メディア
ニュース
» 2010年11月11日 15時31分 公開

プロセッサ/マイコン:サーバ分野で新たな黄金時代へ、ARMプロセッサが挑む

[Mark LaPedus,EE Times]

 ARMコアが、サーバ機の分野で新たな黄金時代を築くべく歩みを進めている。ただし、Marvell Technology Groupによれば、ARMコアプロセッサが同分野のメインストリームに躍り出るには、まだしばらく時間がかかるという。

 Marvellは、ARMの「Cortex-A9」コアをベースにした1.6GHz動作のクアッドコアプロセッサをサーバ機やネットワーク装置に向けて売り込む計画だ。このプロセッサチップ「ARMADA XP」は、米国カリフォルニア州サンタクララで2010年11月9日〜11日に開催されるARM Technology Conferenceで発表された。Marvellは同プロセッサで、業務用の省電力ウェブサーバから、NAS(Network Attached Storage)、デジタルホーム向けのメディアサーバに至るまで、幅広い機器を狙う。

図

 Marvellは、ARMコアの大口顧客の1社だ。グループ企業であるMarvell Semiconductorのプロセッサグループでエンジニアリング担当ディレクタを務めるJensen Tjeng氏は、「当社は、サーバ市場に向けたソリューションを提供できる」と述べた。

 サーバ機向けプロセッサの既存アーキテクチャには、x86やPower、SPARCなどがあり、これらとの競合がMarvellにとって課題になる。

 Tjeng氏は、ARM Technology Conferenceで2010年11月9日(米国現地時間)の基調講演に登壇し、「当社は今、ARMベースのサーバをメインストリームにすべく奮闘中である。ただし、時間はしばらくかかるだろう」と語った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.