メディア
特集
» 2007年05月14日 08時00分 公開

テスト/計測:位相雑音測定器が多彩に、最適機は用途で選ぶ (1/3)

位相雑音を高い精度で手軽に測定できることを売りにした測定器が、最近になって相次いで登場している。それらは、それぞれ特徴的な機能を備えるほか、利害得失がある。従って、「最適」な測定器は測定対象とする信号源や、測定結果をどのように活用したいかによって違う。各測定器の特徴や使いどころを解説する。

[薩川格広,EE Times Japan]

 位相雑音の評価は、水晶発振器やVCO(電圧制御発振器)、周波数シンセサイザ・モジュールといった信号源の開発時に欠かせない作業である。この位相雑音を高い精度で手軽に測定できることを売りにした測定器が、最近になって相次いで登場している。「シグナル・ソース・アナライザ」と呼ぶ専用測定器だ。このほか、スペクトラム・アナライザやデジタル・オシロスコープにオプションとして搭載できる位相雑音測定ソフトウェアを各測定器メーカーが用意する。

 これらの位相雑音測定器は、それぞれ特徴的な機能を備えるほか、利害得失がある。従って、「最適」な測定器は測定対象とする信号源や、測定結果をどのように活用したいかによって違う。各測定器の特徴や使いどころを解説する。

【目次】

【前編】 位相雑音測定のトレンドと相次いで登場する専用機について解説

【後編】 各社の製品の特徴を詳しく紹介

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.