メディア
ニュース
» 2010年07月06日 19時40分 公開

2010年の車載用半導体市場の売上高が2009年比で23.5%も増加へ、Gartner社が予測ビジネスニュース 市場予測

[Peter Clarke,EE Times]

 米国の市場調査会社であるGartner社によると、2010年の車載用半導体市場の売上高は、2009年比で23.5%増となる193億3400万米ドルに達する見込みだ。2009年の車載用半導体市場の売上高は、2008年比21.7%減の156億6100万米ドルにまで落ち込んでいたが、2010年は急回復の年となりそうだ。

 車載用半導体の売上高は、2009年第1四半期に低迷したものの、その後4四半期連続で増加した。2008年末以降、在庫不足に陥っていたが、2010年第1四半期からは安定した状態が続く。

 一般的に、車載用半導体市場の成長は、乗用車の生産台数の伸びと関連性があるといわれる。乗用車の生産台数は、2010年に前年比13.5%増となる6700万台に達すると予測される。2009年の乗用車の生産台数は、2008年比で11.8%も減少していた。

図

 政府による自動車買い換え支援策により、景気低迷が自動車産業に与える最も深刻な影響は回避された。その後、自動車買い換え支援策の終了とともに、乗用車の販売台数が伸びてきたため、2010年第1四半期には、2009年第1四半期比で6.5%増となる販売台数を達成した。このまま2010年第4四半期まで、連続して好調な販売台数になると予想される。

 ドイツInfineon Technologies社の2010年第1四半期の連結売上高は、4億6070万米ドルで、これまで通り車載用半導体メーカーのトップの座に君臨することとなった。その後にはルネサス エレクトロニクス(売上高4億500万米ドル)と米Freescale Semiconductor社(売上高3億9400万米ドル)が続く。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.