メディア
ニュース
» 2009年08月27日 14時12分 公開

ビジネスニュース:ARM/Linux採用のネットブック「NetWalker」、シャープが9月発売

[山口哲弘,EE Times Japan]

 シャープは2009年8月27日、重量が409gと軽く、ポケットに入れられる小型のネットブック「NetWalker」を同年9月25日に発売すると発表した。約3秒で起動し10時間の電池稼働が可能で、キー・ピッチが約14mmのフル・キーボードを備える。価格はオープンだが、市場価格は4万5000円前後になる見込み。

 プロセッサには、米Freescale Semiconductor社の「i.MX515」を採用した。動作周波数は800MHzで、英ARM社の「Cortex-A8」コアを採用する。OSは「Ubuntu 9.04」(Linux)。ディスプレイは1024×600画素のタッチスクリーン対応5インチ型液晶。内蔵ストレージ装置はフラッシュ・メモリーで、容量は4Gバイト。そのうち2Gバイトがユーザー領域である。

図1 図1 シャープのNetWalker
白、黒、赤の3色を用意する。白と黒は2009年9月25日発売。赤のみ2009年10月発売。
図2 図2 Firefoxが稼働する
OSはUbuntu 9.04。

 MicroSDカード・スロットを1つとUSBポートを2基備える。通信機能として、IEEE 802.11b/g準拠の無線LAN機能を内蔵する。NTTドコモやイー・モバイル、ソフトバンク モバイル、ウィルコムのUSB接続型通信アダプタに対応する予定で、現在動作検証中だとしている。

 アプリケーション・ソフトウエアとして、Microsoft Officeの文書を編集できる「OpenOffice.org」やウェブ・ブラウザ「Firefox」、メール・クライアント「Thunderbird」のほか、グラフィックス・ソフト、スケジューラ、音楽/動画再生ソフトなどを標準で内蔵する。さらに、Ubuntu向けのフリーソフトも利用できる。

 今後、電子辞書コンテンツをMicroSDカードやインターネットからのダウンロードで提供する予定だとし、現在辞書コンテンツの版元と協議中だとしている。なお、3秒で起動する「クイック起動」はサスペンド機能を利用した場合だが、サスペンド状態でも最大10日間、電池が持続するという。

図3 図3 各種通信機能に対応
標準で無線LAN機能を備える。USB通信モジュールにも対応予定。
図4 図4 小型軽量
重量は409g。ポケットにも入る大きさ。
図5 図5 辞書コンテンツを提供予定
MicroSDカードまたはインターネットからのダウンロードによる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.