

(2014年3月31日)
news027.jpg
ビジネスニュース 業界動向:

現在、スマートフォンやタブレット端末によって支えられているリチウムイオン電池市場。今後はスマートフォンなどの成長は鈍化することが予測されるため、新たな用途を見つけることが課題となっている。その筆頭に挙がっているのが、ウェアラブル機器だ。

(2014年3月27日)
news097.png
フォトギャラリー 技術革新にみる:

チーズスライサーや計算機を扱っていたIBMは、コンピュータ/PC市場に参入し、「帝国」と呼ばれるまでに成長した。今でこそ大規模な人員削減を行っている同社だが、コンピュータ業界における軌跡は、“帝国”と呼ばれるにふさわしい。

(2014年3月26日)
news050.jpg
ビジネスニュース 業界動向:

シノプシスの会長は、同社のユーザーイベントにおいて「ムーアの法則は続く見込みだが、微細化によるコストダウンは望めない」と述べた。

(2014年3月26日)
news068.jpg
ビジネスニュース 企業動向:

モノのインターネット(IoT)分野に向けて、マイクロソフトとインテルがパートナーシップを締結するとみられている。PC業界に長く君臨してきた“Wintel(Windows+Intel)”で、急成長が期待されるIoT市場に攻勢をかけるのだろうか。

(2014年3月25日)
news052.jpg
ビジネスニュース 業界動向:

Samsung Electro-Mechanics(サムスン電機)とマイクロソフトが、ワイヤレス給電の「Qi(チー)」規格を策定する業界団体「Wireless Power Consortium(WPC)」の理事会メンバーになると発表した。市場に大きな影響を持つ両社がWPCに参加することで、ワイヤレス給電技術を採用した製品の開発がさらに進展するとWPCは期待している。

(2014年3月25日)
news038.jpg
EE Times Japan Weekly Top10:

EE Times Japanで先週(2014年3月15日〜21日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!

(2014年3月24日)
news139.jpg
医療機器ニュース:

IBMの人工知能「Watson」を、がん治療に役立てるための取り組みが始まっている。Watsonを使って、医学研究成果や医学論文、治療の実績などのデータベースを参照、解析し、患者のDNAに合わせたゲノム治療を、効率的に提案することを目指す。

(2014年3月20日)
news057.jpg
ビジネスニュース 企業動向:

Googleが、ウェアラブル機器向けのAndroidプラットフォーム「Android Wear」を発表した。まずはスマートウオッチの開発をスタートさせる。ウェアラブル機器市場に意欲を見せてきたGoogleは、何とかAppleよりも先に同市場への参入を果たした。

(2014年3月19日)
news088.jpg
ビジネスニュース 市場予測:

業界団体がパートナーシップを組むなど、新たな動きがみられるワイヤレス給電市場。世界での売上高は、2013年から2018年にかけて約40倍になる見通しだ。

(2014年3月18日)
news054.jpg
ビジネスニュース 市場予測:

低消費電力のワイヤレスモジュール市場は、堅調に成長し、2014年の売上高は14億米ドルに達する見込みだ。ワイヤレスモジュールは、設計や認証に関連するコストを減らせることから、幅広い用途で採用が進むとみられている。

(2014年3月14日)
news048.jpg
ビジネスニュース 業界動向:

スマートフォンやタブレット端末の普及で、MEMSセンサー市場は堅調に成長している。2013年におけるMEMS売上高ランキングで首位に立ったのは、ボッシュだ。STマイクロエレクトロニクスが2位に続く。

(2014年3月13日)
news064.jpg
ビジネスニュース 業界動向:

Apple(アップル)が発表した「CarPlay」は、自動車とスマートフォンの統合に対する関心の高さを示したものの、技術的な詳細が足りず、統合における問題点も浮き彫りにした。専門家は、「最終的に自動車メーカーは、市場のあらゆるスマートフォンを自動車に統合できる単一のプラットフォームが必要になる」と述べる。

(2014年3月12日)
news051.jpg
ビジネスニュース 業界動向:

偽装チップの問題が深刻化している。安価な半導体チップだけでなく、高価なチップにも不正品が紛れ込んでいるという。米国防高等研究計画局(DARPA)は、偽装品を見つけ出すべく、100μm角の超小型部品の開発プログラムを発表した。

(2014年3月11日)
news052.jpg
ビジネスニュース 業界動向:

SIAの発表によると、2014年1月における世界半導体売上高は262億8000万米ドルに達した。1月の売上高としては過去最高だという。2013年1月に比べて8.8%増加していて、この増加率は過去3年間で最も高いという。

(2014年3月6日)
news060.jpg
MWC 2014:

インターネットに接続される機器は、2020年には500億台を超えると予想されている。モノのインターネット(IoT)にはあらゆる業界から注目が集まっているが、専門家らは、「IoTの課題は規格とセキュリティである」と話す。

(2014年3月5日)
news051.jpg
ビジネスニュース 企業動向:

各国の拠点で人員削減を行うとみられているIBMが、米国内で人員削減を開始した。正確な人数は明らかにはなっていないが、既に10州で人員削減が実施されたという。

(2014年3月5日)
news056.jpg
ビジネスニュース 業界動向:

成長の一途をたどってきたスマートフォン市場も、さすがに落ち着き始めている。フィーチャーフォンにも再び注目が集まるのと同時に、100米ドル未満のスマートフォンが登場するなど、スマートフォンの低価格化が進んでいる。

(2014年3月4日)
news066.jpg
MWC 2014:

「Mobile World Congress」で新しいウェアラブル機器を発表したサムスン電子。同社はOSにAndroidではなくTizenを選んだ。これを「正しい選択」とみるアナリストもいる。

(2014年2月28日)
news106.jpg
ビジネスニュース:

スマートフォンの総合的な評価を行うため、中国のインターネットサービス企業やQualcommらが、新しい評価システム「Certimo」を立ち上げた。Certimoに基づき、中国で使われているAndroidスマートフォン29機種を評価した結果、ソニーの「Xperia Z1 L39h」が総合評価で最高得点を獲得した。

(2014年2月27日)
news059.jpg
MWC 2014:

スペイン バルセロナで開催中の「Mobile World Congress(MWC 2014)」(2014年2月24〜27日)で発表された、Firefox OS搭載のスマートフォンは、25米ドルという低価格で一気に注目を集めた。新興市場において、低価格のフィーチャーフォンの置き換えを狙うが、懐疑的な見方もある。

(2014年2月26日)
news056.jpg
ビジネスニュース 業界動向:

2013年第4四半期におけるPCの出荷台数は、前四半期よりも9.4%上昇したものの、PC業界が期待したほどには伸びなかった。業界はインテルのAtom SoC「Bay Trail」に望みをかけていたようだが、現時点では、PCの売り上げを大幅に引き上げる効果は期待できないという見解もある。

(2014年2月20日)
news112.jpg
ビジネスニュース 企業動向:

インドのIBMは、13万人を超す従業員を抱えている。そのIBMインドで大規模な人員削減が始まっている。

(2014年2月19日)
news059.jpg
ビジネスニュース:

スマートフォンやタブレット端末のウイルス感染に関する懸念が高まっている。特にAndroid端末は、セキュリティがぜい弱だと以前から指摘されていて、巧妙化するウイルスへの対策が急がれる。

(2014年2月18日)
news050.jpg
ビジネスニュース 業界動向:

スマートフォンやタブレットをはじめ、インターネットに接続される端末は、今後も増え続け、2014年末までには60億台を超える見込みだ。

(2014年2月18日)
news032.jpg
オピニオン:

PC事業の売却とテレビ事業の分社化を発表したソニー。同社が次に注力する事業には注目が集まるところだ。そのヒントは、「2014 International CES」における平井一夫氏の基調講演にあった。

(2014年2月13日)
news050.jpg
オピニオン:

Google(グーグル)には、つい最近3つの大きな動きがあった。Motorola Mobilityの売却、Nest Labsの買収、サムスン電子とのクロスライセンス契約だ。これら3つの戦略を読み解くと、スマートフォン市場の現状が見えてくる。

(2014年2月10日)
news139.jpg
ビジネスニュース 企業動向:

ルネサス エレクトロニクスは2014年3月期第3四半期(2013年10〜12月)、2010年4月の発足以来、初めて四半期ベースで最終黒字を達成した。CFOの柴田英利氏は、「これまでの構造改革が、一定の成果を上げている」とした。

(2014年2月6日)
news104.jpg
ビジネスニュース:

ソニーは、PC事業を日本産業パートナーズに譲渡することで合意したと発表した。ソニーは、各国で発売する「VAIO」2014年春モデルを最後に、PC事業を収束する。

(2014年2月6日)
news049.jpg
ビジネスニュース:

ピアツーピアベースの仮想通貨である「ビットコイン」が注目を集めている。米国の投資家は、並列コンピューティングを必要とするビットコインによって、新たなプロセッサ市場が生まれると予想する。

(2014年2月6日)
news071.jpg
ビジネスニュース 業界動向:

アリックスパートナーズは、世界の半導体業界の2014年見通しに関する調査結果を発表した。上場している半導体チップおよびその関連企業191社のうち半数以上(53%)が財務面で窮地に陥るリスクを抱えている、という厳しい見方を示した。

(2014年2月5日)
news061.jpg
オピニオン:

専門家によると、中国が開発した独自のOS「China Operating System(COS)」は、中国市場においてグーグルとマイクロソフトに多大な影響を及ぼす可能性があるという。一方で、アップルにはそれほど影響しないとみている。

(2014年2月5日)
news101.jpg
オピニオン:

サムスン電子が、グーグルとEricssonと相次いで特許クロスライセンス契約を締結した。専門家は、「スマートフォンのプラットフォーム争いは終えんに近づいている。スマートフォンのメーカー各社が“あらゆる企業にオープンな環境”を構築するべき時代になりつつある」と述べる。

(2014年2月3日)
news065.jpg
ビジネスニュース 業界動向:

破竹の勢いで成長してきたタブレット端末市場だが、やはり陰りが見え始めてきたようだ。新興国では力強い成長が続いているものの、先進国、特に米国では飽和状態に近づいているという。

(2014年2月3日)
news033.jpg
オピニオン:

サムスン電子の2013年第4四半期業績は、四半期売上高として過去最高をマークする一方で、営業利益は2年ぶりの前四半期比減となった。スマートフォンで絶対的なシェアを誇る中での、営業減益。携帯電話機市場で4割近い世界シェアを誇りながらも経営不振に陥りはじめた2007年のノキアの状況とサムスンの今を比べる。

(2014年1月28日)
news054.jpg
ビジネスニュース M&A:

インテルが、IPテレビ事業をVerizon Communicationsに売却する。Verizon Communicationsは、光ファイバブロードバンドサービス「FiOS」にインテルのIPテレビ向け技術を利用するとしている。

(2014年1月22日)
news054.jpg
ビジネスニュース 企業動向:

モバイル市場の拡大を受け、TSMCの業績が堅調に伸びている。2013年第4四半期の売上高は1458億ニュー台湾ドルで、前年同期比で10%増加した。ただし、2014年第1四半期については楽観視はしていないという。

(2014年1月21日)
news076.jpg
ソフトウェア:

シスコシステムズは、医療向けのネットワークシステムを実現するソフトウェア「Cisco HealthPresence」の新版を発表した。遠隔医療や地方医療に必要なシステムを、より容易に実現できるという。

(2014年1月17日)

All material on this site Copyright © 2005 - 2013 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.