メディア
ニュース
» 2010年11月29日 14時18分 公開

インフィニオン、テスラにパワー半導体を提供パワー半導体

インフィニオンのパワー半導体は、Tesla Motorsのスポーツカー仕様の電気自動車「Tesla Roadster」に採用されるほか、Roadsterに続く2車種目となる「Tesla Model-S」にも採用される見込みだという。

[Peter Clarke,EE Times]

 ブルームバーグのリポートによると、インフィニオン テクノロジーズは、2003年に設立された電気自動車の新興企業であるTesla Motorsにパワー半導体を提供するという。同リポートは、インフィニオンのCEO(最高経営責任者)であるPeter Bauer氏のコメントを引用したものである。

 リポートによると、Bauer氏は、2010年11月24日にドイツのフランクフルトで開催されたジャーナリスト会議「International Club of Frankfurt Business Journalists」で、Tesla Motorsの電気自動車向けパワー半導体のデザインウィンを獲得したことを明らかにしたという。

 インフィニオンのパワー半導体は、Tesla Motorsのスポーツカー仕様の電気自動車「Tesla Roadster」に採用されるほか、Roadsterに続く2車種目となる「Tesla Model-S」(図1)にも採用される見込みで、現在、採用に向けてテストを行っていると記事は伝えている。Model-Sは現在開発中であり、2012年に生産開始予定のセダンタイプの電気自動車である。

図1 図1 Tesla Motorsの電気自動車「Tesla Model-S」
出典:Tesla Motors

 インフィニオンは、ワイヤレス事業をインテルに14億米ドルの現金で売却することで合意し、現在手続き中である。買収手続きは、2011年第1四半期に完了する予定だという。インフィニオンは今後、自動車や産業、エネルギ関連製品向けの半導体事業に注力する計画だという。

 Bauer氏は、「無線チップ事業は非常に不安定で、米ドルの為替変動の影響を受けやすい。一方、自動車向け半導体事業は無線チップ事業と比べて安定しており、近い将来他のデザインウィンも獲得できる見込みだ。2015年以降は同事業での売り上げ増が期待できる」と語ったとリポートは伝えている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.